Ryoji Okada Official Website

Diary

Introducing made-to-order belts.

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

Style&Co.という新しいライフスタイリングサーヴィスにスタイルエディターとして参加しています。

 

 

Seacret Remedy × LOUD GARDENのコラボレーションメガネ「ALOOK HACIENDA(アルク・ハシエンダ)」発売中!

 

 

ネパールへの恩返しを考える。

 

 

 

◆ 本日(2.11 THU)は木曜日ですが、通常営業(12:00-20:00)いたします。◆

 

 

 

昨年は諸々あって。。。

特に5月以降は。。。

トレーニングの質が落ちたように思うし、アルコール頻度も含めた食生活は劣悪だったし、睡眠状況も良好ではありませんでした。

おかげで、心身ともにあまり健康ではなかったような気がします。

でも、今年に入ってからは徐々に好転してきました。

そのせいか、ここ最近は身体の調子がかなり良好です。

具体的にはGGに通い始めてから4年あまり経つのですが、体重は最も軽く、胸囲は最大、お腹のだらしな〜〜〜い贅肉も少なくなってきたような。。。

昨年はちょっとタイトだったパンツのウェストにもゆとりが出てきたような気がします。

今日は筋肉休養のためにトレーニングはお休みしたので明日にでも体脂肪を計測しようっと!

何はともあれ、この調子でトレーニングの質を上げて、食生活を改善して、質の高い睡眠をとるようにして、心身ともに健康度を高めたいです。

夏までにお腹の贅肉も大幅処分したいな〜〜〜 😎

Go! RYOJI!

 

 

 

ところで。

「お腹」といえば。

ベルトです。

お得意様はご存知の通り、LOUD GARDENではオーダーベルトも取り扱っております。

長さや太さだけではなく、レザーの種類、バックルの種類、ステッチの有無、ステッチのカラー、内側のレザーのカラー、先端の形状、穴の数などなど、様々お選びいただけるオーダーメイドです。

 

 

 

先日も俳優をなさっているお得意様から色違いで4本、ヌバックのベルトをご注文いただきました。

 

12654236_1051979578155617_7142343518960319678_n

 

ベイジュ、ブラウン、ネイヴィ、ブラック。

この4色があれば完璧ですよね!

 

 

 

では、個別に見てみましょう。

 

12654708_1051979501488958_7571905754663990205_n

 

12669499_1051979504822291_774146475268457570_n

 

12645247_1051979508155624_1478421752096703547_n

 

12642603_1051979581488950_2332827391112607854_n

 

どれも素敵ですよね〜〜〜〜。

僕も同マテリアルのベルトを2色で、具体的には、ブラックとブラウン、あるいは、ブラックとベイジュで揃えることは結構あるのですが、4色はないな〜〜〜。

贅沢ですよね。

さすがです!

ちなみに、幅はドレスベルトとしてはかなり細めの25㎜です。

シャープ&エレガントでとっても素敵ですよね。

 

 

以上です。

ヌバック以外にもキップレザー、コードヴァン、クロコダイルなどのマテリアルをご用意しております。

バックルもデッドストック含め多様にご用意しております。

縫製は足立区の熟練職人さんにお願いしております。

という訳で、自身だけのこだわりを満載にしたオリジナルベルトをご所望の方がいらっしゃいましたら、ぜひともLOUD GARDENにご相談下さいませ :-)

 

 

Made-to-measure belt(mad in Japan): ¥12,000 +tax~

 

 

W様、いつも本当にありがとうございます。

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

 

今日も新年に購入した音源、そして、昨日のTRACII GUNS’ LEAGUE OF GENTLEMENと同じく「まあ、めちゃくちゃいいことはないだろうなぁ」と思いながらも購入した音源。

1980年代前半に頂点を掴みかけた、カナダが誇るハードロックバンドLOVERBOYの9th(2014年作品)です。

ジャケットのアートワークとタイトルからも想像出来る通り、過去の未収録音源を基本的に新録して作った作品のようです。

この人たち、前作は「セルフカヴァーがメインで新曲が数曲」という形式だったし、本作と前作以外には7枚しかスタジオアルバムを出していないのにベストアルバムとライヴアルバムは計10枚以上出しているし、本作もこういう形式だし。。。

まったくもって、典型的な「過去の遺産で飯を食っている」人たちです(笑)。

でも、この音源はなかなかどうして悪くないです。

昨日の音源より全然いいな!

