Ryoji Okada Official Website

Diary

残り2日間です! < 2,200yen off for “Wrinkle Free shirt” campaign >

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)でのご注文も可能です!

 

 

11月・12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Wrinkle Free/リンクルフリー(形態安定)シャツ ¥2,200 off 開催中です!

 

 

“♡ Camo” silkの新作2カラー完成しました!

 

 

既製品が入荷しました!「 “♡ Camo” cotton canvasとOkayama denimのリヴァーシブルトートバッグ」

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました! vol.2

 

 

渾身のSafari Jacketを作りました!

 

 

オーダーメイドニットタイはじめました!

 

 

リペア・リメイク(お直し)はしばらくお休みします。

 

 

ロックな “♡ Camo” cotton canvasのスーツを作りました!

 

 

< Introducing new bunch books! >

  vol.1: Bash Ⅱ by HFW 2-1

  vol.2: Bash Ⅱ by HFW 2-2

  vol.3: Harris Tweed

  vol.4: Drago

  vol.5: Fratelli Tallia Di Delfino 2-1 Suiting

  vol.6: Lassiere Mills / Kynoch / Marling & Evans

  vol.7: Dormeuil / John Cavendish / Marling & Evans etc.

  vol.8: Overcoat

  vol.9: Loro Piana

  vol.10: Ferla / Piacenza / Drago /Emmetex etc.

  vol.11: Cashmere Collection

  vol.12: Marlane / Angelico/ Sondrio / Olmetex

  vol.13: The Album vol.16

  vol.14: Jacket & Trousers 2-1

  vol.15: Jacket & Trousers 2-2

  vol.16: Ermenegildo Zegna

  vol.17: Jersey & Super Stretch Ⅳ 2-1

  vol.18: Jersey & Super Stretch Ⅳ 2-2

  vol.19: John Foster / Woodhead

  vol.20: Fratelli Tallia Di Delfino 2-2 Jacketing

 

 

 

 

やっぱりスポーツ観戦は楽しいですね!

それが4年に一度の大会ともなると尚更です。

という訳で昨日はイングランドvsイランをじっくり観戦しました⚽️

その後に行われたセネガルvsオランダも興味深かったですけれど、「さすがに夜更かしが過ぎるなぁ」と思い冒頭をチラッと見るだけにとどめました。

初老ですからね、そして「存亡と生き残りをかけた半年間」を闘っている最中ですからね、体調管理の基本である睡眠はしっかり取らないと😊

ちなみに一夜漬けで色々とチェックしてみたところ。。。

今回はブラジルの下馬評がかなり高いんですね。

どのメディアでも「大本命」といった感じでした。

「対抗」の筆頭はアルゼンチンのようです。

そして、日本とともに僕がいつも応援しているイングランドは評価がバラけていましたけれど総合すると「穴」「優勝候補の一角」くらいの扱いのようです。

という前提で昨日の試合を見たら、実況アナウンサーは「優勝候補のイングランド」を連呼していたし試合にも完勝しました。

今回こそやってくれるでしょうか!

ちなみに日本と同組のドイツとスペインも評価はバラけていましたが強いこと自体は間違いなさそうです。

そりゃそうか!

ということで、ベスト8以上を目指している日本は明日のドイツ戦で必ず勝ち点を得なければいけませんね!

どんな局面になっても最後まで諦めずに、最後まで手を抜かず闘って幸先のいいスタートを切って欲しいです。

Go! JAPAN!

 

 

 

 

ところで。

「最後まで諦めず」「最後まで手を抜かず」といえば。

昨日に引き続いて、現在絶賛開催中<リンクルフリーシャツ¥2,200キャンペーン>のPRをしたいと思います。

残念なことに昨日はキャンペーンの受注がなかった(でも、相変わらず通常コレクションでの受注は堅調で昨日も3枚のご注文がありました!)ので今日もまだ「まずは目指せ10枚!」な状態です。

実力&努力不足を痛感する日々です。

が、しかし、会期は今日11.22 Tueを含んでまだ2日間残っております。

ですので、最後まで諦めず、最後まで手を抜かず、当キャンペーンのナイスさをPRすることでまずは10枚を達成したいと思います。

という訳で、今日はここ最近Wrinkle Free素材で作った10枚のシャツをご紹介します。

昨日までは素材のご紹介だけだったので「仕上がったシャツをご紹介することで更にイメージを掴んでいただきやすくしよう!」という狙いです😉

かくかくしかじかであります。

「リンクルフリーに興味あり!」「いい感じに仕上がるじゃん」「こんなキャンペーンやっていたいんだ」という方がいらっしゃいましたらぜひともこの機会にとっても機能的なリンクルフリーシャツをちょっとお得にオーダーしてくださいませ。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

今回お作りしたフライヤーです。

 

 

キャンペーン概要は以下の通りになります。

 

—–

Wrinkle Freeシャツ ¥2,200 off!

