Ryoji Okada Official Website

Diary

The list of the [ Hiroshima Carp ] category.

9周年Tシャツの「カラー&サイズオーダー初回受付」開始しました!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

4.29 Thuは14:00-20:00で営業いたします。

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

4月/5月/6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

New colours of our exclusive “♡ Camo” silk are coming soon!

 

 

☠️「9周年Tシャツ」のデザイン決まりました☠️

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

昨日おととい、そして、今朝とGold’s Gym表参道店で汗を流しましたが、まったく密にはなっておらず、むしろ緊急事態宣言以前よりも空いている感じさえしました。

一部のSNSで見られた「大型店舗のみ休業したら小型店舗に人が集まるのでは?」という懸念はまったく当たらないと思いました。

*今回の「一部店舗のみ休業/一部施設のみ閉鎖/一部店舗は通常営業」という対応が大型店舗のみ閉めようということなのかどうかを僕はよくしりません。

ただ、僕はいつも9:00前後から始めていて、その時間はいつだって空いているんですけどね😊

なので、夕方とか夜中がどうなのかは分かりません。

いずれにしても、不安や焦りや苛立ちが募る日々の中で、今や趣味と化しつつあるウェイトトレーニングを黙々と行える環境までもが奪われなかったことには大いに感謝したいです!

そして、昨日から始まったBとの3連戦@マツダスタジアム⚾️

初戦は日曜日のG戦@東京ドームに続き打線が爆発して10-1と圧勝しました!

昨日は先発全員安打でしたね、素晴らしい!!

絶好調の羽月選手とここ最近やや不調期に入っていた坂倉選手が猛打賞、菊池選手と小園選手と森下投手がマルチ安打、4番に座ってから状態が上がっている西川選手が最終打席で本塁打と多くの選手が躍動しました!!!

森下投手は4打席3打数2安打1打点1犠打と野手のような活躍でしたね😊

もちろん投げても大活躍、8回105球3被安打7奪三振1与死球と好投して3勝目を上げました!

楽な場面だったとはいえ、9回に今季初の一軍マウンドとなった高橋樹投手が零封で締めたのも好材料でだと思います。

勝ちパターンに食い込むのは無理でしょうけれど、今日のような大差の1回/ビハインドのロング要員としてきっちり仕事をしてくれれば運用が楽になります。

これにてチームも3連勝。

今日は床田投手が先発です。

先日「あまりピリッとしない」と書きましたが、今季の床田投手は指標がかなりいいんですよね、実は。

ということで、指標通りの快投を披露してチームを4連勝に導いて欲しいですね!

もしかしたら雨天中止かもしれませんけれど。。。

Go! TOKODA!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「9」といえば。

数日前に「デザイン決定」のお知らせをした「9周年Tシャツ」ですが、一昨夜、僕が厳選した9カラーのイメージ画像が仕上がりましたので早速公開します!

そして、昨日から『例年行っている1枚から可能な「カラー&サイズオーダー」の受付を開始』しました!!

「5月末納品予定の初回納品分」の受付は5.10 Mon 12:00までとなります。

ご希望の方は、お好みのカラー(全23色)、お好みのサイズ(全7サイズ)、ご希望の枚数(1枚から承ります)をご指示下さい。

*カラーはカラーサンプル一覧、サイズはサイズ表をご参考下さい(いずれもこの記事の下部に添付しております)。

ご注文/お問い合わせは、店頭での口頭 /お電話:03-6438-9563 /e-mail:info@loudgarden.com /SNSのコメントやメッセージ等でお願い申し上げます。

今年はコロナ禍と3回目の緊急事態宣言が世界ランカーの的確&強烈なボディブローの如く大変に効いておりますので、周年Tシャツは例年以上に「真剣勝負」で取り組んでおります🔥

ぜひともたくさんのご注文をよろしくお願い申し上げます!!

皆さまの温かくも熱い応援を心よりお待ち申し上げております。

 

9周年Tシャツ:¥4,400

*XL以上は¥4,950

 

では、厳選した9カラーのイメージ画像をご紹介します!

 

 

 

 

9-1:ブラック

 

ここ数年はホワイト以上に人気が高いブラックです!

スカル、カモフラージュとの相性も抜群なので今年も1番人気の可能性が高い!と僕は見ています。

 

 

 

9-2:ホワイト

 

ブラックと1番人気を二分するホワイトです!

こうして見るとより “♡ Camo” Skullが際立つホワイトもすごく良さそうですよね。

いずれにせよ、今年の1番人気はブラックホワイトか、はたまた、ダークホースが登場するのか、今からとっても楽しみです!!

 

 

 

9-3:ヘザーグレイ

 

毎年確実に3番人気のヘザーグレイです。

とっても合わせやすいカラーですもんね。

“♡ Camo” Skullとの相性も良さそうです!!

今までブラックとホワイトの牙城を崩したことはありませんけれど、今年こそ肉薄するでしょうか!?

ちなみに、実際のヘザーグレイは「杢/メランジ」なのでもっといい感じです!

*実際のボディカラーのイメージはこの記事の下部に添付したカラーサンプル一覧でご覧下さい。

 

 

 

9-4:レッド

 

はい、広島東洋カープファンの私が毎年作っているレッドです!

今回も「マスト」なレッドに加えてもう2カラーくらいを購入する予定です。

今年はどうしようかな、Lサイズにしようかな〜〜〜?とも思っております!

6周年まではSサイズ、7周年以降はMサイズだったんですけれど、ウェイトトレーニングの成果(プラスお腹の醜いタルみ)と嗜好の変化によりLサイズにしようかと。。。

でも、やっぱりレッドはMサイズにしておこうかしら?

で、他のカラーをLサイズにする!というのも考え方かな?

ちょっと悩みますね〜。

 

 

 

9-5:ネイヴィブルー

 

年/胸のデザインによっては人気が高くなるネイヴィブルーです。

どちらかといえば、ロック度が低い年の方が人気なので今年は少し分が悪いもしれません。。。

でも、僕の想像によればすごくかっこいいと確信しています!

