Ryoji Okada Official Website

Diary

The list of the [ Hiroshima Carp ] category.

本日(11.28 Sun)22:00からFuji TV系列で生放送される報道番組Mr. サンデーをどうぞお見逃しなく!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Media / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

“♡ Camo” umbrellas バルク生産分の一部納品が遅れております。残りは12.3 Friに入荷予定です。申し訳ありません!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

 ⑬ Tower Bridge by Wain Shiell

 

 

 

 

日本シリーズは第6戦ももつれましたね⚾️

貧打線といった様相でしたが思わず最後まで食い入るように見てしまいました!

ヤクルトスワローズファンの皆さま、見事な日本一おめでとうございます😊

でも、来季は我が広島東洋カープがVを奪還。。。

出来るかな???笑

いずれにしても素晴らしい戦いでしたね!

もう1試合見たい気もしましたけれど大満足です。

 

 

 

 

ところで。

「日本シリーズ」といえば。

今宵はFuji TV系列で22:00から生放送の報道番組Mr. サンデーをぜひともご覧下さい!

もし今日も日本シリーズがあれば地上波はFuji TV系列で放送予定だったらしいのですが、そして昨日のようにもし試合時間が5時間に及ぶような状況になれば番組自体が超縮小されることになったと思うのですが、幸いにもというかなんというか日本シリーズは昨日で終わったので20:00からフルで放送されるはずです!

なのでぜひ😊

というのも、気鋭のノンフィクションライターにして、アヴァンギャルドからドレススタイルまでファッションに精通した粋人にして、優れたミュージックラヴァーにして、LOUD GARDEN/RYOJI OKADAの長いお得意様である石戸諭様がご出演なさるのであります!

情報によれば先日お渡ししたばかりの最新作をお召しになってご出演なさるそうです。

*ご本人からいただいた情報なので確実にお召しになると思います。

という訳で今日は、その最新作をご紹介します😎

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

Bryan JonesやPaul Wellerといったミュージックシーンだけではなくファッションシーンにも大きな影響を与えたロックスターをインスピレーション源にしてお作りしたダブルブレステッドスーツです。

Bryan JonesとPaul Weller。。。

という訳で、ご覧の通り全体的にはかなりモッズスタイルに寄せてお作りしました。

具体的には「3ボタン掛け(といっても一番下のボタンは外すのがセオリーです)のダブルブレステッド6ボタン」「細め:7.5cm巾のピークトラペル」「傾斜がきつめ:前後差4.5cmのスランテッド/ハッキングポケット」「アウトサイドチケットポケット(チェンジポケット)付き」「ターンナップカフス付き」「くるみボタン」「スリム&テイパードシルエットのボトムス」「太め:5.5cm巾の折り返しヘム」といった具合です。

もちろんジャケットのフィッティングもタイト目です!

下記のロックなギミックも見逃せません😎

 

  • ・カラー(上衿)と胸ポケットとターンナップカフスに使用した “♡ Camo(ハートカモ)” ジャカードのブラック無地素材
  • ・レッド&ブルーのツイードで代用したカラークロス(上衿裏のフェルト生地)
  • ・ワインレッド糸を使用したフラワーホール(衿穴)
  • ・ワインレッド糸を使用した左右袖口1番下のボタンホール
  • ・ワインレッド糸を使用したボトムスフロント持出のボタンホール
  • ・英国HFW社の美しいフラワープリントライニング
  • ・上記のライニングを使用してチーフ代わりに出せるようにした胸ポケットの袋地
  • ・個性満載の袖ボタン:6個ボタン・大きさ違いボタン・リアルボタンホール(本開き切羽)・スランテッドボタンホール

 

キリッとしたブラックにシックなワインレッドのワイドストライプを乗せたロックテイストあふれる素材はモダンクラシックな色柄を得意とする英国ミルDarrow Dale/ダロウデイルのものです。

素晴らしいカラーリングですよね!!

