Ryoji Okada Official Website

Diary

Brand new shirting collection, Mar. 2017 vol.2

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

3月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

*木曜日は定休日をいただきます。

 

 

M-65ジャケットのオーダーを始めました!

 

 

The Loudest Voice vol.14 in store now!

 

 

Introducing the story behind “Heart Shaped Tab Collar”.

 

 

オーダーパンプスの取り扱いを再開いたします。

 

 

 

昨日のMILはCHIとのホームゲームを落としました。

痛恨とまではいかないけれど、CHIに引導を渡すチャンスだっただけにとても残念な負けです。。。

ATLとMIAも負けてくれたから良かったけれど、INDは勝ったからな〜〜〜〜。。。

これで、ATL、MIL、INDがゲーム差なしで並びました。

意外にINDが抜け出すのかしら???

いや、ここは何とか喰らいついて最後には5位でRSをフィニッシュして欲しいものです!!

それには明日の@CHA戦だな〜〜〜〜。

CHAは格下なれど、K.WalkerとN.Batumのバックコートコンビは、WASに次ぐくらい強力だからな〜〜〜〜。

バックコート陣に不安のあるMILが粉砕されなければいいけれど。

Go! BUCKS!

 

 

 

ところで。

「強力」といえば。

昨日に続いて、先週の金曜日に入荷したばかりのオーダーシャツ用の新作素材をご紹介します!

昨日はLibertyとインポート素材だったの、今日は国産素材の新作をご紹介、なかなか強力なラインナップです💪

では、早速ご紹介しましょう。

 

 

 

 

まずはこちら。

 

 

リネン、ジャカードの無地、デニム調など人気のクオリティが勢揃いしました!

 

 

 

イチオシはこちら、絡み織りをベースにしたブラックウォッチ素材です。

 

 

素晴らしい!!

表面変化のある素材ですので、シャツはもちろんのことシャツジャケットにおすすめな素材ですね 😉

これはですね、間違いなく早期にソールドアウトしますので、気になる方はぜひともお早めにお願いいたします。

品質は80% Cotton + 20% Linen、組織は50/1 + 50/2 × 32/1 + 1/80です。

 

オーダーシャツ:¥15,000+tax~

オーダーシャツジャケット:¥33,000+tax~

 

 

 

フラワープリントの麻100%素材です、その①。

 

 

ブルーオンブルーのプリントがとても上品ですよね。

夏に着る濃色シャツとしては間違いなくベストの一枚です!

組織は1/60 × 1/60です。

 

オーダーシャツ:¥15,000+tax~

オーダーシャツジャケット:¥33,000+tax~

 

 

 

フラワープリントの麻100%素材です、その②。

 

 

コットンのニットタイを締めてドレスユースにも、ノータイでデニムパンツに合わせてカジュアルユースにも使える着まわし幅の広いシャツが仕上がりそうな素材です 😉

組織は1/60 × 1/60です。

 

オーダーシャツ:¥15,000+tax~

オーダーシャツジャケット:¥33,000+tax~

 

 

 

麻混紡(7%)のストライプ素材です。

 

 

ややドレッシーなストライプ柄ですが、麻混紡なのでカジュアルユースにも活躍してくれそうですね。

もちろんクレリック仕様にしてドレスユース用に仕立ててもスタイリッシュに違いありません!

組織は100/2 × 50/1です。

 

オーダーシャツ:¥13,000+tax~

 

 

 

麻混紡(34%)のストライプ素材です。

 

 

トレンドに浮上しているブラウン系は嬉しい入荷です!

これは間違いなくスタイリッシュですよね :mrgreen:

組織は30/1 × 1/66です。

 

オーダーシャツ:¥13,000+tax~

 

 

 

人気のHerdmans Linenからハケメ柄が登場!

 

 

定番のポプリン以上にラスティックな雰囲気がたまりません!!

サックスブルー、ブルー、ブラウンの3色展開です。

カジュアルシャツにはもちろんのこと、シャツジャケットにもいいでしょうね😊

品質は100% Linen、組織は1/60 × 1/60です。

 

オーダーシャツ:¥13,000+tax~

オーダーシャツジャケット:¥31,000+tax~

 

 

 

人気のジャカード無地素材にペイズリー柄のピンクが登場しました!

