Ryoji Okada Official Website

Diary

10.5 Wedまで開催中!<Made-to-order necktie 2,200yen off キャンペーン>

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

9月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします

 

 

“♡ Camo” silkの新作2カラー完成しました!

 

 

「 “♡ Camo” cotton canvasとOkayama denimのリヴァーシブルトートバッグ」試作品完成!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

渾身のSafari Jacket作りました!

 

 

The Loudest Voice vol.32 in store now!

 

 

< 10.5 Wedまで開催中! >

  Made-to-measure shirt 3,300yen off キャンペーン

  Made-to-order necktie 2,200yen off キャンペーン

 

 

< Introducing new bunch books! >

  vol.1: Bash Ⅱ by HFW 2-1

  vol.2: Bash Ⅱ by HFW 2-2

  vol.3: Harris Tweed

  vol.4: Drago

  vol.5: Fratelli Tallia Di Delfino

  vol.6: Lassiere Mills / Kynoch / Marling & Evans

  vol.7: Dormeuil / John Cavendish / Marling & Evans etc.

  vol.8: Overcoat

  vol.9: Loro Piana

 

 

 

 

昨日のT対S@神宮球場はTが勝利しました。

Tは今日もSと試合があります。

岡田監督内定、藤浪投手のMLB挑戦等、話題が尽きないTですが、今日の試合も引き続き注目ですね。

肝心のカープは明日からSとの2連戦@マツダスタジアムです。

連覇を決めて調整モードのSだから。。。

などと油断しては絶対にいけません。

緒方監督初年度だったでしょうか、今季と同様CS進出争いをしている中、優勝を決めた(つまりビールかけをした)翌日に移動してきた&ベンチで真中監督等が眠そうにしているSに敗れたこともありますしね。

いずれにしても、TとGは残り2試合でカープは残り3試合。

何度もこのDiaryで書いておりますが、3チームで並んだ場合とTと並んだ場合はカープが3位/CS進出ですが、Gと並んだ場合はGが3位/CS進出となります。

そして、もう直接対決はありません。

そしてそして、Gは土曜日まで試合がありません。

つまり、Gにプレッシャーをかけるためにもなんとしても2連勝しなければいけません!!

今度こそ、明日こそ、なんとしても絶対に勝つ!!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「2」といえば。

お得意様の皆さまには既にお葉書等でご案内しておりますが、現在「オーダーメイドネクタイ¥2,200 offキャンペーン」を開催しております!

昨日ご紹介した「オーダーメイドシャツ¥3,300 offキャンペーン」と同じく会期は10.5 Wedまで、今日(9.28 Wed)を含んで残り7営業日となります。

コロナ禍の影響も受けた「新たな生活様式」の拡大とともにますます身につける機会が少なくなっているネクタイ。

それだからこそ身につける際にはご自身のこだわりや遊び心を満載にした1本をセレクトするのが洒落者の王道だと思います!

つきましては、ぜひともこの機会にちょっとお得にOne of a kindなネクタイをご注文下さいませ😌

入荷したばかりの新作もいきなり対象となります!

そして、もちろん初めてお客様を含むすべてのお客様が対象となります!!

ぜひともお願い申し上げます!

 

 

 

 

今回作ったフライヤー/POPです。

 

 

このフライヤー/POPにある新作ももちろん対象になります!

というか、ネクタイはコレクションすべてが対象となります。

価格は以下の通りになります。

—–

キャンペーン価格:

 Domestic fabric¥14,300 ▷▷▷ ¥12,100

 Imported fabric¥18,700 ▷▷▷ ¥16,500

 

LOUD GARDEN/RYOJI OKADAのオーダーネクタイは「長さ・大剣巾・シルエット・芯地指定」の他に「裏地/カンヌキどめのカラー指定」や「エッヂの手三つ巻き仕上げ/セッデピエゲ(セヴンホールド)仕様/イニシャル刺繍入れ」といったスペシャルなオプションも多数ご用意しております。

—–

*今シーズンから導入したホールガーメントのニットタイは対象外となります。

*ボウタイは対象外となります。

*詳細はお問い合わせ下さい。

 

最後に昨日も書きましたが。。。

「生き残りと存亡をかけた絶対に負けられない半年間の初月」である2022年9月も残り2営業日です。

なんとか「オーダーシャツ2枚キャンペーン」に続いて目標達成といきたいところなのですが、2回の3連休に喫した1敗2分が影響して予断を許さない状況になっております。

加えて、昨日おとといの2日間はシャツのご注文が4枚、ネクタイのご注文が2本、リペアのご依頼が2件、10.1 Satのご予約が2件、e-mailでのお問い合わせが1件とご注文自体はシャツとネクタイオンリーながら、平日としてはnot badという感じでしたが、昨日に限っては安倍元首相の国葬儀が行われた影響もあった(外苑西通りの車、店舗前を行き交う人の数が日頃よりかなり少なく感じました)のか、ご来店が今月初の「0」でした(汗)。。。

このままだとそこそこ高く掲げた目標に届かない可能性が高いかもしれません。。。

つきましては!

