Ryoji Okada Official Website

Diary

Very neat and beautiful blue corduroy trousers!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました! vol.3

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

 

 

今日はNFL WC Roundのday #3です🏈

おとといは2ゲーム、昨日は3ゲームと濃厚でしたが今日は1ゲームのみ。

しかしながら、ARI@LARという好カードが組まれているので見逃せません!

幸いにもデイゲームではなくナイトゲーム、日本時間の10:15KO予定ですしね😊

さて。。。

今シーズン最も注目していたチームのひとつARI。

開幕前から好感を持っていてシーズン中も興味深く見ていたLAR。

どちらを応援しましょうか???

TBと対峙した時により勝てる可能性が高そうなLARでしょうか???

いずれにしても楽しみです!

ちなみに昨日の3ゲームは。。。

僕が応援していたPHIとDALは負け、KCは勝ちでした。

PIT@KCの序盤はかなり重い展開だったのでアップセット/僕が応援しているチーム3連敗もありえる?と思いましたが最終的にはKCの圧勝でした。

BUF@KCはめちゃくちゃ楽しみですね〜〜〜!!!

今シーズンのNFLも残り8ゲームかな?

しっかり満喫しなければ!!

 

 

 

 

ところで。

「LAR」といえば。

キレイなブルーが印象深いユニフォームのチームですよね。

という訳で今日は、先週末にお渡ししたばかりのとってもキレイなブルーのアイテムをご紹介します!

具体的にはUKを代表するカントリー素材マーチャントPorter & Hardingの細畝コーデュロイでお作りしたトラウザースです。

美しい発色のライトブルーと優雅な毛足、そしてハードな打ち込みに由来するヘヴィウェイト:16ozs/470gmsが魅力の他に類を見ない素晴らしいコーデュロイが魅力の1本です。

では早速ご紹介しましょう😊

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

美しくも個性あふれるUKメイドのコーデュロイを「0プリーツフロント」「裾巾17.5cmのテイパードシルエット」「くるぶし丈の股下」「5.0cm巾のダブル」といったモダンクラシックなスタイルで「料理」しました!

とってもスタイリッシュですよね😉

なだけでなく、ネイヴィブルーのジャケットと合わせてよし、ブラウンやベイジュ系のレザーアイテムと合わせてよし、もちろんホワイトとの相性もよし、そして意外やロックなブラックアイテムを軸にしたスタイリングに柔和さを加えるアイテムとして使ってよしなユーティリティな1本だと思います。

また、実は最初から「しばらく着たかのような風合い」を出すために「仕立てる前に/素材時点で業務用の洗濯/乾燥を施す」というひと手間を加えてお作りしたので、仕上がった時点で既にいい具合の「エイジング感」に恵まれているのもこのトラウザースのポイントです。

これは僕が提案したのですが、UKから届いた生の素材は相当にハードでしたからこのひと手間は妙案だったと自負しております😎

加えて、「太め巾のベルトループ」や「ライトブルーに染めた白蝶貝ボタン」といった遊び心あふれるディテールも見逃せません!

という、そこここ&あれこれがオーダーメイドならではの1本です!

 

 

 

あ、ライトブルーに染めた白蝶貝ボタンは上の画像では見えておりません(汗)。

 

 

前立部分の1個のみですが神はディテイルに宿るというヤツですよね!

素晴らしいセレクションだと思います。

さりげなくファスナーもサックスブルーというのがいいですよね〜〜〜!!!

以上です。

 

S様、いつも本当にありがとうございます。

今後とも当店を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日は予告通りANTHRAXの2ndアルバム/ワールドデビューアルバムSpreading The Disease(1985年作品)を!

僕が初めて「リアルタイム購入」したThrash Metal音源です。

シングルカットされた3. Madhouseのミュージックヴィデオを見て「おお、これはカッコいい!!」と思って購入した記憶があります。

事前にB誌等である程度の情報は得ていたものの14歳の少年にとってはあまりに刺激的で魅力的で衝撃的な音源でした。

よくいわれることですが、彼らは「しっかりしたメロディを持った楽曲」「歌えるシンガー」「(後にPUBLIC ENEMYとのコラボレーション等で開花する)独特のグルーヴ」といった明確な特徴を持っていました。

だからといって他のThrash Metalバンドよりソフトだったり売れ線狙いだったという訳でまったくはなく、ザクザクしたハードなリフを筆頭に当時の僕が最も強く求めていた重さと速さと硬さも併せ持っていました。

加えて、下でご紹介している楽曲9. Gunh-hoでアルバムを締めるようなはちゃめちゃさも彼らの魅力です。

ジャケットのアートワークやMadhouseのミュージックヴィデオもそうなのですが、なんというかすごく破天荒なバンドに感じましたね。

本作はそんな彼らの個性が最も分かりやすく記録された作品だと思います。

そのかっ飛んだ個性が僕のハートにブッ刺さった訳です。

以来、ANTHRAXは僕のフェイヴァリットバンドのひとつです。

A.I.R.やLone Justice、Madhouse、S.S.C./Stand Or Fall、Armed And Dangerous、そしてGung-hoあたりもバンドでコピーしたかったですね〜〜〜。

 

 

 

 

では、サイコー過ぎるエンディングソング9. Gung-hoを最近の動画でどうぞ。

 

 

この楽しそうなリモートセッションヴァージョンもサイコーですね〜〜!

