Ryoji Okada Official Website

Diary

Brand new bunch book collection for 2021-2022 Autumn/Winter : ⑪ Overcoat

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

11月・12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

Option free campaign for made-to-measure shirts!開催中です。

 

 

<オーダーシャツ:Special collection(Alumo, David & John Anderson etc.) ¥3,300 off・Wrinkle free collection ¥2,200 off> をオプションフリーキャンペーンと同時開催しております(併用は出来ません!)

 

 

“♡ Camo” umbrellas 試作品完成しました!ご予約受付です。

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 

 

 

 

カープが噂にあがっていた2人の助っ人と契約しました⚾️

長打力が魅力のマクブルーム選手と長身右腕のアンダーソン投手です。

鈴木誠選手と大瀬良投手、九里投手、バード投手の去就が決まっていない現状だと更なる助っ人補強は現段階ではないでしょう。

が、当然、それはさすがにないとは思うけれど、バード投手をのぞく3人がいなくなってしまった万一のケースに備えて調査は続けていると思います。

いずれにしても、今季は助っ人がまったく機能しなかったので新加入のふたりと残留が決定済み/濃厚な3人には期待したいですね。

 

  • – マクブルーム選手:「4番を!」と贅沢はいわないので5番以降で.280/25本/70打点/OPS.850くらいやってくれたら最高ですね。
  • – アンダーソン投手:先発タイプらしいので「(大瀬良投手と九里投手が残留する場合)先発ローテーションの5枚目」あたりを担ってくれれば最高ですね。
  • – フランスワ投手:キャンプでしっかり調整をした上で球速を戻して「勝ちパターンの8回」を任せられれば最高ですね。
  • – コルニエル投手:クイックモーションをしっかり練習するなど更なる成長をして「勝ちパターンの7回」をケムナ投手あたりと分け合ってくれれば最高ですね。
  • – メヒア選手:メンタルで一皮剥けて「代打の切り札」あるいは林選手が不調に陥った時に3塁手をきっちりやってくれれば最高ですね。

 

バード選手がもし残留した場合にはね、さすがにビハインド局面でのワンポイントといった役割では物足りないのでコルニエル投手がやはりビハインドロング要員が適正となったような場合にはしっかり「勝ちパターンの7回」を投げて欲しいですね。

もしこれらが全部成功して大瀬良投手と九里投手が残留した場合、鈴木誠選手抜きでもAクラス争いは硬いでしょう!

でも、今季はことごとく助っ人がダメでしたからね。。。

もし来季も同じことが起きればBクラスが濃厚、更に大瀬良投手と九里投手の片方あるいは両方がFA移籍をしたならば決してオーヴァーではなく「最下位まっしぐら」です(笑)。

ということで、次は大瀬良投手と九里投手の残留宣言を待ちたいと思います😊

鈴木誠選手は残留してくれたらそれこそが「最高の補強」ですけれど、もうNPBでやることは「日本一」くらいしかないでしょう。

ファンとしてはMLBに挑戦して夢を見せて欲しい!というのが正直なところかな??

なにはともあれ、シーズンは既に完全終了したカープですがますます目が離せません!!

あ、ちなみに堂林選手は宣言せずに残留しました。。。

来季は昨季の前半戦のような活躍に期待したいですね!

 

 

 

 

ところで。

「オーヴァー」といえば。

今日は久し振りにじっくり新作バンチブックをご紹介します!

LBDのPlain & Fancy Liningsは今週&3日間(3-①3-②3-③)に渡ってご紹介しましたが、表素材は9.10 Friの⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana以来になります。

いくら諸々お伝えしたい情報・作品があったとはいえ、最後まで完遂せずに2ヶ月弱も更新をしないとは僕らしくない。。。

反省。。。

という訳で今日は人気急上昇中の2冊をご紹介します!

