Ryoji Okada Official Website

Diary

MACKARUFFIN’s shirts! マカさんのシャツ。

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

  

  

Ryoji Okada連載コラム第三回「装うことを楽しもう」更新!

 

 

 

 

昨夜はとある大切なお取引先の社長さんから「どうしてもテイラーに滞在中のホテルまで来てもらってオーダーしたいという外国の方がおふたりいるんだけれど岡田君行ってくれないかな?」とのオファーがあったので、珍しく東京で出張販売。

 

アポイントは20:00頃だったし、ビッグなお買物をしていただいたし、久し振りに東京タワーを見れたしで、なかなかほくほくであります。

 

と申したいところではありますが、残念ながらそうはなりませんでした。。。

 

ロビーで待つこと1時間強、彼らが着いたのは21:00過ぎ。

 

15万円前後のジャケットを2枚、納期は急がない、即日現金のお支払い、とうかがっていたのですが。。。

 

13万円以内のスーツ、12.15Mon頃までに仕上げて欲しい、支払うから値引をしろ。。。

 

たまたま、念のためスーツの素材も持っていたので素材の方は良かったのですが、納期と値引に関しては当然お断りしました。

 

そして、何とかかんとかおひとりの採寸が終わった22:45頃。

 

「もうひとりは泥酔しているから日曜日の8:00に来てよ」だって。

 

数年前の僕ならブチっ!!といって帰りましたとも、間違いなく(笑)。

 

でも、この件を取り次いだ社長さんの面子もあるしね〜〜〜〜。

 

そして、小さいとはいえ一国一城の主、わざわざ貴重な時間を割いてまで来たので「実」をとらなければ、という使命感もありました。

 

なので、ここはぐっと我慢をして、帰り際に「日曜日に来れるかは今はちょっと分かりませんのでまたご連絡をします」と伝え、社長さんに連絡した次第であります。

 

さて、どうなることやら。

 

それにしても、お客様への感謝の気持ちは絶対に欠かせないけれど、その一方で「俺は客だ!何でもしろ」というスタンス、本当にイヤなものですね :-(

 

お得意様のどなたが仰りましたけれど「オーダーって、客とテイラーとのジャムセッションだよね」という言葉を思い出しました。

 

ああいうスタンスの方とうまくジャムるのは難しいだろうな〜〜〜〜。

 

結局ご注文を受けることになったら、当たり前のことですが全力は尽くしますけれどね。

 

さぁ、気を取り直して、11月最後の土日頑張っていこ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!

 

 

 

 

ところで。

 

「外国の方」といえば。

 

時代でしょうか、最近は外国人のお客様が増える一方です。

 

イギリス、スペイン、ドイツ、フランス、イタリア、ブラジル、アメリカ、オーストラリア、シンガポール、中国、韓国、台湾などなど世界各地にお得意様がいらっしゃるLOUD GARDENであります :-P

 

日本在住の方、日本出張の際にオーダーを入れて下さる方、様々なのですが、本当に有り難いことです。

 

そして、ジャマイカ人のレゲエシンガー、MACKARUFFINことマカさんもお得意様であります!

 

 

 

 

昨日、ご新調なさったシャツをお召しになってフォトシューティングを行ったようですよ :-P

 

10407783_985309641482968_4763861626674707032_n

 

お〜〜〜〜!

 

かっこいい!!!

 

いつも「この配色ありなんだ〜〜〜!」と僕を驚かせるご注文をなさるマカさんですが、ご自身を良く知っているんでしょう、お召しになると最高に似合っているんですよね〜〜〜〜。

 

さすがです ;-)

 

そして、マカさんのファンキーなご注文を受けていると、「育ってきた環境や、血に流れるルーツによって感性とはかくも異なるものか」とか「こういう意外なカラーコンビネーションでもスタイリッシュに出来上がるんだ〜〜〜。思い込みって怖いなぁ」とか、とっても勉強になるのです。

 

ありがたや〜〜〜、です :-D

 

 

 

 

ちなみに、今回ご注文いただいたのはこの2枚。

 

IMG_4989

 

IMG_4990

 

マカスペシャル!

 

いずれもナイスでしょ〜〜〜?

 

そして、あまり見ない配色でしょ〜〜〜? :mrgreen:

 

これぞジャムセッションの賜物 :mrgreen: :mrgreen:

 

 

 

ちなみに、前回のオーダーはこちらでした。

 

IMG_0837

 

IMG_0838

 

この2枚もめちゃくちゃお似合いでした!!!

 

 

 

 

そして、現状、「お任せ」でホワイトのシャツを縫製中。。。

 

僕なりにファンキーなマカさん仕様にしてみたつもりなのですが、大丈夫だろうか????