さて、今年の人気はどうでしょうか??

 

 

 

9-6:ブラウン

 

トレンドカラーのブラウンです。

このカラーもヘザーグレイ同様にイメージ画像だと今ひとつなんですけれど、実物は間違いなくこの画像の数倍かっこいいはずです。

ここまでの6カラーはある程度の既製品も作る予定です!

が、以下の3カラーは既製品は作るとしてもごくわずかです!!

つきましては、気になる方はぜひとも個別にオーダーを入れていただければ幸いです!!!

 

 

 

9-7:ライトイエロー

 

こちらもトレンドカラーのライトイエローです!

とってもナイスな感じに仕上がりそうですよね!!

「自分用のどれかひとつをLサイズで作るならこのカラーがいいかもしれない!」と思いました。

ちなみに、下に添付したカラーチャートにあるとおりイエローは3色展開なのですが、このライトイエローが一番合わせやすいかもしれませんね。

なので、「個性が立ったイエローのTシャツが欲しい!」と強くお思いの方には、普通のイエローかゴールドイエローの方をおすすめします。

 

 

 

9-8:ライム

 

ご覧の通り、とってもきれいなライムグリーンです!

きれいでヘルシーなカラーと “♡ Camo” Skullのコンビネーション、意外や相当に素敵だと思います。

 

 

 

9-9:ライトブルー

 

毎年密かな人気カラーとして一定量のご注文が入るライトブルーです。

ホワイトではちょっと物足りない、しかしながら、あまり主張が強いカラーでない方がいいという方にぜひともおすすめしたいです!!

とってもいいカラーです。

 

 

 

カラーはこちらのカラーサンプル一覧からお選び下さい。

*こちらの画像はかなり実際のTシャツに近いカラーになります。

 

 

 

サイズはこちらのサイズ表からお選び下さい。

*150と160は女性/お子様のイメージになります。
*ご不明な点等はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以上です。

 

プレゼントにもとても喜ばれている周年Tシャツ、ぜひとも皆さま、ご注文を何卒よろしくお願い申し上げます😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もDUMPSTAPHUNKの新譜Where Do We Go From Hereを!!

重厚で濃厚でフィジカルなファンク、めちゃくちゃかっこいいですよ〜〜!

ここ数日また断酒をしているのですが、これを聴いてしまったら飲むしかありませんね!!

今夜は飲むか〜〜〜〜(笑)。

 

 

 

 

では、タイトルトラックWhere Do We Go From Hereのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

このヘヴィーなファンクネスよ!

サイコーにかっこいいですよね!!

そして、動画もなかなかナイスです。

 

 

 

 

28th. Apr. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 

 



4.29 Thuは14:00-20:00で営業いたします。

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

4月/5月/6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

New colours of our exclusive “♡ Camo” silk are coming soon!

 

 

☠️「9周年Tシャツ」のデザイン決まりました☠️

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

今日から始まる9連戦、最初の3連戦はB@マツダスタジアムです⚾️

大瀬良投手の離脱と遠藤投手の不調による再調整とネヴァラウスカス投手のコロナ禍の影響による合流遅延(昨日入団会見がありましたけれど予定通りに先発調整するなら最短で5月末が初登板でしょうか?)等々が重なり先発投手の頭数が足りなくなっている現状のカープにとってこの9連戦をどう闘うかはかなり重要になってくると思います。

首脳陣は「恵みの雨が2日くらい降らないかな〜〜?」と思っているのではないでしょうか?

幸いにも木曜日の広島は雨模様っぽいので、もしかしたら願ったり叶ったりの雨天中止になるかもしれません。

が、しかし、準備自体はちゃんとしておかないといけません!

という訳で、昨日高卒2年目左腕玉村投手が一軍に合流しました。

本来ならもっとじっくり育てた方がいいのかもしれませんけれど、現状二軍で一番いい球を投げているのが玉村投手ですからね、順当ではあります。

相変わらず制球難の岡田投手、良かったり悪かったり(前者が35%で後者が65%くらい?)の矢崎投手、まだまだ時間が掛かりそうな薮田投手、今季から先発転向を直訴したにもかかわらずまったく状態が上がらない中村恭投手あたりがだらしないので玉村投手が挑戦するしかなくなりました。。。

でも、玉村投手は遅かれ早かれ出てくる投手ですからね、ぜひともこの機会を活かして欲しいですね😊

ちなみに今日は森下投手、明日は床田投手が先発です。

森下投手は野手陣に足を引っ張られた部分もありますけれど現在2連敗中ですからね。

なんとしても今日は快投を披露してチームを3連勝に導いて欲しいですね!!

Go! MORISHITA!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「木曜日」といえば。

4.29 Thuは木曜日ですが「祝日:昭和の日」なので、14:00-20:00で営業します!

 

 

こういうご時世ですし、木曜日が祝日でも休むケースは今までもありましたし、「休もうかしら?」とも思いましたが、「なんとかここで踏ん張らないと!」と思い開けることにしました。

水曜日同様に僕ひとり体制で奮闘します☝️

つまり、明日あさって2連チャンでのひとり体制です。

なんだかんだとひとりはやはり寂しいものがありますので、もしもお時間がございましたらぜひとも激励にお立ち寄り下さいませ。

もちろん、お電話/e-mail/SNS等々での激励も大歓迎です。

皆さまのご来店、皆さまからのご連絡、そして、皆さまからのご注文を心よりお待ち申し上げております。

明日あさっての開店時間は14:00なのでお気をつけを!

 

 

 

それから、多くのお得意様はご存知かと思いますが、LOUD GARDENにはお客様専用無料駐車場のご用意もあります!

 

 

このようなご時世ですので公共交通機関は利用したくないという方で、お車をお持ちの方がいらっしゃいましたらぜひともご利用下さいませ。

駐車場は外苑西通りを背にしてLOUD GARDEN右隣のビル、LOUD GARDENの裏口と面している細い通りにあります。

ご連絡下さればご案内ももちろんいたします☺️

構造上、背が高い車と車高が低い車は入れられないのですが汗。。。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

昨日無事に届きました!

