Ryoji Okada Official Website

Diary

The list of the [ NBA ] category.

Super cool and charismatic blue “Boating Stripe” jacket!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

5月~6月の水曜日は「14:00-20:00」で営業いたします。

 

 

10周年Tシャツの「カラー&サイズオーダー」承っております!

 

 

“♡ Camo” silkの2022年newカラーが決まりました!

 

 

5.31 Tueまで「半袖シャツ¥2,200 offキャンペーン」を開催中です!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

<新作バンチブックのご紹介>

 vol.1: Darrow Dale 2-1

 vol.2: Darrow Dale 2-2

 vol.3: Ermenegildo Zegna

 vol.4: Trabaldo Togna / Drago

 vol.5: British suiting collection 2-1

 vol.6: British suiting collection 2-2

 vol.7: Tallia Di Delfino

 vol.8: Jersey collection

 vol.9: Super stretch

 vol.1o: Indigo by Harrisons

 vol.11: Jacketing collection – Ferla / Novara / Drago etc.

 vol.12: Jacket & Trousers – Dondi / E.Thomas etc.

 vol.13: Loro Piana

 vol.14: Warp & Weft – Ferla / Cerruti / Loro Piana etc.

 vol.15: Piacenza 3-1 Celebration

 vol.16: Piacenza 3-2 Sensorial

 vol.17: Piacenza 3-3 Alashan Breeze

 vol.18: The Album vol.15

 vol.19: Fancy printed cotton fabrics

 

 

 

 

NBAは現在The Finals進出チームを決めるCFの真っ最中です

僕が応援しているDALは昨日行われたGame 2に敗れて2連敗スタートとなりました。

PHXを撃破したECSFも2連敗スタートでしたからここからの巻き返しもあり得るとは思いますが、S.CurryとK.ThompsonのThe Splash Brothersを筆頭にA.WigginsとJ.Pooleという優れた得点能力を誇るプレイヤーが揃っているGSWとの撃ち合いはやっぱり分が悪いかな。。。

とはいえ、3Pが当たらないと勝機が薄いのも事実。。。

HCのJ.KiddがいかなるゲームプランでGame 3に臨むのか注目ですね。

いずれにしても、明日行われるGame 3はホームですからね、なんとかまずは1勝をモノにして欲しいです!

Go! MAVS!

ファン目線からするとまったくもってあり得ない采配でサヨナラ負けを喫した初戦が悪い流れを作ったのでしょう、Gとの3連戦が3連敗で終わり引き分けを挟んで4連敗とチーム状態が降下してもおかしくないカープでしたが、おとといから始まったDとの3連戦@マツダスタジアムは打線好調でまず2連勝しました⚾️

嫌な空気の3タテ&4連敗から見事な切り替えでした!

この「切り替え力」、僕も大いに見習いたいし、DALも明日はそうあって欲しいですね😊

2連勝した2試合ともに序盤の大量得点でほぼほぼ試合が決まりました。

野手の指標は圧倒的にセ・リーグトップ、先発投手陣の安定感もセ・リーグ随一を誇るカープですから序盤にビッグイニングが作れると勝率は相当に高まります。

なので、ぜひとも一回無死一塁からの送りバントはやめてもらいたいですね(笑)。

今日の先発はカープがアンダーソン投手でDが柳投手です。

アンダーソン投手は前回が今ひとつだったので今日は真価が問われる登板になります。

幸いにも明日はお休みですし、この6連戦で2日以上登板機会があった中継ぎ投手は塹江投手とケムな投手のみですから、(もちろん試合展開によってですけれど)今日は惜しみない継投が可能なはずです。

ということで、アンダーソン投手にはぜひとも6回100球くらいを目安に初球からエンジン全開でいって欲しいですね!

また、今季のカープは柳投手からまだ1点も取れていないはずです。

好調期に入っている選手が多いので攻略のチャンスが巡ってきたというところでしょうか。

柳投手を打ち崩すのは簡単ではないと思いますがぜひとも3連勝を目指して初回からガンガン攻めて欲しいですね。

そして、チーム状態をピークにして交流戦に臨んで欲しいです!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「ピーク」といえば。

今日は「英国を代表する老舗マーチャントBateman Ogdenの*Boating Stripeを中心とした銘バンチブックThe Mill Collection」に収録されている「力強く鮮やかなブルー」と「大胆なカラーリング及びワイド巾」が特徴的なストライプ素材でお作りした最高にクールでカリスマティックなジャケットをご紹介します!

*Boating Stripe: 日本ではクラブストライプなどとも呼ぶ英国名門大学のボート部が着用していたブレザーをルーツに持つ視認性が高いストライプ柄。

デザインは「ピークトラペル」「シングルブレステッド2ボタン」「ハッキング/スランテッドポケット」「センターベント」とエレガントにまとめました。

スポーティな出自を持つ素材とほのかにフォーマルテイストが香る優雅なデザインが見事な化学反応を起こした1着だと思います。

そして、既製品ではまず見つからない1着だと思います。

まあ、そもそも既製のBoating Stripeジャケット自体が超レアですからね、そりゃあこんなジャケットが既製品で見つかる訳はないか(笑)。

とにもかくにも素晴らしくカッコいい1着に仕上がりました💪

という訳で、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓ です。

 

 

いいですよね〜〜〜!!

