Ryoji Okada Official Website

Diary

Very “Japanese” shirting collection by MAJIMA.

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

 

 

 

「本能に従って尖ること」InnovationS-i連載コラムの第二回が週間ランキング、月間ランキングともに「4位」に浮上!

 

 

 

LOUD GARDENがmono magazineに掲載されています!

 

 

 

 

昨日は政治のニュースが諸々ありましたね。

 

GGで走りながら見た小渕大臣の辞任だけかと思いきや、遅いランチで部屋に戻ってTVを点けたら松島大臣の辞任会見をやっていました。

 

下仁田ネギにうちわにカレンダー。。。

 

何ともまぁ。

 

そして、夕方には橋下大阪市長と在特会桜井会長との、正に「怒号が飛び交う」対談?口喧嘩?の模様がニュースで上がっていました。

 

あれ、どうして会うことになったのか、経緯は良く知らないのですが、罵詈雑言の応酬はちょっとね〜〜〜。。。

 

それから、杜撰の域を遥かに超えた収支報告の誤りが指摘されている小渕さんに対して、「私は何も把握していなかった」ということについて脇が甘過ぎという前提だったものの、「真摯な会見だった」とか「可哀想な感じがした」とか「またチャンスはある」とか「しっかりゼロから修行すれば復活可能」とか仰っている向きが少なからずいたのには少々びっくりしました。

 

だって、曰く「これから第三者委員会に誤りがどうして起きたのか調査してもらう」という訳ですからね、つまり、疑義はこれから正される状況なのに復活可能とかいった発言は尚早に過ぎると思うんですけれど、どうなんでしょうね。

 

まぁ、いずれにせよ、我々のように日々を懸命に闘っている層からすれば、あの杜撰さはちょっと想像出来ない感覚ですよね。。。

 

収支報告の責任者と称されるどこかの市長さんが小渕さんい続いて辞任なさったけれど、入院したり、行方が分からなくなっちゃったりして。

 

とにもかくにも、政治家の先生皆様方には、日本経済の改善を第一に頑張って欲しいものです。

 

 

 

 

ところで。

 

「復活」といえば。

 

「和」のテイストを秀逸にドレスシャツ素材に落とし込んだMAJIMAさんのAwai collection。

 

A WORKROOM時代に好評を博していたのですが、親しいお付き合いをしてこなかった代理店さんだったのでLOUD GARDEN立ち上げ時には取り扱いませんでした。

 

そして、日々に忙殺される中で、このコレクションの存在は記憶の片隅に追いやられ鍵がかけられたような状態、つまり、忘れておりました。

 

ところが、ここ数ヶ月の間に、複数のお得意様から「あの和っぽいシャツ地はもうやらないの?」というご質問を頂戴することで思い出し、「T社さんだったな〜、連絡してみようかなぁ」なんて思った矢先に、偶然にも先方から飛び込み営業があり、再び取り扱うことが出来るようになりました。

 

もちろん、飛び込み営業の目的は、昨日までの3日間にご紹介したスーツやジャケットの素材だったのですが、それがあってのスムーズな復活、何とも嬉しく有り難い偶然の産物でしょうか :-P

 

 

 

 

コレクションはこの箱に入っております。

 

IMG_4499

 

懐かしー!

 

 

 

 

こういうコレクションです。

 

c0082801_15262065

 

いまや、海外のブランドも取り扱っているらしいです。

 

まぁ、それも納得のコレクションですからね〜〜〜〜。

 

 

 

 

具体的にはこういうテイストです。

 

IMG_4500

 

様々なストライプ。

 

もちろん、それぞれの柄に色違いがあります。

 

 

 

 

そして、チェック。

 

IMG_4501

 

一番下の千鳥格子調の柄なんて最高ですよね〜〜〜〜!

 

でも、この柄、記憶によれば、A WORKROOM時代には一枚も売れなかったような(笑)。

 

 

 

 

最後に小紋柄など。

 

IMG_4502

 

いずれもとっても洗練されていますよね。

 

このアプローチ、とってもクリエイティヴだと思います。

 

「ザ・日本」みたいな素材は世の中にたくさんあるのですが、ほとんどはトゥーマッチ。

 

こうやって、「洋」服であるドレスシャツを作るのに十二分なテイストで、「和」柄を極度に洗練させたコレクションは他にはないと思うのです。

 

何度見てもやっぱり素晴らしいです。

 

 

 

という訳で、ご来店の際には、ぜひチェックしてみて下さい!