DUMPSTAPHUNKの新譜Where Do We Go From Here!!

超重厚&濃厚なNOLAファンク、昨日聴いた前作Dirty Word(2013作品)と基本路線は同じなのですが、長く続けている結束のせいか、困難な時代のせいかより緊張感の高い演奏が凝縮されています。

もうちょっとゆるくて不真面目(?)なグルーヴのファンクも大好物ですが、DUMPSTAPHUNKの高い熱量と実直さに満ちたファンクも堪らないものがありますね!!

サイコーです。

しばらくはコイツを満喫しようと思います。

 

 

 

では、話題のギタリストMARCUS KINGをフューチャーしたオープニングトラックUnited Nations Stompのミュージックヴィデオをどうぞ!

 

 

超ワクワクするナイスなオープニングトラックですよね!

素晴らしい!!

 

 

 

 

27th. Apr. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Very cool and dandy shirts for a very cool and dandy friend of mine!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

4月/5月/6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

New colours of our exclusive “♡ Camo” silk are coming soon!

 

 

☠️「9周年Tシャツ」のデザイン決まりました☠️

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

今回の緊急事態宣言、スポーツジムにも休業要請が出ていると思うのですが、Gold’s Gymは一部店舗は休業、一部店舗は部分的に休業、一部店舗は通常営業という変則的な対応をするようです。

そして、僕が通っている表参道店は通常営業するようです!

素晴らしい!!

昨日書いたような憤りを感じながら、最近はもはや趣味と化しているウェイトトレーニングをする場所まで取り上げられてしまったら精神的にどうになかなってしまいそうですから、最高の朗報です

でも、他の店舗が休業することで密になっていたら通うのはしばし諦めます。

という訳で、今から様子を見にいきがてらウェイトトレーニングを頑張ってきます

あ、ちなみにですが、LOUD GARDENは通常営業しておりますっ!

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

もちろん、引き続きお電話/e-mail/SNS等でのご注文も絶賛承り中です!

 

ちなみに、昨日行われたGとの3連戦@東京ドーム最終戦はカープが超激戦を制し劇的勝利、大きな大きな1勝をモノにしました⚾️

6点リードで迎えた8回裏にカープ自慢の中継ぎ陣が崩れて同点に追い付かれた時は逆転負けを覚悟しましたよ!

昨季のカープなら99%以上の確率で逆転負けを喰らったことでしょう。

そして、先週のカープでも良くて引き分けだったような気がします。

しかしながら、昨日のカープはひと味違いました!!

同点に追いつかれた直後の9回表に小園選手の代打で登場した中村奨選手が値千金の二塁打🔥

代打出場後2打数2安打と当たっていた安部選手に代わりバント要員として久し振りに打席に立った三好選手が見事送りバント成功🔥🔥

開幕からずっと絶好調、昨日も既に猛打賞だった菊池選手がきっちり犠打を放ち決勝点🔥🔥🔥

9回裏には、未だ失点0ながら前日は少し怪しかったドラフト1位ルーキー守護神栗林投手が3者連続空振り三振斬りでゲームセット🔥🔥🔥🔥

8回裏のグダグダ/ウダウダの反省点は当然ありますけれど、9回表裏の攻防はベンチの采配を含めて今季のベストゲームだったんじゃないでしょうか。

昨日はクロン選手に一発も出ましたし、4番で自由に打たせてもらってから調子が上がってきている西川選手が5打席4打数4安打1四球と全打席出塁しましたし、野村投手は5回2失点と最低限ながら仕事をしましたし最高でした!!

問題の8回裏ですが。。。

指標/数字はやっぱり嘘をつきませんね。。。

特にここ2週間くらい(かな?)、指標的には「なんで抑えているかわからない」「運だけで抑えている」ように見えた2人:森浦投手と塹江投手が同点劇の主役でした。。。

彼らは少し二軍で休養/調整させるかもう少し楽な局面で投げさせてあげた方がいいような状態に思います。

そうしてあげた方がより早く復調出来るようにも思いますし、長い目で見た時にチーム力が上がるようにも思います。

でも、ふたりとも貴重な中継ぎの左腕ですし、ネヴァラウスカス投手とバード投手(とスコット投手もか!?)はもう少し時間が掛かるでしょうし、明日から(延期試合が出なければ)9連戦が始まりますし、さすがに抹消は出来ないか!?

となると、もし取れるとすれば後者の策かな?

具体的には塹江投手は左打者専用、森浦投手は(先発への配置転換準備込みで)ビハインドロング要員が現状の適任でしょうか。

もし仮にそうした場合の勝ちパターンは、指標的には「7回:コルニエル投手 → 8回:大道投手 → 9回:栗林投手」が良さそうです。

ただ、コルニエル投手は走者を背負うとまだまだ不安があるので難しいかなぁ。。。

「では、二軍で状態のいい投手は?」となると中﨑投手でしょうか?

だとすれば、いきなり勝ちパターンはないでしょうから、もう少し現状のロールのまま様子を見ることになりますかね。

いずれにしても、昨季の轍を踏まないためにも早めに対処して欲しいです

それはともかく、本当にナイスゲームでした!

明日からのBとの3連戦@マツダスタジアムもぜひとも勝ち越して欲しいです!!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「B」といえば。

今日は大学時代の友人で、当時から極めて博識かつ粋だった、そして、数年前の再会以来「上お得意様」化してくれているO君がオーダーしてくれたシャツ4枚をご紹介します!

モッズ野郎で音楽賢者でスポーツ通で洒落者のO君はBファンでもあります。。。

明日からの3連戦も絶対に勝つ🔥

という訳で(?)、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

今回作ってくれたのは↓こちらの4枚です!

 

 

「これからやってくる高温多湿な日本の夏を少しでも快適に涼しげに過ごす用」の無地シャツ2枚とモダンクラシックなギンガムチェックシャツ2枚です!

