Ryoji Okada Official Website

Diary

Very cool and handsome summer jacket!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

8周年記念 “♡ Camo” c/# greyマスク完成しました!

 

 

「8周年記念蜂Tシャツ」の既製品入荷しました!

 

 

「Abbey Roadシャツ(とマスクとバンダナ)」作りました!

 

 

Jean Michel Basquiat’s fabric/バスキアの素材入手しました!

 

 

「オーダーシャツ×2枚=¥16,000」キャンペーン開催中!

 

 

 

 

昨日はちょっとカープの試合を見ましたが、藤浪投手はかなり復活気味でしたね。

少なからずカープ打線が助けた部分がありますし、最終的には7回途中6四球で降板しましたけれど、5回まではかなり良かったのではないでしょうか。

すごい才能の投手ですからね、いろいろとありましたけれど今後はガンガン良い投球をして欲しいですね😎

出来ればカープ戦以外で。。。

一方のカープの先発は即戦力ドラ1ルーキー森下投手でした⚾️

初回に虎の主砲大山選手の2ランを浴びて以降は完璧でした!

修正力、ハートの強さ、そして、力のある球、いずれも本当に素晴らしいです😊

今後の更なる活躍に期待したいですね😉

 

 

 

 

ところで。

「完璧」といえば。

今日は先週末にお渡ししたばかりのサマージャケットをご紹介します☀️

個性あふれるジャケット地メーカーFerla社のメッシュ素材を大身返しのアンコンストラクテッドスタイルでお仕立てした1着です。

オーダーメイドならではの遊び心やこだわりも満載にしていますし、スーパーダンディかつ完璧なるサマージャケットではないでしょうか!?

では、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

ご覧の通り極めて涼しげ!

ながらも、パイピングで「シメて」おりますので、どこかモッズの薫りがする1着に仕上がりました😎

とってもかっこいいです😉

もうちょっと詳しく書きますと。。。

ブラウンサテンのパイピング、茶蝶貝等々、トレンドカラーのブラウンをアクセントに使いました😉

この画像では分かりにくいですがフラワーホール(衿穴)もブラウンの糸を使っています🌹

Vゾーンやボトムス、シューズ等でブラウンを取り入れたら最高に素敵なスタイリングが完成するでしょうね!!

では、ディテイルを「寄り画像」でご紹介しましょう。

 

 

 

カラークロス(上衿裏の生地)も「アクセントカラー」のブラウンにしました!

 

 

しかもチェックにしました!!

ジャケットは無地なのにカラークロスはチェック。。。いいですよね〜〜〜😎

思わず衿立てをしたくなりますね!!

 

 

 

贅沢かつ涼しい「大身返し仕立て」です。

 

 

期せずして、Ferlaのブランドマークもアクセントカラーのブラウンでした!!

素晴らしい(笑)。

 

 

 

スリーヴボタンです。

 

 

– 茶蝶貝ボタン
– 5個ボタン
– リアルボタンホール(本開き切羽)
– スランテッドボタンホール
– 色違いボタンホール

 

はい、いずれもアップチャージ不要のディテイルです😉

 

 

 

 

以上です。

僕も久し振りに軽快なネイヴィブルーのジャケットが欲しくなりました😊

来春に作ろう!!

M様、いつも本当にありがとうございます。

今後とも当店を何卒よろしくご確認下さいませ。

そして、シルクサッカーもぜひともご検討下さいませ😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

少し前に堪能したLYLE LOVETT。

今思い出しても素晴らしいSSWです!

という訳で今日は、そのLYLE LOVETTがゲストシンガーとして参加しているVINCE BELLの極上1stアルバムPhoenix(1994年作品)を。

デビューアルバム制作中の1982年に、飲酒運転で飛ばしていた車に自身が運転している車をぶつけられてしまい瀕死の重傷を負った彼が、事故から12年の歳月を経て見事な復活を遂げたアルバムです。

それ故のPhoenixというタイトルなのでしょうか。

そういった背景を把握していなくても単純に素晴らしく染みる作品です。

それが証拠に、僕もその背景を知らずに購入しました😊

そして、とっても気に入りました😊😊

しかし、その背景も知らずにして、なんでこんなにも日本ではどマイナー(LYLE LOVETTでさえマイナーなのに!)なミュージシャンの音源を入手したのでしょうか。。。

10年以上前に渋谷のレコード店で購入した記憶があるですが、その頃はLYLE LOVETTも聴いていなかったと思いますしね。

詳細はまったく思い出せませんが、恐らくジャケットのアートワークに惹かれたのではないでしょうか。

肝心の内容ですが、LYLE LOVETTも取り上げた7. I’ve Had Enoughを筆頭、静かながらも極めてエモーショナルな良曲が並ぶ名作です。

スモーキーなヴォーカルもいいし、一音一音丁寧に紡ぐギターも素晴らしいですね😊

ドラムレスの弾き語りスタイルが基本なのですが、音数少なくVINCE BELLを支えるバックミュージシャンの演奏も秀逸です。

良い意味でかなり素朴な感じなのですが、どこか都会的なところもいいですね!

この人の作品は本作しか持っていないのですが、他の作品も購入してみようかな。

ちなみに、1982年に制作していた音源はSTIEVIE RAY VAUNGHANやERIC JOHNSONが参加していたようです。

めちゃくちゃ聴いてみたいですね〜〜〜😎

 

 

 

 

では、5曲目収録のSun & Moon & Starsをスタジオライヴ動画でどうぞ。

 

 

良曲😎

 

 

 

 

24th. Jul. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.