Ryoji Okada Official Website

Diary

Pen online

Hiroshima Carp / Loud Garden / Media / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

4月~5月の水曜日は「14:00-20:00」で営業いたします。

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

LOUD GARDENの季刊ニュースペーパー:The Loudest Voice vol.30 完成しました!

 

 

4.20 Wedまで開催中!:リンクルフリー素材限定のオーダーシャツ¥2,200offフェア

 

 

Pen 5月号:気鋭のノンフィクションライター石戸諭様がLOUD GARDEN madeの最新作について書いていらっしゃいます!

 

 

<新作バンチブックのご紹介>

 vol.1: Darrow Dale 2-1

 vol.2: Darrow Dale 2-2

 vol.3: Ermenegildo Zegna

 vol.4: Trabaldo Togna / Drago

 vol.5: British suiting collection 2-1

 vol.6: British suiting collection 2-2

 vol.7: Tallia Di Delfino

 vol.8: Jersey collection

 vol.9: Super stretch

 vol.1o: Indigo by Harrisons

 vol.11: Jacketing collection – Ferla / Novara / Drago etc.

 vol.12: Jacket & Trousers

 

 

 

 

昨日行われたTとの3連戦@甲子園初戦は緊迫した投手戦、いや壮絶な譲り合いの末延長12回引き分け⚾️

エース大瀬良投手が3点のリードを守れなかったことと大事な無死一塁という場面で登場した堂林選手が送れないどころかバント失敗の併殺打というこれ以上にない最悪なミスを犯したことが勝てなかった理由ですよねぇ。

僕は送りバントという作戦にはかなり懐疑的な一方で緊迫した局面においてはあってもいいと思っています。

しかしながら、堂林選手のようなヴェテランが今季早くも2度失敗しているんですよね。

ああいう姿を見るとやっぱり賛成出来ないかな??

というか、「おい堂林、もっと練習せい!」という話ですよね(笑)。

まあ、でも、投手陣は相変わらずきっちりと仕事をしていますし、首位のGも敗れましたし負けなかったのは大きいですね!

ちなみにおととい頭部死球を受け途中交代したマクブルーム選手は遠征にこそ帯同したものの昨日はベンチ入りせずの完全休養でした。

今日は出場する見込みのようですがまずは代打出場かもしれませんね。

いるといないとではやはり打線の重みが違います、早く万全な状態で戻ってきて欲しいですね。

今日は森下投手が先発です。

森下投手はここまでまったくもって悪くはないのですが、いまいちピリッとしない感じなのも事実なので今日は今季最高の投球をしてチームを引き分けを挟んでの2連勝、先週の3タテから続いている対T戦無敗継続に導いて欲しいですね!

Go! MORISHITA!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「先週」といえば。

今日は先週発売された、そして先週このDiaryでもご紹介した雑誌Penのonline版をご紹介します!

というのも、LOUD GARDENでたくさんの「濃厚アイテム」を作って下さっている気鋭のノンフィクションライターにして、ディープなファッショニスタにして、熱いミュージックラヴァーの石戸諭様がご自身の最新作、現在職人が縫製に精を出している(もうすぐ仕上がる予定です!)フォレスティエールについて語っていらっしゃるエッセイがonline版でも公開されたのであります!

もう紙媒体自体をご購入なさった方もたくさんいらっしゃると思いますが、online版では石戸諭がセレクトなさった表素材/裏地/ボタンに加えて過去に(別のお客様がオーダーなさった)フォレスティエールの写真やLOUD GARDENの外観も掲載されておりますのでぜひとも合わせてご覧下さい😊

こちらのリンク先に記事があります!!

 

 

 

 

これはスクリーンショットですが、↓こういった感じ↓ で過去に作ったフォレスティエール等々をご紹介して下さっています

 

 

ありがたや〜〜、です!

皆さまもぜひともご覧下さい!!

 

石戸様、そして丁寧なご対応をして下さったPen編集部の担当者様、この度は本当にありがとうございました!

この場を借りて改めまして心よりの御礼を申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日の「1987年作品」はJOHN MELLENCAMPのThe Lonesome Jubileeです。

スーパースターの仲間入りを果たした名作American Fool(1982年作品)と最高傑作の誉れ高いScarecrow(1985年作品)を経て、より地に足がついた懐の深いアメリカンロックを鳴らし始めた作品、現在のJOHN MELLENCAMPと地続きの名作です。

ポップスターとしてのあれこれや、BRUCE SPRINGSTEENとの対比等々に嫌気がさして「俺はこういう男だ!」と声高らかに宣言した感じがする、やりたいことを全部やってみたという感じがする作品ですね。

ただ、その印象はあくまで「感じがする」といった程度で、実際には良き意味でかなりポップに仕上がっています。

この辺のバランス感覚が持って生まれた資質なのか、狙っていたものなのかは分かりませんが、充実の1990年代を過ごして今に至っている、キャリアを通して活動をほとんど停滞させることなく活躍出来ているルーツは本作の成功にあるんじゃないかな?と思ったりもします。

Scarecrowと本作は本当にたくさん聴きました!

僕が特に好きなのは1. Paper In Fire、2. Down And Out In Paradise、5. Cherry Bomb、8. Hard Times For An Honest Man、9. Hotdogs And Hamburgers、10. Rooty Toot Tootあたりですかね〜。

生真面目で真摯で頑固な大人のR&Rといった風情がサイコーです。

全体的に青臭めのリリックも堪らないものがありますね!

 

 

 

 

では、本作から4枚目のシングルとしてリリースされたRooty Toot Tootのミュージックヴィデオを!

 

 

好きだな〜〜〜!

 

 

 

 

 

9th. Apr. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Category

Recent Entry

Archive

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.