Ryoji Okada Official Website

Diary

Brand new bunch book collection for 2021-2022 Autumn/Winter : ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

11月・12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

Option free campaign for made-to-measure shirts!開催中です。

 

 

<オーダーシャツ:Special collection(Alumo, David & John Anderson etc.) ¥3,300 off・Wrinkle free collection ¥2,200 off> をオプションフリーキャンペーンと同時開催しております(併用は出来ません!)

 

 

“♡ Camo” umbrellas 試作品完成しました!ご予約受付です。

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 

 

 

 

投票時の選択には困りましたがやっぱり選挙、筋書きのないドラマ、多くの国民が共有していると思われる感覚をまったくもって測れなかったマスコミの予測(というより願望?)が外れるのは楽しいですね〜😎

特に政権選択選挙となりうる衆議院選挙は僕の気持ちも盛り上がります!!

昨日も選挙速報特番を遅くまで見てしまいました。。。

NFL Week 8のゲームデイだというのに🏈

という訳で、今は3分の1くらいは眠りながら(笑)、日本時間今朝5:00台キックオフの4試合を追いながら雑務をしております。

この後はGGでワークアウトをしながらSNF: DAL@MINを観戦しようと思います。

とても楽しみではあるのですが、好調DALのQB D.Prescottがクエスチョナブルなんですね。

もし出場しない/出来ないとすれば少々残念。。。

でもまあ、昨シーズンのように大怪我をして長期離脱を強いられるよりはいいでしょう。

いずれにしてもDALは好きなチームのひとつなので頑張って欲しいですね!!

Go! COWBOYS!

そして今夜はカープ(だけでなくNPB)のペナントレース最終戦がLOUD GARDENから程近い神宮球場で行われます!

もし木曜日だったらチケットをなんとか入手して見に行きたかったですが月曜日なので断念しました。

また、「誰だろう?」と思っていた先発はドラフト4位ルーキー/高卒1年目右腕の小林投手でした⚾️

完全なる消化試合とはいえ、高卒ルーキーが1年目で一軍登板するのは異例のことです。

きっと首脳陣の期待値も高いのでしょう。

楽しみですね!

ついでに鈴木誠選手の一発と栗林投手のSにも期待したいです。

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「楽しみ」といえば。

昨日に引き続きリニュアルされたLBD社のPlain & Fancy Liningsをご紹介します。

今日は定番柄と継続柄のご紹介になります。

なので、見たことがある色柄が多いかもしれませんがこうして改めてご紹介すると「おっ!」と新鮮に感じられるライニングもあるやと思います。

実は僕もありました(笑)。

T146のスキューバダイビング柄なんて来夏用のスーツかジャケットに使ってたいな〜!と改めて思いました。

いずれにしてもであります!

ご覧の通り見ているだけでも楽しくなってくる魅惑のコレクションに仕上がっております。

ご来店の際にはぜひともじっくりチェックをしてみて下さい😌

ではいきましょう!!

 

 

 

 

T999

 

 

当店でも大人気の定番スカルです!

爽やか(?)なネイヴィブルーです。

つい先日もデニムスーツをご注文下さったO様がセレクトなさいました☠️

やっぱりかっこいいですよね!!

 

 

 

T1000

 

 

当店でも人気の定番スカルです!

ロックなブラックです。

このライニングが生まれたのは恐らく15年くらい前だったと思います。

当時A WORKROOMをやっていたのですが「誕生」に僕らも関わったはずです。

そしてこのライニングが当たってT999(ネイヴィブルー)やレッド(既に廃番となりました)が生まれたんですよね!

断片的にしか思い出せないけれどなんとも懐かしいな〜!!

 

 

 

T120

 

 

目の部分がハートになっているカラフルなスカルです。

ポップなカラーリング、バック部分のミニドットもとてもいい感じですよね💀

人気柄です!!

 

 

 

T1022

 

 

大胆なカラーリングとチャーミングな佇まいがとってもナイスなSuger Skullです。

こちらも人気柄です。

 

 

 

T1015

 

 

アヴァンギャルドでアーティスティックなデザインとカラーリングが魅力的なプリント柄です。

大柄なのでライニングの面積が大きくなるコートにもおすすめです!

 

 

 

T143

 

 

 

トロピカルプリントです。

めくった時に上を向く面(上画像)だけを見ると面白みがないとお感じかもしれませんが実は大きな鳥(下画像)も描かれているとても印象的なデザインのライニングです!

 

 

 

T 144

 

 

 

こちらもT143同様にトロピカルなプリント柄です。

そしてこちらもT143同様にペラっとめくった時に上になっている面(上画像)はやや寂しいですが下画像のように実は鳥も描かれています!

