Ryoji Okada Official Website

Diary

The list of the [ Ryoji Okada ] category.

明治神宮外苑いちょう並木は今が見頃のようです!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

“♡ Camo” umbrellas バルク生産分の一部納品が遅れております。残りは12.3 Friに入荷予定です。申し訳ありません!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

 ⑬ Tower Bridge by Wain Shiell

 

 

 

 

今日から12月ですね!

正直な話。。。

11月は途中まで悪くない、久し振りに堅調なセールスで進行していたのですが最後の1週間で大失速しました。

特に先週の土日はまったくもって暇でした(汗)。

ご注文も僕のヒーロー的存在である某音楽家からTwitter経由でいただいたシャツのみでした(汗汗)。

コロナ禍が強いた新しい生活様式は我々が作る服を必要としない人々を多く生み出しているのは間違いないので、我々ももっともっと素早く時代に対応しないとサヴァイヴ出来ないかもしれません。

来年は変革のスピードを格段に早めなければ!と肝に銘じております。

でもその前に12月です、なんとか今月は流れを変えたいところです!

という訳で、「あ、そういえばまだ今シーズン全然服を新調していないや」とか「最近なにかユニークなアイテムを作りたいと思っているんだよね」とか「LOUD GARDENみたいな店はサヴァイヴしてくれないと困るぞ」とお思いの方がいらっしゃいましたらぜひともこのタイミングでご注文をお願い申し上げます。

我々も皆さまのなライフをより一層エキサイティングに彩れるような新アイテムの導入等々に奮闘しております!!

最近サンプルを作ったシャツ仕立てのノーカラージャケットや  “East meets West” shirtもすごくいい感じです!!

それらは明日以降に改めてご紹介する予定でおります。

また、12月も水曜日は休まずに14:00-20:00で営業します。

そして、水曜日は基本的に僕ひとり体制です。

ひとりはやはり寂しいものがありますし、今日はなんとか流れを変えたい12月の初日です。

お近くまでいらした際にはぜひとも激励にお立ち寄り下さいませ。

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

web情報によればLOUD GARDENから程近い明治神宮外苑のいちょう並木は今が見頃らしいです😊

 

 

この写真は先週の木曜日に撮った写真ですが、まだ手前側のいちょうは緑が強いですもんね!

確かにこの写真から1週間が経った今ならきっと黄金色になっているのではないでしょうか?

今週末あたりはぜひともいちょう並木で黄葉を愛でた前後にLOUD GARDENにいらして下さいませ😌

もちろん今日も

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

もちろん引き続きお電話/e-mail/SNS等でのご注文/ご予約/お問い合わせも絶賛承っております!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

予告通り、今日から少しの間BRUCE SPRINGSTEENの The Ties That Bind:The River Collection(2015年作品)をじっくり聴き直したいと思います!

以下のようなBox Setになります!!

 

—–

1980年作品『ザ・リバー』から35周年となる2015年、超強力ボックスセットが登場! オリジナル・アルバム・デジタルリマスター + 幻の未発表アルバム + 未発表曲集の4CD更に未発表映像3DVD/2BDを加えた、想像を超えた『ザ・リバー』の発売に至るまで、そして発売後の成功への物語をすべて収録した一大絵巻。音源では遂に日の目を見る幻のアルバム『タイズ・ザット・バインド』、『ザ・リバー』 のレコーディング・セッションで録音された未発表曲の数々。映像は史上最高のパフォーマンスと呼ばれていた時期の若きブルース(当時30歳)の未発表ライヴ映像と『ザ・リバー』制作秘話をボスやメンバー、関係者が語るメイキング・ドキュメンタリー映像など。一人のアーティストの一つの作品にまつわるマテリアルでここまでの大量で充実した未発表音源、未発表映像が収録され、豪華パッケージを含めて、ファンの心に突き刺さる、史上稀に見る画期的、歴史的復刻作品。通称”River Box“。ここまでしてくれれば誰もが納得するはず! ロックの歴史の1ページを彩る歴史的作品として全てのロック・ファンに一度は触れてもらいたいアイテムです。

—–

 

通常のBox SetであればDisc 1から聴くのですが、本作に限ってはDisc 3: The Tie That Bindから聴くのが流儀でしょう!

