Ryoji Okada Official Website

Diary

The list of the [ Ryoji Okada ] category.

残り3日間です!<Made-to-measure shirt 3,300yen off キャンペーン>

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)でのご注文も可能です!

 

 

10月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします

 

 

“♡ Camo” silkの新作2カラー完成しました!

 

 

「 “♡ Camo” cotton canvasとOkayama denimのリヴァーシブルトートバッグ」試作品完成!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

渾身のSafari Jacket作りました!

 

 

The Loudest Voice vol.32 in store now!

 

 

< 10.5 Wedまで開催中! >

  Made-to-measure shirt 3,300yen off キャンペーン

  Made-to-order necktie 2,200yen off キャンペーン

 

 

< Introducing new bunch books! >

  vol.1: Bash Ⅱ by HFW 2-1

  vol.2: Bash Ⅱ by HFW 2-2

  vol.3: Harris Tweed

  vol.4: Drago

  vol.5: Fratelli Tallia Di Delfino

  vol.6: Lassiere Mills / Kynoch / Marling & Evans

  vol.7: Dormeuil / John Cavendish / Marling & Evans etc.

  vol.8: Overcoat

  vol.9: Loro Piana

  vol.10: Ferla / Piacenza / Drago /Emmetex etc.

  vol.11: Cashmere Collection

 

 

 

 

昨日でカープは全試合を終了。

色々ありましたけれど、そして最後はなんともしらけましたけれど、最終盤まで3位/CS進出争いを楽しめたのだけはヨシとしたいですね。

今後は「監督とヘッドコーチ(昨日河田ヘッドコーチも辞任しました)を含めた来季の首脳陣をどうするのか?」「約2週間後に迫ったドラフトをどうするのか?」「助っ人外国人選手との再契約をどうするのか?」「戦力外をどうするのか?」等々が焦点になりますね。

その後は、今期から1回目となる現役ドラフトと新助っ人獲得が焦点になります。

その助っ人ですが、マクブルーム選手との契約延長は既定路線だとして、アンダーソン投手はコンディション面の問題がないと判断できれば残すべきだと個人的には思います。

難しいのは、今季の完全終戦を決定づけた逆転弾がかなり印象が悪いターリー投手かもしれません。

彼とは「保険的」に再契約して、新たに野手1人と投手1人を獲得するのが最善策のようにも思えますがどうでしょうか。

フランスワ投手とコルニエル投手はねぇ。。。

状態次第でしょうか。

とにもかくにも、助っ人は常時一軍に野手2人+投手3人がいられる編成にして欲しいですね。

そして、肝心の監督人事ですが。

今朝になって、新井氏の招聘、高二軍監督の昇格、東出一軍野手総合コーチの昇格、緒方前監督の再登板といったワードがネットニュースにあがっていました。

緒方前監督の再登板は大歓迎ですが、3連覇時のようなチーム作りは難しいですから、前回のように野村元監督の後でもいいような気がします。

どうでしょう、普通に考えれば恐らく数日内に確定するはずですよね。

「おお!」と驚く人事に期待したいです。

 

 

 

 

ところで。

「終了」といえば。

現在絶賛開催中の「オーダーメイドシャツ¥3,300 offキャンペーン」のいよいよ残り会期が少なくなってきました。

具体的には10.5 Wedで会期終了、今日(10.3 Mon)を含んで残り3営業日となります。

ぜひともこの機会にLOUD GARDEN/RYOJI OKADAが最も得意とするアイテムのひとつオーダーメイドシャツを少しお得にご注文下さいませ。

—–

キャンペーン価格一例:

The Royal Caribbean Cotton¥16,500~ ▷▷▷ ¥13,200~

Thomas Mason¥18,700~ ▷▷▷ ¥15,400~

Liberty¥20,900~ ▷▷▷ ¥17,600~

—–

入荷したばかりの新作もいきなり対象となります!

シャツワンピースも対象となります!!

そして、もちろん初めてお客様を含むすべてのお客様が対象となります!!!

 

 

 

 

今回作ったフライヤー/POPです。

 

 

↑このフライヤー/POP↑ にあるLiberyの新作ももちろん対象になります!

具体的には以下のバンチブック収録素材が対象となります。

—–

Thomas Mason(1冊)

Canclini(2冊)

Imported Fabrics(2冊)

Liberty Fabrics(1冊)

Loud Girl(1冊)

The Royal Caribbean Cotton(2冊)

—–

以上の合計9冊です。

*諸般の事情で今回からBook ⅠとBook Ⅲは対象外となりました。

*Basics・Book Ⅲ・Wrinkle Freeは以前から対象外です。

*「通常コレクション」ではないインポート素材のバンチブック:Ringhart・HFW・Alumo・Monti・Albiniなどは対象外です。

*「通常コレクション」ではない国産素材:ポルカドットプリントコレクションなどは対象外です。

*詳細はお問い合わせ下さい。

 

「生き残りと存亡をかけた絶対に負けられない半年間の2月目」である2022年10月は目標が1番大きな月です。

なんとか10月も目標を達成して生き残りへ一歩前進したいと思います。

つきましてはぜひとも、どうか何卒ご注文をお願いいたします!

皆さまからのご注文を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

引き続きTHE NEVILLE BROTHERSの極上ライヴアルバムAuthorized Bootleg: Warfield Theatre, San Francisco, CA, February 27, 1989 (2010年作品)のDisc 2を

とっても気分が上がるし、この音源にしてから店も絶好調なので!!

連日書いている通りBrother John/Iko Iko やBig Chiefもサイコーなのですが、My Blood → Sister Rosa → Shake Your Tambourineの流れも素晴らしいの一語です。

そして、Johnny B. GoodeでスタートするR&Rメドレーも見事です。

締めのAmazing GraceからOne Loveの流れも「最強の予定調和」ですしね、とにかくナイスなライヴアルバムです。

先週身を委ねたLive On Planet Earth(1994年作品)もいいけれど、選曲を考えたらやっぱり本作の方が上かなぁ?