当然この素材ですから、ブレザー風のスタイル/デザインやモッズ風のスタイル/デザインで作っても間違いなく素敵だとは思いますが、こうして見るとこのデザインが大正解だったことが分かります

僕も激しく欲しいですっ!

では、遊び心あふれるディテイルを「寄り画像」で見ていきましょう!

 

 

 

カラークロス(上衿裏のフェルト生地)はホワイトにしました。

 

 

はい、ストライプに使われているホワイトとのストーリーを作りました

オーダーメイドにおいて「ストーリー」ってとても大事ですもんね!

また、左前ハシにストライプに使われているブルーに近い糸でお入れしたお名前の刺繍もポイントです。

いやはや、思わず「衿立て」をしたくなる、ギミック満載の上衿裏ではないでしょうか!?

 

 

 

ライニングは深いネイヴィブルーが美しいペイズリージャカードをセレクトしました!

 

 

表素材及びボタンとのハーモニーも絶妙だと思います!

 

 

 

スリーヴボタンです。

 

 

  • – 素材と見事にマッチした特殊加工ボタン
  • – 5個ボタン
  • – リアルボタンホール(本開き切羽)
  • – スランテットボタンホール

 

はい、いずれもアップチャージ不要のディテイルです!

 

以上です。

 

O様、いつも本当にありがとうございます。

心より御礼を申し上げます。

次はパープルのジャケットが仕上がりましたらご送付いたします!

 

ちなみにですが、このBoating Stripeは「天地」が決まっていて「一方向裁断」するのが基本ルールになっていますので、このようにストライプが左右非対称に見えるのが「正解」です😊

以前に似た素材でボトムスを作った際には敢えてストライプが左右対称になるように作りましたが、あれは本来なら「不正解」なんですよね。

でも、ボトムスで作ること自体が本来の目的と違っているのと、お得意様のお好みを鑑みてあのようにしました😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

発売日の1ヶ月ほど前に予約していた。。。にも関わらず「一時的に品切れ」となってしまい届かなかったLYLE LOVETTの新譜12th Of Juneがやっとのことで届きました!

昨日一日じっくり耳を傾けたVAN MORRISONの新譜What’s It Gonna Take?が相当に素晴らしいのでもうしばらく聴いていたい気持ちもあったのですが、ひとまず今日は本作を。

「超」を10個つけたいくらいに楽しみにしていたので!

というのも。。。

今月だけでもTHE WATERBOYSのAll Souls Hill、BONNIE RAITTのJust Like That…、VAN MORRISONのWhat’s It Gonna Take?と複数の新譜が届いたのですが、そしてどれも好作品なのですが、THE WATERBOYSとVAN MORRISONはかなりコンスタントに新譜をリリースしていますし、BONNIE RAITTも多作とはいえないけれど5年に1枚くらいのペースで新譜をリリースしています。

が、この人は実に10年振りの新譜リリースなんですよね。

なぜこれだけブランクができたのかは分かりませんけれど、コロナ渦中に何度も楽しませてくれたライヴストリーミングを含めてライヴ活動はコンスタントにやっているようですから決して活動自体が停滞している訳ではありません。

が、でも、しかし。。。

デビュー以来前作まではずっと3年に1枚くらいのペースで新譜をリリースしていましたので。。。

この10年間も副業(?)であるアクターとしての仕事が複数あったようなので。。。

上述の通りライヴは頻繁にやっているようなので。。。

「この人、もしかしたらもうスタジオアルバムに興味がないのかな?」と僕は思っていました。

なので、Facebookで本作がリリースされることを知った時には大きな驚き&喜びとともに「ベスト盤じゃないだろーな?」と少し疑いました(笑)。

というアルバムなので、VAN THE MANの新譜をとりあえず1日だけで終えて本作にします!

詳しい感想はまた後日書きますね。

あ、ちなみにベスト盤ではありません!!

そして、一聴した限りでは「LYLE LOVETT健在!」な内容に仕上がっています。

 

 

 

 

では、7曲目収録の美しいタイトルトラックをどうぞ。

 

 

素晴らしい!!!

 

 

 

 

22nd. May. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



「節目の10周年」なので2022年は2種!10周年Tシャツのデザイン決まりました。

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

5月~6月の水曜日は「14:00-20:00」で営業いたします。

 

 

残り2日間です!オーダーシャツのオプションフリーキャンペーン

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

“♡ Camo” silkの2022年newカラーが決まりました!

 

 

<新作バンチブックのご紹介>

 vol.1: Darrow Dale 2-1

 vol.2: Darrow Dale 2-2

 vol.3: Ermenegildo Zegna

 vol.4: Trabaldo Togna / Drago

 vol.5: British suiting collection 2-1

 vol.6: British suiting collection 2-2

 vol.7: Tallia Di Delfino

 vol.8: Jersey collection

 vol.9: Super stretch

 vol.1o: Indigo by Harrisons

 vol.11: Jacketing collection – Ferla / Novara / Drago etc.

 vol.12: Jacket & Trousers – Dondi / E.Thomas etc.

 vol.13: Loro Piana

 vol.14: Warp & Weft – Ferla / Cerruti / Loro Piana etc.

 vol.15: Piacenza 3-1 Celebration

 vol.16: Piacenza 3-2 Sensorial

 vol.17: Piacenza 3-3 Alashan Breeze

 vol.18: The Album vol.15

 

 

 

 

昨日CSF最後の2ゲームが終わったのでCF進出4チームが出揃いました🏀

応援している2チームともに勝利して欲しかったのですが、残念ながらディフェンディングチャンピオンだったMILは敗れました。

昨日も書きましたけれどK.Middletonを欠いたシリーズでしたからね、仕方がないかな?