 

オーダー価格¥20,000(+税)〜

 

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

jac-1

 

Song Of Experience

 

HIROSHI YAMAGUCHI

 

 

今日も山口さん関連の音源、今年リリースされたソロアルバムを。

 

とっても高潔な作品です。

 

聴き直すと、ますますHEATWAVEの新譜が待ち遠しいです。

 

え〜〜〜っと、未発表曲がたくさん収録してありますように!

 

 

 

では、このアルバムに収録されている、僕もとっても好きなこの曲のライヴ動画を。

 

 

いつ聴いても沁みるな〜〜。。。

 

 

 

21st. Oct. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 

 



New bunch books of jacketings and overcoatings.

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

 

 

 

「本能に従って尖ること」InnovationS-i連載コラムの第二回が週間ランキング、月間ランキングともに「4位」に浮上!

 

 

 

LOUD GARDENがmono magazineに掲載されています!

 

 

 

 

セ・リーグのCSもある意味熱かったですけれど、パ・リーグもめちゃくちゃ熱いですね!

 

大隣投手なので「ホークスが勝つのかな〜?」と個人的には思うのですが、中田選手が大仕事をやってファイターズだったりして。

 

何はともあれ、泣いても笑っても今夜には日本シリーズのカードが決まる訳です、楽しみです。

 

 

 

 

ところで。

 

「大仕事」といえば。

 

3日間に渡らないと紹介出来ないほど大量&大漁な新作バンチブックの紹介も今日が最終日。

 

大仕事でした :mrgreen:

 

 

 

 

という訳で、昨日と一昨日はスーツ素材の紹介でしたが、今日はジャケット素材とコート素材を。

 

IMG_4480

 

この3冊です。

 

 

 

 

まずはJacketings。

 

IMG_4482

 

FERLA/フェルラ社の素材なんて超久し振りに見ました!!!

 

確かWomen’s素材の方がシェアが大きいジャケット専業、とってもチャーミングなコレクションを展開するOne & Onlyなイタリアンミルです。

 

GIEVES & HAWKES時代、コレクションに入れたくて仕方がなかったんだけれど、マーケットを考えて泣く泣く断念したんだよな〜〜〜。

 

相変わらず、何ともロマンティックでナイスですね〜〜〜〜。

 

他にもCARLO BARBERA、TALLIA DI DELFINO、VBCといった主要なイタリアンミルからCLISSOLD、ROBERT NOBLEといったブリティッシュミルまで幅広くコンパイルされている嬉しいバンチブックです。

 

 

 

 

ちなみに、ROBERT NOBLE/ロバートノーブル社のTweedもナイス!

 

IMG_4483

 

これでパンツ作りたいかも!

 

 

 

 

次に、Overcoatings。

 

IMG_4481

 

 

このERMENEGILDO ZEGNA/エルメネジルドゼニア社の100% Cashmereなんかも、比較的(あくまで「比較的」ですけれど)リーズナブルです :-P

 

コート素材のバンチブックってあまりないので、これからの季節、このバンチブックは重宝しそうです!

 

 

 

 

そして、見開きのBookはコットン素材が集合しております。

 

IMG_4484

 

これもなかなか使い勝手が良さそうです。

 

 

 

3日間に渡ってお届けした新作バンチブックのご紹介も以上です。

 

実は、天王山の金・土・日。。。

 

ずっこけました(汗) :cry:

 

このまま10月をだらっと終わらせる訳には絶対にいきません!

