Ryoji Okada Official Website

Diary

残り2日間です!「オーダーシャツ × 2枚 = ¥16,000 +tax~」キャンペーン

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

1月は水木定休に戻して営業致しますので何卒ご了承下さいませ。

 

 

人材募集! LOUD GARDEN 第2章を一緒に創ってくれる方を探しております!

 

 

M-65ジャケットのオーダーを始めました!

 

 

The best 10 discs released in 2016, selected by Ryoji Okada.

 

 

 

横浜Thumbs Upで行われた山口洋兄貴のソロライヴ。

行きたかったけれどやっぱり無理でした。

厚井さんとヘルプの若人はいたけれど、僕が営業時間中に抜けるなんてね、「ちょいと短時間のランチに行く」とかではない限りありえな現状です。。。

仕方がない、楽しみは後にとっておこう!

2017年中に必ず自分へのご褒美として、HEATWAVEか山口さんのライヴに行こう!!

 

でも、しかし、セットリストが最高だったからかな〜〜〜〜り残念ではあったけれど、それでもいいんだ!

一昨日の定休日が充実していたからね :mrgreen:

いくつか課題になっていた仕事を片付けられたし、明治神宮に御祈祷にも行けたし、GGでハードなトレーニングも出来たし、美味しいビールも飲んだし。。。

更に久し振りにショッピングも出来たし!!!!

具体的には、ちょっと空き時間が出来たので「渋谷→原宿」を自転車でゆらゆらと流していたら某シューズ店でナイスなロングブーツを発見、色違いで2足(+シューズ1足)購入しました。

 

 

 

こちらです。

 

 

2色とも購入しました✌️

こういうロングブーツは何年もずっと欲しかったアイテムだったので、そしてとってもお得だったので大満足

調子に乗ってもう一足シューズも :mrgreen:  😎  😉

お買い物はやっぱり上がりますね〜〜〜〜!

おかげで、山口さんのライヴに行けなかったショックを最大限軽減出来たし、昨日も今日もハードなトレーニングを頑張れたし、今日も仕事をバリバリ出来そうです!

Go! RYOJI!

 

 

 

ところで。

「2」といえば。

2足ならぬ、2枚でとてもお買い得(¥16,000 +tax~)なオーダーシャツのスペシャルキャンペーンもいよいよ残り2日間となりました!

 

 

 

今回は、敢えて白無地着分よりも柄物着分を多めに品揃えしたところ、白無地着分が少なめになってきたので急遽補充、大充実の内容で残り2日間を迎えます!

 

 

–  今回はまだご利用なさっていないお得意様皆さま。

– 「LOUD GARDENで何かオーダーしてみたいな」とお思いの皆さま。

– 何故かこのDiaryに辿り着いた皆さま。

– そして、既にご注文いただいたけれど「追加オーダーしたいな」とお思いの皆さま。

 

ぜひともこの2日間にご来店下さいませ!

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

このとてもスタイリッシュな100% Linen素材も1着分だけ在庫がございます!

 

 

このシャツが1枚あたり¥8,000 +tax~換算で作れるとは最高ですよね!

ご来店が難しい方はお電話、メールでのご注文も承っております 😎

 

 

 

密かに人気再燃中のイエローの着分も充実しております!

 

 

イエローのシャツ、久し振りに作ろうかしら?

 

 

 

– シャツファクトリーの閑散期利用

– 国内有力生地商社の協力

– ご注文を一定量集めてからの一斉投入

 

といった諸条件が整って初めて実現するスペシャルプライスです。

とってもお得かついつ開催が出来なくなってもおかしくないキャンペーンです。

ぜひこの機会をご利用下さいませ。

改めまして、みなさまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

– 当キャンペーンに限りお出来上がりまで2ヶ月強のお時間をいただいております。

– 当キャンペーン専用の素材を(初日時点で)約500着分ご用意いたしました。

– 申し訳ありません、諸般の事情でWomen’sはシャツ1枚につき¥1,000+taxアップとなります。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日から「超私的The Best Discs 2016を聴き直す音楽の旅」を始めようと思います。

まずは惜しくも次点となったMUDCRUTCHの2です。

これ、聴き直してみるとめちゃくちゃ良作ですね!