M社さんが独自に編集したオーヴァーコート用素材のバンチブック:Overcoatとジャケット/ボトムス用素材のバンチブックJacket & Trousersです。

いずれも極めて優れたコレクションに仕上がっています。

ご来店の際にはぜひともじっくりチェックをしてみて下さい。

もちろん引き続き、お電話/e-mail/SNS等でのご注文/ご予約/お問い合わせも心よりお待ち申し上げております😌

ではいきましょう!!

 

 

 

 

↓こちら↓の2冊です!

 

 

いずれも9月上旬には入荷していたんですよね(汗)。

でも、厚手の素材が多いので「もう少し涼しくなってからご紹介しよう」などと考えていたのと、たくさんのご紹介したい情報・作品が湧いて出てきたのとで今日になってしまいました(汗汗)。

とにもかくにも中身を見ていきましょう!

右/下のJacket & Trousersは2列収録の大判仕様のため実質2冊分のヴォリューム、つまりOvertcoatとJacket & Trousersは2冊ながらも実質3冊分のヴォリュームとなります。

しかも内容がかなり濃厚なので、魂を込めてご紹介すると相当の文字量になってしまいます。

そこで今日は左/上のOvercoatのみをご紹介しようと思います。

当初は2冊ともご紹介しようと思いましたがOvercoatだけで3時間くらいを費やしてしまったので断念しました(汗)。

が、しかし、その代わりに、Overcoatは全マークをご紹介します!!

ではいきましょう。

 

 

 

Overcoat 11-①

 

 

「ヨーロッパ屈指のカシミアメーカーColomboによる美しいメランジボディが特徴的な100% Cashmere(480g/m)シリーズ: “Melange Cashmere + Thermo”」の4マークです。

「同系色の先染め原毛をミックスして表現されるメランジのシックな色調」と「最上級原毛および美しい毛並みによる贅沢な肌触り」に加えて、「毛足の長いカシミアにも関わらず多少の雨の滴ならば自然に流れ落としてくれる(独自技術加工:Thermoによる)透湿撥水機能」を備えた、一味違うエレガントなコートを作るにはもってこいの逸品です!

全カラーがとてもいいメランジなのですが、特にブラウン(上から2番目)とネイヴィブルー(1番下)が白眉でしょうか。

こういったクオリティの素材/毛足のある100% Cashmere素材においてメランジのネイヴィブルーって極めてレア、というか僕はほとんど見たことがないので素晴らしく新鮮です!

480g/mとオーヴァーコート素材としては中庸なウェイトなので、重厚感が欲しくなるアルスターコートやダブルブレステッドのチェスターフールドコートではなくシングルブレステッドのチェスターフィールフィールドコートがおすすめでしょうか?

 

 

 

Overcoat 11-②

 

 

1788年にスコットランド北部で創業した老舗ミルKynochが「究極の定番」を求めて辿り着いた「希少なラムズウール使用のクラシカルウエイト(670g/m)ボディ:Lambs Authentic Overcoatシリーズ」の5マークです。

どんなフィールドでも耐えうるしっかりとした厚みを誇ると同時にしなやかさや気品のある表情を併せ持つ、時代に流されないオーセンティックなコート素材です。

太番手使用故の大きめの柄もとてもいい雰囲気ですよね!

少しゆったり目かつフロントボタン打ち抜きのチェスターフィールドコートやバルマカーンコートにおすすめでしょうか。

ダッフルコートやピーコートを作っても素敵だと思います😎

 

 

 

Overcoat 11-③

 

 

ビッグメゾンからの依頼を多く受けるなど、英国の伝統的な物作りと最新のイタリアントレンドを高次元で融合させた素材作りが世界各国から注目されている新進(といっても1949年設立の)ブリティッシュミルLassiere Millsが「1980~1990年代に英国の老舗アウターブランドが使用していたクオリティを復刻した100% Wool(390g/m)のRoyal Gabardine」の3マークです。