では、上記のロックでモッズなギミックたちを「寄り画像」で見ていきましょう。

 

 

 

胸部の「寄り画像」です。

 

 

細めのピークトラペル、カラー(上衿)と胸ポケットに使用した “♡ Camo” ジャカードブラックの無地素材、ワインレッド糸を使用したフラワーホール、ライニングを使用してチーフ代わりに出せるようにした胸ポケットの袋地、そして実際に細いロープを入れて構築ししているロープドショルダー等々、エキサイティングな「ネタ」が満載の胸部です😎

しかし、なんとも素敵なカラーリングのストライプですよね!

このストライプならジャケット単品で使ってもすごく良さそうですね!!

それから “♡ Camo” ジャカードブラックの無地素材ですが、まだ少々だけ残布が残っているためこういった感じのパーツ使いであれば2着程度は可能です!

もしご希望がありましたらご注文時にご指示下さい😉

 

 

 

上述の通りカラークロス(衿裏)はツイードで代替しました!

 

 

華やかで情熱的なカラーリングがとても素敵です!

思わず衿立てをしたくなりますよね😉

こちらのツイードは他のお得意様が以前にジャケットをお作りになられた時の残布を使用しました!

 

 

 

シャープなウェストシェイプです!

 

 

美しいシェイプですよね!

石戸様はずっとご体型をキープなさっているのも素晴らしいです!

僕ときたらこの「くびれ」がわずかしかなくなってきております(笑)。

 

 

 

ライニングです。

 

 

「力強く個性的なワインレッドのストライプ素材」と「モッズ寄りのデザイン」からは縁遠くも見える「エレガントなフラワーモチーフ」が最高にクールですよね!

なんというか、絶妙なミスマッチ感というか、粋なバランスというか。。。

例えばワインレッドのペイズリー等も選択肢としてはあり得たと思うのですが、こうして服に仕上がってみるとこのライニングこそが「大正解」だったと思える超ナイスなコンビネーション/コントラストだと思います!!

さすがは石戸様ですね😉

 

 

 

袖先です。

 

 

  • ・くるみボタン
  • ・6個ボタン
  • ・大きさ違いボタン
  • ・リアルボタンホール(本開き切羽)
  • ・スランテッドボタンホール
  • ・カラー違いボタンホール
  • ・異素材使いのターンナップカフス

 

はい、いずれもアップチャージ不要のディテイルです😎

 

以上です。

 

石戸様、いつも本当にありがとうございます。

心より御礼を申し上げます。

今宵のご出演もとても楽しみにいたしております😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もBRUCE SPRINGSTEEN AND THE E STREET BANDのThe Legendary 1979 No Nukes Concertsを!

昨日はDisc 2を堪能したので今日はDisc 1です。

いや、本当に帯に書いてありますけれどロックンロールの最高の瞬間がここにありますね!

何度もご紹介していますが収録曲は以下の通りです。

 

      • 1. Prove It All Night
      • 2. Badlands
      • 3. The Promised Land
      • 4. The River
      • 5. Sherry Darling
      • 6. Thunder Road
      • 7. Jungleland

 

本当にどれも珠玉の名曲!

The RiverとSherry Darlingの流れを聴いているとThe River(1980年作品)を聴きたくなるな〜。

ああ、そうだ!

次はThe RiverのBox Set: The Ties That Bindを聴こうかな!!

 

 

 

 

という訳で、No Nukes Concertsの1年後に行われたThe Riverツアーで披露されたThe Riverをどうぞ!

 

 

やはりこの曲もサイコーですね!

 

 

 

 

28th. Nov. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Very chic and modern “Skyfall” three piece suit!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

11月・12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

“♡ Camo” umbrellas 試作品完成しました!ご予約受付です。

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

 ⑬ Tower Bridge by Wain Shiell

 

 

 

 

近年では最も緊張感あふれる初戦と第2戦だった日本シリーズですが、昨日は第3戦が行われました⚾️

東京ドームということもあり最初の2試合とはうって変わって乱打戦になると予想する評論家も多かったですが、果たして。。。

2本の本塁打が飛び出し両チーム合わせて9点こそ入ったものの極めて緊迫した試合になりました。

明日行われる第4戦からも目が離せませんね!!

