Ryoji Okada Official Website

Diary

100% Cashmere Suit!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

 

 

 

「本能に従って尖ること」InnovationS-i連載コラムの第二回がアップされました。

 

 

 

“RYOJI OKADA interview: East Meets West” 僕のインタヴューがイタリアのweb mediaに掲載されています!

 

 

 

7.28 Monまで延長決定! <オーダーシャツ×2枚=¥13,000(+税)〜>

 

 

 

 

 

DALは、健康上の問題が明らかになったためR.Lewisとの契約が無効としたようですね。

 

いい補強に思えましたが、どんなにいいプレイヤーでもゲームに出れなければ意味が無い訳ですからこれは仕方が無いですね。

 

メディカルチームのナイスプレイですね。

 

そして、その代わりにAF.Aminuと契約したようですね。

 

R.Lewisとはスタイルがまったく異なるプレイヤーですが、この補強は悪くないと思います。

 

そして、不安があったPGにORLをウェイヴされたJ.Nelsonを追加、市場に残っていたPGを考えたら、これは現状出来るベストな補強でしたね。

これにて、一応はロースターの枠が埋まりました。

 

かなり手堅い補強が出来ましたね。

 

全員が健康でシーズンを過ごせればかなり勝てそうです。

 

ただ、もし贅沢を言わせてもらえば、M.Ellisを含めコンボガード系のプレイヤーが多過ぎるので、出来ればR.Feltonは放出して、シューターを補強したいところですけれど。。。

 

無理かな〜?

 

何はともあれ、プレシーズンに向けてしっかりケミストリーを熟成して欲しいものです。

 

 

 

 

ところで。

 

「贅沢」と言えば。

 

先日、こんなにも贅沢なスーツをお作りしました。

 

 

 

 

100%カシミヤのスーツ。

 

IMG_1598IMG_1597

 

梳毛カシミヤではなく、コートやジャケットに使われる紡毛の100%カシミヤです。

 

これは。。。

 

最高に贅沢です!

 

次の秋冬用にと、俳優をやっていらっしゃるお得意様がご注文下さったものです。

 

 

 

 

ライニングもラグジュアリーなジャカードのフラワーモチーフ。

 

IMG_1600

 

 

以上です。

 

猛暑日になろうという日に季節外れ全開のご紹介でした :mrgreen:

 

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

61ARm3QDpLL._SL500_AA300_

 

The Son Of The Bluesman

 

LUCKY PETERSON

 

 

昨日思った通り、大音量で聴くとまた感触が変わりますね。

 

彼のドロリとした黒さがより一層浮き彫りにされます。

 

2曲目のFunky Broadwayのドス黒さなんて特に最高ですね〜 :-D

 

なかなかの快作ですね!

 

 

 

では、ミュージックヴィデオを。

 

 

なかなかナイスなヴィデオです。

 

タイトルといい、ジャケットの丁寧な装丁といい、このヴィデオといい、LPがこのアルバムに賭ける想いの強さを感じさせます。

 

 

 

 

24th. Jul. 2014

 

Ryoji Okada

 

 



私のコラムが週間ランキングで5位にランクインしているという話。

Ryoji Okada

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

 

 

 

「本能に従って尖ること」InnovationS-i連載コラムの第二回がアップされました。

 

 

 

“RYOJI OKADA interview: East Meets West” 僕のインタヴューがイタリアのweb mediaに掲載されています!

 

 

 

7.28 Monまで延長決定! <オーダーシャツ×2枚=¥13,000(+税)〜>

 

 

 

 

 

 

最新のnba.comのパワーランキングでDALが4位に浮上しました。

 

Top 3はSAS、OKC、LACでした。

 

上位3チームは先週から変わらずですが、DALは大幅ランクアップ、トレードが評価されてのことです。

 

ふ〜む、エースが大幅年俸減額を自ら進み出たにもかかわらず大物が獲れなかった時は、ちょっと「残念」と思いましたが、冷静に考えてみるとなかなかいいロースターが整い始めているようです。

 

まだ少々心許ないポジションもありますが、若手のレヴェルアップと更なるトレードやFA選手の獲得に期待しましょう。

 

出戻りのプレイヤーも多いのでケミストリー熟成に時間はあまり掛からないでしょうし、100日を切った開幕が今から楽しみです!

