Ryoji Okada Official Website

Diary

The list of the [ NBA ] category.

9周年Tシャツの「カラー&サイズオーダー初回受付」は5.10 Mon 12:00までです!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

5月/6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

☠️9周年Tシャツの「カラー&サイズオーダー初回受付」開始しました!☠️

 

 

“♡ Camo” silk 新色の既製品ネクタイ入荷しました!

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

昨日は僕が応援している2チームともに勝利しました🏀

MILは2ゲームともホームだったとはいえ、そして、相手が3人もいるエースのひとりJ.Hardenを欠いていたとはいえ、The Finals進出には倒さなければいけなくなるであろう強敵BKNにこの3日間で2勝、これはなかなかどうして大きい勝利ではないでしょうか!

ここはなんとか現在1.5ゲーム差のBKNを上回ってPOに突入して順位上でも優位に立って欲しいですね。

DALはMIAに勝利してここ10ゲームの成績を7勝3敗とし西の5位を死守しました。

今日はお休みで明日はBKN戦です。

KDを止められるイメージがまったく湧きませんが、今季のDALはチームDのレーティングが悪くなかったと記憶しています。

なんとか、強力なBKNのオフェンスを凌いで勝利、5位キープ&MILの援護射撃をして欲しいものです。

Go! MAVS!

Go! BUCKS!

 

 

 

 

ところで。

「5」といえば。

先月末から開始した、9周年Tシャツの1枚から可能な「カラー&サイズオーダー」ですが、「5月末納品予定の初回納品分」の受付がいよいよ残り5日間となりました。

締め切りは5.10 Mon 12:00となります。

ご希望の方は、お好みのカラー(全23色)、お好みのサイズ(全7サイズ)、ご希望の枚数(1枚から承ります)をご指示下さい。

*カラーはカラーサンプル一覧、サイズはサイズ表をご参考下さい(いずれもこの記事の下部に添付しております)。

ご注文/お問い合わせは、店頭での口頭 /お電話:03-6438-9563 /e-mail:info@loudgarden.com /SNSのコメントやメッセージ等でお願い申し上げます。

今年はコロナ禍と3回目の緊急事態宣言が世界ランカーの的確&強烈なボディブローの如く大変に効いておりますので、周年Tシャツは例年以上に「真剣勝負」で取り組んでおります🔥

ぜひともたくさんのご注文をよろしくお願い申し上げます!!

皆さまの温かくも熱い応援を心よりお待ち申し上げております。

また、既にご予約を下さった皆さまにこの場を借りて改めまして心よりの御礼を申し上げます。

 

9周年Tシャツ:¥4,400

*XL以上は¥4,950

 

では、厳選した9カラーのイメージ画像をご紹介します!

 

 

 

 

9-1 ブラック

ここ数年はホワイト以上に人気が高いブラックです!

スカル、カモフラージュとの相性も抜群なので今年も1番人気の可能性が高い!と僕は見ています。

 

 

 

9-2:ホワイト

 

ブラックと1番人気を二分するホワイトです!

こうして見るとより “♡ Camo” Skullが際立つホワイトもすごく良さそうですよね😉

いずれにせよ、今年の1番人気はブラックホワイトか、はたまた、ダークホースが登場するのか、今からとっても楽しみです!!

 

 

 

9-3:ヘザーグレイ

毎年確実に3番人気のヘザーグレイです。

とっても合わせやすいカラーですもんね😊

“♡ Camo” Skullとの相性も良さそうです!!

今までブラックとホワイトの牙城を崩したことはありませんけれど、今年こそ肉薄するでしょうか!?

ちなみに、実際のヘザーグレイは「杢/メランジ」なのでもっといい感じです!

*実際のボディカラーのイメージはこの記事の下部に添付したカラーサンプル一覧でご覧下さい。

 

 

 

9-4:レッド

はい、(今季はもう終わっている笑)広島東洋カープファンの私が毎年作っているレッドです!

今回も「マスト」なレッドに加えてもう2カラーくらいを購入する予定です。

今年はどうしようかな、Lサイズにしようかな〜〜〜?とも思っております!

6周年まではSサイズ、7周年以降はMサイズだったんですけれど、ウェイトトレーニングの成果(プラスお腹の醜いタルみ)と嗜好の変化によりLサイズにしようかと。。。

でも、やっぱりレッドはMサイズにしておこうかしら?

で、他のカラーをLサイズにする!というのも考え方かな?

