Ryoji Okada Official Website

Diary

The latest “The Loudest Voice” in store now!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada / The Loudest Voice

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

 新色“♡ Camo” silkの既製品(ネクタイ・ボウタイ・ポケットスクウェア)完成しました!

 

 

シャツ地マスク始めました!: ①オーダーシャツと共地のマスク ②8周年記念の既製品 “♡ Camo”マスク

 

 

8周年Tシャツ「個別オーダー」承り中です!

 

 

Abbey Roadシャツ地入荷しました!

 

 

Jean Michel Basquiat’s fabric/バスキアの素材入手しました!

 

 

 

 

昨日は開幕前最後の対外試合、王者Hとの練習試合3連戦の3試合目がPayPayドームで行われました⚾️

結果は????

先発した期待のドラ1ルーキー森下投手がまたも打ち込まれて大敗しました。。。。

う〜〜〜ん、2回と3回はきっちり修正が出来ていたんですけれどね、残念です。。。

まあ、四球で自滅するタイプではないことを昨日も見せてくれましたし、味方の酷い拙守に足を引っ張られた面もありますし、何しろ相手は王者Hですからね、昨日は仕方がないかな?

「負け継投」組の高橋樹投手、塹江投手、薮田投手が4回を零封リレーで締めた、ピレラ選手の状態が上ってきているっぽい等の好材料もありましたしね😊

とにもかくにも、今週金曜日にはいよいよ開幕です!!!!

今季のセ・リーグは抜きんでた地力を持つチームが存在しないので、カープにも十分V奪回のチャンスがあると思います💪

ただ、今季は例年以上に「開幕ダッシュ」の重要性が高まりそうですので、昨季のような「開幕直後の内野守備崩壊」といった草野球レヴェルの調整不足だけは避けてもらいたいものです!!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「昨日」といえば。

昨日、LOUD GARDENの季刊ニュースペーパーThe Loudest Voiceの最新号、vol.25が仕上がりました!

今回は「夏号」ということで、例年の夏号同様に表紙には「周年T」を持ってきました😊

「A3サイズ2つ折り」という仕様も例年と同じです😊😊

(当たり前のことながら)記事の内容自体は例年と異なっているのですが、今年は特に見開き面/中面「周年ネタ」が今までのどの年よりも充実していると思います!!

かなりお得な情報も満載です😎

*それ故に、中面はこのDiaryでは公開出来ませんっ!

ご住所を伺っていて「ダイレクトメールご送付OK」のご意向を示していらっしゃるお得意様の多くにはヤマト運輸さんのDM便にて本日出荷いたします!!

*「転居先不明」で戻ってきた、ここ数年ご来店がない等々の理由からお送りしていない方も存在いたします。

お手元に届きましたらぜひともじっくりと読んでやって下さいませ😌

では、早速ご紹介しましょう!!!

 

 

 

 

↓こちら↓が表紙と裏表紙です。

 

 

携帯電話を最新のスマートフォン(iPhone 11 Pro)に機種変更しただけでは飽き足らず、「撮影Box」なるものまで購入して以来初めて作ったThe loudest Voice、やっぱり写真の精度はかなり上がっているな〜〜〜😎

嬉しい限りです!!

見開き面/中面の8周年スペシャル情報はですね、上述の通りこのDiaryで公にするのは少し憚れました(おれくらいお得!?)ので写真は撮りませんでした。

つきましては、ぜひともお手元い届きましたら「すぐに」ご確認下さい😉😉😉

 

それにしても。。。

The Loudest VoiceもいよいよVol.25か〜〜〜!

印刷以外の作業をほぼほぼひとりでこなすようになってから15号くらいかな???

なんだかちょっと感慨深いです!!