 

そして、J.Kidd率いるMILもなかなか楽しみなチームになりそうです。

 

「良くてPO進出」が目標のシーズンだとは思いますが、若いタレントが暴れまくるライジングチームに変貌する可能性を秘めています。

 

KiddはBKNから脱出して正解だったかもしれませんね。

 

 

 

 

ところで。

 

「ランキング」と言えば。

 

InnovationS-iというビジネスパーソン向けのweb mediaにコラムを連載しているのですが、ここ最近、ランキングを導入したそうです。

 

そして、その週間ランキングで「岡田さんの二回目のコラムが5位にランクインしていますよ!」と、関係者の方からご連絡をいただきました。

 

 

 

 

↓これ↓であります。

 

IMG_3230

 

 

これは。。。

 

なかなかどうして。。。

 

いやいや。。。

 

とっても。。。

 

 

嬉しいです〜! ;-)

 

 

拙文ではありますが、まだ未読の方がいらっしゃいましたらぜひご一読下さい!

 

こちらから飛べます!

 

そして、ご一読いただいたら、ぜひぜひ本文下部にあるFacebookあるいはGoogle +の「いいね!」をポチッと押してやって下さい :-P

 

 

それにしても、公の場におけるランキングに顔を出すのって、何ともこそばゆい感もありますけれど、その一方で、とても嬉しいものですね。

 

今後は、今週のDALと同じ4位を目指し、そして、いつかはTop 3に入れる様、今まで以上に真剣に書こうと思った次第であります!

 

ちなみに、第三回のコラムはもう書き上げて提出済みです。

 

もうじき更新されると思うので乞うご期待です ;-)

 

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

51EBoX5oiAL._SL500_AA300_

 

 

In My Soul

 

THE ROBERT CRAY BAND

 

 

そんなこんなで、今日は、The Best Discs 2014で上位にランクインするのが間違いない、RBOERT CRAYの新譜を。

 

店のスピーカーは左右の配置が最大公約数的になっているので、絞った音だと音像が伝わりにくいのですが、今日は定休日なので、かなりの音量で聴いております。

 

するとですね、この音源の生々しさがかなりストレートに伝わってきました!

 

ふ〜む、これは。。。

 

かなりの名盤ではありませんか!!!!!

 

LPの新譜も後で大音量で聴いてみようではありませんか ;-)

 

 

 

では、オープニングチューンのライヴ動画を。

 

 

いや〜、またライヴが観たいですな!

 

 

 

23rd. Jul. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 



Tailored Biker Jacket.

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

 

 

 

「本能に従って尖ること」InnovationS-i連載コラムの第二回がアップされました。

 

 

 

“RYOJI OKADA interview: East Meets West” 僕のインタヴューがイタリアのweb mediaに掲載されています!

 

 

 

7.28 Monまで延長決定! <オーダーシャツ×2枚=¥13,000(+税)〜>

 

 

 

 

 
この3連休の午前中は3日とも妻と一緒に過ごしたのでGGには行かなかったので、6パック計画は今日から!

 

そんなタイミングに相応しく、この3連休、WWE日本代表のK太先輩を筆頭に屈強な肉体を誇る方たちが何人かいらっしゃいました。

 

そして、パンプアップについて、皆さんにいろいろと教えてもらいました。

 

効果的な器具の使い方やサプリメント・プロテインについて、そして、呼吸法。

 

呼吸、大事ですよ、呼吸!

 

GGに通い始めた頃にもトレーナーさんが教えてくれたじゃないですか!!

 

そして、最近では妻も教えてくれたじゃないですか!!!

