Ryoji Okada Official Website

Diary

Grazie tante!御礼! Style Suggestions by I MURR 大盛況でした!!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

 

Polo Coat取扱開始!

 

 

  

Ryoji Okada連載コラム第三回「装うことを楽しもう」更新!

 

 

 

 

昨日開催したI MURR present Style Suggestions by I MURR。

 

正直なところ、かなり心配でした。

 

 

イタリアでは有名だけれど日本ではほとんど知られていないふたり。

 

初来日。

 

無論、日本語は話せない。

 

既に独自のスタイルを確立なさっているお得意様が多いLOUD GARDEN。

 

3連休の前日。

 

あれこれ、不安材料を数え初めるときりがないのであります。

 

途中、「集客。。。本当に大丈夫だろうか????」と思うこと、複数回。。。

 

お得意様や友達に相談すること多数。。。

 

 

 

が、しかし、それでも、やっぱり彼らは素晴らしいし、盛況に終わらなかったとしても命を取られる訳でもないし、やるからには徹底的にやろう!

 

と、開き直れたのは数日前になってのことでした笑。

 

 

でも、完全に開き直ってやってみて本当に良かったです。

 

最終的には、17:00から(ここだけの話、彼ら、遅刻してきました汗)22:00までの5時間で延べ30人以上の方達に集まって頂けました。

 

I MURRチームが4人、LOUD GARDENチームが3人だから、主催者側を含めたら40人強。

 

I MURRのファンのカナダ人の方が京都から駆けつけてくれたり、偶然にも昨夕成田に着いたNickとVeronicaも来てくれたり、PRのRitaのご友人のご夫婦がいらっしゃってくれたり、「友人のすすめで来たのですが何のイヴェントですか?」という感じで来て下さったかわいいお嬢ちゃんを連れたご夫婦がいらしてくれたり、様々なサプライズ来店もあって、国籍、性別、年齢を超えた、何ともガンボな素晴らしく楽しい会になりました。

 

いらしてくださった皆さまに心よりの御礼を申し上げます。

 

本当に有り難うございました!!!!!

 

 

その一方で、「人が多くて身動き取れない」時間帯もありましたし、せっかくいらして頂いたのにあまりお話ができなかった方もいらっしゃいました。

 

うまくアレンジ出来なかったところは、すべて僕の責任です。

 

申し訳ありませんでした。

 

 

 

とにもかくにも、2014年の大事なビッグイヴェントがひとつ、無事に終了!

 

ばんざ〜〜〜〜い!!!!

 

 

 

 

狭い店内、そこここでちゃんとスタイルサジェスチョンもしているあたり、さすがプロ中のプロです!

 

10411019_850338478320201_2629637439853917539_n

 

そういえば、Robertaが途中でシューズを履き替えていたのにビックリ。

 

 

 

 

そのRobertaからスタイルサジェスチョンを受ける、高校の同級生ノブオ氏。

 

IMG_4929

 

Afterの写真を撮り忘れてしまった汗。

 

 

 

 

Antonioにスタイルサジェスチョンをした私。

 

IMG_4927

 

このコート、似合う〜〜〜〜!

 

 

 

 

仲良し夫婦二組!

 

10411064_648357838608520_1502093679268223534_n

 

 

僕は、写真の時、何故に高頻度でナマズ顔なのか???

 

つまり、写真のせいではなく、元の顔がナマズなのか笑。

 

 

 

 

悪ガキ、Mario!

 

10805747_743092959106264_7103931491176436717_n

 

超チャーミング!!!

 

仲良くなれて嬉しかったです。

 

 

 

 

Mario画伯のスケッチ。

 

IMG_4933

 

 

 

以上です!

