Ryoji Okada Official Website

Diary

オーダーシャツ2枚=¥19,800~ キャンペーンのオススメ着分 vol.10: Domestic fabrics – Plaid 1, Blue –

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)でのご注文も可能です!

 

 

< News! >

  – 年末年始の営業/休業につきまして

  – 12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします

  – Made-to-order “Skull Hat/スカルハット” debut!

  – RYOJI OKADA流Forestière/フォレスティエール

  – 渾身のSafari Jacketを作りました!

  – リペア・リメイク(お直し)はしばらくお休みします

  – ロックな “♡ Camo” cotton canvasスーツ

  – 俺の新作! “♡ Camo” cotton canvasのグルカパンツ!

 

 

< Introducing new bunch books! >

  vol.1: Bash Ⅱ by HFW 2-1

  vol.2: Bash Ⅱ by HFW 2-2

  vol.3: Harris Tweed

  vol.4: Drago

  vol.5: Fratelli Tallia Di Delfino 2-1 Suiting

  vol.6: Lassiere Mills / Kynoch / Marling & Evans

  vol.7: Dormeuil / John Cavendish / Marling & Evans etc.

  vol.8: Overcoat

  vol.9: Loro Piana

  vol.10: Ferla / Piacenza / Drago /Emmetex etc.

  vol.11: Cashmere Collection

  vol.12: Marlane / Angelico/ Sondrio / Olmetex

  vol.13: The Album vol.16

  vol.14: Jacket & Trousers 2-1

  vol.15: Jacket & Trousers 2-2

  vol.16: Ermenegildo Zegna

  vol.17: Jersey & Super Stretch Ⅳ 2-1

  vol.18: Jersey & Super Stretch Ⅳ 2-2

  vol.19: John Foster / Woodhead

  vol.20: Fratelli Tallia Di Delfino 2-2 Jacketing

  vol.21: Collezioni Biellesi 3-1

  vol.22: Collezioni Biellesi 3-2

 

 

<オーダーシャツ2枚キャンペーンのオススメ着分>

  vol.1: Thomas Mason 2-1

  vol.2: Thomas Mason 2-2

  vol.3: Albini

  vol.4: Getzner

  vol.5: Monti

  vol.6: Söktaş / Leggiuno / Canclini / Brixiatex

  vol.7: Domestic fabrics – Ryota’s choice –

  vol.8: Domestic fabrics – Plain 1 –

  vol.9: Domestic fabrics – Stripe 1 –

 

 

 

 

光陰矢のごとし。

今年もあと10日ほどですね。

たくさんのハッピーとポジティヴがあった1年ですが、店舗自体はとても厳しく苦しい1年でした。

特に最初の半年は長引くコロナ禍と僕の力不足の影響で本当にしんどかったです。

それまでのコロナ禍による打撃も重かったし、「10周年を目指す!」という原動力がなければもしかしたら心折れていたかもしれません。。。

数字以外の面でも嫌になること、哀しくなることがたくさんありましたしね。

あ、そういえば、昨日も少々哀しくなるようなことがありました。。。

でも、9月から「存亡と生き残りをかけた絶対に負けられない半年間!」と呪文のように唱え続け、「後悔なきよう今まで以上に日々を闘う!」と決めてからは店舗も少しずつ上向きになりつつあります。

ただ、今月は「中だるみ」でしょうか、少し低調。。。

その主要因は、熱い思いで品揃え等々の準備を進めてきた「オーダーメイドシャツ×2枚=¥19,800~(税込価格)」キャンペーンの出足が鈍めなことにあります。

ということで、先日インポート着分を追加投入するなど対策を打ちました。

それでもダメならどうするか!?

そうだ!

「本開催」は12.23 Friからですし、そこここで「始まりました!」という告知をやってみよう!!

それから店頭ディスプレイも変えよう!!!

などと思っております。

そして、残り10日間ほどの2022年中に「あと30枚はご注文をいただきたい!」などとも思っております。

つきましては、どうぞ引き続きの温かい応援を何卒よろしくお願い申し上げます!

僕も最後の最後まで根性入れて頑張ります💪

 

 

 

 

ところで。

「10」といえば。

今日もまた「オーダーメイドシャツ×2枚=¥19,800~(税込価格)」キャンペーン用の着分の中から選りすぐったオススメ4選を熱い情熱とともにご紹介したいと思います!