5月にリリースされて即購入して結構聴き込んだから、ランキングを考えた頃には新鮮味がなくなっていたのかも。。。

次点ではなくてもうちょっと上位に入れてもよかったかな?

 

 

 

では、少しBRUCE SPRINGSTEENを彷彿とさせる5曲目収録のI Forgive It Allのミュージックヴィデオを。

 

 

いい曲ですよね〜〜〜〜!

そして、この動画は初めて見たのですが、SEAN PENNが監督しているんですね。

そしてそして、ANTHONY HOPKINSが出演しているんですね。

惹き込まれる訳だ 😎

 

 

21st. Jan. 2016

Ryoji Okada

 

 



Bespoke shoemaker Mr. Yasuhiro Koui @LOUD GARDEN today!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada / 厚井康宏

 

 

 

 

 

 

 

1月は水木定休に戻して営業致しますので何卒ご了承下さいませ。

 

 

人材募集! LOUD GARDEN 第2章を一緒に創ってくれる方を探しております!

 

 

M-65ジャケットのオーダーを始めました!

 

 

The best 10 discs released in 2016, selected by Ryoji Okada.

 

 

 

 

遂にNBA All-star 2017のスターターが決まりました。

L.James、S.Curry、KDなど定番メンバー(?)に混ざって我がMILからG.Antetokounmpoが選出されました。

素晴らしい!

さすがにMVPを獲るようなことはないでしょうけれど、Greek Freekっぷりを全世界に見せつけて欲しいものです!!

Go! Giannis!

そして、ASゲームといえば、試合内容もさることながら様々なイヴェント、そして、スター選手が「ここぞ!」とばかりに用意するキックス(シューズ)にも注目です!

毎年のことながら年始は色々と楽しみが尽きません 🙂

 

 

 

ところで。

「シューズ」といえば。

今日(1.20)は第三金曜日です!

そうです、ビスポークシューズ職人の厚井康宏氏がLOUD GARDENに終日(12:00-20:00)いてくれる日です!!

彼は、毎月第1・第3金曜日の12:00-20:00に店頭に来て以下の活動をしております。

 

・ビスポークシューズの受注(木型から作るフルハンドメイドのビスポークシューズとしては破格の¥190,000 +tax~です!)
・仮縫いシューズのフィッティング
・本縫いシューズのフィッティング
・シューズ/パンプスのリペア&リメイクのカウンセリング・受注(ご相談はもちろん無料です!)
・シューズ/パンプスのリペア&リメイクのお渡し

 

今日は、おひとり分のリペアが完成しているのと、もしかしたらおひとりがビスポークシューズのフィッティングにいらして下さるかもしれません。

あ、リペアのご相談があると仰っていたN様もいらしてくれるかもしれません。。。

そして、ビスポークシューズのご注文にいらしてくださる方がいると嬉しいな〜〜〜〜〜。

という訳で、究極のビスポークシューズをオーダーしてみたいとお考えの紳士のみなさま、お手持ちのシューズ/パンプスで何かお困りのことがある紳士淑女の皆さま、ぜひとも今日はLOUD GARDENにお集まり下さいませ!!!

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

リペア・リメイクに関しては、現物をお持ちいただいても、画像をお見せいただいても、口頭だけでご説明いただいても大丈夫です!

厚井さん、本日もよろしくお願いいたします💪

 

 

こちらはビスポークシューズの仮縫い後の状態です。

 


フィッテング時に細かなフィット感や足の形を確認するためにカットする訳です!

スーツやシャツでは有りえない工程なので、私もこの時は興味津々で見ております☺️

 

 

 

リペア&リメイクの価格表です。

 

リペア&リメイクも彼の手で丁寧にやってくれます!

