Ryoji Okada Official Website

Diary

オーダーシャツ2枚=¥19,800~ キャンペーン(← 1.23 Monまで延長しました)のオススメ着分 vol.24: Domestic fabrics – Plaid 8, Seersucker –

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)でのご注文も可能です!

 

 

< News! >

  – 1月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします

  – Made-to-order “Skull Hat/スカルハット” debut!

  – “♡ Camo” cotton canvasとデニムのトートバッグ

  – RYOJI OKADA流Forestière/フォレスティエール

  – 渾身のSafari Jacketを作りました!

  – リペア・リメイク(お直し)はしばらくお休みします

  – ロックな “♡ Camo” cotton canvasスーツ

  –  “♡ Camo” cotton canvasのグルカパンツ!

 

 

< Introducing new bunch books! >

  vol.1: Bash Ⅱ by HFW 2-1

  vol.2: Bash Ⅱ by HFW 2-2

  vol.3: Harris Tweed

  vol.4: Drago

  vol.5: Fratelli Tallia Di Delfino 2-1 Suiting

  vol.6: Lassiere Mills / Kynoch / Marling & Evans

  vol.7: Dormeuil / John Cavendish etc.

  vol.8: Overcoat

  vol.9: Loro Piana

  vol.10: Ferla / Piacenza / Drago /Emmetex etc.

  vol.11: Cashmere Collection

  vol.12: Marlane / Angelico/ Sondrio / Olmetex

  vol.13: The Album vol.16

  vol.14: Jacket & Trousers 2-1

  vol.15: Jacket & Trousers 2-2

  vol.16: Ermenegildo Zegna

  vol.17: Jersey & Super Stretch Ⅳ 2-1

  vol.18: Jersey & Super Stretch Ⅳ 2-2

  vol.19: John Foster / Woodhead

  vol.20: Fratelli Tallia Di Delfino 2-2 Jacketing

  vol.21: Collezioni Biellesi 3-1

  vol.22: Collezioni Biellesi 3-2

 

 

<1.23 Monまで開催!オーダーシャツ2枚キャンペーンのオススメ着分>

  vol.1: Thomas Mason 3-1

  vol.2: Thomas Mason 3-2

  vol.3: Albini 2-1

  vol.4: Getzner

  vol.5: Monti

  vol.6: Söktaş / Leggiuno / Canclini / Brixiatex

  vol.7: Domestic fabrics – Ryota’s choice 2-1 –

  vol.8: Domestic fabrics – Plain 1 –

  vol.9: Domestic fabrics – Stripe 1 –

  vol.10: Domestic fabrics – Plaid 1, Blue –

  vol.11: Domestic fabrics – Plaid 2, Tartan –

  vol.12: Domestic fabrics – Plaid 3, Black & White –

  vol.13: Domestic fabrics – Plaid 4, Yellow –

  vol.14: Domestic fabrics – Ryota’s choice 2-2 –

  vol.15: Domestic fabrics – Plaid 5, Green –

  vol.16: Domestic fabrics – Plaid 6, Red & White –

  vol.17: Domestic fabrics – Plain 2, White –

  vol.18: Domestic fabrics – Plain 3, Blue –

  vol.19: Thomas Mason 3-3

  vol.20: Albini 2-2

  vol.21: Monti / Brixiatex / Veneta Tessuti / Canclini

  vol.22: Veneta Tessuti / Monti / Albini / Canclini

  vol.23: Domestic fabrics – Plaid 7, Red White & Blue –

 

 

 

 

日本時間の今朝、待ちに待ったNFLのPOが開幕しました🏈

WCの初戦は今朝6:30KOだったSEA@SFです。

もちろん早起きして観戦中です。

やっぱり、今シーズンのSFは強いですね〜。

注目のルーキーQB B.Purdyも素晴らしいけれど、シーズン途中に獲得したRB C.McCaffreyの存在も強力過ぎます。

と思った直後にSEAが逆転!?

さあ、ここからどうなるか!

注目しましょう。

今日はもう1ゲーム、LAC@JAXが用意されています。

6ゲームあるWCの中ではそのLAC@JAXと日本時間の火曜日に予定されているDAL@TBが最も熱くなる可能性が高いと思われるので楽しみですね!