 

ちょっとだけ不安です(笑)。

 

 

 

何はともあれ、マカさん、いつも本当に有り難うございます!

 

ぜひ、次回はスーパーファンキーなジャケットを作りましょ〜〜〜〜〜〜〜 ;-)

 

PEACE!

 

*マカさんのシャツの一部ディテイルは、仕上り後にGorden君が加工しております。

 

 

 

では、マカさんの勇姿を!

 

 

最近は、ステージでRYOJI OKADAのシャツを着て下さることも少なくありません。

 

本当に光栄です!

 

それにしても、まったく手前味噌ながら、山口洋からMACKARUFFINまで、ここまでジャンルを超えたミュージシャンにご愛用いただいているテイラーブランドもなかなかないでしょう :-)

 

音楽好きで良かったです。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

519+R6f+UiL._SL500_AA280_

 

Jamaican Classics vol.3

 

FREDDIE McGREGOR

 

 

では、今日はレゲエで!

 

僕が大好きな、そして、何度もライヴで観たこの人のルーツレゲエソング集を。

 

 

では、最近のライヴ動画を。

 

 

また観たいな〜〜〜〜!

 

そして、この人のステージ衣裳も作りたい :-D

 

 

 

30th. Nov. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 

 



Very luxury overcoats for a very luxury actor!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

  

  

Ryoji Okada連載コラム第三回「装うことを楽しもう」更新!

 

 

 

 

昨日お邪魔したTBSの方や、舞台衣裳で関わった方々、そして、I MURRチーム。

 

皆さん、それぞれ感じは異なりますが、いずれも本当に親切で丁寧な人たちでした。

 

そんな一方で、失礼な輩もいるもんですよね。

 

困っていると思い「アシスタントさんがリースシートをトイレに忘れましたよ。価格とか口頭で伝えましょうか?」と電話したら。

 

「いや、店舗情報とかも欲しいのでメールしてくれません?」と。

 

そして、可及速やかにメールしても返信ひとつないという。。。

 

ひょっとしたら迷惑メールボックスにでも入ってるのかな???

 

何はともあれです。

 

親切で丁寧な方と交わると心が豊かになりますよね。

 

真のラグジュアリーとは、親切とか丁寧とかそういうものなんじゃないかな?などと思う今日この頃。

 

僕もRock魂は持ち続けながらも、常にラグジュアリーでありたいものです!

 

 

 

 

ところで。

 

「ラグジュアリー」といえば。

 

かようにラグジュアリーなロングコートが出来上がったのでご紹介します。

 

 

 

 

まずはチェック。

 

IMG_4956

 

問答無用に最高です :-D

 

スーパーロングな丈もめちゃくちゃラグジュアリー!

 

 

 

 

ライニングもエレガントに、濃色のペイズリー。

 

IMG_4965

 

 

写真の撮り方はラグジュアリーじゃないな。。。汗

 

 

 

 

そして、100% Cashmere!

 

IMG_4955

 

美しいの一言であります!!!

 

 

 

 

ライニングは同系色のドットでちょびっとだけ遊び心を表現しました。

 

IMG_4964

 

以上です。

 

 

 

決して機能的ではないかもしれません。

 

でも長い着丈が醸し出す芳醇な香りはやっぱりいいものですよね ;-)

 

 

 

W様、いつも本当に有り難うございます。

 

スーツとジャケットはもうしばらくで仕上がります!!!!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

41IFjXygmKL

 

We Remember Cannon

 

NAT ADDERLEY QUINTET

 

 

昨日に続いて、兄貴思いの弟の音源、兄貴に捧げるライヴ盤です。

 

1989年の録音になります。

 

JIMMY COBBとWALTER BOOKERという兄貴のバックもやっていたいぶし銀のふたりをリズム隊に、ナイスパフォーマンスを繰り広げる好盤です。

 

Autumn Leavesで幕を閉じるこのアルバムのお陰で、この4日間の「本日の一枚」のストーリーが完璧になりました :-o

 

 

 

では、ライヴ動画を。

 

 

このアルバムにはこの曲は収録されていなし、メンバーも違うけれど、すんごいいいライヴですよね、これ。

 

動画冒頭のリズム隊の演奏だけでかなりキマす。

 

でも、この動画Quintetなのに6人ですよね、J.J JOHNSONがゲスト扱いなのかな??

 

何はともあれ、ナイスライヴ!

 

久し振りにJazzのライヴに行きたくなりました :-P

 

 

 

28th. Nov. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 



慣れないことはやるもんじゃ。。。

Ryoji Okada

 

 

 

LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

  

  

Ryoji Okada連載コラム第三回「装うことを楽しもう」更新!

