Ryoji Okada Official Website

Diary

Very chic and elegant dress!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

 新色“♡ Camo” silkの既製品(ネクタイ・ボウタイ・ポケットスクウェア)完成しました!

 

 

8周年記念 “♡ Camo” マスクグレイで増産中&ご予約受付中です!

 

 

「8周年記念蜂Tシャツ」の既製品入荷しました!*「個別オーダー」も引き続き承っております。

 

 

Abbey Roadシャツ地入荷しました!

 

 

Jean Michel Basquiat’s fabric/バスキアの素材入手しました!

 

 

The Loudest Voice vol.25 in store now!

 

 

6.19 Fri – 7.12 Sun : 8周年Weeks開催中です!

 

 

 

 

昨日行われた「Gとの3連戦@東京ドーム」の3戦目は引き分けでした。。。

勝てる試合ではありましたが、堂林選手に待望の一発が飛び出したし、菊池選手が昨日もマルチ安打と好守でチームを盛り立てましたし、遠藤投手が先発ローテーションの「6枚目」としては十分合格な投球を披露しましたし、不安が大きい守護神スコット選手がなんとか零封をしました(球は上ずっていましたけれど今は結果が大事だと思います!)し、敵地でしたし「勝ちに等しい」とまでは言えないけれど「勝ちに近い」引き分けでした!!

一発も足もある堂林選手、田中選手が並ぶ下位打線は敵からすれば恐ろしいと思いますし、しばらくは昨日の先発オーダーが良さそうですね⚾️

もちろん、カープというチームでは絶対にあってはならない緩慢な走塁、チャンスで最低限も出来ないメヒア選手の処遇、力のない球を投げていたように見える今村投手等々の課題が昨日は(いや、昨日も?)たくさん見えましたけれど。。。

さあ、今日からはDとの3連戦@名古屋ドームが始まります!

先発はもちろん、(超気が早いですが)目下のところMVPレースでトップを走る大瀬良投手です!!

今日も先週の躍動をリピートを、投打にMVP級の活躍を期待したいですね😉

Go! DAICHI!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「オーダー」といえば。

今日は火曜日にお渡ししたばかりのワンピースをご紹介します!

昨秋お作りした同デザイン&同サイズのワンピースが「とっても良かった!」とのことで春夏素材でリピートオーダーをいただきました😊

リピートオーダー、しかも、初回の翌シーズンにいただくリピートオーダーは、テイラーにとって最高に嬉しいご注文のひとつなですが、昨秋のワンピースは諸々なチャレンジが伴っていたので格別の嬉しさ&光栄さでした!!

本当に嬉しくありがたかったです😭

では、早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

 

とってもシックかつエレガントにして可憐ですよね〜〜〜〜😉

デザインはシンプルながら、巧みに2つの素材を使ったり、部分的にバイアスにカットしたり、コンシールファスナーの両脇にサテン素材をテープ状に配したりエトセトラ。。。

かなり「オーダーメイドならではの小技」を効かせています!!

細かなハンズトゥース素材もとてもいいですよね!!

ちなみにこちらは、49% Wool + 40% Cotton + 10% Linen + 1% Lycra(240g/m)の4者混素材です😊

 

この画像では分かりにくいのですが、4者混ゆえの複雑な表情と豊かな質感、そして、メランジゆえの立体感と(良い意味での)ムラ感が絶妙な柔らかさを生み出しています😊!!

このワンピースのデザインと相性抜群ですね!!

これが純英国調のクラシカルなハウンズトゥースだとちょっとカタイ印象になってしまったと思います!

さすがのセレクレクトです😉

Lycraが1%混紡されているということはストレッチ性に富む素材なのですが、これまた嬉しい特質ですよね!

 

 

 

 

では、色々と「分かりやすい」胸元を「寄り画像」で見てみましょう!!

 

 

独特の素材感、お分かりいただけたと思います😉

そして、「同柄色違いの2素材使い」の素敵な効果もよりお分かりいただけたと思います😉😉

そしてそして、コンシールファスナー両ハシに配したサテン素材の丁寧な処理。。。は分かりにくいかな???でも、丁寧に仕上げてもらっています😉😉😉

以上です。

 

I様、いつも本当にありうがとうございます!

