Ryoji Okada Official Website

Diary

Brand new bunch book collection for 2021-2022 Autumn/Winter : ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

11月・12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

Option free campaign for made-to-measure shirts!開催中です。

 

 

<オーダーシャツ:Special collection(Alumo, David & John Anderson etc.) ¥3,300 off・Wrinkle free collection ¥2,200 off> をオプションフリーキャンペーンと同時開催しております(併用は出来ません!)

 

 

“♡ Camo” umbrellas 試作品完成しました!ご予約受付です。

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 

 

 

 

NPBのCSもなかなかどうして盛り上がっていますね⚾️

でも、セ・リーグもパ・リーグも1stステージは勝負が決まってしまったので今日は試合なしです。。。

そして、NBAもまだ序盤戦でいまいち盛り上がりにかけます。。。

という訳で今日はNFLで盛り上がりましょう🏈

先週、A.Rodgersのワクチン未摂取・プロトコル違反・新型コロナウィルス感染というなんともいえないネタが飛び出しましたがやはり注目はGB@KCでしょうか。

KCの巻き返しが遂に始まるのか。

A.RodgersなしでGBはどこまでやれるのか。

楽しみです!!

 

 

 

 

ところで。

「盛り上がっている」といえば。

今日もこの2日間盛り上がった(?)新作バンチブックご紹介の続きを行います。

具体的にはM社さんが独自編集したバンチブックJakcet & Trousersの右列のご紹介です!

今日も昨日に引き続いて全マークを魂込めてご紹介します!

後述の通り一部Sold Out品番があるのですが(汗)。

それはともかく、ご覧の通り素晴らしくナイスな素材が収録されているバンチブックです。

ご来店の際にはぜひともじっくりチェックしてみて下さい。

もちろん引き続き、お電話/e-mail/SNS等でのご注文/ご予約/お問い合わせも心よりお待ち申し上げております😌

ではいきましょう!!

 

 

 

 

↓こちら↓です

 

 

このバンチブックはご覧の通りに横長です。

おとといから何度か書いていますが素材見本が横2列で収録されております。

なので1冊で2冊分のヴォリュームなんですよね!

ちなみに昨日は向かって左側に収録されている素材を全マークご紹介しました。

という訳で今日は右側に収録されている素材を全マークご紹介します!!

今日も魂込めてテキストを書きますのでぜひとも最後までお付き合い下さい。

 

 

 

Jacket & Trousers 8-①

 

 

1948年にイタリアはピエモンテ州ビエッラ県で創業した「主に中高品質のひとひねり効いたメンズ用ジャケット素材を生産しているミルDi Pray」のコレクション2-1です。

上の2マークはとてもソフトなタッチを持つリネン混紡ツイード:69% Wool + 31% Linen(290g/m)です。

オーダーシャツ用のコレクションで人気を博しているAlbiniのWinter Linenしかり、最近秋冬向け素材にLinenをブレンドすることはごく普通になりつつありますが、この2マークもリネン特有のカジュアル感や粗さがすごくいい具合に表現されております。

リネンはいわゆるサステイナブルな素材ですし悪くない傾向ですよね!

洗練された色柄も素晴らしいと思います。

僕は上のブラウンでスポーティなシングルブレステッドの3ボタンジャケットを作りたいです。

下の3マークは短めのミルド(起毛)加工が施されたホームスパンツイード:100% Wool(380g/m)です。

「ホースパンツイードならやっぱりスコットランドものでしょ!?」とお思いの方も少なくないと思います。

僕もその意見には概ね賛成です。

が、しかし、スコティッシュツイードにはないソフトさが欲しい方にはこちらがおすすめです!

英国調のルックスとイタリア素材ならではのソフトな着心地が楽しめるジャケット/スーツ/コートに仕上がること間違いありません!!

