Ryoji Okada Official Website

Diary

Brand new bunch book collection for 2021-2022 Autumn/Winter : ⑥ Italian jacketings and overcaotings

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

9月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coat作りました!

 

 

“♡ Camo” silk 新色の既製品ネクタイ入荷しました!

 

 

“♡ Camo” silkの新色2カラーで小粋&洒脱な新アイテムCravattino/クラヴァッティーノを作りました!

 

 

ご予約受付中!”♡ Camo” の傘(既製品)作ります!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 

 

 

 

不整脈を発症して昨シーズン限りの引退を発表したL.Aldridgeが現役復帰、引退前に所属していたBKNと契約を結びました🏀

彼がどこまでやれるのかは不明ですが「J.Harden・K.Irving・KD・B.Griffin・L.Aldridge」というメンツはかなり驚異的ですよね。

加えて、P.MillsapやP.Mills、J.Harrisといった渋いメンツもいますからねぇ。

もし彼らが全員ヘルシーでベンチメンバーにもう少し深み/厚みを加えることが出来た場合にはBKNが優勝候補筆頭になるかもしれませんね。

少なくとも連覇を目指すMILにとっての大きな壁になることは間違いありません。

昨年だったかな、なぜか4つも購入したBKNのキャップを誇らしげに被れる日が遂に来るかもしれません😎

まあしかしながら、K.IrvingとB.Griffinがヘルシーであること自体が奇跡的な事象ですからね!

MILが2年連続でThe Finalsに進出してもまったく不思議ではありません!!

開幕はまだ先ですが今から楽しみです。

Go! BUCKS!

 

 

 

 

ところで。

「メンツ」といえば。

昨日おとといに引き続いて新作バンチブックをご紹介します。

6回目の今日は豪華メンツ、錚々たるイタリアンミルのジャケット/コート素材が大集合したバンチブックをご紹介します。

昨日ご紹介した逸品The Gentleman’s Choiceと同じT社さんが作成したナイスコレクションです!

その豪華メンツですが「Ferla、Piacenza、Drago、Novara、Tallia Di Delfino、Canonico、Dipray、Angelico、Tollegno、Emmetex、Marzotto」といったミルになります🇮🇹

いずれのミルもとっても個性的で極めて上質な素材を提供しております。

昨日はThe Gentleman’s Choiceサイコー!みたいに書きましたが、実は今日ご紹介する1冊もサイコーです😎

それが証拠に今日もまた複数のバンチブックをまとめて足早にご紹介することが出来ませんでした(汗)。

これでは遅々として進まないなあ。。。と思いながらもバンチブックの充実は間違いなく良いことなので嬉しくもあります!

という力作、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

 

表紙が2つ、ⅠとⅡに分かれているのですが2冊ある訳ではありません。

表と裏の両面が表紙になっているのです。

これはこちらのバンチブックが「厚手素材が多い」のと「収録マーク数が多い」ため片面だけを表紙にすると終盤に収録されている素材が見にくく(売れにくく)なってしまうので、それを避けるための工夫です。

時々ありますよね😊

では、せっかくですから「Ⅰ → Ⅱ」の順番で見ていこうと思います。

ちなみに今日ご紹介するバンチブックは昨日ご紹介したThe Gentleman’s Choiceよりもマーク数が多いため全マークではなく僕が選りすぐった素材をご紹介します!

*それでも全マークの80%程度をお見せ出来ると思います。

『まずは「各ミルのおすすめ素材数マーク」をご紹介して「その中にある僕のイチオシ」をご紹介する』という段取りで進行しようと思います。

11つのミルが収録されていますので都合22枚の画像をご紹介する計算ですね。

ということは。。。

今日も長めになりますがぜひとも最後までお付き合い下さい!

 

 

 

Ferlaです。

 

 

いずれもFerlaらしい素晴らしくクリエイティヴで少しフェミニンなテイストを持った素材ですよね!