僕もこれまで3足のリペアを頼みましたけれど最高でした!!

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

しばしThe best discs 2016を振り返って聴いていこう!と思いましたが、その前に今日はこれを。

2016年リリース、大スターのBRUNO MARSの24K Magicです。

はい、こういうのも。。。

あまり聴きません。。。

が、TV出演していたり、宣伝のトラックが走っていたりしたのでCDがあったのを思い出して 😎

若い人向けの音楽ですが、やっぱりかっこいいですよね!

いつだったか、Super Bowlでのパファーマンスもなかなかでしたよね。

 

 

 

 

では、タイトルトラックのミュージックヴィデオを。

 

 

しかし、再生回数3億5千万回以上ってすごいですね〜〜〜〜〜!

 

 

 

20th. Jan. 2017

Ryoji Okada

 

 



The best 10 discs released in 2016, selected by Ryoji Okada.

NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

1月は水木定休に戻して営業致しますので何卒ご了承下さいませ。

 

 

人材募集! LOUD GARDEN 第2章を一緒に創ってくれる方を探しております!

 

 

M-65ジャケットのオーダーを始めました!

 

 

 

 

DALが今シーズン初の3連勝!

下位チームが相手とはいえ素晴らしい。

しばらく強豪とのゲームはありませんしこのまま連勝を6くらいまで伸ばして順位を一つでも二つでも上げて欲しいものです。

さすれば、PO進出最終枠の8位が見えてくるでしょう!

Go! MAVS!

 

一方のMILは本日@HOU戦です。

3連敗は阻止して欲しいけどね、HOUは今シーズン好調ですからね、どうでしょうか。。。

Go! BUCKS!

 

 

 

ところで。

「順位」といえば。

お待たせしました(?)、やっとのことで”The Best Discs 2016″を発表いたします!!!

ここ数年は、かつてのように年間で少なくとも150枚、多い年には300枚近くにも及ぶ大量音源を購入している訳ではないので、具体的には2016年は30枚ほどしか購入していないはずなので、より一層「私的」なランキング、そして、10位までの発表になっておりますのでそこは悪しからず!です。

ちなみに、基準は「2016年にリリースされた新録スタジオアルバム」です。

従って、ベスト盤はもちろん、ライヴ盤も含まれません。

では、早速いきましょう!

 

 

 

No.1

 

 

2016年の第1位はこれしかないですね。

巨匠LEONARD COHENの遺作となったYou Want It Darkerです。

もう二度と彼の新録アルバムが聴けないと思うと哀しいけれど、最後にこのように素晴らしい作品を遺してくれたことに感謝です。

2010年代にリリースした3枚のスタジオアルバムと3枚のライヴアルバム(加えて、今年新たなライヴアルバムが出た模様ですね。買わなきゃ!)はいずれも最高に素晴らしい仕上がりです。

 

 

では、本作収録曲ではないけれど、彼の曲で最も有名なこの曲のライヴ動画を。

 

 

何度聴いても素晴らしい!

ローマで生ライヴを観ておいて本当に良かった。

改めて、安らかに。。。

 

 

 

 

No.2

 

NICK CAVE & THE BAD SEEDSの哀しくも美しいSkeleton Treeも強く印象に残る一枚でした。

前作も素晴らしかったけれど、NICK CAVEが美の極限に立ったかのような本作は更に素晴らしい仕上がりです。

魂を込めて一語一語丁寧に紡いだ歌、贅肉をとことん削ぎ落とした演奏、深夜に見る澄み切った真水のような曲、深く心を打たれました。

ただ、制作中にお子さんを亡くすという不幸が本作の「色」を決定づけているようなので、もしかしたら次作はまるで異なるアプローチの作品になるのかもしれません。

それも楽しみですが。。。

いずれにしても、LEONARD COHENが亡くなり、TOM WAITSが寡作になってしまったいまや、NICK CAVE & THE BAD SEEDSと別働隊のGRINDERMANには彼らの分まで活発に活動して欲しいと願わざるを得ません。

僕にとってNICK CAVEとはそういった存在のミュージシャンです。

 

 

では、言葉を失うほどに美しいタイトルトラックのオーディオを。

 

 

素晴らしい。。。

 

 

 

 

No.3

 

ZUCCHEROのブルースロック回帰作品となった本作はとても嬉しい、2016年最大の誤算でした :mrgreen:

生ライヴが観れたのも超ラッキーだったな〜〜〜 :mrgreen:  :mrgreen:

とにかく理屈抜きに楽しめる極上ルーツロックアルバムです!