 

 

 

 

18th. Jan. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



本日(1.17 Mon)が最終日です!「オーダーシャツ × 2枚 = ¥17,600~」キャンペーン

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました! vol.3

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

「オーダーシャツ × 2 = ¥17,600~」キャンペーン(1.17 Monまで開催中!)用のオススメ素材ご紹介

① スワッチコレクション全マーク

② Thomas Mason

③ Albini

④ Canclini

⑤ Monti / Somelos

⑥ Soktas / S.I.C.Tess. / Acorn / Getzner

⑦ 国産着分 vol.1 Solid 2-1

⑧ 国産着分 vol.2 Solid 2-2

⑨ 国産着分 vol.3 Stripe 2-1

⑩ 国産着分 vol.4 Stripe 2-2

⑪ 国産着分 vol.5 Plaid 2-1

⑫ 国産着分 vol.6 Plaid 2-2

⑬ 国産着分 vol.7 Red

⑭ 国産着分 vol.8 Linen Blend

⑮ 国産着分 vol.9 Oxford

⑯ 国産着分 vol.10 Pink

⑰ 国産着分 vol.11 Green

 

 

 

 

今日はNFLのPO WC Round day #2です🏈

昨日は応援していたCINとBUFが勝利したので大満足でした😊

特に凄まじい破壊力だったBUFのOは見事でしたね。

あれだけの圧勝を見せられると「SB進出もあり得るのでは?」と思ってしまいます。

もちろん簡単ではないでしょうけれど、次に対戦する可能性があるKCはDに不安があるチーム状態ですから少なくとCC進出の可能性は十分にあるような気がします。

しかしながら。。。

BUF@KCになったらどちらを応援しようか悩みますね!

ちなみに今日はPHIとDALとKCを応援しています。

PHIは今のところ王者TBに一蹴されそうな流れですが巻き返せるでしょうか。。。

アップセットがあるかな〜?と期待して3:00前に起床したんですけれどね。

もしこのまま2Qが終了したら次に備えて仮眠しようかしら。。。

そして、KCはPITの「B.Roethlisberger引退ブースト」と「J.Smith-Schusterの電撃戦列復帰(?)」が少々不気味です。

いずれにしても1日3ゲームは贅沢です!

 

この後もしっかり楽しみます😊

仮眠するかもしれないけれど!

 

 

 

 

ところで。

「応援」といえば。

1週間限定で会期延長をした「オーダーシャツ × 2枚 = ¥17,600~」キャンペーンですが、遂にその会期もラスト1日となりました。

たくさんの応援を誠にありがとうございました!

この場を借りて心よりの心より御礼を申し上げます。

おかげさまで昨日もたくさんのご注文をいただきました結果、開催前に掲げたやや高めの目標枚数をなんとか達成することが出来ました。

延長を決めた時は「延長しても届かないかな?」と思っていたのですが、土日の怒涛の追い込みで一気に達成となりました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

LOUD GARDENは本当に幸せ者です。

が、でも、しかし、何事も最後まで手を抜かずに頑張り抜くことが大事です。

という訳で、最終日の今日も熱い魂を込めてオススメ着分をご紹介します!

通算で18回目のご紹介となる今日のテーマはBrown、とてもクールなブラウン系の着分を4マークセレクトしました!

ご来店の際にはぜひとも実際に手に取ってチェックをしてみて下さい😌

また、先日来お知らせしている通り「原材料費や縫製工賃や発送費といったあらゆるコストの高騰を受けて遂に限界を超えてしまったので、苦渋の選択ではありますが2¥17,600~での開催は今回が最後」となります!

そして会期もいよいよ最終日となりました!!

つきましてはぜひともこの機会にまとめ買いをよろしくお願い申し上げます!!!

*複数在庫がある着分は文中に記述をいたします(記述がない場合は1着分のみの入荷となりますので気になる方はぜひともお早めにお願いいたします)。
*お電話/e-mail/SNS等でのご注文/お取り置きも可能です。
*お取り置きは1週間程度までとさせていただきます。
*ご注文/お取り置き/お問い合わせは個別画像左上に記しますSFから始まる品番でお願いいたします。

ということで早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

今日ご紹介するのは ↓こちら↓ の4マークです。

 

 

いずれもいい具合にブラウンが使われているナイス着分ばかり、自慢のセレクションです💪

また、昨年末からずっと国産着分をフューチャーしてきましたが今日はインポート着分も1マークセレクトしました。

具体的には左下がCanclini(なのでイタリア製)で、他の3マークは国産になります。

品質はすべて100% Cottonです。

では、いつものように左上から時計回りに個別画像で見ていきましょう!

 

 

 

SF15917

 

 

グレイッシュなブラウンのマルチストライプ素材です。

ドレッシーなデザインのシャツがオススメです!

きっと上品なブラウンシャツに仕上がると思います😊

こちらは経糸(タテイト)・緯糸(ヨコイト)ともに100番手双糸(ソウシ)使いというのも魅力です!

 

 

 

SF73226

 

 

爽やかなブラウンとオレンジのマルチカラーチェックです。

小さめサイズのチェックがとてもいい感じですよね!

こちらはアメリカントラッドスタイルのボタンダウンシャツ等、柔らかめな印象のシャツがオススメです。

ボタンはベイジュの高瀬貝ボタンが最高に合いそうです😉

淑女のシャツにも良さそうですよね。

 

 

 

SF73726

 

 

Red, white and blue + brownというカラーリングが絶妙過ぎるチェックです。

「正攻法」はもちろんカジュアルシャツなのですが、意外とドレスシャツを作ってもクールかもしれません。

僕はクレリック仕様にして「ラウンドカラー + フレンチカフス(ダブルカフス) + フレンチフロント(裏前立)」といったデザインのシャツを作ってみたいです😎

間違いなくかっこいいと思います!

