Ryoji Okada Official Website

Diary

残り3日間です! < 2,200yen off for “Wrinkle Free shirt” campaign >

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)でのご注文も可能です!

 

 

11月・12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Wrinkle Free/リンクルフリー(形態安定)シャツ ¥2,200 off 開催中です!

 

 

“♡ Camo” silkの新作2カラー完成しました!

 

 

既製品が入荷しました!「 “♡ Camo” cotton canvasとOkayama denimのリヴァーシブルトートバッグ」

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

渾身のSafari Jacketを作りました!

 

 

オーダーメイドニットタイはじめました!

 

 

リペア・リメイク(お直し)はしばらくお休みします。

 

 

ロックな “♡ Camo” cotton canvasのスーツを作りました!

 

 

< Introducing new bunch books! >

  vol.1: Bash Ⅱ by HFW 2-1

  vol.2: Bash Ⅱ by HFW 2-2

  vol.3: Harris Tweed

  vol.4: Drago

  vol.5: Fratelli Tallia Di Delfino 2-1 Suiting

  vol.6: Lassiere Mills / Kynoch / Marling & Evans

  vol.7: Dormeuil / John Cavendish / Marling & Evans etc.

  vol.8: Overcoat

  vol.9: Loro Piana

  vol.10: Ferla / Piacenza / Drago /Emmetex etc.

  vol.11: Cashmere Collection

  vol.12: Marlane / Angelico/ Sondrio / Olmetex

  vol.13: The Album vol.16

  vol.14: Jacket & Trousers 2-1

  vol.15: Jacket & Trousers 2-2

  vol.16: Ermenegildo Zegna

  vol.17: Jersey & Super Stretch Ⅳ 2-1

  vol.18: Jersey & Super Stretch Ⅳ 2-2

  vol.19: John Foster / Woodhead

  vol.20: Fratelli Tallia Di Delfino 2-2 Jacketing

 

 

 

 

遂にFIFA World Cupが開幕しましたね⚽️

ROD STEWARTを筆頭とした複数のエンターテイナーがオープニングセレモニーの出演オファーを断るなど問題を抱える大会のようですが、それはそれ、これはこれだと思うので僕は純粋に熱戦を楽しみたいと思います。

が、しかし、今までは複数の紙媒体を購入したり、webで情報をかき集めたり、海外のリーグ戦をチェックしたり、サッカーに詳しい友人・知人に予想を聞いたりして結構準備万端だったのですが、今回はほとんど準備をしていません。

やっぱりこの時期の開催だとですね、NFLやNBAとかぶるのでなかなか予習に時間が取れません。。。

その上、今年はカープのオフシーズンがなかなか熱いんですよね。

なので、そちらのチェックにも時間を割かざるを得ないこともありすっかりWorld Cupの準備はすっかり手薄になってしまいました。。。

でも、まだ遅くはない!

これから少しでも多くの情報を集めながら観戦に臨みたいと思います。

昨日の開幕戦も楽しみましたけれど。。。

まずは今夜のイングランドvsイランですね!

楽しみ〜!!

そして明後日、我が国と強豪ドイツとの一戦ですね。

僕もその日ばかりは朋友Gordenさん(←ドイツ人です)をぶっ倒すつもり(笑)で日本代表を応援したいと思います!

Go! JAPAN!

 

 

 

 

ところで。

「カープ」といえば。

昨日は、A WORKROOM時代からのお得意様にして、僕以上に熱心なカープファンにして、最近神戸にお引っ越しになられたH様からオーダーメイドシャツのご注文をいただきました。

はい、現在絶賛開催中<リンクルフリーシャツ¥2,200キャンペーン>のご注文、神戸から「ご来店なしでのご注文」でした。

なだけでなく、スーツとコートのピックアップにいらしたお得意様Y様が「せっかく来たのでいただいたお手紙にあったシャツを作りますよ」と仰ってくださいました。

いやはや本当に涙が出るくらい嬉しいですね。

結果、「これは。。。前代未聞のキャンペーン受注0もあるのか???やばい。。。」と焦っていた金曜日の閉店時点からなんとか少しだけ盛り返して、合計ご注文枚数が「9」となりました。

このようなタイミングでご注文を入れてくださったH様とY様にはこの場を借りて改めて心よりの御礼を申し上げたいです。

誠にありがとうございました。

が、しかし、まだまだ開催前に設定した目標枚数には遠いのが実情です。

その一方で会期は今日11.21 Monを含んで3日間だけ残っております。

ついては、最後の最後までなんとかPRを頑張って1枚でも多くのご注文を承りたいと思っております。

でも、まずは「目指せ10枚!」ですね。。。

かくかくしかじかでありますので、「リンクルフリーに興味あり!」「前回作ったリンクルフリーがとてもよかった!」「こんなキャンペーンやっていたいんだ」という方がいらっしゃいましたらぜひともこの機会にとっても機能的なリンクルフリーシャツをちょっとお得にオーダーしてくださいませ。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

今回お作りしたフライヤーです。

 

 

キャンペーン概要は以下の通りになります。

 

—–

Wrinkle Freeシャツ ¥2,200 off!