という熱い日本シリーズの裏でカープは「ファンカン」ことファン感謝デーを行いました。

そこで発表された来季のキャッチフレーズは「ガツガツGUTS!」でした。

過去7年間のキャッチフレーズを以下に見直してみましょう。

 

2022年:「ガツガツGUTS!」

2021年:「バリバリバリ」

2020年:「たった今 このAKAの子 舞たった」

2019年:「水金地火木ドッテンカープ」

2018年:「℃℃℃(ドドドォー!!!)」

2017年:「カ舞吼!-Kabuku-(かぶく)」

2016年:「真赤激!~Burn it up!~(まっかげき)」

 

まあね〜〜。。。

マツダスタジアムに気軽に行ける身ではないし、DAZNではカープの試合を見ることが出来ないのであまりキャッチフレーズに触れる機会はないんですけどね〜〜。。。

それでもやっぱり2019年の時はね、「いい加減に真面目にやれ!」と思ったものです(笑)。

もちろん考えている人/チームは真剣なんでしょうけれど。

ちなみ来季のキャッチフレーズはね。。。

「割といいんじゃない?」と思いました。

もしかしたら麻痺しているのかな(笑)。

ちなみに報道によれば『ロゴは歯を食いしばるようなデザインに決定。球団は「チームもファンもみんなで歯を食いしばりながら、新型コロナウイルスに耐えてきた2年間。新シーズンは反転攻勢に向けて、3年連続Bクラスの悔しさを胸に、一日一日、一試合一試合をガツガツ貪欲に戦い、GUTSあふれる1年にしてきたい!そんな想いを込めたキャッチフレーズが“ガツガツGUTS!”です」と説明した』だそうです。

ガッツあふれる泥臭い戦いに期待したいですね!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「キャッチフレーズ」といえば。

今日はEast meets Westという言葉をキャッチフレーズ的にお使いのビジネスをなさっているお得意様からご注文いただいたとてもシックでエレガントでモダンでクールなスリーピーススーツをご紹介します!

新作が絶賛公開されている007シリーズの前々作で主演のDaniel Craigが着用していたスーツに使用されたことからSkyfallと名付けられた素材でお作りしたスリーピーススーツです。

このSkyfall、007でフューチャーされたくらいなので本当に素晴らしい素材です!

具体的には14.5マイクロンという細さを誇るSuper 180’s原料を使って織り上げられた逸品です!

最大の魅力はSuper 180’s原料由来のカシミアライクな極上の肌触りと美しい光沢です。

なだけでなく、395g/mのウエイトを持つしっかり打ち込んだ素材のため堅牢性も優秀でシワになりにくいというメリットもあります。

もちろん、(007で使われただけに)ほのかに英国テイストを感じさせるナイスなカラーリングも魅力です。

では、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

スリーピーススーツではもちろんのこと、それぞれをセパレートして使っても間違いなくスタイリッシュな1着です。

とっても素敵ですよね😉

全体的にはモダンクラシックデザイン&タイトフィットシルエットでお仕上げしました。

素材との相性も抜群だと思います!

そしてもちろんオーダーメイドならではのエキサイティングなギミックも満載にしております😎

という訳で、そのデザインを「寄り画像」で見ていきましょう!

 

 

 

カラークロス(上衿裏のフェルト生地)はパープルにしました。

 

 

このスリーピースのキーカラー/アクセントカラーなのでカラークロスを筆頭に様々な箇所にパープルが登場します!

それにしてもきれいで高貴なパープルですよね!!

思わず衿立てをしたくなります!!!

 

 

 

胸部の「寄り画像」です。

 

 

  • – ノッチドラペルより衿先が少し上がっているセミノッチドラペル
  • – パープル糸を使用したフラワーホール(衿穴)
  • – 実際に細いロープを入れて構築するロープドショルダー
  • – 胴裏で使用した “♡ Camo” silk c/# purpleを使ってチーフ代わりに出せるようにした胸ポケットの袋地

 

といったギミックが封じ込められた胸部です!

 

 

 

ラペル(下衿)裏にはEast meets Westという刺繍をお入れしました!

