Ryoji Okada Official Website

Diary

Very pop and exciting “Folk Tails” shirt

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

11月・12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

“♡ Camo” umbrellas 試作品完成しました!ご予約受付です。

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

 ⑬ Tower Bridge by Wain Shiell

 

 

 

 

いよいよ始まった日本シリーズ⚾️

先日もちらっと書いた通り、贔屓チームのカープと同リーグのSを応援したい気持ちもありますが今年に限ってはカープ関係者が複数(水本ヘッドコーチと梵打撃コーチ)いるBを応援しようかな?と思って初戦をチェックしました。

Bは(今や日本球界最高の投手となった)山本投手が先発する試合をもしも落としたら「まずいぞ!」となるに違いないので、昨日は「何がなんでも勝利する!」という初戦だったのではないでしょうか。

山本投手も緊張があったんじゃないかなぁ。

果たして。。。

「何がなんでも勝利する!」という執念を感じさせる劇的な逆転サヨナラ劇でBが勝利しました!

素晴らしい猛攻でした。

僕はパ・リーグの試合をほとんど見ていないのでどういう選手なのかは不明なのですが、あの局面で代打出場した助っ人ジョーンズ選手が四球を選んだのは大きかったと思います。

失礼ながら併殺打か三振の可能性が高いと思って見ていました!

今年カープにいたクロン選手だったら間違いなくアウトコース低めを空振りしていましたね(笑)。

いや、クロン選手にもどこかでまた活躍して欲しいのですが。。。

いずれにしてもBはこれで勢いがつきました!!

今日も勝利すれば一気にいくかもしれませんね。

一方のSは痛恨の一敗でした。。。

巻き返しには塩見選手の大躍動が必要な気がしますがどうでしょうか。

今日は宮城投手と高橋投手が先発です。

どちらも快投してエキサイティングな試合を作って欲しいものですね!

 

 

 

 

ところで。

「エキサイティング」といえば。

今日はとってもポップでエキサイティングなシャツをご紹介します!

民族的なウォールアートと “There Was An Old Lady Who Swallowed A Fly” という詩からインスパイアされたLibertyの最新柄Folk Tailsでお作りしたシャツです。

ガッシュで描いた草花や動物、昆虫たちがとても可愛らしい、そしてどこか品のあるいかにもLibertyらしいプリント柄の素材をドレッシーなデザイン/仕様で「料理」したとてもスタイリッシュな1枚、「インパクトあふれる素材のシャツもカラー&カフスをホワイトにするだけでクラシカルな面持ちになる」というファッション業界の定説を見事に証明する1枚です。

では早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

 

 

極めてアーティスティックでなんとも楽しい柄の素材ですよね!

デザインは「カッタウェイカラー」「大丸カフス」「胸ポケットレス」「フレンチフロント(裏前立)」でお仕上げしました。

エレガントな二重タライデザインのマザーオブパール/白蝶貝ボタン、ゴールド糸で左カフスに入れた四葉のクローバー刺繍といったオーダーメイドならではのディテールも見逃せません!

 

以上です。

 

Nさん、先日は嬉しいお祝いの席を本当にありがとうございました。

心より御礼を申し上げます。

こちらのシャツはもう少しAD用に店頭でキープいたします😉

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もBRUCE SPRINGSTEEN AND THE E STREET BANDのThe Legendary 1979 No Nukes Concertsを。

通常はしばらくDisc 1を聴いてからDisc 2に移るのですが、本作は日替わりでいこうと思います!!

それぐらい楽しみにしていたということで!!

という訳で今日はDisc 2です。

 

  • 1. Rosalita (Come Out Tonight)
  • 2. Born To Run
  • 3. Stay (Featuring JACKSON BROWNE And TOM PETTY)
  • 4 .Detroit Medley
  • 5. Quarter To Three
  • 6. Rave On

 

Disc 1の収録の7曲Disc 2の1. Rosalie (Come Out Tonight) と2. Born To Runを合わせた9曲が本編(イヴェント構成上時間が限られていたようですね)で、3. Stay以降のカヴァー曲がアンコールだそうです。

Born To Runもサイコーですがアンコールもかなり「ヤバい」ですよね〜〜!

この時の熱狂を体験出来た人たちが羨ましい限りです。

しかしながら。。。

リリースを知った時に「まあ、そうはいってもね、40年以上前のライヴ音源でしょ?ファンからすればめちゃくちゃ嬉しいけれどBOSSを知らない音楽ファンに届くような内容かしら?」などとちらりとでも思ってしまった僕ですが。。。

大間違いでした!

全音楽ファンに聴いて欲しい熱いライヴ盤です!!

サウンドプロダクションも極めて良好、古さをまったく感じさせません。

 

 

 

 

では、これまた熱過ぎる本作のトレイラーをどうぞ!

 

 

いやはやかっこいいトレイラーですよね〜!

 

 

 

 

21st. Nov. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.