 

11.23Wedまでの期間限定で国産Wrinkle Free/リンクルフリー(形態安定)素材を使用したオーダーメイドシャツを¥2,200 offにて承ります。

普段はほとんどのキャンペーンで対象外素材となるWrinkle Freeです!

とてもお得なこの機会をぜひともご利用くださいませ。

  • ☑︎ 国産Wrinkle Freeコレクション全マークが対象となります
  • ☑︎ 無地とクラシック柄を中心とした60マーク展開です
  • ☑︎ 品質は100% Cottonが中心となります
  • ☑︎ キャンペーン対象素材の定価は「¥12,100から」です
  • ☑︎ Women’sシャツもキャンペーン対象となります

—–

 

 定価のスターティングプライスは上述のとおり¥12,100ですから、キャンペーン価格は¥9,900~になります!

とっても値頃感があるプライスですよね😉

Wrinkle Free素材は2枚キャンペーンには出てこない上に普段のキャンペーンでは対象外となることがほとんでですのでこれが最安値になります。

ぜひこの機会によろしくお願い申し上げます!

もちろん嬉しいのは価格だけではありません!!

僕も何枚かWrinkle Free素材で作ったことがあるのですが、アイロンがけが不要のためお洗濯が本当に楽チンなんです。

着ている最中の抗シワ性の高さもとってもナイスだと思います。

は、今日は少し趣向を変えて、この土日にご注文いただいた9マークをご紹介します!

 

 

 

まずはH様が昨日「ご来店なし」でご注文くださった5マークから。

 

 

すべて100% Cottonシリーズからセレクトくださいました。

  •  ☑︎ 1番上:ツイルベース&ホワイトのシャドウウインドウペーンです。
  •  ☑︎ 上から2番目:ライトグレイのバスケット織です。
  •  ☑︎ 上から3番目:ポプリン/ブロードベース&レッドのナロウストライプです。
  •  ☑︎ 上から4番目:ポプリン/ブロードベース&ブルーのブロックストライプです。
  •  ☑︎ 1番下:ポプリン/ブロードベース&パープルのブロックストライプです。

上から2番目のバスケット織以外は経糸(タテイト)・緯糸(ヨコイト)ともに100番手双糸(ソウシ)です。

バスケット織は経糸が80番手双糸で緯糸が40番手単糸です。

確かにバスケット織は経糸緯糸ともに100番手双糸では表現できませんもんね。

それはともかく、いずれもとってもハンサムなシャツに仕上がると思います!!

ところで、実はH様は2021年の春にもWrinkle Free素材でシャツを5枚ご注文くださっています。

なだけでなく、それ以前からコンスタントに作ってくださっているので、昨日承った5枚を含めるとWrinkle Free素材のシャツは合計16枚になるでしょうか。

いずれも100% Cottonシリーズからのセレクトになります。

前回は「ホワイト無地2枚 + ブルー無地2枚 + ネイヴィブルーストライプ1枚」の5枚で、それ以前に作っていただいたのはホワイト無地5枚とブルー無地1枚のはずですから、今回の5枚が完成するとさらにバランスが整いますね!

そして、今回の5枚が揃うとまた1週間を新しいシャツオンリーで回せますね😊

 

オーダーメイドシャツ(Wrinkle Freeコレクション100% Cottonシリーズ使用):定価 ¥15,400~ ▶︎▶︎▶︎ キャンペーン価格¥13,200~

*100% Cottonシリーズは糸番手等によってプライスが2つに分かれております。

*「経糸・緯糸ともに100番手双糸およびサテン織/バスケット織素材」については上記のプライスになります。

 

 

 

続いて昨日Y様がご注文くださった2マークを。

 

 

Y様も100% Cottonシリーズからセレクトくださいました。

  •  ☑︎ 上:ロイヤルオックスフォードのサックスブルー無地(経糸が80番手双糸・緯糸が50番手単糸)です。
  •  ☑︎ 下:ツイルのライトピンク無地(経糸が80番手双糸・緯糸が40番手単糸)です。

今年になってからのお得意様ということもありワードローブを完全に把握している訳ではないのですが、Y様はブルーアイテムをたくさんお持ちでピンクはあまりお持ちではなさそうですのでこのセレクトは大正解だと思います!

上のサックスブルーはたくさんお持ちのブルーアイテムと合わせて「ブルーグラデーションスタイリング」を作るのに大変重宝するはずですし、下のピンクはかなりペールトーンなのであまりピンクアイテムを着たことがない方でもすんなりお召しになれると思います。

ピンクはブルーやグレイとの相性もいいですしね!