Live On Planet Earthの「当時未発表だった楽曲を多く収録しようという意図」が反映された選曲も悪くないんですけれどね。

1枚なので一気に楽しめるというメリットもありますし。

でも、1980年中盤から1990年代中盤あたりまで「世界最強のライヴバンド」と称された彼らのライヴの真髄を堪能するには本作が最適かな?

とにもかくにも傑作です!

 

 

 

 

では、Shake Your Tambourineのライヴ動画をどうぞ。

 

 

ウキウキワクワクした気分になる名曲ですよね!

 

 

 

 

3rd. Oct. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Introducing brand new bunch book collection for 2022-2023 Autumn/Winter, vol.11: Cashmere Collection

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

10月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします

 

 

“♡ Camo” silkの新作2カラー完成しました!

 

 

「 “♡ Camo” cotton canvasとOkayama denimのリヴァーシブルトートバッグ」試作品完成!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

渾身のSafari Jacket作りました!

 

 

The Loudest Voice vol.32 in store now!

 

 

< 10.5 Wedまで開催中! >

  Made-to-measure shirt 3,300yen off キャンペーン

  Made-to-order necktie 2,200yen off キャンペーン

 

 

< Introducing new bunch books! >

  vol.1: Bash Ⅱ by HFW 2-1

  vol.2: Bash Ⅱ by HFW 2-2

  vol.3: Harris Tweed

  vol.4: Drago

  vol.5: Fratelli Tallia Di Delfino

  vol.6: Lassiere Mills / Kynoch / Marling & Evans

  vol.7: Dormeuil / John Cavendish / Marling & Evans etc.

  vol.8: Overcoat

  vol.9: Loro Piana

  vol.10: Ferla / Piacenza / Drago /Emmetex etc.

 

 

 

 

昨日でセ・リーグの順位が確定しました⚾️

結局カープは5位、Tが3位でCSに進出します。

先日も書きましたが宇都宮の試合を含めて色々と残念な1年でした。

そして、今朝(あるいは昨夜未明)、佐々岡監督の退任が報道されました。

まあ、3年間でAクラスが一度もなかったことを考えると当然ですよね。

ほとんどいい夢を見れなかったけれど。。。

お疲れ様でした。

公認はOBを軸に人選とのことです。

昨日の午後かな、2020年でカープを退団し現在はBuのヘッドコーチを務めている水本氏がカープの監督に?というな話をwebニュースで見ましたけれど、もしそれが事実なら多くのカープファンが歓迎するのではないでしょうか。

佐々岡監督の側近だったKコーチやHコーチの内部昇格はちょっと。。。ですもんね。

でも、まだチームがリーグ制覇の可能性を残している時点で出ているそのような噂は俄に信じ難いですよね。

いずれにしても、「闘う集団」を作り上げられる硬派な人事に期待したいです!

 

 

 

 

ところで。

「昨日」「今日」といえば。

昨日に引き続いて今日も新作バンチブックのご紹介をしたいと思います。

11回目となる今日ご紹介するのは絶品100% Cashmere素材だけがコンパイルされている、その名もCashmere Collectionです!

具体的には、Johnstons Of ElginとDragoの100% Cashmere素材が合計10マークコンパイルされている、完全に「量より質」なバンチブックになります。

今回の入荷で100% Cashmereオンリーのバンチブック/サンプルブックはAgnonaとMTRに続いて3冊になりました。

どれも無地コレクションですが、それぞれ確かな個性が豊かに花開いている見るだけでもとても楽しい3冊です。

ご来店の際にはぜひとも3冊ともチェックをしてみて下さい。

また、先日ご紹介したOvercoatなど、100% Cashmereオンリーではない(けれど100% Cashmere素材がコンパイルされている)バンチブックももちろん複数存在しますのでそちらも合わせてぜひ😊

では、今日もじっくりご覧いただきます!

今日もまた皆さんが「おっ!?」と思う素材がありますように!

 

 

 

 

今日ご紹介するのは ↓こちら↓ のバンチブックです。

 

 

シックなブラウンのベルベットカヴァー、そしてゴールドの型押しロゴ。。。

大充実した中身には負けますがカヴァーも至極エレガントであります!

 

 

 

冒頭にはJohnstons Of Elginの美し過ぎる4マークがコンパイルされています。

 

 

まずもって、Johnstons Of Elginとはこういうテキスタイルメーカーです。

—–

1797年にスコットランドの北東に位置するElginで創業した老舗ブランドJohnstons Of Elgin/ジョンストンズ オブ エルガン。

以来、200年以上にわたってジョンストン家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、カシミヤやビキューナ、ラムズウール、キャメルヘアーといった高級原料を使用した素材、スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。

その長い歴史とともに、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング、ニッティングまで一貫して自社工場で手掛ける英国内唯一のメーカー/ブランドとしても有名です。

また、1840年代より続くタータンチェックはモダンブリティッシュのスタイルアイコンとして世界中の淑女や紳士に愛され続けています。

—–

Johnstons Of Elginの100% Cashmereマフラー/スカーフをお持ちの方も少なくないと思います。

僕も持っていますけれど最高の一語ですよね!!

そんなJohnstons Of Elginによる最高級の100% Cashmere(500g/m)がこちらの4マークになります。

美しい光沢と優雅な毛並みが見事ですよね!

僕が拙い技術で撮った画像からでも少なからずその見事さが伝わると思います。

500g/mのウエイトですからジャケットよりもコートがいいでしょうか。

一生モノのチェスターフィールドコートを作るならこの4マークから選びたいですね!

 

 

 

Johnstons Of Elginの「僕のイチオシ(というかニオシ)」は ↓こちら↓ です。

 

 

上のゴールドとも表現できそうなほど豊潤なキャメルではクラシカルなポロコートを作りたいです。

下の深く高貴なブラックでは上述した「一生モノのチェスターフィールドコート」が作りたいです。

考えてみたらポロコートを作っても一生モノなのですが(笑)。

とにもかくにも、どちらも素晴らしい素材、カラーだと思います!