 

 

定番としてホワイトもございます。

品質は100% Cotton、組織は100/2 × 50/1です。

 

オーダーシャツ:¥13,000+tax~

 

 

 

 

こちらは国産素材の最高峰The Royal Caribbean Cottonのシルヴァーラインの新作です。

 

 

カラミストライプ3色が仲間入りをしました!

 

 

 

とても涼し気なだけではなく、実際にとても涼しい素材です!

 

 

このパープル以外にサックスブルーとベイジュ、いずれも落ち着いた優しい色合いの3色展開です。
ございます。

 

品質は100% Cotton、組織は40/2 + 100/2 × 100/2です。

オーダーシャツ:¥16,000+tax~

 

 

 

以上です。

入荷の度に思うのですが、国産素材も本当にレヴェルが上がりました!

「作ってみたいな!」と思う素材ばかりです😊

何はともあれ、今月入荷した新作は全部で40マークです。

紹介しました通り、春らしい素敵な素材が多数入荷いたしております 😉

ご来店の際にはぜひともチェックしてみて下さい。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もブルース関連音源を。

1980年代初頭からコンテンポラリーブルースシーンのトップランナーとしてコンスタントに活動をしてきたROBERT CRAYの会心作In My Soul(2014作品)です。

登場が派手だったせいで期待が膨らみ過ぎたせいか、頻繁にそこそこの良作をリリースし続けてきた反動か、「マンネリ化が激しい」とか「深みが増さない」とか「驚きがない」とか、「よく出来ているんだけれど」という枕詞の後に割と厳しい評価をされていた時期もありましたけれど、「やはりモノが違う!」と再評価(?)されたのは2009年のThis Timeあたりからだったでしょうか?

以降はライヴアルバムを含めて全てが素晴らしい評価を得ています。

かくいう僕も、1990年代と2000年代の彼の音源はほとんど持っているけれど、「なんか軽過ぎる」とか「もっと野卑なブルースがいいね」とか思っていたものです(笑)。

 

それにしても、本作。

久し振りに聴いたけれど。。。

めちゃくちゃいいじゃないか〜〜〜〜〜〜〜〜っっ!!!!!!!!

会心作だった記憶はあったけれどここまで良かったっけ????

ストラトキャスターの官能的な音と極めてエモーショナルなフレーズ、そして、スモーキーな歌。。。

素晴らしい!!!

楽曲もバックのツボを心得た演奏も秀逸です。

主役のよく歌うギターの音色の美しさを生々しいまでに浮き彫りにしたサウンドプロダクションも見事!

プロデュースしたSTEVE JORDAN、さすがです 😉

とにもかくにも、2000年代にリリースされたブルース&ソウルアルバムでトップクラスの充実度を誇る名作と評して間違いない一枚ではないでしょうか!

肩の力が抜けた、しかし、極めて一本筋の通った、そして、スーパーエモーショナルな一枚です。

10年後、20年後に聴いても色褪せない、どころか、ますます沁みることでしょう!

音楽ファン必聴作品です。

 

 

 

では、オープニングチューンYou Move Meのライヴ動画を。

 

 

ウヒョ〜〜〜、ナイス!!

何年前だったか、日比谷野外音楽堂で観た生ライブも最高だったよな〜〜〜〜。

また観たいな〜〜〜〜。

 

 

28th. Mar. 2017

Ryoji Okada

 

 



Brand new shirting collection, Mar. 2017 vol.1

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

3月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

*木曜日は定休日をいただきます。

 

 

M-65ジャケットのオーダーを始めました!

 

 

The Loudest Voice vol.14 in store now!

 

 

Introducing the story behind “Heart Shaped Tab Collar”.

 

 

オーダーパンプスの取り扱いを再開いたします。

 

 

 

この1週間はいろいろとかなり頑張った、つもりです。。。

木曜日も含めて定休日なしで営業したし、結構残業もやったし、営業も兼ねた会食が2回あったし。。。

何度も書いている通り、「長時間働く」なんて決して自慢出来たことではない、どころか、自らの無能さを曝け出す表現な訳でいい加減なんとかしたいけれど仕方がない。

それにしても、深夜までやった昨日はまあまあ疲労困憊でした。。。

10年前だったら「なんのこれしき!」という感じだったのですが、完全に加齢ですね。。。

情けないけれど段々と無理がきかなくなっているのが現実。。。

でも、そういった諸々はありますけれど、頑張ったおかげで来店に恵まれた(と信じたい!)ので、疲労を感じた一方で幸福な感触に包まれた1週間でもありました 🙂

3月も残りわずかです。

「終わりよければすべて良し」となるように引き続き、いや、気合いを入れ直して臨もうぞ!

