Ryoji Okada Official Website

Diary

The day of a lot of appointments, part 2. And, It’s a special “R&R” day today.

Ryoji Okada

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

ゴールデンウィークの営業につきまして

 

 

 

 

今日も昨日に引き続いてアポイントの連打。

 

それでも、午前中はGGに行ってしまうという笑。

 

 

 

また、今日、4.24はとっても大切な日です。

 

RYOJI OKADAやLOUD GARDENに関わってくれているすべてのナイスな人たちにありったけの感謝をしながらアポイントをこなしています。

 

そして、今夜は2年前から続いている、4.24のR&Rなパーティ。

 

10157206_740821862605197_8015648198514099444_n

 

楽しみです。

 

 

パーティは19:00スタートの深夜まで@LOUD GARDEN!

 

近くにいらしたらぜひ参加して下さいね!

 

会費は¥3,000かかりますが、お酒と食べ物はありますよ :-P

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

41aV2XNogkL._SL500_AA300_

 

Zooey

 

MOTOHARU SANO AND THE COYOTE BAND

 

 

こんな特別で大切な日に聴きたくなったのは昨年佐野さんが出した新譜でした。

 

 

 

この曲も。

 

 

 

 

この曲も。

 

 

 

 

この曲も。

 

 

 

最高だ!

 

美しく、しなやかで繊細な大人のための秀逸なR&Rだ!!

 

 

 

24th. Apr. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 

 



The day of a lot of appointments.

Ryoji Okada

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

ゴールデンウィークの営業につきまして

 

 

 

 

 

本日は11:00からず〜っとアポイントずくめ。

 

ランチも15分で済ませました。

 

昔はよく「早飯」してたけれど、最近では珍しいことであります。

 

そして、今やっとアポイント終了!

 

いずれのアポイントも、エキサイティングな話や嬉しい話ばかりだったので、疲れも心地良いってもんだ ;-)

 

そういう訳で、今日はBKNが負けた以外はとっても気分がいいのであります。

 

無論、「あれは大丈夫かな〜?」とか「超短期的にセールスは見込めるんだっけ?」とか「あの失敗は無念。。。」とかいうような不安とは常に背中合わせで生活しているので、超能天気な感じではないのですけれど(笑)。

 

 

 

 

そうそう、今日のアポイントの内のひとつに来日中のHOLLAND & SHERRYの方の表敬訪問がありまして、毎回来て下さるだけでも光栄なのですが、今回も素敵なギフトをいただきました。

 

10299558_740216989332351_4282828188184724177_n-1

 

ありがたや〜!

 

BrianさんChrisさん、そしてMさん、本当に有り難うございました。

 

弱小零細ながら頑張りますので今後とも応援をよろしくお願い申し上げます :-)

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

rush11

 

Tops

 

OTIS RUSH

 

 

今日はこの名ライヴ盤を!

 

 

 

イタリアのジャーナリストからのインタビューにあった質問「集中力を高める時に選ぶ曲は?」の回答にこの曲も入っております!

 

 

OTIS RUSH、やっぱりかっこいいや〜!!!

 

またライヴが観たいけれど、難しいかな?

 

 

 

23rd. Apr. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 



いろいろなお買物の仕方。

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

ゴールデンウィークの営業につきまして

 

 

 

 

西は波乱が無さそうと思っていましたが、分からなくなってきましたね〜。

 

今日はMEMがOKCをロードゲームで撃破。

 

まぁ、OKCがアップセットを喰らうことは無いでしょうけれど、MEMのフロントコートは強力ですね。

 

MEMはここ数年徐々に徐々に戦力ダウンをしていますけれど、もう一枚、バックコートに点取り屋が加われば一気に西のトップ争いに加わってくるような気がしますけれどね〜。

 

そして、昨日はL.Aldridgeが大暴れした結果、PORがHOUを敗っていたんですね。

 

まあ、ここは同じ勝率の4位と5位のシリーズなのでどっち勝ってもおかしくないんですけれど、PORの潜在能力は計り知れないですし、エースが覚醒したとなるとね〜、ひょっとして台風の目になるかもしれませんね。

 

今日のもうひとつのゲーム、現在ゲーム中のGSWとLACのゲームも注目ですね。

 

まさかのLAC二連敗、なんてことがあったりして。

 

そしてそして、明日はいよいよBKN-TORのGame 2!