 

 

では、オープニングトラックPartigiano Reggianoのミュージックヴィデオを。

 

 

ZUCCHEROのオフィシャルFacebookページにこの曲がアップロードされた瞬間に本作が快作であることを確信しました!

「オオオオ〜〜〜〜〜!!!!きた〜〜〜〜〜!!!」と大声をあげて狂喜乱舞したことを覚えております :mrgreen:

 

 

 

 

No.4

 

BONNIE姐さんの新作もすこぶる快調でした!

深い懐と筋金入りのグルーヴ、そして、超スモーキーな極上ヴォイスと熟練のスライドギター。。。

67歳にして、恐らく今がキャリアのピークなのではないでしょうか?

それくらい充実した会心作です 😉

 

 

JON CLEARYとの共作、オープニングを飾るこの曲なんて「非の打ち所がない」傑作ですよね!

 

 

曲、声、演奏、サウンドプロダクション。。。

完璧です!

 

 

 

 

No.5

 

「ひとりTHE CLASH」と称された、そして、時として過激な政治的発言が物議を醸すこともあるイギリス親父のBILLY BRAGG。

上述のDig In DeepでもBONNIE RAITTと共同でプロデュースを行うなどアメリカーナ音楽を中心としたプロデューサーとしても著名なJOE HENRY。

どちらも僕が好きなミュージシャンです。

その2人がこんなにも野心的(な録音方法)で豊かな音源を届けてくれるとは思いませんでした。

かなり長いこと頻繁に聴くであろう味わい深い名盤です。

 

 

では、10曲目収録のHobo’s Lullabyを。

 

 

これはゴキゲン過ぎて堪らんですよね〜〜〜〜!!!

僕もこの2人のように常に野心的でありたいです 😉

 

 

 

 

No.6

 

VAN MORRISONのアルバムが「ハズレ」だったことは過去に一度もありません。

少なくとも僕にとっては。

そして、このKeep Me Singingも素晴らしい仕上がりでした。

御大も71歳です、出来るだけ長くご活躍して欲しいものです!

 

 

では、2曲目収録Every Time I See A Riverのライヴ動画を。

 

 

いい曲ですよね。

もう一度だけでもいいから、また生ライヴが観たいのであります!

 

 

 

 

No.7

 

PETER WOLF!

ほとんどすべてのソロアルバムを持っているけれどここまで響いたのは初めてだったかも!!

様々な系統の曲が入り乱れているのですが、その猥雑さがなんともこの人らしいところです。

聴きながら「いい曲書くよな〜〜〜〜。。。」と思わず呟いてしまう一枚、最良のアメリカンロックアルバムです。

 

 

では、個人的に最も気に入っているWastin’ Timeのスタジオライヴ動画を。

 

 

サウンドプロダクションもギターソロも極上、アメリカ大陸をこの曲を聴いてドライヴしたら最高でしょうね〜〜〜!

 

 

 

 

No.8

 

故人やヴェテランばかり聴いているのは否定しませんけれど、一応若いミュージシャン/バンドの音源も出来る限りチェックはしております、はい!

音楽面における2016年最高の収穫は、彼らWalking On Carsを知れたことかも?

YouTubeで、KEYSWESTのThis Is Heartbreakを再生しまくっていたら「おすすめ動画」として出てきて知りました。

YouTube万歳!