 

今回のイヴェントのおかげでI MURRとの関係はより一層良好になりました。

 

これも集まって下さった皆々さまのおかげです。

 

改めて心より御礼を申し上げます。

 

とりわけ、お忙しい中いらして下さったお得意様の皆さまには頭が上がらない程に感謝しております。

 

 

そして、I MURRとLOUD GARDEN、RYOJI OKADAの今後のコラボレーションにも乞うご期待下さいませ。

 

 

 

STAY TUNED!!!!!!!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

51hPGLPPH9L._SX425_

 

La Sesion Cubana

 

ZUCCHERO

 

 

イタリア人が合計6人も集った、そして、イタリア語が出来る日本の方が4人もいた昨日の会。

 

「お〜〜〜!ZUCCHEROじゃん!!このアルバムいいよね〜〜〜!」となると、ミュージックラヴァー冥利に尽きるのですが、この音源に触れる人は一切なしでした(泣)。

 

それだけが心残り。

 

という訳で、今日も。

 

 

 

国民的ロックスターのはずなんだけどな〜〜〜〜。

 

 

キューバ音楽的要素が強いこのアルバムより、この曲が入っているアルバムの方が良かったかな?

 

 

 

22nd. Nov. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 

 



本日17:00-22:00! Style Suggestions by I MURR

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

 

Polo Coat取扱開始!

 

 

 

Coming very soon! “Style Suggestions” by I MURR @LOUD GARDEN!

 

 

  

Ryoji Okada連載コラム第三回「装うことを楽しもう」更新!

 

 

 

 

今朝はGGにも行かずに、今日の早朝からイヴェントの準備。

 

IMG_4893

 

いや〜、しかし、昨夜遅くまで残って、片付けをしておいて良かった!

 

もしやっていなかったら超、スーパーにバタバタだったという笑

 

 

 

 

そして、先ほどAntonio、Roberta、MarioのMurr一家とPRのRitaがLOUD GARDENまで来て打ち合わせをしました。

 

IMG_4918

 

写真を撮ったのですが、なんつ〜〜〜〜か、超疲れている感の僕。。。

 

 

 

 

あ、そういえば、偶然にも同じタイミングで来日、今日の18:00に成田着のNickとVeronicaも間に合えば来るとのこと。

 

IMG_1626

 

懐かしいぞ!

 

 

 

とにもかくにも、ドリンクもた〜〜〜〜くさん仕込んでしまいましたので、ぜひとも、一杯やりにいらして下さいませ!

 

お願いします!!!!!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

51hPGLPPH9L._SX425_

 

La Sesion Cubana

 

ZUCCHERO

 

 

かように、イタリア人がたくさん来る日はこの人の音源しかないでしょう!

 

みんなが好きかどうかは謎だけれど。

 

イタリア、いや、ヨーロッパを代表するルーツロッカーが2012年にリリースした、キューバの音楽家たちとのセッション作品です。

 

最高に楽しい意欲作です。

 

2年前だったか、イタリア出張の時にイタリア国営放送のRAIでこのドキュメンタリー映像を流していたのですが、言葉はチンプンカンプンながら思わず見入ってしまった記憶が蘇るな〜〜〜〜 :-D

 

カヴァーと自作曲がほぼ半々というバランスもいいです。

 

 

 

では、このアルバムのリードトラックのミュージックヴィデオを。

 

 

最高です :-P

 

日本にも、彼くらい世界の大物と共演出来るロッカーが現れて欲しいものであります!

 

 

 

 

21st. Nov. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 

 



WWⅠ spec trenchcoats by Corby Factory just arrived form England at last!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

 

Polo Coat取扱開始!

 

 

 

Coming very soon! “Style Suggestions” by I MURR @LOUD GARDEN!

 

 

  

Ryoji Okada連載コラム第三回「装うことを楽しもう」更新!

 

 

 

 

 

昨日、久し振りにパーマをかけました。

 

もう一度、かなりのロングヘアにしたいと思っているのですが、ここ最近すんごく中途半端な長さだったので遂に。。。

 

それにしても、パーマは久し振りです。

 

多分、前回のパーマは15年くらい前になるんじゃないかぁ???