いずれもドレススタイルからキレイめカジュアルスタイルまで幅広く活躍してくれるシャツに仕上がりました。

では、4枚すべてを個別画像で見ていきましょう。

 

 

 

まずは無地2枚です!

 

 

 

「国産素材の最高峰コレクションThe Royal Caribbean Cotton」のSilver Lineに収録されているLeno Cloth/レノクロス(絡み織り)シリーズのホワイト(上)とネイヴィブルー(下)でお作りした2枚です。

このLeno Cloth(絡み織り)は『「文字通りに糸が複雑に絡み合うように構築されたメッシュ状の組織」が生む「豊かな凹凸」』を最大の特徴に持つ素材です。

その凹凸により肌への接地面積が通常の素材より50%前後少なくなることで、熱を逃しやすく、ベトつきにくく、肌にまとわりつきにくいといった極めて快適な着心地を実現しています。

また、目透き感のある組織ゆえの通気性の良さ、強撚糸ゆえのしわになにりくさも嬉しいポイントではないでしょうか😉

そして、目透き感があると心配になる「肌の透け」ですが、それも豊かな凹凸がかなりの部分防いでくれるので安心です!!

加えて、ご覧の通りに適度なカジュアル感まで演出してくれるこの凹凸、はっきりいって無敵に近いですね💪

少なくとも、リネン混紡素材や鹿の子素材、Ice Cotton等の高機能素材に加えて、このLeno Clothも春夏向けのドレスシャツ素材の有力候補であることは間違いありません。

今回はそんなLeno Clothを「カッタウェイカラー」「フレンチカフス(ダブルカフス)」「フレンチフロント(裏前立)」「二重タライデザインのマザーオブパール(白蝶貝)ボタン」という極めて端正でドレッシーなデザイン/仕様で仕上げました!!

とってもクール&ダンディですよね😊

 

 

 

続いてギンガムチェック2枚です!

 

 

 

「国産素材の最高峰コレクションThe Royal Caribbean Cotton」のシルヴァーラインに収録されているレッドのミニギンガムチェック(上)とブラックのギンガムチェック(下)素材を使用してお作りした2枚です。

こちらはチェックということで無地より柔らかく、具体的には「トラディショナルボタンダウンカラー」「大丸カフス」「厚めの貝ボタン(レッドが4㍉厚の高瀬貝ボタン、ブラックが3.5㍉厚の白蝶貝ボタン)」でお作りしました。

ギンガムチェックですし、ボタンダウンですし、前立は「表」でも雰囲気は至極良かったとは思うのですが、敢えて「フレンチフロント(裏前立)」にして上品さを残しました。

この辺の塩梅はさすがのO君です😎

なんだか僕もギンガムチェックのシャツを新調したくなってきました!!

 

以上です。

 

O君、いつも本当にありがとうございます!

そして、昨日は新たなご注文も誠にありがとうございました!!

心より御礼を申し上げます。

次はシャツの着丈調整が完了したらまたご連絡いたします。

次回は無理でもその次くらいにはぜひともまた一献まいりましょう🍻

明日も勝つ(笑)。

 

最後に、The Royal Caribbean Cottonの特徴を以下にご紹介いたします!

—–
まずは原材料です。
良質の綿花のみを手摘みで収穫、38㎜以上の超長繊維綿のみを選りすぐっています。
これが上品な光沢としなやかさを持ち自然な肌触りを感じ取ることが出来る素材の「土壌」となります。
続いてThe Royal Caribbean Cottonの最重要ポイントともいえる「ガス焼き」です。
「ガス焼き」とは、紡績の段階で「糸の1本1本を2回に分けてガス管に通して焼くことで余計な毛羽を除去する工程」のことです。
この工程により、素材の表面が均一化し染色性が向上、繊細な色合いを表現する事が可能になります。
また、糸ムラが抑えられるため素材表面が一層美しく仕上がります。
某俳優さんを筆頭にした数々のファッション上級者をも魅了してきた滑らかな肌触りと上品な光沢は、原材料の品質の高さとこのガス焼き工程に由来します。
最後に製織です。
昔ながらの低速のシャトル織機を用いて丁寧に織られていることと、製織段階での糊付けを行っていないことから素材本来の豊かな風合いを失うことなく仕上がります。
かように原材料、紡績工程、製織工程の3段階、すべてにおいてこだわりを凝縮した素材がThe Royal Caribbean Cottonなのです!

—–

以上のような素晴らしい素材です

 

 

 

あ、O君、これも本当にありがとうございました!

 

 

昨日早速いただいたレモンの焼きショコラ、とっても美味でした!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日は、多分もうすぐ、午後にでも新譜Where Do We Go From Hereが手元に届くNOLAの重厚ファンクバンドDUMPSTAPHUNKのDirty Word(2013作品)を!

ライヴアルバムは頻繁にリリースしている彼らですが、スタジオアルバムとしては本作以来、実に8年振りの新譜ということになります。

随分久し振りですね〜〜〜!

YouTubeで公開されている楽曲を聴いた限りでは、新譜もぶれずにゴリゴリのヘヴィファンクアルバムに仕上がっていることが予想されます。

今から到着が楽しみで仕方がありません。

ちなみに、DUMPSTAPHUNKはAARON NEVILLEの息子IVANが率いる、THE NEVILLE BROTHERSの血筋の本流にいるファンクバンドです。

TONY HALLのうねる5弦ベース、IAN NEVILEのロックの影響も感じさせる若さ溢れるギター、そして、主役IVANのドスが聴いたボーカル&おじさん譲りのオルガン等々聴きどころ満載の素晴らしいバンドです!

本作もサイコーに濃厚&重厚な極上ファンクアルバムに仕上がっています!!

 

 

 

 

では、オープニングチューンDancin’ To The Truthのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

サイコーですね!!!!

 

 

 

 

26th. Apr. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Very majestic and elegant “Victory” three piece suit!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

4月/5月/6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

New colours of our exclusive “♡ Camo” silk are coming soon!

