Ryoji Okada Official Website

Diary

Introducing brand new bunch books for 2019 Spring/Summer, vol.3

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

1月と2月は「水曜日・木曜日定休」に戻して営業いたします。

 

 

 

 

昨日のNBAは、というか、日本のNBAファンの話題は我らがY.Watanabeの活躍で持ちきりだったに違いありません!!!

というのも、26:46とキャリア最長のPTをもらって10P/5R/1Aだったのであります!!

二桁得点もキャリア初、「解体→再建」に入っている&怪我人が多いチーム状態ながら素晴らしい!!

ちょっとしか画像は見れていないのですが、定評があったDはもう完全にNBAレヴェルですね😊

今後は昨日の勢いを維持しつつ、シュートの精度を更に磨いて長いキャリアを築いて欲しいものです😊😊

Go! YUTA!

ちなみに昨日はTrade Deadlineの後、具体的には4時間後(かな?)にASのドラフトが行われました。

昨シーズンから(でしたよね?)、東西カンファレンスの得票数トップ選手が、選ばれたスターター、リザーヴ選手を順々に選んでいってチームを作る方式に変わりました。

今年のASはTeam LeBronとTeam Giannisの対決、スターターは以下の通りです。

 

Team LeBron: L.James/K.Durant/K.Irving/K.Leonard/J.Harden

Team Giannis : G.Antetokounmpo/S.Curry/J.Embiid/P.George/K.Walker

 

ふ〜〜む、なんかK.Walkerだけちょっと場違い的な感じがして、それ故Team LeBronの方が強そうに見えるのは気のせいでしょうか???

K.Walker、好きなんですけどね〜〜〜〜!!!

また、リザーヴをセレクトした後で、B.SimmonsとR.Westbrookのトレード(笑)だ行われたりと、なかなか楽しいドラフトだったようです。

どこかでフルの動画落ちていないなかな??

いずれにしても、ASらしい華やかなゲームを期待したいですね!!!

あ、AS Weekendは来週末です🏀

あ、それから、今日は僕が応援する2チームMIL@DALの直接対決がありますね。

楽しみ!!

 

 

 

 

ところで。

「勢い」といえば。

今日は、現在「最も勢いのあるイタリアンミル」と評しても過言ではないVBCことVitale Barberis Canonico社の新作バンチブックを2冊ご紹介しましょう😊

VBCは今日ご紹介する以外にも2冊が既に入荷済み、1冊が明日入荷予定と異なるお取引先3社から供給があります。

「被り」ながらも3社ともが扱うというのは、やっぱりVBCの素材のヴァリューの高さ故でしょうね〜〜〜!

勢いがあるだけに様ざな新クオリティも開発していますしね😉

という訳で、早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

今日ご紹介するのはM社さん編集の↓この2冊↓です。

 

 

いずれもとても秀逸なコレクションに仕上がっておりますので、ご来店の際にはぜひともじっくりチェックしてみて下さい😊

では、まず左のAbito & Giaccaから、特にオススメしたい素材を「寄り画像」でご紹介します!

 

 

 

Abito & Giacca その①

 

 

Sporty Tropicalと名付けられたシャリ感のあるトロピカル(平織り組織)素材ですね。

このクオリティは今シーズンが初登場ではないでしょうか?

軽快さ(220gms)と清涼感を併せ持ったナイスな素材です!

Sportyと称するだけはある色柄もとても素敵ですよね😉

上から二番目に見えているブルーのグレンチェック、いいですね〜〜〜〜!!!

作ってみたいです!!!

 

 

 

Abito & Giacca その②

 

 

こちらはRustic Tropicalです。

Sporty Tropicalより少しウェイトがある(240gms)トロピカル素材ですね。

昨春僕が作ったレッドのウィンドウペーンはこのクオリティでした!!

シャリ感のある素材感が心地よいしシワになりにくいし、なかなかどうして秀逸な素材でしたよ😊

一番上のトレンドカラーグリーンのウィンドウペーンを筆頭にパンチのある色柄も魅力ですね!