 

11.23Wedまでの期間限定で国産Wrinkle Free/リンクルフリー(形態安定)素材を使用したオーダーメイドシャツを¥2,200 offにて承ります。

普段はほとんどのキャンペーンで対象外素材となるWrinkle Freeです!

とてもお得なこの機会をぜひともご利用くださいませ。

  • ☑︎ 国産Wrinkle Freeコレクション全マークが対象となります
  • ☑︎ 無地とクラシック柄を中心とした60マーク展開です
  • ☑︎ 品質は100% Cottonが中心となります
  • ☑︎ キャンペーン対象素材の定価は「¥12,100から」です
  • ☑︎ Women’sシャツもキャンペーン対象となります

—–

 

 定価のスターティングプライスは上述のとおり¥12,100ですから、キャンペーン価格は¥9,900~になります!

とっても値頃感があるプライスですよね😉

Wrinkle Free素材は2枚キャンペーンには出てこない上に普段のキャンペーンでは対象外となることがほとんでですのでこれが最安値になります。

ぜひともこの機会によろしくお願い申し上げます!

もちろん嬉しいのは価格だけではありません!!

僕も何枚かWrinkle Free素材で作ったことがあるのですが、アイロンがけが不要のためお洗濯が本当に楽チンなんです。

着ている最中の抗シワ性の高さもとってもナイスだと思います。

は、上述のとおり最近お作りした10枚をご紹介しましょう!

 

 

 

まずはとてもスマート&シックな2枚から。

 

 

ホワイト無地のツイル(経糸が80番手双糸・緯糸が40番手単糸)とサックスブルー無地のロイヤルオックスフォード(経糸が80番手双糸・緯糸が50番手単糸)でお作りしました。

ヴェリーフォーマルな1枚とオンオフ兼用可能な1枚、いずれもとても素敵ですよね!

いずれも100% Cottonシリーズです。

 

オーダーメイドシャツ(Wrinkle Freeコレクション100% Cottonシリーズ使用):定価 ¥13,200~ ▶︎▶︎▶︎ キャンペーン価格¥11,000~

*100% Cottonシリーズは糸番手等によってプライスが2つに分かれております。

*「経糸・緯糸ともに100番手双糸およびサテン織/バスケット織以外の素材」については上記のプライスになります。

 

 

 

続いて極めてエレガントな2枚を。

 

 

100% Cottonシリーズのツイル(経糸が80番手双糸・緯糸が40番手単糸)でお作りしました。

いずれもまったく同じ素材、同じサイズ、同じデザイン、同じディテイルです!

この2枚をお作り下さったN様は100% Cottonシリーズのツイルで合計6枚作ってくださっています。

という感じのリピートオーダーが多いのもWrinkle Free素材の特徴です。

 

オーダーメイドシャツ(Wrinkle Freeコレクション100% Cottonシリーズ使用):定価 ¥13,200~ ▶︎▶︎▶︎ キャンペーン価格¥11,000~

*100% Cottonシリーズは糸番手等によってプライスが2つに分かれております。

*「経糸・緯糸ともに100番手双糸およびサテン織/バスケット織以外の素材」については上記のプライスになります。

 

 

 

次にモダンクラシックでダンディな佇まいの2枚を。

 

 

100% Cottonシリーズのピンポイントオックスフォード(経糸・緯糸ともに80番手双糸)でお作りしました。

上品でありながらもややスポーティな「顔」を持つ素材とデザインの相性が抜群にナイスだと思います!

こちらの2枚もまったく同じ素材、同じサイズ、同じデザイン、同じディテイルです!

 

オーダーメイドシャツ(Wrinkle Freeコレクション100% Cottonシリーズ使用):定価 ¥13,200~ ▶︎▶︎▶︎ キャンペーン価格¥11,000~

*100% Cottonシリーズは糸番手等によってプライスが2つに分かれております。

*「経糸・緯糸ともに100番手双糸およびサテン織/バスケット織以外の素材」については上記のプライスになります。

 

 

 

続いてニート&ノーブルな3枚を。

 

 

 

 

 

こちらは「集合写真」だけですと、今ひとつシャツのイメージが掴みにくいと思いましたので「個別写真」もご紹介します!

  •  ☑︎ 上(ホワイト無地):100% Cottonシリーズのポプリン/ブロード(経糸・緯糸ともに100番手双糸)です。
  •  ☑︎ 中(サックスブルー無地):100% Cottonシリーズのロイヤルオックスフォード(経糸が80番手双糸・緯糸が50番手単糸)です。
  •  ☑︎ 下(グレイミニギンガムチェック):65% Polyester + 35% Tencelのスーパーソフトシリーズ(経糸・緯糸ともに45番手単糸)です。

いずれもさりげない個性が光る1枚ですよね!

