Ryoji Okada Official Website

Diary

Very cool and sharp denim pants!

Hiroshima Carp / Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

5月~6月の水曜日は「14:00-20:00」で営業いたします。

 

 

オーダーシャツのオプションフリーキャンペーン開催中です!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

“♡ Camo” silkの2022年newカラーが決まりました!

 

 

<新作バンチブックのご紹介>

 vol.1: Darrow Dale 2-1

 vol.2: Darrow Dale 2-2

 vol.3: Ermenegildo Zegna

 vol.4: Trabaldo Togna / Drago

 vol.5: British suiting collection 2-1

 vol.6: British suiting collection 2-2

 vol.7: Tallia Di Delfino

 vol.8: Jersey collection

 vol.9: Super stretch

 vol.1o: Indigo by Harrisons

 vol.11: Jacketing collection – Ferla / Novara / Drago etc.

 vol.12: Jacket & Trousers – Dondi / E.Thomas etc.

 vol.13: Loro Piana

 vol.14: Warp & Weft – Ferla / Cerruti / Loro Piana etc.

 vol.15: Piacenza 3-1 Celebration

 vol.16: Piacenza 3-2 Sensorial

 vol.17: Piacenza 3-3 Alashan Breeze

 vol.18: The Album vol.15

 

 

 

 

昨日行われたECSF Game 6はモメンタムをほぼほぼBOSに握られたまま敗れました🏀

完敗でしたね〜〜。

でも、K.Middletonを欠きながら素晴らしい健闘をしていると思います。

そして、泣いても笑ってもあと1ゲームでシリーズの決着がつきます!

BOSのホームゲームにはなりますが、そしてK.Middletonはまだ戻れないという報道がありましたがMILにも王者の意地があるはず、なんとかGame 7を制してECFに駒を進めて欲しいです。

PHIとGSWが既にCF進出を決めた関係でしょうか、今日のNBAはゲームなし。

明日はGame 7が2つ予定されています。

最初のゲームMIL@BOSは4:30TO、CSF最終戦DAL@PHXは9:00TOです。

はい、僕が応援する2チームともにゲームがあります!

出来れば2連勝で午前中から最高の気分にして欲しいところ、最悪でもどちらかには勝利して欲しいところですがどうなるか??

注目です!

そして、カープですよね。。。

昨日も「魔の8回」という致命的な弱点を見事なまでに露呈して逆転負けを喫しました。

「魔の8回」はだいたいにおいて四球で幕を開けるのですが、昨日は四球以上に最悪な本塁打で幕を開けました。

主役を演じたのは新助っ人ターリー投手です。

先日のT戦で見事な火消しを演じた時も全投球がボールだったという不安はありましたが、まさか「本塁打 → (自身の拙い守備が絡んだ)内野安打 → 四球」で降板とは。。。

それだけなく、昨日はこれまでに何度か「魔の8回」を主演した島内投手が1点リードされた9回に登板、先頭の山田選手に本塁打を喰らって試合を決められるという醜態。。。

王者Sにあっさりと再奪首されましたし昨日の黒星は痛恨でした。

それにしても今季喫した16敗のうち救援投手が9敗、39試合で8回の失点が32ですからね、もしも優勝を狙う気があるのならセットアッパーの補強が急務だと思います。

とはいえ、実際に補強するとしてももちろんハズレの可能性はありますし、アタリでも初登板までに時間が必要なのも事実です。

ひとまずは一軍にいる間は大きな失敗をしていない松本投手、最近生存確認されたフランスワ投手、先発より中継ぎの方が適性が高そうな小林投手といったファームにいる投手を含めた総動員体制で臨み今いる投手の中から「発掘する」しかないのかもしれません。。。

いずれにしても、今日は長い回/多い球数が未知数のアンダーソン投手が先発なので点差によってはまた「魔の8回」がやってくるはずです。

そうならないためにも今日は序盤から大差をつけるような展開に期待したいですね!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「T」「S」といえば。

今日はおととい仕上がったばかりのデニムパンツをご紹介します!

ヒップポケットにとてもスタリッシュなSとTの刺繍が入ったクール&シャープな1本です。

1年前にご注文いただいた1本をとても気に入って下さり、半年前にブラックデニムでリピートオーダーして下さったお得意様から再度のリピートオーダーをいただきお作りした1本です。

リピートオーダー。。。

しかも再度の。。。

テイラーとして最も光栄なご注文のひとつです!

本当にありがたいです。

では、早速ご紹介しましょう!!!!

