Ryoji Okada Official Website

Diary

「Hバックル」に合うベルトを2本お作りしました!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Repair & Remake / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

8月は「水曜日・木曜日定休」に戻して営業します。

 

 

「8周年記念蜂Tシャツ」最新在庫情報!

 

 

「Abbey Roadシャツ(とマスクとバンダナ)」作りました!

 

 

Jean Michel Basquiat’s fabric/バスキアの素材入手しました!

 

 

 

 

昨日、8.17は私の誕生日でありました!

1年365日、どの日も同じかもしれませんが、8.17生まれの著名人ってなかなか悪くない感じなんですよね!!

ちょっと挙げてみましょうか😊

まずはRobert De NiroとSean Penn、僕も大好きな個性派&大俳優のふたりです!

ただただ同じ日に生まれたというだけですが、なんだか少し誇らしいです(笑)

Nelson Piquet(F-1)、Jim Courier(テニス)、Jorge Posada(野球)、Carlos Newton(MMA)、Thierry Henry(サッカー)、Dustin Luis Pedroia(野球)といった、通好みのアスリート(「カープ枠」は最後に!)も8.17生まれです!!

そして、日本人では蒼井優さんと戸田恵梨香さん、美しき若手演技派女優両巨頭(ですよね?)が8.17生まれです。

昨日まで知らなかったのですが、このおふたかたには急に親近感が湧いてきました、まったくもって現金な男であります(笑)。

が、しかし、「肝心の」ミュージシャンに8.17生まれはあまりいなくて、著名どころではEric JohnsonとBelinda Carlisleくらいになります。。。

あ、華原朋美さんもそうだ!

意外なところではかつて中華人民共和国のトップに君臨した政治家江沢民氏もそうなんですね!

まだ93歳でご存命のようです。

政治家といえば、松浪健太さんは生まれた年まで一緒です!

音楽好きなところまで共通しています😊

しかも、ご縁をいただいてスーツとシャツを何着も作っていただきました!!

最後に我が広島東洋カープ関連の8.17生まれの人物をふたり!!

まずは、我々カープファンが「安仁屋算」と呼ぶ超ポジティヴな机上の空論がトレードマークの元投手/コーチ/監督かつ現評論家/解説者の安仁屋 宗八翁、そして、今季遂に打撃開眼か!と思われたものの現在は極度の不調に陥っている堂林翔太選手です!!

その堂林選手ですが、ここ数試合は本当に状態が悪そうですね。。。

外に逃げる低めの球に手が出てしまう悪癖が出ているようですし自信も失いかけているように見えます。

明らかな失投をミスショットするシーンも目立ちます。

あれだけ打っていたので相手チームが研究したというのもあるでしょうし、(一度は送球難で諦めた)三塁手で先発→試合終盤では守備固めで一塁手という起用方法と定まらない打順等の影響で、打席に立つ以前の難しさや疲労があるのかもしれませんね。

とはいえ、それは首脳陣が「不動の打順&守備位置で起用するほどの信頼感」をまだ持っていないという自ら招いた背景がある訳ですから仕方がないですね。

ここはひとつ、なんとか持ち直して欲しいものです!

同じお誕生日の安仁屋翁を見習って、前日にめちゃくちゃにお酒を飲んで二日酔いで当日練習に参加するくらいの豪胆さを発揮するのも。。。なしですね(笑)。

いずれにしても、今日はお休みなのでじっくり休養して英気を養って欲しいものです!

 

 

 

 

ところで。

「広島東洋カープ」といえば。

今はCがトレードマーク(?)ですが、かつてはHでした!

という訳で今日は、先週お渡ししたばかりの「Hバックルのベルト」をご紹介します。

お得意様からの「過去に購入したベルトのレザー部分が劣化してしまったので、バックルは生かしてレザー部分だけ新たに作りたい」というご要望を受けて作ったベルトです。

天下のエルメスさん謹製のベルトなのですが、構造が少し特殊でしたのでベルト工房にいろいろと工夫してもらって作ってもらいました!

結果、とってもきれいに仕上がりました!!