過去のアルバムに入らなかっただけに全体的にフックに欠く感じはしますけれど、LOVERBOYらしい良い意味での垢抜けなさ、MIKE RENOの少々鼻にかかった独特の声、時々場違いな暴走をするけれど基本的にはツボを心得たPAUL DEANのGなどなど、昔LOVERBOYがかなり好きだった僕としてはかなり楽しめました 😎

 

 

では、この名曲のミュージックヴィデオを。

 

 

1980年代屈指のパワーバラード。

いつ聴いても素晴らしい!

 

 

 

11th. Feb. 2016

Ryoji Okada

 

 



100% silk “♡ Camo” lining 絶好調!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

Style&Co.という新しいライフスタイリングサーヴィスにスタイルエディターとして参加しています。

 

 

Seacret Remedy × LOUD GARDENのコラボレーションメガネ「ALOOK HACIENDA(アルク・ハシエンダ)」発売中!

 

 

ネパールへの恩返しを考える。

 

 

 

 

◆ 明日(2.11 THU)は木曜日ですが、通常営業(12:00-20:00)いたします。◆

 

 

 

今日のNBAは5ゲームが用意されているのですが、今シーズン僕が注目している4チーム、具体的にはDAL、MIL、SAS、GSWともにゲームがあります。

4チームが直接対決するゲームはないので、全部見ようとするのは物理的に不可能。。。

加えて、今日は集中して雑務処理をしたいので空いた時間にダイジェストを見るだけで我慢することにしました。

昨日早く寝たおかげか、今朝は6:30から雑務処理スタート→朝食→お洗濯→GGでのハードトレーニング→店に戻って雑務再開と順調に午前中を過ごしたので、そして、このまま夕方まで駆け抜けたいのでNBA観戦なんてしている暇はないのであります 😎

でも、やっぱりDALのゲームだけは詳細が気になるな〜〜〜〜。

相手は目下6連勝中で8位に浮上した絶好調のUTAです。

一応はUTAより上にいるDALですが、最近良くないからな〜〜〜〜。

ここはひとつホームゲームですし、派手に叩いておいて欲しいものです。

今のところ、SAS勝ち、MIL勝ち、DALはOTの上で負け 😥 、GSWは試合中です。

 

 

 

ところで。

「絶好調」といえば。

昨年作った”♡ Camo” silkの新色ですがとっても好評をいただいております!

 

 

 

この2色、ネイヴィとグレイです。

 

12122744_913001822115376_334620087595245607_n

 

ふむふむ、こうして見るとやっぱりナイスです!

大川”Loud Girl”知沙子女史が散々悩んで決めたカラーだけにあります 😎

 

 

 

具体的にはこうなります。

 

12733629_1053833344636907_5993523579050712480_n

 

12705171_1052850764735165_3791500317614516972_n

 

Oh! Very nice!  😉

やっぱり、ネイヴィ/ブルー系のスーツやジャケットにはネイヴィ色をブラック/グレイ系のスーツやジャケットにはグレイ色をつける方が多いようです。

そりゃそうですよね!

これだけ美しいライニングです、やっぱり表素材のカラーとマッチさせた方がその美しさが更に引き立ちますもんね!

何はともあれ、世界広しといえどもLOUD GARDENでしか取り扱いがない♡ Camo silkです。

スーツやジャケットをご注文の際にはぜひともライニングにご検討下さいませ。

 

 

 

♡ Camo silkは既製品アイテムも作成しました。

 

IMG_4938

 

12510310_951315878283970_8695443538251828236_n

 

結び下げのネクタイは既に完売しておりますが、ボウタイ(¥6,900 +tax)とポケットスクウェア(¥6,000 +tax)は若干量在庫がございます。

気になる方はぜひともお早めにご来店、あるいは、ご連絡をお願いいたします。

 

 

 

また、定番のカーキ色は多めに作りましたのでまだ在庫ございます!

