Ryoji Okada Official Website

Diary

遂に最終日です! < 2,200yen off for “Wrinkle Free shirt” campaign >

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)でのご注文も可能です!

 

 

11月・12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Wrinkle Free/リンクルフリー(形態安定)シャツ ¥2,200 off 開催中です!

 

 

“♡ Camo” silkの新作2カラー完成しました!

 

 

既製品が入荷しました!「 “♡ Camo” cotton canvasとOkayama denimのリヴァーシブルトートバッグ」

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

渾身のSafari Jacketを作りました!

 

 

オーダーメイドニットタイはじめました!

 

 

リペア・リメイク(お直し)はしばらくお休みします。

 

 

ロックな “♡ Camo” cotton canvasのスーツを作りました!

 

 

< Introducing new bunch books! >

  vol.1: Bash Ⅱ by HFW 2-1

  vol.2: Bash Ⅱ by HFW 2-2

  vol.3: Harris Tweed

  vol.4: Drago

  vol.5: Fratelli Tallia Di Delfino 2-1 Suiting

  vol.6: Lassiere Mills / Kynoch / Marling & Evans

  vol.7: Dormeuil / John Cavendish / Marling & Evans etc.

  vol.8: Overcoat

  vol.9: Loro Piana

  vol.10: Ferla / Piacenza / Drago /Emmetex etc.

  vol.11: Cashmere Collection

  vol.12: Marlane / Angelico/ Sondrio / Olmetex

  vol.13: The Album vol.16

  vol.14: Jacket & Trousers 2-1

  vol.15: Jacket & Trousers 2-2

  vol.16: Ermenegildo Zegna

  vol.17: Jersey & Super Stretch Ⅳ 2-1

  vol.18: Jersey & Super Stretch Ⅳ 2-2

  vol.19: John Foster / Woodhead

  vol.20: Fratelli Tallia Di Delfino 2-2 Jacketing

 

 

 

 

今日は勤労感謝の日ですね。

2022年11月23日。。。

完全インディペンデントになることを心に決めお世話になっていた会社と袂を分かって11年、LOUD GARDENを立ち上げて10年半が過ぎようとしています。

なんとかここまで勤労を続けられたこと、そして日々頑張る機会があることに感謝したい気持ちでいっぱいです。

もちろん簡単だった時期はなく、いやそれどころか何年経っても問題や課題は増えるばかりな状況ですけれど、勤労ができない苦しみを考えたらそれらも恵みみたいなものですものね。

これもそれも皆さまの温かいご愛顧と熱い応援のおかげです。

本当にありがとうございます。

という、勤労感謝の日にふさわしい想いとともに今日も元気にLOUD GARDENは14:00-20:00で営業いたします!

*水曜日ですので14:00開店です、いらしていただく場合にはどうぞお気をつけくださいませ。

 

 

 

 

ところで。

「今日」といえば。

いよいよ今日:11.23 Wedは<リンクルフリーシャツ¥2,200キャンペーン>の最終日です!

残念なことに昨日もキャンペーンの受注がなかったので今日もまだ「まずは目指せ10枚!」な状態です。

昨日以上に実力&努力不足を痛感しています。。。。

が、しかし、まだチャンスが1日だけ残っています。

ですので、最後まで諦めずに「まずは10枚!」を目指したいと思います。

つきましては、「白シャツの新調がしたいな」「リンクルフリーか、興味深い」「こんなキャンペーンやっていたいんだ」という方がいらっしゃいましたらぜひともこの機会にとっても機能的なリンクルフリーシャツをちょっとお得にオーダーしてくださいませ。

今日はあいにくのお天気になるようですが、そんな時こそ心が踊るお買い物/ご注文で心晴れやかにしてくださいませ。

皆さまのご来店を心よりお待ちも仕上げております。

もちろん当店でシャツを作ってくださったことがある方でしたらご来店なしでのご注文も可能です。

以下のリンク先にあるリンクルフリーコレクション全マークや今日ご紹介する僕のイチオシ5選の中に「お!これすごくいいじゃん!」という素材があって、ご来店なしでのご注文をご希望の方はどうぞお気軽にご連絡くださいませ。

 

  •  ☑︎ 100% Cottonシリーズの無地コレクション全マークはこちらでご覧いただけます。
  •  ☑︎ 100% Cottonシリーズの無地コレクション以外の全マークはこちらでご覧いただけます。

 

 

 

今回お作りしたフライヤーです。

 

 

キャンペーン概要は以下の通りになります。

 

—–

Wrinkle Freeシャツ ¥2,200 off!