 

今回の入荷で、この秋冬は過去最強のバンチブックの品揃えになっていると確信しております。

 

「スーツ作りたいな」「コート欲しいかも」「ジャケットをそろそろ新調しようか?」などとお思いの皆々さま、ぜひともLOUD GARDENにご来店下さいませ。

 

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

514mwHDuJdL._SX355_

 

Land Of Music

 

HEATWAVE

 

 

今日もヒートウェイヴを。

 

2007年リリースの現時点での最新のスタジオアルバム。

 

来月リリースされるアルバムは7年の歳月をかけて作られた訳です。

 

その間、ライヴ盤やソロアルバムや入手困難だった過去の作品のBox Setなどのリリースがあったので、そして、ライヴを何回も観ているのでそれほど昔には思えないのですが、この7年の自分史を振り返ると「ひゃ〜〜〜、そんな昔のアルバムなんだ〜〜〜〜」と肌身で感じました。

 

この7年、ヒートウェイヴの音楽には、そして、特にこのアルバムにはいろいろな力をもらったな〜〜〜〜。

 

どちらかといえば、静謐な面持ちの作品なので昔からのファンの間では賛否両論あるらしいですが、僕は文句なしに「賛」。

 

今聴いても心に響きまくります。

 

「出発の歌」では何度も泣いたな〜〜〜(笑)。

 

新作、心から楽しみです!

 

 

 

では、出発の歌の動画が見つけられなかったので、このアルバムに収録されている名曲フリージアを。

 

 

美しい曲です。

 

 

 

20th. Oct. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 



New bunch book of British suitings just arrived.

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

 

 

 

「本能に従って尖ること」InnovationS-i連載コラムの第二回が週間ランキング、月間ランキングともに「4位」に浮上!

 

 

 

LOUD GARDENがmono magazineに掲載されています!

 

 

 

 

タイガース強し!!!!!

 

ここまで打線が噛み合ったら、そして、後ろの投手陣が揃っていたら強いよね。

 

先発の駒も足りているし。

 

って、「この戦力で何でカープと競っていたんだ!?」と思うくらい、CSのタイガースはいいチームに変貌しました。

 

昨シーズンのSASのように、NBAでも老獪なチームほどPSにピークを持ってくる戦術を用いますが、まさか今シーズンのタイガースもそうだったのかしら??

 

和田監督はG.Popovichクラスの名将とか???

 

まさか、いや、ひょっとして??

 

 

それにしても、一方のジャイアンツ。

 

いくらなんでも4タテはないわ〜〜〜〜!

 

永きに渡り勝利者の伝統を誇るジャイアンツ史上最大の汚点ではなかろうか?

 

と、カープファンの僕でも思うんですから、ジャイアンツファンの憤りは相当のものでしょう。

 

でも、野球はバスケットボールと違って、ひとりふたりが超人的な活躍を見せてシリーズの行方をどうにか出来る確率が低いスポーツですもんね。

 

あそこまでの完敗だと、選手ひとりひとりは「どうしようもなかった」と感じているのではないでしょうか。

 

何はともあれ、心身ともにオフに鍛え直して、来シーズンはタイガースにリヴェンジして欲しいものです。

 

いや、ちょっと待てよ、そうじゃないな、それだと、カープが。。。

 

Go! Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

 

「伝統」といえば。

 

今日は、先日新入荷したたくさんのバンチブックの中で、長い伝統を誇る英国ミルのスーツ素材をご紹介します。

 

 

 

 

この2冊です。

 

IMG_4466

 

物心ついた時から英国びいきの僕としては、イタリア素材の5冊に比べて少ないのが少々寂しいのですが、これも世の趨勢であります、受け入れましょう!

 

 

 

 

まずはHIELD/ヒールドの素材を。

 

IMG_4467

 

ヴィンテージ素材風のメランジがとっても新鮮!

 

英国素材らしく、カチッとした打ち込みもナイスですね ;-)

 

 

 

 

そして、JOHN FOSTER/ジョン・フォスター。

 

IMG_4468

 

いろいろな商標を持っているので、JOHN FOSTER以外の名前でも広く流通している、英国素材の代名詞的なミルですね。

 

チェック全盛の昨今ですが、かように「いかにも」な素材はやっぱりいいものですね〜〜〜 :-P

 

そいえば、10年以上前かな〜〜〜〜、ヨークシャーにあるJOHN FOSTERには行ったな〜〜〜。

 

通算では2回行ったんだっけな???

 

いずれにせよ、とってもいいところでした。

 

いつかまた行きたいです!

 

 

 

以上です。

 

イタリア素材もいいけれど、イギリス素材もやっぱりいいですよね!

