Ryoji Okada Official Website

Diary

明治神宮外苑いちょう並木は今が見頃のようです!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

“♡ Camo” umbrellas バルク生産分の一部納品が遅れております。残りは12.3 Friに入荷予定です。申し訳ありません!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

 ⑬ Tower Bridge by Wain Shiell

 

 

 

 

今日から12月ですね!

正直な話。。。

11月は途中まで悪くない、久し振りに堅調なセールスで進行していたのですが最後の1週間で大失速しました。

特に先週の土日はまったくもって暇でした(汗)。

ご注文も僕のヒーロー的存在である某音楽家からTwitter経由でいただいたシャツのみでした(汗汗)。

コロナ禍が強いた新しい生活様式は我々が作る服を必要としない人々を多く生み出しているのは間違いないので、我々ももっともっと素早く時代に対応しないとサヴァイヴ出来ないかもしれません。

来年は変革のスピードを格段に早めなければ!と肝に銘じております。

でもその前に12月です、なんとか今月は流れを変えたいところです!

という訳で、「あ、そういえばまだ今シーズン全然服を新調していないや」とか「最近なにかユニークなアイテムを作りたいと思っているんだよね」とか「LOUD GARDENみたいな店はサヴァイヴしてくれないと困るぞ」とお思いの方がいらっしゃいましたらぜひともこのタイミングでご注文をお願い申し上げます。

我々も皆さまのなライフをより一層エキサイティングに彩れるような新アイテムの導入等々に奮闘しております!!

最近サンプルを作ったシャツ仕立てのノーカラージャケットや  “East meets West” shirtもすごくいい感じです!!

それらは明日以降に改めてご紹介する予定でおります。

また、12月も水曜日は休まずに14:00-20:00で営業します。

そして、水曜日は基本的に僕ひとり体制です。

ひとりはやはり寂しいものがありますし、今日はなんとか流れを変えたい12月の初日です。

お近くまでいらした際にはぜひとも激励にお立ち寄り下さいませ。

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

web情報によればLOUD GARDENから程近い明治神宮外苑のいちょう並木は今が見頃らしいです😊

 

 

この写真は先週の木曜日に撮った写真ですが、まだ手前側のいちょうは緑が強いですもんね!

確かにこの写真から1週間が経った今ならきっと黄金色になっているのではないでしょうか?

今週末あたりはぜひともいちょう並木で黄葉を愛でた前後にLOUD GARDENにいらして下さいませ😌

もちろん今日も

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

もちろん引き続きお電話/e-mail/SNS等でのご注文/ご予約/お問い合わせも絶賛承っております!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

予告通り、今日から少しの間BRUCE SPRINGSTEENの The Ties That Bind:The River Collection(2015年作品)をじっくり聴き直したいと思います!

以下のようなBox Setになります!!

 

—–

1980年作品『ザ・リバー』から35周年となる2015年、超強力ボックスセットが登場! オリジナル・アルバム・デジタルリマスター + 幻の未発表アルバム + 未発表曲集の4CD更に未発表映像3DVD/2BDを加えた、想像を超えた『ザ・リバー』の発売に至るまで、そして発売後の成功への物語をすべて収録した一大絵巻。音源では遂に日の目を見る幻のアルバム『タイズ・ザット・バインド』、『ザ・リバー』 のレコーディング・セッションで録音された未発表曲の数々。映像は史上最高のパフォーマンスと呼ばれていた時期の若きブルース(当時30歳)の未発表ライヴ映像と『ザ・リバー』制作秘話をボスやメンバー、関係者が語るメイキング・ドキュメンタリー映像など。一人のアーティストの一つの作品にまつわるマテリアルでここまでの大量で充実した未発表音源、未発表映像が収録され、豪華パッケージを含めて、ファンの心に突き刺さる、史上稀に見る画期的、歴史的復刻作品。通称”River Box“。ここまでしてくれれば誰もが納得するはず! ロックの歴史の1ページを彩る歴史的作品として全てのロック・ファンに一度は触れてもらいたいアイテムです。

—–

 

通常のBox SetであればDisc 1から聴くのですが、本作に限ってはDisc 3: The Tie That Bindから聴くのが流儀でしょう!

なにせ昨日まで楽しんでいたNo Nukes Concertsが開催された1979年にリリースされる予定だった音源ですもんね。

そして、本作を更に発展させて2枚組アルバムとして1980年にリリースされたのがDisc 1とDisc 2に収録されているThe Riverですもんね。

*Disc 4はアウトテイク集です。

聴き直せば聴き直すほど本作を正式リリースせずThe Riverに昇華させたBOSSの判断が正解だったことを痛感するのですが、だとしても本作もとても強力ですよね。

The Riverにも収録されることになる楽曲も本作収録ヴァージョンとThe River収録ヴァージョンとでは大きな違いがあるのも聴きどころです。

1979年/1980年というと僕がまだ洋楽に興味を持つ前の時代なので、The Riverにはそこまで思い入れはないのですがリアルタイムで聴いた先輩諸氏からするとこのBox Setはかなりの衝撃だったんじゃないでしょうか??

まあ、熱心なBOSSファンの先輩諸氏でしたら以前からBootlegで既にThe Ties That Bindは聴いていたかもしれませんが。。。

 

 

 

 

では、タイトルトラックにしてThe Riverでもオープニングトラックを務めるThe Ties That Bindをライヴ動画でどうぞ。

 

 

この曲もシビれる熱さですよね!

リリックもサイコーです!!

 

 

 

 

1st. Dec. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.