Ryoji Okada Official Website

Diary

Very noble and dignified blazer!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)でのご注文も可能です!

 

 

11月・12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Wrinkle Free/リンクルフリー(形態安定)シャツ ¥2,200 off 開催中です!

 

 

“♡ Camo” silkの新作2カラー完成しました!

 

 

既製品が入荷しました!「 “♡ Camo” cotton canvasとOkayama denimのリヴァーシブルトートバッグ」

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

渾身のSafari Jacketを作りました!

 

 

オーダーメイドニットタイはじめました!

 

 

リペア・リメイク(お直し)はしばらくお休みします。

 

 

ロックな “♡ Camo” cotton canvasのスーツを作りました!

 

 

< Introducing new bunch books! >

  vol.1: Bash Ⅱ by HFW 2-1

  vol.2: Bash Ⅱ by HFW 2-2

  vol.3: Harris Tweed

  vol.4: Drago

  vol.5: Fratelli Tallia Di Delfino 2-1 Suiting

  vol.6: Lassiere Mills / Kynoch / Marling & Evans

  vol.7: Dormeuil / John Cavendish / Marling & Evans etc.

  vol.8: Overcoat

  vol.9: Loro Piana

  vol.10: Ferla / Piacenza / Drago /Emmetex etc.

  vol.11: Cashmere Collection

  vol.12: Marlane / Angelico/ Sondrio / Olmetex

  vol.13: The Album vol.16

  vol.14: Jacket & Trousers 2-1

  vol.15: Jacket & Trousers 2-2

  vol.16: Ermenegildo Zegna

  vol.17: Jersey & Super Stretch Ⅳ 2-1

  vol.18: Jersey & Super Stretch Ⅳ 2-2

  vol.19: John Foster / Woodhead

  vol.20: Fratelli Tallia Di Delfino 2-2 Jacketing

 

 

 

 

いろいろとしんどいことが発生する日々ですね。

昨日は夜中に「どーん!」と落ちる事案が起こってかなり気が重い状態での起床・出勤・開店でした。

でも、営業中は元気かつPositive Vibes全開でいたいのでその事案は心の奥底に仕舞い込んで鍵をかけて出てこないようにして過ごしました。

すると、Positive Vibesがよかったのか、遂に、やっとのことで、ファイナリー。

<リンクルフリーシャツ¥2,200キャンペーン>のご注文が入りました。

しかも2枚✌️

前代未聞の「キャンペーン受注0」で終わらなくて本当によかったです。

その後もLibertyの素材でシャツをご注文いただくなど嬉しい成果が少なくない1日でした。

ご注文くださった皆さまにこの場を借りて改めて心よりの御礼を申し上げます。

仕立屋に最も効く薬は「新規のご注文」であります。

昨日も元気をたくさんいただきました。

でも、まだ上記の事案は解決しておりませんしキャンペーン受注枚数はわずかに「2」です。。。

ということで、今日も「お薬」をいただけたら最高です。

具体的には。。。

リンクルフリーシャツのご注文等々をご検討中の方がいらっしゃいましたらぜひともよろしくお願いいたします。

キャンペーンの会期は11.23 Wedまで、残り4日間です。

明治神宮外苑のいちょう並木も黄葉が美しくなり始めています。

つきましては、お時間がおありでしたらぜひぜひ黄葉狩りとシャツのオーダーにいらしてくださいませ。

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

もちろん引き続きお電話/e-mail/SNS等でのご注文も絶賛承っております!

ご来店が難しい方はどうぞ「ご来店なしでのご注文」をご利用くださいませ😌

 

 

 

ところで。

「Positive Vibes」といえば。

今日はいつもPositive Vibesとダンディなオーラーをいっぱいにしてご来店くださるH様のブレザーをご紹介します!