強撚のウール糸を極めて高密度で打ち込み当時と変わらない丁寧なフィニッシュを施すことで表現した美しいドレープと強い弾力が特徴の優良素材です。

なんでもLassiere Millsが「我々の最高傑作のひとつ!」と自負しているだそうです。

確かにその自信も納得の懐かしくも新鮮な素晴らしい素材です。

本命はバルマカーンコート(いわゆるステンカラーコートです)やトレンチコートだと思うのですが、意外とスリーピーススーツを作ってもすご〜くクールな1着に仕上がると思います。

ネイヴィブルー(1番下)でジャケット/ブレザーをブラウン(1番上)とベイジュ(真ん中)でボトムスを作っても良さそうですね😉

 

 

 

Overcoat 11-④

 

 

11-①と同じCalomboによる100% Wool(480g/m)シリーズ:Wool Zibelineの5マークです。

この素材の最大の「売り」は、ヨーロッパ屈指のカシミアメーカーに「カシミアのようなタッチと見た目にこだわった毛足の長いウール素材を!」と別注をかけた故のカシミアライクなルックスです。

「上質なウールだけを使用したボディ」に「主にカシミア向けの仕上げ技術であるZibeline Finish」を施すことで、最上級原料が本来的に持つ光沢としなやかさが最大限に引き出されています。

「カシミアはちょっとソフト過ぎるけれど優雅さは欲しい」という方に絶対のおすすめです!

お値段的が11-①より税込¥132,000程度もお安い(!?)のも魅力です😊

 

 

 

Overcoat 11-⑤

 

 

シックな無地モノです。

上の2マークはイザイアグループの高級素材メーカーであるQuaregnaのヘリンボンです。

ドレッシーなチェスターフィールドコートからカジュアルなピーコートまで色々なアイテムに使えるユーティリティ素材だと思います😊

なので、気に入ったら複数のコートを作るのもナイス&贅沢なアイディアだと思います!

品質は100% Wool(500g/m)です。

下は3大イタリアンミルの一角にも数えられる名門Tallia Di DelfinoのHoney Way “Club House”シリーズです。

Honey Wayは仕上げ工程に天然の蜜蝋を使用することで「ケミカルの不使用」や「水の使用量削減」を実現、環境への配慮を重視した最新コレクションです。

シンプルかつ上品なルックスと英国的な感性を魅力に持つこちらのClub Houseは、Honey Wayコレクションの1シリーズになります。

絶妙な濃度のカラーとさりげなく見えるダイアゴナル柄がなんとも素敵ですよね😊

415g/mというウェイトなので軽快なコートにはもちろんスーツやジャケットにも十分使える素材です。

スーツとコートをセットで作ってもすご〜〜〜く粋だと思います!

こちらは以前にご紹介したTallia Di Delfino専用のバンチブックの冒頭にも収録されております。

きっと彼らのイチオシ素材なのではないでしょうか!?

 

 

 

Overcoat 11-⑥

 

 

こちらは「我が国もイタリアやイギリスに負けてはおりません!」と思わず声をあげたくなるナイス素材、日本における高級毛織物の聖地:尾州で開発されたウールベースのジャージーコート素材です。

具体的には、「Bespokeでもしっかり仕立て映えするように!」と、0(ゼロ)から組み立てられた密度や糸設計に由来する「ジャージーの軽やかさとクラシカルな顔を併せ持ったクオリティ」が独創的な逸品です。

品質は66% Wool + 18% Acrylic + 16% Nylon(640g/m)です。

ウェイトはヘヴィですがジャージーならではのストレッチ性ゆえに極めて快適なコートが仕上がる素材です。

重厚感と快適さの「両取り」を狙っている方、「日本の産業を守りたい!」という大和魂をお持ちの方にぜひともおすすめしたい素材です!

大きめのハウンズトゥースもクールですよね😉

バルマカーンコートやダッフルコートを作るのがおすすめでしょうか!

もちろんチェスターフィールドコートもおすすめです!!

 

 

 

Overcoat 11-⑦

 

 

11-⑥と同じく日本における毛織物の聖地:尾州で織り上げた100% Super100’s Wool(470g/m)の我々がウールビーヴァーと呼ぶ毛足のあるコート素材です。

メンズやレディース、デザインなどを問わない「万能選手」かつ上質なコート素材です!