3つ勝ったし「健闘」との評価でOKだと思います。

来シーズンまた万全のチーム状態でPOに臨んで欲しいですね!

一方のDALはWC1位チームかつ昨シーズンのThe Finals出場チームPHXに見事な大勝を記録、L.Dončić入団後初のCF進出を決めました。

シーズン中にKPをリリースしてS.DinwidietとD.Bertansを獲得した時には「なんというバカなトレード!」と思いましたし、Playoffsの1st RoundにL.Dončićを欠いて臨まなければいけなくなった時には「さすがに絶対的エースを欠いたら無理だろうなぁ」と思いましたし、WCSFでPHXに2連敗した時には「下手したらスウィープもあるかな。。。」と思いましたけれど、ことごとく僕の予想を裏切ってくれました!

素晴らしい!!

というか、僕の見る目のなさよ(笑)。

ここ2ゲームのDを筆頭にアジャストも素晴らしかったし、今シーズンからHCとしてチームを率いているJ.Kiddの力量も大したモノですよね!

CFはGSWと対峙することになります!!

RSは3-1で勝ち越しているので相性は悪くないはずです。

ここまできたら、The Finalsまで辿り着いて欲しいですね。

Go! MAVS!

 

 

 

 

ところで。

「OK」といえば。

10周年Tシャツのデザインですが、Loud Girlこと大川知沙子女史からのOKも出ましたので遂に決定しました!

節目の10周年ということで気合を入れてデザインを考えたのですが、考え過ぎたのかボツが多くなりドツボにハマって1ヶ月強。。。

いや、2ヶ月かな??

いずれにしてもやっとです!!

でも、おかげでとてもいいデザインが仕上がりましたのでヨシとしたいと思います😊

という訳で早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

 

節目ですからね、今年は初めて2種のデザインを考えました。

 

 

 

上:Ten Starsヴァージョンです!シンプルながらクールかつシャープなテイストが自慢です!

下:Vinylヴァージョンです!LOUD GARDENらしい音楽ネタデザインです!

 

いずれも例年通り「お好きなカラー&サイズをお選びいただける個別オーダー」を承っております。

記念すべき10周年です!!

ご祝儀も兼ねてぜひともお買い求め下さいませ。

もちろん少量になりますが既製品も作成予定です😊

 

 

 

カラーとサイズは ↓こちら↓ からセレクト下さい!!

 

 

 

どうぞ何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もBONNIE RAITTの新譜Just Like That…を!

LYLE LOVETTとVAN MORRISONの新譜も待ち遠しいですしTHE WATERBOYSの新譜も聴き直したいですが、本作も極めて心地よいのでまだもう少し身を委ねたいですね。

よりアーシーでグルーヴィな6. Waitin’ For You To Blow、8. Love So Strong、9. Here Comes Loveが当初のお気に入りでしたが、ここ最近(といってもまだ届いて数日ですが笑)は冒頭の3曲:1. Made Up Mind、2. Something’s Got A Hold Of My Heart、3. Livin’ For The Onesの流れが堪らなく好きです!!

緩急のバランスも優れた本当にいいアルバムです!!

 

 

 

 

では、オープニングチューンMade Up Mindのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

とてもモダンでエレガントなブルースロック!

最高のオープニングトラックだと思います。

しかし。。。

今年で72歳のBONNIEさん。。。

超かっこいいおばちゃまですよね〜〜〜!

 

 

 

 

17th. May. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Very cool and sharp denim pants!

Hiroshima Carp / Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

5月~6月の水曜日は「14:00-20:00」で営業いたします。

 

 

オーダーシャツのオプションフリーキャンペーン開催中です!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

“♡ Camo” silkの2022年newカラーが決まりました!

 

 

<新作バンチブックのご紹介>

 vol.1: Darrow Dale 2-1

 vol.2: Darrow Dale 2-2

 vol.3: Ermenegildo Zegna

 vol.4: Trabaldo Togna / Drago

 vol.5: British suiting collection 2-1

 vol.6: British suiting collection 2-2

 vol.7: Tallia Di Delfino

 vol.8: Jersey collection

 vol.9: Super stretch

 vol.1o: Indigo by Harrisons

 vol.11: Jacketing collection – Ferla / Novara / Drago etc.

 vol.12: Jacket & Trousers – Dondi / E.Thomas etc.

 vol.13: Loro Piana

 vol.14: Warp & Weft – Ferla / Cerruti / Loro Piana etc.

 vol.15: Piacenza 3-1 Celebration

 vol.16: Piacenza 3-2 Sensorial

 vol.17: Piacenza 3-3 Alashan Breeze

 vol.18: The Album vol.15

 

 

 

 

昨日行われたECSF Game 6はモメンタムをほぼほぼBOSに握られたまま敗れました🏀

完敗でしたね〜〜。

でも、K.Middletonを欠きながら素晴らしい健闘をしていると思います。

そして、泣いても笑ってもあと1ゲームでシリーズの決着がつきます!