 

 

 

 

↓こちら↓ です。

 

 

男性のお得意様なのですが、羨ましいほどにスリムなご体型(ウエストサイズは70.0cmを切ります!?)ゆえに、そして何事にも強いこだわりをお持ちの方ゆえになかなか既製品では納得のいくデニムパンツに出会えないというお悩みを長年お持ちだったのですが、昨年のオーダーでそれが解消されたと仰っていました。

グッとくるお言葉です😭

ちなみに、初回は少しゆとりのあるシルエットで作ったのですが、前回と今回は初回よりスリムなシルエットにしています。

その辺の匙加減を自由自在に出来るのもオーダーメイドのいいところですよね😉

それにしても。。。

G-Star Rawさんあたりを彷彿とさせる立体裁断由来の「ねじれ」がクール極まりないですよね!!

レッドのステッチもかっこいい!!

しかし。。。

この写真を見ると。。。

デブってしまい前に作ってもらったデニムパンツが着れなくなったので新しい1本を作りたいなぁ!!と思います。

久し振りに極厚のデニムパンツが欲しいです!

という僕のことは置いておいて、ディテイルを「寄り画像」で見ていきましょう!!

 

 

 

ヒップポケットです。

 

 

初回から3回ともイニシャルをチェーンステッチでお入れしています。

これは職人さんの手作業なので、毎回微妙に違う部分があるかもしれません。

そのような「楽しい個体差」もオーダーメイドならではの愉悦ですよね😉

Sかぁ。。。

今日は勝つ(笑)

 

 

 

バックパッチは店頭に保管していた残布を利用しました。

 

 

ベイジュベースにレッドのローズジャカード素材です!

単純にかっこいい素材ですし、レッドステッチとの相性も抜群ではないでしょうか!?

背中心のベルトループはしゃがんだ時等に快適さが増す「ふらしループ」にしています。

また、各ループやコインポケットのさりげなく赤耳を使用しているのもいいですよね〜〜〜!

 

 

 

サイドシーム裏にも赤耳を使用しています!

 

 

思わずロールアップしたくなりますね!

もちろん裾口のステッチもレッド、そしてチェーンステッチです!!

 

以上です。

 

LOUD GARDENのオーダーメイドデニムパンツは、型紙作成、裁断、縫製、仕上げの全工程をひとりで行っております。

才能溢れる音楽好きかつピュアな職人さんです。

そんなクリエイティヴな彼が全工程をひとりで行っているがゆえに自由度はとっても高いです!

皆さまもぜひともご自身にとって最高のデニムパンツを作ってみて下さい😌

ちなみに、工房にはその職人さんひとりしかいないので納期はその時によって変わってきます。

今回はゴールデンウィークを挟んだにもかかわらず1ヶ月以内で仕上がってきました!

早い!!

素材はデニムの聖地:岡山県産のデニムを使用しております。

 

T様、いつも本当にありがとうございます。

心より御礼を申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もBONNIE RAITTの新譜Just Like That…を!

僕は前作Dig In Deep(2016年作品)がかなりお気に入りだったので、本作収録曲を何曲かYouTubeで視聴してした時には「いまいちかも???」という予感に襲われました。

なんというか、ちょっとAORっぽい感じがするアルバムなのかな?という危惧を抱いたんですよね。

AORにジャンル分けされるミュージシャンにも好きな人はいっぱいいるのですが、僕はBONNIE RAITTにはそれを求めていないので(笑)。

でも、それはまったくの杞憂だったようです。

昨日もちらっと書いたように複数の哀しみを乗り越えて作った作品のようなのでいつもよりはシックでシルキーなタッチの作風に仕上がっていますが、全体的にはこの人らしいブルースロックをベースにした豊かなアメリカーナ作品に仕上がっています。

ヴォーカルも今まで以上にディープな感じ、すごく「大切に歌っている」印象を受けます。

もちろん、最大の「売り」のスライドギターも堪能出来ます!

70歳を超えてのこの作品、見事の一語です。

まだまだ「続き」が聴きたいです!!

 

 

 

 

では、昨日ご紹介した6. Waitin’ For Your To Blowとともに一聴して気に入った8. Love So Strongのリリックヴィデオをどうぞ。

 

 

I said my love is so strong
And my mind is unchangeable
You take a look at my face
You will see that my future’s still bright
Oh, bright as the sun in the sky, now honey
You’re sure to see me shine,
Shine as the stars in the morning
That brighten up the sky,

 

この楽曲にこのリリック、サイコーじゃないですか!!!

 

 

 

 

15th. May. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.