ぜひともこれからの季節のお出かけに大活躍させて下さいませ😊

そして、時が来ましたらぜひとも別素材での「リピートオーダー」をまたお願いいたします😊😊

そしてそして、ご主人様と御子息にもどうぞよろしくお伝え下さいませ😌

皆さまでのまたのご来店を心よりお待ち申し上げておりま😌😌

 

 

 

 

◆本日の一枚

 

↓僕の音楽人生に大きな影響を与えた11枚(順位ではなく年代順に並んでいます!)の音源↓

 

1. The Right To Rock(1985年作品)/ KEEL
2. Bring The Family(1987年作品)/ JOHN HIATT
3. Casino Drive(1987年作品)/ RED WARRIORS
4. Fisherman’s Blues(1988年作品) / THE WATERBOYS
5. If I Should Fall From Grace With God(1988年作品)/ THE POGUES
6. People(1988年作品)/ HOTHOUSE FLOWERS
7. Brother’s Keeper(1990年作品) / THE NEVILLE BROTHERS
8. Hymns To The Silence(1991年作品)/ VAN MORRISON
9. Kiko(1992年作品)/ LOS LOBOS
10. Move(1998年作品)/ LUCKY PETERSON
11. Old Ideas(2012年作品)/ LEONARD COHEN
*リリース1年以内に入手しリアルタイムで聴いたアルバム
* 内容の良し悪し以前に「確かに自分の音楽史に深い影響を与えた」アルバム
* ベスト盤やライヴ盤は除外
* 10枚が全部その人/バンドになってしまう可能性があるBRUCE SPRINGSTEENとHEATWAVE/山口洋は敢えて断腸の思いで選外

 

上記リストの音源をリリースが古い順に聴き直す「音楽の旅」もいよいよラスト1枚!!!

ですが、もう1日だけ「寄り道」を。

LUCKY PETERSONが名盤Double Dealin’(2001年作品)で楽曲を取り上げた、イカしたホワイトブルースロック野郎MARTY GREBBのSmooth Sailin’(1999年作品)を聴いておきたく思います。

というのも、この人も今年亡くなっているんですよね。。。

Double Dealin’を聴いた日にちょっと彼のことを調べた時に知りました。。。

「歴史を変えた」とか「リヴィングレジェンド」とか「強力なカリスマ性」とかいった類の音楽家ではありませんでしたが、様々な大物ミュージシャンに愛された名バイプレイヤーでした。

BONNIE RAITTやWILLIE NELSON、TAJ MAHAL、STEVIE NICKS、STEVE CROPPER、MARIA MULDAUR、AMOS GARRETT、JIM KELTNER、IVAN NEVILLE、ROGER MCGUINN、そして、彼が亡くなった1月時点ではまだ生きていたLUCKY PETERSON等々、親交があった大御所たちが深く悲しんだのではないでしょうか。

そして、今頃はLEON RUSSELLやOTIS RUSH、PAUL BUTTERFIELD、MIKE BLOOMFIELD、LEVON HELM、RICK DANKO、JJ CALEといった、既に伝説となっている音楽家たちが天国で繰り広げているセッションにお呼ばれしているのではないでしょうか。。。

本作は、かようなMARTY GREBBの1stソロアルバムです。

Double Dealin’に収録されていたタイトルトラックがすごく良曲だったので購入したと記憶しています。

あまりにほんわかしたジャケットのアートワークに一瞬躊躇した記憶もあります(笑)が、購入したのは大成功、いい具合にかな〜〜〜りレイドバックした極上のホワイトブルースが堪能出来る名作でした😊

最初から最後まで名曲・良曲ばかりですし、MARTY GREBBのスモーキーなヴォーカルとふくよかな鍵盤とサックスも素晴らしいです!

ゲストもDOYLE BRAMHALL Ⅱ、LENNY CASTRO、STEVE CROPPER、AMOS GARRETT、RICHIE HAYWARD、JIM KELTNER、TAJ MAHAL、IVAN NEVILLE、BILL PAYNE、BONNIE RAITTと超豪華&僕好み!!

これだけのゲストを集められたのはやっぱりこの人の人望がとっても厚かったからでしょう!!!

音楽的な人望はもちろん、きっと人柄も素晴らしかったんじゃないかな??

本作からはそのこともすごく伝わってきます😊

年に何回かは聴きたくなる、忘れ難い名盤ですね。

合掌🙏

さあ、明日こそLEONARD COHENのOld Ideasを!!!!!

 

 

 

 

では、超大物LEON RUSSELLとJJ CALEを従えて名バイプレイヤーのはずのMARTY GREBBが主役を張っている超ゴキゲンなスタジオライヴをどうぞ!

 

 

Set You Soul Free、JJ CALEの曲ですよね、名曲!

そして、すんごい最高なパフォーマンスですよね〜〜〜〜!!!!

 

 

 

 

26th. Jun. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.