Ryoji Okada Official Website

Diary

The ties that bind: A super cool and charismatic “Black and White” jacket!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

10月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

「サンデー毎日」9.20号でRYOJI OKADAがフューチャーされています!

 

 

The Loudest Voice vol.26 in store now!

 

 

キッズシャツ・親子シャツのオーダーも可能です!

 

 

Debut! Detachable collars for made-to-measure shirts!

 

 

オーダーシャツ用新ディテイル:本前立始動!

 

 

オーダーシャツの「後ろ身頃のニット素材切り替え」オプションスタート!

 

 

「売り切れごめん」: 1点限定のマスクが多数入荷しました

 

 

 

 

先日お知らせした「Go To トラベル 地域共通クーポン」ですが、土曜日の夕方に初のご利用がありました!

「このクーポンの期限が今日までなので何か買い物を」とご来店下さいました!!

相変わらずご来店数がなかなか伸びない状況下(ただ、とてもありがたいことに先月下旬から今月上旬まで少し停滞気味になっていたお電話/e-mail/SNSでのご注文が復調気味です!)、そして、生憎のお天気の土曜日でしたから、相当に嬉しいサプライズ(?)でした☺️

初のご利用をして下さったお客様と「クーポンが衣料品店でも使える」と教えてくれたKさんに心より感謝です!!

もちろん、このような恩恵を与えてくれる事業を発案したお国にも感謝🇯🇵

出来ればお国の力は借りずに独力でなんとかしたいという気持ちもありますけれど、やっぱりこの状況ではなかなか(というか無理ですっ!)。。。

ついでに、持続化補助金(持続化給付金とは異なる助成金制度です)の申請認可もよろしくお願いしたいですっ!!

ところで、今回のご利用は電子クーポンだったのですが、当然のように(ではいけないのですが。。。)僕はそちら方面にあまり詳しくない&「Go To トラベル事業関連」の申請はすべてF君に任せていたので「マイページ」なるものを土曜日に初めて見ました。

これがまた、(割と似た仕組みなはずの)数多ある決済会社さんのマイページとはえらい違いでかなり難解でした。

なだけでなく、クーポンが正しく使われたことがマイページに反映されるのは翌日の8:00AM以降で、それまでは確認する方法がないのだとか。。。

PayPayさんやCoineryさん(今はStore.jpなのかな?)だと決済した数秒後にはe-mailが届くのですが、Go To トラベルのクーポンでそれはないようです。。。

そして、昨日の11:00AMにチェックしてみたらまだ反映されていませんでした。。。

もちろん僕が間違ったページを見ている可能性もあるのですが、支給された冊子を読んだりサポートに電話したりした(コールセンターのオペレーターさんもあまりよく把握していない感じでしたけれど。。。)限りではどうも正解っぽいんですよねぇ。。。

「証拠写真」として、お客様のスマートフォンに出していただいた「LOUD GARDENという表記入りのクーポン利用済画面」を撮らせていただいてはいるのですが、マイページで確認が出来るまでは少し心配ですよね。

今日、F君が出社したらいろいろ深掘りしてもらって僕もちゃんと理解しておかなければ。。。

それから、報道によればこの「Go To トラベル」事業、紙クーポンしか使えない(= 電子クーポンが使えない)店がほとんどで少々の混乱が発生しているとか。

紙クーポンのみだと一部の利用者さんが不便に感じるのは間違いありませんが、例えばご高齢で僕以上にITに疎い店主さんが経営なさっている飲食店等々では導入がなかなか難しいのも事実かもしれません。

スタートするのが超簡単なPayPayさんやLINE Payさんと全然違う感じですから。。。

前例のない事業ですし、様々な準備不足や不備が発生するのは致し方ないのでまったく文句はないのですが、同じように零細小売店を経営している皆さまの情報になればよし!と思い記しました。

なにはともあれ、またご利用があるかもしれないので、よくよく勉強しておかなきゃ!!

そして、開始1週間以内でご利用があって何より、藁をもすがる思いが功を奏しました😊

<続報!>:「関連企業情報(店舗)ページ」に飛んでもらうと右下に「移動」ボタンがあります。それを押すと利用されたクーポン一覧を見ることが出来ます!

 

 

 

ところで。

「僕」といえば。

今日は、最近仕上がったばかりの僕が自分用に仕込んだジャケットとボトムスをご紹介します。

以前にも書きましたけれど、最近の僕は「ストライプ男」です!

前回作ったのもクラシカルストライプのスリーピーススーツでした!!

ストライプは細く長くスマートに見えますし、着ているとビシッと背筋が伸びるような思いになりますし、そして何よりとってもダンディにニートに映るのでね、やっぱり大変に良いです😊

チョークストライプのスリーピーススーツが必須アイテムなイングリッシュスタイルをルーツに持つ身ですので、散々着てきましたけれどやっぱり最高に良いです😊😊

という僕ですからね、もちろん最新のブツも。。。

え〜〜〜っと。。。

やや大きめのハウンズトゥースのジャケットとソリッドブラックのボトムスです。。。

ははは、まったくもってストライプじゃないという😆

実は、今回もストライプのスリーピーススーツを考えていたのですが、ふと思い立って急遽このセットにしました。

閃きのままに作った今回のセット、手前味噌ながら最高にクール&カリスマティックな仕上がりです😉

という訳で、早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

ふふふふっ!

なかなかどうして。。。

かっこよくないですか???