BOSのホームゲームにはなりますが、そしてK.Middletonはまだ戻れないという報道がありましたがMILにも王者の意地があるはず、なんとかGame 7を制してECFに駒を進めて欲しいです。

PHIとGSWが既にCF進出を決めた関係でしょうか、今日のNBAはゲームなし。

明日はGame 7が2つ予定されています。

最初のゲームMIL@BOSは4:30TO、CSF最終戦DAL@PHXは9:00TOです。

はい、僕が応援する2チームともにゲームがあります!

出来れば2連勝で午前中から最高の気分にして欲しいところ、最悪でもどちらかには勝利して欲しいところですがどうなるか??

注目です!

そして、カープですよね。。。

昨日も「魔の8回」という致命的な弱点を見事なまでに露呈して逆転負けを喫しました。

「魔の8回」はだいたいにおいて四球で幕を開けるのですが、昨日は四球以上に最悪な本塁打で幕を開けました。

主役を演じたのは新助っ人ターリー投手です。

先日のT戦で見事な火消しを演じた時も全投球がボールだったという不安はありましたが、まさか「本塁打 → (自身の拙い守備が絡んだ)内野安打 → 四球」で降板とは。。。

それだけなく、昨日はこれまでに何度か「魔の8回」を主演した島内投手が1点リードされた9回に登板、先頭の山田選手に本塁打を喰らって試合を決められるという醜態。。。

王者Sにあっさりと再奪首されましたし昨日の黒星は痛恨でした。

それにしても今季喫した16敗のうち救援投手が9敗、39試合で8回の失点が32ですからね、もしも優勝を狙う気があるのならセットアッパーの補強が急務だと思います。

とはいえ、実際に補強するとしてももちろんハズレの可能性はありますし、アタリでも初登板までに時間が必要なのも事実です。

ひとまずは一軍にいる間は大きな失敗をしていない松本投手、最近生存確認されたフランスワ投手、先発より中継ぎの方が適性が高そうな小林投手といったファームにいる投手を含めた総動員体制で臨み今いる投手の中から「発掘する」しかないのかもしれません。。。

いずれにしても、今日は長い回/多い球数が未知数のアンダーソン投手が先発なので点差によってはまた「魔の8回」がやってくるはずです。

そうならないためにも今日は序盤から大差をつけるような展開に期待したいですね!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「T」「S」といえば。

今日はおととい仕上がったばかりのデニムパンツをご紹介します!

ヒップポケットにとてもスタリッシュなSとTの刺繍が入ったクール&シャープな1本です。

1年前にご注文いただいた1本をとても気に入って下さり、半年前にブラックデニムでリピートオーダーして下さったお得意様から再度のリピートオーダーをいただきお作りした1本です。

リピートオーダー。。。

しかも再度の。。。

テイラーとして最も光栄なご注文のひとつです!

本当にありがたいです。

では、早速ご紹介しましょう!!!!

 

 

 

 

↓こちら↓ です。

 

 

男性のお得意様なのですが、羨ましいほどにスリムなご体型(ウエストサイズは70.0cmを切ります!?)ゆえに、そして何事にも強いこだわりをお持ちの方ゆえになかなか既製品では納得のいくデニムパンツに出会えないというお悩みを長年お持ちだったのですが、昨年のオーダーでそれが解消されたと仰っていました。

グッとくるお言葉です😭

ちなみに、初回は少しゆとりのあるシルエットで作ったのですが、前回と今回は初回よりスリムなシルエットにしています。

その辺の匙加減を自由自在に出来るのもオーダーメイドのいいところですよね😉

それにしても。。。

G-Star Rawさんあたりを彷彿とさせる立体裁断由来の「ねじれ」がクール極まりないですよね!!

レッドのステッチもかっこいい!!

しかし。。。

この写真を見ると。。。

デブってしまい前に作ってもらったデニムパンツが着れなくなったので新しい1本を作りたいなぁ!!と思います。

久し振りに極厚のデニムパンツが欲しいです!

という僕のことは置いておいて、ディテイルを「寄り画像」で見ていきましょう!!

 

 

 

ヒップポケットです。

 

 

初回から3回ともイニシャルをチェーンステッチでお入れしています。

これは職人さんの手作業なので、毎回微妙に違う部分があるかもしれません。

そのような「楽しい個体差」もオーダーメイドならではの愉悦ですよね😉

Sかぁ。。。

今日は勝つ(笑)

 

 

 

バックパッチは店頭に保管していた残布を利用しました。

 

 

ベイジュベースにレッドのローズジャカード素材です!

単純にかっこいい素材ですし、レッドステッチとの相性も抜群ではないでしょうか!?

背中心のベルトループはしゃがんだ時等に快適さが増す「ふらしループ」にしています。

また、各ループやコインポケットのさりげなく赤耳を使用しているのもいいですよね〜〜〜!

 

 

 

サイドシーム裏にも赤耳を使用しています!

 

 

思わずロールアップしたくなりますね!

もちろん裾口のステッチもレッド、そしてチェーンステッチです!!

 

以上です。

 

LOUD GARDENのオーダーメイドデニムパンツは、型紙作成、裁断、縫製、仕上げの全工程をひとりで行っております。

才能溢れる音楽好きかつピュアな職人さんです。

そんなクリエイティヴな彼が全工程をひとりで行っているがゆえに自由度はとっても高いです!

皆さまもぜひともご自身にとって最高のデニムパンツを作ってみて下さい😌

ちなみに、工房にはその職人さんひとりしかいないので納期はその時によって変わってきます。

今回はゴールデンウィークを挟んだにもかかわらず1ヶ月以内で仕上がってきました!

