Ryoji Okada Official Website

Diary

Brand new shirting collection, Apr. 2021, vol.5

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

5月/6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

New colours of our exclusive “♡ Camo” silk are coming soon!

 

 

☠️9周年Tシャツの「カラー&サイズオーダー初回受付」開始しました!☠️

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

 

今日からNFLのドラフトが始まります🏈

Day 1は1巡目指名、Day 2は2巡目と3巡目指名、Day 3は4巡目から7巡目指名、3日間におよぶ一大イヴェントです!

驚きのピックをするチームはあるのか、ドラフト中にトレードアップ/ダウンはどれくらい起こるのか、最も評価が出来るドラフトを行うのはどのチームなのか注目は尽きませんね!

ドラフト直前になって、A.RodgersがGBに戻りたくないという意向を持っていることが公にされるなど盛り上がってきました。

幸いにもDAZNで9:00から中継がありますので、今日は有酸素運動をがっつり頑張りながらDay 1の模様を楽しもうと思います🚴‍♂️

 

 

 

 

ところで。

「注目」といえば。

今日は先日4回に分けてご紹介した「オーダーシャツ用の新作コレクション」とは別途で入荷した、従来からある「通常コレクション」とは異なる/今春取り扱いを始めたNewバンチブック用の新作素材をご紹介します。

同じオーダーシャツ用の新作素材なのに区分が少しややこしいですね(笑)。

今後は一括してご紹介出来るようにします!

それはともかく大注目に値するNewバンチブックの新作素材、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

今回入荷した新作素材はこちらの2冊用です!

 

 

いずれもAlbiniグループ傘下に入っているミル/ブランド専用のバンチブックです。

左はどちらかといえばカジュアルテイストの強いコレクションで、右がドレスシャツ用のコレクションになります。

取り使いを始めた時点で充実したコレクションの全貌をご紹介するつもりでしたが、その前にいろいろとご紹介したいネタ/作品があり過ぎて叶わず今日にいたってしまいました(汗)。

また、時を見てじっくりご紹介したいと思うのですが、今日はひとまず新作だけをご紹介しますね😊

全貌は。。。

ご来店時にぜひともゆっくり見てやって下さい!!

よろしくお願いいたします。

では、新作を!

 

 

 

まずは左、カジュアル系の素材をコンパイルしたバンチブック用の新作3マークです。

 

 

上がThomas Masonのとてもソフトな100% Cotton、下の2マークがAlbiniの100% Linenです。

上のThomas Masonもいいけれど。。。

下のAlbiniの100% Linenが最高にいいですよね!

では、3マークともに「個別&寄り画像」で見てみましょう。

 

 

 

TMS51169

 

 

品番の末尾はロック(69)ですが、素材自体はロック感「0」の上品で爽やかなブルーがなんともハンサムな素材です。

品のあるカジュアルシャツを作るのが正攻法なのは間違いありませんが、意外やミリタリーテイストの強いシャツを作ってもかっこいいと思います。

具体的には「エポーレット付き + パッチ&フラップ両(左右)ポケット + プラケットフロント(表前立)」といった感じでしょうか。

アーバンミリタリーとでもいった趣のアウター使い出来るナイスシャツが完成することでしょう☝️

淑女の皆さまでしたら可憐なシャツワンピースもいいと思います!

ちなみに、正攻法でいく場合のカラーは、ニューイングランドボタンダウンカラーあたりが最適でしょうか?

 

オーダーシャツ:¥22,000~

オーダーシャツワンピース:¥41,800~

 

 

 

AL53030(上)/AL53032(下)

 

 

 

通常コレクションにもAlbiniやMontiといったイタリアンミルの100% Linenの入荷はあったのですが、ほとんどの場合が無地でした。

が、このバンチブックには柄物の100% Linenが多数収録されています。

ストライプ、ハウンズトゥース、そして、ポップなプリント柄。。。

今回入荷した2マークはポップなプリント柄の新作になります!

どちらも最高にクールですよね!!

シャツ、サファリジャケット 、シャツジャケット、シャツワンピース。。。

何を作ってもとっても素敵そうです😉

僕はシャツとサファリジャケット(とマスク)のセットを作りたいのですが、実は同じ目論見を先日ご紹介したLibertyの100% Linenシリーズ4マークでもしているので大変に悩ましいです!!

さすがに6セットは作り過ぎかな?とは思うのですが、どれもいいんですよねぇ。。。

 

オーダーシャツ:¥22,000~

オーダーサファリジャケット/シャツワンピース:¥41,800~

オーダーシャツジャケット:¥49,500~

 

 

 

続いて右、ドレスシャツ用コレクションの新作6マークです。

 

 

左のホワイトがDavid & John Andersonで、それ以外の5マークはThomas Masonです。

偶然にも両者とも英国ルーツのブランドですね🇬🇧

そして、両者とも僕の「大好物」です!

では、こちらも全6マークを「個別&寄り画像」で見ていきましょう!!

 

 

 

DJ50002

 

 

David & John Andersonは従来展開していた通常コレクションには収録されたことがない、LOUD GARDEN初登場ブランドになります。

今春から合計5冊の新バンチブックを取り扱うことにした理由のひとつがこのDavid & John Andersonでした!