 

 

 

Abito & Giacca その③

 

 

こちらもRustic Tropicalです。

ブークレ糸を使用したストライプ、やや大判のグレンチェック等々、極めてナイスなセレクションですよね、さすがはM社さん( ̄▽ ̄)

Rustic TropicalにはNatural Stretch機能を持った無地も8マークあるのですが、そちらも要チェックでお願いします!!

*柄物はNatural Stretchではありません。

 

 

 

Abito & Giacca その④

 

 

トレンドカラーであるグリーンのウインドウペーンを配したグレンチェックです。

この2マーク、個人的な「Abito & Giaccaの中のイチオシ素材」です!!

だって。。。

単純にかっこいいですよね〜〜〜〜!!!?

組織は今までご紹介した素材と同じくトロピカルなのですが細番手、100% Super 120’s Wool(230gms)です。

細番手なのにSporty Tropicalの方が軽いのは打ち込みに起因します。

具体的には、Sporty Tropicalは敢えてやや打ち込みを甘めに、というか少し「目すき感」のが出るように織っているのですが、こちらのSuper 120’s 2Ply Plain(←柄物なのにPlainとはこれ如何に?今度聞いておきます!)は細番手糸を使いながらしっかり織り上げているという訳です。

とはいえ、230gmsでしたら十分に軽量ですから盛夏にも着用可能です😊

ちなみにこの素材、僕のへっぽこな技術と機材で撮った↑この写真↑よりも現物の方が格段にいいです!!

こちらも要チェックでお願いします!!

 

 

 

Abito & Giacca その⑤

 

 

Super 120’s 2Ply Plainレンジは織柄無地も充実しております!

上2枚と下2枚はそれぞれ同じ柄のダークネイヴィとネイヴィブルーのグラデーションなのですが、その特性を活かしたセットアップやジャケットを作ってみたいです!!

例えば、ジャケットがダークネイヴィでボトムスがネイヴィのセットアップとか、ダークネイヴィをメイン使用しつつパーツにネイヴィを使用してさりげなくアシンメトリックな表現をしたジャケットとか。。。

もしかしたらT様から頂戴している宿題の回答のひとつはこれかもしれないな〜〜〜???

もう少しイメージを膨らませてみます😊

このSuper 120’s 2Ply Plainは他にもクラシカルな無地、ストライプ、チェックと充実した展開になっております!

 

 

 

Abito & Giacca その⑥

 

 

Super Fine Kid Mohairと名付けられた80% Wool + 16% Kid Mohair(230gms)のいチェックです。

このクオリティはVBCの定番なのですが、このチェックは初見だったので、そして、真ん中に見えているブラウンが白眉だったのでご紹介します!!

もちろん無地も充実しています!!

 

 

 

Abito & Giacca その⑦

 

 

Super Sonicと名付けられた絡み織り風のジャケット素材です。

極めて通気性が良さそうでシワになりにくそうな素材、更にはWater Repellent(撥水機能)も備わっているので、出張用のネイヴィジャケット等に最適な素材ですね✈️

僕も一着くらい持っていたいな、こういう素材のジャケット!!

ちなみに、こういう素材をシャープ&モダンに料理するのはLOUD GARDENの得意技であります!!

なので、もし僕が自分用に作るとしたらかなり「攻める」と思います(笑)。

とっても快適そうだし本当に作ろうかしら???

 

 

 

Abito & Giacca その⑧

 

 

華やかで爽やかなカラーリングが見事なジャケット素材も大充実です!!

上から二番目に見えているブラウンベースのチェックでダブルブレステッドのジャケットが作りたいです!!!!!

あるいは、ヴェストを作って、一番上のネイヴィベースのチェックのジャケットと合わせたいです!!!!!

ヴェストの場合もダブルブレステッドがいいでしょうね〜〜〜〜😊

Abito & Giaccaは以上、続いてLe Stagioniを「寄り画像」で見ていきましょう!!!

