Ryoji Okada Official Website

Diary

Muuseo Squareさんに告知いただきました!「オーダーシャツ2枚=¥17,600~キャンペーン」

Loud Garden / Media / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

7月の水曜日は15:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coat作りました!

 

 

No Surrender:僕の最新スーツ&ボトムス

 

 

“♡ Camo” silk 新色の既製品ネクタイ入荷しました!

 

 

“♡ Camo” silkの新色2カラーで小粋&洒脱な新アイテムCravattino/クラヴァッティーノを作りました!

 

 

現在発売中のLightning 8月号にRYOJI OKADAが大フューチャーされています!

 

 

<オーダーシャツ2枚=¥17,600~キャンペーンおすすめ着分ご紹介記事>

  vol.1:国産無地

  vol.2:Thomas Mason

  vol.3:Albini

  vol.4:Canclini, Monti and Somelos

  vol.5: Domestic big stripes

  Extra edition:国産スワッチ全マーク

 

 

 

 

昨日行われた2021 NBA Finals Game 4は重い展開の接戦をMILが制しました🏀

僅差のリードをずっと詰められない展開、D.Bookerが大当たりかつレフェリーが何度もFOを回避してあげる忖度(3度?あれはひどかった!)があったゲーム、負けたら崖っぷちに追い詰められる厳しい局面の中でよく勝ち切りましたね、素晴らしい!!

昨日はG.Antetokounmpoの「化け物」さ(特に4Q終盤のアリーウープをブロックしたプレイは強烈でした!)とK.Middletonの冷静さが際立ちましたね。

Game 5はあさって敵地での開催です。

D.Bookerが2ゲーム連続であそこまでタフなショットを決め続けることはないでしょう(レフェリーもさすがにフェアな笛を吹くでしょう)し、C.Paulも状態があまり良くなさそうですし、G.AntetokounmpoがつくことでD.Aytonはうまく封じることが出来ました。

つまり、Game 5も勝機は必ずあると思います!!

なんとか勝利してシリーズをリード、The Finals制覇に王手をかけて欲しいですね🔥

Go! BUCKS!

 

 

 

 

ところで。

「開催」といえば。

お得意様とこのDiary読者様とRYOJI OKADAおよびLOUD GARDENのFacebook page読者様限定で先行開催をしていた「オーダーシャツ2枚=¥17,600キャンペーン」ですが、いよいよ明日(7.17 Sat)が正式な会期初日になります!!

大変にありがたいことに先行開催期間も多数のご注文をいただいたのですがやはり正式開催となると気合もまた一段と入ります🔥

7月の前半戦は悪くない感触なものの苦しく厳しかった6月商戦からの「反転攻勢」までには至っていませんし、そして、僕から見てもとっても素晴らしくお得なキャンペーンですし、もっともっといろいろと工夫して頑張る必要があるので尚更です🔥🔥

そんな僕らを応援してくれるかのように、こだわりのモノだけを取り扱うマニアックなwebメディアMuuseo Squareさんがキャンペーンスタートの告知をしてくれました!!

我々のような広告宣伝費をほとんど持ち合わせていない零細小売店舗には本当にありがたいサポートです。

とてもスタイリッシュかつ分かりやすくご紹介していただきましたので、ぜひともこちらの告知記事をご覧下さい!

 

 

 

 

↓こちら↓はスクリーンショットですがこんな感じでご紹介いただいております。

 

 

嬉しい限りです!

関係してくれた皆さまにこの場を借りて改めまして心よりの御礼を申し上げます。

 

明日からの本開催、そして、今日(7.16 Fri)までの先行開催、両方ともどうぞ何卒よろしくお願い申し上げます!

 

では、最後に当キャンペーンの概要を再度お知らせします!

 

—–

「①縫製工場の閑散期利用」「②国内有力生地商社の協力(国産400本・インポート100本のキャンペーン専用着分と全28マークのキャンペーン専用国産スワッチコレクションをご用意)」「③皆さまのご注文を一定量集めてからの一斉裁断」といった諸条件が整って初めて実現する、また、いつ価格が改変されても不思議ではないスペシャルキャンペーンです!今回もなんとか価格据え置きでの開催を実現いたしましたのでぜひともこの機会をご利用下さいませ。

 

  • – 3枚目以降は奇数でのご注文も承っております。
  • – ピンタック、クレリック、ダブルカフス、フライフロント、貝ボタン、刺繍等々のオプションは別途アップチャージをいただいております。
  • – お出来上がりはご注文の2ヶ月から2ヶ月半後を予定いたしております。
  • – インポート素材は2枚で¥28,600~となります。
  • – バンチブック収録の通常コレクションはキャンペーン対象外となります。
  • – お電話・e-mail・SNS: Facebook/Instagram・Zoom等を使ってのご来店なしでのご注文・お問い合わせも承っております。*詳細はお問い合わせ下さいませ。
  • – ご希望の枚数や色柄等をうかがっての「お任せオーダー」も承っております。*詳細はお問い合わせ下さいませ。
  • – ご来店なしでご注文いただいた際のご決済は「お振込・web上でのクレジットカード決済(VISA/Master/Amex/JCB/Diners等)」で承ります。

 

News!   前回より「Women’s¥1,000アップチャージを撤廃」いたしました!

—–

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日は、おととい愉しんだTHE NEW YORK ROCK AND SOUL REVUEのLive At The Beacon(1991年作品)にも参加していたBOZ SCAGGSの作品を。

どれにしようかな?と少し悩んだのですが、おとといからの流れを考えてソウルフレイヴァー溢れる2ndアルバムBoz Scaggs(1969年作品)にしました。

ソウル、ブルース、カントリー等々のルーツミュージックをいい塩梅でブレンドしてロック風味を少し足した好作品、当時はそういう呼称はなかったかと思いますが、いわゆるアメリカーナミュージックの秀作ですよ。

1970年代のブレイクで「AORの帝王」的な扱いを受けることが多い人ですが、こういったタイプの音楽こそが「本性」ですよね。

圧倒的なキラーチューンがある訳ではないのですが全曲が良曲、バックバンドの演奏も見事です。

もちろん主役BOZ SCAGGSの、「大器の片鱗」を感じさせる溌剌としたヴォーカルも素晴らしいです!

大暴れはしていませんけれど、DUANE ALLMANが参加しているのもナイスなポイントですよね。

時代のせいでしょうか、プログレッシヴロック的な展開を持つ曲もあったりするのも微笑ましいです。

しかし、この人、今更ながら。。。

LED ZEPPELINやTHE ALLMAN BROTHERSよりデビューが早いのですね!

どころか、THEMと同じ年のデビューなんですねぇ。。。

そして、VAN MORRISONの2つ歳上。。。

なかなかの重鎮ですね!!

明日は別のBOZ SCAGGSアルバムにしようかな??

 

 

 

では、最高にゴキゲンなオープニングトラックI’m Easyのオーディオをどうぞ。

 

 

超良曲!!

 

 

 

 

16th. Jul. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.