 

皆さんはどちらがお好みですか?

 

明日は、新入荷した中で昨日と今日ご紹介出来なかったジャケット素材とコート素材をご紹介します。

 

という訳で、新作バンチブック、ぜひぜひチェックしにいらして下さい :-D

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

longwayfornothing_b

 

Long Way For Nothing

 

HEATWAVE

 

 

今日もBONNIE姐さん、大出世作の1989作品Nick Of Timeを。

 

と思って聴いてみたら、今日の気分とは大きな隔たりがありました。。。

 

ちょっと、洗練され過ぎていますね〜〜〜。

 

あのアルバムは彼女のキャリアでは欠かすことの出来ない重要作品には間違いないし、とても優れた作品だけれど、DON WASのプロデュースが良くも悪くもスワンピーでブルージーな彼女本来の魅力を少々スポイルしている嫌いがあるようです。

 

そんな訳で、今日の「ガツンといきたい」気分にはちょっと合わないのであります。

 

という訳で、「ガツンとくる」ヤツを。

 

間もなく、待望のニューアルバムが完成するHEATWAVEの2004年作品。

 

お〜〜〜、もう10年も前なんですね〜〜〜〜。

 

僕がHEATWAVEの存在を知って、夢中になった時期にリリースされていた作品です。

 

このアルバムはほぼリアルタイムで聴いたのかな??

 

いろいろな想い出、思い入れが詰まった、とても大好きな作品です。

 

それにしても、僕も10年来のファンになった訳ですね〜〜〜。

 

HEATWAVE、そして、山口さんとは嬉しい必然がいろいろあったな〜〜〜〜。

 

そして、これからもいろいろあると信じております!

 

ニューアルバムが今から楽しみで仕方がありません :-D

 

 

では、2曲目に収録されているI Have No Timeのライヴ動画を。

 

 

大好きな曲です!

 

 

 

19th. Oct. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 



New bunch books of Italian suitings just arrived.

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

 

 

 

「本能に従って尖ること」InnovationS-i連載コラムの第二回が週間ランキング、月間ランキングともに「4位」に浮上!

 

 

 

LOUD GARDENがmono magazineに掲載されています!

 

 

 

 

驚きました。

 

タイガースの3連勝。

 

結局はゲーム差自体は開いたけれど、戦力的にはあまり差がなかったということでしょうか。

 

あるいは、これが流れというものでしょうか。

 

今日はタイガース、能見投手ですもんね、一気に決まる可能性が高いですね。

 

でも、もし、アドヴァンテージの1勝のみ、東京ドームで4タテなんてことになったら、割とおとなしめのジャイアンツファンも怒り爆発じゃないかな???

 

今夜は見ておきたいですね!

 

 

 

ところで。

 

「驚き」といえば。

 

先日、アポなし営業に来ていただいた日本の生地問屋さんからバンチブックが送られてきました。

 

基本的に素材に関しては、以前にいた会社時代から含めてこれまでお世話になってきた先が第一に考えているので、あまり新規の仕入先は広げたくないのですが、「ツボ」のバンチブック、そして、従来の品揃えの中では欠けていた部分が埋められるバンチブックがあったので取引を始めることにしました。

 

で、これ、今回送っていただいた分、かなりの量で、少々驚いています。

 

先日見せていただいた中に入っていなかったブランドのバンチブックも含まれていたし。。。

 

営業さんが「シーズン途中なので遅れない分もあるかもわかりません」と仰っていた気がするし、これでフルコレクションじゃないとしたら更に驚きです!

 

もしかしたら、このお取引先のフルコレクションと例えばLoro Pianaさんといったビッグブランドのコレクション少々だけで、昔ながらのテイラーさんは成立しちゃうんじゃないかな〜〜〜?

 

様々な嗜好をお持ちのお得意様が集うLOUD GARDENだと難しいけれど、クラシック系のお店ならきっと大丈夫だな〜。

 

さすが大手さんですね。

 

という訳で、今日は、今回入荷した圧巻のコレクションの中でもイタリア製のスーツ素材をご紹介します ;-)

 

 

 

この5冊です。

 

IMG_4446

 

 

なかなか、どうして、すんごいラインナップです :-o

 

 

 

 

やっぱり、個人的に最もツボなのは、もちろんのこと、再三再四このDiaryで「最も好きなイタリアンミル」と申しておりますCARLO BARBERA/カルロ・バルベラであります。

 

IMG_4447

 

過ぎた春夏シーズンから、既存のお取引先も取り扱い始めましたが、こういったガツンとくる、しかしクラシカルなフランネルは含まれていなかったので嬉しい限りです!

