Ryoji Okada Official Website

Diary

Super cool and dandy norfolk jacket!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

 新色“♡ Camo” silkの既製品(ネクタイ・ボウタイ・ポケットスクウェア)完成しました!

 

 

8周年記念 “♡ Camo” マスクグレイで増産中&ご予約受付中です!

 

 

「8周年記念蜂Tシャツ」の既製品入荷しました!*「個別オーダー」も引き続き承っております。

 

 

Abbey Roadシャツ地入荷しました!

 

 

Jean Michel Basquiat’s fabric/バスキアの素材入手しました!

 

 

The Loudest Voice vol.25 in store now!

 

 

6.19 Fri – 7.12 Sun : 8周年Weeks開催中です!

 

 

 

 

2週間に渡る「横浜 → 東京 → 名古屋 → 東京」の移動生活もいよいよ最終盤を迎える我が広島東洋カープです!

今週末はホームの広島に戻ってTを迎え撃つ訳ですが、その前にLOUD GARDENから徒歩15分ほどの位置にある神宮球場で今日からSとの3連戦が始まります。

ああ、観戦に行きたい⚾️

って、今日は雨天中止かな???

それはともかく、開幕していきなりヴィジターが12試合というのはレアケース、というか、今季だけでしょう。

滞在ホテルからの外出もままならない状況でしょうし、かなりストレスが溜まっているのではないでしょうか。

野手陣はそのストレスをぜひとも試合で爆発させて欲しいですね😊

ちなみに、今日のSの先発は今季から加入したイノーア投手です。

「初物が苦手」なカープ打線(まあ、どこのチームもそうか。。。)ですが、なんとか2巡目あたりで攻略をして、最終的にはしっかり仕留めて欲しいものです!!

カープの先発は「イライラ」しやすいK.ジョンソン投手。。。

彼には極力ストレスを溜め込まないで欲しいですね〜〜〜〜(笑)。

いずれにしても、今日勝てばヴィジター12連戦の勝ち越しが決まります😊

今日も投打が噛み合って勝利しますように!!

Go! KJ!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「仕留める」といえば。

今日は先週お渡ししたばかりの「仕留めた獲物をぶら下げたり、挟み込んだりしたことに由来する前見頃と後身頃に入ったボックスプリーツとウェストベルトが特徴的なスポーツジャケットNorfolk jacket/ノーフォークジャケット」をご紹介します。

はい、色々と試行錯誤を重ねて、今春から承ることが可能になったニューアイテムです😉

改めましてノーフォークジャケットとは。。。

1800年代後半にイギリスで流行した狩猟用ジャケットをルーツに持つスポーツジャケットのことで、(上述の)前身頃と後身頃に入ったボックスプリーツとウェストベルト、後身頃両脇のアクションプリーツ、マチつきのパッチ&フラップポケット、ターンナップカフス等々の印象的な特徴を多く持っています😊

表素材を多く使うのと、縫製面の難易度が高いのとで、現代では本格的なノーフォークジャケットに出会えることは少なくなりましたが、イギリスの老舗ビスポークテイラー/テイラードウエアブランドGIEVES & HAWKESの日本展開におけるデザイン責任者/マーチャンダイザーを長く務めたRYOJI OKADAが代表兼Creative Directorを務めるLOUD GARDENのノーフォークジャケットは極めて本格的であります🇬🇧

今回もとても高精度かつスタイリッシュなノーフォークジャケットが完成いたしました😎

という訳で、早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

↓こちら↓です!

 

 

と〜〜〜〜〜〜ってもかっこいいですよね😉

ノーフォークジャケットといえばツイード、つまり、Autumn/Winterシーズン向け素材で仕立てるモノという印象が強いですが、このようなSpring/Summerシーズン向け素材(といっても、日本でしたら盛夏を除いたオールシーズン向け素材ですけれど😊)で仕立てても本当に素敵ですよね😉

春に着るノーフォークジャケット。。。

う〜〜〜〜〜〜〜ん、最高に粋です!!