 

TORも締め直して臨むでしょうし、イージーなゲームにはならないと思いますけれど、ぜひとも2連勝して一気にシリーズの趨勢を決めちゃって欲しいものです。

 

BKNとしては闘いやすいであろうシードになるために、わざとレギュラーシーズン最終戦を落とした訳ですからね。

 

「こういう闘い方もあるぜ!」と新人HCのJ.Kiddには溜飲を下げて欲しいものです ;-)

 

 

 

 

ところで。

 

「こういう○○」と言えば。

 

A WORKROOM時代もそうでしたが、当時に比べてより一層いろいろなご職業、ご年齢、タイプのお客様に集っていただいているLOUD GARDEN、皆様、お買物の仕方も様々です。

 

諸々じっくり吟味して決める方、「お任せ!」と仰る方などなど。

 

今日は、そんな中でも「僕では絶対に出来ないな〜、とても素敵だな〜」と思ったお買物の仕方をご紹介します。

 

 

 

 

まずはいつもジェントルなT様の例。

 

10250226_736841126336132_2422720782993842032_n

 

まったく同じ素材、デザイン、サイズ、ディテイルのシャツを5枚オーダー下さいました。

 

クラシックなテイラーさんなら一般的かもわかりませんが、ほとんどのLOUD GARDENのお得意様は、シャツを5枚オーダーするとすれば全部違う素材をお選びになります。

 

もちろん僕もそうですね。

 

そんな僕ですので、T様のオーダーの仕方がとってもスマートに思えました!

 

 

 

 

「無地シャツを10枚よろしく!」というお得意様もいらっしゃいました。

 

1779101_716532108367034_426842268_n

 

正に「大人買い!」 :-P

 

 

 

 

そして、上お得意様がご子息をお連れになってご注文下さったジャケット。

 

10259798_735670326453212_9162988575067110248_n

 

10253975_735670319786546_6786167148294133512_n

 

「若い内からある程度きちんとした装いやマナーを教えておかないとね」という考え方、そして、「無地は前に作ったやつがあるので、今回は休みの日でも軽く羽織れるチェックのジャケットを」というご意向ことでした。

 

高身長かつすごくスリムでいらっしゃるので既製服がなかなか合わないという現実があるのだとは思うのですが、10代の内から仕立て服に馴染みを持って育つというのは英国紳士を思い起こさせ羨ましい限りです :-o

 

「服育」ですね!

 

 

 

 

以上です。

 

Rock & Rollなご注文を承るのも最高にエキサイティングではありますが、こういった僕には出来ないご注文を承るのもとっても勉強になって楽しいです。

 

 

 

 

T様、Y様、W様、いつも本当に有り難うございます!

 

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

61nBq+sXv3L._SL500_AA300_

 

Kiko Live

 

LOS LOBOS

 

 

今日もイタリアのジャーナリストへ回答した10曲の内の1曲を。

 

 

LOS LOBOSの傑作アルバムKiko(1992年作品)のタイトルともなったKiko And The Lavender Moonです。

 

素晴らしい曲ですよね〜!

 

 

 

そして、Kikoアルバムも、Kikoリリース20周年を機に行われた再現ライヴをパッケージしたライヴ盤Kiko Live(2012年作品)も最高です!

 

LOS LOBOS、大好き過ぎるバンドです。

 

もしも聴いたことがない方がいらっしゃれば、ぜひとも、いや、必ず聴いて下さい!!!