 

クリアカットの素材もやっぱり秀逸です。

 

 

 

 

そして、久し振りに目にしたGUABELLO/グアベロとCERRUTI/チェルッティがカッピリングされているFour seasonsなコレクションもナイスです。

 

IMG_4448

 

CERRUTIはやっぱりですね、別のお取引先が供給してくれているCERRUTI専用のバンチブックの方が充実している(4冊もある訳ですからそりゃそうか)けれど、今まで取扱がなかったGUABELLOのSuper 150′s素材は素晴らしいです!

 

昔、GIEVES & HAWKESの仕事をしていた時はちょくちょく使わせてもらっていたな〜〜〜〜、懐かしい!

 

でも、GUABELLOといえば、フランネルのイメージがありますけれどね。

 

敢えてのスーパーファイン素材なんでしょうね。

 

何はともあれ、ナイス!

 

 

 

続いて、これまた懐かしく感じるFINTES/フィンテス。

 

IMG_4449

 

ここは、それこそGUABELLOやTALLIA DI DELFINOより少し格は落ちるけれど、クラシカル素材からユニークな素材まで幅広い展開力、開発力を持つミルだったと記憶しています。

 

今は、紡績のDRAGO社の傘下に入っていて、DRAGOブランドの素材の多くはFINTESが手掛けていると聞いた記憶があります。

 

クリアカットのNano finish(撥水加工)素材も充実しておりますが、このSuper 130′sのフランネルもとても素敵です。

 

 

 

 

次に、今回入荷した中で最もリーズナブルなTollegno/トレーニョとRIABELLA/リアベラ(Tollegnoの別ブランド素材です)。

 

IMG_4450

 

 

大胆なストライプがコンパイルされているのが嬉しい限り!

 

お若い方にぜひおすすめしたい素材です。

 

 

 

 

最後にVBC。

 

IMG_4451

 

多くの問屋さんがバンチブックを作っているVBC、きっとエージェントのOさん潤ってるだろうな〜〜〜〜 :-P

 

同業の後輩I君曰く「ベージュにブラウンのストライプが絶対に売れ筋です!」とのことでした。

 

確かに、このストライプは他にありませんもんね!

 

ナイス!!!!

 

 

 

以上です。

 

今シーズンはやや中途半端な時期の入荷になってしまいましたが、まだまだ秋冬シーズンはこれからです!

 

既にひと通りチェックなさった方も、まだ「そろそろ秋冬物オーダーしようかな〜?」とお考えの方も、ぜひ一度チェックしにいらして下さい。

 

あ、もちろん、来シーズンからはシーズン立ち上がりに入荷することになります。

 

明日は同じ問屋さんの英国製のスーツ素材のバンチブックをご紹介しますね!

 

乞うご期待です ;-)

 

 

それにしても、やっぱり、新しい素材を見て、触ると上がります!

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

51z-oQvh46L._SY355_

 

Give It Up

 

BONNIE RAITT

 

 

27歳で夭逝、レジェンドとなったフィメイルシンガーの圧倒的な遺作を聴いた翌日。。。

 

64歳でリヴィングレジェンドとなりつつある、BONNIE姐さんの2ndアルバムを。

 

1972年リリース、当時まだ22歳かな?

 

JANISもすごいけれど、BONNIEもすごいですよね〜〜〜。

 

2012年のアルバムも素晴らしかったけれど、このアルバムも瑞々しくてチャーミングでスワンピー、とっても好感が持てる仕上りです。

 

PAUL BUTTERFIELD、AMOS GARRETT、FLEEBO、MAERT GREBB、DAVE HOLLANDを筆頭に多くのごきげんなミュージシャンを可憐なBONNIEお嬢ちゃんを支えているのも最高です。

 

1989年のNick Of Timeで頂点を獲る前のキャリアの代表作ですね。

 

 

 

 

では、1977年のライヴ動画を。

 

 

お美しい!