1882年にスコットランドで創業、実に200年にも及ぶ長い歴史を誇るDavid & John AndersonはCarlo RivaやAlumoとともに「世界高級シャツ素材御三家」の一角を成す名門にして、僕がファッション業界に入った頃に憧れた存在でもありました。

なので、「おお、David & John Andersonも収録されているんだぁ。。。これは取り扱いたいね!」と思ったのであります。

*もちろんAlumoも同様の存在だったので、Alumo単独のバンチブックがあったことも取り扱いの大きな理由のひとつでした。

というDavid & John Andersonは、長きに渡って超高級原料素材、超細番手素材等々、妥協のない高級素材のみを展開してきました。

冒頭で書いた通り、現在はAlbiniの傘下に入っているためすべてmade in Italyですが、1882年から培ってきた知見や伝統は現在でも脈々と受け継がれています。

今回新たに入荷したのは、「シーアイランドコットン原料」「経糸(タテイト)・緯糸(ヨコイト)ともに120番手双糸(ソウシ)使い」「マイクロツイル」の100% Cottonですが、他にも経糸・緯糸ともに170番手双糸のエレガントな柄物シリーズや「これぞDavid & John Anderson!」な経糸・緯糸ともに200番手双糸のドビーも収録されています。

いずれも肌触り極上の上品極まりないシャツが仕上がると思います。

「ドレスシャツはエレガント志向」という方にはぜひともじっくり見ていただきたい、全20マークのDavid & John Andersonコレクションです!

 

オーダーシャツ:¥33,000~

 

 

 

TMG50215(上)/TMS51056(下)

 

 

 

Thomas Masonの濃色ツイル組織2マーク、ネイヴィブルーとチャーコールグレイです。

前者が経糸・緯糸ともに140番手双糸、後者が経糸・緯糸ともに100番手双糸、いずれも100% Cottonです。

ドレスシャツ用といってもこれだけシックかつセクシーな濃色なので、カジュアルスタイルを上品に仕上げるために使ってもバッチリなシャツが仕上がると思います!

カラーはカッタウェイカラー等、シャープなデザインがいいかもしれませんね😉

 

TMG50215 オーダーシャツ:¥26,400~

TMS51056 オーダーシャツ:¥22,000~

 

 

 

TMS51076(上)/TMS51086(下)

 

 

 

ポプリン/ブロード(平織)組織のストライプ2マークです。

いずれも英国ルーツのThomas Masonらしい色柄ですよね!

上は、ポプリン&マルチストライプシリーズRegentの新作です。

Regentは他にも様々なストライプが収録されていますし、同柄色違いでネイヴィブルー部分がピンクになっている素材も収録されています。

下は、細番手糸使用のポプリン&2色使いのクラシックストライプシリーズDowningの新作です。

Downingも他のストライプが複数収録されています。

そして、同柄色違いでネイヴィブルー、ブラック、グリーン、ワインレッドが収録されています。

このDowningのブロックストライプ。。。

全カラーコンプリートしたいです!!!汗

 

オーダーシャツ:¥22,000~

 

 

 

TMS51102

 

 

きめ細かなツイル組織のギンガムチェックです。

ツイル組織ならではの豊かな光沢も魅力の素材です。

こちらはカラー違いでブラウンのご用意もあります!

ブラウンのギンガムチェックもいいですよね😉

 

オーダーシャツ:¥22,000~

 

以上です。

 

こういったご時世ですのでご来店はなかなか難しいかもしれませんが、もしもいらして下さった際にはぜひともじっくりチェックしてみて下さい!

もちろん引き続き、お電話/e-mail/SNS等でのご注文/お問い合わせも絶賛承っております!!

今日ご紹介した新作の中で気になる素材がございましたら個別画像上に記した品番でご指示下さいませ。

もちろん、e-mail等で別アングルの画像や詳細説明、色違い素材の画像をお送りすることも可能です。

「シャツを新調したいかな?」とお思いの方がいらっしゃいましたらぜひともよろしくお願い申し上げます😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

やっぱりTHE COLLECTORSは超ナイスですね〜〜!

でも、今日はDUMPSTAPHUNKの新譜Where Do We Go From Hereに戻りましょう!!

ところで、若い頃は相当の自信過剰野郎だった僕ですが、様々経験して今は少し謙虚な中年になりました。

が、音楽的嗜好の良さについてだけは、年齢を重ねるごとに自信が深まっております☺︎☺︎☺︎

例えば「昨朝から今朝までの24時間」の音楽遍歴は以下の通りです。

昨朝のトレーニング前はPRETTY MAIDSのBack To Backでテンションを上げ、店舗ではTHE COLLECTORSを心底から楽しみ、今日は朝からDUMPSTAPHUNK!

PRETTY MAIDSとTHE COLLECTORSとDUMPSTAPHUNKを愛聴している人ってかなりレアではないでしょうか!?

いやあ、趣味がいい(笑)。

この趣味の良さ、音楽に対するニュートラルな耳と心、そして、今までに膨大な音楽を聴いてきた知見がお金になるといいんですけれどね(笑笑)。

それはともかく、本作の仕上がりは最高に素晴らしいです!!

ぜひとも機会があれば聴いてみて下さい。

 

 

 

 

それでは、11曲目収録のJusticeをライヴ動画でどうぞ。

 

 

政治的なメッセージが強過ぎる音楽はあまり好みではないけれど、この曲はいいですよね!

しかし、みんな達者ですよね〜〜〜!!

「世界最強のライヴバンド」と呼ばれていた全盛期のTHE NEVILLE BROTHERSを彷彿とさせる鉄壁さ、さすがです!!!

 

 

 

 

30th. Apr. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.