Ryoji Okada Official Website

Diary

Brand new shirting collection, Feb. 2021, vol.3: Imported Fabrics

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

3月/4月/5月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!

 

 

ミリタリーコートの傑作Greatcoatを作りました!

 

 

個性的なDポケットが極めてクールなレザーのライダースジャケットを作りました!

 

 

MUUSEOに “LOUD GARDEN Museum” を開館しました!

 

 

「Wrinkle Free素材(100% Cottonの形態安定素材)シャツ」限定の¥2,000 offキャンペーンをひっそりと開催しております!

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

 

 

 

 

昨日はGとの練習試合があったカープですがあっさり負けました⚾️

まあ、この時期だから勝敗はいいんですけれどね。

そこそこキャリアを積んだ投手/選手が見せる集中力に欠ける与四球や拙守には少々げんなり。

今日のFとの練習試合ではピリッとして欲しいですね!!

と書くと、収穫皆無の試合だったようにお感じかもしれませんがそんなことはありません😊

守備力を買われてドラフト6位指名された矢野選手が3打席2打数2安打1四球と躍動、守備でも好フィールディングと自慢の強肩を披露して、解説の野村元カープ監督から「実戦向きの選手ですよね」と称賛されていました。

3年目トリオの羽月選手、正隋選手、林選手も安打を放ちましたし、中村奨選手も安打を放ちマスクも被りました。

そして、ドラフト2位森浦投手と3位大道投手がまたしても零封!!

若鯉の活躍が眩しい1日でした!!

まだ気が早いけれど、ルーキーは栗林投手、森浦投手、大道投手、矢野選手は開幕一軍が濃厚ですね、素晴らしい🔥

今日は新助っ人クロン選手の一発が見たいですね〜〜〜!!

Go! KEVIN!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「濃厚」といえば。

引き続き、入荷したばかりのと〜〜〜っても濃厚な「オーダーシャツ用の新作素材」をご紹介します!

3日目の今日は、Imported Fabricsというバンチブック用の新作、具体的にはAlbiniのドレス素材とRedaのウールリネンコレクションです。

前者はエレガントなドレスシャツ用素材、後者はカジュアルシャツ、オーヴァーシャツ、サファリジャケット、シャツワンピース、シャツジャケット等々いろいろなアイテムにすごく良さそうな新素材です。

特に後者はとってもユニークな個性を持ったスーパーナイスな素材ですので、ご来店の際にはぜひともじっくりチェックしてみて下さい。

もちろんご来店なしでのご注文も引き続き絶賛承っております!

もしも気になる素材がありましたら、より分かりやすいお写真とご説明をe-mail等でお送りしますのでぜひともお気軽にお申し付け下さいませ😌

ご注文/お問い合わせの際には、文中にありますFMから始まる品番にてご指示下さい。

では、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓の7マークです!

 

 

左の2マークがAlbiniで右の5マークがRedaです。

まったく異なる特徴を持った素材ですが、いずれもナイスであります😊

という訳で、早速全マークを「個別&寄り画像」で見ていきましょう!!

 

 

 

まずは、様々なブランドを傘下に収めている世界最大手のシャツ地メーカーAlbiniの新作です。

 

 

 

極めて美しい「顔」を持つドビー素材です。

変形ヘリンボン風のこのタイプの織柄を我々は「昼夜柄」「昼夜織」などと呼んでいます。

具体的には「同じ組織を表と裏に交互に配した織物(この素材は綾織)」のことをそう呼ぶのですが、この織り方によって「光の反射の違いによって ストライプやチェックが優雅に浮き立って見える」という効果が得られます。

ストライプだけでなく市松模様を表現する時にしばしば用いられるこの織り方は、着物地でも割とポピュラーなようです☺️

確かに、濃色の昼夜織シルクなんてとっても良さそうですよね😉

着物地/和素材もさらっとでもいいのでいつか勉強してみたいですね〜〜。

それにはまず和服を着る/愉しむことから始めるべきでしょうか。。。

それはともかくこの素材ですが。。。

じっくりと見て触って、想像&妄想を様々膨らませてみましたが、これはやっぱりどう考えてもハンサムなドレスシャツを作る以外にナイスアイディアは沸かなさそうですね!!

それくらいにエレガントな素材だと思います!!

昼夜織が強調する「まるでシルクのような光沢」がとにかく素晴らしいので、それが最大限に活きるシャツ、例えば「長めのレギュラーカラー + フレンチフロント(裏前立)+ フレンチカフス(ダブルカフス)+ 白蝶貝ボタン」といった感じで仕上げるのが最も良さそうに思います!!

品質は「経糸(タテイト)が100番手双糸(ソウシ)使い、緯糸(ヨコイト)が50番手単糸(タンシ)使い」の100% Cottonです。

 

上(FM89650):ピュアホワイトです!

下(FM89651):サックスブルーです!

 

 

シャツ(オーダー価格):¥17,600~

 

 

 

続いて、イタリアを代表する毛織物メーカー/ミルであるReda社の新作です!