ご注文をご検討中の方は、ぜひとも、どうか、何卒、今月中にお願いいたします!

皆さまのご来店、皆さまからのご連絡を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もTHE NEVILLE BROTHERSの極上ライヴアルバムAuthorized Bootleg: Warfield Theatre, San Francisco, CA, February 27, 1989 (2010年作品)のDisc 1を!

聴けば聴くほど、楽しめば楽しめば、身を委ねれば身を委ねるほど「もう一度生ライヴが観たい!」と思えてなりません。

もちろん、もうARTとCHARLESがいないから無理なんですけれどね。

そして、NOLAの音楽を30年以上も愛聴しているのに未だ一度も行ったことがないことの、THE NEVILLE BROTHERSやDR. JOHNやALLEN TOUSSAINTが健在のうちに現地に足を運ぶ計画すら立てなかったことの不明を恥じるばかりです。

VAN MORRISONやLEONARD COHENのように「日本には絶対に来ない」と分かっている人たちじゃなかったからなぁ。。。

M&Iカンパニーさんも罪作りですよね(笑)。

それはともかく、金曜日はDisc 2!

いよいよ待ちに待ったBrother John/Iko IkoとBig Chiefで踊るぜ!!

 

 

 

 

では、ライヴでは頻繁に演奏するゴキゲンなファンクチューン4. Mojo Hannahをライヴ動画でどうぞ。

 

 

この曲も僕の大好物です!

本作のように、ライヴの冒頭でいきなりFire On The Bayou → Hey Pocky Way → Junk Man → Mojo Hannahの連打をされたら昇天しますわ(笑)。

何回も観た(といっても5回か6回だと思いますが)THE NEVILLE BROTHERSの生ライヴでももしかしたらこの曲順があったかもしれませんね。

そして昇天したかもしれませんね(笑)。

猛烈に衝撃を受けたのは覚えているけれど曲順はまったく覚えていないです!

最後に観たライヴでも多分20年近く前ですもんね。

そして、もしこの4曲が連続で披露されたとしたら最後のライヴではなくて30年近く前のはずですもんね。

覚えている方がおかしいですね(笑)。

それはともかくとして。。。

サイコー!

 

 

 

 

28th. Sep. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



10.5 Wedまで開催中!<Made-to-measure shirt 3,300yen off キャンペーン>

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

9月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします

 

 

“♡ Camo” silkの新作2カラー完成しました!

 

 

「 “♡ Camo” cotton canvasとOkayama denimのリヴァーシブルトートバッグ」試作品完成!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

渾身のSafari Jacket作りました!

 

 

The Loudest Voice vol.32 in store now!

 

 

< Introducing new bunch books! >

  vol.1: Bash Ⅱ by HFW 2-1

  vol.2: Bash Ⅱ by HFW 2-2

  vol.3: Harris Tweed

  vol.4: Drago

  vol.5: Fratelli Tallia Di Delfino

  vol.6: Lassiere Mills / Kynoch / Marling & Evans

  vol.7: Dormeuil / John Cavendish / Marling & Evans etc.

  vol.8: Overcoat

  vol.9: Loro Piana

 

 

 

 

まずはSファンの皆さま、セ・リーグ連覇おめでとうございます⚾️

次に大事な試合で本領が発揮できないエースは大瀬良投手と森下投手だけではないようです。

Gのエース菅野投手もおとといのD戦@バンテリンドームでKOされましたね。

それでも大瀬良投手のようにいきなり大炎上しないあたりはさすがですけれど。。。

それはともかく、その大事な試合にGが敗れたので「カープとGとTの負け数」が並びました。

ということはです。

残り試合はカープとTが3でGが2なのですが、3チームともが残り試合に全勝した場合は直接対決の成績等からカープが3位/CS進出となります。

数日前「今季は完全終了!」と宣言しましたけれど、またしても可能性が出てきました(笑)!!

いかにもレヴェルが低い3位争い、勝率.500以下の3位争いという感じではありますが、僕にとってはこの上ないグッドニュースです。

今日はカープもGも試合がなく、Tのみ試合があります。

そして、3チームが並ぶ以外のケースだとGとカープが並んだ場合はGが3位/CS進出、Tとカープが並んだ場合はカープが3位/CS進出のようですから、これって、カープが3連勝することを前提としてGが残り2ゲームを勝つことを予想したら、今日はTを応援するべきでしょうか?