 

 

初めて再生したのはこのSpeeding Carsでした。

 

 

あまりにも良く出来た曲で、そして、何とも神秘的な映像で本当にびっくりしました!

そして、彼らがメジャーデビューしたばかりの若手バンドだと知って二度びっくり!!

アルバムもこの曲と同等の完成度ですからねぇ、若くして。。。

末恐ろしい&次作が楽しみなバンドです。

 

 

 

 

No.9

 

我らがTHE COLLECTORSの新作もナイスでした!

ひょっとしたら個人的には前作の方がより一層好きかも。。。という気がしないでもありませんけれど、本作も最高です!!

いずれにしてもです、こんな時代にほぼ毎年、最高水準の新譜をリリースし続けてくれるTHE COLLECTORSには大いに刺激とやる気と感激をもらえます!!!

THE COLLECTORS万歳!!!!

ライヴも観に行きたいな〜〜〜〜〜 😎

 

 

 

では、リフからして最高過ぎる1曲目収録、悪の天使と正義の悪魔のミュージックヴィデオを。

 

 

素晴らしくいい曲ですよね 😉

 

 

 

 

No.10

 

STINGには深い思い入れはない(もちろん、ほとんどの作品は所有しているし好きですけどね)のですが、本作はとても気に入りました。

上位陣はかなり思い入れがあるバンド/ミュージシャンばかりなので、「思い入れバイアス」を除いたらもう少しランクアップしていたかも知れません(笑)。

そして、他の音源より聴いた回数が少ないので、もう一度ゆっくり聴き直してみます。

 

 

それはともかくとして、特にこの「ザ・スティング」なオープニングチューンなんて最高にかっこいいですよね!

 

 

同世代の音楽好きで、この曲で燃えてこない人は皆無なのではないでしょうか?

 

 

 

 

次点

 

最後までSTINGと迷ったこれは次点で!

TOM PETTY AND THE HEARTBREAKERSとは別部隊(THE HEARTBREAKERS以前に組んでいたバンド) MUDCRUTCHの2ndアルバム2です。

彼ららしい朗らかで温かく軽快な作品に仕上がっております。

でも、やっぱり、そろそろ、本体THE HEARTBREAKERSの音源が聴きたいぞ!

 

 

 

以上です。

他にも入れたかった、紹介したかった音源は複数あるのですが、区切りのいいところでこの辺でやめておきましょう。

しかし、我ながら。。。

 

偏っているな〜〜〜〜 :mrgreen:

 

でも、これでいいのだ!!

 

2016年。

皆さまはどんな音源が心に残りましたか?

機会がありましたらぜひともお話を聞かせて下さい!

そして、2017年もナイスな音楽ライフを送りましょう!!

 

 

 

 

◆本日の一曲◆

 

 

Trailer

by MUDCRUTCH

 

今日は休もうかな?と思ったけれど無理そう。。。

お取引先様にお邪魔して、お得意様からいただいた依頼のため資材屋さんを見に行って、どこかで店に戻って事務作業をしなければ!!

あ、トレーニングと明治神宮の御祈祷にも行こう。

という訳で、今日はあちこち移動するので「一枚」ではなく「一曲」を。

「次点」にしたMUDCRUTCHの2からTrailerです。

めちゃくちゃいい曲ですよね!

皆さま、良き1日を!!

 

 

19th. Jan. 2017

Ryoji Okada

 

 



本日(1.18 Wed)は急遽14:00-20:00まで営業いたします!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

1月は水木定休に戻して営業致しますので何卒ご了承下さいませ。

 

 

人材募集! LOUD GARDEN 第2章を一緒に創ってくれる方を探しております!

 

 

M-65ジャケットのオーダーを始めました!

