Ryoji Okada Official Website

Diary

MUUSEO SQUARE features our special campaign for made-to-measure shirt!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Media / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

7月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

 

 

ウルトラセブンデザインの7周年Tシャツ第二弾生産分の納品予定は7.5 Friです!

 

 

7.7 Sunまで「オーダーパンプスフェア」開催しております!

 

 

絶賛開催中です!<オーダーシャツ×2枚=¥16,000+tax~>キャンペーン

 

 

 

 

「しっかし、なんで野間を一番起用するのかね?」

「昨日本塁打を打っている高橋を外してなんで絶不調の野間??」

「緒方は頭がおかしいんちゃう??」    *ここまで敬称(ではないかな?)略

 

多くのカープファンガスタメン発表時にそう感じて、試合中にその思いを強くして、結果4タコで「ほら見ろや!」と憤ったはずの昨日の試合でした!!

現状の野間選手に「起用に応えて奮起」する力はないんだって!!

いい加減に分かれよ〜〜〜〜。。。

もしも田中選手のフルイニング出場を止めた時のような「最後のチャンス」だったとしても、野間選手はまだそんな温情を与えられるほどカープに貢献していないって!!

しかも、延長10回一死一二塁のチャンスで結局その野間選手に代打を送るなんてアホらしい!!

チャンス時の「無策さの見本市状態」とブレーキにもほどがある4番も情けないけどね〜〜〜、昨日は野間選手の一番起用と無力な4タコ、そして、代打、そしてそして、最後が10回からレフトからセンターに回った西川選手が定位置ならセンターフライという当たりの打球に突っ込みもせずサヨナラ負け(結果論ですが「野間選手は代走・守備固めで登場」が正解だったに違いありません!)というバカさ加減が最も笑えました。。。

という、首脳陣の無能さと打線の重篤さがとっても分かりやすく表現されたサヨナラ負けでした😢

 

 

 

 

 

ところで。

「分かりやすい」といえば。

おととい(6.28 Fri)から始まった「オーダーシャツ×2枚=¥16,000+tax~」キャンペーンですが、こだわりのモノ・モノへのこだわりをディープに追求/探求している「愛用品が見つかるwebマガジン」”MUUSEO SQUARE/ミューゼオスクエア”さんに取り上げていただきました。

こちらです。

とても分かりやすく、魅力的にご紹介いただき大変にありがたいです😊

お時間がございましたらぜひともチェックしてみて下さい😉

担当のS様、いつも本当にありがとうございます。

そして、昨日のご来店も誠にありがとうございました!

 

 

 

 

記事は↓このスクリーンショット↓の感じで始まります。

 

 

すっきりして見やすい構成になっています!

さすが!!

この記事の効果もあり、今日もご来店に恵まれますように!!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日もルイジアナ産のゴキゲンな音源を!

「ケイジャン界のMICK JAGGER」のと異名(なんだそりゃ笑)も持つZACHARY RICHARDの名作Women In The Room(1990年作品)です。

記憶によれば、僕がZydecoにハマるきっかけとなった一枚ですね!

伝統的なケイジャンミュージックとコンテンポラリーなロックミュージックの要素が絶妙のバランスでフュージョンした、そして、硬軟取り混ぜた仕上がりがなんとも素晴らしい快作です😊

僕はクラシックなZydecoなんかも大好きなのですが、おおよそZACHARY RICHARDにしか出来ないであろうこの路線も大好きです😊😊

しかし、当時は本作も日本盤が出ていたんですよね〜〜〜〜、いい時代でした!!

 

 

 

 

では、気がついたら時々口ずさんでいることがある冒頭のファンキーチューンWho Stole My Monkeyのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

名曲!!

いや、でも、しかし、ほんとにこの人、かっこいいですよね〜〜〜〜!

「ケイジャン界のMICK JAGGER」も納得です笑。

 

 

 

 

30th. Jul. 2019

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.