 

その時は何度か同じパーマをかけていたのですが、実はあの時の初回が生まれて初めてのパーマでした。

 

「これじゃいかん」のですが、幼少の頃からヘアスタイルにあまりこだわりがないんですよね。。。

 

でも、今回の髪型、とっても気に入っております!

 

ここ数年くらいはナイスなロングヘアを目指して、こんな感じでパーマをかけ続けようかしら?と思いました。

 

「ナイス」といえば、今日のDALはナイスでした!

 

戦力アップに成功したことで、今シーズンは東のカンファレンスファイナルあたりまでいけるか?と目されているWASとのロードゲームに激勝、連勝を5に伸ばしました!!

 

格下だった4連勝中の相手に比べて、WASは下馬評では同格クラス、そんな相手とのゲームは今シーズンの行方を占う上でもかなり大事だったので、接戦の制して勝利出来たのは何とも素晴らしいことです!

 

そして、もっと「素晴らしい」のが今日のMIL。

 

J.Kiddが昨シーズンHCとして率いたBKNとのロードゲームを、3OTという超激戦を経ての勝利。

 

低迷しているBKNとはいえ、ヴェテラン揃いの老獪なチーム、放り出したようにも見える前コーチ相手に燃えているであろうチーム、そしてロードゲームです。

 

更に、MILは昨日からの連戦。

 

そんなゲームを、三回ものOTの末で競り勝ったのは本当に素晴らしい!

 

今日の勝利で、東とはいえ、4位に浮上!!

 

若いチームだけに、勢いづくんじゃないかな〜〜〜〜〜〜??

 

Go! Go! BUCKS!

 

そして。

 

Go! Go! MAVS!

 

 

 

 

ところで。

 

「久し振り」かつ「素晴らしい」といえば。

 

LOUD GARDENの主たる生業は仕立て服なのはご存知の通り。

 

ですが、例外的に既製品を扱うこともあります。

 

例えば、ソックス等「オーダー対応が出来ないアイテム」、この春夏に作ったファンシーパンツ等「こんなものを作って世に問いたい!と我々が思ったアイテム」、そして、オーダーで出来るとしても「サンプルを見て『これは素晴らしい!』と感動したアイテム」、そんなアイテムたちを既製品で取り扱います。

 

今日は、以前にもちらっと取り扱いする旨を紹介したかと思いますが、最高にナイスなWWⅠ(第一次世界大戦)スペックのトレンチコートが遂に入荷したのでご紹介します!

 

半年くらい前でしょうか?初めてこのサンプルを見た時に「おお!これはすんばらしい逸品だ!!」と感動したのですが、サンプルを見てあそこまで感動したのは本当に久し振りのことでした :-D

 

では、早速、世界中のあらゆるメンズウェアを見てきたRyoji Okadaを「大感動」させたトレンチコートの全貌をご紹介します!!!

 

 

 

 

こちらです。

 

10358753_741640065918220_1545181129282248437_n

 

トレンチコートの男性らしさを強調してくれるこの佇まい、堪りません!

 

そして、第一次世界大戦時のスペックを再現したそこここのディテイルから香る「本物感」も堪りません!

 

見れば見るほど、初めて見た時の感動が蘇ります :-P

 

 

 

 

ラペルを上まで締めてもとってもクール!

 

10407296_741639992584894_7610894308867599647_n

 

デニムやレザーパンツと合わせる場合はこのスタイルがいいかも?

 

いずれにせよ、オン/オフ両方使えますよね。

 

 

 

 

チンフラップも止めてみましょう。

 

10334327_741639995918227_6267981231318934023_n

 

このチンフラップの形状はとってもレアですね。

 

この辺りもWWⅠスペックなんですね ;-)

 

このスタイルの場合は、テーパードパンツをブーツにインすれば雰囲気抜群ですね!