早い!!

素材はデニムの聖地:岡山県産のデニムを使用しております。

 

T様、いつも本当にありがとうございます。

心より御礼を申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もBONNIE RAITTの新譜Just Like That…を!

僕は前作Dig In Deep(2016年作品)がかなりお気に入りだったので、本作収録曲を何曲かYouTubeで視聴してした時には「いまいちかも???」という予感に襲われました。

なんというか、ちょっとAORっぽい感じがするアルバムなのかな?という危惧を抱いたんですよね。

AORにジャンル分けされるミュージシャンにも好きな人はいっぱいいるのですが、僕はBONNIE RAITTにはそれを求めていないので(笑)。

でも、それはまったくの杞憂だったようです。

昨日もちらっと書いたように複数の哀しみを乗り越えて作った作品のようなのでいつもよりはシックでシルキーなタッチの作風に仕上がっていますが、全体的にはこの人らしいブルースロックをベースにした豊かなアメリカーナ作品に仕上がっています。

ヴォーカルも今まで以上にディープな感じ、すごく「大切に歌っている」印象を受けます。

もちろん、最大の「売り」のスライドギターも堪能出来ます!

70歳を超えてのこの作品、見事の一語です。

まだまだ「続き」が聴きたいです!!

 

 

 

 

では、昨日ご紹介した6. Waitin’ For Your To Blowとともに一聴して気に入った8. Love So Strongのリリックヴィデオをどうぞ。

 

 

I said my love is so strong
And my mind is unchangeable
You take a look at my face
You will see that my future’s still bright
Oh, bright as the sun in the sky, now honey
You’re sure to see me shine,
Shine as the stars in the morning
That brighten up the sky,

 

この楽曲にこのリリック、サイコーじゃないですか!!!

 

 

 

 

15th. May. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Super cool and funky bi-colour/grey and beige trousers!

Hiroshima Carp / Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

5月~6月の水曜日は「14:00-20:00」で営業いたします。

 

 

オーダーシャツのオプションフリーキャンペーン開催中です!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

<新作バンチブックのご紹介>

 vol.1: Darrow Dale 2-1

 vol.2: Darrow Dale 2-2

 vol.3: Ermenegildo Zegna

 vol.4: Trabaldo Togna / Drago

 vol.5: British suiting collection 2-1

 vol.6: British suiting collection 2-2

 vol.7: Tallia Di Delfino

 vol.8: Jersey collection

 vol.9: Super stretch

 vol.1o: Indigo by Harrisons

 vol.11: Jacketing collection – Ferla / Novara / Drago etc.

 vol.12: Jacket & Trousers – Dondi / E.Thomas etc.

 vol.13: Loro Piana

 vol.14: Warp & Weft – Ferla / Cerruti / Loro Piana etc.

 vol.15: Piacenza 3-1 Celebration

 vol.16: Piacenza 3-2 Sensorial

 vol.17: Piacenza 3-3 Alashan Breeze

 vol.18: The Album vol.15

 

 

 

 

昨日のファイトでCaneloが敗れたのですね。。。

びっくり!

というボクシング、そしてNPBも熱い今日この頃ですが、実はNBAのCSFもかなり熱い状況になっています

具体的には、巨大戦力BKNと巨大戦力と思われた(けれどそうでもなかった)LALがともに瓦解したことで本命不在となった今シーズンらしく昨日時点でCSF全4シリーズが2-1になりました。

僕が応援している2チームの状況はというと。

MILは昨日行われたGame 3を勝利してシリーズを再度リードしました。

昨日はまさに薄氷の勝利、最後の最後でOTに持ち込まれてもおかしくはありませんでした。

チーム力が拮抗した両チームですからGame 4も厳しい闘いになるはと思いますがなんとか連勝して欲しいですね。

ただ、K.MiddletonがGame 5から戦列復帰する可能性があるという報道があったのは超朗報です!

彼が戻ればO/Dともにチーム力が大幅に向上することでしょう。

Game 1・2で連敗した時点で「地力の差が大きいなぁ。こりゃスウィープかな?」と多くのファンが思った(と思われる)DALはおととい行われたGame 3で素晴らしい闘い振りを披露して完勝、シリーズを1-2にしました。

そして、今日4:30TOだったGame 4でも見事な勝利、シリーズは2-2のタイになりました。

こうなれば3連勝を目指して欲しいですね!

そして、昨日行われたBとの3連戦@マツダスタジアム第3戦はカープファンにとっては最高の大勝利、恐らく1年に1回あるかないかといった大勝利でした⚾️

  •  - 打ちも打ったり ~その1~ :21安打17点(しかもマツダスタジアム/後攻だったので8回で!)
  •  - 打ちも打ったり ~その2~ :末包選手の満塁弾とマクブルーム選手の2連発を含む本塁打5発
  •  - 打ちも打ったり ~その3~ :全打席出塁(と2失策!)の上本選手を含む4安打4人
  •  - 近未来のエース候補遠藤投手が8回を自責点1(上本選手の失策絡みで失点は3)で2勝目
  •  - 一軍昇格直後の薮田投手が1回を三者凡退斬り

と完璧でした。

休養がよかったのか菊池選手が4安打と大暴れしましたしね!