 

946797_1034238699929705_6313259496767613757_n

 

ベイジュ/ブラウン系のスーツやジャケットをオーダーの際にはこちらをぜひ :-)

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

 

今日も年始に調達した音源を。

ブルース系はネタ切れしたのでハードロック音源を。

TRACII GUNSが2012年に結成したバンドTRACII GUN’S LEAGUE OF GENTLEMENの1st(2013年作品)です。

そりゃね、今の僕の嗜好からしてね、この音源をすごく気にいる訳がないんですけれどね、昔取った杵柄ですかね、やっぱりHR/HM音源には触手が簡単に動いてしまうんですよねぇ。

で、内容ですが、確かに彼のキャリアの変遷からしてみるとこういったブルースロック路線は頷けます。

そして、思っていたより悪くはないです。

って、「悪いんだろうなぁ」と思うくらいなら購入しなければいいのにね(笑)。

でも、ちょっときれい過ぎる、というか、楽器が遠くで鳴っているような感覚を覚える、そして、厚みのないサウンドプロダクションが少々気になりました。

ヴォーカルだけやけに近い感じ?

それから、Shrapnel Recordsだけにか、Gもよく聴こえてくるんですけどね。

まぁ、メロディがまったく聴こえてこないグシャッとしたサウンドプロダクションよりはいいか。

多くはないけれどナイスな曲もありますしね。

TRCII GUNSキャリアの中では、やっぱりL.A. GUNSの1st(1988年作品)がぶっちぎりで最高なのは間違いない(ただし、未聴アルバムは結構あります)けれど、本作もそこそこ悪くない位置、多分真ん中辺り(よりちょい下かな?)にはつけているんじゃないかな?

ちなみにこのバンド、2014年には2ndもリリースしているようです。

機会があったら。。。

買わないなぁ。。。

いや、でも、また買っちゃうかもしれないな〜〜〜〜 :mrgreen:

 

 

 

では、ライヴ動画を。

 

 

Electric Gypsy、名曲だな〜〜〜〜〜〜〜!

L.A. GUNSの曲だけれど。

 

 

 

10th. Feb. 2016

Ryoji Okada

 

 



2.11 Thuは木曜日ですが通常営業(12:00-20:00)いたします。

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

Style&Co.という新しいライフスタイリングサーヴィスにスタイルエディターとして参加しています。

 

 

Seacret Remedy × LOUD GARDENのコラボレーションメガネ「ALOOK HACIENDA(アルク・ハシエンダ)」発売中!

 

 

ネパールへの恩返しを考える。

 

 

 

昨日は年に一度のSuper Bowl!

生では4Qの途中までしか見れなかったので夜中に録画を頭から見直しました。

5回のMVPに輝くレジェンドP.Manningと今シーズンMVPのC.Newton、新旧ドラフト1位QBの対決でしたが、Manningの衰えと初Super BowlのNewtonの硬さ、そして、両チームのD陣の仕上がりの良さから、QBが大活躍する派手なTDパスや魅せるプレーが少ない、かなりディフェンシヴなゲームになりました。

かといって、決して退屈なゲームではなく、きっとアメリカンフットボールを深く理解しているファンの方たちにはなかなかどうして見応えのあるゲームだったのではないでしょうか。

かなり浅いファンの僕でさえ、両チームのデフェンス陣、特にMVPに輝いたV.Millerを筆頭にしたDENのデフェンス陣の名プレーの数々には思わず声を上げてしまいました。

NFL最高!!

 

でも、NBAも最高!!

という訳で、NBAの話。

昨日ゲームがなかったKDやS.CurryはSuper Bowlの会場に来ていましたけれど、ゲームがあった選手たちはちょっとかわいそうですね。

それはさておき、一昨日は同カンファレンスのライヴァルMEMとのロードゲームがあったDAL。

連戦だけに、もしも前日のSAS戦に勝っていたらD.Nowitzkiはお休みしていたかもしれません。

が、SAS戦にコテンパンに負けたのでさすがに一昨日はフルメンバーでした(笑)。

して、その結果は。。。

OTまでもつれたもののなんとか勝利、ずるずるっと連敗の泥沼にはまりそうなところを踏みとどまりました。

素晴らしい!

詳細のデータはチェックしていないのですが、今シーズンはOTをほとんど落としていないんじゃないかな?

これまた素晴らしい!!

Go! MAVS!