でも、今週はどうしてもリハビリテーションを頑張っている父親に会いたいので、木曜日は定休日といたします。

頑張る父親を見て、こっちが勇気とやる気をもらうというね(笑)。

勇気とやる気といえば、稀勢の里の優勝もそれですよね!

横綱昇進直後の場所、途中まで勝ちっ放しながらも初黒星で負傷、欠場を危ぶまれたものの強行出場、優勝決定戦で連覇。

素晴らしい!!

「まあまあ疲労が。。。」などとぼやいている場合ではありませんね!!

Go! RYOJI!

 

 

 

 

ところで。

「疲労」といえば。

先週金曜日にオーダーシャツ用の極上新作素材が40マーク入荷しましたので、今日と明日の2日間に分けて疲労、ではなく披露致します!

今日はLibertyの新作とインポート素材を、明日は国産素材をご紹介します。

2月に入荷した素材は早くもソールドアウトになっているマークが出てきました。

もし気に入った素材がありましたら(きっとあると思います 😉 )、ぜひともお早めに実物をチェックしにいらして下さいませ!

ではいきましょう!!

 

 

 

 

まずはLiberty。

 

 

たったの4マークとかなり控えめな量ですが、そこは量より質ってやつです!

ご覧の通りどれもが欲しくなるナイス柄ですよね!!

品質は100% Cotton、番手は70/1 × 100/1です。

 

オーダーシャツ(リバティプリント使用):¥17,000+tax~

 

 

 

僕が最も気に入ったのはこちらです。

 

 

Sea Petalsです。

色合いといい柄といい最高に華やかで美しいですよね!

イチオシです!!

そして、僕の予感(←当たるかどうかは謎ですけれど笑)によれば早期にソールドアウトしそうです。

 

 

 

これも秀逸!

 

 

Paisley Buds。

エレガントでいいですよね〜〜〜!

シャツはもちろんのこと、シャツワンピースを作ってもとても素敵でしょうね❤️

この素材のシャツワンピースは、¥29,000 +tax~です。

意外とリーズナブル 😯

 

 

 

これも好き!

 

 

Reef。

とっても綺麗ですね!

クレリック仕様にしてビジネス用のシャツを作ってもいいかも分かりません😊

 

 

 

 

次にCanclini。

 

 

全8マーク、人気のLinus(100% Linen)の新色、新クオリティ(?)のMelino(57% Cotton + 43%)、細番手ドレス素材のSkin(100% Cotton)といった幅広いレンジからセレクトされた新柄たちです 🙂

 

 

 

きれいなカラーの100% Linenはソールドアウト必至です!

 

 

特にイエローの人気が高まりつつある今日この頃です!

このDiaryを読んで下さっている高感度の皆さまの多くにも「刺さる」のではないでしょうか?

 

品質は100% Linen、糸番手は60/1 × 60/1です。

オーダー価格:¥18,000+tax~

 

 

 

イエローの色違いです。

 

 

美しいブルー、濃過ぎないのがいいですね!

 

品質は100% Linen、糸番手は60/1 × 60/1です。

オーダー価格:¥18,000+tax~

 

 

 

最高の肌触りを誇るSkinレンジの新柄です。

 

 

この素材、本当に素晴らしい肌触りです!

 

品質は100% Cotton、糸番手は80/1 × 140/1です。

オーダー価格:¥19,000+tax~

 

 

 

 

最後に、Albini、Monti、Leggiuno、Thomas Masonといったメーカーの新作素材11マークを。

 

 

パっと見地味に見えるかもしれませんけれど、実はいずれもかなりひねりの効いた素材ばかりです。

いずれの素材もmade in Italyです。

 

 

 

Albiniのブロックチェック素材です。

 

 

 

爽やかな色合いが素敵ですよね!

たまにはこんな爽やかかつ少々チャーミングなシャツを作ろうかしら? :mrgreen:

似合うかな??

