Ryoji Okada Official Website

Diary

Super luxury 100% cashmere polo coat!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

2月末まで「水曜日・木曜日定休」に戻して営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました! vol.3

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

 

 

4:50起床に成功したので今朝もNFLのDivisional Round 2ゲームを楽しむ作戦を実行中です🏈

現在行われているLAR@TBは僕が応援しているLARが好発進、2ポゼッションのリードを奪って2Q中盤に差し掛かっています。

今のところ完全にモメンタムはLARにありますが何せTBのQBはT.Bradyですからね、3Q途中で4ポゼッションのリードを奪うくらいでないと「100%勝った!」と確信・安心は出来ません。

なんとか頑張ってこのまま勝利をモノにして欲しいですね!

昨日行われた2ゲームはともにNo.1シードが敗退する波乱の結果でした。

特にCIN@TENは劇的なエンディングでした!

TENファンからしたら「INTで始まりINTで終わる」というなんとも受け入れ難いゲームだったかもしれませんが、CINを応援していた僕としては大満足でした😊

でも、昨日も9つのサックを喰らうなどCINのOLは相当に脆弱ですので「CCまでが限界かなぁ?」とも思いました。

この後行われるBUF@KCの勝者がAFCを制することになると予想します。

そして、GBですよね〜〜〜。。。

圧勝出来る可能性もあったと思うのですが、お粗末過ぎるSTと保守的なプレイコールの連発で自ら負けを呼び込んだともいえる極めて残念な結果に終わりました。

あれが相性というモノでしょうか???

でもこれでA.Rodgersも/GBも心おきなくGBと/A.Rodgersとお別れ出来ることでしょう(笑)。

NFCはGBに勝利したSFがこのまま一気にSBまで駆け上がっても不思議ではありません。

が、ここはひとつLARにSFを止めて欲しいですね!

同Divの上位シードですしね。

でも、その権利を得るためにはまずTBを倒さねば!!

Go! RAMS!

 

 

 

 

ところで。

「100%」といえば。

今日は先週お渡ししたばかりのスーパーラグジュアリーな1着、UKを代表するカシミアメーカーJohnstons Of Elginの100% Cashmere素材でお作りしたポロコートをご紹介します🇬🇧

Johnstons Of Elginならではの最上級原料に加えて深みのある上品なグレイ、エレガントな幾何学模様、そしてとてもナイスなアクセントになっているネップといった複数の個性あふれる特徴を備えた惚れ惚れするほどに美しい素材です。

そんな逸品をスーパークラシックな「本物」のポロコートスタイルで「料理」したのが今日ご紹介するコートです!

どこまでも正統的なデザインのポロコートに仕上げたことで素材の持つ美しさと優雅さが素晴らしく引き立っていると思います!

具体的には「アルスターカラー」「6ボタン2掛けのダブルブレステッドスタイル」「フレームドパッチポケット」「ターンナップカフス」「後ろ身頃上部のセンターインボックスプリーツ」「ボタン付きのバックベルト」「ボタン止め仕様のインヴァーテットプリーツ」といったデザイン/ディテールがポロコートならではになります。

では、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

ご覧の通り極めてシックでラグジュアリーな1着に仕上がりました!

素敵ですよね〜〜!!

今シーズンはコートを作れなかったので来シーズンは必ず!と思っていて、その第一候補はシャーロックコートなのですがこの仕上がりを見てしまうとポロコートも捨てがたいですね。。。

昔持っていたポロコートはウェイトトレーニングと肥満のせいで着ることが出来なくなっていますしね(笑)。

いずれにしても「正しい」ポロコートはやっぱりかっこいいです😊

では、ディテイル等々を「寄り画像」で見ていきましょう。

 

 

 

まずは後ろ姿から!

 

 

威厳に溢れた色気のあるバックですよね!

具体的には、

– ボタン留め仕様のバックベルト
– バックベルトより上に入れたインボックスプリーツ
– バックベルトより下に入れたボタン留め仕様のインヴァーテッドプリーツ
– バックベルト下のサイドプリーツ

等々、こだわりのディテイルが満載の「男の背中」です!

 

 

 

続いて胸部です。

 

 

上品な曲線を描いたアルスターカラーがとても素敵ですよね!

そして、この100% Cashmereの幾何学模様!!

最高にクールですよね!!!