 

という訳で、今日は、ネットで再度調べて、正しい呼吸をしながら筋トレ&有酸素運動に臨みました。

 

全然違うものですね :-o

 

また一歩、6パックに近付いたか??

 

今日は、そんな肉体派の方たちの中のおひとり、昔ジムでトレーナーさんをなさっていたと仰っていたかな?H様がオーダーして下さったバイカージャケットをご紹介します。

 

 

 

こちらです。

 

10464360_782730441747200_2897761987686869200_n

 

ロードタイプの自転車でツーリングをなさる趣味もお持ちのH様、ダイレクトメールでご紹介したRYOJI OKADAのバイカージャケットをご覧になったところピンと来て、このジャケットをオーダーして下さったとのことです。

 

このプロセス、デザイナー冥利に尽きます! :-D

 

H様、いつも本当に有り難うございます。

 

 

 

 

ダイレクトメールでご紹介したのはこのブラックウォッチでした。

 

IMG_2330

 

 

ベースは同じながら、実用性も考えていろいろなアレンジを加えております。

 

 

 

 

例えば、後ろ身頃のアームホールにはアクションプリーツを入れました。

 

10483169_782730465080531_674827843712494889_n

 

タイトフィットながらも運動量を通常よりも遥かに大きくするための意匠です。

 

ツーリングには必須ですよね、きっと。

 

 

 

 

そして、後ろ身頃の右側の裾には携帯電話用のポケットを装着!

 

10500341_782730445080533_5760360213176025277_n

 

普通のジャケットより着丈が短いのでこの位置が正解なのです ;-)

 

 

何はともあれ、このテイラードのバイカージャケット、手前味噌ながらとってもスタイリッシュだと思うのですがいかがでしょうか??

 

例えば、ツイードで作っても絶対にかっこいいので、もし「秋冬物で新しいデザインのジャケットが欲しいな〜」と思っている方がいらっしゃれば、ご記憶に留めておいていただければ幸いです。

 

通常のジャケットと同じプライスでオーダーいただけます :-P

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

51Y8eFNF4YL._SL500_AA280_

 

Down For The Count

 

Y&T

 

 

先日もお知らせしました通り、大川”Loud Girl”知沙子が「大阪→福岡」出張のため、今日はGorden君との2人体制。

 

男ふたりだし、JOHN HIATTの新譜(DVDとの二枚組エディション)の到着が来月にずれ込むとのことだし、今日はちょっとおバカなThe 80′s Metalな音源を :mrgreen:

 

僕が大好きなY&Tの1985年作。

 

ちょっとしたヒットに恵まれた後だったので、更なるビッグセールスを狙い、彼らの特徴かつ日本での人気の最大の理由だった叙情性を思いっ切り引っ込めた作品です。

 

ファンの間では前作とともに評価が低い作品です。

 

でも、サウンドプロダクションはともかくとして、このアプローチ嫌いじゃないんですよね〜。

 

「泣き」とは別に彼らが持っている特徴であるブルースフィーリングが、かなりいい感じでLAらしいハードロックサウンドと融合している曲が盛り沢山に感じるのです。

 

まあ、ジャケットは酷いし、歌詞もかなり「。。。」なところがあるし、安易なカヴァーもちょっといただけないけれど。。。

 

とにもかくにも、キッズの頃、僕はかなり愛聴した記憶があります。

 

でも、このアルバムのリリース後イケメンじゃないメンバーをカットしたりしましたけれど、この路線は結局上手くいかなかったんですよね〜〜〜〜〜〜〜。

 

成功していたら良かったんですが、やっぱり、中途半端だったようです。

 

 

 

という訳で動画を。

 

 

やっぱりこの人たちはこの曲だな!

 

 

 

22nd. Jul. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 



7.28 Monまで延長決定! <オーダーシャツ×2枚=¥13,000(+税)〜>

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

 

 

 

「本能に従って尖ること」InnovationS-i連載コラムの第二回がアップされました。

 

 

 

“RYOJI OKADA interview: East Meets West” 僕のインタヴューがイタリアのweb mediaに掲載されています!