これにて、恐らくまた10年くらいはガンガンお使いいただけると存じます😌

では、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓はお持ちいただいた「元の状態」です。

 

 

この画像では分かりにくいのですが、レザー部分がかなり経年劣化してしまっています。

でも、ご覧の通りにバックルは(小さな傷こそ入っていますけれど)かなり状態がいいです!

確かにレザー部分だけ新調出来たらなぁ。。。と思いますよね😊

だって、このバックル、とってもかっこいいですもん!!!!

だけでなく、とてもエレガントですもん!!!!

それはともかくレザーの最も傷んだ部分を「寄り画像」で見てみましょう。

 

 

 

特に劣化が激しかったのは↓この辺り↓です。

 

 

ステッチを縫い直す応急処置的なリペアも可能でしたけれど、レザー自体がかなり傷んでいましたので根本治癒/新調する方向で承りました!

という訳で、出来上がった2本(ブラックとチョコ/ダークブラウン)をご紹介しましょう!!

 

 

 

まずはブラックです。

 

 

元々のエルメスさんのベルトはリヴァーシブル仕様だったのですが、バックルを2つお持ちなことと普段からリヴァーシブル使いをしていらっしゃらなかったことから、今回はブラックとダークブラウンをそれぞれ1本ずつつお作りしました😊

とはいえ、反転させてリヴァーシブル使いが出来るようには仕上げてはおります😎

左端に置いてあるのはベルトと同じレザーでお作りしたキイホルダーです!

オーダーメイドならではの「おまけ(無料)」です。

それはともかく、本当に素敵なベルトですよね!!

 

 

 

続いてチョコ/ダークブラウンです。

 

 

僕の撮り方がまずくこの写真ではかなり黒っぽく見えますがちゃんとブラウンです!

 

 

 

この「レザー部分を2枚通す箇所」の高さが低めだったので作成に少し苦労したようです。

 

 

具体的には、通常のベルトの厚みだと2枚通すことが出来ない高さだったため、芯地を薄くするなどの工夫を施して作成しています。

また、元々のエルメスさんのレザー部分はこれより更に薄かったのですが、そして、今回もエルメスさんと同じくらいの薄さにすることも可能だったのですが、「堅牢度」を考えてこの厚さでお仕上げしました!!

ちなみに、デザインはエルメスさんをほぼ「完コピ」です😎

これってもはや完全なるフルオーダーですね!?

 

 

 

 

以上です。

気に入ったもの/良質なものを購入してそれを長く使う。。。

とっても素敵なことですよね!

LOUD GARDENはかような「再生」オーダーも承っております。

ご体型の変化や経年劣化等で、現状では着用が難しいものの処分してしまうには残念な愛着品がありましたらぜひともお気軽にお問い合わせ下さい。

技術的に出来る再生でしたら絶対にお断りしません!!

 

F様、いつも本当にありがとうございます。

また諸々仕上がりましたらご連絡いたしますのでもうしばらくの間だけお待ち下さいませ。

そして、猛烈な暑さが続いております、どうぞご自愛下さいませ。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日のLOS LOBOS音源はオフィシャル音源としては初めてリリースされたライヴアルバムLive At The Fillmore(2005年作品)です。

音楽業界ではしばしば見かける「叩き上げのライヴバンド」という表現が最も似合うLOS LOBOSのライヴ盤ですかね、悪かろうはずがありません!

選曲もバッチリですし!!

もしも敢えて難癖をつけるとすれば「尺」でしょうか。

きっと実際のライヴはもっと長いのでしょう。。。

なので、ぜひともいつか丸々ライヴ一本がコンパイルされた2枚組、あるいは、ライヴのBox Set等をリリースして欲しいですね!!

というか、生ライヴが観たいです。。。

本作を聴けば聴くほどその想いは強くなります。。。

いつか必ず!!!!

 

 

 

 

では、本作のエンディングトラックいして唯一のカヴァー曲What’s Going Onをスタジオライヴ動画でどうぞ。

 

 

DAVID HIDALGOの歌の素晴らしさよ!

 

 

 

 

18th. Aug. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



Category

Recent Entry

Archive

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.