Ryoji Okada Official Website

Diary

Cool and dandy “Chino-cloth” pants!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

10月~12月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

 

 

レイクALSAのTVCMにRYOJI OKADAのアイテムが登場しております!

 

 

新サービス:Special Coating for Your Special Clothes!

 

 

私の今季1着目:Simple Twist of Fateなブルーグラデーションスリーピース!

 

 

10.14 Monまで「オーダーシャツ ¥3,000offキャンペーン」開催中です!

 

 

LOUD GARDEN オリジナルブレンドのドリップバッグコーヒーを作成中です!!

 

 

10.12 Sat/13 Sun/14 Monの3日間でビスポークシューズ職人の厚井康宏氏のトランクショウを開催します!

 

 

 

 

昨日の運命の一戦!!

日本国民、少なくとも日本男児の半分は見た(あるいは見たかった)ことでしょう!!

いや、しかし、まさかね〜〜〜〜、千賀投手でHが初戦を落とすとは。。。

ではなく!て(笑)

最後の最後まで「攻める」気持ちが実っての「ボーナスポイント1点付きの勝利 = 勝ち点5獲得」、素晴らしかったですね〜〜〜🏉

僕は仕事があったので後半序盤からしか見ることが出来なかったのですが、それでも十分に感動しました!!

昨日の勝利でベスト8進出の可能性はかなり高まりましたけれど、どうせならば、1週間後のスコットランド戦にも激勝して無傷での予選プール突破を果たして欲しいですね😊

Go! JAPAN!

 

 

 

 

ところで。

「可能」といえば。

2ヶ月ほど前の話。

以前にデニムパンツをご注文いただいたお得意様から「前回のデニムパンツ がすごく良かったので、チノパンみたいな生地でも作ってみたいのですが可能ですか?」という趣旨の嬉しいご質問をいただいたので、すぐに職人から縫製可能なチノクロスのサンプルを送ってもらいました。

そして、その中からイメージに合うカラーを選んでいただきました!

それから1ヶ月+ @後、カラーといいい、デザインといい、ディテイルといい既製品ではまず見つからないとてもエキサイティングな1本が仕上がりました😊

 

 

 

 

↓こちら↓です

 

なかなかどうして、と〜〜〜〜ってもスタイリッシュですよね😉

Levi’sさんの505(今も現行品で存在するのだろうか??)っぽい、ややスリムなストレートシルエットです。

前回のデニムパンツとまったく同じ型紙を使用して縫製したのですが、チノクロスの方が「張り」があるせいか少しタイトにお感じになるとのことでした。

生地メーカーが出している縮率等を参考にしてひとりの(=前回と同じ)熟練職人が縫製しているので、O様も仰っていた通り「着用していくうちに馴染んでくる」と思いま😊

ぜひとも「エイジング」もお楽しみ下さいませ!

 

 

 

ヒップポケットには前回と同じお名前のイニシャル刺繍をお入れしました😊

 

 

とってもい感じですよね!

バックパッチは、Marling & Evansのツイードを使いました。

とってもいいアクセントになっていますよね😉

 

 

 

脇ポケットはスラックスっぽい形状です😊

 

 

ゆるやかな曲線がなんともセクシー(と思うのは僕だけか!???笑)ですよね😉

 

 

 

 

以上です。

このカラーのチノクロス。。。

なかなか既製品ではないですよね〜〜〜〜〜!!!

僕も作りたいな😊

 

 

 

ちなみにチノクロスは2クオリティ、それぞれにカラー展開がありますので全29マークからセレクトいただけます!!

 

 

 

いずれもデニム同様にMade in Okayamaであります🍑

 

オーダーデニムパンツ:¥35,000+tax~

*チノクロスも同価格です。

*型紙製作・裁断・縫製の全行程をひとりの職人がこなすとてもスペシャルかつ自由度が高いオーダーです。

 

 

 

 

O様いつも本当にありがとうございます。

次はコートが仕上がりましたらまたご連絡申し上げます。

前回仰っていたリメイクのご依頼にもいつでもいらして下さいませ!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

故あって今日明日と僕が心から敬愛するミュージシャンで、尊敬してやまない先達山口洋先輩率いるHEATWAVEの2枚組ベスト盤Long Long Way(2001年作品)を。

初日はDisc 1です。

本作は僕が2番目に入手したHEATWAVE音源でした。

ひょんなことからその存在を知ったのは確か2005年頃だったと記憶しています。

2003年頃に梅田のタワーレコードで購入していたJAPONESIAN BALLS FOUNDATIONのCDをふと改めて聴いてみたところ、No Regretsという曲が僕の魂を激しく揺さぶってきたのです!!

その曲を書いたのが、そして、シンガーとして歌っていたのがHEATWAVEの山口さんでした。

それをきっかけに、当時のスタジオ最新作だったLong Way For Nothing(2004年作品)を購入したところ最高に素晴らしかったので、そして、それ以前のオリジナル作品はあまり流通していなかったので、本作を購入したのです。

記憶によれば渋谷のタワーレコードだったはずです。

冒頭からとにかくシビれました!!

そして、「こんなバンドが日本にいたんだ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!」と、大いにびっくりしました!!

その後、ライヴに行くようになり、中古レコード店も利用してなんとか全アルバムを揃えて今に至ります。

僕にとって、2000年代における最大の音楽的「発見」はHEATWAVEでした。

*2番目の「発見」がTHE GROOVERS、3番目の「発見」がKEYWEST(このバンドはダブリンの路上で正に「発見」したのだ!)ですね、きっと。

そして、HEATWAVEの音楽と山口さんの言動は僕の人生に大きな影響を与えることになるのです。

今年で結成40周年を迎えるHEATWAVE、僕はその3分の1程度の期間のファン歴しか持っていない新参者だけれど本当に出会えて良かったです。

山口さん、40周年本当におめでとうございます!

40thツアーの東京公演は日曜だけれど万難を排して行けるように今から調整したいと思います😊

 

 

 

 

では、本作収録曲ではないけれど、僕がHEATWAVEを知るきっかけを作ってくれたNo Regretsをライヴ動画でどうぞ。

 

 

いやぁ、名曲!!

ちなみに、JAPONESIAN BALLS FOUNDATIONのAzadi!?(2002年作品)ですが、「SOUL FLOWER UNION関連の音源はとりあえずひと通り入手!」というスタンスでいた時に買っておいたんですよね〜〜〜〜。

本当に良かったです!!

 

 

 

 

6th. Oct. 2019

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.