ちょっと悩みますね〜。

 

 

 

9-5:ネイヴィブルー

年/胸のデザインによっては人気が高くなるネイヴィブルーです。

どちらかといえば、ロック度が低い年の方が人気なので今年は少し分が悪いもしれません。。。

でも、僕の想像によればすごくかっこいいと確信しています!

さて、今年の人気はどうでしょうか??

 

 

 

9-6:ブラウン

トレンドカラーのブラウンです。

このカラーもヘザーグレイ同様にイメージ画像だと今ひとつなんですけれど、実物は間違いなくこの画像の数倍かっこいいはずです。

ここまでの6カラーはある程度の既製品も作る予定です!

が、以下の3カラーは既製品は作るとしてもごくわずかです!!

つきましては、気になる方はぜひとも個別にオーダーを入れていただければ幸いです!!!

 

 

 

9-7:ライトイエロー

こちらもトレンドカラーのライトイエローです!

とってもナイスな感じに仕上がりそうですよね!!

「自分用のどれかひとつをLサイズで作るならこのカラーがいいかもしれない!」と思いました。

ちなみに、下に添付したカラーチャートにあるとおりイエローは3色展開なのですが、このライトイエローが一番合わせやすいかもしれませんね。

なので、「個性が立ったイエローのTシャツが欲しい!」と強くお思いの方には、普通のイエローかゴールドイエローの方をおすすめします!

 

 

 

9-8:ライム

ご覧の通り、とってもきれいなライムグリーンです!

きれいでヘルシーなカラーと “♡ Camo” Skullのコンビネーション、意外や相当に素敵だと思います。

 

 

 

9-9:ライトブルー

毎年密かな人気カラーとして一定量のご注文が入るライトブルーです。

ホワイトではちょっと物足りない、しかしながら、あまり主張が強いカラーでない方がいいという方にぜひともおすすめしたいです!!

とってもいいカラーです。

 

 

 

カラーはこちらのカラーサンプル一覧からお選び下さい。

*こちらの画像はかなり実際のTシャツに近いカラーになります。

 

 

 

サイズはこちらのサイズ表からお選び下さい。

*150と160は女性/お子様のイメージになります。
*ご不明な点等はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以上です。

 

プレゼントにもとても喜ばれている周年Tシャツ、ぜひとも皆さま、ご注文を何卒よろしくお願い申し上げます!!

 

 

 

 

◆本日の一曲◆

 

 

Love Should Come With A Warning

VAN MORRISON

 

先週の木曜日は昭和の日ということで営業したので今日は2週間振りのお休み!

という訳で、しっかり寝て、しっかりトレーニングをして、しっかり仕事をシャットダウンしたいと思います!!

音楽は色々と聴こうかな???

という訳で今日は「一枚」ではなく「一曲」を。

間も無く届くVAN MORRISONの新譜Latest Record Project Volume 1からの楽曲です。

めちゃソウルですね!

楽しみです!!

 

 

 

 

6th. May. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 

 



Super cool and chic brown double-breasted blazer!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

5月/6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

☠️9周年Tシャツの「カラー&サイズオーダー初回受付」開始しました!☠️

 

 

“♡ Camo” silk 新色の既製品ネクタイ入荷しました!

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

NFLのドラフトが終わりましたし、カープはてんでダメですし、GWはNBAを重点的にチェックしているのですが今シーズンは「世代交代」「勢力図の変化」に拍車が掛かっているようです🏀

まずもって、西の1位がUTA、2位PHXというのはかなり意外ですよね。

C.Paulって、やっぱりすごいですよねぇ。

東も実力者を集めまくったBKNと着実に若手プレイヤーが育っているATLの躍進はまあ想定通りでしたけれど、NYKが4位にいること、BOSがなかなか上がってこないこと、INDが凋落していること等々は予想外でした。

NFLほどではありませんが、戦力均等化をリーグ自体が意識している故の変化ではないでしょうか。

これだからNBAは面白いですよね!!

RS最終盤に突入したNBAからますます目が離せません!!

 

 

 

 

ところで。

「NY」といえば。

今日は、NY在住のお得意様が東京在住のご夫人に贈るプレゼントとしてご注文下さったダブルブレステッドのブレザーをご紹介いたします。

お得意様、ご夫人、僕の3人でオンラインのやり取りをじっくり重ねてお作りしたのですが、その甲斐あって、ややゆったりフィッティングかつ完全なるメンズ仕立て、そして、そこここに散りばめられた遊び心満載のエキサイティングなディテイル/ギミックが極めてクール&スタイリッシュな1着に仕上がりました。

では、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

ご覧の通りに極めて「カッコいい」メンズ仕立てのブレザーに仕上がりました。

美しいブラウンカラーもなんとも素敵です。

きっとお勤めの「某所」でも、「素敵!」と注目を集めているのではないでしょうか!?