 

品質は100% Cotton、糸番手は100/1 × 120/1です。

オーダー価格:¥20,000+tax~

 

 

 

Albiniのフラワープリント素材です。

 

 

上品な色使いとファンシーな柄が見事に調和した逸品です!

ブラックスーツに合わせる用に作ろうかな?

パーティに良さそうでしょ? 😎  :mrgreen:  😉

 

品質は100% Cotton、糸番手は100/1 × 100/1です。

オーダー価格:¥20,000+tax~

 

 

 

Montiのポプリンと絡み織りを交織した涼しげなネイヴィ無地素材です。

 

 

ダークカラーシャツの人気が再燃中ですので、これはとても嬉しい入荷です!

写真の撮り方が上手くないせいなのですが、実際はもっと美しいネイヴィです 🙂

 

品質は100% Cotton、糸番手は100/2 × 100/2です。

オーダー価格:¥20,000+tax~

 

 

 

Leggiunoの極薄のカーキグリーン素材です。

 

 

綿麻混紡ゆえに美しい光沢と高い通気性を有す、これから訪れる夏に最高の素材です。

これ、かっこいいな〜〜〜〜!!

ベイジュのコットンスーツやホワイトリネンのブレザーのインナーに合わせてみたいです😊

 

品質は67% Linen + 33% Cotton、糸番手は100/2 × 100/2です。

オーダー価格:¥20,000+tax~

 

 

以上です。

思わず説明に力が入ってしまうほどのナイスな素材ばかりです。

ご来店の際にはぜひともチェックしてみて下さい。

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

昨日に続いて今日もOLU DARAの作品を。

2002年にリリースされた2ndで、現時点での最新のスタジオアルバムです。

大きな期待とともにリリースされた本作は、前作よりも一段とオーガニックでレイドバックしたタッチの音に仕上がりました。

前作にあった驚きにも似た「初対面感」は望めません(そりゃそうだ、2ndなんだから!)けれど、あらゆるルーツミュージック、ワールドミュージックをごった煮したようなナイスグルーヴに満ちた好作品に仕上がっております。

以降にソロアルバムをリリースしていない/出来ていない理由は分かりませんが、久し振りに3rdアルバムをリリースして欲しいものです 😉

 

 

 

では、本作収録曲がYouTubeで見つけられなかったので、親父さん(OLU DARA)がフューチャーされている息子のNASのBridging the Gapという曲を。

 

 

ふむ、かっこいいね!

本作とはまっっっったくテイストの違う曲だけど(笑)。

 

 

27th. May. 2017

Ryoji Okada

 

 



Brand new bunch books for 2017 Spring/Summer just arrived! vol.17

Hiroshima Carp / Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

3月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

*木曜日は定休日をいただきます。

 

 

M-65ジャケットのオーダーを始めました!

 

 

The Loudest Voice vol.14 in store now!

 

 

Introducing the story behind “Heart Shaped Tab Collar”.

 

 

オーダーパンプスの取り扱いを再開いたします。

 

 

 

昨日のNBAは僕にとって理想の結果でした!

一時はPO圏外まで落ちたもののじわりじわりと6位まで上げてきた我がMILは5位ATLを撃破、遂にゲーム差なしで並びました!!

今月は残り4ゲーム、相手はCHI→@CHA→@BOS→DETです。

ここ10ゲームの成績は依然リーグトップの8勝2敗にして、3月は11勝3敗(1989年1月以来の月別勝率のチーム記録らしいです)にして、目下4連勝中なので、ちょっと前まで上にいたCHIとDETとのゲーム差は3.5と広がっているのですが、直接対決きっちりと勝って引導を渡して欲しいものです。

そして、新たに最大のライヴァルチームとなったATLは昨日で6連敗とかなり調子を落としているけれど、今月はBKN→PHX→@PHIと割と与し易いチームとのゲームが続くので息を吹き返すかもしれません。

という訳で、MILには今月の残り4ゲームは出来れば4連勝、悪くても3勝1敗で乗り切って欲しいですね。

Go! BUCKS!

 

そして、オープン戦絶不調の広島東洋カープ!!!!

