Ryoji Okada Official Website

Diary

「オーダーシャツ×2枚=¥17,600~キャンペーン」のおすすめ着分ご紹介! vol.2: Thomas Mason

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

7月の水曜日は15:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coat作りました!

 

 

No Surrender:僕の最新スーツ&ボトムス

 

 

“♡ Camo” silk 新色の既製品ネクタイ入荷しました!

 

 

“♡ Camo” silkの新色2カラーで小粋&洒脱な新アイテムCravattino/クラヴァッティーノを作りました!

 

 

現在発売中のLightning 8月号にRYOJI OKADAが大フューチャーされています!

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition 1:Domestic fancy clothes!

  Extra edition 2:Additional collection for ViralOff

 

 

 

 

昨日のカープは「カープ1年目投手の完封リレー」でした⚾️

具体的には「ドラフト3位ルーキー大道投手 → 1年目助っ人バード投手 → 支配下登録1年目投手コルニエル投手 → ドラフト2位ルーキー森浦投手」のリレーでした。

8回裏無死満塁でバード投手のワンポイントリリーフは「絶対に失点するわ!」と思ってしまいました、すみません(笑)。

打っても石原選手や坂倉選手といった若手が貴重な打点を上げる躍動を披露してくれました。

来季につながる1勝ですね!!

今日は森下投手が先発です。

最近は「序盤で失点して中盤以降は立ち直る」という投球が目立ちます。

今日は大道投手に刺激をもらって序盤からスイスイと投げて欲しいですね!

Go! MORISHITA!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「昨日」といえば。

昨日に引き続いて、おとといからお得意様とこのDiary読者様とRYOJI OKADAおよびLOUD GARDENのFacebook page読者様限定で先行開催をスタートした「オーダーシャツ2枚=¥17,600キャンペーン」のおすすめ着分をご紹介します。

今日は僕も大好きな英国ルーツのブランドThomas Mason、現在店頭にある8マークをすべてご紹介します!

*Thomas Masonはインポート素材なので2枚で¥28,600~となります。

*すべて1着分のみの入荷ですので完売の際にはご容赦下さい。

*お電話/e-mail/SNS等でのお取り置きも承っております。

では、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

まずはストライプ4マークから。

 

 

いずれも英国風味が感じられるナイスストライプですよね!

素晴らしい!!

僕は下からの2番目のブルーとイエローのオルタネイトストライプが特に気になっています!!

 

 

 

では、4マークをすべて「個別の寄り画像」で見ていきましょう。

 

 

 

 

 

一番上:ツイル(綾織)組織ならではの優雅な光沢とシックなワインレッドが魅力のストライプ素材です。エレガントなシャツが仕上がること間違いなしの素材です。*こちら以外のストライプ3マークはすべてブロード/ポプリン(平織)組織です。

上から二番目:Red, White and Blueのトリコロールストライプです。これもとっても素敵ですよね!諸般の状況を鑑みるとこれが早速完売しそうな気がしています!!果たしてこの予想は正しいでしょうか??

上から三番目:僕がお気に入り、そして、上から二番目とカラー違いのストライプです。僕はクラシカルデザインのドレスシャツを作りたいです!

一番下:綺麗なブルーとパープルのストライプです。こちらは写真よりも現物の方が更に綺麗です!!端正で高貴なシャツが仕上がると思います。

 

 

 

続いてチェック3マークを。

 

 

これまた素晴らしい!!

特に一番手前のタータンに心奪われている僕であります!!

 

 

 

では、こちらも「個別の寄り画像」を見てみましょう!

 

 

 

 

一番上:ツイル組織ならではの優雅な光沢に恵まれた、そして、美しいピンクが見事なチェック素材です。エレガントでラグジュアリーなチェックシャツが仕上がること間違いなしですね!

上から二番目:トラディショナルなミニギンガムチェック、こちらもツイル組織です。深みのあるレッドがとてもスタイリッシュな素材です。

一番下:8マーク中の「イチオシ」です!10日ほど様子を見てどなたも作らなければ僕が作ります!!もし機会に恵まれたらカラーとカフスをブラウン無地にして作ろうかな??カラーはラウンドタブカラーが雰囲気でしょうか??ありがとうございます。こちらは完売いたしました!

 

 

 

 

最後に無地1マークです。

 

 

スーパーに高貴で優雅なピンクのツイル無地です。

このピンク、本当にきれい!!