なにせ昨日まで楽しんでいたNo Nukes Concertsが開催された1979年にリリースされる予定だった音源ですもんね。

そして、本作を更に発展させて2枚組アルバムとして1980年にリリースされたのがDisc 1とDisc 2に収録されているThe Riverですもんね。

*Disc 4はアウトテイク集です。

聴き直せば聴き直すほど本作を正式リリースせずThe Riverに昇華させたBOSSの判断が正解だったことを痛感するのですが、だとしても本作もとても強力ですよね。

The Riverにも収録されることになる楽曲も本作収録ヴァージョンとThe River収録ヴァージョンとでは大きな違いがあるのも聴きどころです。

1979年/1980年というと僕がまだ洋楽に興味を持つ前の時代なので、The Riverにはそこまで思い入れはないのですがリアルタイムで聴いた先輩諸氏からするとこのBox Setはかなりの衝撃だったんじゃないでしょうか??

まあ、熱心なBOSSファンの先輩諸氏でしたら以前からBootlegで既にThe Ties That Bindは聴いていたかもしれませんが。。。

 

 

 

 

では、タイトルトラックにしてThe Riverでもオープニングトラックを務めるThe Ties That Bindをライヴ動画でどうぞ。

 

 

この曲もシビれる熱さですよね!

リリックもサイコーです!!

 

 

 

 

1st. Dec. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



近畿在住の方は本日(11.30 Tue)15:45からABC/朝日放送で放送予定の情報番組「キャスト -CAST-」をぜひともご覧下さい!

Loud Garden / Media / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

“♡ Camo” umbrellas バルク生産分の一部納品が遅れております。残りは12.3 Friに入荷予定です。申し訳ありません!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

 ⑬ Tower Bridge by Wain Shiell

 

 

 

 

昨日はNFLのゲームデイだったのですがなかなか熱かったです🏈

(昨日対峙した主力が離脱しまくっているTENを筆頭に対戦相手に恵まれた感もややありますが)NEがここ8ゲームで7勝目となる6連勝を記録したり、PITがPO脱落濃厚となる敗戦を喫したり、GBがシーズンに入っても補強を続けたLARに完勝したり、DENがLACを撃破してAFC Westをより混沌とした状態に誘ったり、BALが接戦を制して(L.Jacksonの4INTはご愛嬌でしょうか?)AFC首位の座を守ったり見どころ満載でした!

今日10:15キックオフ予定のMNF: SE@WASが終われば今シーズンのRSも残すところ6週のみ、PO争いはますます白熱してきます🔥

冬に向けて気温は下がる一方ですがNFLの熱気はますます高まるばかりです!!

そのPO争いですが、日本時間今週金曜日10:20キックオフ予定のTNF: DAL@NOで幕が上がるWeek 13の結果が大きく左右する可能性があります。

というのも、Week 13は上位チーム同士の激突が少ないので取りこぼしたチームがPOから遠のくという状況が生まれそうです。

そして、Week 13で数少ない上位チーム同士、しかも同Div同士の対決DEN@KCとNE@BUFも結果によってはPlayoff Pictureをより鮮明にしそうです。

具体的には、もしこの2ゲームでKCとNEが勝てば(もちろん勝ち方にもよりますが)Div優勝がかなり近づきそうな予感がします。

逆にもしKCとNEが敗れればAFC EastとAFC Westの行方は混沌に拍車が掛かることでしょう。

いずれも要チェックですね!

幸いにも前者がSNF、後者がMNFと日本では見やすい時間帯に行われるのは嬉しい限りです😊

 

 

 

 

ところで。

「今日」といえば。

タイトルにもありますように、もし近畿在住の方がいらっしゃれば今日(11.30 Tue)15:45からABC/朝日放送で放送予定の情報番組「キャスト -CAST-」をぜひともご覧下さい!

というのも、気鋭のノンフィクションライターにして、アヴァンギャルドからドレススタイルまでファッションに精通した粋人にして、優れたミュージックラヴァーにして、LOUD GARDEN/RYOJI OKADAの長いお得意様である石戸諭様がご出演なさるのであります!

情報によれば先日お渡ししたばかりの最新作、日曜日にご紹介したダブルブレステッドスーツではない方の最新作をお召しになってご出演なさるそうです。

*ご本人からいただいた情報なので確実にお召しになると思います。

という訳で今日はその最新作をご紹介します😎

 

 

 

 

いや、その前に石戸様の最新著作「東京ルポルタージュ 疫病とオリンピックの街で」をご紹介します!

 

 

後日またゆっくりご紹介するタイミングを作りたいのですが、4日前にリリースされたばかりの著作なのでまずはお知らせしたく冒頭で!

