Ryoji Okada Official Website

Diary

Very cool and stylish double-breasted blazer!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

9月・10月・11月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coat作りました!

 

 

“♡ Camo” silk 新色の既製品ネクタイ入荷しました!

 

 

“♡ Camo” silkの新色2カラーで小粋&洒脱な新アイテムCravattino/クラヴァッティーノを作りました!

 

 

ご予約受付中!”♡ Camo” の傘(既製品)作ります!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 

 

 

 

昨日の大谷選手は打者としては「よっしゃ!」でしたけれど投手としては少し残念でしたね⚾️

まあ、でも、B.Ruth以来103年ぶりの偉業となる「2桁本塁打 (既に達成)+2桁勝利(あと1勝)」は時間の問題でしょう。

登板機会は最低あと3回はありますもんね。

問題は50本塁打ですね〜〜〜。

昨日で44号、残り試合から計算すると4試合に1本だと達成出来ません。。。

という訳で、先発登板の翌日はよく本塁打を打つ大谷選手、今日のアットバットに期待しましょう!!

それにしても103年ぶり、つまり1918年ぶりってすごいですよね。

1918年を調べてみたら大正7年、第一次世界大戦が終戦を迎えた年、ロシア革命の2年後、田中角栄の生誕年、スペインかぜが大流行した年とのことでした。

音楽ではG.Pucciniの三部作:Il tritticoが初演された年で当然まだロック&ロールは生まれておらずジャズすらも創成期にありました。

スポーツではNFL(1920年創立)NBAは(1945年創立)は存在していませんでした。

*もちろん競技自体は既に存在していました。

それに引き換えNHLは1917年創立と意外や長い歴史があるんですね!

そしてMLBは1908年創立とアメリカの所謂4大スポーツの中では最も古いようです。

という1918年って。。。

つまるところ「超昔」ですよね。

考えてみたらB.Ruthって僕が幼少の時、つまり50年くらい前の時点で既に偉人/歴史上の人物でしたもんね。

とにもかくにも今日も大谷選手の一発に期待しましょう!!

Go! OHTANI!

 

 

 

 

ところで。

「1918年」といえば。

今日はミラノにラグジュアリーなブティックを構えていることでも有名なLarusmiani/ラルスミアニ社の極上100% Cotton素材でお作りしたクールでスタイリッシュなダブルブレステッドブレザーをご紹介します!

このLarusmianiはかなりの老舗で1922年に創業しています。

大谷選手が打ち破るであろう大記録をB.Ruthが作った4年後ですね。

ちなみにこのLarusmianiとは少しだけ個人的な縁があって、LOUD GARDENを立ち上げる前は「メンズファッションの本場かつ友達がたくさんいるイタリアで仕事をするのもあり得るかな?」なんて思っていた時にデザイナーとして面接を受けたことがあります。

ダンディな副社長との面接まではいったものの採用されることはなかったのですがいい思い出です。

そのきっかけですが、ミラノを拠点にファッションビジネスのコンサルタントやTV番組をやっているイタリア人の友人夫婦と歓談していたら何故か「Ryojiはイタリアでもやれるよ。今度ミラノに来た時に面接をセッティングしよう!」となったなんですよね。

最初はBrioniは候補の筆頭に挙がっていたのですが面接までいけませんでした。

その後、Brioniのデザイナーに抜擢されたのがAlessandro Dell’acquaだったはず、そりゃ無理だわ(笑)。

そういう感じで、Larusmianiを含む複数のブランドと面接をしました。

結局はイタリアに移住する決断が出来なかったのとLOUD GARDENを立ち上げるプランが生まれたのとで面接が実を結ぶことはありませんでしたが、ああやって僕の才能を買ってなんの金銭的メリットもないのに奔走してくれる友人がいることに感激した記憶があります。

日本にも来たんだよね〜〜〜、彼ら。

楽しかったな😊

という僕の話は置いておいて肝心のブレザーをご紹介しましょう!!!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

肩パッドや芯地、ライニング(胴裏のみならず袖裏も)を省略したアンコンストラクテッド仕立てでお作りした軽快な1着です。

クラシカルな「6個ボタン2つ掛けのダブルブレステッド」をベースにしながらも「ハイゴージのセミピークトラペル」「シャツ袖」「パッチ(アウト)ポケット」「黒蝶貝ボタン」といった、仕立ての軽快さをより引き立てるカジュアルテイストの強いデザイン/ディテールを多用してお作りしました。

その成果で「クラシックとモダン」「ドレッシーとスポーティ」が絶妙にフュージョンした逸品に仕上がっていると思います✌️

では、ディテールを「寄り画像」で見ていきましょう。

 

 

 

胸部と肩です。

 

 

 

上述した「ハイゴージのセミピークトラペル」と「シャツ袖」に加えて「英国LBD社のブルドッグライニングを使用してポケットスクウェア/チーフのように出せるようにした胸ポケットの袋地」がポイントでしょうか!

ブルドッグの顔がいいですよね〜〜〜〜!!

 

 

 

下前(左手側の前身頃)のポケットです。

 

 

腰ポケット内/腰ポケット3.0㌢上に付けたエクストラポケットがポイントです!

オーダーメイドならではのナイスディテイルですよね!

 

 

 

スリーヴボタンです。

 

 

  • – 5個仕様のスリーヴボタン
  • – リアルボタンホール(本開き切羽)

 

はい、いずれもアップチャージ不要のディテイルです。

 

 

 

身返し(前身頃の内側)と背中です。

 

 

 

上述もした芯地・肩パッド・ライニング(胴裏のみならず袖裏までも)なしのスーパーアンコンストラクテッド仕立てです。

なのにきっちりとパイピング処理は行っているあたりに職人の矜持を感じずにはおれません😉

 

以上、オーダーメイドならではの遊び心あふれるディテールと職人技を満載にしたブレザーでした。

 

T様、いつも本当にありがとうございます。

次はネクタイが仕上がりましたらまたお知らせいたします。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もまたまたLOS LOBOSの新譜Native Sonsを!

ジャケットのアートワークもそうですが秋の入り口にぴったりな作品ですね。

この人たちは演奏が本当に素晴らしいですよね。

職人でありながら芸術家。

理想のバンドではないでしょうか。

もちろんこの人たちが作る楽曲も素晴らしいのですが、本作はカヴァー集なのでそれは物理的に堪能出来ません。

が、サイコーに素晴らしい作品です!

 

 

 

 

では、THE BLASTERSのカヴァーFlat Top Jointをライヴ動画でどうぞ。

 

 

最高に楽しい楽曲ですよね!

DAVE ALVINは複数音源を所有しているのですがTHE BLASTERSはまったくフォローしていないんですよね。

これ機会に聴いてみたいですね。

 

 

 

 

12th. Sep. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.