インコでしょうか力強いカラーリングがとてもナイスですよね!

 

 

 

T145

 

 

海とサーフィンがテーマのプリント柄です。

少々季節外れではありますがマリンなリネンブレザーやスーツに使用したいですね!

 

 

 

T146

 

 

スキューバダイビング好きの方にぜひともおすすめしたい海の中を描いたプリントです。

関係のない話ですけれど。。。

またスキューバダイビングやりたいな〜!

 

 

 

T147

 

 

水彩で描いたようなタッチがとても新鮮かつキレイなフラワーモチーフ柄です。

こちらは淑女に人気です

 

 

 

T142

 

 

てんとう虫です!

コミック調の可愛らしいてんとう虫がとってもいいですよね!!

こちらはみなさまかなりの確率で目と手を止めるのですが実は今までに一度もご注文をいただいておりません😁

どなたが「第一号」になるか個人的に大注目しております!

 

 

 

T170

 

 

ブルドッグです!

堂々たる佇まいと首元に巻かれたユニオンジャックもとてもいい感じですよね。

こちらも人気柄です!

 

以上です。

 

明日は最終回、新柄も交えてのご紹介となります!

乞うご期待下さい!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

引き続きCREEDENCE CLEARWATER REVIVAL(以下CCR)関連音源を。

今日もJOHN FOGERTYのソロアルバム、昨日愉しんだCenterfield(1985年作品)の次作にあたるEye Of The Zombie(1986年作品)です。

昨日書いた以下の文章からも見て取れるように本作はなんというか。。。

僕もそうですが多くのCCR好きからはあまり評価が高くない作品です。

 

—–

CCR初日の時にも書いたのですが、僕がCCR/JOHN FOGERTYを知ったのは「HANOI ROCKSがカヴァーしたUp Around The Bend」と「LEATHERWOLFがカヴァーしたBad Moon Rising」と「JOHN FOGERTYのEye Of The Zombie」あたりでした。

もしも本作を先に聴いていればもっと早くCCRに辿り着いていたかもしれません!

—–

 

その理由はちょっとソフトというか、ヒットを狙ったというか、CCRっぽさが足りないというか。。。

なので、もし本作より先に前作やCCRの名作に出会っていたら僕はティーンエイジャーのうちにCCRにはまっていたかもしれません。

では、なぜ本作を入手したかというと。。。

 

  • – 1986年当時の僕は既にZombie映画が好きだったこと。
  • – ジャケットのアートワーク(とタイトルの響き)が僕が好んでいたハードなロックを連想させたこと。
  • – 音楽番組あるいは音楽誌で「あのJOHN FOGERTYの新譜が素晴らしい!」みたいな紹介をされていたこと。

 

思い出す限りにおいてはこんな理由が考えられるでしょうか。

で、期待値マックスで聴いてみたらかなり想像と違買ったので「いまいちだな〜〜〜」と思ったのであります。

インターネットがなかった時代にはよくあることだったのですが、かなり落胆した記憶があります。

JOHN FOGERTY自身も気に入っていなかったようで本作収録曲をライヴで披露することは皆無に近いようです。

そんな経緯があったので、大阪のFullcountさんのショップでBorn On The Bayouに衝撃を受けるまではCCRとJOHN FOGERTYを真剣に聴くことがなかったんですよね。

なのでFullcountさんには今でも大感謝な気持ちでいっぱいであります!!

という本作ですが改めて聴き直してみるとそこまで悪くないんですよね。

サウンドプロダクションや全体的なアプローチは時代背景もあると思いますが肝心の楽曲自体はなかなか良いです。

特に3. Headlines、4. Knockin’ On Your Door、5. Change In The Weatherあたりは絶品です。

ちょっと異色なファンク7. Wasn’t That A Womanや8. Soda Popもいい感じですよね。

中でも稀にライヴで披露されることがあるらしい唯一の本作収録曲Change In The Weatherは素晴らしい仕上がりです!

この曲は本当にサイコーですね。

それからJOHN FOGERTYのヴォーカルもは全体的にとっても好調です。

とはいえやっぱりCCRの諸作品やCenterfield、あるいは次作以降のアルバムの方がいいですよね。

死ぬまであと10回聴くことがあるかないか?という作品かな?

そう考えたら今日はしっかり聴いておこうと思います!!!

 

 

 

 

では、そのChange In The Weatherのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

シビれるカッコよさの名曲ですよね!

演奏もよし動画もよし!!

完全無欠のブルースロックであります!!!

ちなみにこの曲はBUDDY GUYも取り上げているんですけれど、彼のヴァージョンも強烈なカッコよさです!!!!

BUDDY GUYも聴きたくなってきたな〜〜〜!

 

 

 

 

1st. Nov. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.