そして、モダンなジャケットを作ってよし軽快なコートを作ってよしな素材です。

それぞれ品質は異なりますがいずれもFerlaお得意のBaby Alpacaが贅沢に使われています。

Ferlaはね〜〜〜、このDiaryでも何度か書きましたけれどGIEVES & HAWKES時代から憧れのミルでした。

独創的な色柄と他に類を見ない希少な品質が織りなす独特のクリエイションが本当に素敵ですもんね!

でも、GIEVES & HAWKESの時は高価だったのと少しばかりブランドイメージにマッチしなかったのとで一度も使うことが出来ませんでした。

なだけでなく、憧れのミルだったのに僕は今まで一度も作ったことがありません(汗)。

今シーズンは既に作ることが決まっている/絶対に作りたい他のミルの素材が複数あるので無理ですが近い内に必ずFerlaの極上素材で何かしらのアイテムを作りたいです!

 

 

 

もし作るとすればこれですね!

 

 

シックかつビューティフルなカラーリングが極めて見事なグレンチェックです!

さりげなく使われたブークレ糸の効果で独特の立体感に恵まれているのもいいですよね!!

そして、39% Baby Alpaca + 33% Cotton + 28% Nylon(300g/m)というユニークな品質も興味深いです!!!

軽快な仕立てのダブルブレステッドジャケットを作りたいです!!!!

 

 

 

Piacenzaです。

 

 

現存する世界最古の毛織物商、ヨーロッパに初めてカシミア原料を紹介したミルとして有名なPiacenzaですがこのブックには100% Cashmereは収録されておりません。

その代わりに(?)現在では至極希少となった100% Baby Camel素材が3マーク収録されています!

上の3マークがそれなのですがどれも最高に素敵ですよね!!

美しい毛足/毛並みが魅力的な下の2マークは90% Wool + 10% Cashmere(450g/m)です。

どれも優雅なコートを作ってみたいですね。

上から2番目と3番目は310g/mと軽めのウェイト/目付けなのでジャケットにも抜群にいいと思います。

 

 

 

Piacenzaのイチオシは↓こちら↓です。

 

 

おととし100% Camel Hair素材でダブルブレステッドのチェスターフィールドコートを作ったのですが大のお気に入りなんですよね!

最近では珍しくなりましたけれど、そして100% Cashmereももちろんいいですけれど。。。

Camel Hairもすごくいいですよ〜〜〜!!

希少素材なので高価ではありますけれど、現行コレクションにある某社さんと某社さんの100% Camel Hairに比べたらかなりリーズナブルだと思います。

そういった面でもこの素材は自信を持ってオススメ出来る逸品です😌

実は。。。

おととしから比べたらかなりデブったのでデザインを変えてこちらでも作りたいと企んでいるところです。

具体的には「これでシャーロックコートいこうかな???」な〜〜んて企んでおります!!

 

 

 

Dragoです。

 

 

スーツ素材でも展開(明日ご紹介予定です!)している100% Super 180’s WoolのSkyfallコレクションのジャケット/コートシリーズです。

これはスーパーに素晴らしい素材ですよ!

上質なCashmere + Silkのようなラグジュアリーな風合いが見事の一語です!!

ぜひともご来店の際には触っていただきたいですね。

とっても滑らかで適度にしっとりとしていて触り心地が抜群に良いです!

カラーもナイスですし絶妙な毛足/毛並みもキレイですし、このバンチブックの目玉はこちらのSkyfallかもしれません。

それでいて価格はそこまで高価ではありませんから超がつくほどに魅力的だと思います!!

贅沢な無地のジャケット/コートをお考えの方にぜひともオススメしたいです😊

 

 

 

Skyfallでイチオシなのはこのブルーでしょうか!

 

 

繊細なカラーがスーパーナイスですよね!

軽快な仕立てが鉄板でしょうけれど敢えてカチッと作っても良さそうです。

淑女の方ならベルテッド付きのラップコートにも良いのではないでしょうか。

 

 

 

Novaraです。

 

 

現在は「あの」Ermenegildo Zegnaの傘下に入っているシルクを得意とするNovaraですからね、当然の如くシルクをメインに使用したジャケット素材がセレクトされています!