 

 

 

残りの6マークはDragoです。

 

 

昨日も書きましたが。。。

Dragoは1973年にUmberto DragoとLaura Drago夫妻により紡績工場として創設されました。

僕より2歳年下、毛織物関係の企業としては比較的若い会社ですね。

創設以降、ビエラ地区の主要な毛織物工場/ミルと強固なパートナーシップを結び成長を続け、1993年には高級ミルFintes/フィンテスを買収します。

その後両社は2001年に合併。

以降は「紡績・製織・整理までの全工程を自社でこなす数少ない一貫工場」として名を馳せ、世界中の高級ブランドやテイラーに高品質な素材を提供して今に至ります。

「Super 130’Sを中心にSuper 160’SやSuper 180’S原料を使用した素材を多数展開していることに加え、Super表記のトップ品質Super 210’S原料を使用した素材の開発・生産にも成功している高い技術力」と「ストレッチ・防シワ・撥水・防汚・遮熱といった様々な機能性を兼ね備えたコレクションも豊富に取り揃える時代のニーズに沿った革新性」がその魅力です。

また、ルーツである紡績業では「Super 130’s以上の高級細番手糸に限っては世界の約70%を生産している」超強力なサプライヤーとしても有名です。

という、密かに(?)偉大なテキスタイルメーカーDragoの100% Cashmere(490g/m)6マークです。

Johnstons Of Elginよりフワッと仕上げているのでとてもソフトです。

あまりキラッと高級感があり過ぎるよりナチュラルな方がいいかな?という方にはこちらがオススメです。

490g/mありますのでコートが「本命」ですが、これだけソフトならばジャケットを作っても素晴らしく素敵だと思います!

Johnstons Of Elginより少しこなれたプライスも嬉しい限りではないでしょうか!

 

 

 

 Dragoの「僕のイチオシ(というかニオシ)」は ↓こちら↓ です。

 

 

この優しくもモダンなペールトーンのライトカラーを100% Cashmereで見つけるのはなかなか難しいと思います!

AgnonaのコレクションにもMTRのコレクションにもライトカラーはありますがこんなにモダンではないですよね。

フワッとしたバルマカーンコートや軽快なスタンドカラーコートを作ってもよさそうですが、やっぱりチェスターフィールドコートかアルスターコートといったエレガントなコートがより素敵だと思います。

 

以上です。

 

明日は多分無理だと思いますが、近い内に必ず12回目をお届けします!

乞うご期待下さいませ。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

昨日の引き続きTHE NEVILLE BROTHERSの極上ライヴアルバムAuthorized Bootleg: Warfield Theatre, San Francisco, CA, February 27, 1989 (2010年作品)のDisc 2を

本当に素晴らしい作品なので機会があればぜひとも聴いてみて下さい。

 

 

 

 

では、金曜日とは違うBrother John/Iko Ikoのライヴ動画をどうぞ。

 

 

やっぱりサイコーですね!

 

 

 

 

2nd. Oct. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Introducing brand new bunch book collection for 2022-2023 Autumn/Winter, vol.10: Jacket

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

10月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします

 

 

“♡ Camo” silkの新作2カラー完成しました!

 

 

「 “♡ Camo” cotton canvasとOkayama denimのリヴァーシブルトートバッグ」試作品完成!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

渾身のSafari Jacket作りました!

 

 

The Loudest Voice vol.32 in store now!

 

 

< 10.5 Wedまで開催中! >

  Made-to-measure shirt 3,300yen off キャンペーン

  Made-to-order necktie 2,200yen off キャンペーン

 

 

< Introducing new bunch books! >

  vol.1: Bash Ⅱ by HFW 2-1

  vol.2: Bash Ⅱ by HFW 2-2

  vol.3: Harris Tweed

  vol.4: Drago

  vol.5: Fratelli Tallia Di Delfino

  vol.6: Lassiere Mills / Kynoch / Marling & Evans

  vol.7: Dormeuil / John Cavendish / Marling & Evans etc.

  vol.8: Overcoat

  vol.9: Loro Piana

 

 

 

 

今日から10月です。

昨日は店がかなり忙しく。

「晦日でなんとか。。。」ではありますが。。。

「生き残りと存亡をかけた半年の初月」である9月の目標値に達しました。

目標値は「コロナ禍前の実績 + α」と高めに設定していたので本当に嬉しく心底からありがたい達成でした!

ご注文いただいたお客様に改めましてこの場を借りて心より熱く御礼を申し上げます。

そんなこんなで、9月は公私ともども90点近くはとれた!と思える月となりました。

100点満点じゃない理由はいろいろあるのですが、その最大の理由は10周年Tシャツが先月末で完売できなかったことでしょうか(泣)。

質量ともに目標を達成できないと100点満点には近づけないですよね!

という訳で、引き続き残り2枚をどなたかにお買い求めいただきたいと熱望しております!!

それはともかくとして、10月は更にいい月にすべくもっともっと頑張りたいと思います。

引き続きの応援を何卒よろしくお願い申し上げます。

そういえば、昨日からNBA Japan Games 2022が始まったんですね

王者GSWとR.Hachimuraが所属するWASが来日して2ゲームを闘います。

Game 1は昨日行われ、Game 2は明日行われます。

プレシーズンゲームとはいえ、こうやって久し振りにNBAのゲームが日本で行われるのは嬉しい限りですね!

NFLもまたやって欲しいですけどね〜〜〜!

 

 

 

 

ところで。

「久し振り」といえば。

少し前に「極力頻繁にやります!」と宣言した「新作バンチブックのご紹介」ですが諸般の事情が重なり滞っておりました(汗)。

もちろんサボっていた訳ではありませんし、「いかんいかん、やらなきゃ!」と日々思っていたのですが、どうしても時間が作れずに滞りました(汗汗)。

何度か書いた通り、内容把握、情報収集、写真撮影、文章作成等々でかなりの時間を要するもので。

もし「ん?全然バンチブック情報が更新されないじゃん」とお思いの方がいらっしゃいましたら心よりお詫び申し上げます。

という訳で今日は久し振りにじっくりと、具体的には1週間と1日振りにご紹介をしようと思います。

10回目となる今日ご紹介するのは極上のJacketing(ジャケッティング:ジャケット用素材)をコンパイルしたバンチブック:Jacketです。

かなり分厚目のバンチブックということもあり当初は「抜粋してご紹介しようかな?」とも思ったのですが、あまりにも見どころがたっぷりなので今日も「手抜きなし」「全身全霊」で全マークをご紹介します。

今日もまた皆さんが「おっ!?」と思う素材がありますように!