 

 

☠️「9周年Tシャツ」のデザイン決まりました☠️

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

今日の冒頭は少し長文になります、お目汚し失礼いたします。

「僕の立場からの今回の緊急事態宣言発令に対しての見解・憤り」について備忘も兼ねて記します、もしご興味がなければ中盤の「ところで」以降からご覧いただければ幸甚に存じます😌

 

昨夜までてっきり明日からと勘違いしていましたが、今日からまた緊急事態宣言なんですね。。。

3度目の。。。

僕もこのDiaryに何度か書きましたけれど、そして、以前からネット上のあちこちで書かれ/世の中のそこここで語られていることですけれど、もっと早く短期集中で欧米型のロックダウンに近い措置を敢行し感染を抑制すればよかったと思います。

もちろん現状の法律でロックダウンが出来ないという理屈は分かりますけれど、いわゆる第1波から1年以上が経っている訳ですから、その間に少しは法律を整備することも出来たのではないでしょうか。

そして、「短期集中方式」で一時的にうまく抑制出来たとしても変異種が出てきたら同じという理屈もあるでしょうけれど、ロックダウンに近い措置を行っている環境下では入国管理も今より格段に厳しくなるでしょうし、今では多くの自治体が放棄したクラスターを潰していく手法も取れるのではないでしょうか。

いずれにしても3度目の緊急事態宣言発令、本当に最悪ですね。

巷でまことしやかにいわれている「IOCバッハ会長の来日にあわせた期間設定」「延長ありきの短めな期間設定」というのもなんだかねぇ。。。

これらの真偽は分かりませんけれど「今回の期間設定を専門家が軒並み短いと指摘している」というのは事実です。。。

でも、「商いも平穏な日常があってこそ」ですから、大いに腹が立つものの今回の措置も仕方がないかな?とは思っています。

が、しかし。。。

いまだ続く、いや、今回で更に大きくなった不公正・理不尽・不条理には今まで以上に怒り心頭、許せないう気持ちでいっぱいです!

今回の緊急事態宣言は「人流抑制」により強い主眼を置いた対策、つまり、人々に我々のような小売店には「極力行くなよ!」とお願いをするのと同義な対策を講じる訳で、これって完全なる営業妨害だと思います。

様々な対策の中には鉄道等公共交通機関への減便要請も入っている訳ですからね、心理的にも物理的にもご来店が難しくなるのではないでしょうか。。

きっとご来店とセールスは例年よりめちゃくちゃ落ちることでしょう。。。

でも、我々はびた一文の補償もいただけません。

だって、営業自体は許されている訳ですからね。

国民・都民には「行くなよ!」と強く要請しながらもね、営業そのものは許されていますから(笑)。

つまり、「小規模小売店は好きに営業していいよ。でも、国民・都民の皆さん、感染拡大抑制のためにショッピングには行かないでね!営業出来るので当然補償等は一切しません!」ということです。

2度の緊急事態宣言と蔓延防止等重点措置でかなり堪えている、そして、小規模小売店当事者の僕は「君たちまで手が回らないから潰れていいよ」という国と都からのメッセージに感じてしまいます(泣)。

ちなみに皆さまも報道等でご存知のとおり、今回は休業要請が出るらしい百貨店は1店舗あたり20万円/1日の協力金、1テナントあたり2万円/1日の協力金が出るそうです。

彼らは営業自体が出来ませんからね、協力金が出るのは当たり前でしょう。

が、でも、しかし、翻って飲食店です。

規模等に応じて4万円から20万円/1日の協力金が出るそうです。

彼らはず〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと、1日あたり6万円(前回の緊急事態宣言解除以降は4万円ですかね?)の協力金を貰い続けているんですけどね。。。

しかも、彼らは緊急事態宣言発令以降も酒類販売は出来ないかもれませんが営業自体は可能なんですよね。

一方で百貨店は休業、つまり、当然そこに入るテナントも休業が強いられるんですよね。

例えば。。。

営業出来ない新宿伊勢丹さんに入るHermesさんが2万円/1日、営業可能な1人でやられている飲食店さんが(最低でも)4万円/1日。

なんですかね、この著しい不公正は!?

飲食店さんとそこで働く人々自体はまったく悪くないけれど、こんなことがまかり通る我が国は本当におかしいと思います。

冒頭に書いたとおり早めにロックダウン方式の措置を取れていれば、広く全業種に渡る、そして、極力平等な補償が出来たのではないでしょうか。

しかし、だらだらダラダラだらだらダラダラやるから、結局はより大きな予算が必要になるし、その配分も極めて不公正になるのです!

そんな時に、報道番組等で飲食店さんの店主と思しき方が「酒類販売禁止なんておかしいでしょ?潰す気か!?」みたいなコメントを宣ったりしているのを見ると、言葉は悪いですけれど殺意すら覚えます!

そういえば、昨朝飲食店を経営している友人が「クソみたいな補償しかないし大変です!」みたいなことを嘯いてきたので、完全に固まってしまいました。。。

そして、思わず「クソみたいはないでしょ!」「飲食店さんはめちゃくちゃ恩恵を受けてますよ!」「国と都は飲食店さんに関してだけは素晴らしい対策をしていると思いますよ」と返してしまいました😓

昨年11月から5月末までに東京の飲食店さんには、(我々はいただけない)協力金等々が合計約1,000万円/1店舗も税金から投入されているんですから、そして、その間営業も許されていた/いるのですから、出来ればもう少し謙虚になってもらえたら嬉しいなぁと思いました。

また、もしも『コロナ禍以前は1,000万円/7ヶ月が「クソみたい」に感じるほどの利益を上げていた』のならば、お国のためにも協力金の申請をしないで欲しいなぁと思いました。

あるいは、LOUD GARDENに寄付するのもアリですね、うん、大アリだ(笑)。

*国と都があまりに長く垂れ流し続けている馬鹿げた不公正がこのような心の「分断」を生む、これも大きな問題だと思います。洋服屋界隈では「協力金でウハウハな飲食店さんには2度と行きたくないよね。これからは本当に困っていそうな大規模飲食店さんで会合/宴会をしよう!」なんて話になっていますもん!