 

 

お客様にとってとても大事な言葉ですのでパープルではなくより視認性が高いシルヴァーグレイ糸でお入れしました。

 

 

 

上述の通りライニングは “♡ Camo” silk c/# purpleにしました。

 

 

表素材とのコントラストがとてもいいですよね😉

あ、こちらのライニングは既に完売しました。

使って下さった皆さまにこの場を借りて改めまして心より御礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

*c/# navyも完売しております。

 

 

 

袖先です。

 

 

 

  • – made in Englandのリアルホーン(本水牛)ボタン
  • – 5個ボタン
  • – 大きさ違いボタン
  • – リアルボタンホール(本開き切羽)
  • – カラー違いボタンホール
  • – ターンナップカフス
  • – ドットスリーヴライニング
  • – 袖先裏のe-mailアドレス刺繍

 

はい、いずれもアップチャージ不要のディテイルです!

 

 

 

ヴェストです。

 

 

 

ラペルレス、6個ボタン、ウォッチチェインホール付きといった端正nな面持ちの前身頃とPopな “♡ Camo” silk c/# purple が花開いている後ろ身頃のギャップがいいですよね!

レストランでの会食中、劇場や映画館での観劇中、新幹線や飛行機での移動中といった時にジャケットを華麗に脱いで背表を披露したくなる!!のは僕だけでしょうか(笑)。

また、上述もしましたけれどこのヴェストは絶対に単品でも使えますね!

あ、もちろんジャケットとボトムスもね😉

 

以上です。

 

K様、いつも当店をご利用下さいまして本当にありがとうございます。

心より御礼を申し上げます。

またシャツとストライプスーツをじっくりお選びになりにいらして下さいませ。

ご来店を心よりお待ち申し上げております😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もBRUCE SPRINGSTEEN AND THE E STREET BANDのThe Legendary 1979 No Nukes Concertsを!

昨日はDisc 2を堪能したので今日はまたDisc 1ですね。

初日もおとといもご紹介しましたが収録曲は以下の通りです。

 

      • 1. Prove It All Night
      • 2. Badlands
      • 3. The Promised Land
      • 4. The River
      • 5. Sherry Darling
      • 6. Thunder Road
      • 7. Jungleland

 

どれも珠玉の名曲!

だけれど、敢えて書くならば。。。

僕はBadlandsとSherry DarlingとThunder RoadとJunglelandが特に好きかな〜〜?

 

 

 

 

という訳で、Junglelandのライヴ動画をどうぞ!

 

 

この曲のリリックもシビレるかっこよさなんですよね!

今日もBOSSの熱い魂の叫びのおかげで元気がいっぱいになりました!!

11月も残り1週間、前向きに頑張ります!!!

 

 

 

 

24th. Nov. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Very sharp and sexy black “ViralOff” suit!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

11月・12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

“♡ Camo” umbrellas 試作品完成しました!ご予約受付です。

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

 ⑬ Tower Bridge by Wain Shiell

 

 

 

 

NFLのWeek 11はBUFとTENとGBが敗れるなどかなり波乱含みでした🏈

一方で、L.Jacksonが欠場したBAL、K.MurrayとD.Hopkinsが欠場したARIは相手に恵まれた部分はあったかもしれませんがしっかり勝ち切りました。

後半戦も強さを見せつけそうな予感がします。

また、好調DALも撃破して連勝を4に伸ばしたKC、BUFが敗れたので久し振りに定位置:AFC East首位に躍り出たNEも強さを発揮しそうですね〜!

今日のMNFはNYG@TBです。

NEのルーキーQBが躍動していることにT.Bradyも刺激を受けているのではないでしょうか。

今日はどんなクオーターバッキングを披露するのか楽しみですね。

でもね、昨日はそんなことよりも超ビッグなニュースがありました!

九里投手がFA権を行使せず3年契約でカープに残留することが発表されたのであります⚾️

大瀬良投手に続く残留、そして「このチームで日本一になりたいという気持ちが強かった」というコメント、ファンとしては本当に幸せいっぱいですね〜〜!!