昨日も負け、どころか「松坂投手→五十嵐投手→サファテ投手」にノーヒットノーランリレーをされての完敗でした。

オープン戦とはいえ、そして、WBCに主軸の3人が参加していたとはいえ少々心配です。。。

今日もホークスとの試合があります。

先発は大瀬良投手かな?

ぜひともピシッと抑えて開幕ローテーション入りをアピールして欲しいものです。

Go! CARP!

 

 

 

ところで。

「新たに」といえば。

2週間前に完了したと思った2017 Spring/Summerシーズンの新作バンチブックの入荷ですが、数日前に新たな仲間が加わったのでご紹介いたします。

それでは早速ご紹介しましょう!

 

 

 

追加入荷したのはこちら。

 

 

T社さん編集の “Classic”と称された文字通りにクラシカルな素材がコンパイルされたバンチブックとカジュアル素材のサンプルブックが2冊、計3冊です。

では、早速中身を見ていきましょう!

 

 

 

William HalstedのMohair Twill。

 

 

73% Wool + 27% Summer Kid Mohair(330/360gms)という品質のスーツ/ジャケット素材です。

Mohair混紡素材ならではの美しい光沢と高い通気性を保ちながらも、しっかりと打ち込むことでシワになりやすいというMohair混紡素材のデメリットを軽減しております。

ツイル組織ならではの上品な光沢(表面に山谷が出来ることが生む陰影由来の光沢)とMohair自体の光沢が組み合わさることで素材の美しさを倍加させてくれるのもMohair Twill素材の特徴です。

また、VBC社が得意とするイタリアンミルらしいソフトなMohair Twill素材と異なり、この素材はかなりハード、英国紳士スタイルがお好きな方にぜひともオススメしたい逸品です!

独特のカラーリングもナイスです!!

 

 

 

こちらもWilliam Halsted社。

 

 

60% Kid Mohair + 40% Wool(240/260gms)のスーツ素材です。

Kid Mohairが60%も入っていると光沢が最高、かなり光ります!

でも、決して下品な光沢ではないのでご安心を 😎

シャリっとして、さらっとして、通気性が高くて、極上の光沢を誇る春夏物のスーツをお探しの方におすすめしたいこれまた逸品です。

ベイジュやワインレッドまで取り揃えたワイドレンジなカラーヴァリエーションも嬉しい限りです 😉

 

 

 

Huddersfield Fine Worstedのジャケット素材です。

 

 

混率とウェイトはそれぞれ異なるのですが、いずれもWool + SIlk + Linenの三者混素材です。

下から2番目に見えているレッドのチェックでスリーピーススーツが作りたいな〜〜〜〜〜 🙂

 

 

 

Classicを標榜するコレクションだけにSpence BrysonのIrish Linenもあります!

 

 

100% Irish Linen(370gms)です。

一番下に見えているピュアホワイトでブレザーを作りたい!

ちなみに、ウェイトが軽め(280gms)の品質もあります 😉

 

このClassicコレクションは、他にもMartin & SonsのFresco素材やBrisbane Mossの460rmsという超ヘヴィなハードコットン等々、いかにも英国的な素材がずらりと揃っています。

個人的にはとても素晴らしいバンチブックだと思います。

万人向けではありませんけれど(笑)。

 

 

 

続いて、Ormezzanoの100% Cottonコレクションを。

 

 

Ormezzanoは毛織物も作っているものの、基本的にはCottonやLinenといった天然繊維に特化したイタリアンミルです。

という訳で、安心のクオリティ!

そして、そこまで高価格ではないのも嬉しいところです 😉

コットンスーツをご検討している方には真っ先におすすめしたいコレクションです。

 

 

 

最後に「集合写真」の右端に見えている大判のブックJacket vol.3を。

 

 

100% Linenコレクションです。

質実剛健&クラシックなSpence BrysonのIrish Linenと対極にあるソフトで華やか、そして、モダンなイタリアンリネンです。

ハードなリネンもいいですけれど、こっちも素敵ですよね!

 

 

 

以上です。

もうすぐ4月だというのに冬のような寒さの3月最終日曜日ですが、店頭にはかように夏の気配が感じられる楽しいコレクションが到着しております。

ぜひともチェックしにいらして下さいませ!