*GとTが並んだケースはどうなるか把握していません。

が、しかし、カープとGが1敗した場合にはTにも1敗してもらわないと困る訳ですよね。

どうしましょう。。。

「カープが3連勝する前提」自体が砂上の楼閣(というか不可能に近い笑)ですからね、Tを応援するのは邪道かもしれませんね。

とにもかくにも、今日明日はTの試合に注目です。

そして、明日あさってはGとTがお休みでカープだけが試合をしますから2連勝を強く祈念しなくてはいけません。

先発は「森下投手→九里投手」でいくのかな?

こうなれば、遠藤投手だけでなく、最近の二軍戦でそこそこの投球をした高橋昂投手、森投手、アドゥワ投手あたりを第二先発要員的に一軍登録してもいいのかもしれませんね。

しかし、そうなると、いや、そうならなくても、もし最後まで3位/CS進出争いがもつれた場合、最終戦の先発はまたしても「エース」大瀬良投手でいくしかないのでしょう。

ファンからしたら不安が大きいけれど、もしそうなったならぜひとも最後の最後でエースらしい快投を披露して欲しいですね。

いや、その前にですね、まずはあさってに向けてチーム状態を最高の状態にして欲しいですね。

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「3」といえば。

お得意様の皆さまには既にお葉書等でご案内しておりますが、現在「オーダーメイドシャツ¥3,300 offキャンペーン」を開催しております!

会期は10.5 Wedまで、今日(9.27 Tue)を含んで残り8営業日となります。

ぜひともこの機会にLOUD GARDEN/RYOJI OKADAが最も得意とするアイテムのひとつオーダーメイドシャツを少しお得にご注文下さいませ。

—–

キャンペーン価格一例:

The Royal Caribbean Cotton¥16,500~ ▷▷▷ ¥13,200~

Thomas Mason¥18,700~ ▷▷▷ ¥15,400~

Liberty¥20,900~ ▷▷▷ ¥17,600~

—–

入荷したばかりの新作もいきなり対象となります!

シャツワンピースも対象となります!!

そして、もちろん初めてお客様を含むすべてのお客様が対象となります!!!

 

 

 

 

今回作ったフライヤー/POPです。

 

 

このフライヤー/POPにあるLiberyの新作ももちろん対象になります!

具体的には以下のバンチブック収録素材が対象となります。

—–

Thomas Mason(1冊)

Canclini(2冊)

Imported Fabrics(2冊)

Liberty Fabrics(1冊)

Loud Girl(1冊)

The Royal Caribbean Cotton(2冊)

—–

以上の合計9冊です。

*諸般の事情で今回からBook ⅠとBook Ⅲは対象外となりました。

*Basics・Book Ⅲ・Wrinkle Freeは以前から対象外です。

*「通常コレクション」ではないインポート素材のバンチブック:Ringhart・HFW・Alumo・Monti・Albiniなどは対象外です。

*「通常コレクション」ではない国産素材:ポルカドットプリントコレクションなどは対象外です。

*詳細はお問い合わせ下さい。

 

「生き残りと存亡をかけた絶対に負けられない半年間の初月」である2022年9月も残り3営業日です。

なんとか「オーダーシャツ2枚キャンペーン」に続いて「目標達成」といきたいところなのですが、2回の3連休に喫した1敗2分が影響して予断を許さない状況になっております。

つきましてはぜひとも、どうか何卒ご注文をお願いいたします!

皆さまからのご注文を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

予告通り(といっても何度か伸ばしましたが。。。)、今日からTHE NEVILLE BROTHERSのBrother John/Iko IkoとBig Chiefが収録されているライヴアルバムAuthorized Bootleg: Warfield Theatre, San Francisco, CA, February 27, 1989 (2010年作品)を。

が、まずはその両曲ともが収録されていないDsic 1から堪能しましょう!

Disc.1にも1. Fire On The Bayou、2. Hey Pocky Way、4. Mojo Hannah等々、昨日まで楽しんだLive On Planet Earth(1994年作品)未収録の極上&ファンキーな代表曲が多数含まれていますからね。

また、AARONの代名詞的なバラード8. Tell It Like It Isが収録されているのも嬉しい限りです!