 

 

 

女性向けですので、フロントボタンの打ち合い(ボタンの合わせ)はWomen’s仕様(女性仕様:右手側の身頃が前にくる仕様)にも出来るようにしました。

 

 

具体的には、右手側の身頃前ハシにもボタンホールを2つ開けております。

 

 

 

カラークロス(上衿裏のフェルト生地)は美しいワイングラス柄プリントの100%コットンで代用しました🍷

 

 

思わず「衿立て」して歩きたくなりますね!

 

 

 

ポケット 2-①

 

 

右手側のポケットです。

 

– スランテッド/ハッキングポケット
– ベイジュ素材を使用した両玉縁
– 腰ポケットと2.0cm重ねた/腰ポケット前ハシより2.0cm前に出したアウトサイドチケットポケット(チェンジポケット)

 

はい、ポケットもエキサイティングなギミック満載です。

 

 

 

ポケット 2-②

 

 

左右の腰ポケット下にはヒドゥンポケット(隠しポケット)をお付けしました。

ヒドゥンポケットはカラークロスで使用したワイングラスプリントコットンを使用しました。

腰ポケット下に密かにポップなカラーリングのポケットが隠されている。。。

とってもロマンがありますよね!

 

 

 

ライニングは繊細なブルーグリーンのミニドットにしました!

 

 

ライニング単体での美しさもさることながら、表素材とのハイコントラストも抜群に素敵です。

 

 

 

袖先です。

 

 

– メタルボタン
– 5個ボタン
– 大きさ/デザイン違いボタン(一番下のボタンのみサイズが大きく表面がツルッとしていないメタルボタンを使用しています)
– リアルボタンホール(本開き切羽)
– スランテッドボタンホール
– カラー違いボタンホール

 

はい、すべてアップチャージ不要のディテイルです!

 

以上です。

 

T様、いつも誠にありがとうございます。

羨ましい限りの仲良しご夫婦、本当に素敵です!

今後とも温かい応援を何卒よろしくお願い申し上げます!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日は昨日もちらっと書いた、僕が大好きなJOHN  HIATTの楽曲Riding With The Kingをタイトルトラックとして取り上げたB.B.KING & ERIC CLAPTONのRiding With The King(2000年作品)を。

これってもう21年前の作品なんですね!

リリース直後には購入しているはずなのですが、そんなに頻繁に聴く作品じゃないので感覚がないのか、10年くらい前かな〜〜〜?と思っていました。

ということは、B.B. KINGが74歳、ERIC CLAPTONが56歳頃に作ったアルバムということになりますね。

そして、JOHN HIATTがRiding With The Kingを発表したのが1983年ですから「JOHN HIATTのRiding With The Kingsリリースから本作まで:17年間」と「本作から現在まで:21年間」では後者の方が長くなっていますね。。。

どうでもいいことだけれど、なんというか歴史とか時間の流れの速さとかを感じずにはおれません。。。

そりゃ僕も加齢している訳だ(笑)。

それはともかくとして、本作はなかなかよく出来た「ロックテイストが絶妙にふりかけられたブルースアルバム」に仕上がっています。

当時は本作を聴いてB.B. KINGの過去作品に興味を持ちブルースにはまった、なんていう人もたくさんいたのではないでしょうか。

当時はちょっとしたブルースブームが勃興していて、イキのいい若手ブルースマンの音源が多数リリースされていましたしね。

ジャケットのアートワークそのままにERIC CLAPTONが師匠筋にあたるB.B. KINGの引き立て役に徹しているのもとても好感が持てます!

まあ、B.B. KINGの歌とギターの圧倒的存在感を前にしてはそうせざるを得ないという話もありますけれど、ERIC CLAPTONのどでかいブルース愛がひしひしと伝わってきます!

当時のERIC CLAPTONのレギュラーバンドを中心としたバンドの演奏もソツがありませんしサウンドプロダクションも上々、ブルース入門アルバムとしてはとても優れたアルバムではないでしょうか。

1. Riding With The Kingと2. Ten Long Yearsと5. Three O’clock Blues、10. When My Heart Beats Like A Hammer、11. Hold On I’m Comingあたりが僕のお気に入りです!

 

 

 

 

では、Riding With The Kingのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

動画も最高ですよね!

しかし、自身の楽曲がこの2人に割と原曲に忠実なアレンジでカヴァーされ、それがアルバムタイトルとオープニングトラックになったJOHN HIATT。。。

さぞかし名誉に思ったでしょうね!