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日のブルース関連音源を。

1998年、OLU DARAが当時57歳の時にリリースした1stソロアルバムです。

本作も、昨日のSYS JOHNSONの作品同様Blues & Soul Recordsという雑誌経由で知ったのですが、当時かなり話題になっていたと記憶しています。

 

それもそのはず。

この人は前衛ジャズのトランペッター/コルネット奏者として1970年代から活躍、DAVID MURRAYやART BLAKEY、JAMES “BLOOD” ULMERといった錚々たるメンツとプレイ、レコーディングに参加したりして1980年代を過ごしたという経歴を持っています。

だけでなく、息子が当時既に成功していたNASというラッパー(聴いたことないけど)という話題もありました。

そして、57歳になって遂にリリースされたソロデビューアルバムが最高に素晴らしいアルバムでした。

話題にもなりますよね 🙂

 

でも、その内容は経歴から予感されるモダンで前衛的な音ではなく、おおらかで様々な音楽の要素が高い次元で混じり合った極上のルーツミュージックです。

このレイドバック具合、いつまでも身を委ねたい心地良さです。

 

 

 

 

では、4曲目収録のYour Lipsをライヴ動画でどうぞ。

 

 

この曲好きだな〜〜〜〜〜 😎

2曲目のRains Shower、7曲目のYour Mamaとともに僕のフェイヴァリットソングです。

 

 

26th. Mar. 2017

Ryoji Okada

 

 



国産のRockなニューライニングが登場!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

3月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

*木曜日は定休日をいただきます。

 

 

M-65ジャケットのオーダーを始めました!

 

 

The Loudest Voice vol.14 in store now!

 

 

Introducing the story behind “Heart Shaped Tab Collar”.

 

 

オーダーパンプスの取り扱いを再開いたします。

 

 

 

 

何事も他力本願はよろしくないけれど、昨日は4位TORが8位MIAに勝ってくれたおかげで、我が6位MILとMIAとのゲーム差も1.5まで広がりました。

もちろん油断は禁物だけれど、これでPO進出はほぼ決まったかな?

ん?そんなことはないか。。。

今日は7位INDも、9位CHIも、10位DETも勝ちそうな相手だから、MILが今日のATL戦で負けるとまた混沌とし始めるかも。。。

逆に今日勝つと5位ATLとのゲーム差が0.0になるので、そして、ホームゲームなのでなんとしても勝ちたいです!

絶好調のMILと絶不調のATLだけに恐らくは勝てると思うのですが、どうでしょうか!!

どうやらATLはP.Milsapを欠いているんですね、これはチャンス!!!

といってもこちらだってJ.Parkerを欠いているので条件は一緒ですけどね。

とにもかくにも勝利して欲しい!!!

エースG.Antetokoumpoの出来次第でしょうか?

意外や、M.Plumleeをリリースすることが目的のトレードで獲得後「干す」予定だったものの、ここ数ゲームは20分前後のPTをもらってそこそこいい働きをしている新加入のS.HawesがG.Monroeと代わる代わるあの手この手でD.Howardを封じ込めることがポイントだったりして。

何はともあれ!!!

Go! BUCKS!

 

 

 

ところで。

「新加入」といえば。

昨日ご紹介した英国マーチャントのライニングコレクションとは別に、常日頃から国産ライニングの充実にも力を入れているLOUD GARDENであります!

という訳で今日は、昨日から取り扱いをスタートした新加入のライニングをご紹介します。

 

 

 

まずはこちら “Safari”です。

 

 

シンプルなジャカードの迷彩柄は今までなかったのでこれはナイス!

そして、このシャープなゼブラプリントもロックでいいですよね〜〜〜〜〜!!

早速昨日ジャケットをご注文下さったお得意様に採用いただきました :mrgreen:  😎  😉

ブラック&ホワイトのゼブラプリントは、フォーマルスーツとかにもいいでしょうね 😉  😉  😉

 

 

 

続いてこちら “Pearl”。

 

 

膨らみのある上品あサテン素材のミニドットジャカード素材です。

とてもシックでいいですね。

 

 

以上です。

昨日ご紹介したHFWの “FLASH” Liningsコレクションと異なり、こちらは国産ですからもちろんアップチャージ不要でご指定いただけます!