 

 

 

Le Stagioniその①

 

 

今日ご紹介するスーツ素材で最重量級にして最もオススメしたい素材が、この4Ply Tropical(390gms)です!

この、イタリア素材ながらもヴェリーブリティッシュなハードな佇まいがとにかく最高です!!

もしFox Airで作っていなかったら、僕はこの素材を2019 Spring/Summer第一弾に選んでいたかもしれません!!!

 

 

 

Le Stagioniその②

 

 

 

73% Wool + 23% Mohair(290gms)というクオリティの人気素材Mohair Quattroです。

モヘア混紡素材の特徴である優雅な光沢と通気性、シャリ感、ハリコシに優れた素材なのですが、中番手糸を使用してしっかり打ち込んで織り上げられているので、中でも特にハリコシが素晴らしい素材です!

ソフトなモヘア混紡素材ももちろんいいのですが、僕は断然こちらのタイプが好みです😊

もちろんVBCならではの野心的な色柄も秀逸です!

 

 

 

Le Stagioniその③

 

 

特に↑このブラウンのグレンチェック↑なんて最高じゃありません????

でも、毎度のことながら、イチオシ素材に限ってイマイチきれいに撮れていないという(泣)。

いずれにしても、このグレンチェックは最高です😊😊😊

ぜひぜひぜひぜひ、ご来店の際には見てやって下さい!!!!

 

 

 

Le Stagioniその④

 

 

Mohair Quattroの無地コレクションです!

素晴らしい!!

 

 

 

Le Stagioniその⑤

 

 

最後にVBC自慢のMohair Twillを。

84% Wool + 16% Mohair(260gms)という品質なのですが、この素材の特徴は何といってもTwill(綾織組織)なことです!!

Twillならではの深みのある色柄と光沢が見事です!!

特に、織柄無地の上4マークは美しいですよね😊

Twillであることがより分かりやすい無地も豊富に収録されいます!!

 

 

 

 

以上です。

VBC、やっぱり充実のコレクションですね!

人気が出るのも分かります😊

残りの3冊の内容を詳しくチェックするのが今から楽しみです!!

皆さまもぜひご来店の際にはVBCの充実&濃厚なコレクションをお楽しみ下さい😉

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

本日のレイドバック音源はNOLAが産んだ巨人ALLEN TOUSSAINTが1975年にリリースした傑作Southern Nightsを。

いつ聴いても心和む、そして、エレガントなグルーヴが身体をも癒してくれる極上盤ですよね!

攻撃的になりたい時には不向きなれど、それ以外のどんなシーンでも上げてくれる「一家に一枚」の大名盤であります!!

 

などと「したり顔」で評してますけれど、実は25年以上前かな?本作を初めて聴いた時はピンときませんでした。

僕は当時「世界最強のライヴバンド」という冠がつけられていたTHE NEVILLE BROTHERSの生ライヴに衝撃を受けてNOLAの音楽にハマったのですが、その師匠筋にあたる偉人の名作ということで、濃厚なファンクネスに期待していたんですよね。

ところが、なんとも軽快でキャッチー、声も透明感たっぷり。。。

その頃は「卒業」した感じだったAORに通じるソフトさがあった(実際はそうではないのですが。。。)ので、「ええ、こういうんだ〜〜〜。。。」とちょっとした失望感を味わったのです。

まあ、いわゆる若気の至りってやつですね(笑)!

でも、色々とNOLAの音楽を聴いていくうちにこの音源の素晴らしさが分かるようになりました!!

若い頃の耳はやっぱりちょっと偏りが出ますよね。

という訳で、20歳前後の若者諸君(がこのDiaryを読むとは思えないけれど)、巷で名盤と評されていて今の貴殿の耳と心に響かない音源があれば、5年後、10年後にまた聴いてみて下さいな😊

 

 

 

 

では、東京でのフルライヴ動画をどうぞ!

 

 

この回ではありませんが、この時のライヴは行ったんじゃないかな〜〜〜?

すんごいいい席で、極上グルーヴを堪能した記憶があります😊

 

 

 

 

9th. Feb. 2019

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.