Ryoji Okada Official Website

Diary

Cool and modern “plaid and plain” jacket!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

7月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

 

 

ウルトラセブンデザインの7周年Tシャツ第二弾生産分の納品予定は7.5 Friです!

 

 

7.7 Sunまで「オーダーパンプスフェア」開催しております!

 

 

絶賛開催中です!<オーダーシャツ×2枚=¥16,000+tax~>キャンペーン

 

 

 

 

いよいよ日本時間の今朝、FAが解禁となったNBA!!

まずはMIL関連から。

昨シーズン途中から移籍、PO終盤こそPTがなくなってしまったものの、RS終盤とPO序盤はそこそこチームに「ハマって」いたN.Miroticですが、来シーズンはNBAに戻らずにスペインのBarcelonaでプレイするそうです。

「アタリの日とハズレの日の差」の大きいとはいえね、爆発力のあるM.Miroticがベンチにいるとかなり心強かったですがこ、MILとの再契約は難しい状況でしたし、かなりの高額&長期間のオファーがあったようですし、NBAの他チームで活躍されるよりは全然いいですしね、こればかりは仕方がない、新天地での活躍を期待したいです!

そして、K.Middleton、B.Lopezとの再契約に成功、再契約を目指していたM.Brogdonは結局サイン&トレード(MILは将来の1位指名権と2つの2位指名権を獲得)でINDに放出しました。

う〜〜〜ん、M.Brogdonをキープ出来なかったのはとても残念ですけれど仕方がないですね。。。

INDは同カンファレンスのライヴァルチームですが頑張って欲しいですね!!

そして、MILにはM.Brogdonの穴を埋めうる選手を獲得して欲しいものです!!

その他は、KDとK.IrveingとD.JordanがBKNで合流、K.WalkerはBOS移籍決定、R.RubioはPHX移籍、T.HarrisはPHI残留、LALが獲得を狙っているらしいD.RussellはMINとも面会予定、D.RoseはDET確定、N.VucevicはORL全粒濃厚、P.MillsapはDEN残留決定等々の報道が上がっていました。

K.Irvingの後釜としてK.Walkerをすぐに確保したBOSはさすがですね。

DALも狙っていたようですが、L.Doncicとの相性が「?」に思えるK.Walkerが早々にリストから外れたのはむしろ幸いだったかもしれません😊

K.Walker、好きな選手なんですけどね!

そしれ、GSWとの契約延長が確定的と報道されていたK.Thompsonの報道はまだ出ていないようです。

ひょっとして???

いずれにしても、大物FAが多い今オフのNBA🏀

この後の動きからもまったく目が離せません!!

 

 

 

 

ところで。

「ハマって」といえば。

ジャケットにおいて、前身頃と後ろ身頃の間にハマっている/挟まっている脇腹のパーツを「細腹(サイバラ)」と呼ぶのですが、今日はその細腹だけをネイヴィブルーの無地素材にしたグレンチェックのジャケットをご紹介します😊

とっても「オーダーメイドならでは」の一着です!!

という訳で、早速ご紹介しましょう😊😊

 

 

 

 

↓こちら↓です!

 

 

え〜〜〜っと、いつもと画像の形式が違うのはですね、これはinstagram投稿用に加工した画像ゆえです。。。

先月初旬に携帯電話が逝ってしまった時にバックアップに失敗して一部の画像が失われてしまったのですが、このジャケットの元画像も失われたうちの一部でした。。。

そう逝った背景がありまして、今日はこのinstagram画像で。。。

お渡ししたのが数日前だったので「バックアップをした(失敗した)時点で失われた画像を確認→失われた画像を再撮影」しておけばよかったです、まったくもって間抜けな男です、とほほ(泣)。

それはともかくとして、いや、それだとしても、最高にスタイリッシュな一着に仕上がったので、いつもと少し異なる画像ながらご紹介する次第です!!

ご覧の通り、ネイヴィブルーのグレンチェック素材とネイヴィブルーの無地素材のハーモニーがとっても素敵ですよね😊

思わず「万歳」をしながら街を歩きたくなります🙌

僕もやってみたくなりました!!