 

でも、そんなことよりも一昨日はですね、GSWの強さが一段と際立った日でした。

CLEとSASがあそこまで完璧にやられた今となっては、GSWに対抗出来るかもしれない残る唯一のチームであるOKCとの今シーズン初対決があったのですが。。。

GSWの完勝だったようです。

ふ〜〜〜む、CLE、SAS、そして、OKCでもダメだとなると。。。

このところ調子がいいといっても、リーグ屈指の攻撃力を誇るバックコートコンビを有するといっても、TORでは無理でしょうし。。。

そして、一昨日の勝利で勝率は.920(46勝4敗)まで上がりました。

残り32ゲームです。

明日もホームでのHOU戦だし勝つだろうなぁ。

これはいよいよ記録更新、どころか75勝超えもありうるかも。。。

そして、ホームゲーム全勝とかもありうるかも。。。

すごいですよね〜〜〜〜〜!!!

ファンの人は堪らんだろうな!

という訳で、今シーズンはGSWのパーフェクト&記録づくめのBack To Back劇でほぼ決まり、といった感じですね、改めて。

まあ、それもよし!!

 

 

 

ところで。

「GSW」といえば。

S.CurryとK.ThompsonのThe Splash Brothers!

このバックコートコンビ、昨シーズンMVPにして現時点の得点王にして絶対的なエースS.Curryに目がいきがちですが、K.Thompsonの爆発力とDの良さもかなり強力です。

 

 

 

この男です。

 

November 4, 2015; Oakland, CA, USA; Golden State Warriors guard Klay Thompson (11) shoots the basketball against Los Angeles Clippers guard J.J. Redick (4) during the first quarter at Oracle Arena. Mandatory Credit: Kyle Terada-USA TODAY Sports

 

彼とD.Greenがいなければ、いくらS.Curryが時代を変えるほどのシューターといえども、GSWのここまでの快進撃はありえなかったことでしょう。

そして、この男の背番号は11。

そしてそして、毎週水・木に定休をいただいているLOUD GARDENですが、「11」日は建国記念日で休日なので通常営業(12:00-20:00)です。

 

 

 

Super Bowlで盛り上った今週月曜日(現地時間日曜日)、NBA All-star weekendで盛り上がる今週末(本戦は日本時間来週月曜日)。

ちょうどその中間に位置する2.11 Thu。

2016 Spring/Summerシーズンの新作素材・新商品が絶賛入荷中で静かに、そして、確かに熱く盛り上がっているLOUD GARDENにぜひともお立ち寄り下さいませ。

 

 

 

年始から始めているサンプルセールは「残り物には福がある」ということで再マークダウンしましたし。

こんなシャツ地を少量仕入れたりして、とかも考えておりますし。

 

s_IMG_5527

 

s_IMG_5526

 

s_IMG_5524

 

みなさまのご来店を心よりお待ち申し上げております :-)

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日も年始に調達した音源を。

1935年生まれ、現在80歳のハープ吹き、BILLY BOY ARNOLDの1993年作品です。

この人のアルバムを購入したのは今回が初めて、1990年代にAlligatorからリリースした2枚のアルバムの1作目です。

1950年代から活動していた人で過去の録音も残っているようですが、1990年代以降の方がキャリア的にはいい感じのようです。

ちなみに1955年にVee-Jayに録音した自作曲I Wish You WouldはTHE YARDBIRDSやDAVID BOWIEなどなど数多のロックバンド/ミュージシャンからカヴァーされている彼の代表曲です。

ちなみに、本作のオープニングチューンでもあります。

で、内容ですが、ごく一般的なモダンブルースアルバムですね。

悪くないです。

が、めちゃくちゃ素晴らしい!という訳でもないかな〜〜〜〜。

他の音源も集めよう!という気にはなりませんでした。

ちょっと声が好きなタイプじゃないのかな?

ファンの皆さま、すみません。。。

でも、ARNOLDさんのいなたいハープ、タイトなバックの演奏などなど、聴きどころはかなりあります!

 

 

 

では、I Wish You Wouldのライヴ動画を。

 

 

これはなかなかいい演奏ですねぇ!!

ちなみに、GはPHIL ALVIN。

DAVE ALVINのお兄さんですね!

 

 

9th. Feb. 2016

Ryoji Okada



The world of check!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

Style&Co.という新しいライフスタイリングサーヴィスにスタイルエディターとして参加しています。

 

 

Seacret Remedy × LOUD GARDENのコラボレーションメガネ「ALOOK HACIENDA(アルク・ハシエンダ)」発売中!

 

 

ネパールへの恩返しを考える。

 

 

 

 

 

いや〜〜〜、遂にこの日が来ました!