ではでは、早速いきましょう。

 

 

 

 

今日ご紹介するのは ↓こちら↓ のバンチブックです。

 

 

クリエイティブなイタリアンミルのジャケット素材が結集したスーパーナイスなバンチブックです!

特に「個性の塊」のようなFerla、上質という言葉しか見つからないPiacenza、野心的な素材を揃えてきたDragのコレクションが白眉です。

あとは、4マークながら硬派なEmmetexのコレクションにも心踊らされました。

もちろん他のミルも素敵な素材ばかりです。

間違いなく見ているだけで楽しい気持ちになれると思いますので、ご来店の際にはぜひともじっくりチェックしてみて下さい。

また、引き続きお電話/e-mail/SNS等でのご注文/お問い合わせも絶賛承っております。

「この素材で前回と同じデザイン/サイズで作っておいて」「Piacenzaのウインドウペーンをもう少し全貌が分かりやすい画像で見たいんだけど」といったご要望等がありましたらどうぞお気軽にお申し付けくださいませ。

では、実際に全マークを見ていきましょう!!

 

 

 

冒頭には、LOUD GARDENのお得意様にも「ファン」が多いFerlaの逸品5マークが収録されています。

 

 

Ferlaは1857年創業、SilkやMohair、Baby alpacaを筆頭にした様々な極上マテリアルを巧みにブレンドして個性豊かなジャケッティングを「発明」し続けている老舗ミルです。

Women’sも得意としているミルならではの「他社の追随を許さない華やかな色彩と豊かな表面感」が、Ferlaの「最大の売り」です!

ご覧の通り、今回入荷した新作もいかにもFerlaらしいナイスな素材ばかりです。

a. 1番上:39% Baby Alpaca + 33% Cotton + 28% Polyamide(300g/m)の一見ツイーディながらもしっとりとした肌触りを持つグレンチェックです。1ページ目を飾るにふさわしい、そして大胆で力強いカラーリングが素晴らしい会心作だと思います。僕なら敢えてかなりフォーマルなデザインのジャケットを作ると思います。

b. 中2マーク:73% Wool + 17% Baby Alpaca + 10% Polyamide(380g/m)の毛玉(←という表現はあまりよろしくないでしょうか笑)っぽいネップがなんとも素朴なヘリンボンです。そんな素朴な素材をモダンなカラーリングで「料理」しているのがいかにもFerlaらしくてすごくクリエイティヴだと思います。ジャケット推奨素材なのですが、敢えてワイドシルエットのボトムスを作ってみたい気もしますね〜〜!軽快なバルマカーンコートを作ってもよさそうですね。

c. 下2マーク:36% Baby Alpaca + 36% Wool + 20%Polyamide + 7% Linen + 1% Lycra(370g/m)のストライプです。豊かな表情の素材感、約4.3cm巾のワイドストライプ、モダンで味わいのあるカラーリングと三拍子揃ったスタイリッシュな素材だと思います!単独ではもちろんのこと、この2マークをうまく組み合わせてジャケットを作ってもすごくカッコよさそうですよね!あるいは、これもまたジャケット推奨素材なのですが、上でジャケットを下でボトムスを作ってセットアップにするのもアリな気がします。

そういえば、Ferlaは今春入荷したサマーツイードは440g/mのウエイトがあったんですよね。

でも、今回入荷した秋冬向け素材はすべて400g/m以下です。

☑︎ 涼しいながらもウエイトがあるサマーツイード。

☑︎ 暖かくも軽快な秋冬向けJacketing。

面白いですね!

ちなみに、一般的な素材は巾が150cmなのですが、b. は145cm巾、c. は140cm巾ですので150cm巾で換算したウエイト/実際のウエイトは上記より若干重くなります。

それでも400g/mは切ってくると思います。

 

 

 

Ferlaの「僕のイチオシ」は ↓こちら↓ です。

 

 

ストライプ2マークも素晴らしいのですが、見れば見るほどはこちらでした!

「シックなブラック&ホワイトのグレンチェック」と「ロックなレッドのウインドウペーン」がスーパークールですよね!

上述の通りフォーマルテイストあふれるデザイン、具体的には「ワイド目ピークトラペル + シングルブレステッド1ボタン」で作りたいですね。

そして、部分部分にブラックのヴェルヴェットを使いたいな。

フロントカットはカッタウェイがいいでしょうか?

クラシカルなデザインでも間違いなくスタイリッシュに仕上がると思いますが、僕は「この素材のロックな側面をよりフューチャーしたい」派です😎

ちなみに。。。

昨日の夕方にスーツとシャツをピックアップしにご来店なさったH様が「ジャケットも作りたいんですけれどオススメとかありますか?」と仰るので「入荷したJacketingで私のイチオシはこちらです!」とご紹介したところ「気に入りました!作ります」とご注文下さいました。

かなりの即断即決。。。

それだけの魅力がある傑作ということだと思います!

H様、いつも本当にありがとうございます

 

 

 

続いて数々の伝説を誇る現存する世界最古のミルPiacenzaの新作7マークです。

 

 

上述の通り「現存する世界最古のミル」といわれるPiacenzaの歴史は極めて長く、実に1600年代まで遡ることが出来ます。

具体的には1623年に毛織物商を営んでいた記録が残っているそうです。

1623年といえば、日本では徳川家光が江戸幕府3代将軍になった年。。。

すごいですよね!

そして、その約100年後に自分達で毛織物を織り始め今に至ります。

企業としての創業年は「その約100年後」に当たる1733年だそうです。

1733年といえば、日本では円山応挙が誕生した年。。。

これまたすごいですよね!