 

 

 

それにしても、LOS LOBOSはAmazonだとJazzにジャンル分けわれているんですね〜。

 

ジャンル分けにあまり興味は無いけれど、個人的には極上のR&Rだと思うんですけどね。

 

 

 

 

22nd. Apr. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 



色違いのチェックでセットアップ!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

ゴールデンウィークの営業につきまして

 

 

 

 

昨日は4ゲーム中、下位シードが上位シードを敗るシリーズが3つ、波乱の幕開けになった NBA PLAYOFFS 2014。

 

今日はWASがCHIを敗りました。

 

西でLACが負けたのは意外でしたが、SASとOKCは盤石、カンファレンスファイナルは多分この2チームでしょうね。

 

一方の東はなかなかどうして荒れそうだな〜〜。

 

レギュラーシーズン終盤で調子を落としたINDも昨日は負けましたからね〜。

 

POは経験も大事ですからね、そういう意味でも2連覇中のMIAがやっぱり東の本命になるんでしょうけれど、経験ではBKNのロースターも負けてはおりません。

 

とにもくにも、東は群雄割拠状態、BKNが台風の目になる可能性は充分にあります!

 

Go! Go! NETS!

 

 

 

 

ところで。

 

「経験」と言えば。

 

様々なファッション遍歴を経た「ファッション上級者」は、さらりとツイストが利いた服選びを自然にするようになるものです。

 

数多くのスタイリッシュなお得意様を見てきた僕だからこその確信です :-P

 

 

 

 

例えば、 ジャケットとボトムスのセットアップもこの通り。

 

10014586_736640423022869_4925196125521443630_n1486642_736640513022860_8840330146821462290_n

 

お分かりでしょうか?

 

ジャケットとボトムの素材がですね、同じチェックの色違いなのであります!

 

上か下、どちらかに無地を持ってくるのが正攻法ですが、敢えての「チェック+チェック」。

 

お仕事柄、あまりアヴァンギャルドな服はお召し出来ないお得意様のご注文品なのですが、このツイストは極めて上品なのでお仕事でも大丈夫!

 

だと思います。。。

 

何はともあれ、とっても素敵ですよね〜 :-P

 

 

 

 

オーダーですから、こんな隠し技ももちろん可能です。

 

1978703_736640466356198_1231138111607887226_n

 

腰ポケットのフラップをひらりとめくると、ボトムスの素材で作った隠しポケットをつけました。

 

小粒ながら、このセットアップに小粋なストーリーを作ってくれるナイスディテイルだと思いませんか?

 

 

 

 

でも、ライニングは派手に  :mrgreen:

 

1797438_736640456356199_5190960843275504889_n

 

このデザイン、最高にクールですよね!

 

 

 

以上です。

 

 

 

RYOJI OKADAは、一見クラシックながらも既製品では絶対にないだろう服も大得意です!

 

「最近、既製品がつまらないよな〜。。。」とお嘆きの方がいらっしゃれば、ぜひともLOUD GARDENにいらして下さいませ ;-)

 

お得意様の皆さん、そして、このDiaryをご覧下さっている皆さまの周辺にそいいった方がいらっしゃったら、何卒ご紹介をお願いいたします!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

511hFaJ3fXL._SL500_AA300_

 

Loaded

 

THE VELVET UNDERGROUND

 

 

 

イタリアのジャーナリストSilviaから「回答最高よ〜!」との返信が届きました :-)

 

もちろん、「最低よ〜!」とは返せないだろうでしょうけれど、文面からすると気に入ってくれた模様です。

 

後は「読者が興味を惹かれるような」僕と僕の作品とLOUD GARDENの写真を送れば記事になるようです。

 

イタリアに店も無く、卸売もECサイトも準備中、つまり、イタリアではショッピングのしようがないRYOJI OKADAがイタリアの媒体に載る意味がどこにあるのか?

 

などということは一切考えない僕であります :mrgreen:

 

これがきっかけになってナイスなコンタクトがあるかもしれないし、常に「世界」を見ていないとチャンスを逃すことになりますからね〜。

 

いずれにせよ楽しいであります!