 

 

 

SF90181

 

 

Cancliniの幾何学プリント素材です。

ゆったりサイズのカジュアルシャツを作ってよし、カチッとしたドレスシャツを作ってよし、モードタッチのシャツを作ってよしな素材、今日の「僕のイチオシ」です。

ドレスシャツとしてもバンドカラーシャツとしても着用可能なデタッチャブルカラー仕様で作るのも妙案かもしれませんね😉

 

以上です。

 

最後に当キャンペーンの概要を再度以下にご紹介いたします!

 

—–

オーダーシャツ × 2枚 = ¥17,600~

 

*1.17 Monまでの開催です。
*通常コレクションとは異なるキャンペーン専用の国産スワッチコレクション及び着分(国産400着/インポート100着)をご用意しております。
*インポート素材は2枚で¥28,600~となります。
*Women’sも同価格で承ります。
*1枚でのご注文は承れません。
*3枚目以降は奇数でのご注文も承ります。
*お出来上がりはご注文の2ヶ月後から2.5ヶ月後を予定しております。
*遠方の方やご来店が難しい方のお電話やe-mail等でのご注文も承っております。
*次回からは国産着分が2枚で¥19,800~/インポート着分が2枚で¥30,800になる予定ですが実はそれでもとってもお値打ちです!

—–

 

いよいよ最終日です!

どうぞ皆さま、お誘い合わせの上いらして下さいませ。

皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

昨日はRONNIE SPECTOR追悼ということでEDDIE MONEYのCan’t Hold Back(1986年作品)にしましたが、今日はおとといまでの流れの続きで高校時代にやっていたHR/HMバンドでコピーしていた楽曲が収録されている音源を愉しもうと思います。

恐らく一番初めに「この曲をやろうぜ!」と俎上にあがったのがANTHRAXのIndiansだったはずです。

という訳で今日は、そのIndiansが収録されているANTHRAXの傑作3rdアルバムAmong The Living(1987年作品)を!

昨日のCan’t Hold Backの翌年にリリースされた作品ですね。

当時の僕はANTHRAXが世界で一番カッコいいバンドだと思っていたので「EDDIE MONEYなんてクソだっせー!!!!!」と鼻で笑っていましたが、改めて聴くと本当にいい作品でした!!

とはいえまあ、当時もバンド仲間には内緒でTake Me Home Tonight/Be My Babyは名曲だと思っていましたけれど(笑)。

それはともかく本作です。

僕のスラッシュメタル原体験音源である前作Spreading The Disease(1985年作品)が最高過ぎたので予約して購入したのを覚えています。

人生で初めて予約購入した音源はMETALLICAのMaster Of Puppets(1986年作品)でしたから本作は人生で2枚目ですね、確か。

いや、2枚目はKEELのThe Final Frontier(1986年作品)だったかな?

それはともかくとして、発売日の夕方にレコード店に取りに行って速攻で自宅に帰ってワクワクしながらレコードに針を落としました。

そして、1. Among The Livingでワクワク感がピークに達して、2. Caught In A Moshでブッ飛んで、3. I Am The Lawで踊り狂って、6. Indiansで完全にKOされました。

Master Of Puppetsも凄まじい作品だと思ったし、贔屓バンドの新譜The Final Frontierも「ナイス!」と思いましたけれど、個人的には本作が最も好きだったんじゃないかな??

なのでめちゃくちゃ聴き込んだ記憶があります。

A.I.R.とかLone JusticeとかMadhouseとかArmed And DangerousとかGung-hoとか超好きな曲は前作の方が多いのですが全体のバランスから考えたら本作の方が好きかなぁ?

明日は前作を聴こうかな?

 

 

 

 

では、そのIndiansのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

いやはやシビれるカッコよさですよね!!!

サイコーです!!!

 

 

 

 

17th. Jan. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



「オーダーシャツ × 2枚 = ¥17,600~」キャンペーン用のオススメ着分⑯:Domestic vol.11 Green

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました! vol.3

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

「オーダーシャツ × 2 = ¥17,600~」キャンペーン(1.17 Monまで開催中!)用のオススメ素材ご紹介

① スワッチコレクション全マーク

② Thomas Mason

③ Albini

④ Canclini

⑤ Monti / Somelos

⑥ Soktas / S.I.C.Tess. / Acorn / Getzner

⑦ 国産着分 vol.1 Solid 2-1

⑧ 国産着分 vol.2 Solid 2-2

⑨ 国産着分 vol.3 Stripe 2-1

⑩ 国産着分 vol.4 Stripe 2-2

⑪ 国産着分 vol.5 Plaid 2-1

⑫ 国産着分 vol.6 Plaid 2-2

⑬ 国産着分 vol.7 Red

⑭ 国産着分 vol.8 Linen Blend

⑮ 国産着分 vol.9 Oxford

⑯ 国産着分 vol.10 Pink

 

 

 

 

はい、始まっております、NFLのWC Round🏈

現在は最初のゲームLV@CINが大詰めを迎えようとしております!

もちろん僕も早起きをして観戦しております。

CINがこのまま逃げ切れるといいのですがどうでしょうか???

この後は10:15KO予定のNE@BUFを観戦しながら店を開けようと思います😊

問題は明日ですよね〜。。。

というののも明日は3ゲームが用意されていてPHI@TBが3:00KO予定、SF@DALが6:30KO予定、PIT@KCが10:15KO予定なんですよね。

PHI@TBってWC Roundの7ゲーム中最も結果が分かっている気がするんですよね。

3:00に起きてあまり好きでないTBが危なげなく勝利するのを見るか。。。

SF@DALに照準を合わせるか。。。

悩みどころです。

後者かな?と思うのですが、もしもPHIがアップセットを喰らわせるとすればそれはそれで見逃したら後悔しそうですから途中からでもみようかしら???

