Ryoji Okada Official Website

Diary

Brand new shirting collection, Sep. 2020, vol.6!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

9月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

「サンデー毎日」9.20号でRYOJI OKADAがフューチャーされています!

 

 

The Loudest Voice vol.26 in store now!

 

 

キッズシャツ・親子シャツのオーダーも可能です!

 

 

 

 

昨日行われたECFのGame 3はBOSが完勝しました🏀

G.Haywardも戦列に戻ってきたんですね。

2017年のBOS移籍後すぐに大怪我をして以来、なかなか思うようなキャリアを送れていない彼が躍動するのはなかなかグッとくるものがありますね!

Game 4は少し時間が空いて日本時間の木曜日9:30ティップオフです。

もしBOSが取れればシリーズの行方はまったく分からなくなりますね、楽しみです!!

今日はWCFのGame 2が8:30ティップオフです。

「不屈のDEN」が巻き返すのに期待したいです!

そして、Week 2の日曜日を迎えているNFL、今日(日本時間の月曜日)は興味深い対戦が目白押しです🏈

個人的な最注目は9:20キックオフのNE@SEAかな?

エアロバイクでハードに追い込みながら観戦予定です💪

その5分前に始まるLV@NOも見たいけどな〜〜〜!

あ、ちなみにですが、今シーズンもDAZNはNFL中継をしております。

少し前に「今シーズンはNFL中継ないのか!?なかったらもう契約やめようかな?」などと書きましたが、開幕前日にアナウンスされ、無事に楽しんでおります。

応援するチームが固定されている方やディープなNFLファンの方は全ゲーム視聴可能なGame Passなんでしょうけれど、僕のような特に応援しているチームを持っていないライトなファン(といっても選手年鑑を買ったりはしていますけれど笑)はDAZNで充分かもしれませんね!

いろいろなチームのゲームを楽しめますから😊

来年は広島東洋カープのホーム試合も放映して欲しいけれど!

 

 

 

ところで。

「昨日」といえば。

昨日に引き続いて「オーダーシャツ用の新作素材」をご紹介します!

今日は国産素材の最高峰コレクションThe Royal Caribbean CottonとBook Ⅱというバンチブック収録用の新作です🇯🇵

見ると欲しくなる危険な(笑)素材ばかりです!!

ご来店の際にはぜひともゆっくり&じっくりチェックしてみて下さい。

もちろん、気になる素材の高解像度画像をe-mailでお送りすることも可能ですので、「なかなか青山へは出られないけれどシャツ新調したいな!」という方がいらっしゃいましたらぜひともお申し付け下さい!!

すぐに画像を添付送付いたします✉︎

お問い合わせ等は「寄り画像」左上のFMで始まる品番でお願いいたします。

では、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

まずはThe Royal Caribbean Cottonを。

 

 

今回入荷したのはこちらの3マークです。

The Royal Caribbean Cottonコレクションには「100番手双糸(ソウシ)が基本のSilver Line」と「120番手双糸(ソウシ)が基本のGold Line」の2冊のバンチブックがある(更に細番手のPlatinum LineもGold Lineに包含されています)のですが、今回入荷した3マークは後者Gold Lineです。

上品でキメの細かいミニダイヤ柄が極めてエレガントな素材です。

 

 

 

具体的には↓このような表面感↓を持った素材です。

 

 

とても美しいですよね!

上品な光沢も本当にエレガントです!!

エレガントでありながらも変化のある表面感、「オックスフォードやヘリンボンもいいけれどやっぱりちょっとカジュアルっぽんだよね。でも、完全にフラットに見えるブロード/ポプリンやマイクロツイルも味気ないかな?」という方にぜひともオススメしたい素材です。

では、全マークを「寄り画像」で見てみましょう。

 

 

 

FM85584/585/586

 

 

 

 

上からホワイト、サックスブルー、グレイです。

ホワイトとサックスはもちろん「間違いない」のですが、一番下のグレイがとってもいい濃度なんですよね!

超エレガントなライトグレイのドレスシャツ、作ってみたいです。

 

オーダーシャツ¥16,000+tax~

 

 

 

続いてBook Ⅱの新作です。

 

 

Book Ⅱは「ジャージー素材と高機能素材用のBook Ⅰ」と「ジャカードの無地素材とリネン系素材用のBook Ⅲ」以外の国産素材が収録されているバンチブックです✌️

今回は以下の3グループが入荷しました3️⃣

1. ライトウェイトのフランネル無地:左4マーク

2. サテン組織のストライプ:真ん中3マーク

3. オックスフォード組織の柄物:右3マーク

以上です。

いずれもとってもナイスな素材ですので、これまた全マークを「寄り画像」で見てみましょう。

 

 

 

FM12698/699/700/701

 

 

 

 

 

上から、ホワイト、ライトグレイ、ネイヴィブルー、カーキグリーンです。

フランネルではあるのですが、いわゆる「ネルシャツ」のようなモコモコっとした素材ではないので、温かみを持ちながらもスッキリと着られるシャツが仕上がるはずです。

上品なカラーリングも魅力ですね!