 

 

 

 

バックスタイルもクール!

 

10355373_741640069251553_5275753907772544896_n

 

 

ん?カラー裏の中心のボタンはなんだろう???

 

後で確かめよう!

 

 

 

それにしても、高い完成度。

 

オーダーメイドでこのトレンチコートを再現するのは困難至極です。

 

でもね、それもそのはず、このコートは、Aquascutam社の直営工場として1909年に創業したCorby Factoy謹製なのであります!

 

つまり、実際にトレンチコートが初めて使われた第一次世界大戦時、つまりトレンチコート誕生時から生産に携わっていた工場だからこそのアーカイヴ資料や縫製設備が、このこだわりに満ち満ちたWWⅠスペックの再現を可能にしたのです!

 

その一方で、21世紀の現代に合わせてシルエット他、部分部分がモダナイズされているのも嬉しい限りです。

 

 

 

 

更に、豪華にもHarrisons of Edinburghのタータンチェックを使用した取り外し可能なライナーがついているのもナイス!

 

1896963_741640109251549_6028534067254575599_n

 

当たり前のように貫通ポケット仕様なのも頼もしいですね!

 

それにしても、このライニングだけで、○万円分の価値があるのでは????笑

 

 

 

 

そして、ボタンに輝くのはCorby Factory 1909の刻印が。

 

1236032_741640019251558_6713956771746455514_n

 

「1909」が、特に嬉しいですよね!

 

 

 

 

以上です。

 

この仕上りで、この仕様で、この円安の中で、¥180,000-(+税)は決して高くはないと思うのですがいかがでしょうか?

 

Navyとの2色展開(Navyの入荷は今月末頃になりそうです汗)です。

 

いずれも入荷はごく少量、つまり、完売必至ですので、気になる方がいらっしゃいましたらぜひ早めにご来店をお願いいたします!!

 

出来れば、明日のI MURR presents Style Suggestions by I MURRに参加がてらチェックしてみて下さい!

 

 

 

 

え〜〜〜〜っと。

余談ではありますが、基本はしっかり踏襲しながらもアヴァンギャルドなアイディアをたくさん封じ込めたオーダーメイドのトレンチコートも同時におすすめであります ;-) ;-) ;-)

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

51rYWg645IL._SX355_

 

夕陽へのファンファーレ

 

HEATWAVE

 

 

聴けば聴くほどナイスなHEATWAVEの新譜を今日も。

 

2007年。

 

今よりもっと小さく、自信がなく、迷いがあった僕にはland of musicが必要でした。

 

2014年。

 

7年前より少し大きくなって、根拠のある自信が湧いてきて、迷いがなくなった僕には夕陽へのファンファーレが必要です。

 

山口さん、HEATWAVEの皆さん、本当に有り難う!

 

 

 

では、新譜にも収録されている、僕がここ数年で最も好きなこの曲を山口さんと細海さんのDuoで。

 

 

いい曲だな〜〜〜〜〜〜!

 

 

 

20th. Nov. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 



いよいよ明後日! I MURR presents Style Suggestions by I MURR @LOUD GARDEN

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

 

Polo Coat取扱開始!

 

 

 

Coming very soon! “Style Suggestions” by I MURR @LOUD GARDEN!

 

 

  

Ryoji Okada連載コラム第三回「装うことを楽しもう」更新!

 

 

 

 

 

今日のNYK戦に勝利してMILも黒星が先行しました。

 

まだ11ゲームしか消化していないとはいえ、これにて東の5位に浮上。

 

昨シーズンはリーグ最下位、15勝しか出来なかったチームとは思えないスタートです。

 

西高東低とはいえ、見事です!

 

いよいよ楽しみなチームになってきました。

 

それにしても、J.KiddはBKNから脱出して良かったですね〜〜〜!