いずれにせよ、ある意味では「昨日と今日とあした(ARI@LAR用意されています)の3日間」がNFLで最も熱い瞬間なので刮目して観戦に臨みたいと思います!!

ひとまず明日はPHIとDALとKCを応援します🔥

 

 

 

 

ところで。

「大詰め」といえば。

1週間限定で会期延長をした「オーダーシャツ × 2枚 = ¥17,600~」キャンペーンですが、遂にその会期も残りが2日間となりました。

昨日は9枚のご注文をいただきました。

本当にありがたい限りです😊

これにて目標枚数まであと10枚となりました!!

もし昨日と同じだけのご注文をいただければリーチとなります。

頑張らねば!!

という訳で、今日も魂を込めてまだまだ残っているオススメ着分をご紹介します!

通算で17回目のご紹介となる今日のテーマはGreen、個性あふれるナイスなグリーン系の着分を4マークセレクトしました。

ご来店の際にはぜひともチェックをしてみて下さい😌

また、先日来お知らせしている通り「原材料費や縫製工賃や発送費といったあらゆるコストの高騰を受けて遂に限界を超えてしまったので、苦渋の選択ではありますが2¥17,600~での開催は今回が最後」となります!

そして会期はいよいよ今日(1.16 Sun)を含めて残り2日間となりました!!

つきましてはぜひともこの機会にまとめ買いをよろしくお願い申し上げます!!!

*複数在庫がある着分は文中に記述をいたします(記述がない場合は1着分のみの入荷となりますので気になる方はぜひともお早めにお願いいたします)。
*お電話/e-mail/SNS等でのご注文/お取り置きも可能です。
*お取り置きは1週間程度までとさせていただきます。
*ご注文/お取り置き/お問い合わせは個別画像左上に記しますSFから始まる品番でお願いいたします。

ということで早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

今日ご紹介するのは ↓こちら↓ の4マークです。

 

 

穏やかなグリーン、ヴィヴィッドなグリーン、力強いグリーン。。。

昨日のピンクではありませんが、グリーンといっても色々とありますよね!

我々日本人には「簡単ではないカラー」といわれるグリーンですが、今日ご紹介4マークでしたらイージーかつ楽しく着こなせるグリーンシャツが仕上がると思います😊

品質は左下のみが100% Linenで他の3マークはすべて100% Cottonです。

では、いつものように左上から時計回りに個別画像を見ていきましょう。

 

 

 

SF15123

 

 

とってもジェントルなグリーンのマルチストライプです。

ストライプの両端にキリッとしたブルーが、中央に優しいオレンジが配されているのがとっても「効いている」と思います。

このグリーンは素晴らしいトーンながらも単独だと少し弱い、もしもこのグリーンだけだとややぼんやりしてしまうであろうところ、ブルーが全体をキュッと締めてくれて、オレンジがグリーンのジェントルさをより一層際立たせていると思います。

そんな色柄ですので「柔らかさのあるデザイン」がおすすめです!

具体的にはクラシックラウンドカラーやロールドレギュラーカラー、ユーロクラシックワイドカラーといったあたりです😊

色柄だけでなく肌触りもソフトなので芯地をいつもより柔らかめにするのも妙案かもしれません!

もちろんカジュアルシャツを作っても爽やかに仕上がること間違いなしですし淑女にもオススメです!!

 

 

 

SF13054

 

 

「グリーンの着分」というには少し無理があるかもしれませんが、複数のグリーンが入っているということでこちらもセククトしました!

とってもインパクトのあるマルチストライプ、かっこいいですよね😉

ドレスシャツならクレリック仕様にした方が着こなしが簡単にはなりますが、僕なら潔くクレリックにはしないで作ると思います!

その場合、このストライプの個性を活かすという意味でセミワイドカラーやスチュワートレギュラーカラーといった少し1970年代を彷彿とさせる佇まいを持ったカラーがオススメでしょうか。

こちらは今回のキャンペーンが始まってからずっと気になっているんですよね、実は。。。

とっても作りたいです!

 

 

 

SF05379

 

 

通常コレクションにもご用意がないレアなグリーンのミニギンガムです。

スーツスタイルにもジャケットスタイルにもカジュアルスタイルにも合わせやすいカラー&チェックの大きさなので、久し振りにあるいは初めて「グリーンのシャツを作ってみようかな?」という方にイチオシしたい素材です!

「ホリゾンタルワイドカラー + フレンチカフス(ダブルカフス)+ プラケットフロント(表前立)」といった感じでブリティッシュスタイルで仕上げても素敵に違いないですが、意外と「トラディショナルボタンダウンカラー + 大丸カフス + プラケットフロント(表前立)」といったアメリカントラディショナルな香り漂うスタイルで仕上げてもナイスだと思います。

前者の場合はもちろんクレリック仕様もアリですよね😉

こちらは経糸(タテイト)・緯糸(ヨコイト)ともに100番手双糸(ソウシ)使いというのも魅力です!

 

 

 

SF73724

 

 

100% Linenのチェックです!

リネンですからね、プルオーヴァーシャツやカプリシャツ、スキッパーカラーシャツといった軽快で涼しげなスタイルが「正攻法」ですが、敢えてドレッシーにキメてもクールだと思います。

100% Linenのホワイト無地素材を使用したクレリック仕様にしても抜群にダンディですよね😉

 

以上です。

 

最後に当キャンペーンの概要を再度以下にご紹介いたします!