そして、「おお、Riding With The Kingってタイトル/歌詞にしておいてよかったぜ!」とも思ったでしょうね(笑)。

 

 

 

 

5th. Apr. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Super cool and pop “wine and cheese” four piece!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

5月/6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

New colours of our exclusive “♡ Camo” silk are coming soon!

 

 

☠️9周年Tシャツの「カラー&サイズオーダー初回受付」開始しました!☠️

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

いよいよRSが終盤に入ったNBA🏀

各チームが8ゲーム程度を残し、POに向けた最後の闘いを繰り広げています。

僕が応援している2チームはいろいろありながらも悪くない状態にあるようです。

特にDALは1ヶ月ほど前に「可能性はあるけれど無理だろうなぁ」と思っていた5位も視野に入ってきました!

今シーズン頂点を目指しているチームではありませんからね、「5位/6位でPO進出→CSF進出」でも上出来ではないでしょうか。

出来ればCFまで行って欲しいですけれど!

でも、まあ、結局「7位でPO進出」という可能性も十分にあるのも現実です、ひとまずは今日これから行われるSAC戦をきっちり勝利して勢いのキープして欲しいですね🔥

一方のMILも数字的には東首位も可能(実際にはそこは狙わないでしょう)な位置につけていて、今朝行われたばかりのCFで闘う可能性があるBKN戦にも勝利しました。

この調子であさってのBKNとの再戦でも勝利して、今シーズンこそ頂点に立つべくしっかりとPOの激闘に向けて準備を整えて欲しいですね!

Go! MAVS!

Go! BUCKS!

 

 

 

 

ところで。

「今日」といえば。

今日も昨日に引き続いて「とってもワインな4ピース:シャツ + ネクタイ + マスク + ポケットスクウェア(チーフ)」をご紹介いたします🍷

はい、某大手飲料メーカーでワイン関係のお仕事をなさっている/プライヴェイトでも大のワインマニアなお得意様U様からご注文いただいた4点セットです!

昨日ご紹介したワイングラス柄もとても素敵でしたが、こちらのワイン&チーズ(とその他)柄も最高に素敵です😊

という訳で、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

昨日ご紹介したワイングラス柄もとてもアーティスティックでスタイリッシュでしたけれど、写実的でなんと美味しそうなこちらの素材も最高に素敵だと思います🍷

ご自身が開催なさるワインイヴェント等でこの4ピースをお召しになれば「さすがは主催者!」と注目を集めること間違いなしですよね!

しかし、美味しそうなチーズだなぁ(笑)。

では、集合写真だとアイテム単体の「像」が把握しにくい/把握出来ないと思いますので、4アイテムの個別画像を以下にご紹介します。

 

 

 

シャツです。

 

 

かなりの大きめ柄がとても素敵ですよね!

前身頃の柄がきれいに合っている職人技も見事です✌️

 

 

 

ネクタイです。

 

 

 

昨日ご紹介したワイングラス柄は「縦裁断」してお作りしましたが、こちらはより柄がはっきり見えるように、そして、4ピースで身につける時に「変化」をつけるために、通常のネクタイ同様に「バイアス裁断」しました!

単品使用してもすごく素敵なこと間違いなしの1本です。

また、昨日ご紹介したワイングラス柄同様に、ライニングはU様のパーソナルカラー:パープルにしました!

エレガントなジャカードペイズリーがワイン柄ととても素敵にマッチしていると思います。

 

 

 

マスクです。

 

 

こちらもまた単品で身につけたくなる楽しい逸品に仕上がりました😊

もちろん4ピースセットでもいいですし、意外やネクタイとマスクの2ピースといった組み合わせも凄く良さそうです!!

シャツと同じボタンがついているのもオーダーメイドならではの嬉しいこだわりですね。

 

 

 

ポケットスクウェア(チーフ)です。

 

 

ハンカチーフ、バンダナとしても使える大判サイズ(42cm四方)でお作りしました!

 

以上です。

 

U様、いつも本当にありがとうございます。

次は現在進行中の「ワイン柄のロング丈作務衣」は今週末にも仕上がる予定ですのでどうぞしましばらくの間だけお待ち下さいませ!

今後とも当店を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

昨朝、10:30頃からだったでしょうか?

20分ちょっと/3曲オンリーだった(と思う)けれど、ここ数日間リリースされたばかりの新譜を愉しみまくっているDUMPSTAPHUNKの中心人物IVAN NEVILLEがオルガンによる弾き語り生ライヴを無料配信してくれました。

素晴らしいパフォーマンスでした!