ちなみに本作はリリースこそ2010年ですが、収録されたライヴ自体は1989年2月のものです。

つまり「Live On Planet Earthの16年後にリリースされたLive On Planet Earthより5年前のライヴ音源」ということになります。

1989年2月といえば名作Yellow Moon(1989年作品)のリリース前、つまりまだ世界的な名声を得る前、日本では限られたルーツミュージックラヴァーしか知らなかった時代、母国でも「NOLAを代表するバンド」という立ち位置だった頃ですね。

とはいえ、既にYellow Moonは完成していたタイミングです、Yellow Moon収録曲が合計5曲(Disc 1に3曲・Disc 2に2曲)披露されています。

ということは、僕が愛してやまないBrother JakeやFamily Grooveはまだ生まれる前なので当然披露されていません。

その一点だけは残念ですが音源自体は超最高です。

THE METERSやDR. JOHN経由でTHE NEVILLE BROTHERSに辿り着いたファンの方たちからするとLive On Planet Earthよりも本作の方が圧倒的に好みかもしれませんね。

 

 

 

 

では、Fire On The Bayouをライヴ動画でどうぞ。

 

 

怒涛のファンク!

素晴らしい!!

 

 

 

 

27th. Sep. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Super cool and dandy safari jacket!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

9月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします

 

 

“♡ Camo” silkの新作2カラー完成しました!

 

 

「 “♡ Camo” cotton canvasとOkayama denimのリヴァーシブルトートバッグ」試作品完成!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

10周年Tシャツ残り3枚となりました!

 

 

The Loudest Voice vol.32 in store now!

 

 

< Introducing new bunch books! >

  vol.1: Bash Ⅱ by HFW 2-1

  vol.2: Bash Ⅱ by HFW 2-2

  vol.3: Harris Tweed

  vol.4: Drago

  vol.5: Fratelli Tallia Di Delfino

  vol.6: Lassiere Mills / Kynoch / Marling & Evans

  vol.7: Dormeuil / John Cavendish / Marling & Evans etc.

  vol.8: Overcoat

  vol.9: Loro Piana

 

 

 

 

3連休が2回もあったシルヴァーウィークなる日々が終了しました。

先週もこのDiaryで書きましたとおり、1回目の3連休は2勝1分の「成績」でした。

まあ、1分けは負けに近い引き分けでしたが。。。

そして、昨日が最終日だった2回目の3連休は1勝1敗1分けの「成績」でした。

いずれも3連休直前に台風接近のニュースがバンバン報じられる中での「成績」ですし、トータルでは勝ち越していますし、3勝はかなりの大勝だったので「そこそこは頑張れたのでは?」と満足している自分がいます

ご来店いただいた皆さま、e-mailやSNSやお電話でご注文/お問合せいただいた皆さまに心より御礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

そして、2回目の3連休初日にお待たせしてしまった複数のお得意様にはこの場を借りて改めて心よりのお詫びを申し上げます。

誠に失礼いたしました。

が、しかし、その一方で、おととい喫した負けは仕方がないと思うものの「2つの引き分けのどちらかを勝利にしたかった!」と思う自分もいます。

己の力不足を実感します。。。

9月は今日(9.26 Mon)を含めて残り4営業日です。

まずまずだった2回の3連休の余勢を駆って「生き残りと存亡をかけた半年間の初月」を走り抜けたい/目標をクリアしたいと思います。

複数のお得意様からいただいたご連絡によればThe Loudest Voice vol.32もほぼ投函が終わった模様です。

つきましては、ぜひとも世界で一着だけ存在しないエキサイティングな新作のご注文にいらして下さいませ。

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

もちろん引き続き、お電話/e-mail/SNS等でのご注文も絶賛承っております!

 

 

 

 

ところで。

「2回の3連休」といえば。

今日は英国を代表する老舗マーチャントHolland & Sherryの名コレクションAscot Classicsに収録されている*ガンクラブチェック素材でお作りしたサファリジャケットをご紹介します。

キレイなブラウンと知的なグリーンのダブルウィンドウペーンが見事な調和を果たしたモダンクラシック&スーパースタイリッシュなガンクラブチェックです!

*多色使いのハウンズトゥースパターン

そんなモダンクラシック&スーパースタイリッシュな素材をこれまたモダンクラシック&スーパースタイリッシュなサファリジャケットスタイルで「料理」した1着です。

大変ありがたくも光栄なことに2回の3連休ともにご来店下さったダンディ、H様のご注文品です。

お忙しい中ご来店下さいまして本当にありがとうございました。

では、早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

 

↓こちら↓ です。

 

 

いかがでしょうか!?

とってもクール&ダンディですよね!

まったくもって手前味噌ながら「たくさんのこだわりを満載にした相当の傑作」に仕上がったと自負しております!