10回目の今日は国産着分のチェック1回目です。

昨日もチラッと書きましたが今回はかなりチェックを充実させました。

というのも。。。

前回までの何回かはストライプ着分の品揃えをかなり充実させてきました。

数年前に5年くらい続いたチェック人気にひと段落がついたせいか、スーツでもシャツでも「ストライプが新鮮!」と仰るお得意様が増えてきたからです。

僕自身も「ストライプシャツを作りたいな!」と思う頻度が高まっていたこともあります。

すると、ストライプのご注文枚数が倍増しました。

狙い通り!!

素晴らしい!!

ですが、ここ最近またチェックの人気が高まってきている感じがしたので「そろそろまたチェックを増やしていこうかな?」と思い、その意向をシャツファクトリーさんに伝えました。

その結果。。。

今回入荷した国産着分400マークの中に「ストライプが4マークしかない!?」という珍事態が起こるほどに大充実したチェックの品揃えとなりました!

*そこでストライプを追加してもらった顛末は昨日書いた通りです。

ですので、今回入荷した国産着分のチェックからオススメをセレクトするのはかなり難易度が高いです。

という訳で、チェックは恐らく最低でも4回に分けてご紹介するつもりでいます!

その1回目となる今日はブルー系のチェックセレクションです。

手前味噌ながら、とっても魅力的なセレクションになっていると思いますのでご来店の際にはぜひともじっくりとチェックをしてみてください。

では早速ご紹介を!

と、その前に今日も念のために、キャンペーンの概要を以下にお記しします!

今日初めてこのDiaryをご覧になる方もいるかもしれませんからね😌

 

—–

 

「オーダーメイドシャツ×2枚=¥19,800~(税込価格)」キャンペーン

  1.  *素材はキャンペーン専用着分(国産400着分/インポート100着分)・専用スワッチ見本の中からお選びいただけます。
  2.  *縫製は通常のオーダーメイドシャツと同じファクトリーが通常のオーダーメイドシャツと同じ工程で行います。
  3.  *当キャンペーンに限り納期を2ヶ月から2.5ヶ月いただいております。
  4.  *インポート素材は2枚で¥29,700~(税込価格)となります。
  5.  *1枚でのご注文は承れません。
  6.  *3枚以上から奇数でのご注文も承ります。
  7.  *別途オプション料金がかかる場合がございます。
  8.  *シャツワンピース、シャツジャケット、サファリジャケットは対象外となります。
  9.  *お電話/e-mail/SNS等でのご注文も承っております(詳細はお問い合わせください)。

—–

 

これまた念のために今日も書きますけれど。。。

実は先日、シャツファクトリーの常務さんがいらっしゃった時に「すぐにとはいかないかもしれないけれど、2P(←我々はこのキャンペーンをこう呼んでおります)はやめていかざるを得ないと思うよ。コストが本当に厳しいのよ!」と仰っていました。

もしかしたら、あと3回か4回しかできないかもしれません(汗)。

あるいは近いうちにプライスアップをせざるを得なくなるかもしれません(汗汗)。

まだなんとか「2枚で税込¥20,000を切っている」このとってもお得な機会をぜひともご利用くださいませ。

 

 

 

 

今日ご紹介するオススメ着分は ↓こちら↓ の4マークです。

 

 

ご覧の通りどれもひとひねり、ふたひねり効いたナイスチェックばかりです。

そしてどれも1点モノです。

つきましては、もし「ピン!」とくる着分がありましたらぜひともお早めのご来店あるいはご注文/お取り置きのご連絡をお願いいたします。

*お取り置きは1週間程度でお願いいたします。

*お電話等でのご注文/お取り置きご希望の際には「個別画像」左上に記した品番でご指示くださいませ。

では、左上から時計回りにそれぞれを「個別画像」で見ていきましょう。

 

 

 

左上:SF73594

 

 

ツイル(綾織)組織ベースのシャドウチェックです。

経糸(タテイト)にかなりライトトーンのブルー、緯糸(ヨコイト)にミディアムトーンのブルーを使用することでこのチェックを作っています。

具体的にはチェック部分の組織を反転せることで、緯糸(つまりミディアムトーンのブルー)が強く表に出るようにして柄を構築しています。

という具合に「組織変化」で作ったチェックなので、チェック自体は力強いもののカラーコントラストが強くないためかなりナチュラルなテイストに仕上がっているのが素敵だと思います。

「遠目には無地に見えます!」と書くと嘘になってしまいますが、無地っぽく上品に見えるのは間違いありません。

またツイル組織ならではの優雅な光沢も魅力だと思います。

「ニューイングランドボタンダウンカラー(あるいはスキッパーカラー) + ミラノカフス + フレンチフロント(裏前立) + ポケットレス仕様」といったスマート&エレガントなカジュアルシャツが「本命」だとは思いますが。。。

バシッとクラシカルなドレスシャツを作ってもスタイリッシュだと思います。

気品あふれる淑女のシャツにも相性抜群だと思います。

 

 

 

右上:SF73755

 

 

イングリッシュジェントルマンが好みそうなブルーのチェックです!