*「分断」ってリベラル系のマスコミが大好きな言葉ですよね!マスコミさんもね、非常事態宣言のカウントダウン時に複数人で取材に出ている暇があったらこの明らかな不公正を糾す報道をして下さいよ、まったく怒!

***追記:どうやら我々のような小規模小売店も自主休業すると2万円/1日が都から支給されるようです。しかしながら、それが把握出来た4.26 Mon未明時点で今後のアポイントメントを何件かいただいていたこと、2万円いただけてもなかなか厳しいということで営業することにしました。もし支給額が前回の緊急事態宣言下の飲食店さんと同じ6万円だったらアポイントメントを例えばzoomでの対応にさせていただくなどして休業していたかもしれません。やっぱり不公正ですね!***

それはともかく、この半年間ほどの間に何度も何度も書いていますけれど、僕は特別に国(あるいは都)からお金が欲しい!という主張をしている訳ではありません。

明らかな不公正を正して欲しいと強く思っているだけです。

今回ならば、飲食店さんへの協力金は百貨店テナントさんへの協力金以下にすべきだったと思います。

飲食店さんは営業可能、百貨店テナントさんは営業不可能という前提から考えても後者が多くないと後世ではないと思います。

それを実現するためには飲食店さんへの協力金を下げるか、百貨店テナントさんへの協力金を上げるかが必要になるのですが。。。まあ出来ないですよね。。。

本当にいろいろと腐っているしと思いますし、言葉は悪いかもしれませんが狂っていると思います!

百貨店さんへの協力金も「お話にならない」「バカにするな!と怒り(というか呆れ)の声が上がってもおかしくない」ほどにあまりにも少ないとは思いますが、僕はGIEVES & HAWKES時代にいろいろと「お世話になった」関係であの業界/業態とそこで働く典型的な百貨店Peopleについては思うところがあるので20万円でいいと思います😎

ははは、僕こそ極めて不公正ですね!

冗談はともかく、百貨店さんにフェアな休業補償をしようとすれば大変なお金が必要になりますからね、こうなれば休業要請を無視して営業を敢行して欲しいですね!

と思うけれど、それは出来ないでしょうから、どこかで猛烈な抗議をして欲しいですね。

緊急事態宣言対象地域内での無観客開催を決めたNPBもオンライン会見で「合理的な説明、経済的な補償がなければ簡単には受け入れられない」と強い口調で述べ、チケット払い戻しに伴う手数料などを政府や自治体に求める考えを示したそうです。

それって、結局のところ財源は税金なのでなんともいえない部分もありますけれど、反旗を翻す大きな組織があるのは僕のような人間にはとても心強い面があるのも事実です。

この報道を目にした時は「NPBもっとやれ!!もっともっとやれ!!」と思ってしまいました(笑)。

最後に自分のことを。

「国と都による実質的な大きな営業妨害」「補償なし」に加えて、もしも「延長あり」となればまさに三重苦です、しかもこの三重苦は僕たちの力ではどうしようもありません。

緊急事態宣言延長となれば、僕もいよいよ将来不安が他の何よりも大きくなる可能性が高いです。。。

心折れる前になんとか光明を見出さねば。。。

つきましては、どうぞ引き続きの温かい応援を何卒よろしくお願い申し上げます。

そして、お目汚し失礼いたしました。

 

あ、ちなみに、昨日のGとの3連戦@東京ドーム2戦目は素晴らしい勝利でした⚾️

今日も勝つ!!

 

 

 

 

ところで。

「勝利」といえば。

今日は「ああ、やっぱりスリーピーススーツってかっこいいな!」としみじみ思う、そして、着用したら確実に勝利/Victoryを呼び込んでくれそうな威厳に満ちた品格溢れるスリーピーススーツをご紹介します。

英国を代表する名門マーチャントHolland & Sherry/ホーランド&シェリー社の銘素材、その名もVictoryでお仕立てしたスリーピーススーツです!

諸般の事情から現在では織られていない「Super 140’sのスーパーファインウールにシルヴァーミンクとカシミアをブレンドしたVictory」ですが、今回はお得意様が独自のルートで調達なさったヴィンテージ素材でお作りしました。

とっても久し振りに触りましたがやはり超絶に素晴らしいクオリティでした!

「僕もいつか作りたい!」と思っていたら廃盤になってしまった素材です。。。まったくもって羨ましい限りです😊

では、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

デザインはVictoryの素晴らしさをより引き立てるべく極めてクラシックにしております。

その成果でご覧の通り極めて威風堂々としたダンディな1着に仕上がりました!

とはいえ、ノッチドラペルより衿先少し上がっているセミノッチドラペル、made in Englandのリアルホーン(本水牛)ボタン、ストライプのカラーに合わせた深みのあるレッドライニング、表素材を使用した背表(ヴェストの後ろ身頃表面)、バックだけ表に出る仕様のブレイシーズ(サスペンダー)ボタン等々、オーダーメイドならではひとひねり効いたディテールも満載にしております😎

では、ディテイルを寄り画像で見ていきましょう!

 

 

 

ポケットです。

 

 

英国調のアウトサイドチケットポケット(チェンジポケット)付きのスランテッド/ハッキングポケット。

スタイリッシュですよね!

それにしても、深みのあるチャコールグレイとホワイト&ワインレッドのピンストライプが最高にきれいです!!

 

 

 

上述もした深みのあるレッドライニングです。

 

 

これ以上ないベストマッチングですよね!

 

 

 

スリーヴボタンです。

 

 

アンダーステイトメントな3ボタンスタイルがシックで素敵です!

Made in Englandのリアルホーン(本水牛)ボタンとリアルボタンホール(本開き袖先)はもちろんアップチャージ不要のディテイルです😉

 

 

 

ヴェストです。

 

 

スーパークラシックなノッチドラペル付きのシングルブレステッド5ボタンスタイルです。

胸ポケットはなしで腰ポケットは箱ポケット、これもまた極めてクラシカル&ドレッシーな仕様です。

上述もした表素材を使用した背表(後ろ身頃の表面)も、いかにもオーダーメイド然とした佇まいで素敵ですよね。

思わず、頻繁にジャケットを脱ぎ着して披露したくなりそうです😊

 

 

 

前側のブレイシーズ(サスペンダー)ボタンです。

 

 

これも上述しましたが、バックの2個は表面につけております。

これまた、いかにもオーダーメイドな昔ながらのギミックです!