 

—–

オーダーシャツ × 2枚 = ¥17,600~

 

*1.17 Monまでの開催です。
*通常コレクションとは異なるキャンペーン専用の国産スワッチコレクション及び着分(国産400着/インポート100着)をご用意しております。
*インポート素材は2枚で¥28,600~となります。
*Women’sも同価格で承ります。
*1枚でのご注文は承れません。
*3枚目以降は奇数でのご注文も承ります。
*お出来上がりはご注文の2ヶ月後から2.5ヶ月後を予定しております。
*遠方の方やご来店が難しい方のお電話やe-mail等でのご注文も承っております。
*次回からは国産着分が2枚で¥19,800~/インポート着分が2枚で¥30,800になる予定ですが実はそれでもとってもお値打ちです!

—–

 

会期はいよいよ残り2日間となりました!

どうぞ皆さま、お誘い合わせの上いらして下さいませ。

皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

数日前に偉大なシンガーRONNIE SPECTORの死が伝えられましたね。

僕は彼女の音源をまったく所有をしていませんけれど、偉大だということは見聞きしているので認識しています。

享年78歳、どうぞ安らかに。。。

という訳で今日は、RONNIE SPECTORがリードシンガーを務めていたTHE RONNETSの大ヒットソングBe My Babyを引用しているリードトラック1. Take Me Home Tonight/Be My Babyが大ヒットをしたEDDIE MONEYの代表作Can’t Hold Back(1986年作品)を。

内容はいわゆる当時のメインストリームロック、敢えて悪い表現をすれば「産業ロック」路線ど真ん中といった感じなのですが楽曲のクオリティが高いので今でも楽しんで聴ける良作に仕上がっています。

EDDIE MONEYのスモーキーなヴォーカルがうまい具合に産業ロック臭を中和していますしね(笑)。

楽曲のクオリティの高さは、本作から4曲ものヒットシングルが生まれアルバム自体もスマッシュヒットを記録したことで「ドラッグの影響から活動の停滞を余儀なくされていたEDDIE MONEYがシーンに返り咲けた」という事実が証明しています。

でも、EDDIE MONEY自身はその楽曲についてあまりいい思いを持っていなかったようです。

シングルカットされた4曲のうち3曲は外部のライターが書いた曲で残りの1曲も共作なんですよね。

前作までは自分たちで書いた曲をメインにしていた訳ですからね、その気持ち分かります。

外部ライターを招聘してのアルバム制作はレコード会社の意向だったようですが、そして「その心意気やヨシ」ではありますが、以降の作品は本作のスタイルと踏襲しているので結果オーライだったのかもしれません。

それはともかくとして、Take Me Home Tonight/Be My Babyは本当によく出来た名曲だと思います!

アイディアも素晴らしいですしね!!

 

 

 

 

では、そのTake Me Home Tonight/Be My Babyのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

そういえば、EDDIE MONEYも既に亡くなっているんですよね。。。

RIP EDDIE and RONNIE…

You can now sing this song together again.

 

 

 

 

16th. Jan. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



「オーダーシャツ × 2枚 = ¥17,600~」キャンペーン用のオススメ着分⑮:Domestic vol.10 Pink

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました! vol.3

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

「オーダーシャツ × 2 = ¥17,600~」キャンペーン(1.17 Monまで開催中!)用のオススメ素材ご紹介

① スワッチコレクション全マーク

② Thomas Mason

③ Albini

④ Canclini

⑤ Monti / Somelos

⑥ Soktas / S.I.C.Tess. / Acorn / Getzner

⑦ 国産着分 vol.1 Solid 2-1

⑧ 国産着分 vol.2 Solid 2-2

⑨ 国産着分 vol.3 Stripe 2-1

⑩ 国産着分 vol.4 Stripe 2-2

⑪ 国産着分 vol.5 Plaid 2-1

⑫ 国産着分 vol.6 Plaid 2-2

⑬ 国産着分 vol.7 Red

⑭ 国産着分 vol.8 Linen Blend

⑮ 国産着分 vol.9 Oxford

 

 

 

 

いよいよ。

遂に!

Finally‼️

日本時間明日(1.16 Sun)にNFLのPOが始まります!!

初日は2ゲームLV@CIN(6:30KO予定)とNE@BUF(10:15KO予定)が組まれています。

僕はCINとBUFを応援しているのですが、そして現地メディアの下馬評によれば上位シードのCINとBUFが有利とのことですが、HC解雇を筆頭に困難なシーズンの最終戦で劇的な勝利を納めてPO進出を決めたLVの勢いと老獪なB.Belichick率いるNEにもチャンスは必ずやあることでしょう。

CINはもし勝利すれば30年以上振り(らしいです!?)のPO勝利なのと、2年目のQB J.Burrowがキャリア初POというのも不安材料ですかね。

まあ、J.Burrowは臆するようなプレイヤーではなさそうですが。

いずれにしても楽しみ仕方がないので今日は仕事が終わったら出来るだけ早く帰宅・夕食を済ませて睡眠に入ろうと思います!

 

 

 

 

ところで。

「遂に」といえば。

1週間限定で会期延長をした「オーダーシャツ × 2枚 = ¥17,600~」キャンペーンですが、遂にその会期も残りが3日間となりました。

昨日は2枚のご注文のみ(でも、別途ジャケット2着とボトムス1本のご注文はいただきました!ありがたい限りです😊)ではありましたがこの週末にはきっとたくさんのご注文が入ると信じております!!

という訳で、今日もまだまだ残っているオススメ着分をご紹介します!