また、この3連戦を内容と結果を振り返ると遂に小園選手が底を打った感じなのと開幕6連勝時の隠れたMVP上本選手が復調していそうなのとマクブルーム選手が「一日一善」からグレードアップしつつあるのが頼もしい限り!

明日からのTとの3連戦@甲子園が楽しみになってきました

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「昨日」といえば。

今日は昨日ご紹介したボトムスとカラー違いのバイカラーボトムスをご紹介します!

「スコットランドが誇る名門カントリー素材マーチャントPorter & Hardingのコットンコーデュロイ:グレイ」と「コットンを最も得意とするイタリアンミルSondrioのコットンツイル:ベイジュ」を巧みに組み合わせてお作りしたボトムスです。

前者は25oz/705gmsとスーパーヘヴィウエイト、後者はPolyurethaneを2%混紡したストレッチ(ウエイトは445gms)と明確な個性を持った素材です。

そんな「明確な個性」を持った2つの素材をこれまた「明確な個性」を持ったデザインでお仕上げしたのが今日ご紹介するボトムスです!

具体的には「フロントのL字型ポケットとヒップの箱型ポケット」「2つの素材をほぼ中央で切り替えたバイカラー仕様」「Jodhpursを彷彿とさせる本開きボタンどめ仕様かつフレアパーツ付きの裾口」といったデザインです。

特にバイカラー仕様と裾口の意匠/仕様は作り手の僕も思わず惚れ惚れしてしまうほどに個性的だと思います

「モダンなテーパードシルエット」「右ヒップポケットにお入れした木を使った空間デザインやインテリア製作を得意とするインダストリアルデザイナーならではのWOOD MASTERという刺繍」「くるみボタン」「後ろの2個だけ外側につけたブレイシーズ(サスペンダー)ボタン」といったオーダーメイドならではの遊び心とこだわりに溢れるエキサイティングなディテイルも見逃せません!

では、ご紹介しましょう。

 

 

 

 

↓こちら↓ です。

 

 

ブルーがかったグレイとグレイジュに近いベイジュ(というかグレイじゅが正解かも汗)のコントラストがインパクト抜群かつ極めてかっこいいですよね!

本来クラシカルなはずの裾口のカフス仕様もなんだかとってもモダンに見えます

昨日も書きましたけれど。。。

このデザイン、僕もすごく作ってみたいです!

そして、強烈に「明確な個性」を持った1本ではないでしょうか!?

 

 

 

たたんだ状態です。

 

 

この画像だとコーデュロイの美しさがより分かりやすいと思います!

そしてカラー&ファブリックコンビネーションも絶妙ではないでしょうか!?

では、楽しいディテイルを「寄り画像」で見ていきましょう!!

 

 

 

右のヒップポケットです。

 

 

ベージュ素材を使った箱ポケット仕様とブルーグレイ糸で入れたWOOD MASTERの刺繍が「自慢」です

 

 

 

フロントのサスペンダーボタンです

 

 

バックのみ外側につけてフロントはこのように内側におつけしています。

このつけ方はとてもクラシックだと思います。

 

 

 

切り替え部分です。

 

 

膝位置より少しだけ上に設定したこの切り替え位置がより一層の「足長効果」を発揮してくれます!

 

 

 

裾口の外側です。

 

 

カフス仕様とフレアーパーツ、そしてくるみボタンが凄まじくクールではないでしょうか!?

フレアーパーツのボタンホールのみ少しだけカラーを変えているのも心憎い遊び心だと思います!!

 

 

裾口の内側です。

 

 

右側が前になります!

 

以上です。

 

これまた昨日も書きましたが。。。

これからの季節は下半身の装いでも個性を出していきたいですよね!

ということで、バイカラーボトムス!!

オススメです

こちらのカラーを参考に既に別のお得意様からの新規オーダーも入っております

 

S様、先週もご来店下さいまして誠にありがとうございました。

心より御礼を申し上げます。

また、含蓄のある楽しいお話を聞かせて下さいませ

それにしても、このような「個性の塊」のようなボトムスを同時に2本オーダーなさるとは粋以外の何者でもありません!

さすがはS様です!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もTHE WATERBOYSの新譜All Souls Hillを。

最初にYouTubeで公開された2. Liarが良曲ながら少々不穏な空気を持った曲だったので「どういうアルバムなのかな?」「全体的にLiarみたいなダークな雰囲気なのかしら?」などと思い少々の不安とともに大いに期待して待っていた本作ですが、その不安はまったく的外れでした。

極めてヴァラエティに富んだ力作に仕上がっていますし、Liarもすごく自然に2曲目に収まっています!

ヴァラエティの豊かさはTHE WATERBOYS史上最高かもしれません。

これは多くの楽曲がMIKEさんにしては珍しく外部のライター/プロデューサーであるSIMON DINEとの共作ということが大きいようですね。

60歳を超えても活発な活動を続けているだけでなく新たな才能との接触を試み貪欲に進化・成長を続けるMIKEさん、やっぱりカッコいいですよね!!

僕も5年後、10年後の方がよりスタイリッシュな服を作れる男になれるように楽しく努力を続けたいです!