スーツやジャケットをご注文の際にはぜひご検討下さいませ 😉

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もブルース音源、昨日のRICO MCFARLANDのソロアルバムにもシンガーとしてゲスト参加していたブルース&ソウルマンSYL JOHNSONの1999年作品Talkin’ About Chicagoを。

一時期半引退状態があったものの、3年前のフジロックにも参戦するなど、196o年代中盤から80歳となる現在まで現役のレジェンドです。

僕が初めて購入したこの人の音源が本作でした。

Blues & Soul Recordsという雑誌のレヴューを読んで興味を持って購入したんじゃなかったかな?

1999年といえばブルースを聴き始めて10年弱、やっと王道ブルースマン以外の音源にも触手を伸ばせるようになってきた頃でした。

この人の野卑なファンキーさや瑞々しいソウルフレイヴァーはとにかく新鮮でした!

例えば、3曲目のSweet Dynamite!とかね〜〜〜、めちゃくちゃシビれましたよ :mrgreen:

よく入浴中とかに「D・Y・N・A・M・I・T・E! Sweet Dynamite! Sweet Dynamite~~~!」って歌っていましたもん(笑)。

古くからのファンからはどのような評価がされたのかは不明ですが、僕は大好きなアルバムです!

 

 

 

では、本作収録曲ではありませんが、1969年にスマッシュヒットを記録した代表曲Is It Because I’m Blackのライヴ動画をどうぞ。

 

 

2012年のライヴのようだからこの時75歳か〜〜〜〜。

スリウーピーススーツ姿もキマっているし、きちんと歌えているし、ギターも味わい深いし、演奏中のチャーミングな動きや表情も若い!

イカしたお爺ちゃんだな〜〜〜〜。

こんな爺さんになりたいです :mrgreen:

 

 

25th. Mar. 2017

Ryoji Okada

 

 



趣味とともに:ライニング編

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

3月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

*木曜日は定休日をいただきます。

 

 

M-65ジャケットのオーダーを始めました!

 

 

The Loudest Voice vol.14 in store now!

 

 

Introducing the story behind “Heart Shaped Tab Collar”.

 

 

オーダーパンプスの取り扱いを再開いたします。

 

 

 

 

昨日はリハビリテーションを始めた父親に会いに行けなかったことを除いてとてもいい1日でした。

 

木曜日だというのに急遽営業にした甲斐がある営業内容だった(来週の木曜日は100%お休みします!)し、22:00過ぎに残業を終えた後に楽しいお酒が飲めたし。

そして何よりNBA!

MILが勝利!!

ATLが負け、INDが負け、DETが負け!!!

これにて、8勝2敗と最近10ゲームをリーグ最高の成績でしのいだMILが6位に浮上、5連敗中の5位ATLとのゲーム差を1.0ゲームに縮めました。

素晴らしい :mrgreen:

今日のゲームで8位のMIAがまけてくれれば文句なし!

そして、明日のATLとの直接対決で勝利すれば本当に最高!!

ホームゲームですしね、やってくれるでしょう💪

Go! BUCKS!

 

いや〜〜〜、それにしても、趣味を持つというのはいいですね!

凹んだ時も、アゲアゲの時も、MILやDALやカープが頑張っていると僕も頑張れるし、音楽を聴いていると勇気が出たりするもんね :mrgreen:

趣味万歳!!

 

 

 

 

ところで。

「趣味」といえば。

日を追うごとに春らしさが増している今日このごと、皆さまも自転車やゴルフ、ドライヴ、フライフィッシング等のご趣味にお出掛けになる機会が増えていることと思います。

という訳で本日は、ご自身のご趣味をスーツやジャケットのライニングに反映させるというオーダーメイドならではの小技にぴったりなコレクション(の一部)をご紹介します。

いずれも英国の名門マーチャントHFW社の”FLASH” Liningsコレクションのライニングです。

以前にもご紹介しましたけれど、今日は「趣味縛り」。

以前ご紹介したライニングとは被らないマークをセレクトしました 😉

もちろん、”FLASH” Liningsコレクションにはこれら以外にもたくさんのユニークでエキサイティングなライニングがコンパイルされておりますので、ご来店の際にはぜひともチェックしてみて下さい!

それでは早速ご紹介していきましょう!

 

 

 

 

「このスーツを着たら、自転車に夢中になり始めた時期に作ったと思い出せるから」ということで、スーツ用にセレクトいただいた自転車柄のライニングです!