LOUD GARDENも取り上げていただいたサンデー毎日でのご連載を書籍化した下記のような本になります。

書籍化にあたりかなりの加筆をしているとのことです。

(掲載していただいて様々な反響もあった週刊誌をこのように表現するのは大変に失礼だと分かってはおりますが)サンデー毎日ってあまり身近ではないのでこうやって全編をまとめて読めるのは嬉しい限りですよね!

—–

自粛警察ユーチューバー、デビュー40年目のミュージシャン、名指しされた夜の街……
2020年から2021年。感染と祭典の街に生まれた31の物語。聴け、東京の声を――
●上京して「正義」の自粛警察活動に勤しんだ、ユーチューバーの知られざる過去。
●新型コロナの感染源と名指しされた「夜の街」、取り戻すために動き出した人々の想い。
●東京オリンピック、最前線で感染症対策にあたった専門家たちが考えたこと。
●薬物依存症の患者が直面した危機。やがて彼は小説を書きはじめる…
●「鬼滅の刃」だけが救いになった女性が選んだ道。
●行政が機能不全に陥る中で、訪問診療で新型コロナ患者を救おうとした医師。
●休業を選んだバーが、それでも営業をあきらめない理由。
●デビュー40年目の佐野元春が武道館ライブで歌う、「今までの君はまちがいじゃない」。
困難に直面しても、人は集い、そして歩き始める――
雑誌、ウェブなど様々な場で活躍中のノンフィクションライターが街を歩き、耳を澄まし、描き出す2020〜2021年の東京。

—–

当然の如くかなり以前に予約して購入したもののまだ全編の拝読出来ていないのですが、まずもってページを開いた佐野さんの編は至極秀逸でした!

僕はなんでもリアルなブツを購入したいタイプですがKindle版もありますので皆さんもぜひぜひ購入してみて下さい😌

では、ジャケットをご紹介します!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

大胆なカラーリングとビッグサイズのウィンドウペーンが特徴的なグレンチェック素材を使って「モダンクラシックブリティッシュスタイル」をテーマにお作りしたシングルブレステッドジャケットです。

おとといご紹介したダブルブレステッドスーツと同時にご注文いただきました。

手前味噌ながらめちゃくちゃクールですよね😉

さて、今日はどのようなスタイリングで登場なさるのでしょうか???

僕の予想は「あのシャツ」と「あのネクタイ」なのですが、いつも予想を上回るご注文とスタイリングをなさる石戸様なので完全に外れるかもしれません(笑)。

東京からは見ることが出来ないのが残念ですが、想像するのもまた楽しですね!

肝心のジャケットですが、素材はモダンクラシックな色柄を得意とする英国ミルDarrow Dale/ダロウデイルのものです。

テーマのモダンクラシックブリティッシュスタイルにぴったりな素材だと思います🇬🇧

デザインは「シングルブレステッド2ボタン」「やや細め:8.0cm巾&ハイゴージのノッチドラペル」「傾斜がきつめ:前後差4.5cmのスランテッド/ハッキングポケット」「アウトサイドチケットポケット(チェンジポケット)付き」「ターンナップカフス付き」でお仕上げしました。

いかにも英国的な色柄の素材とも相まって完璧にモダンクラシックブリティッシュスタイルに仕上がったと自負しております。

では、おとといご紹介したダブルブレステッドスーツ同様に遊び心をてんこ盛りにしたディテイルを見ていきましょう!

 

 

 

まずは胸部です。

 

 

やや細めかつハイゴージラインのノッチドラペル、ライニング( “♡ Camo” silk c/# blue)を使用してチーフ代わりに出せるようにした胸ポケットの袋地、そして実際に細いロープを入れて構築ししているロープドショルダー等々、ポイントが多い胸部であります!!

それにしてもこの素材のカラーリングは素晴らしいですね!

ピンクのウィンドウペーンを鮮やかなブルーで挟んでいるというヒネリが相当効いていると思います!

僕もこの素材でジャケットを作りたいですね〜😉

 

 

 

カラークロス(衿裏)は華やかかつ端正なカラーリングのツイードで代替しました!

 

 

きれいなフーシャピンクですよね〜〜!

いつも書いてしまいますが、思わず衿立てをしたくなりますよね😉

このツイードは他のお得意様が以前にジャケットをお作りになられた時の残布です。

 

 

 

美しくもシャープなウェストシェイプです!

 

 

アウトサイドチケットポケット(チェンジポケット)はこのようにクラシカルな位置にする時もあれば重ねたりする時もある石戸様ですが、今回はテーマに則ってこの位置にしました!