スコティッシュツイードより2ランクから3ランクリーズナブルなプライスも嬉しい限りです。

*恐れ入ります、おすすめしておいて恐縮なのですがホームスパンのライトグレイ(下から2番目)とベイジュ(1番下)はSold Outとなりました(汗)。

 

 

 

Jacket & Trousers 8-②

 

 

1948年にイタリアはピエモンテ州ビエッラ県で創業した「主に中高品質のひとひねり効いたメンズ用ジャケット素材を生産しているミルDi Pray」のコレクション2-1です。

非常にクラシカルなクオリティ:100% Wool(340g/m)のツイードです。

かなり英国っぽいツイードですね!

とはいえ、例えばHarris Tweedのフェザーウェイトよりも140g/m前後軽いので軽快なツイードジャケットをお探しの方には絶対のおすすめです。

ネイヴィブルーやグレイといったスタンダードカラーもナイスなのですが、特に絶妙なトーンのブラウンやグリーンが素晴らしいですよね!

ジャケットはもちろんのこと軽快なバルマカーンコートを作っても「間違いない」と思います。

*恐れ入ります、僕が気に入っているヘリンボンのブラウン(下から2番目)とグリーン(1番下)はSold Outとなりました(汗)。

 

 

 

Jacket & Trousers 8-③

 

 

ハイコストパフォーマンスかつ最先端の技術を駆使した素材を得意とするMarlaneの6者混素材と5者混素材です。

3マークとも “Relax Jacket” と名付けられている通り「ジャージーライクなソフトな素材感と高いストレッチ性」で快適な着心地を追求した新感覚素材です。

品質は上が6者混(!?):38% Wool + 24% Cotton + Viscose 18% + 12% Nylon + 6% Linen + 2% Polyurethane(295g/m)で、下2マークが5者混:60% Wool + 19% Nylon + 10% Cotton + Viscose 9% + 2% Polyurethane(290g/m)になります。

Marlane自体はイタリアが拠点なのですがこの素材はMade in Czechとなっております。

チェコの毛織物業はこういった先進的な織物を織る方向に進化しているのかもしれません。

余談ですがチェコ、特にプラハはいつか行ってみたい国/都市のひとつです!

個人的には一見デニムにも見える上のブルーが好みです。

ロックな「6者混」というのもいいですね!!

敢えてクラシカルなダブルブレステッドデザインで作りたいですね。

 

 

 

Jacket & Trousers 8-④

 

 

イタリアはロンバルディア州北部のスイス国境近くにあるソンドリオ県に拠点を持ち、特にコットンをはじめ天然素材を得意とするミルSondorioのコレクションです。

上の2マークはSondorio得意のコットンにウールをブレンドすることでドレッシーな雰囲気を表現したデニムコレクションです。

コットンデニムと比べシワになりにくく優雅なドレープに恵まれた、ドレッシーなアイテムにもぴったりな極上キレイめデニムに仕上がっています!

品質は60% Cotton + 40% Wool(420g/m)、上がブルーで下がベイジュです。

上のブルーでミリタリーテイストを隠し味に開いたダブルブレステッドブレザーを、下のベイジュでカーゴパンツを作りたいですね。

素材のドレッシーというキイワードをあまり活かしていないアイテムという(笑)。

やっぱり僕は天邪鬼ですね〜😎

下の5マークはしっかりとした厚みと確かなストレッチ性を持ったセットアップスーツにも人気の定番素材です。

品質は98% Cotton + 2% Polyurethane(430g/m)、ベイジュ〜ブラウン系の4マークとネイヴィブルーという充実の5マークが用意されています!

ベイジュ〜ブラウン系の4マークはどれも絶妙なトーンです!!

が、敢えてどれかを選択するとすれば真ん中(下から3番目)のブラウンでしょうか。

スリーピーススーツを作りたいです。

ちなみにこちらの5マークは、通常のツイル(綾織)とは逆向きに綾線が走る「左綾(ヒダリアヤ)」なのも通好みでいいですよね!

