Ryoji Okada Official Website

Diary

Funky, elegant and exciting jacket and shirt!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

9月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

「サンデー毎日」9.20号でRYOJI OKADAがフューチャーされています!

 

 

The Loudest Voice vol.26 in store now!

 

 

キッズシャツ・親子シャツのオーダーも可能です!

 

 

 

 

昨日のMNFはなかなか面白かったです🏈

B.Roethlisbergerの肘の状態が万全に近いところまで回復しているようなので、今シーズンのPITはそこそこ闘えるのではないでしょうか。

KC、BALにつぐAFCの3番手争いに喰い込むこともあり得るかもしれませんね。

まあ、まだ1ゲームしか終わっていないし、昨日の相手はNYGでしたけどね(笑)。

次は、日本時間金曜日午前中のTNF: CIN@CLEです!

注目はもちろんCINがドラフト全体1位指名したルーキーJ.Burrowですね🐅

昨シーズンだけで60TDを記録、ハイズマントロフィーを受賞、LSU(ルイジアナ州立大学)の全勝での全米制覇を牽引等々、あまりにも華やかな経歴を持ったドラフト1位QB、しかも男前という。。。

注目せざるを得ません!!

Week 1のLAC@CINは見れなかったのでかなり楽しみです!

でもその前に。。。

今日はNBAであります🏀

7:30ティップオフ予定のECF: MIA-BOSのGame 1と、10:00ティップオフ予定のWCSF: DEN-LACのGame 7が行われます!!

注目は遂に死闘に終止符が打たれる後者でしょう!

個人的には「スーパースターがいない&生え抜きの選手が多い&下馬評が低い」DENに肩入れしたくなりますけれどどうなるでしょうか🔥

Go! NUGGETS!

 

 

 

 

ところで。

「華やか」といえば。

今日は、素晴らしくダンディでスタイリッシュな建築家のS様がご注文下さったファンキーにしてエレガント、そしてとっても華やかなジャケットとシャツをご紹介します🌹

S様は2ヶ月ほど前にふらりとご来店下さったご新規のお客様なのですが、いきになりこのデザイン/ディテイルでオーダーを入れるとは相当の強者であります!

僕も少々緊張しました😎

という訳で、早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

とっても凝った「2色使い&フラワーモチーフ」のカットジャカード素材、カッタウェイフロントやダブルエルボウパッチ(下で「寄り画像」でご紹介します!)といった大胆なデザイン、素材違いのアウトサイドチケットポケット(チェンジポケット)やバイカラーのボタン&ボタンホールといったオーダーメイドならではのディテイル等々、こだわりと遊び心に溢れた、そしてクリエイティビティに富んだ1着に仕上がりました!

Tシャツ&ダメージ加工のデニムパンツに合わせて「ワイルドなカジュアルスタイルをセクシーにグレードアップ」させてよし、ホワイトシャツに真っ赤なボウタイを合わせてパーティに列席してよし(その場合のボトムスはレッドあるいはブルーの無地がベストマッチでしょうか!?)、一緒に作っていただいたシャツ(最後にご紹介します!)を合わせてスマートカジュアルでキメてよし、広い振り幅を持つ逸品でもあります😉

いやはや本当にかっこいいですよね!!

僕もこの素材でロックなジャケットを作りたいです!!

では、こだわりと遊び心を「寄り画像」で見てみましょう。

 

 

 

ラペル&胸ポケットです。

 

 

フラワーホール(衿穴)はレッド糸を使用、それに合わせて「チーフ代わりに引っ張り出せる胸ポケットの袋地」は “♡ Camo” silk c/#redの残布を使用しました!

フラワーモチーフのレッドとの相性も抜群、完璧な三位一体ですよね😉

 

 

 

フロントボタンです。

 

 

第1ボタンホールはレッド糸、第2ボタンホールはネイヴィブルー糸を使用しました!