上品なピンクシャツをお探しの方には絶対のオススメです。

ありがとうございます。こちらは完売いたしました!

 

以上です。

 

実は昨日も3枚分が売れた、つまり、初日は13マークあったThomas Masonです。

Thomas Masonの通常コレクションは平均価格帯が¥19,800は超えてくるはずですからね、30%程度はお安い計算になります。

そして、ご覧の通りにナイス着分ばかりが入荷していますので人気なのも納得です!

ということは、今日ご紹介した全8マークも早々に完売する可能性が少なくありません。

つきましては、もしも気になる着分がありましたらぜひとも早めのご来店あるいはお取り置きをお願いいたします。

*お取り置きは最長でも1週間でお願いいたします。

 

最後に当キャンペーンの概要を再度お知らせします!

 

—–

「①縫製工場の閑散期利用」「②国内有力生地商社の協力(国産400本・インポート100本のキャンペーン専用着分と全28マークのキャンペーン専用国産スワッチコレクションをご用意)」「③皆さまのご注文を一定量集めてからの一斉裁断」といった諸条件が整って初めて実現する「オーダーシャツ2=¥17,600~キャンペーン」お得意様限定で7.9 Friより先行開催いたします!通常開催より1週間早い開催ですのでゆっくりお選びいただけると存じます。また、今回もなんとか価格据え置きでの開催を実現いたしました!ぜひともこの機会をご利用下さいませ。

 

  • – 3枚目以降は奇数でのご注文も承っております。
  • – ピンタック、クレリック、ダブルカフス、フライフロント、貝ボタン、刺繍等々のオプションは別途アップチャージをいただいております。
  • – お出来上がりはご注文の2ヶ月から2ヶ月半後を予定いたしております。
  • – インポート素材は2枚で¥28,600~となります。
  • – バンチブック収録の通常コレクションはキャンペーン対象外となります。
  • – お電話・e-mail・SNS: Facebook/Instagram・Zoom等を使ってのご来店なしでのご注文・お問い合わせも承っております。*詳細はお問い合わせ下さいませ。
  • – ご希望の枚数や色柄等をうかがっての「お任せオーダー」も承っております。*詳細はお問い合わせ下さいませ。
  • – ご来店なしでご注文いただいた際のご決済は「お振込・web上でのクレジットカード決済(VISA/Master/Amex/JCB/Diners等)」で承ります。

News!   前回より「Women’s¥1,000アップチャージを撤廃」いたしました!

—–

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

昨日に引き続きMICHAEL FRANKSに店の湿度を下げてもらいましょう!

という訳で今日は、問答無用の傑作2ndアルバム(実質的には1stアルバム?)The Art Of Tea(1976年作品)を。

プロデュースはTOMMY LIPUMA、バックはTHE CRUSADERS + MICHALE BRECKER + DAVID SANBORN etc.。

これってなんというか。。。

表現が的確かどうかは別として。。。

NOLAでいえば、ALLEN TOUSSAINTがプロデュースでTHE METERS + @がバックバンドといった感じでしょうかね。

洗練されたジャジーな音楽をやるにはこれ以上にないメンバーですよね。

それだけMICHAEL FRANKSの才能は嘱望されていたのでしょう。

そして、その嘱望に見事に応え、MICHAEL FRNAKSは素晴らしい楽曲を用意して素晴らしいヴォーカルを披露しております。

「少しアンニュイな1. Nightmovesからの代表曲2連発2. Eggplant → 3. Monkey See – Monkey Do」という冒頭の3曲がまず最高ですよね。

その後の楽曲も良曲ばかりです。

グルーヴィな6. Jive、シングルカットされた7. Popsicle Toes、静かに情熱的な美曲9. Mr. Blueあたりも至極よく出来た曲です。

この人の楽曲と相性抜群なJOE SAMPLEのコロコロしたピアノの心地よさも堪らないものがあります。

久し振りに聴きましたけれど本当にいいアルバムですね。

夏のドライヴ、避暑地でのBGM 、そして、ロックで熱いテイラーのクールダウン(笑)に最適な作品です!

 

 

 

 

では、僕のお気に入りMonkey See – Monkey Doをライヴ動画でどうぞ。

 

 

サイコーですね!

この人の生ライヴは観る機会がなかったなぁ。。。

でも、現在も活動中だし、日本での人気が高い人だし、まだ可能性はあるな!!

 

 

 

 

11th. Jul. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.