これで、先発ローテーション候補は「大瀬良投手・九里投手・森下投手・床田投手・アンダーソン投手(新助っ人)」となかなか強力な5枚が揃いました✋

6枚目の候補は「高橋昂投手・玉村投手・野村投手・遠藤投手・中村祐投手・大道投手」の実績組と「森投手(ルーキー)・森浦投手(佐々岡監督が先発への配置展開を示唆)」の新規参入(?)組に加えて、「アドゥワ投手・薮田投手・矢崎投手」らもいます。

この時期はどのチームもそうなのかもしれませんがかなり選手層は暑くなってきているように感じます。

中継ぎ陣も中﨑投手や戸田投手の復活、新加入の黒原投手やターリー投手の躍動といったプラス要素の期待もあります!

山口投手をリリーフ起用するのも面白いかもしれません。

Tで経験を積んで帰還した高橋健コーチの存在も頼もしい限りです。

大瀬良投手と九里投手の残留で来季は「投手王国が復活するのでは?」と夢想したくなる状況が整いました!

素晴らしい!!

あとは鈴木誠選手がいい条件でいいチームと契約すること、そして鈴木誠選手の移籍が決まったら外野をきっちりと守れる右打ち(最悪は左打ちでもOK!)の長距離砲を獲得することを願いましょう!!!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「昨日」といえば。

今日は昨日ご紹介したSuper cool and sharp camouflage denim jacketと同時にご注文いただいたブラックスーツをご紹介します!

フォーマルテイストが強いシャープかつセクシーな1着です😎

ロック&ロールなオーラをお持ちのO様がお召しになったらめちゃくちゃかっこいいはずです!!

では、早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

『スウェーデンのPolygiene/ポリジン社が開発した「繊維や素材中のウィルスを2時間で99%削減することが出来る繊維への抗ウイルス加工技術:ViralOff加工」を施した最新鋭にしてこの時代にこそ相応しい素材』でお作りしました!

具体的には、イタリア三大ミルの一角にも数えられるTallia Di Delfino/タリアディデルフィーノ社による細番手&クリアカットのツイル(綾織)組織、つまりFour Seasonsタイプのブラック無地素材にViralOff加工を施した素材になります。

“Deffender” というなんとも頼もしい名前がつけられた素材です!

*ViralOffの詳細はこちらでご確認下さい。

そんな最新鋭にしてスーパーエレガントな素材を「やや細め:8.0cm巾のピークトラペル」「シングルブレステッド1ボタン」「前後差4.5cmのスランテッドポケット(ハッキングポケット)」「センターベント」「テーパードシルエットのボトムス」といったフォーマルシーンでも着用可能なデザインでお仕上げしたのがこちらのブラックスーツです。

美しい光沢を持つ素材と相まってとてもシャープ&セクシーな1着に仕上がったと自負しております💪

「カラークロスにお入れしたお名前の文字刺繍」「英国LBD社によるエレガント極まりないブラックペイズリーライニング」「ライニングで代用しポケットチーフ代わりに出せるようにした胸ポケットの袋地」「5個ボタン/スランテッドリアルボタンホール(本開き切羽)等々ひねりの効いた袖口」といったエキサイティングなディテイルも見逃せない1着です。

では、その見逃せないディテイルの一部を「寄り画像」で見てみましょう!!

 

 

 

「名刺がわり」の文字刺繍です。

 

 

思わず衿立てをしたくなりますよね😉

 

 

 

ライニングです。

 

 

ジャカードで表現したシック&エレガントなペイズリーが最高に素敵ではないでしょうか!?

 

以上です。

 

O様、いつも当店をご利用下さいまして本当にありがとうございます。

心より御礼を申し上げます😌

今後とも当店を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もBRUCE SPRINGSTEEN AND THE E STREET BANDのThe Legendary 1979 No Nukes Concertsを。

昨日はDisc 1だったので今日はDisc 2を。

収録曲を再度ご紹介すると以下の通りです。

 

  • 1. Rosalita (Come Out Tonight)
  • 2. Born To Run
  • 3. Stay (Featuring JACKSON BROWNE And TOM PETTY)
  • 4 .Detroit Medley
  • 5. Quarter To Three
  • 6. Rave On

 

3. Stay以降のカヴァー曲はアンコールです。

先日も書きました通り冒頭2曲(つまり本編終わり)の熱量も強烈なのですが、アンコール4曲の熱さと楽しさと強烈な音楽愛も相当なものです。

 

 

 

 

という訳で、本作の翌年行われたThe RiverツアーのDetroit Medleyをどうぞ!