自信作です💪

具体的には「カラー(上衿)をラペル(下衿)より長めに設定した個性的な衿型」「ボタン止めフラップ付き&ボックスプリーツ入り&左右仕様の胸ポケット」「ボックスプリーツとマチをつけることでふくらみを持たせた腰ポケット」「バック背中心に入れたインボックスプリーツ」「着脱可能なウエストベルト」「シャツのような剣ボロ/カフスつきの袖口」といったデザインが特徴です。

「made in Englandのリアルホーン(本水牛)ボタン」「大身返し仕立て」「職人技が光る観音開き仕様のハーフライニング」といったオーダーメイドならではのエキサイティングなディテイルも見逃せません!

ということのサファリジャケット。

サファリジャケットのルーツに敬意を表してクラシカルなサファリスタイルを愉しんでよし、デニムパンツ等と合わせて日常のカジュアルスタイルに合わせてよし、意外やタイドアップしてドレッシーにキメてよしな逸品に仕上がったと思います!

僕もこだわりと遊び心とロック魂を満載にしたOne of a kindなサファリジャケットを作ってみたくなりました

ちなみにですが、LOUD GARDENのサファリジャケットには「オーダーメイドシャツ用の素材を使ってシャツファクトリーが仕立てるパターンオーダースタイルのサファリジャケット」と「スーツやジャケットと同じ縫製職人が仕立てる自由度が極めて高いテイラードスタイルのサファリジャケット」の2種が存在するのですがこちらはもちろん後者になります。

では、こだわりのディテイル等を「寄り画像」で見てみましょう!

 

 

 

バックです。

 

 

サファリジャケット特有のショルダーヨーク、背中心のインボックスプリーツ、ウエストベルト等々「静かに(しかし雄弁に)語る男の後ろ姿」です!

インボックスプリーツ両ハシのピックステッチも粋ですね〜!

画像では少し分かりにくいですがセンターベンツを入れております。

サファリジャケットの場合はセンターベンツかノーベントがいいと思います。

サイドベンツだと少し異様かもしれません。。。

「それがいい!」というお得意様がいても不思議ではないのでがLOUD GARDEN/RYOJI OKADAですけれど(笑)。

 

 

 

ショルダーです。

 

 

我々が「マニカカミーチャ/シャツ袖」などと呼ぶシャツのような付け方の袖を採用しております。

多少ですが縦に皺が走るようにイセ量を多めにしました。

いわゆる「雨降り袖」という仕様ですね。

毛芯や肩パッドを入れていないのでその仕立てとの相性も考えてのことです😊

ただ、あまりにも「雨降り」をさせるとイタリアンテイストが強過ぎになるかな?と思いましたのでこの程度にとどめております。

 

 

 

カラー&ラペルです。

 

 

上述の通りカラーの方がラペルより長いLOUD GARDEN/RYOJI OKADAが手掛けるサファリジャケット特有のデザインですが、意外と通常のテイラードジャケットに使ってもよさそうですね!

いつか作ってみたいな。

あ、コートにももいいかもしれませんね!!

 

 

 

胸ポケットです。

 

ボタン止めフラップ付きのボックスプリーツ入りアウト/パッチポケットです。

サファリジャケットなので左右につけております。

 

 

 

腰ポケットです。

 

 

胸ポケットと同じく、ボタン止めフラップ付きのボックスプリーツ入りアウト/パッチポケットです。

腰ポケットにはマチを入れました。

 

 

 

袖口です。

 

 

シャツのように「剣ボロ」と「カフス(小丸シングルボタンカフス)」をつけております。

サファリジャケットはカジュアルかつスポーティなアイテムですのでより「袖まくり」がしやすいこのデザインを採用しました。

もちろん通常の切羽スタイルでのお仕立ても可能です。

 

 

 

身返し(前身頃の内側)です。

 

 

上述の通り毛芯なし肩パッドなしでお作りしていることもあり大身返し仕様にしました。

丁寧なパイピングも見逃せません!

 

 

 

背裏は観音開き仕様のハーフライニングにしました。

 

 

美しい曲線のカットとピックステッチに職人の矜持を感じます!

 

以上です。

 

H様、いつも本当にありがとうございます。

次のご注文品が仕上がりましたらまたご連絡を申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日が本当の最終日、THE NEVILLE BROTHERSのライヴアルバムLive On Planet Earth(1994年作品)を!

繰り返し書いているとおり極上ライヴ盤なのと、昨日おとといも書きましたがかなりバタバタしているので(= 新たな音源について色々コメントを書き連ねる余力がないので)引き続き本作に身を委ねようと思います。

明日は僕がTHE NEVILLE BROTHERSの生ライヴを初体験した時にどデカい衝撃を受けたBrother John/Iko IkoとBig Chiefが収録されているライヴアルバムを聴こうと思います!

 

 

 

 

では、僕が愛してやまない静かに熱いクールファンクBrother Jakeをどうぞ。

 

 

このライヴ動画は初めて見ましたが、若干だけスローテンポなのかな?