冬で最も楽しみな日。

そうです、NFLのSuper Bowl/スーパーボウルであります!

しかも今年は記念すべき50回目ですからね。

これは絶対に見逃せません!

録画もしましたけれど、やっぱり生で見た方が盛り上がるので出勤時間ギリギリ、4Q途中まで粘って観戦しておりました。

玄人好みのディフェンシヴなゲーム展開になりましたね。

僕はど素人ですけれど。

ともあれ、そんなこんなで私、最終的な結果を知りませんのでどうかご来店時には結果を仰らないようにお願いいたします!!!

あ、今日はネットは極力控えなきゃ。。。

いや、チェックしちゃうんだろうな〜〜〜〜〜 :mrgreen:

にしても、やっぱりSuper Bowlは盛り上がりますよね〜〜〜〜〜!

NBAのThe Finalsも最高だけれど、一発勝負のSuper Bowlはやっぱり特別です!!

毎年、この日ばかりはバスケットボールのことは忘れてしまいます。

 

 

 

 

ところで。

「チェック」といえば。

チェック人気は、2016 Spring/Summerシーズも引き続き継続のようです。

トレンドをおさえておきたい方も、トレンドとは距離を置きたい(←どちらかと申せば僕もこのタイプ)方も何かしらのアイテムでチェックは取り入れておくといいかもしれません。

ということで、ごく最近お作りしたチェックアイテムをご紹介します 😉

 

 

 

まずはジャケットを。

 

12645231_1050035088350066_8479101209010492639_n

 

クラシカルかつエレガント、そして、モダンでもある逸品に仕上がりました :-)

グレイ/ブラックのチェックにライトブラウンのウィンドウペーンが乗った素材なのですが、この絶妙なカラーリングがとにかく秀逸、パンツやインナーにモノトーンを持ってきても、茶系を持ってきてもきれいにスタイリングがキマるのであります!!

 

 

 

カラークロスもチェック。

 

12631451_1050035081683400_8952441187474430553_n

 

「どうしてもチェックが嫌!」という方は、カラークロスだけにでもチェックを取り入れてはいかがでしょうか。

 

 

 

あるいはライニングに。

 

12647060_1050035085016733_2985128387860168012_n

 

シックなジャカードのハウンズトゥースでしたら無地っぽいのでどなたでも抵抗なく採用出来るのではないでしょうか。

って、「どうしてもチェックが嫌!」という方はそんなに多くないですよね。

あ、でも、ジャケットはともかくとしてスーツの場合、カチッとした装いが求められる職場でお仕事をなさっているが故に「チェックNG」の方はいらっしゃいますよね、きっと。

そういうったご環境下にある皆さま、カラークロスやライニングでチェックを取り入れてはいかがでしょうか!

U様、いつも本当にありがとうございます。

 

 

 

 

続いてシャツ。

 

12687898_1052414424778799_6961610865672063128_n

 

12642942_1052414428112132_2095122010718000963_n

 

2枚とも英国Ringhart社の素材でお仕立てしました。

いずれもいかにも英国人が好みそうな色柄ですよね!

なんだか久し振りにこういうチェック柄のシャツを着てみたくなりました。

明日着ようかなっと!

T様、いつも本当にありがとうございます。

 

 

 

 

次にワンピース!

 

12651065_1051475498206025_2083638942171012427_n

 

はい、そうなんです。

LOUD GARDENでは、Women’sのスーツやシャツ、コートやパンプスだけではなく、かようにエレガントなワンピースもオーダーいただけるのであります!

このワンピースは細かな部分のより良いフィッティングを追求するために二度の仮縫いを経て完成、先日お渡ししました。

素材は、Loro Piana謹製のバンチブック”Wool & Cashmere Flannels”からお選びいただいたグレンチェックです。

と、まるで頻繁にご注文いただいているかのように書きましたが、実はワンピースは今回が初めてのご注文でした。。。

が、しかし、幸いにも大変にご満足いただくことが出来ました。

N様、いつも本当にありがとうございます。

 

 

 

 

そして、最後に絶品素材を!

