Ryoji Okada Official Website

Diary

Very handsome and dandy melange grey suit!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

4月・5月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

 

 

早期完売必至! “♡ Camo” silkの新色(シルヴァー) & 復刻色(レッド)仕上がる!

 

 

“Premium Cordovan Belt” fair開催中!

 

 

 

 

昨日がNBA Playoffs 2019の初陣だったMILですがDETに35点もの差をつけて大勝しました。

DETはエースB.Griffinを欠いているとはいえね、こちらもM.Brogdon、T.Snellといった主力(に加えてP.GasolとD.DiVincenzoといった明確な役割がある脇役)が戦線離脱していますから、昨日の大差はそのまま実力差と捉えても差し支えないのでは?とゲームを見て思いました。

まあ、1位シードと8位シードの対戦ですから実力差があるのは当たり前かもしれませんけれど。。。

それはともかく、G.Antetokounmpoを筆頭にした先発陣の状態はかなり良さそうですし、G.HillやP.Connaughtonといったベンチメンバーも躍動しましたし、RSの最終11ゲームを怪我で欠場したN.Miroticが戦列復帰してまずまずな動きを見せましたし、B.Griffinはシリーズを全休するようですし、圧勝でCSFに駒を進める可能性が高まってきました😊

RSの終盤、そして、昨日の感じからすると、タフなシリーズを制して上がってきた消耗が激しいBOS(あるいはIND)ならCSFもさほど問題はなさそうに思えます。

恐らくTOR相手となるであろうCFで冷静沈着かつDに優れたM.Brogdonが復帰出来。。。となれば最高のシナリオなのですがどうなるか。。。

Go! BUCKS!

 

ちなみに昨日は他の3ゲームも上位シードチームが勝利しました。

今日はBKN@PHIとLAC@GSWの2ゲームです。

PHIはもし今日も敗れるようなことがあると暗雲が垂れ込めてきますね。。。

GSWは今日も勝つでしょう!

とにもかくにもエキサイティングな季節です!!

引き続きNBAを楽しみましょう!!!

 

 

 

 

ところで。

「TOR」といえば。

カナダ🇨🇦

「カナダ」といえば。

今日は10日ほど前にお渡ししたメランジグレイのスーツをご紹介いたします。

5年前くらいからご来店いただいている超ハンサム&ダンディなカナダ人のお得意様A様からのご注文品です🇨🇦

A様、腰回りの骨格がかなり特徴的なため初期はパンツの脇ポケットの収まりにかなり苦労をしました(母国で仕立てていた時もそうだったとのことでした)が、今ではバッチリ!

今回も「Perfect!」との大変に嬉しいお言葉をいただきました😊

という訳で早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

こちらです。

 

 

現存する世界最古の毛織物業者といわれるPiacenza社の100% Super 130’s Wool(250gm)素材でお仕立てした一着です。

美しくも繊細な杢糸使いのミディアムグレイがとても素敵な素材です。

強撚糸使いが産む独特のシャリ感と防シワ性、ナチュラルストレッチ機能も嬉しい限りですね😊

もちろん素敵なのは素材だけではありません!

スマートでモダンなデザイン、計算し尽くされた絶妙なバランス、鍛え抜かれたA様のご体型に合わせたシャープなタイトシルエット等々も素敵極まりないのであります!!

そんなスーツですから、上の画像のようにトルソに着せつけただけでも十分にスタイリッシュなのですが、スマート&ハンサム&ダンディなA様がお召しになると本当に最高にかっこいいのであります!!!

ちなみに、A様のお嬢様のEちゃんは最高にチャーミングです♡

 

 

 

ライニングはシック&ラグジュアリーなペイズリーをセレクトなさいました。

 

 

表素材との相性も抜群ですね!

 

 

 

スリーヴボタンです。

 

 

– リアルホーン(本水牛)ボタン
– リアルボタンホール(本開き切羽)
– スランテットボタンホール
– 色違いボタンホール

 

はい、いずれもアップチャージなしのディテイルです😉

 

 

 

 

以上です。

A様、いつも本当にありがとうございます!

今後とも当店を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日もまたTHE WATERBOYSのライブアルバムKarma To Burn(2005年作品)を。

録音は2003年から2004年だから今から約16年前かぁ。

なんだか最近のライヴ動画や昨夏イングランド郊外で観た生ライヴよりも大人っぽい(?)というか、静かな感じがします。

もちろん極めてエモーショナルなんだけれど。。。

そういった意味でも本作は、味わいが極めて深く、豊かな滋養に満ちています😊

あ、それは最近のライヴもそうか!?

 

いずれにしても、最近のMIKE SCOTTとTHE WATERBOYSは、いい意味で年甲斐もなくヤンチャ過ぎるんですよね、きっと(笑)。

僕も年甲斐もなくヤンチャしなきゃ!!

という訳で、ヤンチャなおっさんたちのライヴアルバムもリリースして欲しいな!

 

 

 

 

では、若かりし頃、1989年のフルライヴ動画を!

 

 

最高!!

そして、この帽子。。。欲しいな〜〜〜〜!!

 

 

 

 

16th. Apr. 2019

Ryoji Okada

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.