具体的には腰ポケットの7.5cm上に配置しています。

 

 

 

ライニングは “♡ Camo” silk c/# blueです!

 

 

このカラーを含めて “♡ Camo” silk necktieをたくさんご購入いただいている石戸様ならではのセレクトであります!

表素材との相性も抜群ではないでしょうか!?

上述した「あのネクタイ」とはこのカラーのネクタイなのですが、さて今日石戸様がセレクトしたネクタイはどんな色柄でしょうか??

あ、大変にありがたいことに “♡ Camo” silkはこちらのカラーも完売となりました。

使っていただいた皆さまに、改めましてこの場を借りて心よりの御礼を申し上げます。

 

 

 

袖先です。

 

 

– made in Englandのリアルホール(本水牛)ボタン
– 6個ボタン
– 大きさ違いボタン
– リアルボタンホール(本開き切羽)
– スランテッドボタンホール
– ターンナップカフス

 

はい、いずれもアップチャージ不要のディテイルです😉

 

以上です。

 

石戸様、いつも本当にありがとうございます。

心より御礼を申し上げます。

知的かつロックテイストのあるフォレスティエールもぜひともご検討下さいませ😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もBRUCE SPRINGSTEEN AND THE E STREET BANDのThe Legendary 1979 No Nukes Concertsを!

昨日はDisc 2を堪能したので今日はDisc1です。

そして、明日からは別音源を楽しもうと思うので本作は今日が一旦最終回となります。

という訳で、心してBOSSの魂の叫びを堪能しようと思います。

何度もご紹介していますが収録曲は以下の通りです。

 

      • 1. Prove It All Night
      • 2. Badlands
      • 3. The Promised Land
      • 4. The River
      • 5. Sherry Darling
      • 6. Thunder Road
      • 7. Jungleland

 

今日に限っては、明日から聴き直す予定のBox Set The Ties That Bind:The River Collection(2015年作品)が待ち遠しい僕なのでやはり4. The Riverと5. Sherry Darlingに心奪われますね。

 

 

 

 

という訳で、本作のDVDから5. Sherry Darlingをどうぞ!

 

 

シビれるな〜〜〜!!!!

 

 

 

 

30th. Nov. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Very cool and sharp black stripe shirt!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

“♡ Camo” umbrellas バルク生産分の一部納品が遅れております。残りは12.3 Friに入荷予定です。申し訳ありません!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

 ⑬ Tower Bridge by Wain Shiell

 

 

 

 

日本シリーズが終了してしまったのでNPBの話題はしばらく少なくなりますね。

近々の話題はFA市場関連(権利行使をすれば梅野選手と又吉投手が目玉でしょうか?)やトライアウトあたりになるのですがカープはいずれも静観でしょうから、ちょっと寂しい感じです。

という訳でしばらくの間は、先のドラフトで指名した(来季の)ルーキーが複数出場予定の都市対抗野球と契約更改を楽しみに春季キャンプを待とうと思います⚾️

あ、高橋大選手はトライアウトに参加する方向らしいですし、今村投手が現役続行の意向という報道も数日前に出ていましたね。

多くのカープファンが「チーム事情的に戦力外通告は仕方がないかもしれないけれど環境を変えればまだやれるのでは?」と思っているに違いないふたりの次なる挑戦が実を結ぶことにも期待したいですね。

ふたりともかつてのドラフト1位ですし、まだまだ若いですからね!

Go! TAKAHASHI!

Go! IMAMURA

 

 

 

 

ところで。

「目玉」といえば。

昨晩の「目玉」、Fuji TV系列で22:00から生放送された報道番組Mr. サンデーはご覧いただけたでしょうか!?

僕はもちろんもうひとつの目玉「日本沈没」からはしごしました😎

どちらも面白かったですよね!

前者:Mr. サンデーでノンフィクションライター石戸諭様がお召しだったのは昨日ご紹介したスーツではなくジャケット単品でした!

あのジャケットと(恐らく)スキニーシルエットのブラックデニムを合わせるとはさすがはロックな石戸様です😊

ちなみに、VゾーンもRYOJI OKADAのシャツとネクタイでした!!

 

 

 

 

お召しになられていたシャツは昨日ご紹介したスーツの少し前にお作りいただいた ↓こちら↓ です!