 

 

ベースのブルーも春らしくて素敵ですよね。

S様やH様にもぜひとも次回はこのライニングをご採用いただきたいです😉

 

 

 

最近ゴルフをなさっているという女性のお客様がご採用下さったゴルフ柄のライニングです。

 

 

ゴルファーたちのクラシックな装いが楽しいデザインですね!

 

 

 

常勤しているドイツ人職人のGorden君に見せたら「いくつかはドイツのビール。あとはポーランドとか他の国かな?」とのことでした。

 

 

ヨーロッパのビールがお好きな方にぜひともおすすめしたいライニングです。

「仕事中からビールのライニングがついたスーツを着る」という少しシュールな感じも最高です!😀

 

 

 

日々フィットネスジムで鍛錬されているお得意様が結構いらっしゃるのでその方たちにおすすめしたいライニングです。

 

 

あ、僕か!

自分の身体への戒めも込めて次回のスーツはこれにしようかしら???(笑)

 

 

 

見ての通り。

 

 

ヴィンテージカーがお好きな人向きですね!🚘

 

 

 

私はこのライニングを搭載したダブルブレステッドライダースを現在作成しております🎸

 

 

今週中にもライダース仕上がるんですよね〜〜〜〜〜。

楽しみです!!! 😎

 

 

 

テニスがご趣味の皆さまにぜひ!

 

 

あ〜〜〜、またやりたいな〜〜〜、テニス🎾

 

 

 

フライフィッシング柄です。

 

 

季節が終わってしまいましたけれど、ツイードのジャケットにつけても間違いなく素敵ですよね!

ちなみにフライフィッシング柄はもうひとつ、ルアーが描かれたヴァージョンもあります🎣

 

 

 

WBCが盛り上がって、ペナントレース開幕が近い今日この頃。。。

 

 

今が旬のライニングです!

 

 

 

アメリカンフットボール柄です。

 

 

単純にかっこいいデザインですよね!

 

 

 

僕も大好きなバスケットボール柄。

 

 

でも、かつてプレーも楽しんだ大好きな趣味とはいえ、これはあまりにクラシックなスタイル。。。

自分のスーツにはちょっとつけない。。。

かな? :mrgreen:

 

 

 

こちらが表紙です。

 

 

見ているだけでも楽しい “FLASH” Liningsコレクション。

いつも目立つ場所に置いております!

ご来店の際にはぜひともご覧下さいませ 😉

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もブルース音源。

一昨日のBILLY BRANCH、昨日のCARL WEATHERSBY、そして、僕が最も好きなブルースマンLUCKY PETERSON、現代のモダンブルースシーンを代表する重要人物たちとの関係も深い実力者、そして、ギタリスト・シンガー・コンポーザーとしての頼れる脇役仕事が多かったRICO MCFARLANDが主役を張った1stソロアルバム(2001年作品)です。

そのBILLY BRANCHとCARL WEATHERSBY、そして、SYL JOHNSON、SUGAR BLUE、OTIS CRAY、MELVIN TAYLOR、CHICO BANKSなどなど名だたる名人たちがゲスト参加していることからも、彼のシーンにおける信頼振りと実力が分かるというものですね 😉

特にSYL JOHNSONの参加は嬉しい限り、2曲で歌っているのですが本作のとてもいいアクセントになっています。

1曲のみの参加ながらCARL WEATHERSBYのGもナイス!

CHICO BANKSの饒舌過ぎるロックなGはイマイチだけれど(笑)。

もちろん内容自体もナイス、12曲中2曲だけと自作曲が少ない(タイトルチューンなんて本作のハイライトといえるくらいいい曲なんですけどねぇ)のは気になりますが、挨拶代わりの1枚としては十分過ぎる充実作です!

本作以降にソロアルバムをリリース出来ていないのが不思議なくらいです。

 

 

では、ライヴ動画をどうぞ。

 

 

SUGAR BLUEのバンドマスターとして、主役が登場する前のウォーミングアップパフォーマンスをしている様子ですね。

ブルースライヴではよくあるシーンなのですが、最高ですね〜〜〜〜!

久し振りにブルースライヴが観たい!!

しかも野外で!!!

 

 

24th. Mar. 2017

Ryoji Okada

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.