この「バイカラーボタンホール」は、最近僕も頻繁にやっているのですがとてもいいですよ😉

 

 

 

上述したアウトサイドチケットポケットです。

 

 

100% LinenのStrawberry Thief(Liberty素材)を使用しました!

ナイスアクセントになっていますよね😉

なだけでなく、この素材でシャツも作っていますから「ナイスストーリー」にもなっています😉😉

 

 

 

ダブルエルボウパッチです!

 

 

文字通りダブル(二重)になったエルボウパッチ、これまたナイスアクセントです!

しかも、下側のエルボウパッチはフランネルを使用しています!!

アウトサイドチケットポケットは春夏素材のリネン、(下側の)エルボウパッチは秋冬素材のフランネル、そして、ジャケット本体のカットジャカード素材はオールシーズンタイプ(日本では盛夏を除くオールシーズン)。。。

この絶妙にして反骨心たっぷりのハーモニーよ、う〜〜〜〜ん最高です😎

 

 

 

スリーヴボタンです。

 

 

– 20㍉ボタン

– バイカラー(ブラック&レッド)ナットボタン

– リアボタンホール(本開き切羽)

– スランテッドボタンホール

– レッドボタンホール

 

はい、いずれもアップチャージ不要のディテイルです😉

 

 

 

ライニングです!

 

 

美しいジャカードペイズリーです!

敢えて「完璧なブルーのグラデーション」や「コンセプチャルにヴィヴィットなレッド系」にしなかったのが「大人の余裕」を感じさせますよね😊

表素材とのコントラストがとっても上品で素敵です!!

 

 

 

最後にシャツをご紹介します。

 

 

アウトサイドチケットポケットとのストーリーが本当に素敵!!

でも、このシャツ1枚でお召しになっても本当に素敵!!

一粒で二度美味しいシャツであります😊

 

 

 

 

以上です。

S様、この度は当店をご利用下さいまして本当にありがとうございました。

心より御礼を申し上げます。

新たにご注文いただいたボトムスもカッコよく仕上げますのでどうぞご期待下さいませ!

そして、今週のご来店も心よりお待ち申し上げております😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日は予告通りにBRUCE SPRINGSTEENのWe Shall Overcome: The Seeger Sessions(2006年作品)です!

伝説的なフォークシンガーPETE SEEGERがレパートリーにしていた曲をフューチャーした「自作曲なし」の企画色が強い作品なのですが、これがまた最高なんですよね😊

フォークにはあまり詳しくない僕ですが、この音源を聴いたら思わずPETE SEEGERの音源を集めたくなってしまいますね。

なんだかとっても懐かしい感じがするし、なんともはやリラックス出来るんですよね。

「(僕がまったく信じていない)前世」がもし仮にあるとしても僕はアメリカ人ではないはずなのですが、なんだかすごく郷愁を覚えるんですよね。

なだけでなく、めちゃくちゃ楽しくなる/踊りたくなる楽曲も収録されているのもいい!

そして、BRUCE SPRINGSTEENのシンガーとしての魅力が満喫出来るのも、バンドの楽しげな空気が伝わってくるのもナイスな!!

時々思い出したように聴きたくなる良作です。

そして、タイトルトラックのWe Shall Overcome。。。

元々は賛美歌をルーツに持つ平等や平和を歌ったプロテストソングらしいですが、コロナ禍にある僕やあなたやみんな、そして、この地球が必要としている歌ですよね、きっと!

 

—–

We shall overcome
We shall overcome
We shall overcome some day
Here in my heart, I do believe
We shall overcome some day

We’ll walk hand in hand
We’ll walk hand in hand
We’ll walk hand in hand some day
Here in my heart, I do believe
We’ll walk hand in hand some day

*歌詞一部抜粋

—–

 

コロナに勝利しよう!

コロナに打ち克とう!!

 

 

 

 

では、数多くの音楽家に愛されカヴァーされてきた10曲目収録のShenandoahのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

素晴らしい!!

 

 

 

 

16th. Sep. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.