Ryoji Okada Official Website

Diary

Introducing new bunch book collection for 2022 Spring/Summer. vol.17: Piacenza 3-3 Alashan Breeze

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

4月~5月の水曜日は「14:00-20:00」で営業いたします。

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

LOUD GARDENの季刊ニュースペーパー:The Loudest Voice vol.30 完成しました!

 

 

Pen 5月号:気鋭のノンフィクションライター石戸諭様がLOUD GARDEN madeの最新作について書いていらっしゃいます!

 

 

<新作バンチブックのご紹介>

 vol.1: Darrow Dale 2-1

 vol.2: Darrow Dale 2-2

 vol.3: Ermenegildo Zegna

 vol.4: Trabaldo Togna / Drago

 vol.5: British suiting collection 2-1

 vol.6: British suiting collection 2-2

 vol.7: Tallia Di Delfino

 vol.8: Jersey collection

 vol.9: Super stretch

 vol.1o: Indigo by Harrisons

 vol.11: Jacketing collection – Ferla / Novara / Drago etc.

 vol.12: Jacket & Trousers – Dondi / E.Thomas etc.

 vol.13: Loro Piana

 vol.14: Warp & Weft – Ferla / Cerruti / Loro Piana etc.

 vol.15: Piacenza 3-1 Celebration

 vol.16: Piacenza 3-2 Sensorial

 

 

 

 

昨日の2:00(だったかな?)TOだったMIL@CHIのRound 1 Game 3は僕が応援している2チームのうちの1チームMILが完勝してRound 1突破に王手をかけました🏀

BIG 3の一角を担うK.Middletonは引き続き離脱しておりますが、残りの2人G.AntetokounmpoとJ.Holidayは万全ですし、Game 3に続いて伏兵G.Allenが躍動したのも心強いですね。

ECSFの相手はBOSになりそうですが、今シーズンのBOSはかなり強そうなので厳しい闘いになると思います。

K.MiddletonがECSFのどこかで戻れるといいのですが。。。

でも、まあ、それよりも、まずは明後日行われるGame 5ですよね!

ここは一気に決めて欲しいところですがどうなるか!?

今日は僕が応援している2チームのうちのもう1チームDALがUTAとのGame 5に臨みます。

現在シリーズは2-2のタイですが、Game 4からDALのエース・顔・主役のL.Dončićが復帰しましたしGame 5はホームゲームですしね、何とか勝利をもぎ取ってシリーズをリードして欲しいです。

Go! BUCKS!

Go! MAVS!

 

 

 

 

ところで。

「主役」といえば。

昨日おとといに引き続いて急遽3冊の手配に成功したPiacenzaの新作バンチブックをご紹介します!

最終日となる3日目の今日は「主役」Alashan Breezeの登場です!!

昨日おとといもご紹介した通り、Piacenzaは実に1600年代まで歴史を遡ることが出来る(具体的には日本で徳川家光が江戸幕府3代将軍に就任した1623年には既に毛織物商を営んでいた記録が残っているそうです!?)「現存する世界最古のミル」、そして1913年にCashmereを最初にイタリアに伝えたといわれることを筆頭に数々の逸話を持つ超名門ミルです。

ちなみにそのCashmereとは、Mario Piacenzaが中国への登山遠征中に「発見」したAlashan Cashmere/アラシャンカシミアでした。

Alashan Cashmereとは。。。

ヒマラヤ・チベット・モンゴルに広がる中国内モンゴル自治区西部のAlashan地方は典型的な砂漠あるいは半砂漠の草原、高地の岩山からなり、気候は寒暖差が激しく、乾燥し、風が強く、植物の少ない地域です。

Alashan CashmereはそのAlashan地域に生息するCashmere山羊だけにつけられる名前です。

厳しい気候条件は良質のCashmereを生みます。

言い換えるとCashmere山羊の生息地域は「冬夏の温度差が非常に大きく乾燥した高地」です。

Alashan Cashmereが生息する中国内モンゴル自治区西部は年間降水量がわずかに100mm程で、夏季の最高気温は40~42℃に達し、冬季の最低気温はマイナス30℃にまで至ります!

この厳し過ぎる気候条件の中で真冬の寒さを凌ぐために生まれるうぶ毛こそが、Cashmereの中でも最高品質のAlashan Cashmereとして産出されます。

Alashan Cashmereはそのあまりにも素晴らしい品質からテキスタイル業界では「Cashmereの中のCashmere」との称号を得ています。

具体的には、極めて細い繊維(他のCashmereには出せない直径14-16μ未満)由来の圧倒的にきめ細やかで柔らかでふくよかな手触りと上品で優雅で繊細な光沢、そして原毛がとても白いという特徴を持っています。

そんなAlashan Cashmereとの運命的な出会いは、100年以上の歳月が経った今日でもPiacenzaのDNAに多大な影響を与え続けています。

今日ご紹介するAlashan BreezeはそのAlashan Cashmereを贅沢に使用した驚異的に美しい超絶品コレクションです。

正にPiacenzaそのものな、正に「主役」なスーパーコレクションに仕上がっておりますのでご来店の際にはぜひともじっくりとご覧になって下さいませ。

もちろん引き続きお電話/e-mail/SNS等でのご注文/お問い合わせも大歓迎で承っております。

例えば、「ウインドウペーンのピンクをもう少し違う角度で見たい」といったご要望等がありましたらどうぞお気軽にお申し付け下さいませ。

すぐに分かりやすい画像をお送りする等いたします!!