 

 

 

次に腰ポケットです。

 

 

もちろんポロコートを象徴するデザイン/ディテイルのひとつフレイムドパッチポケットを採用しました!

やはりポロコートにはこのポケットですよね😎

 

 

 

ライニングは100% Cuproのグレイ無地にしました。

 

深みのあるグレイとツイル組織ならではの光沢が魅力です。

表素材とのハーモニーも「完璧」ではないでしょうか!

 

 

 

ボタン留め仕様のターンナップカフスです。

 

 

一般的なポロコートはボタン留めなしのフルカフスなのですが、この仕様もとってもいいですね!

ちょっとした違いですがなんとも新鮮です!

ちなみにこのボタンはmade in Englandのリアルホーン(本水牛)ボタンです。

 

 

 

背中の上部です。

 

 

この状態だときれ〜〜〜いに閉じているインボックスプリーツに職人技を感じますね💪

インボックスプリーツ上のトライアングルステッチも印象的です!

 

 

 

インヴァーテッドプリーツです。

 

 

 

ボタン留めのインヴァーテッドプリーツもポロコートを象徴するデザイン/ディテイルのひとつです。

そして、通常のインヴァーテッドプリーツよりも手間のかかるデザイン/ディテイルです!

ここにもまた職人技を感じますね😉

上の写真が通常の状態で下の状態がボタンを外した状態です。

もちろんボタンは飾りではなく本開きになっております!

華やかなカラーのパンツを履いた時やライディングブーツを合わせた日にはオープンにしたくなりますね〜〜〜!

こちらの写真はどちらも左右の裾を少し引っ張って撮影しております📷

つまり通常の状態/引っ張らない状態だとインボックスプリーツ同様にきれいに閉じております!

 

以上です。

 

極めて優雅かつ上品でありながらもどこかスポーティな佇まいのポロコート。

チェスターフィールドコートやアルスターコート以外のクラシカルなコートをお探しの方におすすめです!

 

H様、いつも本当にありがとうございます。

心より御礼を申し上げます。

次のご注文品が仕上がりましたらまたご連絡を申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日も楽しいHUEY LEWIS AND THE NEWS音源!

順番的にはSmall World(1988年作品)なのですが何故だかあるべき場所に見当たらなかったので、今日はその次作にあたるHard At Play(1991年作品)にしましょう。

Small Worldでの路線転換がうまくいかずバンドは失速、原点回帰とばかりに男臭いソリッドなブルースロック路線に寄せて作った作品になります。

「時流に乗った陽気なアメリカンロックバンド」「商業主義のスタジアムロックバンド」「もう全盛期が過ぎたバンド」といった評価が我慢ならなかったのではないか?と推測します。

といった作品なので本人たちは気合いっぱいで作ったに違いありませんが、果たしてその成果は確かに実っていてとても良質な作品に仕上がっています。

もちろん3rdアルバムや4thアルバムのように「全編キラーチューンだらけ」という訳ではありませんけれど、全体的に良曲揃いで数曲は3rdあるいは4thに収録されていてもまったく違和感のないクオリティにあると思います。

例えば5. Couple Days Offとか6. That’s Not Meとか8. Best Of Meあたりがそうでしょうか。

外部ライターの楽曲ですが4. He Don’t Knowも秀逸ですし、ややありふれたR&Rソングながら11. Time Ain’t Moneyもエンディングトラックとして至極ナイスです!

ブルースロック、ソウル、そしロックンロールといった彼らの血肉になったルーツミュージックへの敬意がたっぷり感じられる仕上がりにもとっても好感が持てますよね。

久し振りに聴いたのですが素晴らしく心地良いロックアルバムだと思います。

個人的にはゲストにTHE GOSPEL HUMMINGBIRDSの名前が、9. Do You Love Me, Or What?の共作者にNICK LOWEの名前が見られるのも嬉しい限りです。

ただ、一方でこの人たちらしい華やかさに欠けるのも事実ですよね。

本作はそういう路線ではなかったのでしょうけれど、やっぱりホーンをがっつり入れて作った方が良かった気もします。

 

 

 

 

では、本作から最初にシングルカットされて(彼らにしては)小ヒットを記録した5. Couple Days Offのミュージックヴィデオをどうぞ!

 

 

めちゃくちゃライヴ映えするナイスソングですよね!

当時は「HUEY LEWIS AND THE NEWSはやっぱりかっこいいな〜!」と思ったものです。

 

 

 

 

24th. Jan. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.