 

 

サイコー以外の言葉が見つかりませんよね!

 

 

 

 

23rd. Nov. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Very pop and exciting “Folk Tails” shirt

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

11月・12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

“♡ Camo” umbrellas 試作品完成しました!ご予約受付です。

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

 ⑬ Tower Bridge by Wain Shiell

 

 

 

 

いよいよ始まった日本シリーズ⚾️

先日もちらっと書いた通り、贔屓チームのカープと同リーグのSを応援したい気持ちもありますが今年に限ってはカープ関係者が複数(水本ヘッドコーチと梵打撃コーチ)いるBを応援しようかな?と思って初戦をチェックしました。

Bは(今や日本球界最高の投手となった)山本投手が先発する試合をもしも落としたら「まずいぞ!」となるに違いないので、昨日は「何がなんでも勝利する!」という初戦だったのではないでしょうか。

山本投手も緊張があったんじゃないかなぁ。

果たして。。。

「何がなんでも勝利する!」という執念を感じさせる劇的な逆転サヨナラ劇でBが勝利しました!

素晴らしい猛攻でした。

僕はパ・リーグの試合をほとんど見ていないのでどういう選手なのかは不明なのですが、あの局面で代打出場した助っ人ジョーンズ選手が四球を選んだのは大きかったと思います。

失礼ながら併殺打か三振の可能性が高いと思って見ていました!

今年カープにいたクロン選手だったら間違いなくアウトコース低めを空振りしていましたね(笑)。

いや、クロン選手にもどこかでまた活躍して欲しいのですが。。。

いずれにしてもBはこれで勢いがつきました!!

今日も勝利すれば一気にいくかもしれませんね。

一方のSは痛恨の一敗でした。。。

巻き返しには塩見選手の大躍動が必要な気がしますがどうでしょうか。

今日は宮城投手と高橋投手が先発です。

どちらも快投してエキサイティングな試合を作って欲しいものですね!

 

 

 

 

ところで。

「エキサイティング」といえば。

今日はとってもポップでエキサイティングなシャツをご紹介します!

民族的なウォールアートと “There Was An Old Lady Who Swallowed A Fly” という詩からインスパイアされたLibertyの最新柄Folk Tailsでお作りしたシャツです。

ガッシュで描いた草花や動物、昆虫たちがとても可愛らしい、そしてどこか品のあるいかにもLibertyらしいプリント柄の素材をドレッシーなデザイン/仕様で「料理」したとてもスタイリッシュな1枚、「インパクトあふれる素材のシャツもカラー&カフスをホワイトにするだけでクラシカルな面持ちになる」というファッション業界の定説を見事に証明する1枚です。

では早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

 

 

極めてアーティスティックでなんとも楽しい柄の素材ですよね!

デザインは「カッタウェイカラー」「大丸カフス」「胸ポケットレス」「フレンチフロント(裏前立)」でお仕上げしました。

エレガントな二重タライデザインのマザーオブパール/白蝶貝ボタン、ゴールド糸で左カフスに入れた四葉のクローバー刺繍といったオーダーメイドならではのディテールも見逃せません!

 

以上です。

 

Nさん、先日は嬉しいお祝いの席を本当にありがとうございました。

心より御礼を申し上げます。

こちらのシャツはもう少しAD用に店頭でキープいたします😉

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もBRUCE SPRINGSTEEN AND THE E STREET BANDのThe Legendary 1979 No Nukes Concertsを。

通常はしばらくDisc 1を聴いてからDisc 2に移るのですが、本作は日替わりでいこうと思います!!

それぐらい楽しみにしていたということで!!