 

 

 

 

 

P.Gasolを獲得し、C.Boozerをアムネスティ条項でカットしたCHIがなかなかいい補強をしているようですね。

 

ドラフトでもいい選手を指名出来たようですし、スペインのスター選手N.Miroticも獲得しました。

 

そして、中堅PGのA.Brooksの獲得も検討中とか。

 

イーストは、MIAの3 Kingsが解体、INDはL.StephensonがOutなど、上位陣で戦力を積みましているチームがないのでCHIがトップに躍り出る可能性が出てきました。

 

もちろん、そのためには、D.Roseの復活という条件がつきますが。。。

 

完全復活ではなく、全盛期の80%程度にでも戻ればCHIのCF進出は堅いんじゃないかな〜???

 

でもね、「復帰→怪我→シーズアウト」という可能性もありますよね。

 

いずれにせよ、2シーズン休んで後が無くなりつつあるD.Roseの復活劇に期待しましょう!

 

 

 

ところで。

 

「後が無い」と言えば。

 

本日で終了予定だった「オーダーシャツ×2枚=¥13,000(+税)〜」のスペシャルキャンペーンですが、まだ来れていないお得意様や「追加で何枚か作りたい!」というお客様の熱いご要望にお応えして、1週間だけ、7.28 Monまで期間延長することを決定しました!

 

 

2014.7-2P A4DM表面

 

少々だけですが、再び生地も追加しました。

 

ぜひぜひこのラストチャンスをご利用下さいませ!

 

みなさまのご来店を心よりお待ち申し上げております ;-)

 

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

5161oTqwYmL._SL500_AA300_

 

Master Of Disaster

 

JOHN HIATT

 

 

今朝、Amazonから注文していたJHの新譜の到着が遅くなる旨のメールが届きました。

 

TOM PETTY AND THE HEARTBREAKERSの方が先に届くやないか〜〜〜〜〜っっ!

 

通常盤ならもうとっくに届いていたのにな〜〜〜〜〜〜。。。。。。

 

でも、待たされるのもね、待望感が極限まで高まりますのでそれはそれで悪くない、かな?

 

出来れば再延期はやめて欲しいけれど。。。

 

 

そんな訳で、JHの復習に復帰。

 

2005年のアルバムですね。

 

前作と前々作は、とりわけ前作は、SONNY LANDRETH率いるTHE GONERSと「バンド」としての一体感を大事にした、彼の作品の中ではかなりタイトにエッヂーにロックした作品でしたが、一昨日にも書きましたが、前作であの路線はやり尽したと感じたのでしょう、今作からSSWらしい叙情的でフォーキーな作風に方向転換しています。

 

僕はこの方向感の方が好みなので大歓迎でした。

 

その最大の立役者は、80年代前半のRY COODERとの仕事の頃からでしょうか?、旧知のプロデューサーJIM DICKINSONです。

 

そして、バックを務める、JIMの息子LUTHERとCODYを擁するNMAです。

 

何でも、JIMが息子たちの起用を提案した訳ではなく、JHが熱望したとか。

 

ふ〜む。

 

それにしても。

 

RY COODER、SONNY LANDRETH、MICHAEL WARD(ex.THE WALLFLOWERS、BEN HARPER)、DAVID IMMERGLüCK(COUNTING CROWES)、LUTHER DICKINSON。。。

 

起用してきたギター弾きたちの面子の素晴らしさよ!

 

目利き、いや、耳利きだな〜。

 

個人的には次作のSame Old Manが2000年代で最も好きなアルバムなので、今作への思い入れはさほど強くはないのですが、そこはやっぱりJHの作品です、粒揃いの楽曲が敷き詰められています。

 

しかし、このふざけたジャケットのアートワーク、そして、皮肉屋のJHらしいタイトル。。。

 

苦労して作った作品なのにね。

 

内容に対する自信の裏返しなのかもしれませんが、これではセールスはなかなかねぇ。。。

 

でも、これぐらいのユーモアを持って生きていきたいものであります!