国産着分だけでも10回目(インポート着分も含めるとなんと15回目!?)となる今日のテーマはPinkです!

個性あふれる極上ピンク素材を4マークセレクトしました。

ご来店の際にはぜひともチェックをしてみて下さい😌

また、先日来お知らせしている通り「原材料費や縫製工賃や発送費といったあらゆるコストの高騰を受けて遂に限界を超えてしまったので、苦渋の選択ではありますが2¥17,600~での開催は今回が最後」となります!

そして会期はいよいよ今日(1.15 Sat)を含めて残り3日間となりました!!

つきましてはぜひともこの機会にまとめ買いをよろしくお願い申し上げます!!!

*複数在庫がある着分は文中に記述をいたします(記述がない場合は1着分のみの入荷となりますので気になる方はぜひともお早めにお願いいたします)。
*お電話/e-mail/SNS等でのご注文/お取り置きも可能です。
*お取り置きは1週間程度までとさせていただきます。
*ご注文/お取り置き/お問い合わせは個別画像左上に記しますSFから始まる品番でお願いいたします。

ということで早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

今日ご紹介するのは ↓こちら↓ の4マークです。

 

 

クールなピンク、優しいピンク、キリッとしたピンク。。。

ピンクといっても色々とありますよね!

ブリティッシュスタイルにファッションのルーツを持つ僕は下の2マークが特に好みなのですが、上の2マークも悪くない。。。どころかとっても良い!!

まとめて作りたくなりました😊

では、いつものように左上から時計回りに個別画像を見ていきましょう。

あ、今日ご紹介する着分もすべて100% Cottonです。

 

 

 

SF05704

 

 

クールなピンクのヘアラインストライプです。

遠目に見たら無地、近寄るとストライプが見えてくるさりげないこだわりが楽しい素材です。

老眼が絶賛進行中の僕だとかなり近寄らないとストライプだと判別出来なそうですけれど(笑)。

非常にスマートな色柄ですのでスマートで品のあるデザインのシャツが良さそうですよね!

具体的にはユーロクラシックワイドカラーやピンホールカラー等、タイドアップ用のデザインで作るのが良さそうです。

ネクタイはワインレッドを合わせたらとてもシックにキマりそうですが、意外やサックスブルーのソリッドネクタイもすごく合いそうですよね😉

こちらは在庫が2枚分ありますのでビッグなサイズでも大丈夫です!!

こちらは残り1枚分となりました!

 

 

 

SF50108

 

 

やや濃いめのピンクがシャープなボーダーストライプです。

100% Cottonながら少しリネンブレンド素材を彷彿とさせる「顔」に仕上がっているのがいいですよね😉

「ボーダーストライプとリネンブレンド風」という訳で、マリンを感じさせるカジュアルシャツがイチオシです!

例えばプルオーヴァーのラージラウンドカッタウェイカラーシャツとかカプリシャツといった感じでしょうか。

もちろん敢えてドレッシーなシャツを作っても間違いなくかっこいいと思います!

 

 

 

SF73297

 

 

Thomas Masonコレクションにありそうなピンクとネイヴィブルーのチェック/ミニウィンドウペーンです。

これは間違いなくブリティッシュモードなドレスシャツがオススメです🇬🇧

具体的には「ホリゾンタルワイド + フレンチカフス(ダブルカフス)+ クレリック仕様」といった感じでしょうか。

前立はプラケットフロント(表前立)が正攻法ですが、ボウタイを合わせることも考えてフライフロント(比翼仕立)にするというのも一興だと思います。

また、カラー&カフスを(クレリック仕様/ホワイト無地ではなく)ピンク無地にするというのもグッドアイディアだと思います😎

ピンクのウィンドウペーンが効いたダブルブレステッドスーツを新調したのですが、そのスーツと合わせる用にこちらでドレッシーなシャツを作ってみたいです!

こちらは経糸(タテイト)・緯糸(ヨコイト)ともに100番手双糸(ソウシ)使いというのも魅力です!

ありがとうございます、こちらは完売となりました!

 

 

 

SF15790

 

 

優しいピンクが目を惹くボールドストライプです。

0.75cmほどのピッチ、白場と色場が等間隔、そして優しいピンクが見事な調和を見せている逸品だと思います!

キリッとクラシカルなドレスシャツを作っていただきたいですね〜😊

今日の「僕のイチオシ」です!!

こちらも経糸(タテイト)・緯糸(ヨコイト)ともに100番手双糸(ソウシ)使いです。

 

以上です。

 

最後に当キャンペーンの概要を再度以下にご紹介いたします!

 

—–

オーダーシャツ × 2枚 = ¥17,600~

 

*1.17 Monまでの開催です。
*通常コレクションとは異なるキャンペーン専用の国産スワッチコレクション及び着分(国産400着/インポート100着)をご用意しております。
*インポート素材は2枚で¥28,600~となります。
*Women’sも同価格で承ります。
*1枚でのご注文は承れません。
*3枚目以降は奇数でのご注文も承ります。
*お出来上がりはご注文の2ヶ月後から2.5ヶ月後を予定しております。
*遠方の方やご来店が難しい方のお電話やe-mail等でのご注文も承っております。
*次回からは国産着分が2枚で¥19,800~/インポート着分が2枚で¥30,800になる予定ですが実はそれでもとってもお値打ちです!

—–

 

会期はいよいよ残り3日間となりました!

どうぞ皆さま、お誘い合わせの上いらして下さいませ。

皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日も高校生の時にやっていたHR/HMバンドでコピーした楽曲が収録されている音源を!