そのナイスな生配信で2番目に「これは親父たちのバンドTHE NEVILLE BRTOHERSが最初にリリースしたアルバムに入っているJOHN HIATTさんが作った曲です」という感じのMCとともに披露したのがWashable Inkでした。

そうでしたそうでした!

彼らの本質をあまり理解出来ていないレコード会社の意向が強過ぎてファンからの評価があまり高くない(いや、「低い」が正解かな笑)、THE NEVILLE BROTHERSの1st&セルフタイトルアルバムの2曲目に収録されているのがWashable Inkでした。

この曲、彼らの1stシングルでもあるんですよね!!

どういう経緯でこの曲が取り上げられることになったのかは(昔調べたものの)忘れてしまったのですが、THE NEVILE BROTHERSって、JOHN HIATTを筆頭にLEONARD COHENやLINK WRAYといった「お!?」と思う通好みな人たちの楽曲からBOB DYLANやSTEVE MILLERやGRATEFUL DEADやPETE SEEGERといったビッグネームの楽曲まで、カヴァーが本当に上手い人たちですよね

あ、LEONARD COHENは日本で過小評価されているだけで欧米では後者かな???

それはともかくとして&そういう訳で、今日はそのWashable Inkが収録されているJOHN HIATTのSlug Line(1979年作品)を。

現在の彼が紡いでいる豊潤でおおらかで人間臭い極めて優れたアメリカーナミュージックの風情はまだあまり感じられない音楽性、New Waveの残り香、Pub Rock勢の影響が色濃く感じられる作風の3rdアルバムです。

まあ、当時の彼はまだ27歳ですし、時代もありますし、まだヒットに恵まれた/自由にやりたいように出来た存在ではなかったでしょうし、そういった作風なことにまったく違和感はありません。

むしろ、そんな中でも既にキラリと光る楽曲がたくさん収録されているのがさすが、ファンとしては嬉しい限りです。

3. Slug Line、6. Long Night、8. Radio Girl、12. Washable Inkなどはその最たるものだと思います。

ELVIS COSTELLOあたりを彷彿とさせるポップソング7. The Night That Kenny Diedや9. You’re My Love Interestも良曲ですね。

中でも特に8なんて、やり方によっては間違って(笑)スマッシュヒットした可能性もある名曲だと思います!!

でも、この時期にヒットをしてしまったら、一般的にも僕にも超名盤と評価されているBring The Family(1987年作品)が生まれなかった可能性があるのでそれはそれでよかったのかもしれません!

 

 

 

 

では、間も無くリリースされる新譜Leftover FeelingsからLong Black Electric Cadillacのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

これはサイコー!!

ますます新譜への期待が膨らみました!!

 

 

 

 

3rd. May. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Very cool and sexy beige “♡ Camo” shirt!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

4月/5月/6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

個性的なDポケットが極めてクールなレザーのライダースジャケットを作りました!

 

 

MUUSEOに “LOUD GARDEN Museum” を開館しました!

 

 

New colours of our exclusive “♡ Camo” silk are coming soon!

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

昨日はNPBは試合なしだったので久し振りにNBAの現状をつぶさにチェックしてみました🏀

「各チーム72ゲーム」と設定されている今シーズンのRSですが、昨日でだいたいのチームが50ゲームを消化しました。

残り20ゲーム強はPOを見据えた闘いになりますね。

僕が応援している2チームはいずれもPO圏内にいます。

MILは東の3位でトップと1.5ゲーム差なので3シーズン連続(ですよね?)のトップシードもあり得る位置にいます。

過去2シーズンほどの圧倒的な強さは感じさせませんが、J.Holidayがかなり機能し始めているようですしチーム状態は良さそうです。

かつてのASプレイヤーJ.Teagueの獲得も悪くない補強だと思います😊

ここ数年は思うような活躍が出来ないでいるようですが、まだ32歳ですし過去に大きな怪我もしていないはずです。

ATL時代の恩師/HCでもあるM.Budenholzerとの再会で往年の輝きを取り戻し「攻め手がなくなった時のインスタントスコアラー」としてPOで存在感を示して欲しいですね。

DALは西の7位ですが、こちらもチーム状態が上がっているのでどうでしょう、5位までは上がれるんじゃないかな??