品質はいずれも45% Silk + 24% Alpaca + 22% Wool + 2% Cashmere(310g/m)の5者混、さすがはNovaraといったところでしょうか。

このミルのコレクションは「より洗練されたFerla」といった趣がありますね。

*Ferlaはいい意味で洗練され過ぎていないのが魅力だと思っております、はい!

 

 

 

僕が作ってみたいのは↓こちら↓です。

 

 

ブークレ糸が表現している不均質さがとても素敵ですよね!

肩パッドなし・芯地なしの軽快なジャケットを作りたいです!!

シングルブレステッド3個ボタン1つ掛け、3パッチポケットといったスポーティなデザインが良さそうですね。

軽快なバルマカーンコートを作っても良さそうです😊

思い起こせばここ数日「バルマカーンコート」というワードを連発していますよね、僕。

潜在意識下に「バルマカーンコートを作りたい欲求」がマグマのように溜まっているのかもしれません!!

 

 

 

Tallia Di Delfinoです。

 

 

クリエイティヴなモノづくりに定評があるトップイタリアンミルの素材はご覧の5マークが収録されています。

どれも「ハッと心が動かされる」ような力を持った素材ですよね。

服になったらその力は10倍増しになるはずです!!

どれも魅力的で甲乙付け難いけれど。。。

 

 

 

僕が最も作りたいのは↓こちら↓です。

 

 

まるで画家が描いたかのような色柄が感動的ですらあるこの素材!

本当にクリエイティヴですよね!!

エレガントなジャケットを作っても「間違いない」と思いますが。。。

例えば「この素材を身頃に使用して1番下のハウンズトゥースをスリーヴに使用したバイカラージャケット」なんかも良さそうですね!!

 

 

 

Canonicoです。

 

 

Talia Di Delfinoの絶品コレクションの後だと分が悪いと思いきやこの3マークもすごくいいですね!

特に上の2マークの素材感が好きだな〜〜〜!

品質はいずれも87% Wool + 8% Silk + 5% Linen(330g/m)です。

最近秋冬でもLinen混紡素材が増えてきましたね。

少しラスティックな風合いが加えるための混紡だと思います。

5%と僅かですがこの3マークでもLinen混紡の効果は確かに出ているように感じます!

 

 

 

Canonicoの3マークでは↓こちら↓がお気に入りです!

 

 

ニットのようなモコっとした質感がなんともユーモラスでいいですよね!

カラーリングもすごくいいと思います!!

ロングジャケットを作ってみたいです😎

 

 

 

Diprayです。

 

 

昨シーズンからの継続品番もありますので少し統一感はないセレクトですがいずれもいい素材ですよね!

こういったセレクションの中に掘り出し物があったりするのも事実です!

それが証拠に。。。

 

 

 

↓こちらのストライプ↓は相当にクール、とっても作りたいです!

 

 

3.5cmと絶妙なリピート巾、力強いトリコロール、ジャケット素材コレクションでありながらもしっかりと打ち込んだ品質。。。

モッズテイストあふれるロックなスーツを作るのに完璧な素材です😎

これはじっくり構想を練ってから作りたいな〜〜〜〜〜〜!!!!!

 

 

 

Angelicoです。

 

 

どちらかというとスーツ素材の印象が強いAngelicoですがジャケット素材も素晴らしいですね!

いずれモダンクラシック、そしていずれもとても個性的な素材だと思います!

 

 

 

 

僕が心惹かれたのは↓こちら↓です。

 

 

ブラックのウィンドウペーン!

とってもクール&シャープですよね!!

そのクール&シャープさが極限まで引き立つようなダブルブレステッドジャケットが作りたいです。

このクオリティだったらスーツにしてもいいかもしれませんね😊

 

 

 

Tollegnoです。

 

 

Tollegnoは15マークと最も多くセレクトされているのですが、無地が多かったのでそちらは割愛してこちらのナイスチェック5マークをご紹介します!

いずれも大胆なカラーリングとドライなヴィンテージタッチが魅力の素材です。

TollegnoってAngelico同様にジャケット素材は弱い印象がありましたけれど全然そんなことはありませんね!

