Ryoji Okada Official Website

Diary

Introducing new bunch books for 2018-2019 Autumn/Winter, vol.3

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

8月は「水曜日・木曜日定休」に戻して営業いたします。

 

 

“♡ Camo” socks just arrived!

 

 

俺の極上新作スリーピーススーツ!

 

 

俺の極上新作ブルーグラデーションセットアップ!

 

 

 

 

さあ、今日からいよいよDとの3連戦@マツダスタジアムが始まるぞ〜〜〜〜!!!!

5位チーム相手に何をこんなに意気込んでいるかと申せば、実は今季の対戦成績は7勝8敗、セ・リーグで唯一負け越しているチームがDなんですよね〜〜〜〜。

そして、大瀬良投手と熾烈な最多勝&最優秀防御率争いを演じているガルシア投手が今日のDの先発なんですよね〜〜〜〜。

という訳で、今日はぜひともガルシア投手をガツンと打ち込んでもらいたいところです。

カープの先発も最近かなり状態がいいジョンソン投手ですからね、そう簡単には失点はしないことでしょう!!

とにもかくにも、今日は絶対にガルシア投手から3点以上取って勝つ!!

Go! CARP!

 

 

 

 

 

ところで。

「いよいよ」といえば。

先週末のこと、いよいよ、待ちに待った新作バンチブックの入荷がありましたので早速ご紹介します!

 

 

 

 

この2冊です。

 

 

はい、「フランネルの代名詞」と称されるFox Brothersの新作です!!

もちろんGuabelloやLoro Pianaといったイタリアンミルの洗練されたフランネルもいいですけれどね、でもやっぱりFox Brothersのフランネルは最高です!!

僕はこいつの入荷を待っていたのですよ〜〜〜!!

という訳で、中身を紹介していきますね。

 

 

 

 

まずは向かって左、今回リニュアルされたClassic Flannelからいきましょう。

 

 

冒頭の無地のヴァリエーションからして圧巻であります!!

今回のリニュアルで、ライトグレイやベイジュ、キャメル、ブラウンといったカラーが加えられました。

素晴らしい補強ですね!!

ちなみに、僕は今、上から6番目のネイヴィブルーでダブルブレステッドのスーツを作っております( ̄▽ ̄)

イギリスから戻った頃には出来ているはず、楽しみで仕方がありません。

品質は100% Wool(370/400g/m)です。

 

 

 

クラシカルなチョークストライプとウィンドウペーンです。

 

 

これ、全部作りたいですよね〜〜〜〜!

品質は同じく100% Wool(370/400g/m)です。

ちなみにこのレンジはリニュアル前と色柄もマーク数も「変わらず」です。

なにせWinston Churchillが身を包んだチョークストライプですからね、こういった色柄はコロコロ変えるべきでないのは「間違いない」です!!

 

 

 

同じ100% Wool(370/400g/m)のクラシックチェック(とヘリンボン)です。

 

 

いいですよね〜〜〜!

Tommy Nutterよろしく、ハウンドトゥースとグレンチェックを組み合わせたスリーピーススーツを作りたいですね( ̄▽ ̄)

 

 

 

最後に収録されているのは、500g/m前後のウェイトを誇るレンジです。

 

 

オーヴァーコートにも使える、いや、オーヴァーコートにこそぜひとも使って欲しい品質の素材です!

Classic Flannelは以上です。

リニュアルをしたとはいっても、80%くらいは前回のコレクションと同じ素材です。。。

が、そのことこそが、この素材がいかにマスターピースかを証明しているのではないでしょうか!

 

 

 

続いて、今回の目玉&ニューリリースのSomerset Jacketingをご紹介。

 

 

 

 

 

 

この豊かな温もり、本当に素晴らしいです!!

「違いの分かる」皆さまには説明する方が野暮ってものですが、品質だけは記させて下さい!!

100% Wool(340/370g/m)です

 

以上です。

Fox Brothersの極上コレクション。

ご来店の際には「絶対に」チェックをしてみて下さい!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日も比較的キャッチーなVAN MORRISON音源、1989年リリースの19thアルバムAvalon Sunsetを。

ライヴでも頻繁に披露されるオープニングチューンWhenever God Shines His Lightを筆頭に美曲がずらりと並んだ名盤です。

クロージングチューンのThese Are The Daysがこれまた素晴らしい美曲でしてね〜〜〜。

VAN MORRISONを聴き始めた最初期に入手した音源ですが今でも愛聴盤です。

それにしても、アイリッシュというルーツに立ち返ったTHE CHIEFTAINSとの共演盤(にして名盤)Irish Heartbeat(1988年作品)をリリースした1年後に、こういった優雅で洗練されていて何とも凛々しい作品を作り上げてしまうのだからやっぱりこの人はすごいですよね!

あ、ROD STEWARTの大ヒットカヴァーでも有名なHave I Told You Latelyは本作に収録されています。

 

 

 

 

では、そのWhenever God Shines His Lightをミュージックヴィデオを。

 

 

神々しい名曲です!

デュエットの相手はCLIFF RICHARDです。

 

 

 

 

7th. Aug. 2018

Ryoji Okada

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.