 

11.23Wedまでの期間限定で国産Wrinkle Free/リンクルフリー(形態安定)素材を使用したオーダーメイドシャツを¥2,200 offにて承ります。

普段はほとんどのキャンペーンで対象外素材となるWrinkle Freeです!

とてもお得なこの機会をぜひともご利用くださいませ。

  • ☑︎ 国産Wrinkle Freeコレクション全マークが対象となります
  • ☑︎ 無地とクラシック柄を中心とした60マーク展開です
  • ☑︎ 品質は100% Cottonが中心となります
  • ☑︎ キャンペーン対象素材の定価は「¥12,100から」です
  • ☑︎ Women’sシャツもキャンペーン対象となります

—–

 

 定価のスターティングプライスは上述のとおり¥12,100ですから、キャンペーン価格は¥9,900~になります!

とっても値頃感があるプライスですよね😉

Wrinkle Free素材は2枚キャンペーンには出てこない上に普段のキャンペーンでは対象外となることがほとんでですのでこれが最安値になります。

ぜひともこの機会によろしくお願い申し上げます!

もちろん嬉しいのは価格だけではありません!!

僕も何枚かWrinkle Free素材で作ったことがあるのですが、アイロンがけが不要のためお洗濯が本当に楽チンなんです。

着ている最中の抗シワ性の高さもとってもナイスだと思います。

ぜひともよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

最終日ということで、そして理想はもう5枚ほどご注文をいただきたいということで、今日は僕が作りたいBest 5をご紹介します!

 

 

ギンガムチェックが多めになってしまいましたが、こちらの5マークが僕のイチオシです。

いずれも100% Cottonシリーズです。

1番上:美しい光沢に恵まれたサテン織のピンク無地です。例えば「ピンホールカラー + フライフロント(比翼仕立)+ フレンチカフス(ダブルカフス)」といったエレガントなドレスシャツを作りたいです。

上から2番目:力強いレッドのブロックストライプです。カラーとカフスにライトピンクの無地素材を使って「一見クラシックだけれどよく見たら遊び心満載」な1枚を作りたいです。

上から3番目:サックスブルーのギンガムチェックです。いかにも英国的なスマートなドレスシャツを作りたいです。

上から4番目:ネイヴィブルーのギンガムチェックです。こちらもサックスブルー同様ヴェリーブリティッシュに仕上げたいです。

1番下:ブラウンのギンガムチェックです。こちらは僕の最近のお気に入り「ラージラウンドカッタウェイカラー + 大丸カフス」で作りたいです。

以上です。

 

オーダーメイドシャツ(Wrinkle Freeコレクション100% Cottonシリーズ使用):定価 ¥15,400~ ▶︎▶︎▶︎ キャンペーン価格¥13,200~

*100% Cottonシリーズは糸番手等によってプライスが2つに分かれております。

*「経糸・緯糸ともに100番手双糸およびサテン織/バスケット織素材」については上記のプライスになります。

 

皆さまからのご注文を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

極めて個性的なピアニストの音源を続けたので今日は王道のピアノトリオ音源を!

はい、ピアノトリオ音源の最高傑作とも評されるRAY BRYANT TRIOのエレガントかつインテレクチュアルな名盤Ray Bryant Trio(1957年録音)です。

確か「ゴスペルタッチ」とか「独特のファンクネス」といったワードとともに紹介されていたのと、ジャケットのアートワークが醸し出すオーラがそうなのとで相当に黒っぽい粘り腰のあるピアノを想像していたのですが、とても洗練されているので少々面食らった記憶があります。

でも、それがいいんですよね。

すごく聴きやすくて心地よい名作です。

いつ何時どんな状態で聴いても「いい作品だな〜!」と思える傑作です。

 

 

 

 

では、時代を含めて本作とはまったく関係はないのですがどなたかがアップロードしてくれたトーキョーでのライヴ動画をどうぞ。

 

 

素晴らしいですね!

 

 

 

 

23rd. Nov. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Category

Recent Entry

Archive

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.