その分、より懐深いグルーヴがサイコーですね。

 

 

 

 

26th. Sep. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Super cool red and black / Super cool pain and polkadots / Super cool overcoat and skull badge

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

9月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします

 

 

“♡ Camo” silkの新作2カラー完成しました!

 

 

「 “♡ Camo” cotton canvasとOkayama denimのリヴァーシブルトートバッグ」試作品完成!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

10周年Tシャツ残り3枚となりました!

 

 

The Loudest Voice vol.32 in store now!

 

 

< Introducing new bunch books! >

  vol.1: Bash Ⅱ by HFW 2-1

  vol.2: Bash Ⅱ by HFW 2-2

  vol.3: Harris Tweed

  vol.4: Drago

  vol.5: Fratelli Tallia Di Delfino

  vol.6: Lassiere Mills / Kynoch / Marling & Evans

  vol.7: Dormeuil / John Cavendish / Marling & Evans etc.

  vol.8: Overcoat

  vol.9: Loro Piana

 

 

 

 

(あくまで僕にとってですけれど)NPBが終了したので「これからはNFLに軸足を移そう!」と思ったら昨日はS.Ohtaniの登板ゲームでしたね⚾️

早々にPS進出の可能性が絶たれたチームにとってはそこまで大事なゲームではなかったかもしれません。

ですが、自身の目標達成(規定投球回数達成と15勝達成あたりが目標でしょうか?)にはとても大事なゲームだったと思います。

天候等のバッドコンディションもあり先取点を許したとはいえ、6回に無死満塁というピンチを招いて途中降板したとはいえ、与四死球が多過ぎるとはいえ、なんとか5回100球3被安打7奪三振6与四球1与四球2失点でまとめて14勝目を手にしたのは素晴らしいの一語ではないでしょうか。

打っても貴重な追加点を叩き出すタイムリーヒットを放っていますしね。

前回は素晴らしい投球で7回を投げ規定投球回数達成をグッと近づけ、今回は「最低限」の内容ながらしっかりと勝利を手にする。

やっぱりモノが違いますよね〜。

こんなことは書きたくないけれど。。。

メンタルなのか技術なのか調整なのか才能なのか運なのかは分かりませんが。。。

エースという存在ではない九里投手はともかくとして。。。

森下投手と大瀬瀬良投手にはぜひとも大事な試合でこそ本領を発揮して欲しいですよね。

あ、もちろん来季の話です、はい。

今季はもう投げないでもいいくらいだと思います、はい。

という訳で、しばらくの間、スポーツはNFLとMLB(というか)S.Ohtaniを中心にチェックをしていこうと思います!

200奪三振は昨日達成しましたし、規定投球回数はなんとかなるでしょうから。

ぜひとも15勝&40本塁打を達成して欲しいですね!

40本塁打は残り試合数からすると相当難易度が高そうなのでどこかで2連発とか3試合連続弾とか固め打ちをして欲しいですね!!

Go! OHTANI!

 

 

 

 

ところで。

「&」といえば

今日は最高にCoolでBoldでCharismaticな作品をご紹介します!

レッド&ブラック。

プレーン&ポルカドット。

コート&スカルバッヂ。

な作品です!

自分でも欲しくなるほどのナイスな仕上がり、自信作です💪

この作品は能書きをあれこれ書くよりも見ていただいたほうが早いと思いますので早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓ です。

 

 

情熱的で力強く美しいレッド。

ポップなブラック&ホワイトのビッグポルカドット。

素晴らしくクリエイティヴな1着ですよね。

でも、このコートはこのポップ&ロックなコンビネーション以外にも「こりにこったディテイル」「オーダーメイドならではのディテイル」「遊び心に満ち満ちたディテイル」が光り輝いています✨

例えば。。。

・ 上衿(カラー)裏にレッド糸でお入れした木を素材に使った「作品を得意とする建築家/インテリアデザイナーのお得意様らしいWOOD MASTER刺繍」
・ 着脱可能なスカルバッヂ
・ ラペル(下衿)止め用のブラックローズボタン
・ レッドに染めたマザーオブパール(白蝶貝)ボタン
・ カラー違いボタンホール(基本はレッドでフロントはラペルのみ・スリーヴは1番下のみブラックにしています)
・ LBD社のダイヤ柄ライニング
・ スリーヴのスランテッドボタンホール

などなどです。

昨日お電話でお話をしたところ、「更なるアヴァンギャルド化」をするためにもう少し手を加える方向になりそうですが、現時点でも素晴らしくエキサイティングだと思ったのでご紹介しようと思います。

「更なるアヴァンギャルド化」が終わりましたらまたご紹介します!