ちなみに、当初は潔く「細腹」だけをネイヴィブルーの無地素材にという構想もあったのですが、そこは「足し算のRYOJI OKADA」です(笑)、いろいろとお話をしていく中で「うるさくならない」くらいにいくつかのパーツをネイヴィブルーの無地素材にすることにしました。

具体的には胸ポケットと袖先のパイピングです。

この選択は正解だった、「ギリギリの線」でシックさを保っていると思うのですがいかがでしょうか。

例えば、上衿も切り替えてしまうとネイヴィブルーの無地が「勝ち気味」になってしまったでしょう!

では、失われなかったディテイルの寄り画像を!

*なぜ失われた画像とそうでなかった画像があるのかは謎です。。。

 

 

 

 

カラークロス(上衿裏の生地)は、表素材の「ネイヴィブルー」「チェック」をキーワードにこちらをセレクトしました😊

 

 

え〜〜〜〜っと。。。

衿を立てつつ、万歳をしながら歩きたくなりますね!!

いや、そんなことをしたらいくらダンディなU様でも、職務質問にあう可能性がありますね。。。

やめましょう!!

 

 

 

このジャケットの最大の「キモ」である細腹です。

 

 

実はグレンチェックと無地の素材は同じ英国ミルの素材でして、ネイヴィブルーの濃さも合わせています。

それゆえの完璧なハーモニーなのであります✌️

前身頃と細腹、つまりチェックと無地の両方に跨っているパッチポケットもいい感じですよね😉

 

 

 

ライニングももちろんネイヴィブルーにしました!

 

 

品質が異なるのでカラーの見え方は当然違うのですが、極力表素材のネイヴィブルーに近いライニングをセレクトしました😊

 

 

 

 

以上です!

U様、いつも本当にありがとうございます。

先日も美味しいフルーツを下さったおかげで、不足気味のヴィタミンCの補充が出来ました!!

お心遣いありがとうございます。

新たにご注文いただいたシャツが仕上がり次第またご連絡申し上げます。

また、例のクレイジーパターンのジャケットも実際にどうなっているのか研究いたします。

そして、私がPVで着ていたジレの背表に近い素材が見つかりましたらまたご連絡いたします。

これからお忙しい時期が始まると存じますがどうぞご自愛下さいませ。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日もまたルイジアナ産のゴキゲン音源、昨日聴いたZACHARY RICHARDのWomen In The Room(1990年作品)とともに僕にZydecoの素晴らしさを教えてくれたDOUG LEGACY WITH THE ZYDECO PARTY BANDのKing Cake Party(1990年作品)を。

とにかく楽しくて踊れる曲ばかり、音楽的にはかなり異なりますがTHE POGUESを初めて聴いた時同様の衝撃を受けた記憶があります。

一時期は本作ばっかり聴いていましたね〜〜〜〜😊

カヴァー曲も多く収録されているのですが、その選曲と解釈も素晴らしいです!!

THE LEGEND OF THE WEST名義で、以前より交流が深かったRY COODERやDAVID LINDLEY、SID STRAW、JIM KELTNERといった通好みのミュージシャンが大挙してゲスト参加しているのも嬉しい限りです😊😊

ちなみに、昨日のWomen In The Room同様に本作も日本盤が出ていたんですよね〜〜〜!?

しかも本作の帯には「日本先行発売」もコピーも!!??

何枚売れたのか知りませんけれど、(多分)日本盤があったおかげで当時まだ20歳になっていなかった僕に届いたのだから、素晴らしい仕事ですよね!!

ありがとうPony Canyonさん😊

 

 

 

 

では、昨日どなたかが上げたばっかりのライヴ動画をどうぞ!

 

 

どこかの遊園地の特設ステージみたいな場所でしょうか?

こんな場所でこのパフォーマンスを観ることが出来るなんて。。。最高過ぎます!!!

 

 

 

こちら後半です。

 

 

楽し〜〜〜!

 

 

 

 

1st. Jul. 2019

Ryoji Okada

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.