お写真だと表現が少々難しいのですがしっかりと打ち込んだ素材でもありますので、「公私を問わずガンガン着るコート」にもオススメです!!

こういったクオリティの素材には珍しくオリーヴグリーン(上から2番目)が収録されているのも嬉しいですよね😉

こちらならミリタリーテイストが強めのコート、例えばグレートコートなどがいいかもしれません!

意外とシャーロックコートもハマりそうですね!

 

 

 

Overcoat 11-⑧/⑨/⑩

 

 

 

 

UKコットンの老舗The British Millerain謹製のこだわり素材です。

The British Millerainは1880年にヨークシャーにて創業された老舗コットンメーカーです。

創業当初より主にアウター向け素材を生産しており、中でも英国伝統のオイルドコットンのクオリティを格段に向上させた発明は商標にもなっているほど有名です。

その発明を使ったオイルドコットン素材はファッションのみならずミリタリーウェアやフィッシャーマンズウェアなど様々なジャンルにおいて重要な役割を果たしてきました。

イギリスのコートの歴史を支えてきたトップブランドたちとの関係性は現在も引き継がれ依然として変わらぬ供給を続けています。

近年はよりタウンユースで実用的なノンオイルのコレクションも評価が高く、全クオリティで非常に高いレヴェルの撥水性・耐水性・防風性を実現しています。

そんなThe British Millerainの新作は以下の3クオリティになります。

上:素晴らしくハリコシの効いたヘヴィコットンのダブルフェイス素材4マークで品質は100% Cotton(430g/m)です。

中:世界的に有名なオイルドコットン素材の新開発ボディ2マークで品質は100% Cotton(230g/m)です。

下:春先にも使えるピーチマイクロファイバー素材3マークで品質は100% Polyester(230g/m)です。

GIEVES & HAWKES、A WORKROOM時代を通じて僕のブランド/ショップで取り扱うバンチブックにThe British Millerainの素材が収録されたのは初めてなのでちょっと興奮してしまいますね〜😊

個人的には上のヘヴィコットンダブルフェイスのベイジュ(1番上)でセットインスリーヴのセミステンカラーコートが作りたいかな?

こちらはダブルフェイスの反対面が上から2番目のカーキ(上から2番目のカーキの反対面はベイジュです)なので、スリーヴはカーキにしてバイカラーコートにしたいですね〜〜!

それにしてもヘヴィコットンダブルフェイスの弾力とハリ。。。

素晴らしいですね〜〜〜!!

 

 

 

Overcoat 11-⑪

 

 

こちらはヘヴィウエイトのクラシカルな100% Cotton(430g/m)シリーズ12マークです。

タフさとしなやかさを備えたオーセンティックなクオリティ、そして多彩なカラーが魅力です。

バルマカーンコートやトレンチコートはもちろんのことスーツやジャケット、ボトムスにもオススメです!!

 

以上です。

明日はもう1冊、Jacket & Trousersをご紹介します!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

恐らく今日届くGREGORY PORTERの新譜(新曲等々がこれでもか!と収録された2枚組ベスト盤です)が待ち切れない!!

ということで今日は現時点での最新作All Rise(2020年作品)を。

本作も素晴らしい出来だったし、新曲も楽しい良曲だったし、今までの良作品から厳選された楽曲と間違いなく素晴らしいケミストリーを産んでいるに違いないデュエット集がDisc 2だし。。。

新譜は楽しみでしかないですね〜〜!

それと実は。。。

セコイ僕は送料を節約するために、今回のタイミングでやっとのことでTHE WALLFLOWERSの新譜を注文したんですよね!

それも楽しみ。

ほんとセコイけれど(笑)。

 

 

 

 

では、久し振りに聴いたらめちゃくちゃ心に響いた5. Faith In Loveをオーディオでどうぞ。

 

 

素晴らしい良曲!!

この曲を生ライヴで聴けたら胸がぎゅっとなりそー!!

 

 

 

 

6th. Nov. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.