 

 

 

 

さて、Silviaのインタヴューの中の「クリエーションに没頭するためにベストな曲は?」というゴキゲン過ぎる質問の回答に挙げた10曲の内の4曲目はこの曲です。

 

 

 

 

この曲が収録されているLoadedは僕が生まれる前年、1970年にリリースされています。

 

今、一時お休みしているエレクトリックマイルスの全盛期と重なる訳ですね。

 

何という時代でしょうか!

 

 

もう一度、LOU REEDの生ライヴ観てみたかったな〜。

 

R.I.P.

 

 

 

 

21st. Apr. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 



肝心な時にその場所にいること。

Ryoji Okada

 

 

 

A trailer ver.3 of LOUD GARDEN’s PV vol.2

  

 

 

 

 

ゴールデンウィークの営業につきまして

 

 

 

 

 

「飛び抜けた才能を持っている 」とか「至極優れた商売人である」とか「類希なる環境で生まれ育った」という訳では無い僕が、いや、そんな僕だからこそ「これだけは絶対に大切にしたい」と思っていることがふたつあります。

 

 

 

ひとつは「続ける」こと。

 

僕は、最も容易なクリエイティヴ活動が「継続」だと信じています。

 

何かの映画(Smokeですね)でありましたが、例えば「毎日同じ時間に同じ場所で同じ写真を撮り続ける」。

 

普通の人なら30回くらいでやめてしまうようなことでも1,000回、2,000回と継続すれば、それだけで気付いてみればクリエイティヴな活動になっていると思うのです。

 

僕はいくつか、ここ数年、毎日欠かさずに行っている(よっぽどのことがあっても欠かすことはほぼありません)ことがあります。

 

それらは、決して「クリエイティヴが目的」ではないのですが、例えば10年後に振り返った時にその内のひとつくらいはクリエイティヴに昇華されていることを期待しない訳でもないです。

 

もちろん、継続ってそんなに簡単なことではありません。

 

継続が硬直を生む場合もありますしね。

 

それでも、いや、それだからこそ、続けることって大切だと思います。

 

 

 

もうひとつは、”Right Place, Right Time”、「肝心な時のその場所にいる」こと。

 

昨日の朝、いや一昨夜かな、妻が風邪を患いました。

 

そして、昨夜は骨董通り沿いのクラブイヴェントで久し振りのライヴペイントを請け負っていました。

 

夜には何とか熱が下がるようにと、彼女も僕もいろいろ手を尽くしましたが、20:00時点で熱は39度まで上がりました。

 

ひとまず主催者さんに、23:00からに1時間ほど遅らせてもらって様子を見ることに。

 

僕は「断った方がいいよ」とも「何としても行くだけ行こう」とも言えませんでした。

 

彼女は辛そうなだけではなく、このタイミングで風邪を患ってしまった自身に酷く失望していので、僕に出来ることはただただ看病のみだと思ったのです。

 

その後、21:30頃に僕が提案した熱を下げる裏技(?)を使った彼女は何とか解熱に成功し、だるさが残る中22:45頃に「やっぱり行きます!」とマスクをし準備を始めました。

 

内心「何としてでも行くんだろうな」と思っていましたが、果たしてその通りでした。

 

そして、ふたりで会場に駆けつけ、1時間ほどライヴペイントをして自宅に戻りました。

 

会場がとっても寒くていささか閉口しましたが、やり切った彼女の姿を見て何とも感激し誇らしく思ったものです。

 

そして、今朝は38度の熱、やはり裏技は一時的な解熱しか出来ないようです、早く快復して欲しいものです。

 

何はともあれです、「肝心な時にその場所にいるかいないか」これってすごく大切だと思います。

 

「肝心な時」には大きく二種類、ひとつはビッグチャンスが巡ってきた時、もうひとつは危機的な状況に陥った時があると思います。

 