 

今シーズンこのまま5割前後の成績を続けられれば、早くもコーチとしての評価も高めそうです。

 

 

 

 

ところで。

 

「いよいよ」といえば。

 

先日もお知らせした、来たる11.21FriのI MURR presents Style Suggestions by I MURR @LOUD GARDEN。

 

 

Invito Giappone correct

 

ぜひとも、皆さま!

 

ご参加、というか、ふらりとお立ち寄り下さい!!!!!!

 

何卒よろしくお願いします!

 

 

 

肝心の当日の内容ですが、Style Suggestionsを直訳した「スタイル提案」というのはちょっと大袈裟でして、

 

当日は和んだ空気の中、ファッション談義をしたり、イタリアンワインを愉しんだりしていただければと考えております。

 

もちろんご予約も会費も不要ですので、お時間が出来ましたらどうぞ気軽な感じでいらして下さいませ。

 

 

 

いや、本当に、これはですね、誰もいらっしゃらないとシャレにならないので(汗)、どうか何卒よろしくお願い申し上げます!

 

 

 

 

ちなみに、彼らは日本のファッション誌にもスナップを激写されるほどのファッショニスタ!

 

IMG_2046

 

しかも1ページ!!

 

 

 

 

そして、イタリアではかなりの有名人。

 

 

この動画はイタリア語なので何の番組か分かりませんが、自身の番組も持っているほどです!

 

 

 

 

そしてそして、極めてフレンドリーでもあります :-P

 

だからこそ、何処の馬の骨ともわからないジャポネーゼデザイナーの僕を可愛がってくれるんですよね!

 

 

そんな彼らに、「こういう場合イタリア人なら何を合わせるの?」とか「このスーツにベストなシューズは?」といった疑問をぶつけてみたり、「ミラノで最も美味しいカツレツを食べられるレストランは?」といったファッション以外の情報を求めてみたりしてみませんか??

 

というか、ぜひともして下さい!

 

日本人からはなかなか出てこない発想を持っている彼らです。

 

彼らの感性は、既にご自身独自のスタイルを完成されている皆さまにも、きっと参考になるに違いありません!

 

日本語は話せませんけれど、英語を喋りますので、コミュニケーションは取りやすいと思います。

 

よりコミュニケーションが円滑になるためにイタリアンワインもご用意致します ;-)

 

もちろん、場合によってはGorden君と僕が通訳致します。

 

 

 

かような、I MURR presents Style Suggestions by I MURR @LOUD GARDEN。

 

17:00から22:00まで開催しております。

 

皆さま、ぜひともご参加下さいませ!!

 

 

 

I MURRのofficial websiteはこちらです。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

51rYWg645IL._SX355_

 

夕陽へのファンファーレ

 

HEATWAVE

 

 

今日は店が定休日なので、いつもよりヴォリュームを上げて聴いています。

 

そして、スピーカーの中心に近い位置に座って仕事をしています。

 

ベストな環境で聴くと更にいろいろな風景が広がります。

 

素晴らしいアルバムだ!

 

山口さん、改めて、完成させくれて有り難うございます :-P

 

 

 

 

では、一昨日のライヴでも披露されたこのガッツ溢れる名曲の動画を。

 

 

一昨夜のライヴで演奏されたのとはアレンジが異なりますが、オリジナルに近いこの演奏もやっぱりナイス!

 

 

 

 

19th. Nov. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 



それでも世界は美しい HEATWAVE @duo MUSIC EXCHANGE, Shibuya.

Ryoji Okada

 

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

 

Polo Coat取扱開始!

 

 

 

Coming very soon! “Style Suggestions” by I MURR @LOUD GARDEN!

 

 

  

Ryoji Okada連載コラム第三回「装うことを楽しもう」更新!

 

 

 

 

 

昨日は久し振りにHEATWAVEのライヴに行ってきました。

 

何せ、ライヴ盤とコンピレーション盤を除いて数えれば7年振りのニューアルバムを帯同してのライヴだしね、マストゴーです!

