Ryoji Okada Official Website

Diary

「オーダーシャツ×2枚=¥17,600~キャンペーン」のおすすめ着分ご紹介! vol.7: Domestic solid # 2

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

7月の水曜日は15:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coat作りました!

 

 

No Surrender:僕の最新スーツ&ボトムス

 

 

“A lot of T-shirts on a shirt”:僕の最新シャツ&マスク

 

 

“♡ Camo” silk 新色の既製品ネクタイ入荷しました!

 

 

“♡ Camo” silkの新色2カラーで小粋&洒脱な新アイテムCravattino/クラヴァッティーノを作りました!

 

 

現在発売中のLightning 8月号にRYOJI OKADAが大フューチャーされています!

 

 

ご予約受付中!”♡ Camo” の傘(既製品)作ります!

 

 

<オーダーシャツ2枚=¥17,600~キャンペーンおすすめ着分ご紹介記事>

  vol.1:国産無地

  vol.2:Thomas Mason

  vol.3:Albini

  vol.4:Canclini, Monti and Somelos

  vol.5: Domestic big stripes

  vol.6: Domestic plaid

  Extra edition:国産スワッチ全マーク

 

 

 

 

 

いよいよ今日は2021 NBA Final Game 6です🏀

もしMILが勝利すれば悲願の50年振り2度目の優勝、優勝候補筆頭に挙げられてから3年目での頂点、久し振りの「生え抜きエース」を擁するチームの優勝になります。

もしPHXが勝利すれば、PHXのホームで行われるGame 7に進みます。

目下3連勝中なので当たり前かもしれませんが、この3ゲームはMILが地力の差で勝利しているように見えます。

加えて、シリーズ自体もリードしていますし、今日はホームゲームですし、今POは何度もタフな状況を跳ね返して勝利を掴んできました。

そう考えると勝利は十分に可能だと思います。

しかしながら、負ければ終わりのPHXも必死なことは間違いありません。

そして、もしもGame 7に進んだ場合には、それはつまり「ホームで負けた後の敵地」となる訳で、そうなるとまったく話が変わってくることも間違いありません。

つまり、MILは何がなんでも今日決めてしまいたいところです。

3連勝中ですから大きく戦術を変える必要はまったくないと思いますが、リードされた局面で「今日決めないとヤバい!」という焦りが出るとミスが重なる可能性があります。

ということはやっぱり序盤からリードを奪って逆にPHXを焦らせるようなゲーム展開をすることが理想ですね!!

C.PaulとD.Aytonはそこそこ抑えることに成功しているので怖いのはD.Bookerとシューター陣ですね。

特にD.Booker(とC.Paul)はフロップが得意ですからね、バックコートDの要J.HolidayとP.J.Tuckerが早々にファウルトラブルに陥ることがないように気を付けたいところです。

いずれにしても、どうにかして今日も勝利を掴み取って欲しいです!!!!!

Go! BUCKS!

 

 

 

 

ところで。

「6」といえば。

今日は2日振りに「オーダーシャツ2枚=¥17,600キャンペーン」のおすすめ着分ご紹介を!

7回目(Thomas Masonの補足を入れたら8回目)となる今日は、国産無地6マークです。

国産無地は初回にもご紹介しているのですが、実は初回ご紹介分はベイジュのヘリンボン以外全マークが完売しているので再度おすすめをご紹介したいと思った次第です。

*会期初日は2着分在庫があったベイジュのへリンボンも残り1着分のみとなっております。

ご覧の通りどれも素敵な着分ばかりですので、ご来店の際にはぜひともじっくり見てやって下さい!!

では、早速ご紹介しましょう。

*すべて1着分あるいは2着分のみの入荷ですので完売の際にはご容赦下さい。

*お電話/e-mail/SNS等でのお取り置きも承っております。

 

 

 

 

↓こちら↓の6マークです。

 

 

いずれも個性あふれるナイス着分ばかりです!

いろいろとイメージが膨らみますよね!!

2着分在庫があるのは上から二番目のデニムのみで、他の5マークは1着分のみの在庫です!!!