 

 

 

「国産素材の最高峰コレクションThe Royal Caribbean Cotton Gold Line」のクール&シャープなストライプ素材でお作りしたシャツです。

 

素材はご覧の通りロックテイストを感じさせる個性派ストライプですがデザインはクラシックにまとめております。

具体的には「ショートワイドカラー + 小丸カフス + フレンチフロント(裏前立) + ベース型ポケット」といった具合です。

この絶妙な塩梅により極めてモダンクラシックでスタイリッシュなシャツに仕上がったと思います!

昨日お召しになられたスーツ(正確には昨日はジャケットでしたが)と相性抜群でしたね!

ネクタイは “♡ Camo” silkのレッドでした!

あのネクタイのレッドグラデーションにはスーツのストライプに近い濃度のレッドも入っていますし、最高のマッチングだったと思います😊

いずれにしてもとてもかっこよかったです!

 

最後に、The Royal Caribbean Cottonがいかに素晴らしいか、いかにこだわった素材かを以下にご紹介します。

 

—-
まずは原材料です。
良質の綿花のみを手摘みで収穫、38㎜以上の超長繊維綿のみを選りすぐっております。
これが上品な光沢としなやかさを持ち自然な肌触りを感じ取ることが出来る素材の「土壌」となります。
続いてThe Royal Caribbean Cottonの最重要ポイントともいえる「ガス焼き」です。
「ガス焼き」とは、紡績の段階で「糸の1本1本を2回に分けてガス管に通して焼くことで余計な毛羽を除去する工程」のことです。
この工程により、素材の表面が均一化し染色性が向上、繊細な色合いを表現する事が可能になります。
また、糸ムラが抑えられるため素材表面が一層美しく仕上がります。
某俳優さんを筆頭にした数々のファッション上級者をも魅了してきた滑らかな肌触りと上品な光沢は、原材料の品質の高さとこのガス焼き工程に由来します。
最後に製織です。
昔ながらの低速のシャトル織機を用いて丁寧に織られていることと、製織段階での糊付けを行っていないことから素材本来の豊かな風合いを失うことなく仕上がります。
かように原材料、紡績工程、製織工程の3段階、すべてにおいてこだわりを凝縮した素材がThe Royal Caribbean Cottonなのです!
なお、The Royal Caribbean Cottonコレクションには糸番手等によってカテゴライズされた3つのライン:Silver Line/Gold Line/Platinum Lineのご用意があります。
—–

以上です。

 

石戸様、いつも本当にありがとうございます。

改めまして心より御礼を申し上げます。

またロックな1着を何卒よろしくお願い申し上げます😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もBRUCE SPRINGSTEEN AND THE E STREET BANDのThe Legendary 1979 No Nukes Concertsを。

昨日はDisc 1だったので今日はDisc 2を。

毎度ご紹介しますけれど収録曲は以下の通りです。

 

  • 1. Rosalita (Come Out Tonight)
  • 2. Born To Run
  • 3. Stay (Featuring JACKSON BROWNE And TOM PETTY)
  • 4 .Detroit Medley
  • 5. Quarter To Three
  • 6. Rave On

 

3. Stay以降のカヴァー曲はアンコールです。

Disc 2の日は毎回書いているのですが、アンコールも最高に楽しいんですよね〜〜!

でもやっぱり最も熱いのは2. Born To Runでしょうか。

まあ、そりゃそうか、そういう曲ですもんね!

 

 

 

 

という訳で、No Nukes Concertsの1年前に行われたツアーで披露されたBorn To Runをどうぞ!

 

 

素晴らしいパフォーマンスですよね!!!

BOSS初の来日公演は1985年のBorn In The U.S.A.ツアー時ですからこの頃の生ライヴを日本で体験している人物は物理的に「0」、時代を考えたら海外で体験している人もそんなには多くはないと思います。

もしも身近に体験している人がいたら色々とエピソードを聞いてみたいな〜〜。

 

 

 

 

29th. Nov. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



本日(11.28 Sun)22:00からFuji TV系列で生放送される報道番組Mr. サンデーをどうぞお見逃しなく!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Media / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

“♡ Camo” umbrellas バルク生産分の一部納品が遅れております。残りは12.3 Friに入荷予定です。申し訳ありません!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

 ⑬ Tower Bridge by Wain Shiell

 

 

 

 

日本シリーズは第6戦ももつれましたね⚾️

貧打線といった様相でしたが思わず最後まで食い入るように見てしまいました!

ヤクルトスワローズファンの皆さま、見事な日本一おめでとうございます😊

でも、来季は我が広島東洋カープがVを奪還。。。

出来るかな???笑

いずれにしても素晴らしい戦いでしたね!