 

s_IMG_5597

 

Loro Pianaの新作”Sunset”。

52% Silk + 48% Cashmere(220g/m)、恐らくは2016 Spring/Summerシーズンの新作コレクションの中で最もラグジュアリーなジャケット素材だと思われる逸品です。

最高品質のシルクならではの品格溢れる光沢、希少な原毛から紡績されたサマーカシミア由来の贅沢極まりないソフトでラグジュアリーな手触り、Loro Pianaならではのシックで美しい色使い。。。

素晴らしいの一語です!

先日、早速ご注文下さったお客様がいらっしゃり、昨日着分が届いたのですが、やっぱり。。。

本当に素晴らしいです!!!

U様、この度は当店をご利用くださいまして本当に有難うございました。

 

 

 

全5マーク。

 

s_IMG_5598

 

いずれも美しい色柄であります!

ご来店の際にはぜひともチェックしてみて下さい!!

本当に素晴らしい素材です!!!

 

 

 

以上です。

素晴らしきチェックの世界、ご堪能いただけましたでしょうか。

まだまだ続きそうなチェック人気。

ワードローブに新しいチェックアイテムを加えてみてはいかがでございますか。

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日も年始に購入した音源、じゃなかった、これは先週商談の間隙を縫って立ち寄ったレコード店で購入した音源です。

今更ながらも、ここ最近お気に入りのJOHN MAYERの6曲入りアコースティックEP(2006年作品)です。

基本的に3rdアルバムContinuum(2006年作品)の曲を再録音しているようですね。

1曲目のWaiting On The World To ChangeはFeaturing BEN HARPERであります!

ということは、以前にマサがシェアしてくれた可能性ありですね、この音源。

何はともあれ、なかなか味わい深い仕上がりの好作品です :-)

Continuum、持っていないから買おうかな〜〜〜。

 

 

 

では、BEN HARPERはおりませんが、Waiting On The World To Changeのライヴ動画を。

 

 

若〜〜〜い(笑)

 

 

8th. Feb. 2016

Ryoji Okada

 



New bunch books by VBC just arrived from Italy!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

Style&Co.という新しいライフスタイリングサーヴィスにスタイルエディターとして参加しています。

 

 

Seacret Remedy × LOUD GARDENのコラボレーションメガネ「ALOOK HACIENDA(アルク・ハシエンダ)」発売中!

 

 

ネパールへの恩返しを考える。

 

 

 

昨日のランチタイムは本当に驚きました。

NBAのアプリを覗いてみたら、SAS@DALのハーフタイム時点でのスコアが衝撃的、「62-26」だったのです。

もちろん、リードされているのは我がDALでした。。。

さすがに「アプリの不具合だろう!」と思ってDALのFacebookページをチェックしたらやっぱり正しいスコアでした。

まるでアメリカンフットボールやラグビーのようなスコアじゃないかよ〜〜〜〜〜〜!!!!

しかも、昨日危惧していたD.Williamsの欠場はなく、逆にSASはT.Duncunが欠場しているのに。。。

最終的には116-90とバスケットボールらしいスコアで終わりましたけれど、まったくいただけませんよ、これは。

RSの1ゲームでどうのこうの評価を下すのもアレですけれど、やっぱり現状に+αした程度では来シーズンも厳しいことがはっきりしたようです。

現地のフォーラムでも盛んに指摘されている通り、C.Parsonsとの高額契約がつまづきの元でしたねぇ。

もちろん、今シーズンから加わった、これまた高額契約のW.Matthewsも期待値を大きく下回るスタッツなのですが、彼の場合はD.Jordan騒動後にも移籍の意思を翻さなかったこと(それ故に契約が高騰した訳ですけれど。。。)と、昨シーズン負ったアキレス腱断裂の大怪我についても「開幕には間に合わす」とコミットした上できちんと間に合わせたことで、ファンからの信頼はそれなりに厚くC.Parsonsほどに矢面に立つことはありません。

加えて、オフシーズンのリハビリ期間も短かった訳で、調整に時間がかけられる来シーズンは活躍が期待出来ますしね。

一方のC.ParsonsはJ.Hardenとの舌戦やD.Jordanへの口撃があってのこれですから、口だけ、いや、顔と口だけといわれても仕方ないですね。。。

彼をなんとかして出すか、彼にエース級の働きをしてもらうかの二択しか改善の方法はなさそうですが、どちらも難易度が高いです、はい。。。

とにもかくにもオフシーズン、いや、トレードデッドラインまでにどういう動きをするのか、注目したいところです。

Go! MAVS!

