Ryoji Okada Official Website

Diary

Rock You Like A Hurricane: 「Rock T-shirts風プリントのオーダーシャツ用新作素材」が入荷しました!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

オーダーシャツのオプションフリーキャンペーン開催中です。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

“♡ Camo” silk 新色の既製品ネクタイ入荷しました!

 

 

“♡ Camo” silkの新色2カラーで小粋&洒脱な新アイテムCravattino/クラヴァッティーノを作りました!

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition 1:Domestic fancy clothes!

  Extra edition 2:Additional collection for ViralOff

 

 

 

 

今日はこれから某紙媒体の取材を受けます。

詳細は後日またお知らせしますけれど、親会社から広告費をそこそこつけていただいていたGIEVES & HAWKES時代にもA WORKROOM時代にも経験したことがないような大規模ページになる予定です。

もちろん零細小売店舗ですから、今回もタイアップではなく、完全なる取材なのでお金は発生していません。

もしあれだけのページを広告で仕込んだら何百万円かかるのだろう?というヴォリューム/内容になると思います。

なので、僕も自身の歴史を振り返るなどかなりの準備をしました。

記念企画品の仕込み等々9周年の諸々、最新のThe Loudest Voice作成、日常業務、プライヴェイトの引越し、そして今日の取材準備。

はっきりいって完全にキャパシティオーヴァーで、先週はジムに行く暇も作れないどころか夜中にぶっ倒れた日もありました(汗)。

でも、このようなご時世に忙しくさせてもらえるのは本当にありがたいことです。

この忙しさに感謝です!!

そんなこんながあっての今日です。

記事の完成形ももちろん楽しみではありますけれど、ライターさんが同世代で僕と似たカルチャー体験をしている方のようなので取材自体もとても楽しみです。

それにしても。。。

9周年のお誕生日翌日、つまり10年目の初日にかような取材。。。

幸先が良過ぎますね!!!

ロックにスウィングする充実の1年になりますように

そして何故か脳内でRock You Like A Hurricaneが延々と流れております(笑)。

 

 

 

 

ところで。

「ロック」といえば。

今日はおととい着荷したばかりの、そして、昨日「明日ご紹介予定」と書いたオーダシャツ用の新作素材をご紹介いたします。

能書き不要のクールな素材です!

という訳で、早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

 

↓ こちら ↓ です。

 

 

モッズ、パンク、ヘヴィメタルその他諸々。

「ロックTシャツ」風のイラストがとてもクールに描かれた素材であります!!

「Tシャツ柄のYシャツ」とはなんとウィットに富んだ、遊び心が効いたナイスアイテムではないでしょうか!

Tシャツ好きの皆さま、音楽を愛する皆さま、LOUD GARDENファンの皆さま、ぜひともこの素材のシャツをお召しになって一緒に9周年を祝して下さいませ!

もちろん僕も作ります。

 

シャツ:¥19,800~

 

*国産素材です。
*誠に申し訳ございません、通常コレクションとは別ルート仕入素材なので各種キャンペーン対象外です。

 

 

 

ブラック

 

 

かなりラフなタッチのデザインがクールですよね!

ちなみに僕はこのカラーは確実に作るつもりです。

 

 

 

ネイヴィブルー

 

 

このカラーもとてもいいですね!

手持ちのスーツに合わせるにはブラックよりこっちがいいかなぁ???

 

 

 

ホワイト 2-1

 

 

ホワイトはこちらか2-2を作りたいのですがやっぱりこっちかな???

 

 

 

ホワイト2-2

 

 

こちらをクレリック仕様で仕上げてもいいんだよな〜〜〜〜。。。。

 

 

 

グレイ

 

 

意外やこのカラーもいいですよね!

アウター的に着ることが出来るロングシャツを作ってもいいかもしれません!!

 

以上です。

 

素材の見本は店頭にありますのでご来店の際にはぜひともチェックしてみて下さい。

もちろんお電話/e-mail/SNS等でのご注文/お問い合わせも心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

◆本日の一曲◆

 

 

Rock You Like A Hurricane

SCORPIONS

 

という訳で今日は昨日から僕の脳内を支配しているこの曲を(笑)。

ロックの日だ!ロックにキメるだ!ロックにスウィングだ!などと吠えているのでこの曲が脳内で止まらなのかと思いきや。。。

それもあるんだと思うますけれど、実はそれだけではないんですよね。

というのも、今日の取材準備で自分の歴史を振り返っていた時に僕がHR/HMに目覚めた瞬間のことも詳細に思い返しました。

具体的には、中学1年生の時にバスケットボール部の先輩がギターを弾く姿を見せてくれた上で、HR/HMバンドの名盤を5本のテープにダビングしてプレゼントしてくれたのがその瞬間でした。

その名盤とは以下の5作品です。

—–

Blizzard Of Ozz(1981年作品):OZZY OSBOURNE

Straight Between The Eyes(1982年作品):RAINBOW

– Built To Destroy(1983年作品):MICHAEL SCHENKER GROUP

Midnight Madness(1983年作品):NIGHT RANGER

Love At First Sting(1984年作品):SCORPIONS

—–

素晴らしいセレクション!!

当時12歳だった少年にこのような素晴らしい音源を教えてくれたF先輩には感謝しかなりません。

って、F先輩も13歳の少年だった訳ですけれど(笑)。

それはともかく、その時のことを思い返していたらRock You Like A Hurricaneが頭の中で鳴り始めたんですよね。

そういえば、どれもよく聴いたけれど当時はLive At First Stingを一番聴いたような記憶があります。

しかし、Blizzard Of Ozz以外は見事にRock Fever、Rock My Nights Away、(You Can Still) Rock In America、Rock You Like A HurricaneとRockがつく楽曲が入っていますね!

しかもどれも良曲という(笑)。

明日はNIGHRT RANGERを聴こうかな????

 

 

 

 

10th. Jun. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.