Trade Deadline当日に獲得した2人のうちのひとりJJ.Redickはいつプレイ出来るようになるか不明らしいですが、もうひとりN.Melliはなかなか良さそうです。

今シーズンは「CSFに進出出来れば合格」くらいのチーム力でしょうからこのまま好調を維持してPOに臨んで欲しいですね。

しかし。。。

なんだかんだと結局、BKNはすごいメンツを揃えましたよね。

KD、K.Irving、J.HardenのスーパーなBig 3が結成されただけでなく、数年前までリーグのトップPFとしてゲームを支配していたB.GriffinとL.Aldridgeがバイアウトを経て合流しているんですもんね😵

更にD.JordanやJ.Green、J.Harris、S.Dinwiddie、L.Shametというプレイヤーもいるんですからね。

これでリング獲得が叶わなければお笑い種ですね〜〜〜!!!

そして、僕の予感ではBig 3の誰かが故障して結局はCFあたりで敗れるような気がします😎

やっぱり無茶苦茶な補強をするチームが天下を取るのは面白くないですからね、予感が現実となって欲しいものです!

的確な補強に成功したのはDENでしょうか。

過去2シーズンは惜しくもPOで苦杯を嘗めましたが、今シーズンはもしかしたらThe Finalsまでいけるかもしれない!と思うのは僕だけでしょうか。

N.JokicがMVP級の活躍をしていること、J.Murrayがキャリア最高のシーズンを送っていること、かつてはドラフト1位候補だった(けれど腰の手術があったため14位で指名された)M.Porter Jr.が今シーズン遂に才能を開花させていることに加えてのA.Gordon獲得ですからね、いいんじゃないでしょうか!

特に好きなチームではありませんが、地味に頑張るチームという印象なので期待したいですね😊

そのDENが4位につけている西ですが、首位はUTAで2位はPHXなんですよね!?

UTAのゲームは今シーズン一度も見ていないのですが何が起こっているのでしょうか???

今度チェックしてみようと思います!!

いずれにしても、いよいよ盛り上がってきたNBAからも目が離せませんね😉

 

 

 

 

ところで。

「昨日」といえば。

今日は最近仕上がったばかりのとてもクールでセクシーなシャツをご紹介します!

昨日ご紹介した2枚のホワイトシャツをお作り下さったお得意様H様が、ご来店時にご一緒だった部下の方にプレゼントとしてご注文下さった1枚です。

H様は、部下の方とご一緒の場合は必ずその方にもなにかプレゼントをなさいます。

素敵でカッコいいボスですよね😊

僕も見習わなくては!!!

では、ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

ペールトーンベイジュの “♡ Camo”、そして、シャープなカッタウェイカラーとモダンクラシックなミラノカフス(カフリンクス不要のターンナップカフス)が最高にスタイリッシュな1枚です。

美しく輝くマザーオブパール/白蝶貝ボタンもとっても優雅です!

ベイジュは少しカジュアルっぽいカラーですが、敢えてこのようにドレッシーに仕上げるのは「大アリ」ですね😉

すごくかっこいいと思います!!

 

 

 

衿元にはシルヴァー糸で、”M” の刺繍をお入れしました。

 

 

さりげなくもオーダーメイドならではのギミック、素敵ですよね😉

 

以上です。

 

O様、この度は誠にありがとうございました。

お召し具合に気になる点等がございましたら何なりとお申し付け下さいませ。

H様、昨日に引き続き本当にありがとうございました!

今後とも当店を何卒よろしくお願い申し上げます😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

オーストラリアのロックバンドといえばこの人たちも忘れ難いですよね!

という訳で今日は社会派ロックバンドMIDNIGHT OILのBlue Sky Mining(1990年作品)を。

あまり政治的な音楽家/バンドは好まない僕ですが、この人たちはまあそんなにいやではないですね。

楽曲が親しみやすいし、変に実験的なアプローチをしていないからかな??

本作は出世作Diesel And Dust(1987年作品)の次作としてリリースされたので日本でもかなり話題になりました。

INXSに比べると華やかさにも音楽的特徴にも欠けますけれど、U2に通じる誠実さや実直さを感じさせるいいバンドです。

政治家でもあり大臣まで経験しているシンガーのPETER GARRETTは、強硬な捕鯨反対派ですけれど(笑)。

てっきりもう解散していると思ったのですが、2016年にリユニオンして現在も活動中のようですね。

最近はどうなのかちょっと興味がありますので今夜にでもYouTubeで最近の楽曲をチェックしてみようと思います!

 

 

 

 

では、オープニングトラックBlue Sky Mineのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

良曲ですよね!

メッセージ性は強いけれど暑苦しくないのもいい!!

 

 

 

 

6th. Apr. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Brand new shirting collection, Mar. 2021, vol.3: The Royal Caribbean Cotton

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

3月/4月/5月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

個性的なDポケットが極めてクールなレザーのライダースジャケットを作りました!