という訳で今日はDisc 2です。

 

  • 1. Rosalita (Come Out Tonight)
  • 2. Born To Run
  • 3. Stay (Featuring JACKSON BROWNE And TOM PETTY)
  • 4 .Detroit Medley
  • 5. Quarter To Three
  • 6. Rave On

 

Disc 1の収録の7曲Disc 2の1. Rosalie (Come Out Tonight) と2. Born To Runを合わせた9曲が本編(イヴェント構成上時間が限られていたようですね)で、3. Stay以降のカヴァー曲がアンコールだそうです。

Born To Runもサイコーですがアンコールもかなり「ヤバい」ですよね〜〜!

この時の熱狂を体験出来た人たちが羨ましい限りです。

しかしながら。。。

リリースを知った時に「まあ、そうはいってもね、40年以上前のライヴ音源でしょ?ファンからすればめちゃくちゃ嬉しいけれどBOSSを知らない音楽ファンに届くような内容かしら?」などとちらりとでも思ってしまった僕ですが。。。

大間違いでした!

全音楽ファンに聴いて欲しい熱いライヴ盤です!!

サウンドプロダクションも極めて良好、古さをまったく感じさせません。

 

 

 

 

では、これまた熱過ぎる本作のトレイラーをどうぞ!

 

 

いやはやかっこいいトレイラーですよね〜!

 

 

 

 

21st. Nov. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Super cool and charismatic “sparkle neon yellow with black” jacket!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

11月・12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

“♡ Camo” umbrellas 試作品完成しました!ご予約受付です。

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

 ⑬ Tower Bridge by Wain Shiell

 

 

 

 

大谷選手の満票MVP獲得⚾️

素晴らしいですね!!

来シーズンはB.Ruth以来の2桁勝利&2桁本塁打を達成して更に光り輝いて欲しいですね✨

MLBの来シーズンはもちろん鈴木選手(と前田投手)の躍動にも期待です!!

日本、いやカープに目を向けると。。。

昨朝、報知新聞が「九里投手は残留へ前向き姿勢・今日(11.19 Mon)球団と交渉」と報じましたが夕方になってもその後の動向が上がらなかったので多くのカープファンはヤキモキしたはずです。

そして、19:00過ぎになって『「近いうちに答えは出したい」FA行使に熟考・結論を持ち越し』という報道が出ました。

余計にヤキモキ。。。

前日に「FA権を行使せずの残留」を決めた大瀬良投手が「カープで学んだことはカープでつなぐ」という言葉を含むカープファンの涙を誘う感動的な記者会見を開いたのを受けて「2日連続朗報を!」と期待していた人がほとんどだったと思いますので尚更です。

今季は最多勝も獲得したし、今まで苦労を重ねて先発ローテーションに這い上がってきた投手ですし、特に頑強な部分を評価して「欲しい!」と思う他球団も少なくないでしょうし色々と悩む/心が揺れることもあるでしょう。

でも、きっと残留してくれるでしょう!

Say!  KURI!

 

 

 

 

ところで。

「輝く」といえば。

今日は眩しいばかりに光り輝いているネオンイエロー素材でお作りしたジャケットをご紹介します!

そこそこにブラックを散りばめてハイコントラストを作り出した、そして大胆なファスナー使いをしたアヴァンギャルドな1着です。

カリスマティックな塾講師(だと理解しておりますが、もし違っていたら申し訳ありません!)のお得意様U様からのご注文品なのですが、登壇したらめちゃくちゃに目立つと思います😎

ショッキングピンクのモヒカンヘアとの相性も抜群だと思います😎😎

こればっかりは「百聞は一見に如かず」なので早速ご紹介します!!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

Women’sでは少し前からトレンドカラーとしてフューチャーされているもののMen’s、特にテイラードウェアではまだまだ注目度が低いネオンカラーを取り入れるU様、さすがです!

「いやいや、注目度が低いも何もテイラードウェアでネオンカラーは無理があるでしょ!」と思いの方もいらっしゃると思います。

はい、そう思うのもごもっともだとは思います。

が、しかし、実際に。。。

先日Scabal Japanの営業さんが2022 Spring/Summerシーズン向けコレクションの概要をプレゼンテーションしにいらしたのですが、無地専用バンチブックに100% Woolのネオンカラーが新規収録されることが決まっておりました。

*最後にご紹介します。

また、シャツ素材やジャケット素材のウィンドウペーンでネオンカラーが使われることが増えつつあることはこのDiaryをしばしば見て下さっている方はご存知の通りだと思います。

という具合に来年の春夏、あるいは秋冬あたりにはどかーんとネオンカラーブームが訪れる可能性がありますので皆さまも要チェックでお願いいたします!