もう1試合見たい気もしましたけれど大満足です。

 

 

 

 

ところで。

「日本シリーズ」といえば。

今宵はFuji TV系列で22:00から生放送の報道番組Mr. サンデーをぜひともご覧下さい!

もし今日も日本シリーズがあれば地上波はFuji TV系列で放送予定だったらしいのですが、そして昨日のようにもし試合時間が5時間に及ぶような状況になれば番組自体が超縮小されることになったと思うのですが、幸いにもというかなんというか日本シリーズは昨日で終わったので20:00からフルで放送されるはずです!

なのでぜひ😊

というのも、気鋭のノンフィクションライターにして、アヴァンギャルドからドレススタイルまでファッションに精通した粋人にして、優れたミュージックラヴァーにして、LOUD GARDEN/RYOJI OKADAの長いお得意様である石戸諭様がご出演なさるのであります!

情報によれば先日お渡ししたばかりの最新作をお召しになってご出演なさるそうです。

*ご本人からいただいた情報なので確実にお召しになると思います。

という訳で今日は、その最新作をご紹介します😎

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

Bryan JonesやPaul Wellerといったミュージックシーンだけではなくファッションシーンにも大きな影響を与えたロックスターをインスピレーション源にしてお作りしたダブルブレステッドスーツです。

Bryan JonesとPaul Weller。。。

という訳で、ご覧の通り全体的にはかなりモッズスタイルに寄せてお作りしました。

具体的には「3ボタン掛け(といっても一番下のボタンは外すのがセオリーです)のダブルブレステッド6ボタン」「細め:7.5cm巾のピークトラペル」「傾斜がきつめ:前後差4.5cmのスランテッド/ハッキングポケット」「アウトサイドチケットポケット(チェンジポケット)付き」「ターンナップカフス付き」「くるみボタン」「スリム&テイパードシルエットのボトムス」「太め:5.5cm巾の折り返しヘム」といった具合です。

もちろんジャケットのフィッティングもタイト目です!

下記のロックなギミックも見逃せません😎

 

  • ・カラー(上衿)と胸ポケットとターンナップカフスに使用した “♡ Camo(ハートカモ)” ジャカードのブラック無地素材
  • ・レッド&ブルーのツイードで代用したカラークロス(上衿裏のフェルト生地)
  • ・ワインレッド糸を使用したフラワーホール(衿穴)
  • ・ワインレッド糸を使用した左右袖口1番下のボタンホール
  • ・ワインレッド糸を使用したボトムスフロント持出のボタンホール
  • ・英国HFW社の美しいフラワープリントライニング
  • ・上記のライニングを使用してチーフ代わりに出せるようにした胸ポケットの袋地
  • ・個性満載の袖ボタン:6個ボタン・大きさ違いボタン・リアルボタンホール(本開き切羽)・スランテッドボタンホール

 

キリッとしたブラックにシックなワインレッドのワイドストライプを乗せたロックテイストあふれる素材はモダンクラシックな色柄を得意とする英国ミルDarrow Dale/ダロウデイルのものです。

素晴らしいカラーリングですよね!!

では、上記のロックでモッズなギミックたちを「寄り画像」で見ていきましょう。

 

 

 

胸部の「寄り画像」です。

 

 

細めのピークトラペル、カラー(上衿)と胸ポケットに使用した “♡ Camo” ジャカードブラックの無地素材、ワインレッド糸を使用したフラワーホール、ライニングを使用してチーフ代わりに出せるようにした胸ポケットの袋地、そして実際に細いロープを入れて構築ししているロープドショルダー等々、エキサイティングな「ネタ」が満載の胸部です😎

しかし、なんとも素敵なカラーリングのストライプですよね!

このストライプならジャケット単品で使ってもすごく良さそうですね!!

それから “♡ Camo” ジャカードブラックの無地素材ですが、まだ少々だけ残布が残っているためこういった感じのパーツ使いであれば2着程度は可能です!

もしご希望がありましたらご注文時にご指示下さい😉

 

 

 

上述の通りカラークロス(衿裏)はツイードで代替しました!

 

 

華やかで情熱的なカラーリングがとても素敵です!

思わず衿立てをしたくなりますよね😉

こちらのツイードは他のお得意様が以前にジャケットをお作りになられた時の残布を使用しました!

 

 

 

シャープなウェストシェイプです!

 

 

美しいシェイプですよね!

石戸様はずっとご体型をキープなさっているのも素晴らしいです!