では、上記のディテイルを含めたポイントを「寄り画像」で見ていきましょう!

 

 

 

カラーです。

 

 

カラーはクラシカルなバルカラーにしました。

ここは奇を衒うよりもクラシックにキメた方がレッド&ブラック、プレーン&ポルカドットのクールなハイコントラストが際立つと考えました。

結果!

その考えは正解だったと思います😊

キレイに左右対称に出ているポルカドットも嬉しい限りです。

裁断師さんがしっかり仕事をしてくれました!

 

 

 

カラー上衿を立てるとこうなります!

 

 

思わず「常に」衿立てをしたくなりますよね!

 

 

 

衿元にもナイスなギミックが!!

 

 

 

上画像:着脱式のスカルバッヂをつけるとこういった感じ。超ナイスなアクセントですよね!後述の通り少し大きめサイズなのも二重丸だと思います!

下画像:衿穴を止めるボタンはブラックローズボタンにしました。このさりげないアイディア/ギミック/ディテイルも素晴らしくいいですよね〜〜!

 

 

 

スカルバッヂです。

 

 

 

JeanMichel Basquiatっぽいスカルがいいですよね!

コートの衿穴に合わせて大きめサイズで作ったのですが、そのサイズ感もナイスだと思います。

これ。。。

大きいので。。。

敢えてちょっとしたパーティの時とかにスーツのラペルにつけてもいいのではないでしょうか?

また、裏につけたボタンまでブラック/レッドのバイカラーという念の入れようも見逃せません!

 

 

 

ライニングです。

 

 

LBDのP&F Liningsにコンパイルされている人気のダイヤ柄&バイカラーライニングです。

ライニングをですね。

敢えてブラックでもない、レッドでもない、ブラック&レッドでもない、ドットでもないこちらにしたセンスも素敵だと思います。

 

 

 

スリーヴボタンです。

 

 

・ 5個ボタン
・ レッドに染めたマザーオブパール(白蝶貝)ボタン
・ リアルボタンホール(本開き切羽)
・ スランテッドボタンホール
・ カラー違いボタンホール

はい、いずれもアップチャージ不要のディテイルです!

 

以上です。

 

S様、いつも本当にありがとうございます。

心より御礼を申し上げます。

また、金曜日はせっかくいらしていただきましたのに店頭が混雑しており誠に失礼いたしました。

次のご注文品が仕上がりましたらまたご連絡申し上げます。

加えまして、このコートの更なる「アヴァンギャルド化」もぜひともやらせて下さいませ。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

もう1日だけTHE NEVILLE BROTHERSのライヴアルバムLive On Planet Earth(1994年作品)を!

何度も書いているとおり素晴らしく心地よいのと、昨日も少し書きましたがかなりバタバタしているので引き続き本作に身を委ねようと思います。

3連休の最終日!

ご来店に恵まれますように。

 

 

 

 

では、4曲目に収録されているクール&キャッチーなファンクチューンJunk Manをどうぞ。

 

 

この曲もスタジオアルバムに収録されていないんですよね。

なので、本作に収録されてなによりでした!

素晴らしい良曲ですもんね。

 

 

 

 

25th. Sep. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Very cool and charismatic shirts!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

9月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします

 

 

“♡ Camo” silkの新作2カラー完成しました!

 

 

「 “♡ Camo” cotton canvasとOkayama denimのリヴァーシブルトートバッグ」試作品完成!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

10周年Tシャツ残り3枚となりました!

 

 

The Loudest Voice vol.32 in store now!

 

 

< Introducing new bunch books! >

  vol.1: Bash Ⅱ by HFW 2-1

  vol.2: Bash Ⅱ by HFW 2-2

  vol.3: Harris Tweed

  vol.4: Drago

  vol.5: Fratelli Tallia Di Delfino

  vol.6: Lassiere Mills / Kynoch / Marling & Evans

  vol.7: Dormeuil / John Cavendish / Marling & Evans etc.

  vol.8: Overcoat

  vol.9: Loro Piana

 

 

 

 

昨日で今季のカープは「完全終了」しました。

CS進出の可能性は0%ではないけれど、それはあくまで数字上の話で実質的には不可能です。

残念。

しかし。。。

佐々岡監督が信じた大瀬良投手と中﨑投手。。。

多くのファンが「大瀬良は今季もうダメでしょ」「中﨑は延長戦で誰も残っていないタイミングくらいしか使えないでしょ」と思っていたのですが、果たして最後の最後でもその通りでした。

素人でもそう思うのに佐々岡監督、カープの現首脳陣には別の姿が見えていたのでしょう(笑)。

あんな大事な場面でその2投手を使うんですから。

そして、彼ら以外の投手は好投したんですから。

されさて、気を取り直して、これからはマクブルーム選手の再契約(僕はアンダーソン投手とターリー投手もキープしたほうがいいと思います)、新助っ人の確保(今季の野手助っ人ひとりのみは本当にお粗末でした!怒)、西川選手と野間選手の引き留め(西川選手は絶対に!)、ドラフトの方針決定(指標からすれば「投手中心の指名」が絶対!!)等々を進めないといけませんね。

いや、その前に来季の組閣も早急にして欲しいかな?

