Ryoji Okada Official Website

Diary

Introducing our customer’s interview article!

Loud Garden / Media / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

4.29 Thuは14:00-20:00で営業いたします。

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

5月/6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

New colours of our exclusive “♡ Camo” silk are coming soon!

 

 

☠️9周年Tシャツの「カラー&サイズオーダー初回受付」開始しました!☠️

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

おとといもお知らせしましたとおり、本日は木曜日ですが祝日:昭和の日なので14:00-20:00で営業します!!

木曜日、しかも、緊急事態宣言下でもありますのでいつも以上にご来店は少ないと思います。。。

つまり、今日いらしていただければじっくりゆっくりオーダーいただけるはずです!!

そして、(いつもひとり体制の水曜日に続いて)今日も僕ひとりで奮闘予定です🔥

正直なところ、2日連続のひとり体制はかなり寂しいものがあります。。。

つきましては、お時間がございましたらぜひとも激励にお立ち寄り下さいませ😌

もちろん引き続き、お電話/e-mail/SNS等でのご注文・お問い合わせ・激励も心よりお待ち申し上げております。

さあ、4月も残り2日間、後悔なきように今日も頑張っていこう💪

皆さまもどうぞ佳き1日をお過ごし下さいませ。

 

 

 

 

ところで。

「おととい」といえば。

おととい、JB Pressというwebメディアに気骨のノンフィクションライターにしてLOUD GARDEN/RYOJI OKADAのディープなお得意様である石戸諭様のインタヴュー記事が公開されました!

インタヴューをしてみたらあまりに内容が濃厚だったため前編『石戸諭、ビスポークとギャルソンを語る|「カッコいい」の研究(第5回)』後編『石戸諭に学ぶ、ブレない「仕事論」|「カッコいい」の研究(第5回)』に分けて公開しました!!と聞いております😉

その濃厚な記事の書き手/聞き手は、極めて個性的な感性とスタイリングがファッション業界でも一目、いや、百目くらい置かれているファッションエディター山下英介さんです。

A WORKROOM時代から何度が取材をして下さった、そして、A WORKROOM時代にワイドなパンツを作って下さった旧知の山下さん、相変わらず独特で素敵でした!

実はこのインタヴューの前編は写真撮影を含めてそのほとんどがLOUD GARDENで行われました😊

というのも、前編の文中にある「石戸さんが行きつけにしているテイラーが、筆者も取材したことのある外苑前のLOUD GARDENであったことが判明。店主の岡田亮二さんにお願いして、紹介していただくことになったというわけだ。ちなみにLOUD GARDENとは、英国ファッションと音楽、そしてアメリカンプロレスをこよなく愛する、岡田さんの趣味が爆発したテーラー。その顧客もかなりのクセモノぞろいであることは、申し添えておきたい」という経緯/背景があったからです。

ご縁をつなげられて、そして、取材でも使っていただけて大変に光栄かつ嬉しい限りです。

LOUD GARDENも大きくフューチャーされている前編は「決して現実を歪めることなく、徹頭徹尾フェアな視点で社会の分断をあぶり出す、日本では数少ない若手ノンフィクションライターのひとり、石戸諭さん。彼の孤独な戦いを支える意志の力と、装いの流儀とは? 前編はそのファッション哲学を中心に紐解いていく」という内容です。

後編は「決して現実を歪めることなく、徹頭徹尾フェアな視点で社会の分断をあぶり出す、日本では数少ない若手ノンフィクションライターのひとり、石戸諭さん。後編では彼の仕事における流儀と、その軸にあるものを探る」という内容です。

前後編ともに読み応えのあるとても素晴らしいインタヴュー記事に仕上がっていますので、お時間がおありの時にぜひともチェックしてみて下さい!

それにしても。。。

「ロック魂の塊」のような石戸様、世代も近く音楽やプロレスの話がバッチリ交差する山下さんとしばしの間ご一緒して様々なお話が出来てとても幸せでした😊

全員がTHE COLLECTORSを当然のように知っていて、取材当日に店で流していた新譜を聴きながらあれこれと話が膨らんでいく様もなんとも良かったです😊😊

しかし、これだけ個性的な3人が揃って「THE COLLECTORS、いいよね!」となるのはなんともさすがですよね!

 

石戸様、いつも本当にありがとうございます。

もうすぐジャケット2着とシャツ1枚が仕上がりますのでもうしばらくだけお待ち下さいませ。

 

山下さん、この度はお世話になりました。

ぜひとも今度またゆっくりプロレスの話で盛り上がりましょう😎

 

改めまして。

前編はこちらです。

後編はこちらです。

 

 

 

 

ちなみに、このインタヴュー時にご注文下さったThomas Masonのブラックウォッチシャツは↓こちら↓です!

 

 

めちゃくちゃかっこいいですよね!

さすがは石戸様です😊

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

という訳で今日はDUMPSTAPHUNKを1日だけお休みして、THE COLLECTORSの現時点における最新作別世界旅行~A Trip In Any Other World~(2020年作品)を。

聴くのは1ヶ月ちょっと振りくらいでしょうか?

あまり間は空いていないはずですけれどなんだか久し振りに感じます。

そして、やっぱり最高にカッコいいアルバムです!!

そしてそして、THE COLLECTORSの音楽はいつだって僕を元気いっぱいにさせてくれます!!

おかげで今日も頑張れそうです。

 

 

 

 

では、超ゴキゲンなオープニングトラック、お願いマーシーのミュージックヴィデオをどうぞ!

 

 

サイコーですよね!

 

 

 

 

29th. Apr. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.