Ryoji Okada Official Website

Diary

不要となったジャケットをキャップにお仕立て直ししました! vol.2.

Loud Garden / Repair & Remake / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

 “♡ Camo” silkの新色サンプル仕上がりました!

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

4月の水曜は14:00-20:00で営業いたします

 

 

「オーダーシャツ ¥3,000 off キャンペーン」開催中!

 

 

 

 

「不要不急の外出は自粛」な週末2日目。

今日も有要有急(←という文言はないと思いますが。。。)な作業がかなりあるので、そして、来週からお召しになる必要があるジャケットをピックアップにいらっしゃるお得意様がいらっしゃるので、そしてそして、今日受け取って検品を終えたらすぐに出荷すべき荷物が届くはずなので、僕とGorden君の2人体制で今日も通常営業します。

ただ、東京都民、いや、日本国民の健康のための「自粛要請」ですからね、今まで以上に換気と消毒(消毒関係の液体がまったく買えないので、現在は某TV番組が教えてくれたキッチンハイターを薄めて作った自作の消毒液を使用しています)をしっかりして、絶対に今日中にやらなくてはいけないワークがないスタッフには休んでもらって、Gorden君も今日中に仕上げる必要がある作業に要するであろう時間のみの出勤にしてもらって、「少しでも都知事の要請に応えられるような通常営業」を出来るよう強く心掛けます!!!

ちなみに1日目だった昨日ですが。。。

お得意様にとって完全に「不要不急ではない」ご来店が複数ありました。

そして、FBのメッセンジャー経由で、ブルゾンタイプのワークジャケット1着とシャツ1枚のご注文をが入りました!!!

ワークジャケットはいつもメッセンジャーでご注文を下さる&現在ボトムス1本とシャツ2枚を制作中のお得意様K様、シャツは大学時代のアルバイト関係の友人で和製CHIRS ROBINSONと呼ばれる秀才?天才?A君からのご注文でした。

K様はここ数日やり取りをしていたのですが、僕のいつもながらくどくどと長い説明文やたくさんのご提案にご辛抱いただいてのご注文。

A君は昨日このDiaryでご紹介したシャツを見てのご注文。

まったく異なる経緯だけれど、いずれも本当に、最高に、心底からありがたいです!!!

心より御礼を申し上げます!!!

 

 

 

 

ところで。

「2」といえば。

今日は、先日ご紹介した「諸般の事情で不要になったジャケットをキャップ/ハットに作り直す」リメイク紹介の第2弾をご紹介します😊

前回は8枚ハギのキャスケットタイプだったのですが、今回はハンティングタイプのキャップを作成しました!

着ることはなくなったけれど、捨てるのは忍びないアイテムに新たな息吹を与える。。。

とってもいいですよね!

たくさんのそういうアイテムを持っている僕もいつかやろうと思っております!!

では、早速ご紹介しましょう!!!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

 

 

とても素敵ですよね!

「天井」はジャケットを解体して取れる最大巾を勘案して3枚ハギにしたのですが、それが既製品とは違う感じがするとてもいいアクセントになっていると思います😊

もちろん、ライニングも残布を使いましたのでとってもエコフレンドリーであります😊😊

うん、僕もどこかのタイミングで着なくなったジャケットをキャップにしよう!!

 

 

 

ちなみに、解体後のジャケットは↓こんな↓です!

 

 

 

結構使っていますよね!

そして、このジャケットもなんかアヴァンギャルドで危険な香りがする。。。

ちょっと手直ししたら着れそう!!

という気がするのは僕だけでしょうか???

 

 

 

 

それはともかく。

O様、いつも本当にありがとうございます!

次はチノクロスパンツが仕上がりましたらまたご連絡いたします!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

ここ数日CHRIS ISAAKの音源を楽しんでいたのですが、同じCHRISでもROBINSONの話題が上で出ましたので、今日はTHE BLACK CROWESを!

10年前までならば、1stか2ndか5thを手に取っていたに違いないのですが、今日は何故か3rdのAmorica(1994年作品)をセレクトしました。

リアルタイムではあまりピンとこなかったんですけれど、LOUD GARDENをオープンした前後あたりから、本作はすごくお気に入りになっています😊

いわゆるチャートを駆け上がる、あるいは、ライヴの本編終わりやアンコールで披露されるようなキラーチューンに恵まれた作品ではないけれど、全編にわたって楽曲が素晴らしいし、バンドの演奏とサウンドプロダクションも極上です!!

THE BLACK CROWES史上最もクールな作品ではないでしょうか。

 

 

 

 

では、本作の個人的なハイライトチューンHigh Head Bluesをライヴ動画でどうぞ!

 

 

凄まじくかっこいい!!!

そして、A君が歌ってる〜〜〜〜(笑)。

 

 

 

 

29th. Mar. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.