カーキグリーンの素材はこのソフトフランネルと昨日ご紹介したLeggiounoのジャカートしか現状のコレクションには存在しない、つまり完全に無地なカーキグリーンはこのソフトフランネルだけですのでとても貴重です!!

いずれのカラーもモダンなカジュアルシャツはもちろん(モダンではないカントリータッチのカジュアルシャツももちろん!)、ジャケット代わりに着用可能なオーヴァーシャツやサファリジャケットもいいでしょうね!

シャツワンピースにも「間違いない」素材です!

 

オーダーシャツ:¥13,000+tax~

オーヴァーシャツ:¥13,000+tax~

サファリジャケット:¥30,000+tax~

シャツワンピース:¥25,000+tax~

 

 

 

FM12702/703/704

 

 

 

 

サテン組織のストライプコレクションです!

サテンならではの美しい光沢と豊かなドレープが魅了です。

また、経糸(タテイト)・緯糸(ヨコイト)ともに120番手双糸(ソウシ)を使用しているのですが、細番手素材ならではの滑らかな肌触りも素晴らしい素材です!!

この細番手素材が¥13,000+tax~とはなかなかお値打ちですよね。

色柄にピンときましたらぜひとも作って下さい。

個人的には、超クラシカルな一番上のピンストライプに惹かれています!!

 

オーダーシャツ:¥13,000+tax~

 

 

 

FM12705/706/707

 

 

 

 

緯糸(ヨコイト)に40番手の三子糸を使用したオックスフォードコレクションです。

「40番手の三子糸」とは、40番手の糸を3本撚り合わせて形成した糸のことです。

いわゆるウール素材でいうところの3 Plyですね3️⃣

三子糸を使用することでより丈夫にハードタッチに仕上がると同時に独特の豊かな膨らみを持った素材に仕上がります。

実際に素材を触っていただくと、ヴィンテージタッチのハードさと見事なハリがすぐにお分かりになると思います!

*経糸(タテイト)は60番手双糸(ソウシ)、つまり2 Ply糸を使用しています。

というクオリティが最大の特徴な素材ですが、色柄もとってもいいですよね!

個人的には真ん中のとってもきれいなグリーンがいいかな?

グリーンとホワイト、そして、ピンドットのサックスブルーの相性が抜群過ぎます!

敢えて超クラシカルデザインの(ラウンドカラー + フレンチカフスかな?)のドレスシャツを作ってサックスブルーのネクタイでキメたいです!

レッド、ホワイト、ブルーのトリコロールチェックもすごく好きです!!

この素材なら、両胸にカジュアルなデザインのポケットが付いたバンドカラーシャツを作ってみたいですね〜!!

 

オーダーシャツ:¥13,000+tax~

 

以上です。

明日は最終日、他の国産素材をご紹介します。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

昨日に引き続きBRUCE SPRINGSTEENの傑作2枚組The River(1980年作品)、今日はDisc 2を!

1枚組でのリリース計画されていた時点でのタイトルトラックThe Ties That Bindも、代表曲中の代表曲Hungry Heartも、深みのあるタイトルトラックThe Riverも収録されていない(Disc 1収録)けれど、ややしっとり落ち着いたこのDisc 2にも5. Stolen Car、8. Drive All Night、9. Wreck On The Highwayといった名曲が収録されていて聴きどころ盛り沢山です!!

疾走するDisc 1に通じる2. Cadillac Launchや6. RamrodあたりのR&Rも痛快そのものです!

やっぱりこうして聴いてみると、軽快でハッピーなR&Rアルバムを!という計画を変更して2枚組にした判断は大正解でしたね。

しっとりとした曲やダークな曲の存在が本作を極めて懐深い名作にしているのが改めて分かりました。

まあ、もちろん、それとて、綺羅星のように並んだ軽快でゴキゲンなR&Rソングがいずれも名曲ばかりという前提があってでしょうけれど。

いや、本当にすごいアルバムですね!

 

 

 

 

21st. Sep. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.