ベースのマイクロハウンズトゥース、力強いウインドウペーン、さりげなくもとても効いているイエローのストライプが三位一体となった逸品です。

今日の「僕のイチオシ」はこちらです。

これは相当に作ってみたいです!

作るとすれば「スタンダードワイドカラー + フレンチカフス(ダブルカフス)」あたりでヴェリーイングリッシュにまとめたいですね!

カラー&カフスをホワイト無地にする選択肢もあると思いますが。。。

この素材のカッコよさを最大限に活かすためには変えない方がいいかな?

でも、そうだとしてもカラーの裏面とフレンチカフスの内側はイエロー系のフラワープリント素材にしたいですね。

それから、ヨークがいいでしょうか、イエロー糸でスカルかバラの刺繍を入れるなど遊び心を散りばめたいです!

絶対にスーパークールなシャツに仕上がると思います。

タイドアップする際にはイエロー系のネクタイ、そしてイエロー系のカフリンクス(あったかな?)を合わせたいです。

組織はポプリン/ブロード(平織)です。

ありがとうございます、こちらは完売しました!

 

 

 

右下:SF73675

 

 

美しいブルーグラデーションのグレンチェックです。

ひとつ上でご紹介したSF73755同様にイングリッシュジェントルマンが好みそうな色柄ですよね!

こちらもベースはポプリン/ブロード組織です。

インパクトは強めながらもとっても知的なシャツに仕上がると思います。

オススメはより知的さが強調されるクラシカルなドレスシャツですが、カラー&カフスをブルー系のフラワープリント/ペイズリープリント素材にしてアヴァンギャルドにまとめるのも大いにアリだと思います。

Libertyコレクションにこのグレンチェックに合いそうなカラーリングの素材がたくさんあるんですよね!

Libertyとのコンビネーション。。。

すご〜くいいと思います!

*Libertyの素材はカラー&カフスにも使えます(一部在庫が少なくなっている素材は使えません)。

ありがとうございます、こちらは完売しました!

 

 

 

左下:SF73810

 

 

ツイル組織&ブルーグラデーションのハウンズトゥースです。

かなり粗めのツイルなのでアウター的に使うシャツにオススメです!

ダークトーンのブルーグラデーションですのでアウター的にも使いやすいと思います。

具体的には、ゆったり目フィッティング&長め着丈のバンドカラーシャツあたりでしょうか。

あるいは、ゆったり目フィッティング&Lボトム(ストレートカットヘム)のテイラーカラーシャツもいいかもしれません。

テイラーカラーは開襟衿のようなデザインのカラーでブルゾン風に羽織るシャツにとってもいいんですよね!

その場合はフラップ付き胸ポケットを左右に付けたいですね。

カフスは短め巾(6.0cm)のスクウェアシングルボタンカフスがいいと思います。

このデザイン/仕様だとかなりアウターっぽくなるはずです。

もちろんジャストフィットのシャツを作っても素敵に違いありません!

ありがとうございます、こちらは完売しました!

 

以上です。

 

次回は大充実のチェックを更に深掘りしたいと思います。

乞うご期待ください。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

THE STONE ROSESのThe Stone Roses(1989年作品)は今日まで!

DENNIS MORRISのフォトエキシビションは12.27 Tueまで(まだの方はぜひ見に行ってみてください!)ですが、他に聴きたい音源があるのでひとまずは今日で終わりにしようと思います。

リアルタイムでは夢中になることがなかったTHE STONE ROSESですが、今回かなり聴き込んだことで彼らの素晴らしさを堪能することができました。

もちろんこれまでにも本作は何度も聴いたことがあるのですが今回が一番響いた気がします。

 

 

 

 

では、僕が最も好きな曲のひとつである6曲目収録のElephant Stoneのライヴ動画をどうぞ。

 

 

良曲ですよね〜〜!

 

 

 

 

20th. Dec. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Category

Recent Entry

Archive

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.