Ryoji Okada Official Website

Diary

11.19 Sat – 12.11 Sun:Canclini fair/カンクリーニフェア開催

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

大川”Loud Girl”知沙子が2016.11末日をもって退社いたします。

 

 

11月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

 

 

NHKドラマ「スニッファー 嗅覚捜査官」に、香川照之様がRYOJI OKADAのスーツとシャツをお召しになってご出演なさいます。

 

 

 

2勝8敗と近年稀に見るバッドスタートを切った我がDALですが、先行きはまったくもって明るくない、極めて厳しい状況下にいます。

その理由は。。。

まずは、エースD.Nowitzkiがなかなか戦列復帰出来ないこと。。。

もう全盛期の力はないとはいえ、彼がフロアにいるといないのとでは得点力が全然違います。

次に、D.Williams、D.Harrisに加えてJ.J.Bareaも、つまり、3人のPGが揃って怪我で戦列を離れる状況に陥ったこと。。。

今シーズンのJ.J.Bareaはかなり良かっただけに大幅な戦力ダウンです。。。

そして、PGがS.Curryだけになってしまったことを加味してJ.Gibsonと契約するためにQ.Acyをウェイヴせざるを得なくなってしまったこと。。。

それでなくても、ナチュラルポジションがSFであるH.Barnesが先発PFを務めている状況ですからね、例え今まではPTが殆どなかったとしてもインサイドの駒を失うのは地味に痛いです。。。

これで、更に怪我がちなA.Bogutあたりが離脱するようなことがあるといよいよヤバイです。。。

もし、そんな状況になったら若手を集めるトレードを敢行して再建モードに方向転換するしかなさそうです。

そんなDALですが、今日はゲームがあります。

在籍中の2シーズン、怪我ばかりでほぼほぼ使い物にならなかった「ザ・不良債権」にして、何故かまたまた高額契約を獲得したイケメンC.Parsonsが先発SFを務めるMEMが相手です。

ホームですしね〜〜〜〜、ぜひとも今日は全選手に奮起してもらってMEMをボコって欲しいものです。

Go! MAVS!

 

 

 

ところで。

「今日」といえば。

本日、11.19 Satから12.11 Sunまでの期間限定で、イタリアの名門シャツ素材メーカーCanclini/カンクリーニ社主催のスペシャルフェアを開催いたします。

カンクリーニ社CEOのシモーネ・カンクリーニ氏が日本のビジネスマンのためにセレクトした30マークの素材を上記期間限定で¥15,000+taxで承ります。

為替の問題でインポート素材の仕入れ値が高騰している昨今です、このお値段はとってもお買い得です!

しかも、今回はお買い得なだけではなく、カンクリーニ社の社名を刻印した白蝶貝ボタンとカンクリーニ社製のリネンで作成したポケットスクウェア(チーフ)がついてくるという特典もあります 🙂

という訳で、ぜひともこの機会にカンクリーニ社謹製の逸品素材で極上シャツをお仕立てになってみてはいかがでしょうか。

また、当フェアはオプションフリーキャンペーンとの併用は出来ません、申し訳ありません。

王道のクラシックシャツをお求めの方はカンクリーニフェアを、個性的なアヴァンギャルドシャツをお求めの方はオプションフリーキャンペーンをぜひとも使い分けて下さいませ。

 

 

 

当フェアのフライヤーです。

 

s_img_1323

 

今回は自作する時間がなかったのとテイストが悪くなかったので、シャツファクトリーさん支給のこのフライヤーを店頭でお渡ししております。

また、支給部数が限られていたので、全お得意様は無理だったのですが一部のお得意様にはオプションフェアの告知ダイレクトメールに同封しております。

 

 

 

では、シモーネさんが厳選した30マークを全披露しましょう!

 

s_img_1315

 

s_img_1316

 

s_img_1317

 

あれもこれもそれも欲しくなる充実のコレクションですよね 😉

クラシックな中にもイタリアのメーカーらしいファンシー目な柄物もちらほら入っているのもナイス。

そして何より、濃色(ネイヴィとブラウン)が含まれているのが嬉しい限りです!

現状、全通常コレクションを見渡してもダークブラウンの無地がないのです。。。

 

 

 

こちらが今回のフェア専用のロゴ入りの白蝶貝ボタンです。

 

s_img_1326

 

初めてこの企画を耳にした時は「ロゴ入りの白蝶貝ボタン?ふ〜〜〜ん」という感じでしたが、実物を見たらとってもスタイリッシュなのでびっくりしました、さすがです :mrgreen:

ちなみに、右のミニサイズの方はBDカラーの衿先や剣ボロに使用するボタンになります。

 

 

 

以上です。

今回のフェアはカンクリーニ社とシャツファクトリーのコラボレーションが5周年を迎えたなど、様々な理由が重なっての開催になります。

今後はあるかどうか分からない正にスペシャルなフェアになりますので、ぜひともご来店の際にはチェックしてみて下さい。

ご来店が難しい方にはメールやFBのメッセンジャーなどで「寄り画像」をお送りすることも可能ですので、遠慮なくお申し付け下さい 😉

皆さま、良き週末を。

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

という訳で、昨日聴いたALTの最初にして最後のアルバムAlttitudeに続いてLIAMが取り組んだHOTHOUSE FLOWERSの4th アルバムBorn(1998年作品)を。

HOTHOUSE FLOWERSは僕が世界で一番好きなバンドです。

その深くて静かに熱いソウル、ピュアでイノセントな美しい楽曲、アイリッシュバンドらしい演奏。。。

彼らが僕を魅了した理由はいくらでも挙げられます。

初めて聴いた時は「まさに僕が求めていた音楽はこれだ!」と確信したものです。

このバンドに対する唯一の不満は1988年のデビュー以来「たったの」5枚しかスタジオアルバムをリリースしていないということです。

もうすぐデビュー30周年。。。

にもかかわらず5枚、6年に1枚。。。

もはや「スタジオアルバムをリリースする」という形態にはこだわっていないのかもしれないけれど、「じゃ、週末にライヴを観に行こうかな?」とはなかなかいかない極東のファンとしては、活動している限りはある程度の頻度で新譜を届けて欲しいものです。。。

で、本作ですが、HOTHOUSE FLOWERSの作品中最も迷いが感じられるアルバムです。

モダンなアプローチを取り入れているのですが、個人的にはそれがなかなか受け入れられずリリース当時はかなり失望したものです。

LIAMが坊主頭になっていたのも衝撃でしたし笑。

そして、次作にして現時点での最新作Into Your Heart(2004年作品)が本作以前のHOTHOUSE FLOWERSらしい会心の出来だっただけに、今になってもそこまで好きではないというのが本音です。

でも、本作と前作の間にリリースされたALTプロジェクトの音源を久し振りに聴いてみたらとっても良かったので改めて聴くことにしてみました。

ふむふむふむ。。。

やっぱりね、珠玉の1st、2nd、5thには及ばないけれど、一般的に考えればとても良く出来たアルバムですね 🙂

1、3、8、9、10あたりは素晴らしくいい曲です。

ライヴで聴いてみたい!

 

 

 

では、本作収録曲はYouTubeで見つけられなかったので昨年のライヴ動画を。

 

 

Three Sisters、新曲ですって!?

これはいい曲だ 🙂

超久し振りの新録アルバムに期待したいです!

それにしてもLIAMのエモーショナルなボーカルはやっぱり最高だな〜〜〜〜。

そして、LIAMのヘアスタイルはやっぱりロングに限るな〜〜〜〜笑

 

 

19th. Nov. 2016

Ryoji Okada

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.