 

以上です。

 

H様、いつも本当にありがとうございます。

久し振りにVictoryを触らせていただき感謝申し上げます☺️

次のご注文品が仕上がりましたらまたご連絡をいたしますのでどうぞ今しばらくの間だけお待ち下さいませ。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

もう1日だけBOB MARLEY関連音源を聴こうと思います。

明日あたりからDUMPSTAPHUNKの新譜Where Do We Go From Hereを聴きまくる日々になると思うので、今日まではレイドバックした音楽に身を委ねようという魂胆です。

冒頭で書いた不公正・理不尽・不条理に対する怒りを静かに熱く燃やすBGMにもBOB MARLEYのRebel Musicは最高でしょう!

という訳で、今日は僕が初めて体験したレゲエ音源、BOB MARLEY & THE WAILERSのベスト盤Legend(1984年作品)を。

以前にも書いたのですが、本作は高校1年生の時に一緒にバンドをやった/卒業後に親友となる人物Yから借りて聴いたんですよね。

夏休みの前にSIONのベスト盤とともに借りたと記憶しています。

小さな頃にいやいやピアノを習わされて、小学4年生時に好きでブラスバンド部に入りトランペットを吹き、中学1年生の5月くらいにエレキギターを買ってもらってバンドを組むという遍歴を持つ僕の方が音楽自体については詳しかったと思うのですが、高校1年生の夏時点で既にBOB MARLEYとSIONを聴いている奴の底知れぬ早熟さには今更ながら感心させられます。

BOB MARLEYとSIONというと。。。

葉っぱをやりまくりの反逆児???

などと思うかもしれませんが、そうではなくて、めちゃくちゃルックスがよくって、背が高くって、ギリシャ彫刻のような肉体美を誇って、バスケットボールがうまくって、生徒会長をやるような優等生で、当時既に吉田カバンを愛用しているような強者でした。

同学年のヒーロー的な存在(僕はそれが気に入らなくて在学中はそこまでは仲良くありませんでした笑)で勉強も出来たはずですが、卒業後は親御さんに頼るのを嫌って1年間新聞配達のアルバイトをしたお金でアメリカの大学に入学したんですよね。

親のスネをかじるだけかじっていた僕は「こいつはやっぱりすげーなー!」と思ったものです。

コロナ禍でヤツとも全然会えていないので久し振りに会いたいなぁ。。。

昨日、同級生のNがご子息のスーツをオーダーするために来てくれたんですよね。

来年あたりにはみんなでまた集まりたいものです。

それはともかくとして、本作を初めて聴いた時の衝撃は凄まじいものがありました!

HR/HMを夢中で掘り進んでいた当時の僕にとってはこのレイドバックした、そして、どこか懐かしい感じがする音楽は驚き以外の何物でもありませんでした。

そして、高校1年生の夏休みは部活とバンド以外の家にいる時間はず〜〜〜っと、本作とSIONのベストを聴き続けたものです。

はい、SIONもBOB MARLEYと同じくらい気に入りました☺︎☺︎☺︎

部屋の窓を全開にして相当なヴォリュームで聴いていた記憶があるのですが、ご近所さんは意外と「あら、いつもより静かな音楽ね。趣味が変わったのかしら。よかったよかった」と思っていたかもしれませんね。

だって、春ごろにはリリースされたばかりだったMETALLICAのMaster Of Puppets(1986年作品)を爆音で聴いていたんですから!

で、秋にはRED WARRIORSやTHE STREET SLIDERSを爆音。。。

完全な近所迷惑ですね(笑)。

いずれにしても、本作はHR/HM史上に燦然と輝くマスターピースMaster of Puppetsを一時期聴かなくなるほどの衝撃でした。

今から思えば、これだけの超名曲/代表曲が網羅されたベストアルバムですからね、衝撃を受けるに決まっているのですが。。。

ちなみに、全14曲中5曲が昨日聴いたExodus(1977年作品)収録曲なんですよね〜〜!

僕がExodusをマイフェイヴァリットに挙げるのは本作に慣れ親しんだ影響もあるのかもしれません。

久し振りに聴いたけれどやっぱりレゲエは最高ですよね!!

今日は朝から本作に収録されている綺羅星のような名曲たちの極上グルーヴに身を委ねたのでなんとか頑張れそうです。

皆さまもどうぞ佳き日曜日を!!

 

 

 

 

では、11曲目収録の名曲中の名曲Redemption Songをライヴ動画でどうぞ。

 

 

Emancipate yourselves from mental slavery

None but ourselves can free our minds

精神的奴隷状態から自らを解放せよ

俺たちの精神を解き放てられるのは他の誰でもなく自分自身なのだ

 

コロナ禍の現代でも、いや、コロナ禍の現代だからこそBOB MARLEYの言葉はより一層有効なのかもしれませんね。

 

 

 

 

25th. Apr. 2021

Ryoji Okada

 

 

 



Very smart and dandy “Undyed British Wool” field jacket!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

4月/5月/6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

New colours of our exclusive “♡ Camo” silk are coming soon!

 

 

☠️「9周年Tシャツ」のデザイン決まりました☠️

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

昨日から始まったGとの3連戦@東京ドーム⚾️

初戦は九里投手が先発でした。

大瀬良投手の故障離脱、野村投手の不調離脱、(アタリ助っ人かどうかは不明ですが)ネヴァラウスカス投手の合流遅延といった不運な要素が重なって「表ローテーション1枚目」に昇格した九里投手とセ・リーグを代表するGのエース菅野投手の投げ合いですからね、「なかなか勝機は訪れないだろう」と思ったらやっぱりでした。

鈴木誠選手を3番起用したり、2試合連続で小園選手を先発起用したりと少なくない工夫をして臨んだのですが昨日も打線がつながりませんでした。。。

でもまあね〜〜、工夫をして臨んで、九里投手を筆頭に選手が奮闘して、菅野投手の調子が悪くなさそうな中での負けですからね、今季のカープの実力はこの辺り、仕方がないでしょう!