 

上:オーダーメイドシャツ(Wrinkle Freeコレクション100% Cottonシリーズ使用):定価 ¥15,400~ ▶︎▶︎▶︎ キャンペーン価格¥13,200~

中:オーダーメイドシャツ(Wrinkle Freeコレクション100% Cottonシリーズ使用):定価 ¥13,200~ ▶︎▶︎▶︎ キャンペーン価格¥11,000~

下:オーダーメイドシャツ(Wrinkle Freeコレクション65% Polyester + 35% Tencelシリーズ使用):定価 ¥11,000~ ▶︎▶︎▶︎ キャンペーン価格¥9,900~

*100% Cottonシリーズは糸番手等によってプライスが2つに分かれております。

 

 

 

最後の1枚はこちらです!

 

 

65% Polyester + 35% Tencelのスーパーソフトシリーズ(経糸・緯糸ともに45番手単糸)でお作りした1枚です。

知的なブロックストライプとクールなグレイがとてもスタイリッシュではないでしょうか!

ひとつ上でご紹介したミニギンガムチェックもそうなのですが、このタイプのグレイはかなり希少、他の通常コレクションにはほぼほぼ存在しないというのもナイスだと思います。

ドーベルマンの刺繍もかっこいいですよね!

 

オーダーメイドシャツ(Wrinkle Freeコレクション65% Polyester + 35% Tencelシリーズ使用):定価 ¥11,000~ ▶︎▶︎▶︎ キャンペーン価格¥9,900~

 

以上です。

いずれもまだ在庫がある素材ですので「お!」と思うシャツがありましたらぜひともチェックをしてご来店くださいませ。

もちろん当店でシャツを作ってくださったことがある方でしたらご来店なしでのご注文も可能です。

「お!これすごくいいじゃん!」という素材があって、ご来店なしでのご注文をご希望の方はどうぞお気軽にご連絡くださいませ。

最後の最後まで。

明日の23:59まで。

日本vsドイツが終わる頃まで。

皆さまからのご注文を心よりお待ち申し上げております!

どうぞよろしくお願い申し上げます。

また、今日ご紹介したシャツをお作りくださったお客様皆さまに改めましてこの場を借りて心よりの御礼を申し上げます。

 

ちなみに毎回最後に書いておりますが。。。

Wrinkle Free素材でお作りになる方はご家庭でのお洗濯がほとんどだとは思いますが、念のためにお知らせすると出来るだけクリーニングは避けた方が「吉」です。

クリーニング店さんが「もし洗濯表示をきちっとチェックせずに通常のクリーニング(特に高温・高湿プレス)をしてしまう」とネックサイズやカフス回りがかなり縮むことがあるようです!

これは、Wrinkle Free素材専用の芯地によるそうです。

ご注意くださいませ😌

もちろん予期せぬひどい汚れがついてしまった時やご出張時等にはクリーニングに出さざるを得ないケースもあると思います。

その際には、ぜひとも「ちゃんと洗濯表示を読んでからやって下さいね!」とお口添えしていただければと思います。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

OSCAR PETERSONも僕が大好きなピアニストです。

本作The Trio (1973年録音)は僕が大学1年生の時に入手したOSCAR PETERSONの最初のアルバムです。

JOE PASS(G)とNIELS PEDERSEN(B)、名手2人とのスイングしまくるライヴ演奏は最高の一語です。

当時はまだジャズをあまり知らなかったこともあるでしょう、冒頭の火花散るBlues Etudeからびっくり仰天したものです。

そして何度も何度もBlue Etudeを聴きまくったものです。

なので、この曲はかなりの部分をはっきりと記憶しています。

かつて習っていたピアノとトランペットをやめてバスケットボールとギターに打ち込んだ決断を後悔したことはそれまで一度もありませんでしたが、この曲を初めて聴いた時だけは「こんなピアノが弾けたら最高だろうな〜〜、もっと習っておけばよかったなぁ。。。」と思ったものです。

まあ、あと5年やそこら習って無理なんですけれどね(笑)。

それはともかく当代随一のテクニシャンが集まった名トリオですからね、もちろん他の曲のデキも素晴らしいです。

こんなライヴを生で観た日には。。。

1ヶ月くらいは興奮が覚めやらないでしょうね!

 

 

 

 

では、どなたかがアップロードしてくれた1985年のライヴをどうぞ。

 

 

いいですよね〜!

今夜もこの動画でウイスキーを愉しみたいです。

 

 

 

 

22nd. Nov. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Category

Recent Entry

Archive

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.