 

 

 

 

今日はOTの末、連敗脱出。

 

DALの話。

 

エースのMeloを欠くNYK相手のホームゲームなので「さすがに楽勝だろう!」と思っていましたが、OTとはね。

 

考えてみたら、主力の一角を欠くHOU、エースと司令塔とインサイドの先発二枚を欠くIND相手に連敗したんだからね〜〜、どんなゲームでも簡単じゃないという訳です、やっぱり。

 

いずれにしても、上位チームが軒並み連勝している西です、今日は勝てて良かったです。

 

一方のCoach Kidd率いるMILは今日も勝利で2連勝!

 

この連勝で東の4位まで順位を上げてきました。

 

4位なんて、ここ最近のMILではほとんどなかった、極めて慣れない順位じゃないかな???

 

素晴らしい!

 

気が早過ぎるけれど、もしこのままの調子でシーズンを終えたら最優秀HC受賞も有り得るのでは????

 

と、近年になくレギュラーシーズン序盤から盛り上がっております今シーズンのNBAです :-P

 

 

 

 

ところで。

 

「慣れない」といえば。

 

今回のI MURRの来日。。。

 

彼らからの要請があり、諸々慣れないことをやらされました。

 

彼らが帰国した翌日である今日も、その一環で朝から赤阪、TBSさんの本社へ。

 

ほんとにね〜〜〜〜、いくらミラノでお世話になっているからって、そして、彼らが希有なタレントを持った二人だからって、まったく縁が薄いTV局へ単身乗り込むのはあまりに慣れない経験だったので、今はどっと疲れております。

 

「昼寝でもしたいな〜〜〜」と思ったけれど、その前に、今日のアポイントを作ってくれたS君とそのチームのお二方、そして、真剣に話を聞いて下さっただけではなく貴重なアドヴァイスまで下さったT様に心からの御礼を申し上げます。

 

本当に有り難うございました。

 

そして、今日のアポイント以外にも、多くのお得意様、仕入先、友達に相談に乗っていただきました。

 

皆さま、誠に有り難うございました!!!

 

「持つべきものは友 」であることを痛感いたしました。

 

 

 

それにしても。

 

慣れないことなんてね、やるもんじゃ。。。

 

 

 

あります!

 

だってね、いろいろととっても勉強になるのです!

 

I MURRの無茶振りがなければ、今日のアポイントもありえなかったしね。

 

今回の諸々、本業を疎かにしない程度になら、慣れないことにチャレンジしてみるのはとってもいいことだと改めて思いました。

 

 

 

 

ところで、アゲイン。

 

「慣れないことが勉強になる」といえば。

 

LOUD GARDENがお願いしている国内某所にいる職人さんチームが、慣れないシルヴァーのボンディング素材を苦労の末、見事なコートに仕上げてくれたのでご紹介します。

 

 

 

 

こちらです。

 

10636204_840218959331681_2487705485323188130_n

 

何度見てもきれいに仕上がっているな〜〜〜〜!

 

職人チーム、素晴らしい!

 

そして、お客様のご要望だった「コートにBDカラー」というアイディアも素晴らしい!!

 

 

 

 

ライニングも素晴らしくファンキーです!

 

10734028_840218985998345_5529423943820016139_n

 

レオパードライニング、かっこいいですよね ;-)

 

 

 

袖釦もイレギュラー感満載であります :mrgreen:

 

10365847_840218962665014_2371707268188106147_n

 

以上です。

 

やっぱり、何事もチャレンジが大事ですね!

 

 

という訳で。

 

さ〜〜〜〜、15:00頃の来客まで、一眠りしようかな???

 

zzzzz

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

51tZOqg13vL._SY355_

 

Work Song

 

NAT ADDERLEY

 

 

昨日と一昨日はお兄ちゃん、CANNONBALLの作品を聴いたので、今日は弟さんの代表作を。

 

1960年にリリースされたこのアルバム、一般的にもよく知られるNATが作ったタイトル曲を筆頭に素晴らしい楽曲と素晴らしい演奏が詰まった快作です。

 

WES MONTGOMERYの参加も嬉しいですよね。

 

 

 

では、動画を。

 

 

偉大なお兄ちゃんに隠れがちな弟ですが、この曲を残したことは素晴らしい功績ですよね。

 

 

27th. Nov. 2014

 

Ryoji Okada

 

 



New fabrics for made-to-measure shirts just arrived!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

  

  

Ryoji Okada連載コラム第三回「装うことを楽しもう」更新!

 

 

 

 

DALは昨日のIND戦を落として2連敗。。。

 

明日のNYK戦はホームゲームだし、何としても勝って欲しいものであります!

 

一方、星が五分に戻っていましたMILは今日のDET戦に勝利、これにてまたまた白星先行となりました。

 

大型ルーキーJ.Parkerは、まるでヴェテランのように冷静にプレイしているようです。

 

素晴らしい!