という訳で、早速ご紹介しましょう。

 

 

 

 

 ↓こちら↓ です。

 

 

昨日ご紹介したSensorialと同じエンボス加工を施したレザー風の「側」ですね!

チェック26マークとプレーン24マークの合計50マークが収録されています。

前者は60% Alashan Cashmere + 32% Silk + 8% Linen(180g)で後者は49% Silk + 34% Cashmere + 17% Linen(180g)になります。

Cashmereというと秋冬シーズンをご想像になる方が多いと思いますが、このAlashan Breezeは完全なる春夏シーズン向けになります😊

ちなみに180gというウエイトはShirtingに近い軽さです。

ですので、考えられないほど軽快(にしてラグジュアリー)なジャケットが仕上がると思います!!

バンチブックの表紙裏(見開き左側)には「スーツにもいけるよ!」という記述がありますが、そして触ってみると「甘い」素材ではないのでいけるとは思うのですが、そしてそして「こんな雲上素材でスーツを作ってみたいなぁ」とも思いますが、これだけの高級品だとスーツはちょっと怖いのも事実ですね(笑)。

鼻高々で酒席に着ていたった帰りに転倒してびりっといったりしたら悲劇以外の何物でもありませんしね(笑)。

でも、現在の難局を乗り切れたら自分へのご褒美に「一生に一着だけ!」と作ってみてもいいかもしれないなぁ。。。と思ったりもしています。

まあ、そうしたらこの逸品ですからね、「もう一着だけ作りたい!」となるのでしょうけれど😎

では、具体的に見ていきましょう!

 

 

 

まずは冒頭に収録されているウインドウペーン13マークです

 

 

 

 

SilkとLinenをブレンドすることによって生まれた繊細かつ洗練された「顔」が素晴らしいの一語ではないでしょうか!

もちろん美しいカラーリングも見事極まりありません!!

皆さんはどのカラーがお好きですか?

 

 

 

ウインドウペーンの「僕のイチオシ(というかニオシ)」は ↓こちら↓ です。

 

 

 

このサックスブルー(上)かワインレッド(下)で。。。

ダブルブレステッドのジャケットが作りたいです!!

サックスブルーはスポーティなデザイン/ディテイルにしても良さそうですよね!!

いずれにしても一生モノ、宝モノが仕上がりそうです😊

 

 

 

続いてグレンチェック13マークです。

 

 

 

これまた最高に美しいコレクションですよね!

ウインドウペーンもいいけれどこちらのチェックも相当シビれます!!

「一生に一着だけ!」作るとしたらどちらでしょうか。

皆さまはどちらがお好みですか?

 

 

 

グレンチェックの「僕のイチオシ(というかニオシ)」は ↓こちら↓ です。

 

 

 

シックなターコイズブルー(上)と爽やかなピンク(下)です。

こちらならシングルブレステッドのクラシカルなジャケットがいいかなぁ???

ピンクでフォレスティエールもいいかも!!!

いや、本当に、激しく作りたいです(汗)。

 

 

 

最後にプレーン24マークです。

 

 

最高に美しいカラーたち!

素晴らしいコレクションですよね!!

もし僕がオイルマネーで潤っている富豪だったら全マーク作ってしまうかもしれませんね〜😎

宝くじ当たらないかな??

まあ、まずは買わないと当たりませんよね(笑)。

 

 

 

プレーンの「僕のイチオシ(というかサンオシ)」は ↓こちら↓ です。

 

 

グリーン(上)とレッド(中)なら軽快なジャケットを絶妙なトーンが最高にキレイなブラウン(下)なら思い切ってスーツを作ってみたいです!!

もしそんな夢が実現したら大切に大切に着ないとですね!!

 

以上です。

 

今日もまたもう少し深い解説を加えたかったのですが、考えてみたらこのコレクションは僕の能書きより見ていただいた方がその素晴らしさは確実によく伝わると思ったのであまりつらつらと乱文を書き連ねませんでした(笑)。

そしてこのコレクション。

触っていただくと間違いなく圧倒的な「違い」がわかると思います。

ぜひともご来店の際にはじっくり触ってやって下されば幸甚です😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もまた学生時代の音楽アルバイト仲間I君が先週の火曜日に立ち寄ってプレゼントしてくれた木暮 “shake” 武彦の「サイン入りBirthday Song(2020年作品)」に身を委ねようと思います!

RED WARRIORS時代の名曲12曲をセルフカヴァーしたアルバム、レイドバックしたグルーヴとイノセントな空気感があまりに心地良い快作です。

いくらでも聴いていられます!!

 

 

 

 

では、2曲目に収録されているGuerrillaのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

先日は弾き語りヴァージョンをシェアしましたが、やっぱりバンドヴァージョンの方がよりかっこいいですよね!

本作はこの隠れた(?)名曲が2曲目に収録されているのもすごくいいんですよね〜〜!!

 

 

 

 

26th. Apr. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.