そんな重厚な歴史を誇るPiacenzaはイタリア随一の高級毛織物産地として有名なビエラ地区で創業して以来今日まで、最上質原料の使用を徹底しハイクオリティ&ハイクリエイティヴィティな素材を生み出し続けている超名門イタリアンミルです。

数々の逸話を誇るPiacenzaですが、1913年に初めてイタリアに伝えたとされているCashmereを筆頭とした高級獣毛やSilkを使用した素材でも極めて有名です。

という、レジェンダリーなPiacenzaの新作は100% Baby Camelとカシミアブレンドウールの2クオリティです。

a. 上4マーク:100% Baby Camel(310g/m)シリーズです。希少なキャメルヘアの中でも最高品質のBaby camelを贅沢に使用した「上質なカシミアのような柔らかさと暖かさ」および「キャメルヘア特有の豊かな膨らみ」が特徴の極上品です。キャメルヘアの柄物は珍しいこととキャメルヘアとしては抑えたプライス(Iランクです)も魅力だと思います!

b. 下3マーク:84% Wool + 16% Cashmere(330g/m)です。「カシミアブレンドのソフトかつ毛足の長いウールンフランネル」といった感じの素材でしょうか。ブレザーが「本命」の素材ですが軽快なコートを作って◎に違いありません。

 

 

 

Piacenzaの「僕のイチオシ(というかニオシ)」は ↓こちら↓ です。

 

 

最高にスタイリッシュな100% Baby camelのチェック!

甲乙付け難過ぎて。。。

ニオシにしました。

これは流石に2素材を1着のジャケットにするのは無理があるでしょうか?

素材の素晴らしさ、贅沢さ、上品さをスポイルしてしまいそうですもんね。

ですので、もしも懐事情により余裕があれば2着作りたいです!!

けれどそれはどう考えても無理(笑)なので、作るとしたら。。。

上のハウンズトゥースでしょうか。

キャメルヘア素材でネイヴィブルーが入っている素材って超希少ですもんね。

すご〜く新鮮です!

こちらでモダンクラシックなジャケットが作りたいですね。

そして。。。

下のウインドウペーンで軽快なコートも作りたいですね〜〜〜!!

。。。

結局、どちらも諦められない感じです(笑)。

という訳で「ニオシ」です。

 

 

 

Drago 2-1

 

 

Dragoは1973年にUmberto DragoとLaura Drago夫妻により紡績工場として創設されました。

僕より2歳年下、毛織物関係の企業としては比較的若い会社ですね。

創設以降、ビエラ地区の主要な毛織物工場/ミルと強固なパートナーシップを結び成長を続け、1993年には高級ミルFintes/フィンテスを買収します。

その後両社は2001年に合併。

以降は「紡績・製織・整理までの全工程を自社でこなす数少ない一貫工場」として名を馳せ、世界中の高級ブランドやテイラーに高品質な素材を提供して今に至ります。

「Super 130’Sを中心にSuper 160’SやSuper 180’S原料を使用した素材を多数展開していることに加え、Super表記のトップ品質Super 210’S原料を使用した素材の開発・生産にも成功している高い技術力」と「ストレッチ・防シワ・撥水・防汚・遮熱といった様々な機能性を兼ね備えたコレクションも豊富に取り揃える時代のニーズに沿った革新性」がその魅力です。

また、ルーツである紡績業では「Super 130’s以上の高級細番手糸に限っては世界の約70%を生産している」超強力なサプライヤーとしても有名です。

という、密かに(?)偉大なテキスタイルメーカーDragoの新作Jacketing6マークです。

a. 上3マーク:100% Wool(335g/m)のチェックコレクションです。個性あふれるソフィステイケイトされたカラーリングが魅力です。

b. 下3マーク:95% Wool + 5% Cashmere(335g/m)のイタリアンツイードです。モダンなカラーリングとラスティックなルックス、そしてそのルックスに反してソフトなハンドリングが素晴らしい素材です。

 

 

 

Drago 2-1の「僕のイチオシ」は ↓こちら↓ です。

 

 

一見なんの変哲もない「上質なハウンズトゥースJacketing」という感じの素材ですが。。。

このカラーリングの力強さ、特に情熱的なレッドの巧みな使い方に魅せられました!

極めて都会的なガンクラブチェックとでも申しましょうか、素晴らしくスタイリッシュな佇まいですよね!

5%ではありますが上質なカシミアをブレンドさせていることに由来するふわりとエアリーなハンドリングも絶品です。

僕はこの素材で久し振りにロングジャケットが作りたいかもしれません😊

 

 

 

Drago 2-2

 

 

Super 180’s Woolシリーズ、つまりSkyfallシリーズの10マークです。

はい、映画007 Skyfallで主演のDaniel Craigが着用したスーツ素材をDragoが手掛けたことからスタートしたシリーズですね!

LOUD GARDENにもファンの方が複数いらっしゃる人気シリーズでもあります。

具体的には14.5μ(マイクロン)というかなりの細さを誇るSuper 180’s原料を使って織り上げられた逸品です!

その最大の魅力はSuper 180’s原料由来のカシミアライクな極上の肌触りと美しい光沢です。

加えて、スーパーファイン原料を使用ているにも関わらずしっかり打ち込んだ素材のため、堅牢性も優秀でシワになりにくいという嬉しい特徴も併せ持っています

a. 上4マーク:80% Super 180’s Wool + 20% Silk(585g/m)のビッググレンチェックです。少々プリントっぽいモダンレトロなグレンチェックが素晴らしくスタイリッシュな素材です。ルックスとウエイトからするとかなりハードなタッチを想像なさる方も少なくないと思いますが、原料が原料だけにとても滑らかでソフトな仕上がりです。ジャケットはもちろんコートにも「間違いない」と思います。

b. 下6マーク:100% Super 180’s Wool(395g/m)の無地です。こちらは昨年からの継続クオリティなのですが、昨冬下から3番目のライトグレイでスタンドカラーコートをご注文いただきました。このライトグレイ。。。トーンも含めて最高にエレガントでした。超オススメです。

 

 

 

Dorago 2-2の「僕のイチオシ」は ↓こちら↓ です。

 

 

このグレンチェックは文句なしにカッコいいですよね!!