という訳で、HELLOWEENのKeeper Of The Seven Keys Part 1(1987年作品)です。

1987年当時の僕はThrash Metalに興味の中心が移っていたので、いわゆ「メロディックパワーメタル」的なバンドはあまり聴かなくなっていたのですが、本作にはかなりの衝撃を受けました。

特に2曲目のI’m Aliveにはぶっ飛びました!

という訳で、当時やっていたバンド仲間に「この曲やってみようぜ!」と提案しました。

今考えてみると同じバンドでやっていたAces HighやIndiansの方が圧倒的にクールな楽曲な気がしないでもないですが、やっぱりいいですよね!

スカッと爽快、ハッとするメロディに満ち満ちた名曲だと思います。

演奏していても冒頭のリフからして超気持ちが良かったです!

ちなみにHELLOWEENは僕より下世代の方が人気が高かったのかな??

僕ら世代、少なくとも東京都町田市の僕ら世代ではそこまで夢中になっていた友人・知人はいなかったように記憶しています。

当時の僕らをトリコにしたHR/HMバンドたちに比べてデビューが遅かったせいですかね。

いずれにしても僕はアルバムこそ複数枚持っていますけれどあまり詳しくないです。

でも、本作はめちゃくちゃ聴いたので全曲覚えております!

ジャーマンメタル史に残る良作ですよね!!

 

 

 

 

では、そのI’m Aliveを比較的最近のライヴ動画でどうぞ!

 

 

素晴らしい!!!!

 

 

 

 

15th. Jan. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



「オーダーシャツ × 2枚 = ¥17,600~」キャンペーン用のオススメ着分⑭:Domestic vol.9 Oxford

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました! vol.3

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

「オーダーシャツ × 2 = ¥17,600~」キャンペーン(1.17 Monまで開催中!)用のオススメ素材ご紹介

① スワッチコレクション全マーク

② Thomas Mason

③ Albini

④ Canclini

⑤ Monti / Somelos

⑥ Soktas / S.I.C.Tess. / Acorn / Getzner

⑦ 国産着分 vol.1 Solid 2-1

⑧ 国産着分 vol.2 Solid 2-2

⑨ 国産着分 vol.3 Stripe 2-1

⑩ 国産着分 vol.4 Stripe 2-2

⑪ 国産着分 vol.5 Plaid 2-1

⑫ 国産着分 vol.6 Plaid 2-2

⑬ 国産着分 vol.7 Red

⑭ 国産着分 vol.8 Linen Blend

 

 

 

 

K.Thompsonの復帰があったのとNFLのゲームが週末までないのとでここ数日いつもより深めにNBAをチェックしていました🏀

COVIDプロトコルに入る選手が多かったり応援する2チームの調子がなかなか上がらなかったり(とはいえ上位につけておりますが)するので今シーズンはやや興味が薄らいでしまっているので知識が浅くていけません!

WCはMEMが超絶好調なのは知っていましたが、ECはCHIが首位に立ってもうしばらくが経つんですね。

どうやらD.DeRozanを筆頭に獲得した新たなプレイヤーたちがうまく機能しているようです。

経験値的にPOを闘い抜くのは難しい気がしないでもありませんが、他のチームの調子がイマイチ上がらない中で一気に駆け上がっても不思議はない。。。

かどうかは明日のGSW戦を見て判断しようと思います!

そしていよいよ日曜日からはNFLのPOが始まります🏈

しょせんは日本時間日曜日6:30KOのLV@CINです!

僕はCINを応援しているのですが、LVはRS最終戦でなかなか劇的な勝利をしてPO進出を決めましたからね、勢いで勝るかもしれません!

どうなるか、今から注目です!!

 

 

 

 

ところで。

「いよいよ」といえば。

1週間限定で会期延長をした「オーダーシャツ × 2枚 = ¥17,600~」キャンペーンですが、いよいよその会期も残りが4日間となりました。

おとといは「延長してくれて良かったです!1.10 Monだとどうしても都合が悪かったので」と仰って下さるお得意様がご来店なさるなど嬉しいご注文が複数入りました!

本当にありがたいことです。

つくづく「延長して良かった!」と思っております。

という訳で、今日もまだまだ残っているオススメ着分をご紹介します!

国産着分だけでもなんと9回目(インポート着分も含めると14回目!?)となる今日のテーマはOxfordです!

我ながらナイスセレクションになっていると思いますのでご来店の際にはぜひともじっくりご覧になってみて下さい。

また、先日来お知らせしている通り「原材料費や縫製工賃や発送費といったあらゆるコストの高騰を受けて遂に限界を超えてしまったので、苦渋の選択ではありますが2¥17,600~での開催は今回が最後」となります!

そして会期はいよいよ今日(1.14 Fri)を含めて残り4日間となりました!!

つきましてはぜひともこの機会にまとめ買いをよろしくお願い申し上げます!!!

*複数在庫がある着分は文中に記述をいたします(記述がない場合は1着分のみの入荷となりますので気になる方はぜひともお早めにお願いいたします)。
*お電話/e-mail/SNS等でのご注文/お取り置きも可能です。
*お取り置きは1週間程度までとさせていただきます。
*ご注文/お取り置き/お問い合わせは個別画像左上に記しますSFから始まる品番でお願いいたします。

ということで早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

今日ご紹介するのは ↓こちら↓ の4マークです。

 

 

まったくもって手前味噌ながら、無地1マーク、ストライプ2マーク、チェック1マークと絶妙なバランスのセレクションだと思います!

それにしてもまだこんなにいい着分がまだ残っているとは!!

残り物には福があるとは真理のようですね😉

では、いつものように左上から時計回りに個別画像を見ていきましょう!