 

 

 

18th. Oct. 2014

 

Ryoji Okada

 



The shirting collection by RINGHART is coming next year from England.

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

 

 

 

「本能に従って尖ること」InnovationS-i連載コラムの第二回が週間ランキング、月間ランキングともに「4位」に浮上!

 

 

 

LOUD GARDENがmono magazineに掲載されています!

 

 

 

 

富樫選手、DALとサイン出来たようですね。

 

J.Nelsonが悪くないようですし、開幕ロスターに残れるかは微妙だと思いますが、ぜひ何とか食らいついてNBAにおける日本人の新たな歴史を作って欲しいものです。

 

あ、ジャイアンツ2連敗したんですね。。。

 

個人的にはタイガースの方が好きなんだけれど、ジャイアンツには強くあって欲しいので下克上が起こって欲しいかというとね〜、これまた微妙。。。

 

 

 

 

ところで。

 

「新しい」いえば。

 

来年早々(もうこの言葉が出てくる時期になりましたね〜〜〜)から、英国のシャツ素材マーチャントRINGHART社のバンチブックを取り扱うことになりました。

 

お取引先の展示会に及ばれしてチェックしてみたらなかなか良かったので ;-)

 

 

 

 

これです。

 

IMG_4390

 

1987年創業。

 

テキスタイル関連の企業としてはとても若い会社ですが、英国ではかなり大きいらしいです。

 

ACORN社も買収にあったらしく今後はどうなっていくかわかりませんし、かなり以前にAlbini社に買収されたTHOMAS MASONの素材がすべて(だと思います)イタリア製に変わっている中で、RINGHART社の存在は貴重です。

 

バンチブックが入荷しましたらまたお知らせしますので、ぜひ楽しみにお待ち下さい!

 

 

 

では、中身をちらりと :-P

 

IMG_4389

 

ドメスティックファブリックで充分、あるいは、ドメスティックの方が上の素材もありますし、イタリア素材に負ける部分もありますけれど、いかにも英国らしい色柄が散見出来るのとても嬉しい、極めて充実したコレクションだと思いました。

 

在庫は英国にあってご注文の都度取り寄せる方式ですので、オーダー価格は¥20,000-を超えてくると思います(素材によっては¥30,000-超えも。。。)が、このバンチブックでしか絶対に見つからなそうな素材もありますので、入荷の際にはぜひチェックしてみて下さい :-D

 

以上、速報でした。

 

 

 

今週末はお天気にも恵まれそうですね。

 

先週、先々週のリヴェンジをしたいので、ぜひともご来店下さいませ!

 

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

Unknown

 

Pearl

 

JANIS JOPLIN

 

 

結局、昨日はレコード店に行くもほとんど買えず。。。

 

結婚後生活環境や心境が変わったのか、あまり燃えなかったのであります。。。

 

でも、今日もLEONARD COHENとはいかないので、クールなCOHEN師とは異なる超ホットなJANIS JOPLINのアルバムを。

 

Move OverがCMで使われていますよね。

 

あれを聴くとやっぱりいい曲だな〜〜〜〜、なんて思います。

 

でも、この人のすごさを理解出来たのは30歳を過ぎてから。

 

幼少の頃から熱いシンガーやブルースマンは大好きだったのですが、何故かチェーンエイジャーの頃はフィメイルシンガーのそれを受け付けなかったのです。

 

そんな訳で、中学生だったか、高校生だった時に「これが伝説のジャニス、すごいぜ!」と友人に聴かされた時には響かなかったのであります。。。

 

偏見に凝り固まったクソがきだった訳ですな :mrgreen:

 

それはともかく、久し振りに聴いたこの音源の熱量はやっぱり半端ではありませんね。

 

バックのグルーヴィでタイトでファンキーな演奏も最高です。

 

個人的にはMy Babyが一番好きかな〜〜〜?

 

皆さんはどうですか???

 

 

 

 

では、動画を。

 

 

この曲もね、途中の展開も含めて本当にかっこいいですね。

 

 

 

17th. Oct. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagChinese (Traditional) flagPortuguese flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.