って、さすがにでっかいブームは来ないですよね(笑)。

それはともかく、そんなネオンイエロー素材でお作りしたこのジャケット!!!

超個性的でかっこいいですよね。

僕もこの素材で軽快なコートかパンツを作りたくなりました!

それを着て近くのスーパーマーケットに庶民的な買い物をしに行きたいですね(笑)。

という僕のことは置いておいて、超個性的な素材&超個性的なディテイルを採用するということでデザイン自体は割とクラシカルにお作りしました。

具体的には「ピークトラペル」「シングルブレステッド1ボタン」「スランテッド/ハッキングポケット」「アウトサイドチケットポケット(チェンジポケット)付き」「サイドベンツ」といった具合です。

結果、ネオンイエロー素材、ネオンイエローとブラックのハイコントラスト、ファスナー使いが最大限に引き立っていると思います!!

では、遊び心炸裂なディテイルを「寄り画像」で見ていきましょう!

 

 

 

まずは(ディテイルというより)バックです。

 

 

当たり前のことですが後ろから見ても目立ちますよね!

もし前方にこの後ろ姿&ショッキングピンクのモヒカンヘアの男性が歩いているのを発見したら「おお!どんなジャケットだろ???」と興味津々になってしまいますよね😉

「男は背中で語る」という言葉もありますし、素晴らしくナイスなバックではないでしょうか!?

 

 

 

ラペルです。

 

 

フラワーホール位置に大きめのブラックファスナーをつけました!

とてもナイスなデザインアクセントになっていると思います😊

 

 

 

肩です。

 

 

雨降り風のシワが多めのシャツ袖(マニカカミーチャ)でお仕上げしました。

ブラックのピックステッチもとてもいいアクセントになっていますよね😉

 

 

 

ライニングです。

 

 

 

当初はブラックも考えたのですがどうしても素材特性的に透けてしまうためこちらのオフホワイトにしました。

ブラックの方がよりコンセプチャルになったとは思いますが、このコントラストもクールですよね😉

 

 

 

袖です。

 

 

こちらもライダースジャケットのようファスナー仕様にしました!

縫製職人は苦労していたようですけれどかっこいいですよね!!

僕もいつかやってみたいです。

 

以上です。

 

U様、いつも本当にありがとうございます。

心より御礼を申し上げます。

次回の更なる大胆な意欲作もぜひともよろしくお願い申し上げます😌

 

 

 

最後に、上述したScabalの新作:2022 Spring/Summerシーズン向けのバンチブックに収録予定のネオンカラー素材をご紹介します!

 

 

左上の数マークがそれになります!

こちらも楽しみですね😉

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

BRUCE SPRINGSTEEN AND THE E STREET BANDのThe Legendary 1979 No Nukes Concertsが嬉しいことに発売日当日の昨日届きました!

しばしばやるようにセコイことを考えずに国内盤をしばらく前から予約しておいてよかったです(笑)。

それはともかくとして、少なくとも数日間はこの濃厚ライヴ盤を堪能して元気をたくさんもらおうと思います!

初日の今日はまずDisc 1を

収録曲は以下の通りです。

 

  • 1. Prove It All Night
  • 2. Badlands
  • 3. The Promised Land
  • 4. The River
  • 5. Sherry Darling
  • 6. Thunder Road
  • 7. Jungleland

 

この選曲で悪かろうはずがないですよね!

実際にサイコーです!!

 

 

 

 

では、この時のSherry Darlingを。

 

 

素晴らしいパフォーマンスですよね!

こればっかりはDVD(店のプロジェクターでも流すつもりなのBDではなくDVDにしました)でもしっかり見なきゃ〜〜!

 

 

 

 

20th. Nov. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.