Ryoji Okada Official Website

Diary

リペア&リメイク(お直し):10月よりLOUD GARDENでお買い求めいただいたアイテムのみ承りを再開いたします

Hiroshima Carp / Loud Garden / Repair & Remake / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)でのご注文も可能です!

 

 

< News! >

  ☑︎ 9月~11月の水曜日は「14:00-20:00」で営業いたします

  ☑︎ オーダーメイドシャツ¥3,300 offキャンペーン開催中!

  ☑︎ “♡ Camo” socks c/# khaki残り3足です!

  ☑︎ Made-to-order “Skull Hat/スカルハット”

  ☑︎ The Loudest Voice vol.35 in store now!

 

 

 

 

昨日のセ・リーグAクラスおよび2位・3位争いの結果は以下の通りでした⚾️

2位カープ:負け

3位B:負け

4位G:勝ち

戦列復帰後は復調の気配を見せていた秋山選手が前日に受けた死球の影響でベンチ外。

西川選手と野間選手はまだ抹消中。

勝てれば、2位でのCS進出がほぼほぼ確定的になったのですが残念至極。。。

今日はカープだけ試合がなく、BとGは直接対決第2戦@横浜スタジアムを戦います。

CS進出にはもう1試合も負けられない状態のGが連勝するとカープはありがたいのかな?

でも、そこはもう他チームの動向云々ではなく自力でいきましょう!

明日の試合でまたDに煮湯を飲ませられないよう。。。

絶対に勝つ🔥

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「残念」といえば。

ここしばらくの間、零細小売店・テイラー故の様々な事情が重なり承れなくなったためリペア/リメイク(お直し)を基本的にすべてお断りしていました。

縫製工場・工房・職人の事情。

リペア工場・工房の事情。

LOUD GARDENの事情。

本当に様々な事情が重なって、錯綜して、こんがらがってしまって残念なことに承れなくなってまったのです。

もう少し突っ込んで書くと、多くの縫製工場・工房・職人が基本的にはリペア/リメイク(お直し)を受けなくなったこと、リペア工場・工房の単価および集荷の手数料がかなり上がったことと「お断り」が出るケースが増えつつあること、リペア/リメイク(お直し)は意外と我々にも手間がかかる上に利益は極薄であること、そしてリペア/リメイク(お直し)はオーダーメイドとは比較にならないくらいご依頼主が「納期」と「価格」にこだわりがあるケースが多いことといった複数の要因が重なった故に「これ以上無理に承ると本業に支障をきたす」と考えて判断しました。

ただ、その一方で、リペア/リメイク(お直し)がとてもロマンのあるエキサイティングな仕事であることは変わりませんし、個人的にはテイラーにとって必要な業務だと思ってきました。

なので、判断に至るまでにはかなりの逡巡を重ねました。

そして、判断後も「できるだけ早く再開させたい」と考えていました。

ですが、なかなか再開するのは難しかったです。。。

記録を辿ると昨夏からなので「休止」して1年以上になります。

本業に傾注できたので判断自体は正しかったと思いますが、1年以上は少し長過ぎたと反省もしています。

かくかくしかじかの経緯があって1年以上続けてきた「リペア/リメイク(お直し)の承り休止」ですが。。。

少しずつ状況を立て直してきたことが功を奏しなんとか少量なら承れそうな状況にまで回復しました。

難しいご依頼がたくさん入ったらすぐにまた休止せざるを得なくなるかもしれないけれど、それを気にしていたら永久に再開ができないかもしれないので10.1 Sunより承りを再開いたします。

ただ、上述した諸般の事情は完全に解決した訳ではありません。

いや、ほとんどは未解決のままです。

そこで、今回の再開には不本意ながら色々と「条件」をつけることにしました。

以下の通りです。

 

—–

  •  ① リペア/リメイクはLOUD GARDENでご購入いただいたアイテムのみ承りを再開いたします
  •  ② 納期は仮に同じ内容のリペア/リメイクでもその時によって変わります
  •  ③ 基本的に急ぎは承りませんがどうしてもという場合は「特急料金」をいただきます
  •  ④ 以前と同じ内容のリペア/リメイクでも金額は必ずしも同じではありません
  •  ⑤ 複雑なリペア/リメイクのお見積りは有料で承ります
  •  ⑥ お見積り依頼を含めてリペア/リメイクはすべて店頭で承ります(お電話やe-mail等でのご相談は承っておりません)
  •  ⑦ クリーニング後かつクリーニングタグがついていないアイテムは承れません

—–

 