「Black & Whiteアイテム」でまとめたスタイリングもとっても見事。。。だと思いませんか?😎

全体に漂うモダンイングリッシュフレイヴァーも至極いい感じ。。。ですよね?😊

でも、ここまでくると。。。

ブラック&ホワイトのソックスも入手しておきたいし、ボトムスのどこかにもホワイト素材を使ったパーツをぶち込むべきだったかな?と思ってしまいますね(笑)。

ヘアーも完全にブラック&ホワイトなんだし。。。

よし、ひとまずはソックスだ、今度街に出た時に物色しよう!

ちなみに、このシューズは20年とちょっと前くらいに買ったLloyd Footwearさんの最上級ライン(かな?)Master Lloydのブラック&ホワイトです😊

確か「Edward Greenの工場で作っている」とスタッフさんが仰っていたような。。。

当時はコンビネーションシューズしか履かなかったので、そして、カーフとスウェードのコンビは珍しかったので一目惚れして購入しました❤️

ここ10年くらいほとんど履く機会がなかったのですが、これからまた増えそうです!!

でも、ホワイトスウェード。。。なかなか汚れが落ちないんですよね。。。

にしてももう少し手入れをしなくちゃダメか(汗)。。。

それはともかくとしてこのジャケット&ボトムス、ブラックのタートルネックニットを合わせてスマートカジュアルにキメてよし、ブラックシャツにブラックボウタイを合わせてセクシーフォーマルにキメてよし、ホワイトのロングシャツとチェルシーブーツを合わせてロックに着崩してよし、いろいろな着回しが楽しめそうですよね😉

もちろん、ジャケット&ボトムスをセパレートして使ってもよし!ですよね😉😉

この秋冬は大活躍の予感がします!!

では、「僕の顔なし画像」を見てみましょう!!!

 

 

 

どうぞ!

 

 

うん、かっこいい、とっても気に入っています😊

ジャケットはフォーマルっぽく「① ピークトラペル」「② S1ボタン(拝みボタン)」「③ くるみボタン」にしました。

上衿、胸ポケット、腰ポケットの玉縁、くるみボタンにボトムスと同じブラック素材を使用したアイディアもフォーマル度を上げていますよね!!

ナイスアイディアでした。

ボトムスはとってもモダンクラシックなテイパードシルエットです。

最近はいつもこの感じ、今の僕にはパーフェクトフィットです!!

 

 

 

ジャケットを正面から撮ってみました。

 

 

1.0cm強、絶妙な大きさのハウンズトゥースが最高にクールです、よね😎

ちなみに素材は英国のW.Bill社の「ちょいヴィンテージ」です!!

とっても温もり豊かないい風合いの素材です。

では、遊び心に溢れたディテイル・ギミックを「寄り画像」で見てみましょう😉

 

 

 

カラークロス(上衿裏のフェルト生地)はブラックにしました!

 

 

この風合いの素材なら共生地でもよかったかもしれませんね!

いや、やっぱりブラックの方が締まるか!!

 

 

 

いつも上前(ウワマエ:左手側)のラペル(下衿)裏に入れている文字刺繍ですが、今回はThe Ties That Bindと入れました!

 

 

はい、BRUCE SPRINGSTEENの名曲です!

迷わず「ブラック糸で入れよう!」と思ったのですが、こればっかりは少々失敗だったかな???

極めて読みにくいですもんね(笑)。

レッドとかイエローとか意外性のあるカラーにすべきだったかも汗

いや、The Ties That Bindが収録されているThe Riverに倣ってブルーで入れればよかったか。。。

まあ、ブラックの方がコンセプチャルだしなんとか読めるし良しとしましょうか😊

 

 

 

ライニングは、今春リリースした “♡ Camo” silkの新色2色のうちの 1色c/# blackにしました!

 

 

これはもう間違いなく完璧な相性だと思います!!

そして、思わずチラ見せしたくなります!!

残り1着分のみとなったc/# multiに続いて、こちらのカラーも残り在庫が僅少となってきました!!

気になる方はぜひともお早めにお願いいたします😌

 

 

 

袖先です。

 

 

– くるみボタン

– ロックな6個ボタン

– 大きさ違いボタン

– リアルボタンホール(本開き切羽)

– スランテッドボタンホール

– 色違いボタンホール

– ターンナップカフス

 

はい、いずれもアップチャージ不要のディテイルです😉

*一番下についているブラック&ホワイトの貝ボタンのみアップチャージをいただいております!

 

 

 

ボトムスのディテイルもちょっとだけ。

 

 

はい、いつもの通りボタンフライフロントにしております!

僕はここ20年くらいこればっかりです!!

 

以上です。

やっぱり新しい服を作ると「上がり」ますよね!!

おとといこの装いをしていたのですが、生憎の天気ながらワクワクしました😊

更なるワクワクのためにも、いい加減そろそろ新作コートを仕込まなければ!!

皆さまもぜひとも秋冬物のご注文、何卒よろしくお願い申し上げます😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

という訳で今日は、新作ジャケットの上前ラペル裏に入れた文字刺繍The Ties That Bindが収録されているBRUCE SPRINGSTEENのThe River(1980年作品)のDisc 1を!

元々はThe Ties That Bindというタイトルの1枚組アルバムとしてリリースされる予定だったのは有名な話ですよね!!

つまり、タイトルトラックになるくらいの名曲という訳であります!!!

The Ties That Bindという言葉の響きも素晴らしくいいですよね〜〜〜😊

 

 

 

 

では、The Ties That Bindのスタジオライヴ動画をどうぞ!

 

 

素晴らしい!!!

いつか生ライヴでこの曲を聴いてみたいです!!!

 

 

 

 

19th. Oct. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.