 

 

MUUSEOに “LOUD GARDEN Museum” を開館しました!

 

 

New colours of our exclusive “♡ Camo” silk are coming soon!

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

いよいよ明後日(3.26 Fri)、NPBが開幕します⚾️

すごく待ち遠しいですよね!

でも、実は。。。

3.26 FriはNPB開幕だけではなく、NBAのトレードデッドラインでもあります🏀

ここ最近、NBAで起きた最も大きなムーヴはB.GriffinのBKN加入ですが、もしかしたらもっと大きなサプライズがこの2日間で起こるかもしれません。

今のところ各種メディアで名前が上がっているのは、K.Lowry、L.Aldridge、V.Oladipo、A.Gordon、M.Brogdon、M.Smart、L.Markkanen、J.Collins、S.Dinwiddie、E.Fournier、L.Ballあたりですが、現状の実力/能力はともかくとして「ビッグネーム度」ではB.Griffinには負けますよね。

でも、NBAのことですからね、あっと驚くサプライズがあり得ると思います!

金曜日の起床後が今からとっても楽しみです😊

ちなみに、僕が応援している2チームですが、DALはKPと共存出来るディフェンシヴなビッグマン獲得を目指しているようです。

その筆頭はA.Drummondで現在CLEと交渉中らしいです。

最終的に求められる見返りにもよりますが、このムーヴは確かに悪くなさそうですね。

D.Powellがもっと成長していれば事足りた気もしますけれど彼は怪我もありましたし伸び代は多くなさそうですし、もしA.Drummondを獲得出来たらチーム力が上がるかもしれません。

MILはP.J.Tuckerを補強したばかりなので、大きな動きはしない/出来ないでしょう。

ですが、オフに獲得目前でタンパリングが発覚、結局は話がなくなってしまいATLに奪われたB.Bogdanovićにも移籍の話が浮上しているのですね。

破断後に獲得したJ.Holidayがいい感じなので今更追い求める事はないと思いますが、得点力に秀でたGは補強ポイントなのも事実。

BKNが巨大戦力を保有、目下東1位のPHIもK.Lowry獲得に動くなどBKNに対抗出来る戦力を構築しようと動いているようですので、MILもなんとかD.DiVincenzoをベンチスタートに出来るGの獲得を遂行してベストバランスのロスターを完成させて欲しいものです!

Go! MAVS!

Go! BUCKS!

 

 

 

 

ところで。

「補強」といえば。

今日もまた先週末に「大型補強」が敢行されたオーダーシャツ用コレクションの新作をご紹介します。

LibertyImported fabricsに続く3日目は国産素材の最高峰The Royal Caribbean Cottonです!

先月に続いて「完全新作」と「定番のお値段据え置きグレードアップ」の2本立ての入荷です✌️

熱心なファンがいることも納得の上質なThe Royal Caribbean Cottonです、来店の際にはぜひともじっくりチェックして&質感を確かめてみて下さい。

もちろんご来店なしでのご注文も引き続き絶賛承っております!

もしも気になる素材がありましたら、より分かりやすいお写真とご説明をe-mail等でお送りしますのでぜひともお気軽にお申し付け下さいませ。

ご注文/お問い合わせの際には、文中に記したFMから始まる品番でご指示下さい。

では、いきましょう!!

 

 

 

入荷したのは↓こちら↓の10マークです。

 

 

左のストライプが純粋な新作で右のツイルが定番のグレードアップです!

では、早速全マークを「個別&寄り画像」で見ていきましょう!!

 

 

 

まずは、「120番手双糸(ソウシ)」が基本クオリティとなるThe Royal Caribbean Cotton Gold Lineのトリコロールストライプです。

 

 

 

 

今までのThe Royal Caribbean Cottonにはなかった感じのインパクト溢れるカラーリングが超ナイスな3マークです!!

これはですね〜〜〜〜。。。

カラー違いながら全マーク印象が異なりますので、そして、全マーク素敵ですのでコンプリートしたくなります(汗)。

でも、作りたい素材は他にも多数(いや、無数に)あるので、敢えて1マークだけ選ぶとすれば。。。

一番下のマスタード×ブラウンかなぁ?

これ、すごくいいですよね!

特にイエローがマスタードなのがいいと思います!!

この素材なら僕はすごくニートなドレスシャツを作りたいですね。

例えば、ラウンドピンホールカラー + フレンチカフス(ダブルカフス)+ フレンチフロント(裏前立)+ 白蝶貝釦といった感じでしょうか。

ブラウンソリッドあるいはネイヴィブルーソリッドのネクタイと合わせたら見事にダンディなVゾーンが完成するに違いありません😎

もちろん一番上のRed, White and Blueも捨て難いです!