ちなみに、僕は日本盤を購入したのですが日本盤にはボーナストラックが2曲収録されています。

ボーナストラックって蛇足なことが多いばかりでなく、「え、これならむしろ収録しない方がいいじゃん!」というケースも少なからずあります。

でも、やっぱりね、気になるのでボーナストラック収録ヴァージョンがあるとそっちを買ってしまいます(笑)。

で、本作ですが2曲目のボーナストラックがTHE ROLLING STONESのJumping Jack Flashと知ってちょっとだけ嫌な予感がしました。

なんだかどストレート過ぎるでしょ??笑

は、その予感も的外れでした。

(情報がないのですが多分)自作曲のPainting America Whiteとともにめちゃくちゃナイスなボーナストラックでした!!

MIKEさん、失礼しました(笑)。

という訳で、購入するなら断然日本盤をオススメします!!

 

 

 

 

では、そのLiarのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

静かに熱い良曲ですよね!

 

 

 

 

9th. May. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Introducing new bunch book collection for 2022 Spring/Summer. vol.18: The Album vol.15

Hiroshima Carp / Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

5月~6月の水曜日は「14:00-20:00」で営業いたします。

オーダーシャツのオプションフリーキャンペーン開催中です!

ゴールデンウィーク中も休まず営業いたします。

*5.5 Tueも「14:00-20:00」で営業いたします。

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

LOUD GARDENの季刊ニュースペーパー:The Loudest Voice vol.30 完成しました!

 

 

Pen 5月号:気鋭のノンフィクションライター石戸諭様がLOUD GARDEN madeの最新作について書いていらっしゃいます!

 

 

<新作バンチブックのご紹介>

 vol.1: Darrow Dale 2-1

 vol.2: Darrow Dale 2-2

 vol.3: Ermenegildo Zegna

 vol.4: Trabaldo Togna / Drago

 vol.5: British suiting collection 2-1

 vol.6: British suiting collection 2-2

 vol.7: Tallia Di Delfino

 vol.8: Jersey collection

 vol.9: Super stretch

 vol.1o: Indigo by Harrisons

 vol.11: Jacketing collection – Ferla / Novara / Drago etc.

 vol.12: Jacket & Trousers – Dondi / E.Thomas etc.

 vol.13: Loro Piana

 vol.14: Warp & Weft – Ferla / Cerruti / Loro Piana etc.

 vol.15: Piacenza 3-1 Celebration

 vol.16: Piacenza 3-2 Sensorial

 vol.17: Piacenza 3-3 Alashan Breeze

 

 

 

 

昨日行われた2022 NFL Draft : Round 1🏈

満喫しました!

現地Las Vegasはめちゃくちゃ盛り上がっていましたね!!

Round 2とRound 3が行われる今日も楽しみです😊

さて、NBAのPlayoffsも相当盛り上がってきました🏀

昨日は僕が応援しているもう1チーム:DALも1st Round突破を決めました!!

4Qにドタバタしたのはご愛嬌(?)、見事な逆転劇でしたね。

WCSFの相手はWCのトップシードPHXです。

まあ、なかなかね〜〜、勝つイメージは出来ないけれど、チーム状態はかなりいいと思いますのでここはひとつアップセットを起こして欲しいですね!!

Go! MAVS!

先にECSF進出を決めているMILはあさってからBOSと対峙するのですが、(B.Simmons騒動があったとはいえ)KDとK.Irvingを擁するBKNをスウィープしたチームですからね、そしてMILはK.Middletonの続報がまだない状態(つまり、恐らく少なくともシリーズの前半はお休み)ですからね、厳しい闘いになることは間違いありません。

が、1st RoundではB.Portis、G.Allen、P.Cannoughtonといったロールプレイヤーが日替わりで躍動しましたし、B.Lopez、W.Matthews、S.Ibakaといった修羅場をくぐり抜けてきたヴェテランも健在です。

なんとかECSFを突破して連覇へ更なる前進を果たして欲しいです!!

Go! BUCKS!

してカープは。。。

昨日は会心の勝利でした⚾️

今日も勝つ!!!!

 

 

 

 

ところで。

「今日」といえば。

今日は5日振りに新作バンチブックをご紹介します!

よくよく思い出してみると少し前に入荷していたようなのですが、陳列場所を誤ってしまい数日前までその存在をすっかり失念していた1冊です(仕入先様、すみません汗)。

具体的には、Harrisonsグループのオススメ素材を見開きのブックレットに収録したThe Albumシリーズのvol. 15です!

このThe Albumシリーズは見本の大きさこそ小さいのですが、見開き故にパッと全コレクションを俯瞰出来るので意外な発見があるんですよね!

その見やすさのおかげか、The Albumシリーズをご覧になってのご注文は少なくありません!

今回入荷したThe Album vol.15でフューチャーされているのは、HarrisonsのニュークオリティBurra Bayと銘コレクションMersolairです。

いずれもこれからの季節にぴったりなカジュアルテイスト強めのコレクション、そしていずれからも魅力あふれる素材ばかりがセレクトされております。

ご来店の際にはぜひともパッと見開いて下さいませ😊

新たな発見に出会える可能性大です!

もちろん引き続きお電話/e-mail/SNS等でのご注文/お問い合わせも大歓迎で承っております。

例えば、「Mersolairのチェックをもう少し大きな見本で見れる?」といったご要望等がありましたらどうぞお気軽にお申し付け下さいませ。

すぐに画像を手配する等いたします!!

