Ryoji Okada Official Website

Diary

“♡ Camo” silk c/# blueの既製品ネクタイを追加生産しました!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

オーダーシャツのオプションフリーキャンペーン開催中です。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

“♡ Camo” silk 新色の既製品ネクタイ入荷しました!

 

 

9周年Tシャツの個別オーダー:2回目の〆切本日(6.7 Mon)です!

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition 1:Domestic fancy clothes!

  Extra edition 2:Additional collection for ViralOff

 

 

 

 

昨日行われたMIL@BKNはMINの完敗でした🏀

どんなスポーツでもそうですが、プレイヤーがゲーム中に負った怪我で離脱するというのはまったくもって見たくないものです。

もちろん、そのプレイヤーが応援しているチームの敵側だとしても。。。

そして、昨日のゲームではBKNのJ.Hardenが開始早々にハムストリングの異常/痛みで戦線離脱しました。

J.Hardenといえば、BKNが誇るBig 3の一角を担うスーパースターですよね。

彼がいるといないでは攻撃力がまったく違ってきます。。。

にもかかわらず、そんな状態のBKNになすすべなくじりじりと引き離されて敗れるというのはまったくもっていただけません!

3Pが「ハズレ」の日だった、B.GriffinやJ.HarrisといったBKNのロールプレイヤーたちがしっかりとした仕事をした、K.Middletonの調子が悪かった等々のGame 2ではひっくり返るかもしれない要素があったのも事実ですけれど、「劣勢を跳ね返す策がまったく出てこない」という昨シーズン、一昨シーズンと同じ脆さをいきなり露呈するとはねぇ、先が思いやられます。。。

J.Harden(とJ.Green)は明日も出場出来ないようです。

なんとか修正して明日のGame 2は圧勝して欲しいですね。

Go! BUCKS!

そして、日本時間の今朝4:30にティップオフだった1st RoundのラストゲームDAL@LACは。。。

DALはシリーズ敗退しました。。。

う〜〜〜ん、残念!

このシリーズ、特にGame 3は勝機があったんですけどね〜〜〜。。。

来季はなんとかPOで勝てる布陣を作って欲しいですね。

 

 

 

 

ところで。

「Big 3」といえば。

9周年記念企画の一環、9周年記念アイテムBig 3の一角として “♡ Camo” silkの新色2カラー(ブルーとパープル)でお作りした既製品のネクタイですが、大変にありがたいことに入荷1週間ほどでブルーがラスト1本となりました!

「素晴らしい逸品!」だと信じて作っている身ではありますけれど、たったの1週間でぱぱぱぱっ!と「ラス1」になるとはびっくり、嬉しくも光栄なサプライズでした。

僕が購入するのを断念した甲斐がありました(笑)。

そして、もう少し作っておけばよかったなぁ。。。と自身の度胸のなさっぷりを嘆きました(泣)。

という訳で!!

残り1本になって時点で、つまり4週間ほど前に追加生産を開始、おととい無事に完成したのでお知らせします。

 

 

 

 

↓こちら↓であります!

 

 

 

 

やっぱりいいカラーリングですよね!

そして、合わせやすいカラーリングです!!

また、今回のライニングは鮮やかなレッドのペイズリージャカードにしました。

ブルーとのコントラストがとてもスタイリッシュだと思います。

ちなみに残り1本となっていた第一弾納品分は既に完売済、今回の追加生産分もご予約が複数入っておりましたため入荷早々にして在庫僅少状態です。

現時点で再度追加生産は考えておりません。

つきましては、気になる方がいらっしゃいましたらぜひともお早めにご覧になりにいらして下さいませ。

もちろん、お電話/e-mail/SNS等でのお取り置きも大歓迎です!

 

“♡ Camo” silk necktie(made in Japan):¥14,300

 

パープルの在庫も残り3本と少なくなっております。

9周年のご祝儀にぜひともお願いいたします!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

今日ももちろんJOHN HIATT WITH THE JERRY DOUGLAS BANDのLeftover Feelings

聴けば聴くほど「いいアルバムだな〜〜」となってくる良盤ですね。

あと、いつも以上に細心の注意を払って作られたのかサウンドプロダクションも素晴らしくいいように感じます。

これはもちろんプロデューサーを兼任したJERRY DOUGLASの手腕もあるとは思います(自分のバンドの良い点は知り尽くしているでしょうしね!)が、Nashvilleにある伝説のRCAスタジオBで録音した成果でもあるのかもしれませんね!

もっと優れた音響環境でも聴いてみたいと思いました。

 

 

 

 

では、4曲目収録の素晴らしいカントリーロックAll The lilacs In Ohioのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

この曲は本作用に書き下ろされた曲ではなく、SONNLY LANDRETHを含むTHE GONERSをSlow Turning(1988年作品)以来、12年振りに招集して製作された忘れ難い優良盤Tiki Bar Is Openが初出なんですよね。

THE GONERSとの軽快で爽快でロック寄りのヴァージョンも大好きですが、ブルーグラス的なアプローチのこちらのヴァージョンも最高ですよね!

 

 

 

 

7th. Jun. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.