 

 

 

 

ところで。

 

「ルーキー」といえば。

 

オーダーシャツ用の新作素材がまたまた入荷しましたのでご紹介します!

 

 

 

 

まずは、カジュアルテイストなこれら。

 

1896921_743581995724027_8709802433438257098_n

 

一番上のグレンチェックは、シャツ地としてはあまり見ない感じの素材ですので、おすすめかも!

 

グレンチェックのスーツのグレンチェックのシャツにグレンチェックのタイ、なんて最高ですよね :-P

 

オーダー価格:¥12,000(+税)〜

 

 

 

 

続いて、スカル柄、カモフラージュ柄、ドット柄と、至極ロックな無地素材。

 

10432559_743581922390701_8853956208665504499_n

 

これらは説明不要でしょう! ;-)

 

オーダー価格:¥13,000(+税)〜

 

 

 

 

そして、ロックではない無地素材。

 

10371954_743581925724034_6776415927668427813_n

 

これまでチェックの無地柄は少なかったので、一番上の素材は人気が出そうです :-D

 

オーダー価格:¥13,000(+税)〜

 

 

 

 

最後に、BRIXIA(made in Italy)やGetzner(Made in Austria)などのインポート素材です。

 

10001331_743581932390700_9213565288810926966_n

 

インポート素材ならではの繊細な色目がいいですよね!

 

オーダー価格:¥15,000(+税)〜

 

 

 

 

以上です。

 

 

今月も40マーク以上も入荷したのに「今回はちょっと少ないな」と感じてしまいました(笑)。

 

3ヶ月連続で大量入荷しましたからね〜〜〜、慣れとは恐ろしいものであります!

 

何はともあれ、ぜひともチェックしにいらして下さい。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

41D7NDJ8HGL

 

Portrait Of Cannonball

 

JURIAN CANNONBALL ADDERLEY QUINTET

 

 

今日もこの人の音源を。

 

昨日の歴史的名演アルバムとほど同時期にレコーディングされた1958年作品です。

 

ハードバッパーであるCANNONBALLらしいファンキーな作風ながら、BIL EVANSの活躍でややモードっぽさも感じさせるユニークなアルバムに仕上がっています。

 

 

 

BILL EVANSが好んで取り上げた、MILES作曲のこの曲の初演は本作だそうです。

 

 

好演!

 

 

 

 

26th. Nov. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 

 



LOUD GARDEN’s PV 2 produced by Nobuaki “St. John” Sasaki!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

 

Polo Coat取扱開始!

 

 

  

Ryoji Okada連載コラム第三回「装うことを楽しもう」更新!

 

 

 

 

 

昨日は、ナイスな散歩とナイスな出会いとナイスなミーティングに恵まれた一日でした。

 

三連休の最終日だというのにセールスには恵まれなかったけれど(ど〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん :cry:

 

でも、新たなエキサイティングな諸々が転がり始める予感を持てた一日だったので、一日限りのバッドセールスのことは忘れようと思います。。。

 

という訳で、今日は生憎の天気ですので無理にとは申しませんが、11月はまだ週末が残っております!

 

ぜひとも金・土・日のご来店をお願いいたします。

 

スタッフ一同、皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

昨夜の最高に楽しかったディナーミーティングのひとこま。

 

IMG_4998

 

わんぱくマリオは本当に可愛いです!

 

 

 

 

ところで。

 

「エキサイティング」といえば。

 

遂に、グズグズしていた僕のせいで遅れていたLOUD GARDENのPVの第二弾が完成致しました!!!!!

 

 

 

こちらであります!

 

 

 

 

マンマミーア!!!!!!

 

これは、超カッコいい!!!!!

 

 

作成して下さったので、日本を代表する某映像プロダクション会社のエグゼクティヴにして、A WORKROOM時代からのお得意様にして、僕が兄貴のように慕うジョンさん!

 

ジョンさん、いつも本当に有り難うございます。

 

そして、僕のグズグズが編集作業を停滞させてしまって、誠に申し訳ありませんでした。

 

 

 

とにもかくにもです、皆さま、ぜひともチェックしてみて下さい!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

157

 

Somethin’ Else

 

CANNONBALL ADDERLEY

 

 

昨日、Autumn Leavesを見に行ったので、今日はこの名盤を。

 

僕が最も早く購入したジャズ音源の内の一枚です。

 

いつ聴いても素晴らしいアルバム、もちろん、実質的なリーダーであるMILESのプレイが特に素晴らしいのですが、名義上の主役(?)のCANNONBALLさんのサックスも極上ですよね。

 

 

 

 

 

 

25th. Nov. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagChinese (Traditional) flagPortuguese flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.