それから、昨日お持ち帰りいただいたグレイッシュブラウンの100%カシミアコートとの相性も抜群にいいはずです。

さすがの審美眼です😉

 

オーダーメイドシャツ(Wrinkle Freeコレクション100% Cottonシリーズ使用):定価 ¥13,200~ ▶︎▶︎▶︎ キャンペーン価格¥11,000~

*100% Cottonシリーズは糸番手等によってプライスが2つに分かれております。

*「経糸・緯糸ともに100番手双糸およびサテン織/バスケット織以外の素材」については上記のプライスになります。

 

 

 

次におとといO様がご注文くださった2マークを。

 

 

O様もまた100% Cottonシリーズからセレクトくださいました。

  •  ☑︎ 上:ミニヘリンボンのホワイト無地(経糸・緯糸ともに100番手双糸)です。
  •  ☑︎ 下:ツイルのブルー無地(経糸が80番手双糸・緯糸が40番手単糸)です。

O様もH様同様に前回Wrinkle Free素材でご注文してくださっています。

しかもわずか半年+α前の2022年4月にです!

まったくもってありがたい限りです(泣)。

おととい「0枚」状態を打破してくださったのがO様でした。

この場を借りて、昨日に引き続いて、改めてO様にも心よりの御礼を申し上げます。

そして。。。

何事にも強く深いこだわりをお持ちのO様が短期間のうちにリピートオーダーして下さった事実こそが「Wrinkle Free素材がいかに優れているかの証左」であると思います!

 

上はキャンペーン価格が¥13,200~で、下はキャンペーン価格が¥11,000~です。

*100% Cottonシリーズは糸番手等によってプライスが2つに分かれております。

 

以上です。

 

どれも素晴らしい素材ですのでご来店の際にはぜひとも「これか〜!」とチェックをしてみてください。

尚、H様のように当店でシャツを作ってくださったことがある方でしたらご来店なしでのご注文も可能です。

「お!これすごくいいじゃん!」という素材があって、ご来店なしでのご注文をご希望の方はどうぞお気軽にご連絡くださいませ。

 

ちなみに。。。

Wrinkle Free素材でお作りになる方はご家庭でのお洗濯がほとんどだとは思いますが、念のためにお知らせすると出来るだけクリーニングは避けた方が「吉」です。

クリーニング店さんが「もし洗濯表示をきちっとチェックせずに通常のクリーニング(特に高温・高湿プレス)をしてしまう」とネックサイズやカフス回りがかなり縮むことがあるようです!

これは、Wrinkle Free素材専用の芯地によるそうです。

ご注意くださいませ😌

もちろん予期せぬひどい汚れがついてしまった時やご出張時等にはクリーニングに出さざるを得ないケースもあると思います。

その際には、ぜひとも「ちゃんと洗濯表示を読んでからやって下さいね!」とお口添えしていただければと思います。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

ここ数日間で愉しんだPHINEAS NEWBORN JR.とDOLLAR BRAND。

どちらもすごく好きなピアニストです。

そして、もちろん他にもたくさんの好きなピアニストがいます。

偉人、天才、奇才がたくさんいますらね〜〜!

が、「次に何を聴こう!」と思って真っ先に思い立ったのはこの人、野人ことBOBBY ENRIQUEZでした。

正確な媒体名等は失念してしまいましたが、社会人になってしばらく経った頃に「フィリピン出身の型破りなはちゃめちゃピアニスト」という感じでジャズ系の雑誌に小さく紹介されていたのを見て興味を持ちデビュー作The Wild Man(1981年録音)とRecado(1981年録音)の2in1 CDを購入しました。

ジャンルはまったく違うけれど、当時NUSRAT FATEH ALI KHANをかなり夢中で聴いていたりインドネシアのガムランに興味津々だった時期、つまり、アジア音楽に傾倒する可能性があった時期だったからかもしれません。

結局そこまで傾倒することはなかったのですが、そういう傾向にあったからこそBOBBY ENRIQUEZに興味を抱けたのかな?と思います。

当時はオフのファッションもかなりインドっぽかったですしね。

部屋ではお香を焚いたり。。。

なので、購入した時は相当にワクワクした記憶があります。

して結果は!?

DOLLAR BRANDの時と異なり一発で気に入りました!

スーパースウィンギーでフィジカルでパーカッシヴでありながらもすごくメロディアスなピアノがサイコーですもんね。

そして、一転バラードになると極めてリリカルなプレイに徹する懐深さも素晴らしいものがあります。

6. Georgia On My Mindと8. Recado Bosa Novaに代表される豊かな歌心も絶品です。

という本作。

久し振りに聴いたけれどめちゃくちゃ元気が出ました!!

The Wild Manというタイトルやジャケットのアートワークやかなり「キワモノ」っぽいテイストではありますが、実際は「型があっての型破り。型がないのは形なし」な破天荒ながらも真っ当なジャズピアニストだと思います。

長いジャズの歴史を紐解く中では本流にいた人ではないかもしれませんが僕は最高に好きです。

機会があればぜひとも聴いてみてください。

 

 

 

 

では、どなたかがアップロードしてくれた極上フルライヴ動画をどうぞ!

 

 

これは素晴らしいライヴだ!

今夜にでもじっくりウイスキーを愉しみながら見直したいですね。

 

 

 

 

21st. Nov. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Category

Recent Entry

Archive

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.