 

更に、確か昨年のライヴは見逃したしね、尚更にマストゴーです!!

 

同じように最近は出席率が落ちているけれど、それでも山口さんのソロライヴの方が頻繁に行けてると思います。

 

という訳で、すんご〜〜〜〜〜く楽しみでした。

 

でも、実は、昨日も、かように行く気満々な一方で、いよいよ3日後に迫ったI MURR presents “Style Suggestions” by I MURRの準備(皆さん、ぜひいらして下さい!誰も来ないとシャレにならないのであります汗)とか、12月の出張の下調べとか、少〜し減り始めた残務処理を更に減らすためのワークとか、いろいろ、とにかくたくさんやるべきことがあるので、少々悩んでいたのも事実。。。

 

そんなこんなで、前売り券は購入せずに「行ける環境だったら行こう」という感じで当日を迎えたのですが、幸いにも日中の仕事もはかどり、夕方のご来店も少なかったので(←これは痛し痒し!)、無事に脱出することが出来ました。

 

計算を間違えてちょっと早く出過ぎてしまったのでそこここに寄り道しながら会場へ。

 

 

 

定刻10分過ぎくらいかな?皆さんが現れる。

 

山口さんはストライプのジャケット(ちなみに、RYOJI OKADAのジャケットではありません)。

 

昨日はお召しになっていたシャツも違ったんじゃないかな(泣)。

 

独自の調査(?)をしてみたら、シャツはRYOJI OKADAのでした〜〜〜 :-D

 

プロとして恥ずかしい。。。

 

では、気を取り直して、簡潔ながらライヴのリポートを。

 

 

一曲目はStill Burning。

 

渡辺さんのリフから始まるこの曲ですが、タタタタン!と池畑さんのスネアが入った瞬間に「お〜〜〜、来て良かった」と思ったのであります。

 

池畑さんのドラムはやっぱりかっこいいですよ〜〜〜!

 

気合いが入りまくっている様子の山口さんのギターも序盤から冴え渡っていました。

 

あ、それから、喉の調子がいつになく良いのでは?と感じました。

 

また、渡辺さんがリードシンガーの夢の底は何とも楽しかったですし、裏腹を初めて聴けたのも貴重でした。

 

個人的には本編最終盤の「荒野の風→ボヘミアンブルー→No Fear」の3連発にやられましたね :mrgreen:

 

そして、「意外な選曲だな?」と思いましたけれど、ライヴがそれでも世界は美しいで締めくくられたのも良かったです :-P

 

何はともあれ、とってもナイスなライヴでした。

 

HEATWAVEの皆さん、お疲れ様でした&有り難うございました!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

51rYWg645IL._SX355_

 

夕陽へのファンファーレ

 

HEATWAVE

 

 

もちろん今日は、まだライヴ会場でしか買えないニューアルバムを。

 

7年振りのニューアルバムの「ほぼすべてがライヴで慣れ親しんだ、そして、ソロ音源やライヴ音源などに収録済の曲」というのはどうなんだろう?

 

正直、そう思う部分もありました。

 

でも、実際に聴いてみたら、山口さんが丁寧に作ったのが手に取るように分かる、温かで豊かな音がスピーカーから飛び出してきたので、現在はとても満足しております。

 

今より弱くて小さかった僕を支えてくれた前作Land Of Musicも素晴らしいアルバムですが、本作もこれから何百回と聴くことになることでしょう。

 

渡辺さんが手掛けたという、ジャケットのアートワークもとっても素敵ですよね?

 

 

 

そして、え〜っと、次作はもうちょっと早めに作って欲しいのであります!

 

また7年後だと私、50歳になってしまいます笑

 

 

 

では、すんごい昔の裏腹のライヴ動画を。

 

 

ガツンとくるごっつごつの名曲です!

 

 

 

18th. Nov. 2014

 

Ryoji Okada

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagChinese (Traditional) flagPortuguese flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.