僕ときたらこの「くびれ」がわずかしかなくなってきております(笑)。

 

 

 

ライニングです。

 

 

「力強く個性的なワインレッドのストライプ素材」と「モッズ寄りのデザイン」からは縁遠くも見える「エレガントなフラワーモチーフ」が最高にクールですよね!

なんというか、絶妙なミスマッチ感というか、粋なバランスというか。。。

例えばワインレッドのペイズリー等も選択肢としてはあり得たと思うのですが、こうして服に仕上がってみるとこのライニングこそが「大正解」だったと思える超ナイスなコンビネーション/コントラストだと思います!!

さすがは石戸様ですね😉

 

 

 

袖先です。

 

 

  • ・くるみボタン
  • ・6個ボタン
  • ・大きさ違いボタン
  • ・リアルボタンホール(本開き切羽)
  • ・スランテッドボタンホール
  • ・カラー違いボタンホール
  • ・異素材使いのターンナップカフス

 

はい、いずれもアップチャージ不要のディテイルです😎

 

以上です。

 

石戸様、いつも本当にありがとうございます。

心より御礼を申し上げます。

今宵のご出演もとても楽しみにいたしております😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もBRUCE SPRINGSTEEN AND THE E STREET BANDのThe Legendary 1979 No Nukes Concertsを!

昨日はDisc 2を堪能したので今日はDisc 1です。

いや、本当に帯に書いてありますけれどロックンロールの最高の瞬間がここにありますね!

何度もご紹介していますが収録曲は以下の通りです。

 

      • 1. Prove It All Night
      • 2. Badlands
      • 3. The Promised Land
      • 4. The River
      • 5. Sherry Darling
      • 6. Thunder Road
      • 7. Jungleland

 

本当にどれも珠玉の名曲!

The RiverとSherry Darlingの流れを聴いているとThe River(1980年作品)を聴きたくなるな〜。

ああ、そうだ!

次はThe RiverのBox Set: The Ties That Bindを聴こうかな!!

 

 

 

 

という訳で、No Nukes Concertsの1年後に行われたThe Riverツアーで披露されたThe Riverをどうぞ!

 

 

やはりこの曲もサイコーですね!

 

 

 

 

28th. Nov. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Introducing “♡ Camo” umbrella c/# khaki!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

“♡ Camo” umbrellas バルク生産分の一部納品が遅れております。残りは12.3 Friに入荷予定です。申し訳ありません!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

 ⑬ Tower Bridge by Wain Shiell

 

 

 

 

日本シリーズ第5戦は、いや第5戦もかなりシビれる展開でしたが、昨日行われたNFLの3ゲーム(Thanksgiving Dayということで3ゲームが用意されました)もなかなか盛り上がりました🏈

特に2試合目のLV@DALは熱かったですね。

最後にホームのDALが勝利したら完璧なドラマでしたけれどまあそれは仕方がないですね!

3試合目、TNF: BUF@NOも「やっぱり今シーズンのBUFはやってくれるかも!」と思わせる好ゲームでした。

NOは攻守ともに「とほほ。。。」という感じでしたけれど。

昨日3ゲームがあったので日曜日はゲーム数が少ない上に好調のARIとKCがBye Weekでお休みなのですが、TEN@NEやLAR@GB、CLE@BALといった興味深い対戦が複数控えています。

ますます目が離せないNFLですね!!

でも、今夜はもちろん日本シリーズ第6戦ですよね〜〜⚾️

エース山本投手を先発させるBが逆王手をかけるのか?

2021年のNPB最高投手を打ち砕いてSが優勝を決めるのか?

注目です!!!

カープ関係者/卒業者(水本ヘッドコーチと梵打撃コーチ)が所属しているのでBを応援していますけれど、ここまで素晴らしいシリーズを展開してくれたもうどちらが優勝してもいいや😊

今日も最高の試合に期待したいです!!

 

 

 

 

ところで。

「どちら」といえば。

昨日一部納期遅れが発生していることをお知らせした(本当に申し訳ありません)「節目の10年目突入記念アイテム第一弾:“♡ Camo” umbrellas」ですが、現時点で「すぐにご購入いただける(ご予約分以外の店頭在庫)」は国産フレームのブラック1本でした!!

