Ryoji Okada Official Website

Diary

Very cool and sharp black stripe shirt!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

“♡ Camo” umbrellas バルク生産分の一部納品が遅れております。残りは12.3 Friに入荷予定です。申し訳ありません!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

 ⑬ Tower Bridge by Wain Shiell

 

 

 

 

日本シリーズが終了してしまったのでNPBの話題はしばらく少なくなりますね。

近々の話題はFA市場関連(権利行使をすれば梅野選手と又吉投手が目玉でしょうか?)やトライアウトあたりになるのですがカープはいずれも静観でしょうから、ちょっと寂しい感じです。

という訳でしばらくの間は、先のドラフトで指名した(来季の)ルーキーが複数出場予定の都市対抗野球と契約更改を楽しみに春季キャンプを待とうと思います⚾️

あ、高橋大選手はトライアウトに参加する方向らしいですし、今村投手が現役続行の意向という報道も数日前に出ていましたね。

多くのカープファンが「チーム事情的に戦力外通告は仕方がないかもしれないけれど環境を変えればまだやれるのでは?」と思っているに違いないふたりの次なる挑戦が実を結ぶことにも期待したいですね。

ふたりともかつてのドラフト1位ですし、まだまだ若いですからね!

Go! TAKAHASHI!

Go! IMAMURA

 

 

 

 

ところで。

「目玉」といえば。

昨晩の「目玉」、Fuji TV系列で22:00から生放送された報道番組Mr. サンデーはご覧いただけたでしょうか!?

僕はもちろんもうひとつの目玉「日本沈没」からはしごしました😎

どちらも面白かったですよね!

前者:Mr. サンデーでノンフィクションライター石戸諭様がお召しだったのは昨日ご紹介したスーツではなくジャケット単品でした!

あのジャケットと(恐らく)スキニーシルエットのブラックデニムを合わせるとはさすがはロックな石戸様です😊

ちなみに、VゾーンもRYOJI OKADAのシャツとネクタイでした!!

 

 

 

 

お召しになられていたシャツは昨日ご紹介したスーツの少し前にお作りいただいた ↓こちら↓ です!

 

 

 

「国産素材の最高峰コレクションThe Royal Caribbean Cotton Gold Line」のクール&シャープなストライプ素材でお作りしたシャツです。

 

素材はご覧の通りロックテイストを感じさせる個性派ストライプですがデザインはクラシックにまとめております。

具体的には「ショートワイドカラー + 小丸カフス + フレンチフロント(裏前立) + ベース型ポケット」といった具合です。

この絶妙な塩梅により極めてモダンクラシックでスタイリッシュなシャツに仕上がったと思います!

昨日お召しになられたスーツ(正確には昨日はジャケットでしたが)と相性抜群でしたね!

ネクタイは “♡ Camo” silkのレッドでした!

あのネクタイのレッドグラデーションにはスーツのストライプに近い濃度のレッドも入っていますし、最高のマッチングだったと思います😊

いずれにしてもとてもかっこよかったです!

 

最後に、The Royal Caribbean Cottonがいかに素晴らしいか、いかにこだわった素材かを以下にご紹介します。

 

—-
まずは原材料です。
良質の綿花のみを手摘みで収穫、38㎜以上の超長繊維綿のみを選りすぐっております。
これが上品な光沢としなやかさを持ち自然な肌触りを感じ取ることが出来る素材の「土壌」となります。
続いてThe Royal Caribbean Cottonの最重要ポイントともいえる「ガス焼き」です。
「ガス焼き」とは、紡績の段階で「糸の1本1本を2回に分けてガス管に通して焼くことで余計な毛羽を除去する工程」のことです。
この工程により、素材の表面が均一化し染色性が向上、繊細な色合いを表現する事が可能になります。
また、糸ムラが抑えられるため素材表面が一層美しく仕上がります。
某俳優さんを筆頭にした数々のファッション上級者をも魅了してきた滑らかな肌触りと上品な光沢は、原材料の品質の高さとこのガス焼き工程に由来します。
最後に製織です。
昔ながらの低速のシャトル織機を用いて丁寧に織られていることと、製織段階での糊付けを行っていないことから素材本来の豊かな風合いを失うことなく仕上がります。
かように原材料、紡績工程、製織工程の3段階、すべてにおいてこだわりを凝縮した素材がThe Royal Caribbean Cottonなのです!
なお、The Royal Caribbean Cottonコレクションには糸番手等によってカテゴライズされた3つのライン:Silver Line/Gold Line/Platinum Lineのご用意があります。
—–

以上です。

 

石戸様、いつも本当にありがとうございます。

改めまして心より御礼を申し上げます。

またロックな1着を何卒よろしくお願い申し上げます😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もBRUCE SPRINGSTEEN AND THE E STREET BANDのThe Legendary 1979 No Nukes Concertsを。

昨日はDisc 1だったので今日はDisc 2を。

毎度ご紹介しますけれど収録曲は以下の通りです。

 

  • 1. Rosalita (Come Out Tonight)
  • 2. Born To Run
  • 3. Stay (Featuring JACKSON BROWNE And TOM PETTY)
  • 4 .Detroit Medley
  • 5. Quarter To Three
  • 6. Rave On

 

3. Stay以降のカヴァー曲はアンコールです。

Disc 2の日は毎回書いているのですが、アンコールも最高に楽しいんですよね〜〜!

でもやっぱり最も熱いのは2. Born To Runでしょうか。

まあ、そりゃそうか、そういう曲ですもんね!

 

 

 

 

という訳で、No Nukes Concertsの1年前に行われたツアーで披露されたBorn To Runをどうぞ!

 

 

素晴らしいパフォーマンスですよね!!!

BOSS初の来日公演は1985年のBorn In The U.S.A.ツアー時ですからこの頃の生ライヴを日本で体験している人物は物理的に「0」、時代を考えたら海外で体験している人もそんなには多くはないと思います。

もしも身近に体験している人がいたら色々とエピソードを聞いてみたいな〜〜。

 

 

 

 

29th. Nov. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.