佐々岡監督が退任する場合(←悲しいことに多くのファンがそれを望んでいるのが実態です)、噂では東出新監督が生まれる可能性が高いらしいけれど、どうなんでしょうね。。。

できれば一新して欲しいですけどね。

ともあれ。。。

佐々岡政権は本当に残念な3年間になりました。

でも、まあ、お疲れ様でした。

と思わせておいての続投は。。。

まさか。。。ないですよね!!

 

 

 

 

ところで。

「カープ」といえば。

今日は僕と同じく熱狂的なカープファンのH先輩が作ってくれたシャツをご紹介します!

H先輩。。。

とっても残念なシーズン、そして佐々岡政権下の3年間でしたね(泣)。

ですが、的確な組閣と補強ができれば来季は巻き返しができそうですよね!!

今日からはオフの動きに期待しましょう😊

というカープの話は置いておいて早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

お作りいただいたのは ↓この2枚↓ です!

 

 

さすがは音楽業界でご活躍のH先輩!

ロックですよね〜〜〜!!

かっこいいです😊

では、それぞれを「個別画像」で見てみましょう。

 

 

 

まずは国産のタータンチェック素材でお作りしたシャツから!

 

 

 

力強いレッドをベースにグリーン + ネイヴィブルー + ホワイトでチェックを作ったこのタータン!

「トラディショナルながらもどこかパンクロックテイストを感じさせる」クールな逸品ですよね!

デザインは「長さを少し短くした最新のセミワイドカラー:Newセミワイドカラー」「後ろハシがスクウェアカットされているフレンチカフス(ダブルカフス):スクウェアフレンチカフス」「ポケットレス仕様」「フレンチフロント(裏前立)」と敢えてドレッシーにまとめました。

結果、モダンにしてクラシック、カジュアルにしてドレッシー、端正にしてロックなオーダーメイドならではの個性あふれる1枚に仕上がりました。

更なるロックなアクセントになっているパープルボタンも見逃せません。

さすがはH先輩!

 

 

 

続いて、made in Italyの洗練されたカラートーンがとてもクールなカモフラージュ素材でお作りしたシャツを。

 

 

 

素材の強い存在感をより引き立てるため、デザインは「ハイネックショートレギュラー」「角落ちダブルボタンカフス」「ポケットレス仕様」「フレンチフロント(裏前立)」とシックかつモダンにまとめました。

結果、カモフラージュ柄ならではの「ミリタリー感」と同時にどこか「モード感」を感じさせる極めてスタイリッシュな1枚に仕上がったと思います!

敢えてセレクトしたワインレッドボタンもとてもいい具合に「効いている」と思います。

カジュアルスタイルに合わせるのが正攻法なシャツですが、スーツスタイルに合わせてスタイリングにロックマインドを注入するのも「アリ」な意外に着こなしの幅が広い1枚です。

 

以上です。

 

H先輩、いつも本当にありがとうございます!

心より御礼を申し上げます。

近くまた来季の妄想をあれこれしながら一献まいりましょう!!

 

ちなみに、本当のところ今日は新作バンチブックのご紹介をしたかったのですが、めちゃくちゃにバタバタしていて無理でした。

多分明日も難しいかな(汗)。。。

でも、バンチブックのご紹介同様に濃いシャツをご紹介できたと思います😊

そして、明日も超濃厚なアイテムをご紹介予定です!!

乞うご期待下さいませ。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日も最高に楽しいTHE NEVILLE BROTHERSのライヴアルバムLive On Planet Earth(1994年作品)を!

当時貪るように聴いた記憶が蘇ってしまいやめられなくなりました(笑)。

でも、それくらいに優れたライヴアルバムということなので機会があれば皆さんもぜひ。

今日はやけにCHARLESのおおらかなサックスが心地良過ぎる8. Her African Eyesが響きますね!

かくかくしかじかなので、Brother John/Iko IkoとBig Chiefが収録されているライヴ盤は明日以降に!!

 

 

 

 

では、本作と半分くらい楽曲がかぶる1994年のフルライヴ動画をどうぞ。

 

 

サイコーであります!!

 

 

 

 

24th. Sep. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Category

Recent Entry

Archive

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.