カラーリングが最高です。

こちらでロング丈のシャーロックコートを作りたいなぁ。。。

でも、シャーロックコートに限っては職人さんから「岡田さんのは後回し、1年待ちでお願いします」と宣言されているので断念します。。。

であれば、代替案はポロコートでしょうか?

いずれにしてもロング丈のコートを作りたいですね。

そして、ダブルブレステッドのジャケットも作ってセットで着たいです!!

 

 

 

VBC & Di Pray

 

 

現在最も勢いがあるイタリアンミルVBCと「しなやかな風合いと精細な色柄が特徴的なMen’s向けJacketing」を得意とするDi Prayのチェックです。

a. 上3マーク:VBCです。上2マークが93% Wool + 7% Polyamide(330g/m)で下1マークが87% Wool + 8% Silk + 5% Linen(330g/m)です。

b. 下3マーク:Di Prayです。86% Wool + 14% Polyester(340g/m)、モダンとクラシックが高次元で見事な融合を果たした3マークだと思います。

 

 

 

「僕のイチオシ」は ↓こちら↓ です。

 

 

トラディショナルなブラックウォッチを極めてモダンに「料理」した逸品です!

ダブルブレステッドのブレザー、フォレスティエールあたりを作ってみたいですね〜!!

 

 

 

TG Fabio

 

 

A WORKROOM時代に僕も自分用のスーツに多用したTG Fabioの新作7マークです。

なぜに僕が多用していたかというと、TG Fabioはモードブランドにも多く供給しているだけあってコレクションがとてもクリエイティヴなのと比較的リーズナブルプライスだからです。

記憶によれば最低でもスーツを3着、パンツを2本位は作ったと思います。

というTG Fabioですが、このバンチブックに収録されている新作は比較的クラシックですね。

ですが、コンポジションがかなりユニークだったり「さすがのひとひねり」が効いております!

a. 上4マーク:62% Wool + 30% Silk + 6% Polyamide + 2% Cashmere(300g/m)のチェックとヘリンボンです。ヴィンテージ風のルックスがとてもクールですよね!シルクとカシミアがかなりブレンドされているにもかかわらずEランクというのも嬉しい限りではないでしょうか!

b. 下3マーク:47% Wool + 47% Cotton + 4% Polyamide + 2% Polyurethane(355g/m)のラグジュアリーデニムです!完全にデニムなルックス、ソフトな風合い、高いストレッチ性等々魅力たっぷりのTG Fabioらしい会心作です!

 

 

 

TG Fabioの「僕のイチオシ(というかサンオシ)」は ↓こちら↓ です。

 

 

このデニムは本当にナイスです!

が、画像ではそのナイスさが伝えきれませんので気になる方はぜひとも店頭で見て触って下さい。

僕は1番上のブラックデニムでフォーマルデザインのスーツが作りたいし、1番下のブラウンデニムでゆったりシルエットのバルマカーンコートが作りたいです。

皆さんはいかがですか?

 

 

 

Angelico

 

 

クリエイティヴなデザインと比較的リーズナブルなプライスが魅力のイタリアンミルAngelicoの新作3マークです。

*1番下はTollegnoでした。。。都合、Angelicoは上の3マークのみになります(汗)。

すべて100% Wool(350g/m)です。

モダンクラシックな色柄が素敵ですよね!

 

 

 

Angelicoの「僕のイチオシ」は ↓こちら↓ です。

 

 

「僕の超イチオシ」のFerlaと似たカラーリングのチェックですね。

「あのFerlaは少し力強過ぎない?」という方にはこちらをオススメしたいです!!

また、もちろんこちらもジャケット推奨素材なのですが、ボトムスを作ってもカッコいいかもしれませんね。

 

 

 

Tollegno

 

 

 

ユニークなクオリティ、大胆な色柄、リーズナブルなプライスと三拍子揃ったイタリアンミルの新作16マークです。

Jacketingとしては最安値のCランク素材が混じっているのも嬉しいですね!

コンポジションは色々なのでぜひともご来店の際にチェックをしてみて下さい。

 

 

Tollegnoの「僕のイチオシ」は ↓こちら↓ です。

 

 

このとってもキレイなカラーリング、特にイエローに心奪われました!

こちらで敢えてクラシカルなダブルブレステッドジャケットを作ってみたいです。

ゴールドのメタルボタンがいいかもしれませんね!!

品質は45% Wool + 35% Cotton + 9% Linen + 9% Polyamide + 9% Polyurethane(310g/m)です。

5者混故の個性あふれるハンドリングもとてもいい感じです。

 

 

 

Marzotto

 

 

あまりバンチブックに登場することがないMarzottoのJacketingも無地5マークが収録されています!

ひと味違うネイヴィブルージャケット/ブレザーを作りたいという方に絶対のオススメです!

Dランクというプライスも嬉しい限りではないでしょうか。

 

 

 

Marzottoの「僕のイチオシ」は ↓こちら↓ です。

 

 

紐状のグラフチェックがとてもクリエイティヴな素材です!

品質は100% Wool(405g/m)です。

ミリタリーテイストあふれるダブルブレステッドジャケットを作ってみたいです。

 

 

 

Emmetex

 

 

コットンやフランネルを得意とするEmmetexの新作4マークです。

かなり強めに打ち込んだ素材感が魅力です!

a. 上3マーク:70% Wool + 30% Recycled Polyester(520g/m)です。

b. 1番下:50% Wool + 15% Cotton + 13% Polyester + 10% Polyamide(560g/m)です。

Emmetexらしいハード&クールな素材ですね!

 

 

 

Emmetexの「僕のイチオシ」は ↓こちら↓ です。

 

 

このダイアゴナルで敢えてスリーピーススーツを作ってみたい!と思うのは僕だけでしょうか?

 

以上です。

 

最後の方は時間が足りずにかなり駆け足になりました(汗)。

すみません!

ですが、どれも謳い文句に満ちたナイス素材ばかりです。

ご来店の際にはご迷惑でなければ蘊蓄をしっかり語ります!!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

昨日の引き続きTHE NEVILLE BROTHERSの極上ライヴアルバムAuthorized Bootleg: Warfield Theatre, San Francisco, CA, February 27, 1989 (2010年作品)のDisc 2を

サイコーのライヴアルバム!!