以上です。

 

①は「ご依頼数をいきなり増やすのは不可能なので極力少ない量から再開したいため」と「LOUD GARDEN以外の店舗でご購入なさったアイテムだと構造を理解するために時間がかかったりするケースがあるため」の一時的な措置です。

諸々解消していけば、いずれ他社様のアイテムでも承れると思います。

②と③は、要するに「その時の仕事量で納期は変わってきます」「基本的に急ぎは承れない」ということです。

昨年の春頃だったと思います、「リペア/リメイク(お直し)の承り休止」を決断する前にとあるご依頼を承りました。

そこまで難しくない内容でしたが「1週間で仕上げて欲しい」というご要望でした。

お困りの様子だったので承ったのですが、僕らが持っているどのコネクションでも1週間は無理でした。

なので、街のお直し屋さんに相談しました。

すると「特急料金」込みで通常の4倍近い工賃が取られました。

世の中、あらゆる業界でこのようになりつつありますよね。

我々は4倍も取ることはありませんが、大急ぎの場合は倍くらいかかるとご理解ください。

もちろん「基本的に急ぎは承れない」というのが大原則・前提です。

④はどこの業界も同じかと思います。

リペア工房の基本料金・集荷料金(←そもそもコロナ禍前は集荷料金自体がありませんでした)は上がる一方です。

先日も上がったばっかりです。

⑤は上記した集荷料金と関わるのですが、リペア工房に見てもらうために集荷依頼するとそれだけで集荷料金がかかります。

その集荷料金分と若干の手間賃をご負担いただきます。

僕が判断できる内容の場合は(リペア工房に送る必要がないため)いただきません。

⑥はお電話やe-mailやSNSだと、あれこれやり取りした後で結局「お持ちください」となるためです。

正直、その時間は省略したいです。。。

⑦は以前からお願いしていた通り、リペア工房からの要望を受けてです。

「仮にキレイでもクリーニングタグがついていないアイテム」「クリーニングタグがついていてもどう見てもキレイではないアイテム」は承れません。

もしも承って、集荷してもらいリペア工房に「お約束と違うのでお断りします」となっても集荷料金はかかります。

これを誰が負担するのか?という問題も起こり得ますので徹底させてもらいます。

以上です。

なんだか、高いハードルを設定しているようにお感じかもしれませんがこうでもしないと再開できない実情をお酌みいただければ幸甚に存じます。

何せ、他にスタッフはいるとはいえF君退社以降「オーダーメイド受注とリペア/リメイク(お直し)受注は完全に僕のワンオペレーション」になっているので以前のようにあれもこれもお持ちいただくと2年待ちとかになり兼ねません汗

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

いつかまた以前のように承れる日がくるように努力します!

 

 

でも。。。

その前に本業をもっともっと頑張らなきゃ!!

つきましてはご注文をよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日の1987年リリース音源はSIMPLY REDの2ndアルバムMen And Womenにしました。

「なんだこいつらは!この時代に。。。」と多くの音楽ファンをびっくりさせた傑作デビューアルバムPicture Book(1985年作品)と非常にコマーシャルなアプローチをしてそれが見事に花開き商業的に更なる成功をモノにした3rdアルバムNew Frame(1989年作品)に挟まれているので若干影が薄い本作ですが仕上がりは上々です。

音楽的にも立ち位置的にも1stと3rdの橋渡し的な作品と評して間違いではないと思うのですが、だからといって中途半端かというとそんなことはまったくなくって、都会的で洒落ていてちょっとファンキーで少しジャジーでソウルフルな好作品に仕上がっています。

当時はすごくよく聴いたな〜!

懐かしいです。

シングルカットされた1. The Right Thingや2. Infidelity、5. Ev’ry Time We Say Goodbyeも素晴らしい仕上がりですが、スローなファンクチューン3. Sufferあたりにこの人たちの真骨頂を見る/聴くような気もします。

いい曲ですよね〜!

続く4. I Won’t Feel Badも好き(あ、この曲もシングルカットされていましたね)ですね。

 SLY & THE FAMILY STONEのカヴァー6. Let Me Have It AllとBUNNY WAILERのカヴァー7. Love Fireも悪くないです。

 

 

 

 

では、Ev’ry Time We Say Goodbyeのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

素晴らしい楽曲、そして歌唱力ですよね。

そして、ウインザー公も登場するこの動画も素敵です。

 

 

 

 

25th. Sep. 2023

Ryoji Okada

 

 

 

 

 



Category

Recent Entry

Archive

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.