Foxのヴィンテージフレームのブラックというのは誤情報でした(汗)。

更なるお詫びをさせて下さい。。。

 

という頃で、現在ご予約/ご購入いただける正確な在庫情報を以下にお知らせします。

 

  • ● カーキ:国産フレーム 1本(12.3 Fri仕上がり予定です)
  • ● ブラック:国産フレーム2本(1本は店頭在庫で1本は12.3 Fri仕上がり予定です)
  • ● ブラック:Foxヴィンテージフレーム1本(12.3 Fri仕上がり予定です)

 

*カーキのFoxヴィンテージフレームは既に完売しております。

*ブラックの国産フレーム1本のみ店頭在庫がありますのですぐにお渡し可能です。

*ご予約いただいた順番にお渡し/お送りしておりますので既に「仕上がりました!」というご連絡をお入れしたお客様の分は店頭保管中/発送済みになります。

 

以上です。

カーキとブラックのどちらがいいのか!?

僕も大変に悩む(2カラーともご購入いただいたお得意様も4名いらっしゃいます!)のですが、上述の通り泣いても笑ってもカーキの残りは国産フレーム1本のみです!

そして、再生産の予定がまったくないレアアイテムになります!!

お悩みの方がいらっしゃいましたらぜひともいち早くご決断下さい!!!

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

という訳で、昨日はバルク生産分のブラックをご紹介したので今日はカーキをご紹介します!

 

 

 

 

やっぱり “♡ Camo” のオリジナルカラーであるカーキもいいですよね〜!

そして、やっぱりハートの向きはこの方向(縦方向)が絶対に正解ですよね〜〜!

試作品を作って本当に良かったです😌

 

 

 

傘を閉じた状態も見てみましょう。

 

 

 

昨日も書いた通りに傘袋は根本的に試作品と異なる仕様に変更している(改めて試作品を作って本当に良かったです!)ので、よりスリムにシャープなルックスになっていると思います!

雨が降っていなくてもアクセサリーとして持ち歩きたくなりますよね〜〜!

どこかに置き忘れてしまうリスクが高まりますけれど(汗)。

 

 

 

傘袋は先端が特に試作品から変わっています!

 

 

具体的には先端にエラスティックラバーを入れてよりフィット感を良く/スリムにしています!

またトップもストラップ&ボタン仕様にするなど試作品からかなり変えております!!

いずれもよりスリムにUK傘っぽいスタイルにするための修正/変更です。

そして、それは大成功している!と僕は思っています😎

 

 

 

ストラップ/ネームバンドの位置とフィット感も試作品から少し変えました。

 

 

位置はより上に、フィット感はよりタイトに改善しています!

完璧だと思います!!

 

以上です。

 

一部のお渡し出来ていない皆さま。

こんな画像を披露するとますます早く手元に欲しくなると思いますがどうか今しばらくだけお時間を下さいませ。

本当に申し訳ありません。

 

最後に再度商品情報を以下にご紹介します。

 

—–
“♡ Camo” umbrellas ▶︎▶︎▶︎ ¥28,600 (「信頼のmade in Japan」です!)
*カーキとブラックの2カラー展開です。
*ご予約後のキャンセルはお断りしております。
*共素材の傘袋付きです。
*“♡ Camo” 素材は雨傘用の防水加工を施した100% Polyesterです。
*ハンドルは皮付きの桜木です。
*フレームはUK傘を参考にして作った国産品(スティール製・長さは63.0cm)です。
*Foxのヴィンテージフレームヴァージョン(¥33,000)もあります(ブラックが1本のみ残っております)。
*ギフトに最適なアイテムですが基本的にギフトラッピングは承っておりません。
—–

 

以上です。

どうぞよろしくお願い申し上げます!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もBRUCE SPRINGSTEEN AND THE E STREET BANDのThe Legendary 1979 No Nukes Concertsを。

昨日はDisc 1だったので今日はDisc 2を。

収録曲を再度ご紹介すると以下の通りです。

 

  • 1. Rosalita (Come Out Tonight)
  • 2. Born To Run
  • 3. Stay (Featuring JACKSON BROWNE And TOM PETTY)
  • 4 .Detroit Medley
  • 5. Quarter To Three
  • 6. Rave On

 

3. Stay以降のカヴァー曲はアンコールです。

くどいようですが、冒頭2曲(つまり本編終わり)の熱量が凄まじい一方でアンコール4曲の「熱さ」と「楽しさ」と「強烈な音楽愛」も相当なものです。

 

 

 

 

という訳で、No Nukes Concertsの1年前に行われたツアーで披露されたQuarter To Threeをどうぞ!

 

 

ロックンロール万歳!!!

 

 

 

 

27th. Nov. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.