あ、僕も作ったから、僕も最高に粋だ(笑)

ネイヴィブルーがかったグリーンも抜群にきれいです☺️

 

 

 

バックです!

 

 

ご覧の通り、ノーフォークジャケットはメンズウェア史上「最も主張する後姿」を持つスポーツジャケットではないでしょうか?😎

 

 

 

サイドです!

 

 

この画もとっても「主張」がありますよね😉

万歳をして歩きたくなりますね(笑)。

 

 

 

チンウォーマーです。

 

こういった着方もかっこいいに違いありません😉

 

 

 

カラークロスはブルーのカモフラージュジャカードデニムを使用しました😊

 

 

思わず「衿立て」をしたくなりますね!

 

 

 

ライニングは “♡ Camo” silk c/# multiにしました!

 

 

表素材との相性も完璧ですね!!

“♡ Camo” silkのこのカラーは完売目前です!!!

気になる方はぜひともお早めにキープのご連絡をお願いいたします☺️

 

 

 

スリーヴボタンです。

 

 

– made in Englandのリアルホーン(本水牛)ボタン
– 5個ボタン
– 大さ違いボタン
– リアルボタンホール(本開き切羽)
– スランテッドボタンホール
– 色違いボタンホール
– ターンナップカフス

 

はい、もちろんいずれもアップチャージ不要のディテイルです😉

 

 

 

 

以上です。

やっぱりいいですね、ノーフォークジャケット!!

僕も水曜日にお邪魔予定のパーティにはノーフォークジャケット&ニッカーボッカーズ&ライディングブーツで行こうかな😉

H様、いつも本当にありがとうございます。

今後とも当店を何卒よろしくお願い申し上げます。

次はマスクが仕上がりましたらご連絡いたします☺️

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

昨日聴いたJUNKYARD。。。

悪くなかったです。。。

という訳で、GUNS N’ ROSESの成功以降、雨後の筍の如くメジャーデビューを飾った似た系統のバンドをしばし聴いてみようかな?と思います。

JUNKYARDを聴いた後で最初に思い出したのがROCK CITY ANGELSでした。

という訳で今日は彼らのデビューアルバムYoung Man’s Blues(1988年作品)を。

彼らは結構鳴り物入りでデビューしたんですよね!

「GUNS N’ ROSESの対抗馬はこいつらだ!」的な触れ込みだった記憶があります。

リードトラックDeep Inside My Heartのミュージックヴィデオもかなりのへヴィローテーションがされていたはずです。

しかも、本作はデビュー作としてはかなり珍しい2枚組だったんですよね〜〜〜。

ゲフィンとしてはかなりの猛プッシュだったのではないでしょうか?

でも、15曲入りで51:49という2枚組には中途半端なヴォリュームな上に、楽曲的にもかなり中途半端なんですよね。

GUNS N’ ROSESほどのマジックはないし、THE BLACK CROWESほどの歌心とアーシーさはないし、LA GUNSほどの危険な香りはしないし、FASTER PUSSYCATほどチープ&ナスティではないし。。。

とにかく特徴があまりないんですよね。

シンガーもごく普通だし、ギターにもハッとさせられるものがありません。。。

そう考えると、時代が味方したバンドにはそれ相応の理由があるのかもしれません。

とはいえ、「こりゃひでえ!」というほどの内容ではなく、良曲もあります!

上述の1. Deep Inside My Heartはゴキゲンだし、ホーンがいい感じの11. Beyond Babylonあたりの路線はもう少し聴いてみたい感じがしましたね。

 

 

 

 

では、そのDeep Inside My Heartのミュージックヴィデオを。

 

 

この曲はかなりの良曲ですよね!

ルックスも悪くない!!

期を逸することがないように「スピード重視」だったのかもしれませんが、本作はやっぱりもう少し練り上げた方が印象深い作品に仕上がったのでは?と思います。

 

 

 

 

30th. Jun. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.