JAXのゲームってほとんど見たことがないので、2021年トップピックのT.Lawrenceがどれだけやれるのか見てみたいですね。

とにもかくにも、遂に熱い、熱過ぎる1ヶ月が始まりました!

色々とあるけれど。。。

仕事も家庭もNFL観戦も全包囲網で頑張って、頑張って、頑張り抜きたいと思います🔥

 

 

 

 

ところで。

「待ちに待った」といえば。

ここ数日は最高気温がやや高めなものの冬本番な今日この頃です。

冬は着用アイテムが増えるので装うのがとても楽しい季節ですが、その一方でやっぱり寒いのは。。。という方が多いのではないでしょうか。

そして、冬がもう少し続くと「待ちに待った春の訪れはいつ頃かな?」とお思いになる方も多いのではないでしょうか。

僕もそうです!

その頃になると花粉症のケアをしなければいけないのは少々うんざりですけれど。

今年は多いらしいですもんね(汗)。

さて、今日は1.23 Monまで会期延長をした「オーダーメイドシャツ×2枚=¥19,800~(税込価格)」キャンペーンのオススメ着分をご紹介します!

はい、延長期間中も魂を込めてご紹介を続けていきたいと考えております。

延長したからには絶対に必ずや完全燃焼したいですから🔥

つきましては、どうか引き続きの応援(という名のご注文)を何卒お願いいたします!!

24回目の今日は「質量ともに今回最も充実した品揃えとなった国産着分のチェック」からのセレクションです。

具体的にはシアサッカーのチェックです。

「シアサッカーって春夏素材でしょ?」とお思いの方もいらっしゃると思います。

が、後述の通りこのキャンペーンのお出来上がりは、ご注文から2~2.5ヶ月後になりますので仕上がった頃には「いよいよ!」という季節になっているはずです!

では、早速ご紹介しましょう!

と、その前に今日もキャンペーン概要を以下にお記しします!

今日初めてこのDiaryを見てくださる方もいらっしゃるかもしれませんしね😌

 

—–

 

「オーダーメイドシャツ×2枚=¥19,800~(税込価格)」キャンペーン

 

  1.  *素材はキャンペーン専用着分(国産400着分/インポート100着分)・専用スワッチ見本の中からお選びいただけます
  2.  *会期延長に際して国産着分を追加投入いたしました
  3.  *スワッチコレクションは全22マークが国産です
  4.  *縫製は通常のオーダーメイドシャツと同じファクトリーが通常のオーダーメイドシャツと同じ工程で行います。
  5.  *当キャンペーンに限り納期を2ヶ月から2.5ヶ月いただいております
  6.  *インポート素材は2枚で¥29,700~(税込価格)となります
  7.  *1枚でのご注文は承れません
  8.  *3枚以上から奇数でのご注文も承ります
  9.  *別途オプション料金がかかる場合がございます
  10.  *シャツワンピース、シャツジャケット、サファリジャケットは対象外となります
  11.  *お電話/e-mail/SNS等でのご注文も承っております(詳細はお問い合わせください)

—–

 

 

 

 

今日ご紹介するオススメ着分は ↓こちら↓ の3マークです。

 

 

本当は今日も「4選」にしたかったのですが、シアサッカーはこの3マークしか入荷していないので断念して「3選」にしました。

ですが、3マークとも「力のある」素材なので、物足りない感じはしないと思います😉

そして、この3マークはいずれも1点モノです。

つきましては、もし「ピン!」ときたらぜひともお早めのご来店あるいはご注文/お取り置きのご連絡をお願いいたします。

*お取り置きは1週間程度でお願いいたします。

*お電話等でのご注文/お取り置きご希望の際には「個別画像」左上に記した品番でご指示くださいませ。

では、「個別画像」を一気にお見せしましょう!

 

 

 

上:SF73818・中:SF73816・下:SF73817

 

 

 

 

上:ホワイト + サックスブルー + ネイヴィブルーのミニチェックです。

中:ホワイト + ブルー + ネイヴィブルーのミニチェックです。

下:ホワイト + グリーン + ネイヴィブルーのミニチェックです。

 

この3マークは全て同素材、つまりカラー違いになります!

皆さんはどのカラーがお好きですか?