勝手なイメージを抱いてしまい申し訳ないです!!

 

 

 

僕が好きなのは↓こちら↓です!

 

 

モノトーンのグラデーションがかっこいいですよね!

Women’sっぽさも感じさせるざっくりとした織りもナイスだと思います😊

ゆったりシルエットのバルマカーンコートとワイドシルエットボトムスとキャスケットのスリーピースを作りたいです!

そのスリーピースにプラスしてロングサイズのストールを作ってもいいかもしれません!!

 

 

 

Emmetexです。

 

 

Emmetexは主にモールスキン等コットンを得意とするミルなのですがこういったハードタッチのコート素材も展開しております!

いずれもピーコートやダッフルコートにも使えそうなハードさが魅力です!

敢えてワイドシルエットのミリタリーパンツを作っても良さそうですけれど😎

 

 

 

Emmetexのイチオシは↓こちら↓です!

 

 

ビッグサイズのヘリンボンがいい感じですよね。

Recycled Polyesterが30%使用されているのもナイスではないでしょうか!

この素材なら「正攻法で」ピーコートを作りたいです!

あるいは、ダブルブレステッド8個ボタン4つ掛けのミリタリーテイスト濃厚なブレザーを作ってもいいかも!!

その場合にはヴィンテージのメタルボタンを使いたいですね。

 

 

 

Marzottoです。

 

 

いかにもMarzottoらしい独特の素材感が楽しいセレクションですね!

3者混紡どころか4者混紡、5者混紡素材が増えてきている昨今ですが、どれもが100% Woolという潔さもなんだか心地良いです😊

 

 

 

作ってみたいのは↓こちら↓です!

 

 

ニットのような表面感を活かして軽快なジャケットが作りたいですね!

 

以上です。

 

いやあ。。。

どのミルにも作りたい素材ってあるものですね!

そして、新作素材を見て、触って、仕上がりをあれこれイメージするのってやっぱり至福の時間ですよね!!

皆さまもご来店の際にはぜひともじっくりチェックをしてみて下さい。

もちろん、別途のアングルで撮ったお写真やもっと詳しい説明をe-mailやSNSでお送りすることも可能ですのでもしも気になる素材等があればぜひともお気軽にご連絡下さい!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

昨日はMEDESKI MARTIN AND WOOD(MMW)のドラマーBILLY MARTINのソロプロジェクトBILLY MARTIN’S WICKED KNEEの2ndアルバムHeels Over Head(2013年作品)を愉しんだので、MMWのベースシストCHRIS WOODのソロプロジェクト(というか兄弟プロジェクト)THE WOOD BROTHERSの2ndアルバムLoaded(2008年作品)を。

BILLY MARTIN’S WICKED KNEEはジャジーなバンド/プロジェクトでしたがTHE WOOD BROTHERSはカントリー/ブルース/ルーツロックなアプローチのバンド/プロジェクトです。

CHRIS(ベース)とOLIVER(ギター/ヴォーカル)のTHE WOOD BROTHERSを中心に様々なミュージシャンが参加して録音するスタイルで複数のスタジオアルバムをリリースしています。

本作ではMMWのJOHN MEDESKIもプロデューサーとして参加、何曲かで鍵盤奏者としての客演もしています。

昨日の「主役」BILLY MARTINも何曲かでドラムを叩いています。

個人的には、AMOS LEEとTHE CAMPBELL BROTHERSのDARICK CAMPBELLがゲストで呼ばれているのが嬉しいですね!

オリジナル曲の中にさりげなくJIMI HENDRIXとBOB DYLANのカヴァーが披露されているのも嬉しい限りです!!

いい具合にレイドバックした空気感と乾いたアコースティックサウンドが極めて心地良い快作です!

 

 

 

 

 

では、2曲目収録のPostcards From Hellをスタジオライヴ動画でどうぞ。

 

 

素晴らしいですよね!

この人たちの生ライヴもいつか観てみたいですね〜〜!

 

 

 

 

5th. Sep. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.