左綾は一般的な右綾よりも表面がフラットでソフトな風合いになります。

この素材のオーガニックタッチあふれる「顔」は左綾ならではのものだと思います。

 

 

 

Jacket & Trousers 8-⑤

 

 

1マークだけ迷い込んでいる(笑)「みんな大好きBrisbane Moss」の100% Cotton(420g/m)です。

と思ったら、こちらは既にSold Outでした(汗)。

ですので説明は割愛します。。。

が、念のためにBrisbane Moss自体のご紹介だけ。。。

Brisbane Mossは1858年にイギリスのヨークシャーで創業された老舗コットンメーカーです。

その流行り廃りを度外視したオーセンティックなコレクションは、本質にこだわる人々、英国を代表する名門アウターブランド、世界中のテイラー等々から長きに渡って熱心な支持を集め続けています。

このバンチブックのBrisbane MossはSold Outですが、他のバンチブックにも複数収録されておりますのでご興味がある方はぜひともご来店時にチェックをしてみて下さい。

 

 

 

Jacket & Trousers 8-⑥/⑦

 

 

 

数多くのメゾンが愛用するイタリアの名門コットンメーカーRedaelliのコーデュロイです。

Redaelliはヴェルヴェットやコーデュロイで世界的な名声を得ていた最高級コットンメーカーNiedieckの受け入れ先であり、その世界最高峰のファクトリーで織りなすヴェルヴェットやコーデュロイは「一級品」の折り紙付きです。

上の9マークは細畝コーデュロイで品質は100% Cotton(360g/m)、美しいカラーリングが素晴らしいコレクションに仕上がっています。

下の3マークは太畝コーデュロイで品質は99% Cotton + 1% Polyurethane(385g/m)、豊かなストレッチ性と優雅な毛並み、そして、独特のカラーが魅力です。

が、細畝の上から3番目・4番目・5番目・9番目と太畝の上から2番目・3番目は既にSold Outでした!

すみません(汗)。

でも、個人的に最も気になっている細畝のワインレッドとオレンジ、太畝のオフホワイトが残っているのは良かったです(ホッツ)。

僕は上記の3マークでジョガーパンツが作りたいですね。

あ、でも、ワインレッドは昨年テイパードシルエットのボトムスを作ったんだった!!

ので、作るとすれば細畝のオレンジと太畝のオフホワイトのみ(あるいはそのどちらか)にします!!

 

 

 

Jacket & Trousers 8-⑧

 

 

Redaelliの美しいヴェルヴェット3マークです!

こちらはすべてSold Outではありません!!

品質は100% Cotton(363g/m)です!!!

超ドレッシー&ゴージャス&エレガントな毛足はさすがはRedaelliであります!!!!

しっかり打ち込んだ英国製のヴェルヴェットも最高ですが、こちらのふわっとしたヴェルヴェットもやっぱり素晴らしいものがあります。

上からワインレッド、ネイヴィブルー、ブラックです。

フォーマルなジャケットはもちろん、ヴェストを作ってもいいと思います!

 

以上です。

 

いかがでしたでしょうか。

3日連続で魂を込めて、想像力を最大限に働かせて、少しばかり指先を痛くして(笑)頑張った新作バンチブックのご紹介!

実は少なからずのご反響をいただいております。

いやはや本当に嬉しい限りです!!

頑張った甲斐がありました!!

という訳で、まだご紹介出来ていないバンチブックも必ずや近い内にご紹介します。

乞うご期待下さい。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

引き続きGREGORY PORTERの新譜:新曲てんこ盛りの2枚組ベスト盤Still Rising – The CollectionのDisc 1を。

素晴らしい曲、卓越したアレンジメント、現代最高峰のシンガー、優れたバックバンド、完璧なサウンドプロダクション。

ずべてが揃った楽曲が「これでもか!」と収録されている作品ですからね、悪かろうはずがありません!

2021年の残りは2ヶ月弱はずっと本作でもいいくらいの充実作です。

ひとりでも多くのミュージックラヴァーに聴いて欲しいですね〜。

 

 

 

 

では、16曲目に収録されている新曲Dry Bonesのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

楽曲自体もこの動画も至極楽しいですよね!

ライヴでも盛り上がりそうですね〜〜〜!!

という訳で、もし来日したら必ずや観に行きたいです!!!

 

 

 

 

8th. Nov. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.