あ、今日ご紹介するのはすべてOxford組織かつ100% Cottonになります!!

 

 

 

 

SF05237

 

 

ごめんなさい、こちらは以前にご紹介していました(汗)。

が、とってもいい素材なのでもう一度!

イエロー無地のOxfordです。

人気再燃中のイエローもOxfordなら取り入れやすいのではないでしょうか。

正攻法はボタンダウンシャツで間違いないのですが、敢えてピンホールカラーやタブカラーといったドレッシーなデザインで仕上げても良さそうですし、ゆるい感じのシャツに仕上げても良さそうな「料理」のしがいがある素材ですよね😉

個人的には最近作ったイエローのウインドウペーンが入ったツイードのスリーピーススーツ用にこのキャンペーンを利用して1枚(か2枚)新調したいと考えているのですが、「本命」だったAlbiniのブルー&イエローのストライプが早くも完売となったのでこちらで作ろうかな?と検討中です。

サックスブルーのOxford素材をカラー&カフスに使用してラウンドタブカラー + フライフロント + 大丸カフスで作りたいですね!

こちらは4着分入荷していてまだ3着分が残っているので作れる可能性が高いです😎

 

 

 

SF15945

 

 

Red, White and Blueのトリコロールストライプです!

このカラーですからね、アメリカントラディショナルスタイルのボタンダウンシャツが「本命」でしょうか?

具体的には「トラディショナルボタンダウンカラー + 大丸カフス + プラケットフロント(表前立) + ボックスプリーツバック」といった感じですね!

その場合には胸ポケットをつけるのも悪くない選択だと思います。

同じカラーリングのトリコロールリボンをそこここに加えて某ブランドっぽくするのも「アリ」かもしれません😎

しかしこの素材は見れば見るほどかっこいいですね!

天邪鬼の僕でもこの素材ならボタンダウンシャツかなぁ?

最近購入したお気に入りのトリコロールボーダーストライプニットとの相性も抜群に良さそうだしこれでも作りたいですね〜〜〜!!

ありがとうございます、こちらは完売となりました!

 

 

 

SF15684

 

 

優しいカラーリングのマルチカラーストライプです。

とってもキレイな素材ですよね!

と同時にOxford組織故の適度なカジュアル感に恵まれているのも嬉しいところではないでしょうか。

Oxfordのホワイト無地を使用したバンドカラーシャツを作ってよし、優しいカラーリングを活かしたラウンド系のデザインでまとめてよし、敢えて超ドレッシーにキメてよしな悩み甲斐のある素材かもしれません😊

皆さんならどのようなシャツをお作りになりますか?

え、僕?

僕ならそうですね、プルオーヴァーのラウンドカラーシャツなんかはどうでしょうか?

気候が暖かくなってきたらアウター使いも出来るナイスシャツになると思います!

 

 

 

SF73652

 

 

Oxford組織としては珍しいブラック&ホワイトのチェック、と思いきや濃色部分はミッドナイトブルーだそうです。

ブラックに見えるけれど。。。

それはともかく他の3マークとは異なりこちらはよりキメの細かなピンポイントオックスフォードなのでドレス仕様のシャツを作るといいかもしれません!

ピンホールカラーやタブカラーといったクラシカルなカラーもおすすめです!

もちろんボタンダウンシャツやスキッパーカラーシャツ、カプリシャツといったカジュアルシャツを作ってもスタイリッシュだと思います😊

 

以上です。

 

最後に当キャンペーンの概要を再度以下にご紹介いたします!

 

—–

オーダーシャツ × 2枚 = ¥17,600~

 

*1.17 Monまでの開催です。
*通常コレクションとは異なるキャンペーン専用の国産スワッチコレクション及び着分(国産400着/インポート100着)をご用意しております。
*インポート素材は2枚で¥28,600~となります。
*Women’sも同価格で承ります。
*1枚でのご注文は承れません。
*3枚目以降は奇数でのご注文も承ります。
*お出来上がりはご注文の2ヶ月後から2.5ヶ月後を予定しております。
*遠方の方やご来店が難しい方のお電話やe-mail等でのご注文も承っております。
*次回からは国産着分が2枚で¥19,800~/インポート着分が2枚で¥30,800になる予定ですが実はそれでもとってもお値打ちです!

—–

 

会期はいよいよ残り4日間となりました!

どうぞ皆さま、お誘い合わせの上いらして下さいませ。

皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

もう1日だけIRON MAIDENを!

先日高校1年生の時にバンドでコピーした云々を書いていたら久し振りにギターを弾きたくなって、当時やっていたAces HighのGソロやProwlerのリフを試してみました。

もうずいぶん昔の話ですが覚えているものですね(笑)。

という訳で、そのProwlerが収録されている記念すべき1stアルバムIron Maiden(1980年作品)です。

よく指摘されることですが、既にIRON MAIDENの特徴が萌芽している一方で時代の影響を受けてかパンキッシュな側面も併せ持った初々しく躍動感溢れる快作ですよね。

初代ヴォーカリストのPAUL DIANNOの荒々しく吐き出すようなヴォーカルも魅力的です。

Prowlerを筆頭にRunning FreeやPhantom Of The Opera、Iron Maidenという初期の代表曲も複数収録されています。

DAVE MURRAYがひとりで書いた楽曲:Charlotte The Harlotが収録されているレアさもポイントでしょうか。

そのCharlotte The Harlotがまたいい曲なんですよね!

 

 

 

 

では、そのProwlerをオフィシャルなライヴ音源でどうぞ!

 

 

名曲ですよね!

 

 

 

 

14th. Jan. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.