前者の「肝心な時」は、黙っているとただただ目の前を通り過ぎるだけ、必ず自分でその場所に飛び込まないといけません。

 

後者の「肝心な時」は、黙っていると何も解決しない、逃げ出したら終わり、それがどんな事情であれ「そういう人」だと思われてしまいます。

 

そして、いずれの場合も「肝心な時にその場所にいる」ことは、しんどい場合も少なくありません。

 

その場にいない方が楽かもしれません。

 

42年間生きてきて、常に”Right Place, Wrong Time”な人を何人も見てきました。

 

でも、輝いている人、戦っている人、成功している人の多くは”Right Place, Right Time”な人たちでした。

 

もちろん僕だって偉そうなことを言えた立場では無いですが、肝心な時にその場所にいられるように日々引き締めています。

 

そして、最も気をつけたいのは「肝心な時を肝心だと気付かない鈍感さ」、自身の心に巣食う「鈍感」を駆逐したいと常に思っております。

 

そう思っていると、日々、「小さな肝心」が見つかったりもするものだったりします。

 

 

皆さんが大切にしていることって何ですか?

 

 

 

 

さて、NBAのPOが始まりました。

 

我がBKNはロードゲーム、つまり下位シードながら初戦を獲りました!

 

S.Livingstoneも戻ってきました。

 

KGもエンジンが掛かってきたようです。

 

エースであるD-willも骨のあるプレイをしたようです。

 

B.Lopezを除いては主力全員が、肝心な時にその場所に集まっているように見える今日のBKN。

 

選手層自体はTORよりBKNの方が厚いのは間違いないので、この状態を「継続」して欲しいものです。

 

そして、ヴェテランと怪我がちな選手が多いBKNです、出来るだけゲームを少なく、早々に1st Round突破を決めて欲しいものです。

 

もちろんTORもいいチームですし、下位シードが上位シードを4-1とか4-2で敗ることがそう簡単ではないのも承知していますが、今日の勝利でHCAがBKNに移った訳です、そして、ホームゲームではリーグトップクラスの勝負強さを誇るBKNです、大いに期待が出来ると思うのは僕だけでしょうか。

 

何はともあれ、Coach Kiddには次のゲームプランをきっちりと作って欲しいものです。

 

Go! Go! NETS!

 

 

 

 

ところで。

 

「きっちり作る」と言えば。

 

何とか、イタリアのジャーナリストさんからのインタヴューの回答第一弾(これを元に次のインタヴューが来ると思われます)を完成させました。

 

IMG_2005

 

Gorden君にも添削してもらったので、内容、英語ともに大丈夫だと思います!

 

思えば、イタリア最大部数を誇る日刊紙Corriere Della Seraの半ページに載ったのもこんな感じ、会ったことが無い女性ジャーナリストからのコンタクトがきっかけでした。

 

今回も何か、いい紹介をしてくれると嬉しいです :-)

 

これもですね、「これは結構肝心かも?」と思ってオファーを受けた次第なのであります!

 

何かの記事になったらまたご紹介しますので、乞うご期待下さい。

 

まぁ、あのCorriere Della Seraを超えることはないでしょけれど ;-)

 

 

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

416SA7YPSEL._SL500_AA300_

 

Hymns To The Silence

 

VAN MORRISON

 

 

 

一昨日から続く「イタリアのジャーナリストへの回答」の3曲目は、VAN MORRISONのこの曲でした。

 

 

 

 

素晴らしい曲でしょ?

 

1991年の2枚組アルバムのタイトルトラックですね。

 

VAN MORRISONのアルバムの中で最も好きな作品の内の1枚(というか2枚)です。

 

まず、1990年代前半という時代にこんなに豊潤な音を紡いでいたことが素晴らしいです。

 

そして、温かく深い楽曲の数々はまさに珠玉です。

 

聴かないで人生を終えると多いに損をする1枚(というか2枚)です。

 

 

 

20th. Apr. 2014

 

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagChinese (Traditional) flagPortuguese flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.