ではでは、全6マークを個別の寄り画像で見ていきましょう。

あ、ホワイトとブルーの無地もとても充実していますのでそちらはまた別日にご紹介します。

 

 

 

では、個別の寄り画像をどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

上:ポプリン/ブロード(平織)組織のブラウン無地です。既製品ではまず見つからなそうな、そして、通常コレクションにもまず収録されることがないような赤茶色がなんとも個性的な素材です。僕ならカラー&カフスをベイジュ無地素材にしたドレススタイルのシャツを作るでしょうか。今日ご紹介する6マーク中、最もじっくり「料理」したい1枚ですね!

上から二番目:ブラックデニムです。ただし、素材情報には「ネイヴィブルー/ブラック」と記されているのでネイヴィブルーの糸も入っているのかもしれません(僕にはブラックにしか見えません汗)。例えば胸ポケットを左右につけたりエポーレットをつけたカジュアルシャツはもちろんのこと、クラシカルなドレスシャツを作ってもとてもスタイリッシュだと思います。上述の通りこちらは2着分在庫があるのでロングシャツ等の対応も可能(アップチャージ¥2,200)です!

上から三番目:ライトグレイのジャカードハウンズトゥース/千鳥格子(ではなくて風車柄ですかね?)です。「今日の僕のイチオシ」はこれです!洗練されたシャープなデザインのドレスシャツが作りたいですね。具体的にはカッタウェイカラー + ミラノカフス + フレンチフロント(裏前立)あたりでしょうか。間違いなくクールに仕上がると思います!ありがとうございます、こちらは完売いたしました!

上から四番目:ミニ市松模様のパープル無地です。高貴かつ優しいパープルなので淑女にもおすすめです。淑女ならば凛としたスキッパーカラーシャツ、紳士ならばクラシカルなドレスシャツ仕様がおすすめでしょうか。意外やルーズフィッティングのバンドカラーシャツあたりもいいかもしれません。

上から五番目:上品で美しい発色のピンクが極めて素敵なシャドウストライプです。ドレスシャツ素材のピンクってかなり淡いのが一般的なのですがこちらはなんとも適度な濃さなのがいいですよね。ツイル(綾織)組織ならではの優雅な光沢も魅力の素材です。こちらももちろん淑女にもおすすめです!

下:ライトグリーンの無地です。組織はピンオックスフォードです。僕はこちらで「超きれいなBDシャツ」を作ってみたいですね!具体的には、トラディショナルBDカラー + 大丸カフス + プラケットフロント(表前立)といったイメージでしょうか。背中はセンターにボックスプリーツを入れたいですね。ボタンは二重タライの白蝶貝が「絶対」だと思います。素敵なBDシャツになりそうです!

 

以上です。

 

上述の通り、デニム以外のすべてが「一点モノ」ですのでもしも気になる着分がありましたらぜひとも早めのご来店あるいはお取り置きをお願いいたします。

*お取り置きは最長でも1週間でお願いいたします。

 

最後に当キャンペーンの概要を再度お知らせします!

 

—–

「①縫製工場の閑散期利用」「②国内有力生地商社の協力(国産400本・インポート100本のキャンペーン専用着分と全28マークのキャンペーン専用国産スワッチコレクションをご用意)」「③皆さまのご注文を一定量集めてからの一斉裁断」といった諸条件が整って初めて実現する、また、いつ価格が改変されても不思議ではないスペシャルキャンペーンです!今回もなんとか価格据え置きでの開催を実現いたしましたのでぜひともこの機会をご利用下さいませ。

 

  • – 3枚目以降は奇数でのご注文も承っております。
  • – ピンタック、クレリック、ダブルカフス、フライフロント、貝ボタン、刺繍等々のオプションは別途アップチャージをいただいております。
  • – お出来上がりはご注文の2ヶ月から2ヶ月半後を予定いたしております。
  • – インポート素材は2枚で¥28,600~となります。
  • – バンチブック収録の通常コレクションはキャンペーン対象外となります。
  • – お電話・e-mail・SNS: Facebook/Instagram・Zoom等を使ってのご来店なしでのご注文・お問い合わせも承っております。*詳細はお問い合わせ下さいませ。
  • – ご希望の枚数や色柄等をうかがっての「お任せオーダー」も承っております。*詳細はお問い合わせ下さいませ。
  • – ご来店なしでご注文いただいた際のご決済は「お振込・web上でのクレジットカード決済(VISA/Master/Amex/JCB/Diners等)」で承ります。

 

News!   前回より「Women’s¥1,000アップチャージを撤廃」いたしました!