そして、今回はアイディアもたくさんありましたし、いつも以上に時間を掛けましたのでかなり文章も洗練されていますし、仕上がりの精度は過去最高だとしています✌️

ぜひぜひよろしくお願い申し上げます😊😊😊

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

↓僕の音楽人生に大きな影響を与えた11枚(順位ではなく年代順に並んでいます!)の音源↓

 

1. The Right To Rock(1985年作品)/ KEEL
2. Bring The Family(1987年作品)/ JOHN HIATT
3. Casino Drive(1987年作品)/ RED WARRIORS
4. Fisherman’s Blues(1988年作品) / THE WATERBOYS
5. If I Should Fall From Grace With God(1988年作品)/ THE POGUES
6. People(1988年作品)/ HOTHOUSE FLOWERS
7. Brother’s Keeper(1990年作品) / THE NEVILLE BROTHERS
8. Hymns To The Silence(1991年作品)/ VAN MORRISON
9. Kiko(1992年作品)/ LOS LOBOS
10. Move(1998年作品)/ LUCKY PETERSON
11. Old Ideas(2012年作品)/ LEONARD COHEN

*リリース1年以内に入手しリアルタイムで聴いたアルバム
* 内容の良し悪し以前に「確かに自分の音楽史に深い影響を与えた」アルバム
* ベスト盤やライヴ盤は除外
* 10枚が全部その人/バンドになってしまう可能性があるBRUCE SPRINGSTEENとHEATWAVE/山口洋は敢えて断腸の思いで選外

 

上記リストの「リリース年が古い順に聴き直す音楽の旅」も遂にラスト3枚になりました!

今日はLOS LOBOSのKikoです。

LOS LOBOSの名前と一部の曲は、1987年に日本でもヒットした(と思われる)映画La Bamba経由で本作に感銘を受ける数年前から知っていたのですが、その元情報のせいか当時は非常にオールドスクールなR&Rバンドだと思っていました。

ですが、(確か冬にハマった記憶が微かに残っているので)1993年初頭だったと思います、何かをきっかけに(何がきっかけだったかはまったく記憶にありません)本作と前作The Neighborhood(1990年作品)を聴いて、そのあまりにも豊かで懐深い「アメリカンルーツミュージックの玉手箱」のような内容にビックリ仰天しました

Irish MusicやNO Funk、Blues、Jazzを当時の大学生としてはそれなりにたくさん聴いていて、「もう欧米の音楽は卒業かな?次はアフリカかブラジルだな!パキスタンのカッワーリーもいいよね」などと生意気にも思っていた時の出会いだったので、メンバーがチカーノ(メキシコ系アメリカ人)とはいえアメリカ、しかもLAのバンドがあのような音源をリリースしているとはかなりの驚きでした!

その後は「予定通り」にアフリカの音楽もブラジルの音楽もカッワーリーも愉しみましたが、アメリカのルーツミュージックバンドもかなり「掘り」ました。

もしLOS LOBOSと、もし彼らのKikoとThe Neighborhoodに出会えていなかったら、僕の音楽的興味は「仁和寺の法師」状態のまま、完全にアメリカから離れてしまっていたかもしれません。。。

そういった意味で、まさに「僕の音楽人生に影響を大きな与えた」音源になります。

その両作はいずれも甲乙付け難い素晴らしい仕上がりですが、個人的にはよりブルージーな前作の方が超僅差で好みかもしれません。

ですが、前作は「リリース後1年以内に購入」という条件から外れるので「11枚のリスト」には入れませんでした。

それはともかく、少し前に巷で流行った「完全再現ライヴ」が行われ、その音源Kiko Live(2012年作品)がリリースされるなど、本人たちも「キャリア最重要」「ベスト作品」と認識している本作は間違いのない傑作です。

日本でColossal Head(1995年作品)の評価が最も高いようですが、そして、前衛的な音作り等Colossal Headも素晴らしい作品ですが、楽曲の充実度はKikoの方が確実に上回っています。

というKikoですが、久し振りに聴きましたがやっぱり最高ですね!

全編から溢れ出るゆったりとしたグルーブもあまりに心地良いです!!

 

 

 

 

では、本作のオープニングチューンDream In Blueで幕を開ける今年の1月にジャマイカで行われたフルライヴ動画をどうぞ!

 

 

これは、すごい!!!

ビールとウィスキーが 何杯でも飲めそうです

 

 

 

 

15th. Jun. 2020

Ryoji Okada

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.