その九里投手ですが、毎回のように先頭打者を出しながらも8回を2失点、負け投手にこそなりましたが「表ローテション1枚目」らしい粘投でした!!

「中5日」でしたし、中継ぎ陣の登板も回避させましたし、素晴らしかったです。

「いわゆるトミージョン手術明けの高橋昴投手を中5日で先発起用(今日)」「おととい先発した遠藤投手の不調降格で二軍で一度しか調整登板をしていない野村投手を急遽再昇格させて先発起用(明日)」せざるをえない苦しい投手事情の中で九里投手になにかあったら、完全に野戦病院状態になってしまいます。

そういった意味でも昨日の九里投手の奮闘(いや、奮投が正しいかな!?)は本当に頼もしかったです。

無事是名馬ですよね😊

今季こそは二桁勝利を記録して欲しいものです!

Go! KURI!

 

 

 

 

ところで。

「野戦」といえば

今日は、1782年に設立された「紡績・製織・仕上げの一環生産型の名門素材メーカーMarling & Evans」のアンダイドツイードを使用してお作りしたフィールドジャケットをご紹介します。

全体のフォルム/デザインは「野戦用フィールドジャケットの傑作M-65」をベースにしながら、「ドローストリングや収納式フードやファスナーといったカジュアル/ミリタリーなディテールを省略」「お台場仕立てを筆頭にテーラードウェアらしい身返しを採用」してお作りした1着です。

ミリタリーウェアとテーラードウェアが高次元で融合した世界で1点だけのフィールドジャケット、LOUD GARDEN/RYOJI OKADAらしさが遺憾なく発揮された自信作です!

では、早速ご紹介しましょう😊

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

 

M-65タイプのフィールドジャケットをクラシック柄のツイードで作る!

このアイディア、素晴らしいモノがありますよね!!

ご覧の通りに最高に素敵です!!!

カジュアルスタイルはもちろんのこと、ドレススタイリング時にコート代わりに着用してもすごくいいと思いいます😊

M-65、僕も作りたいですね〜〜!!

では、こだわりのディテイルを「寄り画像」を見ていきましょう。

 

 

 

腰ポケットです。

 

 

胸ポケット、腰ポケットともに「後ろハシと下部にマチを入れた(つまり前ハシにのみマチが入っていない)スクウェアパッチ&フラップポケット」でお仕上げしました。

通常のM-65は胸ポケットのみこのデザインで、腰ポケットは「片玉縁&フラップポケット」なのですが、今回は敢えて腰ポケットもこのデザインにしました。

ポケットに何も入れていない状態でもいい具合に膨らむのでミリタリー感がアップしますし、より個性的な「顔」になりますし、この選択は大正解だったようです。

ウェストにあるフィッティング調整用のタブ&ボタンもナイスアクセントになっていると思います😊

 

 

 

ライニングは深みのあるブラウンにしました。

 

 

上品なブラウン、とても素敵ですよね。

表素材とのハーモニーもとってもいい感じです!

上述もしましたけれど「M-65タイプのフィールドジャケットなのにお台場仕上げ」といういい意味でのミスマッチもサイコーですよね!!

 

 

 

スリーヴです。

 

 

シャツに似たスリットのある仕上げをしました。

こちらはオリジナルのM-65に近い仕様です!

これまたとってもいい感じです!

 

以上です。

 

H様、いつも本当にありがとうございます。

また、諸般の事情が重なりましてこちらのフィールドジャケットは完成までかなりの時間が掛かってしまいました。

誠に申し訳ございませんでした。

改めまして深くお詫び申し上げます。

次のご注文品が仕上がりましたらまたご連絡申し上げます!

 

最後に素材について簡単にご説明します!

—–

このUndyed British Woolと名付けられたMarling & Evansの「看板商品」アンダイドツイードシリーズは、ジェイコブス、シェットランド、ウェルシュブラックといった英国羊毛の天然カラー糸のみを利用、紡績や製織の工程では染料や科学物質を一切使用せず、仕上げ工程では天然石鹸だけを用いて生産されています。

そして、全生産工程を半径5マイル以内の工場で行うことで二酸化炭素の排出量を最小限に抑える工夫もなされています。

環境への負担に配慮をした、そして、ナチュラルな温もりに溢れたツイード、この時代にこそ相応しい逸品ではないでしょうか。

—–

ロマンあふれる素材ですよね😉

僕もどこかのタイミングで作りたいと狙っています!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日は、昨日少し触れた「僕が個人的に最も好きなBOB MARLEY & THE WAILERS音源:Exodus(1977年作品)」を。

まあ、本作は権威ある「あの」Time誌が1999年に「20世紀最高の音楽アルバム(the best music album of the 20th century)」に選出するなど、僕の個人的意見以前に一般的な評価もスーパーに高いのですが☺︎☺︎☺︎

そんな本作です、名曲・歴史的レゲエソング・代表曲目白押しのとてつもなく素晴らしい作品に仕上がっています。

「本作を聴かないで人生を終えるとすれば、それはものすごい大きな損失ではないだろうか?」と思えるほどの名盤だと思います。

楽曲と演奏はもちろん、サウンドプロダクションも極上なんですよね!

全曲がサイコーですが、僕は特に1. Natural Mystic、5. Exodus、6. Jamming、7. Waiting In Vain、9. Three Little Birds、10. One Love/People Get readyあたりが好きかな〜〜〜。

って、本作を愛聴していてこの6曲を好きじゃない人なんていないですよね(笑)。

 

 

 

 

 

では、タイトルトラックをライヴ動画でどうぞ。

 

 

Movement Of Jah People!

素晴らしい名曲!!

 

 

 

 

24th. Apr. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.