Ryoji Okada Official Website

Diary

New bunch books for Spring/Summer 2018, vol.15

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

3月の水曜日は13:00-20:00で営業致します。

 

 

ROCKなロック(6)周年Tシャツのデザイン決定!

 

 

“♡ Camo” シルクの新色が間も無く完成します!

 

 

“♡ Camo” シャツ地の新色が間も無く完成します!

 

 

 

 

しばらく西のPO争いをチェックしていなかったらすごいことになっていました!

いつの間にやらPORが3位に上がっていて、OKCとMINとUTAとNOPとSASが僅差で4位か8位までにひしめき合っているという。。。

いくらK.Leonardが離脱しているとはいえSASがPO当落線上にいるとは。。。

もちろんチームが過渡的な状況にあるので戦力的に厳しくなりつつあることは否めないのですが、それでもG.Popovichが指揮を取っている限りPO進出は途切れないだろうと思っていました。

が、そのすぐ下にいるLACとDENとのゲーム差がさほど離れていないのでひょっとするとひょっとするかもしれません。。。

ちなみに、もしSASが8位でPOに滑り込んだ上にK.Leonardが戦列復帰したら、HOUもGSWもPOの1stラウンドで闘うのはちょっと嫌でしょうねぇ。。。

健闘しているとはいえ、D.Cousinsを欠いているNOPの方が圧倒的に与しやすいのではないでしょうか。

また、J.Butlerが今シーズンアウトとなったMINも割と楽な相手になるかもしれません。

いずれにしても、上位チームは勢いのあるUTAとK.Leonardが復帰した場合のSASとの対戦が嫌でしょうね。

あ、もちろんOKCも嫌でしょうけれど、なんだかんだで4位で抜けそうな感じがします。

ちなみに東はというと、3位争いはかなり激しいですが、MILはそこからは完全に置いてきぼりになった感じです。。。

火曜日(だったかな?)の@ORL戦に負けたのがすべてでした。。。

まあ、6位でフィニッシュしてCLEかWASかINDに一泡吹かせて欲しいものです!

この3チームならあれかな、CLEが一番やりやすいのかな??

いや、POのL.Jamesはガチだからやりやすい訳はないか。。。

とにもかくにも、佳境に向けてますます熱くなってきているNBAから目が離せません!

 

 

 

 

ところで。

「佳境」といえば。

新作バンチブックの入荷は先週がまさに佳境でした!

入荷予定のなかったブックが4冊も入荷しましたしね!!

という訳で今日は、数日前に入荷したばかりのT社さん編集のバンチブックの第二陣をご紹介します。

ちなみに、まだご紹介出来ていないバンチブックが10冊以上あります(汗)。

それはともかく早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

この2冊です。

 

 

イギリス製素材、イタリア製素材、スーツ用素材、ジャケット用素材等々、諸々(良い意味で)入り乱れたT-Collectionと文字通りクラシカルな素材ばかりをコンパイルしたClassicの2冊です。

全く方向性は異なるコレクションですがいずれも秀逸な内容に仕上がっております。

では、早速中身を見ていきましょう!

 

 

 

T-Collectionの冒頭を占めている、英国ミルClissoldの無地コレクションからピースダイ(後染め)コレクションを。

 

 

ビシネススーツを作るとしたら、これらの前に収録されているトップダイ(先染め)の方が適しているとは思いますが、レトロタッチのスーツやボトムスを作るとしたら断然こちらではないでしょうか!

真ん中に見えているグリーンで野暮ったいシルエットのスーツが作りたいな〜〜〜〜!!

ゆったりフィット&短め着丈のダブルブレステッドがいいかしら( ̄▽ ̄)

だとしたら、ボトムスは「ハイライズ&ワイド目ストレートシルエット」ですね!

 

品質は、100% Wool(240g/m)です。

 

 

 

続いて、Cotton素材の王者!と評しても過言ではないイタリアンミルOrmezzanoのコードレーンです。

 

 

 

巾とカラーの選択肢がとても嬉しい全10マークですね(^_-)

いずれもナイスカラーです!