こちらも作るならマスタード×ブラウンと同じようにドレスシャツ仕様でしょうね!!

品質は経糸(タテイト)が120番手双糸、緯糸(ヨコイト)が80番手単糸(タンシ)の100% Cottonです。

緯糸に120番手双糸ではなく80番手単糸を使っているのはよりソフトな肌触りを実現するためです。

「番手表記」は数字が小さい方が糸が細くなりますので、「80番手単糸使い」は一見番手が太くなっているように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、120番手双糸は120番手単糸を2本撚り合わせて作りますので実際には60番手単糸相当の太さになります。

つまり、80番手単糸使いは160番手双糸相当の細さとも言い換えられます。

という訳で、ソフトな肌触りが実現出来ているのであります!

 

品番は以下の通りです。

一番上:FM85587

真ん中:FM85588

一番下:FM85589

 

シャツ(オーダー価格):¥17,600~

 

 

 

続いて、「100番手双糸(ソウシ)」が基本クオリティとなるThe Royal Caribbean Cotton Silver Lineのツイルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

定番のツイルをカラーを増やしてリニュアルしました!

品質は経糸・緯糸ともに100番手双糸の100% Cottonです。

そういえば、この道25年くらいになる僕ですが、ツイルの無地シャツってほとんど作ったことがないような???

少なくともLOUD GARDENになってからはないですね!

この機会に作るとすれば。。。

やっぱりホワイト、あるいはニューカラーのベイジュでしょうか?

 

品番は上から以下の通りです。

ホワイト:FM84675

サックスブルー:FM84676

ピンク:FM84677

グレイ:FM84678

ラヴェンダー:FM84679

ベイジュ:FM84680

ブルー:FM84681

 

シャツ(オーダー価格):¥15,400~

 

最後に、The Royal Caribbean Cottonがいかに素晴らしいか、いかにこだわった素材かを再度ご紹介します!

—-

まずは原材料です。

良質の綿花のみを手摘みで収穫、38㎜以上の超長繊維綿のみを選りすぐっています。

これが上品な光沢としなやかさを持ち自然な肌触りを感じ取ることが出来る素材の「土壌」となります。
続いてThe Royal Caribbean Cottonの最重要ポイントともいえる「ガス焼き」です。

「ガス焼き」とは、紡績の段階で「糸の1本1本を2回に分けてガス管に通して焼くことで余計な毛羽を除去する工程」のことです。

この工程により、素材の表面が均一化し染色性が向上、繊細な色合いを表現する事が可能になります。

また、糸ムラが抑えられるため素材表面が一層美しく仕上がります。

某俳優さんを筆頭にした数々のファッション上級者をも魅了してきた滑らかな肌触りと上品な光沢は、原材料の品質の高さとこのガス焼き工程に由来します。

最後に製織です。

昔ながらの低速のシャトル織機を用いて丁寧に織られていることと、製織段階での糊付けを行っていないことから素材本来の豊かな風合いを失うことなく仕上がります。

かように原材料、紡績工程、製織工程の3段階、すべてにおいてこだわりを凝縮した素材がThe Royal Caribbean Cottonなのです!

—–

 

以上です。

 

明日は驚異の機能を誇る国産素材をご紹介します!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

昨日はJOHN FOGERTYを愉しんだ訳ですが、今日はその流れでZZ TOPのEliminator(1983年作品)を。

「流れ」とは???

昨日JOHN FOGERTYの動画を探していたらZZ TOPと共演しているライヴ動画があったんですよね。

どうやら一緒にツアーを回ったことがあるようですね。

JOHN FOGERTYとZZ TOPのツアーって、僕より少し上の世代のUS Rockファンは狂喜乱舞でしょうね〜〜〜!

それはともかく、その動画を見つけた瞬間に「明日はZZ TOPだね!」と決めたのであります。

で、アルバムですが、ちょっと悩みましたが彼らの最大のヒット作である本作を選びました。

僕がリアルタイムでZZ TOPに出会ったのは次作Afterburner(1985年作品)ですが、やっぱり本作の方がかっこいですもんね!

あ、それから、記憶によれば現時点での最新作La Futura(2012年作品)もすごく良かったはずなので金曜日はLa Futuraを聴こうかな?

 

 

 

 

では、1stシングルとしてスマッシュヒットを記録したオープニングトラックGimme All Your Loveをライヴ動画でどうぞ。

 

 

最高ですね〜〜〜!!

 

 

 

 

24th. Mar. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.