—–

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

強者の友人とFacebookのMessengerでやり取りをしていたところTHE BLACK CROWESの話が出てきた(というか、8月に観に行くんですって!羨ましい!!)ので、今日からしばらく彼らの音源を愉しみたいと思います。

初日の今日は記念すべき1stアルバムShake You Money Maker(1990年作品)を。

1990年というとMöTLEY CRüEが傑作Dr. Feelgoodをリリースした翌年、NIRVANAがデビューした翌年、METALLICAが通称ブラックアルバムをリリースする前年、PERL JAMが1stアルバムTenをリリースする前年といった時代です。

まさに時代は変革期にありました。

そんな時代にMasa-Itoが「すごいバンドがデビューする!これからはR&R再興の時代かもしれない!」と大々的にプッシュしていたのがこのTHE BLACK CROWES、そしてTHE QUIREBOYSでした。

Masa-Itoは「USAのTHE BLACK CROWES。UKのTHE QUIREBOYS。どちらも叩き上げのR&Rバンド。現代のFACES!」的に紹介していて、僕の記憶によればVJ/DJを務める番組で何度もTHE BLACK CROWESのJealous AgainとTHE QUIREBOYSの7 O’clockを連続で流していました。

あれ、確か「大英帝国の誇り」とTHUNDERを猛プッシュしていたのも同時期だっけ?

あれあれ、1990年前後といえばTHE ALMIGHTYもかなりプッシュしていたような。。。

確かにそうに違いない!

そして、Masa-Itoはその後の経緯/発言から考えるとTHUNDERが最も好きだったに違いない!

まあ、素晴らしいバンドですからね。

ですが、しかし、だとしても、僕はライヴァル的な構図を作った上でTHE BLACK CROWESとTHE QUIREBOYSを同時にプッシュしていたことの方がより強く印象に残っています。

もしかしたら、その4年くらい前に「すごいバンドがデビューする!TESLAとBRIGHTON ROCK。彼らがHR/HMの未来を築くかもしれない!」と同じように2つのバンドをライヴァル的構図で紹介していたからかもしれませんね(笑)。

BRIGHTON ROCKはあまり聴かなかったけれどTESLAはすごく気に入ったな〜〜、Modern Day Cowboyね!

ちなみにですが、THE BLACK CROWES、THE QUIREBOYS、THUNDER、THE ALMIGHTY、TESLA。

この5バンドは全音源を所有しています。。。

そして、全バンドが相当好きです。

Masa-Itoの思うがままですね(笑)。

それはともかく本作です。

デビュー作にして風格すら漂う、そして、完成されたTHE BLACK CROWESスタイルを提示しているのがスゴすぎますね!!

もちろん所々に若さはありますけれどね、それもまたよしですよね。

改めて聴き直しても1. Twice As Hardのイントロ時点ですごくシビれます!!

2. Jealous Againはキャッチーな超良曲&初期の代表曲ですし、3. Sister Luckはデビュー作に収録されているのが末恐ろしい程の懐深い名曲ですし。。。

冒頭の3曲だけでKOされてしまいます。

5. Seeing Thingsも素晴らしい名曲ですよね!

まあ、1990年時点ではね、まだ僕もガキだったからね、B面にあたる6. Hard To Handleと7. Thick N’ Thinの「ノリノリな並び」の方が気に入っていましたけれど。

いずれにしても全曲が名曲、演奏も極上です。

サウンドプロダクションも見事で、THE BLACK CROWESだけでなくプロデューサーGEORGE DRAKOULIASの出世作になったのも納得ですね。

 

 

 

 

では、そのTwice As Hardのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

最高にカッコいい!

この人たちの憧れて、こんなフリル付きのシャツやタイダイのカフタンシャツとか買ったものですよ!

後者は今度の引っ越し前まで持っていましたけれど遂に処分しました。

今更タイダイのカフタンシャツはいろいろとかなり危険ですもんね(笑)。

 

 

 

 

21st. Jul. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.