Ryoji Okada Official Website

Diary

Rockin’ Harris Tweed Jacket!

Loud Garden / Ryoji Okada / 厚井康宏

 

 

 

 

 

 

 

 

明日から2月が始まります!

そして、2月の初日は土曜日。

そしてそして、ビスポークシューズ職人の厚井康宏氏がLOUD GARDENに在店するのは毎月第1金曜日・土曜日。

ところが、2020年2月は第一土曜日(2.1)と第一金曜日(2.7)が離れています。

このようなケースでは「↓以下の3日程↓」で厚井さんに来てもらうことが考えられます。

 

① 1.31 Friと2.1 Sat

② 2.1 Satと2.7 Fri

③ 2.7 Friと2.8 Sat

 

今回は、厚井さんと相談した上で&諸般の事情を鑑みて我々は③を選択しました。

つきましては、今日明日の厚井さんの在店はありませんのでご了承下さいませ!

来週金曜日・土曜日には元気に在店しているはずですので、シューズ関係で「行こうかな?」と考えていらっしゃる方はぜひとも今週ではなく来週にお願いいたします。

 

 

 

 

ところで。

「厚井さん」といえば。

実は厚井さんにも、LOUD GARDENであれこれオーダー/お買い物をいただいております。

ちょっと前にご紹介したエプロンが最新作ですが、それ以外にもシャツや100% Cashmereのマフラーやハリスツイードのジャケットをオーダー/お買い上げ下さいました!!

本当にありがたいです😌

僕もビスポークシューズをオーダーしていますが。。。

それはともかく、2020年は何をオーダー/お買い上げしてくれるかな〜〜〜〜???

それはともかくアゲイン、そして、ハリスツイードといえば。。。

今日は、数日前にお渡ししたばかりのハリスツイードでお仕立てしたジャケットをご紹介します!

カントリーサイド素材のハリスツイードもデザインやディテイルをひねるとここまで都会的に、そして、ロックに仕上がる、オーダーメイドってやっぱりいいね!という見本のような1着です😊

とってもカッコイイです!!

では、ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓です!

 

 

鮮やかで爽やかで美しいグリーンのツイード、とってもいいですよね😊

そして、そこここに散りばめられたブラックが効きまくってとってもロックでゴキゲンです!

このタイプのジャケット、僕も欲しいです!!!!

これ、実はヴィンテージの現行品よりややヘヴィなハリスツイードなのですが、色違いのブルーが店頭在庫で存在するんですよね。。。

来秋の1着目はそれで作ろうかしら???

僕のことはどーでもいいですね笑。

では、ロックなこだわり、そして、遊び心あふれるディテイルを「寄り画像」で見ていきましょう😊

 

 

 

カラー(上衿)や胸ポケット等々、そこここのディテイルで使っているブラック素材は実はシルク混紡のビッグドット素材です!

 

 

単なる100% Wookのブラック無地素材とは。。。

やっぱり全然違いますよね!

シルク混紡ならではの光沢とビッグドットのインパクトが最高にクールでロックですよね😉

フラワーホール(衿穴)がオレンジなのは。。。

 

 

 

カラークロス(上衿裏の生地)をオレンジにしたからです!

 

 

オーダーメイドならではのストーリー!

そして、グリーンのツイードとの相性が最高にいいオレンジですよね😉

思わず「衿立て」をしたくなります!!

 

 

 

ポケットです!

 

 

アウトサイドチケットポケット(チェンジポケット)は腰ポケットより2.0cm前に出して、腰ポケットと2.0cm重ねました!!

そして、ご覧の通りアウトサイドチケットポケットは両玉縁だけでなくフラップもブラックのビッグドット素材にしました!!!

これまたオーダーメイドならではの遊び心ですね〜〜😉

 

 

 

ライニングもロックにキメました!!

 

 

はちゃめちゃなようでまとまっている不思議(笑)。

思わず「チラ見せ」したくなりますね!!

 

 

 

スリーヴボタンです。

 

 

– シルヴァー縁取りボタン
– リアルボタンホール(本開き切羽)
– スランテッドボタンホール
– 色違いボタンホール
– ターンナップカフス

はい、いずれもアップチャージ不要のディテイルです😎

 

 

 

 

以上です。

H様、いつも本当にありがとうございます。

次はシャツが仕上がりましたらご連絡いたします

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

ここ数日聴いてみて。。。

やっぱりTHE WATERBOYSはいいな〜〜〜〜!!

特に超傑作4thアルバムFisherman’s Blues(1988年作品)を挟んだ、傑作3rdアルバムThis Is The Sea(1985年作品)から良作5thアルバムRoom To Roam(1990年作品)までの5年間の創作活動の凄まじさは、恐らく当時のロックバンド最高峰ではないでしょうか?

上記の3枚のアルバムに加えて、たくさんリリースされている充実至極のアウトテイク集等々を聴けば、その事実が容易に把握出来ます。

ある意味で神懸かっていました!

でも、最近の音源もイイぜ、イカすぜ!!

ということで今日は、昨年リリースされた現時点での最新作、ガッツあふれるTHE WATERBOYS流のR&RアルバムWhere The Action Isを聴こう!!

2枚組の大作だった前作Out Of All This Blue(2017年作品)よりも収録時間が約53分も短いのですが、その濃縮された純度が堪りません!!

ひと時たりとも同じ地点に立ち止まらず、常に信念のままに恐れることなく前進し続けるTHE WATERBOYS/MIKE SCOTTです、きっと次作は違う感触の作品になるんだと思うのですが、それもまた楽しみです!!

この姿勢、僕も見習っていかないと汗。

にしても、かように偉大なMIKE SCOTT先輩と会食に行ったり出来る仲になれたことは。。。

最高です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

では、オープニングに収録されているゴキゲンなタイトルトラックのミュージックヴィデオをどうぞ!

 

 

かっこいい

 

 

 

 

31st. Jan. 2020

Ryoji Okada

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.