 

 

 

 

では、タイトルトラックの弾き語りヴァージョンの動画を。

 

 

 

 

このヴァージョンもいいな〜!

 

いつか弾き語りセルフカヴァーアルバムなんて作品も出してくれないかな〜。

 

常に前に進む人だから無理かな?

 

 

 

21st. Jul. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 

 



The Newest Blazer!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

 

 

 

「本能に従って尖ること」InnovationS-i連載コラムの第二回がアップされました。

 

 

 

“RYOJI OKADA interview: East Meets West” 僕のインタヴューがイタリアのweb mediaに掲載されています!

 

 

 

7.21 Monまで開催中!「オーダーシャツ×2枚=¥13,000〜」

 

 

 

 

オールスターも終わって明日から公式戦が再開。

 

現在3位のカープは神宮でヤクルト戦ですね。

 

久し振りに応援に行くかな〜??

 

前回のような快勝劇を観れたら燃えるな〜 :-D

 

でも、行けるとしたら水曜日なんですけれど、安曇野から聖子さんが来るらしいので無理かも。

 

いずれにせよ、最低でも勝ち越し、出来れば3連勝したいところです。

 

Go! Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

 

「燃える」と言えば「炎」。

 

「炎」と言えば「Blaze」。

 

という訳で、RYOJI OKADAデザインの最新型Blazerをご紹介します ;-)

 

 

 

 

こちらです。

 

10402528_781504058536505_4709253028471790133_n

 

ノッチドラペル、打ち合いの浅いダブルブレステッド、フライフロント、カッタウェイフロント。

 

そして、上衿の♡ Camo。

 

アヴァンギャルドながらシックな逸品、自信作であります!

 

「人とは違う」スタイリッシュなブレザーをお探しの皆さまにこそおすすめしたい一着です :-)
店頭にサンプルがありますので、ぜひチェックしてみて下さい!

 

もちろん、このデザインでスーツをオーダーすることも可能です。

 

 

 

 

 

腰ポケットに下に♡ Camoのポケットが隠れていたり、一番下の袖ボタンが20㍉だったりとそこここにユニークなディテイルを散りばめております!

 

984135_781503861869858_2719511318480449770_n

 

ちなみに、ボタンはパープルの染めた黒蝶貝ボタンです。

 

 

 

 

ライニングはタータンチェックです。

 

1908369_781503855203192_2364940171744652231_n

 

ファンシーなトリミングもいい感じですよね!

 

 

 

 

以上です。

 

皆さま、どうぞ素敵な日曜日をお過ごし下さい :-P

 

 

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

Mojo

 

TOM PETTY AND THE HEARTBREAKERS

 

 

TOM PETTY AND THE HEARTBREAKERSも新作をリリースするんですね〜。

 

しかももうすぐ。

 

不勉強で知りませんでした。

 

soundcloudで5曲試聴出来るのですが、なかなかナイスでしたよ。

 

「期待大」です!

 

という訳で、今日はJHの復習はお休みして、彼らの現時点での最新作を。

 

リリース当時はですね、多いに期待していたせいか、やや肩透かしを喰らった感があったこのアルバムも久し振りに聴くとなかなかどうしていいですよね。

 

それにしても。

 

BRUCE SPRINGSTEEN、LUCKY PETERSON、ROBERT CRAY、JOHN HIATT、山口洋、そして、TOM PETTY AND THE HEARTBREAKERS。。。

 

素晴らしい1年です :-P

 

 

 

では、このアルバムの7曲目に収録されている曲のミュージックヴィデオを。

 

 

なんとも力強いブルースロック!

 

 

20th. Jul. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagChinese (Traditional) flagPortuguese flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.