気分が上がります。

 

 

 

 

では、Brother John/Iko Ikoと並んで、僕をNOLAミュージックの虜にさせた曲Big Chiefをライヴ動画でどうぞ。

 

 

Iko Ikoもそうですが、EARL KINGやPROFESSOR LONGHAIR、DR. JOHMといったレジェンドが取り上げてきたNOLAのご当地ソングですね。

初めて聴いた時は「うわぁ、なんとかっこいい曲なんだ!」と本当にびっくり&興奮したものです!

 

 

 

 

1st. Oct. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Very neat and noble midnight blue suit and blue shirt!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

10月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします

 

 

“♡ Camo” silkの新作2カラー完成しました!

 

 

「 “♡ Camo” cotton canvasとOkayama denimのリヴァーシブルトートバッグ」試作品完成!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

渾身のSafari Jacket作りました!

 

 

The Loudest Voice vol.32 in store now!

 

 

< 10.5 Wedまで開催中! >

  Made-to-measure shirt 3,300yen off キャンペーン

  Made-to-order necktie 2,200yen off キャンペーン

 

 

< Introducing new bunch books! >

  vol.1: Bash Ⅱ by HFW 2-1

  vol.2: Bash Ⅱ by HFW 2-2

  vol.3: Harris Tweed

  vol.4: Drago

  vol.5: Fratelli Tallia Di Delfino

  vol.6: Lassiere Mills / Kynoch / Marling & Evans

  vol.7: Dormeuil / John Cavendish / Marling & Evans etc.

  vol.8: Overcoat

  vol.9: Loro Piana

 

 

 

 

今週はいろいろありました。

LOUD GARDENの生き残りと存亡をかけた半年間の初月である9月最後の追い込み!

インプラント手術の最終局面!

カープのCS進出争い生き残りをかけた最後の戦い開幕(初戦は情けない逆転負け。。。今度こそほぼ完全終戦泣)

日本時間の今朝幕を開けるNFL Week 4!

そして、安倍元首相の国葬儀。

僕にとっては1番上に挙げた「9月最後の追い込み」が最も大事なのですが、それは後1日だけチャンスが残っています。

つきましては、もしも今日お時間がある方がいらっしゃいましたらぜひともご注文にいらして下さいませ。

現在、<オーダーメイドシャツ ¥3,300 off>と<オーダーメイドネクタイ ¥2,200 off>キャンペーンを絶賛開催しております。

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

もちろん引き続き、お電話/e-mail/SNS等でのご注文も承っております!

 

 

 

 

ところで。

「安倍元首相の国葬儀」といえば。

このDiaryでもご注文いただいた作品や著作等々をしばしばご紹介している「気鋭のノンフィクションライター」にして「ディープなミュージックラヴァー」にして「クラシックからアヴァンギャルドまであらゆるファッションに精通している洒落者」であるお得意様石戸諭様ですが、国葬儀が行われた火曜日にもTV出演をなさっていました。

具体的にはレギュラー出演なさっている&関西で放送されている午後の情報番組です。

火曜日は関東(というか店)にずっといたので当然チェックできなかったのですが、最近お作りいただいたばかりのスーツとシャツをお召しいただいたとのことです。

実はこのスーツ。

「冠婚葬祭もある程度カヴァーできるスーツを作っておこう!」というご意向を受けてお作りしました。

ご注文いただいた時点ではもちろん当然安倍元首相が亡くなることなど想定していませんでしたが、たまたまタイミングが合ってしまったので今回は弔意を示す意思も込めてお召しになられたのだと思います。

という訳で、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

石戸様がお召しになっていたのは ↓こちらのスーツとシャツ↓ です。

 

 

 

 

実はこちらのスーツはかなりダークなネイヴィブルー、ミッドナイトブルーです。

ブラックでないのがいかにも洒落者の石戸様らしいですよね!

また、今回は上述したご意向で承ったのでデザインは「遊びなし!」、極めてクラシカルにまとめました。

そしてシャツであります!!

石戸様曰く「他の出演者がブラック&ホワイトなのでシャツはブルーにしました」とのことでした。

このような時でも、礼節をわきまえながら「シック&ロック」にキメるのはさすが石戸様です。

情報番組でく夜のニュース番組等のご出演だったら、もしかしたらホワイトシャツだったのかもしれませんね。

ネクタイはネイヴィブルーの無地をセレクトなさったそうです。

石戸様は “♡ Camo” silkのネクタイをたくさんご購入下さっているのですが、火曜日ばっかりは “♡ Camo” silkではありませんでした😎

では、「遊びなし!」ですが、一応はディテイルを「寄り画像」で見てみましょう。

 

 

 

胸より上の「寄り画像」です。

 

 

毎回そうなのですが、肩は実際に小さなロープを入れて構築するロープドショルダーにしております。

また、胸ポケットに入っているのはポケットスクウェア(チーフ)ではなく、ポケットスクウェア(チーフ)のように出せる仕様にした胸ポケットの袋地です。

一般的に袋地は堅牢度等を考えてコットンのスレキという布を使うのですが、LOUD GARDEN/RYOJI OAKDAのスーツ/ジャケットはほぼほぼライニングを使用してこの仕様にしています。

胸ポケットは硬いモノや重いモノを入れたりする箇所ではないので堅牢度より遊び心を優先しているという訳です😉

もちろん袋地としても十分に機能します!

 

 

 

ライニングです。

 

 

ハウンズトゥースをジャカードで表現した国産の100% Curploライニングを使用しました。

写真の撮り方が拙いために分かりにくい(汗)のですがカラーはブラックです。

ミッドナイトブルーとブラックのコントラストがとてもかっこいいですよね!!