先週お渡ししたばかりのできたてホヤホヤの1着、極めて上品かつ威厳のある「ヴェリージェントルマンな逸品」に仕上がったと自負できる自信作です💪

では、早速ご紹介しましょう。

 

 

 

 

↓こちら↓ です。

 

 

英国を代表する老舗マーチャントHarrisonsによる幻の素材:Winter Hopsackでお作りしたブレザーです。

Winter Hopsackは「春夏シーズンにおけるスポーツジャケット用素材の代名詞的存在Hopsack」を超贅沢な原料を用いて秋冬シーズン向けに再解釈した逸品です。

具体的にはSuper 200’s原料を用いて、ハードに打ち込みながらもHopsackに似た表面感を表現した素材です。

Harrisonsのバンチブックコレクションはほとんど揃えているのですが、H様に教えていただくまでその存在を知りませんでした(汗)。

不勉強がお恥ずかしいばかりです。

それはともかく。。。

そんな幻の逸品をダンディ&モダンクラシックなデザインで仕上げたのがこちらのジャケットです。

具体的には「やや太め:9.5cm巾のノッチドラペル」「シングルブレステッド2ボタン」「アウトサイドチケットポケット(チェンジポケット)付き」「やや深め:26.5cmのサイドベンツ」でお仕上げしました。

結果、素材の素晴らしさと相まって極めて知的で端正、威風堂々とした1着に仕上がったと思います。

「Holland & Sherryのヴィンテージ感溢れるゴールドメタルボタン」「LOUD GARDEN完全エクスクルーシヴの “♡ Camo” silkライニング」といったオーダーメイドならではのディテイルも見逃せません!

 

 

 

では、そのディテイルを「寄り画像」で見てみましょう!

 

 

 

 

「寄り画像」だとWinter Hopsackの素材感がよく分かりますね!

いわゆる春夏シーズンのHopsackとはテイストが違いますが確かに表情は少し似ているでしょうか?

いずれにしても最高に素敵な素材だと思います!

そして、 “♡ Camo” silkライニングのこちらのカラー(c/# BGR)は完売が見えてきました!

「クラシカルなチェスターフィールドコートの裏地にどうかな?」「ヴェストの背表(後ろ身頃の表面)で使いたい!」「別注サイズのスカーフなら欲しいかも」というような方がいらっしゃいましたらぜひともお早めにお願いいたします!

もう1カラー(c/# Brown)はまだ在庫が十分にあります!

最後に。。。

「Harrisonsの素材にHolland & Sherryのボタン」という遊び心もとっても粋ですよね😏

そして、このクロスデザインのボタン。。。

最高にかっこいいですよね!!!

 

H様、いつも本当にありがとうございます。

心より御礼を申しげます。

次のご注文品が仕上がりましたらまたお知らせいたします。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

PHINEAS NEWORN JR.のピアノが大好きな僕ですが、それ以上位DOLLAR BRANDが好きなのを忘れていました!

という訳で今日は彼の大傑作ピアノソロアルバムAfrican Piano(1969年作品)を。

僕が初めて購入したアフリカ関連の音源です。

確か、大学生時代に評論家油井正一氏の著作を頼りに買ったような気がします。

当時は今以上にお金がなかったので、情報が少なかったジャズ系の音源はガイドブック等々をよくよく読んでから購入していました。

どういう論評だったかはもう覚えていませんけれど、導かれるように「聴かなければ!」と思ったのを記憶しています。

既にハードバップの名盤をそこそこ聴いた後でしたしね、新たな領域に踏み入れたことにワクワクしながら購入/帰宅したこともうっすらながら覚えています。

なんだか自分がレヴェルアップしたような感覚もあったかな(笑)。

が、しかし、初回は不覚にも「なんとまあ眠くなる音楽だ!」と思いました。。。

でも、何度か聴くうちに本作のスケールの大きさと自由奔放さと高い中毒性に魅了されて、本作以降にリリースされたDOLLAR BRAND/ABDULLAH IBRAHIMの音源を複数購入したり、HUGH MASEKERAの音源を購入したりしたものです。

一時期は浴びるほど聴いていました!

会場は京都の上賀茂神社だったでしょうか、20年くらい前に知り合いが企画チームにいたライヴを観に行ったのも佳き思い出です。

確か冬で、二部構成の長時間ライヴだったんですよね。

しかも椅子席ではなく座敷みたいなところに座る形式だったような。

寒いわ、眠いわで大変でした笑。

でも、ライヴ自体はサイコーでしたし、神社ということで凛とした空気が張り詰める感覚が素敵でした

4分の1ほど寝てしまったのは痛恨のミスでした!

 

 

 

 

では、本作の収録曲はありませんがライヴ動画をどうぞ。

 

 

素晴らしい!!

 

 

 

 

20th. Nov. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Category

Recent Entry

Archive

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.