という訳で、早速ご紹介しましょう。

 

 

 

 

The Album vol.15は ↓こちら↓ です。

 

 

たたむとA4大になる見開き4 ページのブックレットです。

The Albumシリーズは表紙下部に並んでいるHarrisonsグループのオススメ素材がフューチャーされたブックレットですので、時にW.Billの素材がセレクトされたり、時にPorter & Hardingの素材がセレクトされたりします。

今回入荷したvol. 15にセレクトされているのは全48マークがHarrisonsです😊

次回はどこのどんな素材がフューチャーされるのか今から楽しみですね!

では、中身を見ていきましょう!!

 

 

 

まずは、Burra Bayです。

 

 

 

Burra Bayは、60% Fine Merino Wool + 40% Natural Shetland Woolというユニークな品質(実際の品質表示は100% Woolとなります)で織り上げられたモダンクラシックなJacketing(ジャケット素材)です。

Burra Bayとはシェットランド諸島に存在する風光明媚な入り江だそうです。

その沿岸に生息するShetland Sheepから採取されるサスティナブルなUndyed Woolを使うことで独特の個性的なキャラクターが生まれたことからこの名前がつけられたとか。。。

とてもロマンのある素材ですよね!

made in Scotlandというのもなんだかそそられるものがありますよね!

そんな特徴的な品質と大地や植物を連想させるアースカラーを組み合わせたデザインの数々が極めて秀逸な、そして極めて洗練された素材だと思います!

260/280gmというHarrisonsグループのJacketingとしては比較的軽快なウエイトも嬉しい限りではないでしょうか。

ワンランク上の優雅なスマートカジュアルスタイルを完成させるクール&ダンディなジャケットが仕上がること間違いなしのニューコレクションの登場です!

 

 

 

Burra Bayの「僕のイチオシ(というかニオシ)」は ↓こちら↓ です。

 

 

ベイジュとグリーンのカラーリングが最高に素敵なギンガムチェック(上)とベイジュのプレーン(下)です。

ジャケット推奨ですけれど。。。

僕は上でクラシカルデザインのジャケットを作って、下でグルカパンツ仕様のボトムスを作りたいです!!

間違いなくかっこいいセットアップが出来ると思います😎

これは絶対に作りたい!!

とは思っていますが。。。

現在仕込んでいるのもHarrisonsだし、次に仕込もうと思っている素材はあるし、木曜日にカジュアルウェアで散財したし。。。

そして、他にも作りたい素材が山ほどあるし。。。

このセットアップを作るかはひとまず保留、1週間後にもう一度見てみようと思います!

 

 

 

次は、Mersolairです。

 

 

 

ご存知の方も少なくないとは思いますが、Mersolairは陽光が眩しくなるこれからの季節にぴったりなLinenやCottonといったNatural Fabrics中心のバンチブックです!

清涼感と気品を併せ持った素材の数々はジャケットはもちろんサマースーツとしても愉しめる逸品です。

上:100% Linenコレクションです。全マークトロピカル(平織)ながら左上のタータン2マークだけ270gm (それ以外のプレーンは350gm)とEnglish Linenにしてはかなりのライトウエイトに仕上がっています。軽快な仕様のジャケットを作るのが正攻法ですよね!プレーンはどれもカラーリングがナイスではないでしょうか!?

下:Cotton系コレクションです。具体的にはプレーン11マークが100% Cotton(310/330gm)で右下のストライプだけ70% Wool + 30% Cotton(450g)になります。プレーンは右下2マーク(ホワイトとベイジュ)のみサテン組織で他はツイル(綾織)組織です。右上のブルーなんて最高にきれいですよね😉

 

 

 

Mersolair 100% Linenの「僕のイチオシ」は ↓こちら↓ です。

 

 

この美しいピンクよ!

僕はこちらでダブルブレステッドのブレザーが作りたいです!!

そのブレザーに合わせるボトムスはちらっと下に見えているカラー違いのホワイトがいいかな??

絶対にポップながらも品のあるセットアップに仕上がるはずです!!

木曜日に新調したローファーにも合いそうだぞ😎

 

 

 

Mersolair Cotton系の「僕のイチオシ」は ↓こちら↓ です。

 

 

ヴィンテージ風の佇まいがスーパークールなボーティングストライプ!

これはモッズ風のデザインで作りたいですね〜〜!!

 

以上です。

 

二度と見失わないように(笑)、めちゃくちゃ分かりやすい場所に陳列しました!

つきましては、来店の際にはぜひとも手に取ってじっくり見てやって下されば幸甚です😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

昨日で終わりにしようと思っていたのですが。。。

もう1日だけ、学生時代の音楽アルバイト仲間I君が先週の火曜日に立ち寄ってプレゼントしてくれた木暮 “shake” 武彦の「サイン入りBirthday Song(2020年作品)」を!

4月をRED WARRIORS時代の名曲12曲をセルフカヴァーしたこの素晴らし過ぎるアルバムで締めるのもいいかな?と思いました。

明日からはどうしようかな、まもなく新譜が届くLYLE LOVETTの過去作品を復習しようかな?

いや、その雨にTHE WATERBOYSの新譜が届くのか!!

そっちを先に復習しようかした??

それはともかくとして、高校生時代に慣れ親しんだ名曲たちが新たな息吹を吹き込まれて瑞々しく躍動している名盤です!

 

 

 

 

では、2曲目という配置があまりにもナイスなGuerrillaのミュージックヴィデオをどうぞ!

 

 

サイコーですよね!!!

 

 

 

 

30th. Apr. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.