ちなみに僕は、上画像の上から2番目のレッドでスーツを作ってカープの試合を観に行きたいです(笑)。

 

品質は、72% Cotton + 27% Polyester + 1% Polyurethane(260/280g/m)です。

 

Polyester混紡はシワ対策、Polyurethane混紡はストレッチ機能負荷のためですね!

いずれも嬉しい機能です!!

 

 

 

続いてClassic、まずはFresco素材の生みの親Martin & Sonsの3Ply Frescoを。

 

 

ちなみにこのClassicは半分、いや、恐らくは3分の2以上が昨年と同じ素材です。

が、これはClassicの「正しいあり方」、復習も兼ねてしっかりとご紹介します!

この3Ply Frescoももちろん昨年、どころか数年前から展開していました。

しか〜〜し、下に見えている4色は新色、今年初登場です!

ダークブラウンの3Ply Frescoで作ったブレザー、超スタイリッシュでしょうね〜〜〜〜!!

 

品質は、100% Wool(435/470g/m)です。

 

Martin & Sonsの素材は、他に2Ply Fresco(280/310g/m)やFresco Lite(280g/m)、Light Weight Fresco(250/280g/m)などが収録されています。

Fresco LiteとLight Weight FrescoはClassicコレクション初登場です!

 

 

 

続いて、モヘア素材で高い評価を誇っているWilliam HalsteadのMohair Twillを。

 

 

さすがのWilliam Halstead!

めちゃくちゃにクラシック、ヴィンテージのような素晴らしい素材に仕上げております!

いぶし銀!と表現したくなるような渋目のカラーも最高です!!

ちなみにこの素材も昨年から収録されていて新色はなし、つまり昨年と全く同じ6マークです。。。

が、「いいものはいい」ので仕方ないですね(笑)。

今シーズンLOUD GARDENに入荷した大量のバンチブックの中でも、Mohair TwillはWilliam HalsteadとVBC、そして、我が国の至宝葛利毛織さんの3社だけしかリリースしていません。

Mohairの取り扱いの難しさ等あるんでしょうね、やっぱり!

「日英伊を代表するミルによるMohair Twillを徹底チェック」してみてはいかがでしょうか?

 

品質は、73% Wool + 27% Summer Kid Mohair(330/360g)です。

 

William Halsteadの素材は、他に60% Kid Mohair + 40% Woolのトロピカル(平織組織)素材(240/260g/m)や100% WoolのSun Cloth(330g/m)などが収録されています。

 

 

 

Brisbane Mossの超ヘヴィなコットンです。

 

 

こちらも昨年も収録されていました。

そして、昨年はこの素材でのご注文はありませんでした(泣)。

でも、後述のように超ヘヴィウェイトなので仕方ないか!

一部の好事家用の素材ですもんね(笑)。

あ、もちろん良い意味でね(^_-)

 

品質は、100% Cotton(460g/m)です。

 

 

 

最後にこれまた超ヘヴィなヤツを!

 

 

Spence Brysonの “Irish Linen Heavy Weight” コレクションです。

後述の通りウェイトは370g/mなのですが、個人的にはリネン素材の場合これくらいのウェイトがある方が好きです!

2シーズンくらいやや乱暴なくらいにガンガン着て「へたってきた頃」が旬ですよね!!

ホワイトリネンのスーツ、いつか作りたいな〜〜〜〜!!!

 

品質は、100% Irish Linen(370g/m)です。

 

 

 

 

以上です。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

もう一発BOB DYLANを!

1975年リリースの傑作アルバムBlood On The Tracksです。

アコースティックタッチの極上アルバムですよね。

そこまでBOB DYLANを追いかけたことはないのですが、本作が一番好きかも!

2曲目Simple Twist of Fateなんて最高過ぎです!

 

 

 

 

では、そのSimple Twist of Fateはナイスな動画が見つからなかったので4曲目収録のこれまた名曲Idiot Windをライヴ動画でどうぞ。

 

 

おお、めちゃくちゃにかっこいい!!

演奏も、ギターを持つ姿も、そして、タイガージェットシンを彷彿とさせるターバン(?)も、すべてがかっこいい!!

 

 

 

 

19th. Mar. 2018

Ryoji Okada

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.