 

 

 

スリーヴボタンです。

 

 

ここだけは。。。

少しだけですが、さりげなく遊び心を加えました。

具体的には。。。

クラシカルなスーツの袖ボタンは4つが多いのですが5個にしています。

それだけなのですが。。。

ささやかな抵抗というヤツですね😉

 

 ☑︎ リアルボタンホール(本開き切羽)

 ☑︎ 5個ボタン

 ☑︎ ネイヴィブルーの染め上げたmade in Englandのリアルホーン(本水牛)ボタン

 

はい、いずれもアップチャージ不要のディテイルです。

 

 

 

上述のご意向だったので、同時に ↓こちらのシャツ↓ もお作りしました。

 

 

にも関わらず、敢えて同タイミングでお作りいただきましたブルーの方でご出演なさる石戸様の感性に脱帽です。

 

以上です。

 

石戸様、いつも本当にありがとうございます!

心より御礼を申し上げます。

ぜひともまた石戸様らしい遊び心あふれるエキサイティングな作品をご用命下さいませ。

今回はクラシックに徹しましたので、次回は石戸様のクールなロックマインドが炸裂した「反動」を楽しみにいたしております😊

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

水曜日の予告通りTHE NEVILLE BROTHERSの極上ライヴアルバムAuthorized Bootleg: Warfield Theatre, San Francisco, CA, February 27, 1989 (2010年作品)のDisc 2を!

いよいよ待ちに待ったBrother John/Iko IkoとBig Chiefを堪能できます!!

嬉しい!!

もちろん他の収録曲も素晴らしい仕上がりです。

 

 

 

 

では、Brother John/Iko Ikoを含む極上ライヴ動画をどうぞ!

 

 

確か中野サンプラザで30年くらい前に初めて観たTHE NEVILLE BROTHERSのライヴ。

この曲でオーディエンスが通路にはみ出して大変なパーティ状態になったんですよね。

当時はPANTERAがクラブチッタ川崎でやった初来日公演(だったと思います)の「荒れよう」が業界の話題になりましたが、そして僕はその現場にもいましたが、THE NEVILLE BROTHERSの弾け方ももある意味ですごかったなぁ。

そして、最高に楽しかったなぁ!

 

 

 

 

30th. Sep. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



<残り2枚となりました!>10周年Tシャツの最新在庫状況をお知らせします。

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

10月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします

 

 

“♡ Camo” silkの新作2カラー完成しました!

 

 

「 “♡ Camo” cotton canvasとOkayama denimのリヴァーシブルトートバッグ」試作品完成!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

渾身のSafari Jacket作りました!

 

 

The Loudest Voice vol.32 in store now!

 

 

< 10.5 Wedまで開催中! >

  Made-to-measure shirt 3,300yen off キャンペーン

  Made-to-order necktie 2,200yen off キャンペーン

 

 

< Introducing new bunch books! >

  vol.1: Bash Ⅱ by HFW 2-1

  vol.2: Bash Ⅱ by HFW 2-2

  vol.3: Harris Tweed

  vol.4: Drago

  vol.5: Fratelli Tallia Di Delfino

  vol.6: Lassiere Mills / Kynoch / Marling & Evans

  vol.7: Dormeuil / John Cavendish / Marling & Evans etc.

  vol.8: Overcoat

  vol.9: Loro Piana

 

 

 

 

遂に!

1年以上に渡った前歯へのインプラント導入も今日で終わります。

嬉しい!!

そして、もう他の歯をインプラントにすることがなきよう今まで以上に口腔ケアに気をつけたいと思います。

遂に!

3位/CS進出をかけた最後の闘いが始まります。

Tが2連勝をしたこともあり、残り3試合の初戦である今日は絶対に負けられません。

という訳で、今日は絶対に勝つ🔥

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「残り」といえば。

今日は10周年Tシャツの最新在庫をお知らせします。

以前にも書きましたが、今月末までの完売を目指しております。

が、しかし、残りが少なくなると、当然カラー&サイズがバラバラになりますのでなかなか売れにくくなります。

加えて、この時期になると季節的にも厳しくなってきます。

そんなこんなで、一時は「今月中の完売は難しいかな?」と思ったのですが、残り2日/残り1営業日で残り2枚まできました!!

つきましては!

もし「検討中」という方がいらっしゃいましたら、もし「買ってみたらすごく良かったのでもう1枚追加購入しようかな?」という方がいらっしゃいましたら、もし「最後は俺に任せろ!」という男気溢れる御仁がいらっしゃいましたら、ぜひともお願いいたします!

ご購入/お取り置きはお電話/e-mail/SNS等でももちろん可能です。

では、早速在庫をご紹介します。

 

 

 

 

Vinylは既に完売いたしました(本当にありがとうございました!)ので、Ten Starsだけが残っております!

 

 

 

以下の2枚が残っています!

 

    •   ☑︎ ブラック:M1枚
    •   ☑︎ ヘザーグレイ:L1枚

 

残り僅かに2枚です!

そして、なんとか明日までに売り切りたいという想いでいっぱいです!!

という訳で。。。

くどいようですが。。。

10周年の記念とご祝儀にぜひともお願いいたします!

 

10周年Tシャツ:¥4,620

*今年の「カラー&サイズオーダー」は既に終了しております。

 

 

 

 

◆本日の一曲◆

 

 

September

EARTH, WIND AND FIRE

 

今日はインプラントを入れるのを筆頭にあちこち移動して休日を楽しむ予定なので一枚ではなく一曲を。

9月も終わりなので9月の歌を。

そういえば、この曲をカラオケで熱唱する強者Rさんはお元気かしら?

25年くらい前だったかな?

初めて恵比寿のカラオケバーでRさんの熱唱を見て感動するとともに笑い転げたのを今でもはっきり覚えています!

もちろんRさんは笑いも狙っていたので爆笑したのは決して失礼ではなかったはずです!!

だって、僕がその次にGUNS N’ ROSESのWelcome To The Jungleを熱唱したら今度はRさんが大爆笑していましたもん(笑)。

それはともかく、RさんのSeptemberは名人芸だったなぁ。

僕、練習して何度か試したのですがまったくもってあんな風に上手かつ面白おかしく歌えなかったもん。

あっ!

久し振りにカラオケに行きたいな!!

 

 

 

 

 

29th. Sep. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Category

Recent Entry

Archive

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.