 

 

 

 

 

 

昨春オーダーシャツコレクションにデビューして人気を博した(全マーク早々に完売しました!)、水洗い可能な最新鋭の軽量&極薄100% ウールコレクションActiveから派生したコレクションです。

昨春は100% Woolでしたがこちらはリネンブレンド、更に攻めてきましたね😉

Redaはかなりの規模を誇る、また、一貫して野心的な製品開発を続けているイタリアンミルなのですが、同じように大規模かつ毎シーズン楽しい新機軸を見せてくれるVBCより「高機能」に振ったアプローチが特徴です。

今後の更なる進化&深化に期待したいですね😉

品質は「経糸が85番手双糸使いで緯糸が52番手単糸使い」の53% Wool + 47% Linenです。

手元に詳報がないので断言は出来ない(今日はメーカーさんがお休みなので明日確認します!)のですが、恐らく経糸がウール100%糸で緯糸がリネン100%糸だと思われます。

昨春入荷したActiveシリーズはすぐに完売してしまったので僕は作る機会を逸してしまったのですが、お作りいただいたお得意様やシャツファクトリーの方に聞いたところ、とっっってもいい感じとのことです!

特にオーヴァーシャツをお作りいただいた複数のお得意様は「ジャケット代わりに羽織れるし、コットンのようにシワっぽくないし、通常のジャケット素材より軽くて薄いし、鹿の子ほどカジュアルっぽくないし、夏に最高ですね!」と仰っていました😊

確かにそうに違いないです!!

そして、今日ご紹介する新作はリネンブレンド、きれい目カジュアルスタイルにぴったりのオーヴァーシャツには更に、一段と、より一層「良し!」だと思います。

オーヴァーシャツはデザインの自由度こそ低い「完全パターンオーダー」ながら「シャツと同価格」というプライスメリットも嬉しい限りですよね😉

つまり、この素材ならば後述の通りに¥25,350~でお作りいただけます!

色違いで複数枚作るのも「アリ」ではないでしょうか??

もちろんオーヴァーシャツ以外にも、シャツ、サファリジャケット、シャツワンピース、シャツジャケット等々にも適していると思います。

 

1番上(FM89913):とてもきれいなブルーの無地です!

上から2番目(FM89914):端正なネイヴィブルーの無地です!

上から3番目(FM89915):ダンディなブラウンの無地です!

上から4番目(FM89916):ブルーとホワイトのストライプです!

1番下(FM89917):ネイヴィブルーとホワイトのストライプです!

個人的には上から3番目のブラウン無地でサファリジャケットを作ってみたいです😊

 

シャツ(オーダー価格):¥25,300~

オーヴァーシャツ(オーダー価格):¥25,300~

サファリジャケット(オーダー価格):¥45,100~

シャツワンピース(オーダー価格):¥45,100~

シャツジャケット(オーダー価格):¥52,800~

 

以上です。

 

明日から国産素材のご紹介に入ります!

人気のHerdmans Linenの新作等もありますので、どうぞ乞うご期待下さいませ😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

昨日に引き続き今日も予言通り。

昨日に引き続き今日もTHE CHEMICAL BROTHERS。

という訳で今日は、THE CHEMICAL BROTHERSの2ndアルバムDig Your Own Hole(1997年作品)を!

本作リリース時の僕は26歳でした。

入社した会社の大阪本社でデザイン/企画をやり始めて2年くらいでしょうか??

若かったのでスポンジのような吸収力があったし、毎週末クラブに行っていたので頻繁に接していたけれど、このタイプの音楽(Big Beat?Techno?)にはあまりハマりませんでした。

でも、一応所有はしているということは興味はあったんでしょうね。

HouseやTechnoの本まで所有している訳ですしね。

いまだに読んでいないけれど(笑)。

という僕でも本作と、FATBOY SLIMのYou’ve Come a Long Way, Baby(1998年作品)はしばしば聴いていた記憶があります。

かなりキャッチーですもんね!!

名盤の誉高いのも納得です!!

久し振りに聴きましたけれど、やっぱり昨日聴いた1stアルバムExit Planet Dust(1995年作品)やおととい聴いたDAFT PUNKの1stアルバムよりもRock的なのですごくノレました。

ということはOne More Timeが収録されているDAFT PUNKの2ndも親しみやすいのかしら??

あるいは、もっと大御所(ですよね?)のUNDERWORLDとかはどうなんでしょうね。

今から深く掘り返して聴く気は起きないけれど、もしも当時こっち系の音楽が好きな女性と交際していたら僕の音楽人生は大きく変わっていたかもしれませんね〜〜。

かっこいいことは間違いないですもんね!!

記憶によれば、1990年前半はSONIC YOUTHのTシャツを着ているのがクールで、1997年前後はTHE CHEMICAL BROTHERSのTシャツを着ているのがクールだったような。。。

Big Beat好きの可愛い淑女とTHE CHEMICAL BROTHERSのTシャツを着て北堀江をデートしたかったな(笑)。

当時の僕はBOB MARLEYのTシャツでしたけれど。。。

 

 

 

 

では、超かっこいいオープニングトラックBlock Eockin’ Beatsのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

この危険な薫りが濃厚な動画も超クールですよね!!

サイコーです!!

しかし、この楽曲は普通にバンドスタイルでやってもかっこよくないですかね??

 

 

 

 

28th. Feb. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.