 

 

 

本日(1.17 Wed)は14:00と夕方にポイントをいただいたのと残務処理が山ほど存在するので、急遽14:00-20:00で営業をいたします。

14:00のアポイントは「ネットでLOUD GARDENのオーダー品を販売したい」というお話だそうで。

ネットで簡単に販売出来るようなシステムではないのですが、何でも「話は聞いてみるもの」という主義なのでお会いすることにしました 🙂

 

 

 

という訳で、14:00-20:00まで絶賛営業いたしますのでお近くまでいらした際にはぜひともお立ち寄り下さいませ。

 

 

 

では、年末にお渡ししたファンシーなシャツをご紹介して今日のDiaryは締めます!

 

 

 

A様がT様にプレゼントとしてご注文なさった2枚です。

A様、いつも本当にありがとうございます。

T様、この度は本当にありがとうございました。

 

 

 

 

18th. Jan. 2017

Ryoji Okada

 

 

 



ライニングはエキサイティングにいこう! その2

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

1月は水木定休に戻して営業致しますので何卒ご了承下さいませ。

 

 

人材募集! LOUD GARDEN 第2章を一緒に創ってくれる方を探しております!

 

 

M-65ジャケットのオーダーを始めました!

 

 

 

PHX、MINとの三つ巴のウェスタン最弱決戦に勝ったり負けたりしている我がDALですが、昨日はMINをホームで返り討ちにしました。

まあね、ヴェテランが多いとはいえ真面目で経験と才能があるプレイヤーがそこそこ集まっていますからね、怪我人が少なくなってくればそこそこやりますよね。

でも、今からPOは難しいのかな〜〜〜?

ちなみに三つ巴で勝ったり負けたりの直接対決をしているせいか、つまり、ここ最近の数ゲームは5割前後の星取りになっているせいか、仲間にLALが入ってきて四つ巴の様相を呈してきました :mrgreen:

一気に抜け出すか、このまま低迷してドラフト上位指名権を獲得するか、どちらに転んでもエキサイティングなシーズンになってきたようです!

めっちゃ下位なのに(笑)。

Go! MAVS!

 

そして、大事な局面のゲームではほぼ必ず負けつつも、少しづつステップアップしている感のある今シーズンのMILですが、昨日の@ATL戦はやっぱり負けました 😡

4位につけているATLとのゲーム差を一気に0.5まで縮めるチャンスだったのですが。。。

まあ、仕方がない!

今シーズンは、G.AntetokounmpoのAS出場(間違いないです)を筆頭にチーム自体は超エキサイティングになっていますしね、最終的に4位くらいでPO進出を決めてカンファレンスファイナルに挑戦するくらいまでいければ100点満点でしょう!!

そして、来シーズンがいよいよ勝負ですね!!!

とはいえ、今シーズンももちろん大事、今日のPHI戦も快勝して欲しいものです。

Go! BUCKS!

と思ったら今日のゲームは早めであっさり負けておりました。。。

 

 

 

 

ところで。

「エキサイティング」といえば。

エキサイティングな人生、エキサイティングな装い、エキサイティングな仕事、エトセトラ。

エキサイティングという言葉はなんともいい響きを持っていますよね!

何事もエキサイティングにいきたいものです!!

そして、オーダーメイドの醍醐味の筆頭には「エキサイティングなライニング」があると思います 🙂

もちろん素材やデザイン、ディテイルもそうなのですが、中にはお仕事柄等で表素材やデザインは極力シックにしなければいけないという方も少なくありません。

そう考えると、どなたでも「エキサイティングに攻める」ことが出来る代表選手といえば、ライニングではないでしょうか?

という訳で、最近お客様がセレクトなさったファンシー&エキサイティングなライニングをご紹介します 🙂

いずれも、11月に「現在のところ日本では1冊しかない」という触れ込みで入荷したHuddersfield Fine Worsted社の”FLASH” Liningsというバンチブックからセレクトいただいたライニングです。

では、早速ご紹介しましょう!

*1ヶ月ほど前にもご紹介したと思うのですが、その第二弾です。

 

 

 

 

服となって仕上がった第一号のFLASH Liningsからセレクトいただいたライニングはこちらです!

 

 

ワンチャン!

最高です :mrgreen:

 

 

 

続いて年末年始に届いた分をご紹介!