僕は。。。

中と下をランダムにコンビネーションしたバイカラーで作りたい!と思ったりもしましたが、このキャンペーンでそれは「ご法度」なので。。。

最も涼しげな一番上で作ってみたいです😊

 

作ってみたい「方向感」はいくつかあります。

—–

①「バンドカラー + ミッドスリーヴ(七分袖) + フラップ付きアウトボックスプリーツポケット + ショートテイル(Sボトム) + かなりゆったりサイズのプルオーヴァーシャツ」

②「テイラーカラー + 短め巾:6.0cm巾のスクウェアシングルボタンカフス + プラケットフロント(表前立) + 胸左右ポケット + ストレートカットテイル(Lボトム)+ 短め丈 + ややゆったりサイズのアウター使いができるオーヴァーシャツ風シャツ

③「ショートボタンダウンカラー + 短め巾:6.0cm巾の大丸シングルボタンカフス + フライフロント(比翼仕立) + 胸ポケットレス仕様 + ノーマルテイル(Uボトム)+ ジャストサイズ + カラー&カフスにLiberty素材使用のモードタッチなBDシャツ」

—–

この3つの方向感です。

天邪鬼の僕ですがこの素材をドレッシーに「料理」するアイディアは浮かびませんでした(笑)。

それはともかく、上記のアイディアはどの素材にも当てはまると思います!

春夏シーズンにアウターとしても大活躍するに違いないシアサッカーシャツ!!

ぜひともこの機会に作ってみてはいかがでしょうか?

 

シアサッカーとは「しじら(縞状のしぼ)」の入った織物のことです。

もう少し具体的に書くと、「波状の凹凸のある部分」と「平らな部分」を交互に表現することで縦方向に縞状のしぼを走らせた織物のことです。

このしじらにより肌への接地面積が少なくなること、つまり、「肌へのベトつきが少なくなり」「通気性に富み」「さらっとした肌触りに恵まれる」ことこそがシアサッカーの真髄です。

毎年さまざまな高機能素材がリリースされる昨今ですが、リネンとともに100年以上に渡って「メンズファッションにおける春夏シーズン向け素材の代名詞的存在」として君臨し続けているシアサッカーこそが現代の春夏シーズンにおいても「本命」素材なのかもしれません。

加えて、シアサッカーは「しじらによってシワになりにくい/元からシワ(というかしぼ)があるので仮にシワになっても目立ちにくい」「見た目にも涼しげである」「色鮮やかなストライプやチェックがある」といった魅力も併せ持っています。

また、日本では「サッカー」と表現されることも少なくありません。

シアサッカーの主な品質は100% Cottonで、我々はウールやシルクで作られたシアサッカーを便宜上「ウールサッカー」「シルクサッカー」などと呼ぶことが多いです。

 

以上です。

 

残された会期中も極力エキサイティングなオススメ着分を紹介していきたいと思います!

乞うご期待ください😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

JEFF BECKの音源は明日以降にして今日も「2022年リリース音源」を。

素晴らしかった来日公演が昨日のように思い出されるTHE BLACK CROWESの1972です。

彼らがティーンエイジャーの頃に貪るように聴き、散々コピーしたであろう1972年リリースの楽曲を6曲収録したカヴァーアルバムですね。

リリース当初に購入はしたもののまったく聴いておらず、ライヴの2週間ほど前にセットリストをチェックしてみたら本作から1曲ないし2曲披露することが多いようだったので急遽たくさん聴きました!

が、僕が行った日には本作からの披露はなし。。。だったと思います(笑)。

まあ、でも、あの「予習」がなければほとんど聴くことがなかったかもしれませんしね、よかったです。

THE BLACK CROWESですからね〜〜、演奏は抜群にかっこいいです。

そして、原曲もかっこいいので内容自体は文句なしですね。

6曲という収録曲の少なさはミニアルバムだから仕方がないのかもしれないけれど、あと4曲くらい収録されていたら100点満点かな?という仕上がりです。

そして、自作曲を中心とした新譜も期待したくなる仕上がりです。

 

 

 

 

では、6曲目に収録されているPapa Was A Rolling Stoneのスタジオライヴ動画をどうぞ!

 

 

この曲もライヴで聴きたかったな〜〜!

 

 

 

 

15th. Jan. 2023

Ryoji Okada

 

 

 

 



Category

Recent Entry

Archive

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.