 

 

 

ところで。

「衝撃的」といえば。

衝撃的にファンシーでナイスなジャケット素材を含む、VBCの新作バンチブックが届きましたのでご紹介します。

 

 

 

この2冊です。

 

s_IMG_5582

 

モヘア素材や4 Plyのトロピカル素材などひとひねりある品質のスーツ素材がコンパイルされているLe Stagioniと、一般的な品質ながらとてもナイスな顔を持つスーツ素材と衝撃的なジャケット素材がコンパイルされているAbito & Giaccaです。

では、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

Le Stagioniその①: Mohair Quattro

 

s_IMG_5590

 

ヨーロッパでは年間着用可能(日本でも酷暑を我慢すれば年間着用可能です!)な、平織組織のモヘア混紡スーツ素材(73% Wool + 27% Mohair/290g)です。

上に見える大胆なストライプ、いいですよね〜〜〜〜〜〜!

すぐに完売しそうです 😎

そして、さりげなくワインレッドやトレンドのブルーグレイ、そして、ブラックまで揃っている無地のヴァリエーションもナイスです!

 

 

 

Le Stagioniその②: 4 Ply Tropical

 

s_IMG_5591

 

フレスコタイプのスーツ素材(100% Wool/390g)ですね。

ややウェイトは重めですが、優れた通気性と防皺性、そして、ヴィンテージタッチの「顔」から本国(イタリア)では高い人気を誇っているそうです。

今までの日本市場ではほとんど流通していなかったクオリティのようです。

真ん中にチラリと見えているビッグウィンドウペーン、作りたいかも!

 

 

 

 

Abito & Giacca その①: Rustic Tropical

 

s_IMG_5592

 

文字通り、ラスティックな顔を持つスーツ素材(100% Wool/240g)、仕立て栄えする素材ですね!

ヴィンテージの英国素材を彷彿とさせる佇まいがなんとも素敵です。

また、上から3枚目と4枚目のように、英国的佇まいの品質でありながらもいかにもイタリアンミルらしい色気ある色使いがなされている素材もナイスです!

 

 

 

Abito & Giacca その②: Wool & Silk Suitings

 

s_IMG_5593

 

この品質(90% Wool + 10% Silk/200g)も4 Ply Tropical同様、今シーズンがバンチブック初登場になるそうです。

ツイル組織で200gというかなりの軽さ、そして、上質なシルクブレンド素材故の上品な光沢。。。

Loro PianaのLightestに似た素材ですね。

Lightestより軽さも値段も控えめですけれど。

 

 

 

Abito & Giacca その③: Boucle’ Jacketing

 

s_IMG_5594

 

パンチが効きまくった色柄がとにかく最高なジャケット素材です。

ここ数シーズン人気のブークレ素材です。

あまり見ない組み合わせのユニークな四者混品質(75% Wool + 10% Silk + 10% Polyamide + 5% Linen/330g)も何だか「ソソリ」ます :mrgreen:

 

 

 

以上です。

もちろん、他にも今日は紹介出来なかった品質、色柄もたくさんあります!

従来のクラシック路線に加えてコンテンポラリーなラインも加えた、今イタリアで最も勢いのあるミルVBCの新作。

ご来店の際にはぜひともチェックしてみて下さい :-)

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

という訳で(?)、昨日に引き続き新年に調達したGUY DAVISの作品を。

2000年リリースのButt Naked Freeです。

声こそドスが効いているけれどややお上品な作りだった昨日のYou Don’t Know My Mindに比べて、予想通り本作の方が「生身」っぽいグルーヴとレイドバック感が楽しめる仕上がりになっています。

つまるところ、個人的には本作の方が断然に好きです。

味わい深く、絶妙の間があるバックバンドの演奏も最高です。

と思ったら、LEVON HELMがDrums And Mandolinでクレジットされているではないですか!

どうりで時々入るドラムが「ゴキゲンだなぁ」と思った訳です 😉

以前から所有している2枚の音源も悪くなかったと思うけれど、多分本作の方がいいんじゃないかな?

快作です!

 

 

 

では、今日もアルバム収録曲の動画を見つけられなかったのでこちらをどうぞ。

 

 

今日のアルバムよりドスが効いていますね、声(笑)。

なにはともあれ、いい演奏をする人です!

いつかライヴを観てみたいな。

 

 

7th. Feb. 2016

Ryoji Okada

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.