 

 

 

 

 

いずれもエキサイティングですよね〜〜〜〜〜!!!

今からこれらのライニングがジャケットの内側について服として仕上がってくる訳です!!

楽しみで仕方がないです :mrgreen:

 

ご注文下さいました皆さまにこの場を借りて改めて心よりの御礼を申し上げます。

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日も年始に(あれ?これは年末だったかな?)入手した音源を。

数年前、恐らくは2013年の1月のこと、ずっと行きたかったダブリンを初めて訪れた時に「発見」したKEYWESTの2015年作品にして、現時点での最新作Joylandです。

僕が彼らを「発見」したのは、ダブリンを訪れたいと思っていた最大の理由のひとつである「Grafton Streetでのバスキングバンドチェック」を愉しんでいた時のことでした。

シンガーの素晴らしい声と美しいメロディは、一聴して明らかに他のバンド/ミュージシャンと違いました。

完全に心と涙腺の鍵を奪われた僕は、その日彼らが紡いだ4曲を深く聴き入りました。

特にSalvationという曲には大感動、心を打たれました。

そして、涙が止まりませんでした。

あの時のことは今でも鮮明に思い出すことが出来ます。

もちろん、その場で売っていた自己製作のCDも3枚とも購入しました 🙂

 

そんな彼らも今やかなりの人気バンドで、SNSによれば、本作はIrelandのナショナルチャートでNo.1に輝いたようですし、地元だけではなくUKツアーも完売御礼の嵐のようです。

そりゃそうだ、素晴らしいもの!

 

で、何故にそんなにも惚れ込んだ彼らの音源をリアルタイムではなくこのタイミングで入手したかと申せば。。。

Amazonではダウンロード販売しかしていないんですよね〜〜〜〜 🙁

こんな時代でもきちんとソフトが欲しい僕としてはちょっと。。。

そんな訳で。。。

その後、ちょくちょく「CD(なりLP)で買えるようになっていないかな?」とチェックはしていたものの一向にそうはならずで、昨年の12月を迎えてしまった訳です。

一昨年の夏にダブリンを再訪した時にはレコード店に行く時間がなかったしな〜〜〜〜。。。

まあソフトがなくてもね、YouTubeには頻繁にライヴ動画をアップロードしているし、Facebookでもたまに生ライヴをストリーミングしているし、彼らの音楽は大いに愉しめていた/いるのでいいんですけれどね。

が、しかし、でも、やっぱり、とはいえ、ソフトは欲しい。。。

欲しいものは欲しい!

と、そんな僕に吉報が!

昨年の12月にオフィシャルサイトで「Joyland + Joylandの双子盤アルバム(?)Fairground + Tシャツ2枚」セット(しかも音源にはメンバーのサイン入り)が売り出されたのです 🙂

もちろん即購入!

という訳で、リリースから1年以上遅れて入手出来たのです✌️

 

Joyland、いいアルバムです!

いつか来日して欲しいものです!!

 

 

 

 

では、オープニングトラックAll My Mistakeのミュージックヴィデオを。

 

 

いい曲ですよね!

やや陳腐ながらもチャーミングなストーリーの動画もナイス :mrgreen:

 

 

 

続いて、本作の(私的な)ハイライトトラックThis Is Heartbreakのライヴ動画を。

 

 

曲もシンガーも最高!

もちろんバッグの演奏もいい感じ!!

そしてGrafton Street、また行きたいな 🙂

 

 

 

最後に、僕の魂を揺さぶりまくった名曲Salvationをライヴ動画で。

 

 

素晴らしい!

いつ聴いてもグッときます!

ちなみに、この動画は僕が彼らを「発見」した前日とか翌日のライヴ動画です。

思い出すな〜〜〜〜!!

あの時に買った、そして、この曲が収録されたライヴ盤の自主制作CDは僕の宝物です 😉

ああ、音楽って素晴らしい 🙂

 

 

17th. Jan. 2017

Ryoji Okada

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.